So-net無料ブログ作成
検索選択

シンガポール滞在記26 追記事 疲れが取れない帰国後 [海外出張記(Singapore)]

帰国してから妙に目が痒いし、くしゃみも連発。そうか、まだ花粉が漂っていたんだ・・・ 

帰国後、ずっと体が重いです。
疲れが全く取れなくて遊びに行く気も出ません。
上の娘から お父さん遊びに行かないの? って言われてしまうぐらい。
いつも外にすっ飛んで行く自分が出かけようとしないのは妙に思えるのでしょうね。

s500_DSC_8140_.JPG

クラッシュしたHDDのDATAを取さないといけないのを言い訳にして日曜日は引き籠り
少しづつ取り出して画像を確認しています。
まだレスキュー作業は途中ですがチャイナタウンの画像達が救出されたので記事にしてみましょう。
バブリーマンションが見下ろすチャイナタウン
この通りには三つの宗教施設が並びます

s500_DSC_8142_.JPG

イスラムのモスク、ジャマエ・モスク

s500_DSC_8145_.JPG

ヒンドゥ教のスリ・マリアマン寺院
その向こう側に見えるのが仏教の新加坡佛牙寺龍牙院
この国の多様性を物語るような通りです

s500_DSC_8147_.JPG

実に環境に優しいサイドカーのタクシーがいっぱい走り回っています^^
なんか楽しそう^^

s500_DSC_8161_.JPG

見て一番楽しいのはヒンドゥ寺院、ヒンドゥの色鮮やかな神々が素敵

s500_DSC_8166_.JPG

南国の強い日差しに照らされた豊かな色彩の神々
強いコントラストは眼光をより鋭く感じさせます。

s500_DSC_8178_.JPG

この寺院がお気に入りな理由は、寺院周辺と遠景のギャップ
ヒンドゥの神々の向こう側に高層ビル群
この対比が絶妙な雰囲気^^

s500_DSC_8191_.JPG

チャイナタウンの独特な雰囲気を楽しみながら散歩
どこからか流れる曲に聞き覚え
日本の曲です。でも歌詞は中国語
合法的なものなのかパクリものなのか・・・・

s500_DSC_8204_.JPG

チャイナタウンで路地探索
この通りはフードストリート、昼過ぎなのに準備は終わっていません。
尤も客もいないですが^^;
皆朝が遅いのです

s500_DSC_8229_.JPG

裏路地にあった無茶な家
入口の扉にアクセスするには梯子・・・・かなり怖いかも^^;

s500_DSC_8239_.JPG

路地、道路に店を構えてしまった床屋さん
いいのかなぁ・・・・

s500_DSC_8242_.JPG

強い日差しに白い壁はよく似合います
青のフードがまたいい雰囲気

s500_DSC_8247_.JPG

仏教寺院ものぞいてみますが・・・

s500_DSC_8250_.JPG

日本の仏教寺院とは趣が正反対
キンキン、キラキラ・・・・落ち着きません(笑)
やはり枯れた雰囲気の侘び寂びの寺院のほうがいい

s500_DSC_8268_.JPG

寺院の裏にはサイドカーのアイス屋さん
このアイス屋さんはお客さんが船(側車)側

s500_DSC_8270_.JPG

渋いヘルメットだなぁ^^

s500_DSC_8267_.JPG

あまりの暑さに買わずにはいられません~><
定番のマンゴーアイスで^^

s500_DSC_8279_.JPG

チャイナタウンの裏路地は素敵
路地の向こう側にはリッチな高層ビル群
この対比の妙がたまりません

s500_DSC_8281_.JPG

アラブ街、インド街、チャイナタウン・・・・
それぞれの裏路地は各々匂いが違います。
チャイナタウンのは他のエリアに比べておとなしい

s500_DSC_8286_.JPG

集合住宅の各戸の窓から突き出た物干し竿
見ていてちょっと怖い
落ちてきそうな雰囲気

s500_DSC_8295_.JPG

裏路地にお約束の猫
この国の猫達は皆ダレています。
暑いのだろうなぁ・・・・

s500_DSC_8304_.JPG

バイクの駐車スペースのある裏路地、うらやましい・・・

s500_DSC_8332_.JPG

しかし・・・暑い。歩いていると体が溶けそうなぐらい。

s500_DSC_8354_.JPG

あまりの暑さに二回目のアイス

s500_DSC_8359_.JPG

そう、ここです
ドリアンアイスを食べたのは^^
いやぁ、すごい後味だった(笑)

s500_DSC_8393_.JPG

この国の裏路地で一番好きな場所
どこが異界につながっているような感じのする路地

s500_DSC_8411_.JPG

素敵な裏路地の表側

s500_DSC_8436_.JPG

やはり裏路地のほうが味わいがあります。
夕刻、逢魔時のこの路地は背中に鳥肌もの

s500_DSC_8468_.JPG

一本離れた裏路地
綺麗ですが背筋に感じるものはありません。

s500_DSC_8470_.JPG

夜の帳が降りて街が輝き始めると歩道は店の一部に

s500_DSC_8483_.JPG

夜の顔もまた素敵

s500_DSC_8484_.JPG

これで今回のシンガポールの写真はお終い
次回は何時かな
きっと一年後^^

********************************

s500_P4290187.jpg

29日月曜日は軽く近所ツー
一か月放置していましたので軽い整備のあとチェックのため近場を走ります。

s500_P4290195.jpg

本当は横須賀を目指すつもりでしたが・・・・
妙に体が重い
それに目が痒いです。

s500_P4290196.jpg 

これは花粉なのか・・・・・
くしゃみと目の痒みで思わず進路変更
隣の市に行くはずが、市内ツーになってしまいました。
赤レンガからベイブリッジの一般道を走って大黒ふ頭、海釣り公園に

s500_P4290199.jpg

草の上が実に気持ちいい
穏やかな日差しのなか、ただぼーっと海を眺めます

s500_P4290202.jpg

ここは人が少ないのがいい
海風をいっぱい浴びながら一寸だけお昼寝
凄く気持ちいい
帰国してから何故か一日中眠いのです

s500_P4290203.jpg

どれだけ寝ても眠い
眠らなくても眠い
兎に角眠いのです。
自分の中では夏から春になった気分
それで体が混乱しているのかも

*********************************

s500_P4300212.jpg

30日、セブンで大人買い^^

s500_P4300222.jpg

Z、一気コンプです

 

 

 


シンガポール滞在記25 帰国、そしてDATAのレスキュー [海外出張記(Singapore)]

シンガポールのオフィスで勤務する日本人スタッフと一緒に昼ごはんを食べようという事に
でも彼は毎日愛妻弁当、それを食べずに外で食べたら大変なことになってしまいます。
それで自分は弁当を買って、オフィスのラウンジで一緒に食べることに

s500_P4240075.jpg

この地には弁当やさんがあるわけでもなく、弁当売りのテントがオフィス街に並ぶわけでもありません。
お弁当もフードコート、to go(持ち帰り)と言えばパックに詰めてくれます。
この日は新装したほうのフードコートに

s500_P4240073.jpg

カレーの弁当にしてみました。
持ち帰りと伝え、気に入ったのを選びます。

s500_P4240076.jpg

カレーの場合、ご飯は紙に包んでくれますし、カレー類はオーダー品ごとにビニール袋に入れでくれます。
総菜屋さんの場合はお弁当パック、フードコートの弁当を利用する人は結構多く、並ぶ人の半分は持ち帰り。

s500_P4240077.jpg

ラウンジのテーブルでご開帳^^

s500_P4240078.jpg

まず紙を開いてご飯を中央に。このスパイシーなご飯は凄くお気に入り^^

s500_P4240080.jpg

されどれからかけようかな、野菜カレー、野菜のカレー煮、マトンの煮物で7.50SG$(600円)

s500_P4240081.jpg

こんな感じで。紙は防水ですから下に染みることはありません。(オフィスのラウンジは白いテーブル、染みたら大惨事^^;)

s500_P4240084.jpg

マトンのカレー煮、痺れがドンと来る鮮烈なスパイスとしっかりした硬さのマトン。
マトンの臭みなど感じない程しっかりしたスパイスは汗が吹き出ます。

s500_P4240085.jpg

サヤインゲンと豆のカレー煮
やさしい味・・・というか一寸ぼやけ気味
痺れた口の中をリセットするのに良さそう^^

s500_P4240086.jpg

野菜カレー、ココナッツの風味とカレーリーフの香りはやはり好き^^

s500_P4240087.jpg

スプーンやフォークを入れてくるのを忘れました。
店では入れてくれません。
各自で置いてあるプラ製のものを持ってこないといけません。
勿論わざと忘れました^^
オフィスでも手食~♪♪^^

s500_P4250088.jpg

翌日はモサイ方のフードコート
マレーシア料理にしてみました

s500_P4250089.jpg

ここも気に入ったものを指差して皿に盛ってもらう方式

s500_P4250090.jpg

こんな感じに盛ってもらって4.50SG$(350円)

s500_P4250091.jpg

マトンの煮物(カレー味)、スパイシー^^でもちょっと癖を感じます

s500_P4250092.jpg

青菜の炒めたもの。ピリ辛でご飯がすすみます^^

s500_P4250093.jpg

ゆで卵のカレー煮、好物ですから見かけたら絶対頼んでしまいます^^

s500_P4250094.jpg

ご飯は白飯、南国特有のパラパラご飯は辛い味に良く合います。

s500_P4250095.jpg

鶏手羽肉・・・・この肉、毛が生えている気が・・・・気のせい気のせい^^;
肉はしっかり焼いてあり硬め
この毛は・・・・・羽のむしりかたが甘いのかな???
でも何故か気にならない(笑)

s500_P4250096.jpg

追加の辛味がまた美味しい
軽やかな辛さで、さっぱりご飯との相性もいいですから

s500_P4260097.jpg

金曜日、最後の今回の出張の昼ごはん
少し離れたフードコートに。
福建麺、4SG$(320円)
ここはオーダーしてから作ってくれますので、オーダーしお金を払ったら席番号を伝えて待ちます。
結構待たされて出てきた麺
ようはあんかけ海鮮焼きそばですね。
あんは軽めでテーブルにお酢が無いからなのか柑橘が蓮華に乗ります。
まずはそのまま、次は柑橘を絞って味わいます。
まぁ普通に美味しい。
オスじゃなく柑橘というのも良いかも

s500_P4260098.jpg

最後は辛味を混ぜていただきます。
普通に美味しい焼きそばも辛味を入れると味が締まっておいしい^^

s500_P4260101.jpg

金曜日は最終日、最終日ぐらい早めにあがって土産物を探します。
最後の最後まで奥さんへの土産が決まりません。
バッグが欲しいような事を言っていましたが、買って帰ったら絶対文句を言いますから買う気になれません。
有難うの前に土産にけちを付ける性格、そのくせ買って帰らないと煩い。
なんだかなぁ・・・・・
セントラル付近ではいつもサイドカーのアイス屋さんがいます。
この日、始めてみる顔のアイス屋さん
ちょっと覗いてみます。

s500_P4260103.jpg

アイスやさんによって立つ位置が違います。
ここはバイク側にお客さん
自分がよく買うオジサンの店はオジサンがバイク側に立っています。
(その写真はクラッシュしたハードディスクの中に・・・・)
値段を見たら1.50SG$、この場所でこれは高い。
アイス屋さんはアイスは一緒ですが店によって価格が違います。
無論場所にもよりますね。
ベイエリアだと大概の店は1.50SG$、チャイナタウンは1.20SG$ぐらい。
ここセントラルだと1.00SG$が普通。
これじゃぁ買う気になれません。

s500_P4260104.jpg

30m離れた場所にも一台
ここは・・・1.00SG$です。ほらね^^
品書きはこんな感じ
こんな値段ですからこってりしたアイスじゃありません。

s500_P4260105.jpg

さっぱりラクトアイス、でも食べ終えて喉が渇かないくらいの甘みだからラクトでいい^^
直ぐに溶け柔らかくなってきますから急いで食べないといけません。
品書きを見るたびに他のにしてみようかと思うのですが、いつもマンゴー
でも一度だけ浮気をした事が・・・・どうしても気になって
その名は・・・ドリアン
ドリアンのアイスクリームです。
その味は・・・・罰ゲームの味
なんとも形容のしようが無い味でした。
特に後味がぁ~><

s500_P4260110.jpg

セントラル付近の店にピンと来るものは無く・・・・
インド街、アラブ街、チャイナタウン何処に向かおうか悩みましたが、
領土拡大の野望に燃え過激な挑発を繰り返す某国は気に入らないのでチャイナタウンは行く気になれません。アラブ街のほうに向かって歩きます。

s500_P4260112.jpg

その途中にある店に、ここはアメ横みたいに小さな店の集合体
なかなかの雰囲気ですが・・・・売っているものは若い人向き
ウチの奥さんじゃ似合わない

s500_P4260113.jpg

服や小物、下の娘なんかが喜びそうなのがいっぱい
上の娘だとお父さんにはもう解からない世界^^;

s500_P4260115.jpg

ここらでちょっと腹ごしらえ、この裏側にあるフードコートに行ってみました。
結構大きなところですが、あまり綺麗ではありません。
風が抜けないのか匂いもちょっと強め

s500_P4260116.jpg

その中で気になったのがここ、その理由は・・・・

s500_P4260118.jpg

かなり当たり外れが大きそうな雰囲気だったから
ちょっと冒険^^

s500_P4260121.jpg

漢字は読めない、アルファベット表記も発音が良くわからないその品
とりあえず読めるところでチャップセットと言って強引に通じさせます(笑)
やってきた品はこれ、3.50SG$(280円)

s500_P4260120.jpg

モツ肉と焼き豚の盛り合わせでした。
ゆで卵と蒲鉾みたいなものも入ります。
モツの癖がかなり強い
そんな事もあろうかとカウンターにあった辛味を二種持ってきました
辛味で癖を消せば大丈夫^^

s500_P4260122.jpg

スープも美味くない・・・><
これにも辛味を

s500_P4260123.jpg

結局、辛味スープかけご飯になってしまいました。
最後の最後で外したかぁ・・・・
そういえば一年前も一回だけ大ハズレを引いた記憶が
まぁ、三週間もいれば一度ぐらいはハズレもあるよね

s500_P4260126.jpg

とは言うものの、あまりの後味に口直し
パパイヤジュース、これがまたスムーズに飲めない><
ストローが直ぐ詰まってスタック
う~イライラ・・・

s500_P4260139.jpg

結局、アラブ街でもイメージに合うものが見つからず・・・・
空港の売店に期待することに。
帰りにコーラを買おうと寄ったセントラルの明治屋で何故か日本酒を購入
発泡のにごり酒を買って部屋でのんびり

s500_P4260143.jpg

発泡のにごり酒は初めて飲みましたが美味しいですね
ちょっと甘めですが、発泡性があるせいか、サッパリ
飲みやすいです。

s500_P4270146.jpg

翌朝6時、チェックアウト
朝ごはんをかきこんでタクシーで空港に
タクシーの運転手の英語が凄く綺麗
耳に心地よく聞きやすかったです
しかも言葉使いも丁寧
英国映画を見ているみたい^^
かなり気分を良くして空港に到着。
お土産の最終購入を済ませ搭乗機に

s500_P4270152.jpg

かなり怪しい雲が近づいてきています。
この後、かなりの雷雨
それでも定刻出発

s500_P4270153.jpg

またまたワインで寝る作戦
ご飯、また自分のところで洋食セットが無くなってしまいました。
和食に変更しようか・・・・でも蕎麦、往きと一緒じゃつまらない。
待つ事にしました。
ようやくやってきたご飯、気が付いたら半分以上食べていました(笑)

s500_P4270154.jpg

しまった、自分としたことが・・・・
写真を撮り忘れるなんて、なんという失態
ブロガーの修行が足りません><
洋食はチキンのセット、ローストチキンに付け合せのミックスベジタブル、豆のサラダに海老
フルーツはスイカとパパイヤ、ケーキとパン

s500_P4270171.jpg

映画を見終わった頃成田に到着
日本、寒いです^^;

s500_P4270173.jpg

荷物を受け取ったら・・・・・なんとケースに凹みがぁ~><
このケース、上の娘のもの
自分のは凄く大きく、ちょっと大変
上の娘が少し前に買ったケースが使いやすそうだったので借りたのです。
彼女は京都旅行に初めて使い、今回で二度目の使用。
これはクレームもの
さっそく出口ロビー脇のANAの案内カウンターに向かいます。
ANAのカウンターでANAの制服を着たスタッフに荷物破損のクレームである旨を告げると意外な返事

私達はANAのカウンターでANAの制服を着ていますがANAの人間じゃありません

(??????)

カウンター右端の電話でANAに連絡を取ってください

??????
まったく訳がわかりません、とりあえず言われたとおりその電話で連絡を入れると

そこから20m先の右側にANAの荷物センターがありますからそのカウンターで呼び鈴をおしてください

と。そこに行き、修理の手続きをしてきましたが・・・・納得いきません。
修理のことじゃないです。
新品にしろと言う気はないですから修理で十分、時間がかかるのも仕方ないでしょう。
ちゃんと対応してくれれば問題は無いです。
でも・・・・最初のカウンターの存在
顧客から見ればANAの名の入った案内カウンターでANAの制服を着ていれば、それはANAの人間なのです。
雇用形態や業務委託云々など顧客には関係ありません。
ANAの看板を背負ってそこに居るのですからANAの人間じゃないので・・・というセリフや、
電話をかけて聞いてくれという対応は如何なものでしょう。
せめて適切な窓口へ案内するぐらいの事はすべきではないでしょうか。
特にクレームの客に対しては細心の対応が必要なはすですから。

s500_P4270174.jpg

NEXにちょっと時間がありましたからスタバで甘いものを

s500_P4270176.jpg

見た目美味しそうだったのだけど、美味しくない~><
チョコの舌触りが粗いし生地がパサパサ、いけません。

s500_P4270179.jpg

19時過ぎ、ウチに到着
夕飯の時間でしたが疲れて重いのは食べる気になれません。
ただ味噌汁とおにぎりが食べたい。
それも塩むすび
具無し、海苔も無し、シンプルなのを
でも自分で握る気力は最早ありません
それを言うと下の娘が握ってくれました。
おにぎりを手で持って口元に。
懐かしいご飯の香りに腹が悶えます。むっちりしたご飯粒、その甘さ
塩気がいい感じに甘さと香りを引き出します。
ご飯をいっぱいほおばって、詰まりかけた喉に味噌汁を流しこみます。
味噌の旨みが口いっぱいに広がり、カツオだしの柔らかな香りが体中を包み込みます。
日本人だったんだなぁ・・・・・・

ご飯を食べたらお土産を広げます。

s500_P4270182.jpg

奥さんにはこれ
空港で買いましたが・・・・やはり見せた瞬間文句を言われました。^^;
もっとまともなのは無かったのかと。
この柄、シンガポールの民族衣装の柄
シンガポールエアラインのCAの服の柄なんだけど・・・
奥さんはブランド物のバッグを期待していたようです。
そんなものW入学で財布が震えているのに買うわけないだろう(怒)
欲しけりゃ自分で買え~
やっぱり買うんじゃなかった、もう買わない(怒)
もう買わないといいながら毎回買っている気が・・・・で、毎回文句ばかり
有難うって言われたこと無いなぁ

そうそう、バッグ、pnさんにいただいた試作の紫の小さなバッグ
掛けておいた場所にありません。
中に入れておいたものは机の上に並べられていて・・・・
奥さんです。いつの間にか奥さんが我が物にして使っていました。
使用実績を重ねて実効支配化しているのです。
それじゃぁまるで某国じゃないかぁー(怒)
文句を言ったら、だって買ったわけじゃないでしょって・・・・
(うわぁああああああ~)←我が心の叫び

s500_P4270184.jpg

娘たちにはチョコレート

s500_P4270185.jpg

その他、スパイスとか・・・・

s500_P4280004.jpg

前回買って帰って気にいったKAYAジャムも
右側のは美味しかったです。左は今回初めて購入
ホテルの朝ごはんのKAYAあんまん
あんが緑色でしたから左側のタイプかなと思い買ってみました。

s500_P4280001b.jpg

土曜日は体が動かなく、そのままダウン
日曜日、PCの復旧作業です。
外国人になったPCのHDDを外して元のクラッシュしたHDDに付け替えます。
どう起動させても恐怖のブルースクリーン
セーフモードも駄目、どうしようもありません。
DATA復旧業者に頼むと諭吉さんが四人旅立ちます。
これは辛い・・・・
ならば駄目もとで試しましょう

s500_P4280001.jpg

内蔵HDDを外付けHDDとして使えるようにするケースを買ってきました。
これにクラッシュしたHDDを装着して内部のDATAのレスキューを試みます

s500_P4280001a.jpg

PCを外人に戻して、そのOSからクラッシュしたHDDを見てみますが・・・・
ドライブは見えるけどファイルはよく判らないからフォーマットしろととんでもないことを言い出す始末
このクソ窓OSめがぁ~
でもそれは想定内の反応
反応を確認してみただけ(笑)

s500_P4280006.jpg

クラッシュしたHDDを我がMacに繋げると・・・・あ~ら不思議
ファイルが見える
見えたファイルをLAN接続のHDDにコピーしてゆきます。
ただ、当然完全に破損しMacでも読めないファイルもありますから一括でコピーはできません。
それをやるとフリーズしてしまいます。
すこしづつ、コピーを重ねてDATAのレスキューです。
時間はかかりますが、仕方ありません。
とりあえず優先度の高い仕事のファイルのコピーを済ませ、次は画像
実はこれが多い(笑)
まぁ、ここまで出来れば後は時間をかけるだけ
ゆっくりレスキューしてゆきましょう。
大事なファイルが9割がた救えそう、良かった^^

 


シンガポール滞在記24 前回の宿題をコンプリート [海外出張記(Singapore)]

今回のシンガポール出張は三週間
ですから休日は四日しかありません
有効に時間を使おうと予定を考えていましたが・・・・
何故か今回の出張はチグハグ
土日休みのいづれかは雨
つまりこの出張期間中は二日しか楽しめませんでした。

s500_DSC_8742.jpg

二週目の土曜日はベイエリアからアラブ街、そしてスパイスを買いにリトルインディァに
土曜日は晴れましたが明け方は激しい雨
ですから日が出ても湿気が凄いです。
湿気で景色に透明感がありません。

s500_DSC_8848.jpg

朝のベイサイド、人が少ないせいかいろいろな撮影が行われていました。
お見合い写真を撮っていると思われる男性
上半身はカッコよく決めているのですが靴が・・・・^^;
まぁ、上半身しか撮らないのでしょう
橋の上では結婚式場のパンフの撮影でしょうか
ウェディングドレスの素敵な女性
いいなぁ、軽そうで(爆)それに引き換え・・・・・以下自粛^^;
思わず写真を撮ってしまいました。(笑)

s500_DSC_8857.jpg

大好きな逆光になる朝の睡蓮池と撮った後はアラブ街まで散歩
さすが休日、二階がオープンになった観光用バスや船のバスがいっぱい走っています。

s500_DSC_8859.jpg

タイヤと一緒にスクリューが回っているのが面白い
このまま海に入ってゆくのでしょうね
これで潜れたら完璧なんだけど・・・・

s500_DSC_8864.jpg

素敵なホテルを眺め・・・・
こんなとこ会社は予約してくれないだろうな^^;

s500_DSC_8872.jpg

適当に彷徨いながらアラブ街に到着
カメラをぶら下げて歩いていると観光客であることは一目瞭然
絨毯屋さんがしきりに話しかけてきます
買ってあげたいけど、そんな大きな絨毯ウチに入らないし・・・・その前に予算がぁ^^;

s500_DSC_8880.jpg

土産物を探しながらの散歩ですが気になるのは土産物より裏通り
怪しげな通りの探索を楽しみます。
細く、味わいのある裏通りも午前中の光の中では健康的
怪しさが足りません。
裏通りの探索は午後のほうが良さそうです。

s500_DSC_8883.jpg

この国のバイクに対する扱いは羨ましい
駐車スペースはしっかり確保され、とめる場所に困りません。

s500_DSC_8884.jpg

大きいバイクは少なく250~400がメイン、見慣れない型が多いです。
時々日本でよく見るのも。
ついでにパーツも^^

s500_DSC_8885.jpg

アラブ街に来た理由の一つはアラブ系料理を食べてみようと
サルタン・モスクの裏側の通りにある店に行ってみました。

s500_DSC_8903.jpg

レジの爺さんが結構いい感じ、雰囲気たっぷり^^

s500_DSC_8888.jpg

周りはメチャ濃い顔の人達ばかり
きっと自分は浮いているだろうなぁ・・・と信じたい(爆)
と言うのは、カメラをリュックにしまってアラブ街を歩いていたら宅配ピザ屋のスクーターに道を尋ねられてしまったから
そこまで現地化していないと思うのだけど・・・・
確かにオフィスの中華系のスタッフより肌の色が濃いけれど、アラブ系までじゃない
まぁフィリピン系スタッフと何とか張り合えるぐらいかな・・・十分濃いかも^^;

s500_DSC_8887.jpg

品書き
イスラムですからアルコールはありません

s500_DSC_8902.jpg

オーダーしたのはMUTTONのMURTABAK、サイズはSで。それにコーラで7.50SG$(600円)

s500_DSC_8889.jpg

MURTABAKの登場

s500_DSC_8891.jpg

カレーが添えられます。
一匙すくって味見
スパイシー~気持ちの良いスパイス感
辛さよりもスパイスの香りが断然上
シンガポールでカレーを食べていると日本のカレーのスパイス感の弱さを感じます
日式カレーの辛口は、ただ辛いだけでスパイスの香りが乏しい・・・・

s500_DSC_8892.jpg

もう一つの付け合せは胡瓜のスライス
やたら太い胡瓜は正直美味しくありません。
シンガポールの生野菜って見事に美味しくない><
タレもちょっと疑問、口に合う感じは無いです。
でも食べられない程ではありません。

s500_DSC_8895.jpg

MURTABAKを解体してみましょう
マトンのひき肉の味付けはカレーで玉葱もいっぱい入っています
それが薄焼きのクレープに乗せられ巻かれているようです。
クレープはかなりもっちりしていてカットも大変

s500_DSC_8897.jpg

玉子も入っています
クレープの上に玉子を落とし、その上にマトンのミンチを乗せた料理なのでしょう
まずはそれだけで食べてみます
カレー味のミンチが結構美味しい。でも時々骨の欠片が・・・^^;
ちょっと薄めの味付けで日本人好みかも

s500_DSC_8898.jpg

カレーをかけてみましょう
いきなりどっしり重い味わいに変化
スパイスがまたいい仕事をしています。
マトンのひき肉とクレープの食感がいい感じにマッチ
凄く気に入りました。
Sサイズで足らないかと心配しましたが、結構なボリューム
Sで十分満腹です

s500_DSC_8906.jpg

アラブ街のあとはリトルインデァへ向かい散歩です
この街、渋いサイドカーが多いです^^

s500_DSC_8908.jpg

でも何故か船(側車)に人が乗っているのを見たことはありません

s500_DSC_8909.jpg

ベイサイドの綺麗な雰囲気は素敵ですが味わいはありません。
そこには生身の人間の匂いは無く、夢というオブラートで包まれた欲望の匂いだけが漂う場所
でもここは生々しい人間の匂い

s500_DSC_8911.jpg

甘い香りは無く、すえた臭気
首筋を流れる汗とため息の匂いが入り混じった風
街から感じられる温度は人肌、その温度は臭気をより強く感じさせます。

s500_DSC_8922.jpg

裏路地にこびり付く匂い、それは体臭そのもの
咽せそうな裏路地を探検していきます

s500_DSC_8936.jpg

初めてシンガポールに来たとき、窓の素敵さにハマりました。
その時は毎日窓を眺めて楽しんでいた記憶が^^
一年ぶりのシンガポールですが、やはり窓に目が行ってしまいます。^^

s500_DSC_8938.jpg

この通りは窓が素敵
住んでみたいかも^^

s500_DSC_8947.jpg

全ての建物に人の匂いが感じられます。
そこがベイエリアの高級マンションとは違うところ。

s500_DSC_8959.jpg

MUSTAFAに到着。
ここがお土産を買う場所

s500_DSC_8962.jpg

買い物のあとは窓を楽しみながらホテルに戻ります。

s500_DSC_8969.jpg

帰り道で見かけたフリマ
かまり不思議なものが並んでいました
売れるのかなぁ・・・・ 

s500_DSC_8978.jpg

あまりの暑さにジュース屋さんの前で足が動かなくなります^^
シンガポールはジュースが美味しい
飲まないのは勿体無い
パパイヤのジュース、アボガドのジュース、イチゴのシューズ、マンゴーのジュース
どれも美味しそう
そのなかで異彩を放つのがドリアンジュース
さすがに作り置きはありません
値段も他のが1SG$(80円)なのに倍の2SG$
ちょっと高め、美味しいのか???

s500_DSC_8975.jpg

ジュースのプレートには英語と中国語が書いてあります。
中国語だと美味しそうに思えない
その名前を並べてみたいのですが、漢字が変換できません><
自分が飲んだのは紅毛XX汁(変換できません><)、さっぱりした甘さで美味しいです^^

s500_DSC_8990.jpg

一旦ホテルに戻り、少し昼寝
南国の暑さの中で歩き回っていますから疲れたのでしょう、いつの間にか眠っていました。
夕刻、夕飯を食べに行きます。
昼間彷徨っていた時に見つけたチキンライス(ローストダック)専門のお店がターゲット

s500_DSC_8997.jpg

でも行ってみたらシャッターが降りていました
どうやら昼間だけの営業らしいです。
夜はその隣の店、辛い味の鍋物屋さんが大繁盛。
チキンライス屋さんの前のテーブルも使って満員御礼、、道にまでテーブルを出して・・・・
この国で地元民がアツアツを食べているのは初めて見た気がします。
凄く暑そう、でも気持ち良さそう^^;

s500_DSC_8999.jpg

この国は暑い国、だから冷房は最大のもてなし。その入れ方が半端ではありません
オフィスなんかでは長袖が必要な程。設定温度聞いたら18℃だって・・・
ホテルの部屋も寒いです
その寒さの中でTシャツ姿で昼寝をしてしまったものですからたまりません。
それで喉をやられました。

s500_DSC_9006.jpg

それで風邪をひいたのでしょうが、風邪ごときで食欲が落ちることの無い自分
今回も大丈夫と思ったのですが・・・・

s500_DSC_9045.jpg

確かに食欲自体は落ちませんでした。頭の中の食欲は旺盛、食べたいものが次から次へと浮かびますが腹からの食欲はいまひとつな感じ
なぜならば胃が痛いのです。
この国に来てからの暴食が原因なのか、仕事のストレスか、胃腸炎を引き起こす風邪なのか・・・
一日中胃がキリキリ、こんな事は珍しい・・・というか記憶にありません
まず食欲の落ちない自分ですが、さすがに胃が痛むといつもの調子が出ません。 それでも朝ご飯はガッツリ食べています。尤も二週目以降はフルーツとヨーグルトのみですが^^;

s500_DSC_9050.jpg

日曜日は国立植物園に行こうと計画
まず土曜日に買い忘れたものを買いにリトルインデァに
そこから国立植物園まで歩こうという計画です 

s500_DSC_9057.jpg

植物と言えばこの花
シンガポールの街、そこら中に咲いている花ですがお気に入り
長いシベと白く長い紐状の花びらが特徴的
風に揺れるシベと流される真っ白な花びらが素敵、幽玄さを感じます。
でもなかなかイメージどおりに撮れません><

s500_DSC_9036.jpg

リバーサイドをリトルインデァに向かいます
特別早い時間ではないですが観光船が準備の真っ最中
でも、この国の朝の遅さに違和感を感じなくなってきました^^

s500_DSC_9009.jpg

朝なのに体がシャキッとしない
でもそれでいいのです。
こんな暑いなか、シャキシャキしていたら疲れますから(笑)
のんびり、ゆっくり・・・
ふと思いましたが、この国の発展にエアコンはかなり貢献しているのでは
この気候、ハードに働くには暑すぎます
高成長するほど働くには絶対にエアコンが無いと無理

s500_DSC_9082.jpg

リトルインディアに到着
この界隈は町の匂いが変わります。
ちょっと強い香とスパイスの香り、独特の雰囲気が楽しい。
リフォーム工事でしょうか、足場が木材
見ていて結構怖い

s500_DSC_9110.jpg

裏通りの渋い店
扉は取れかけて傾いて・・・
ここは床屋さんでした
でもここは綺麗で広いほう、来る途中、一畳ぐらいのスペースの床屋さんや路肩にテント張って営業している床屋さんもありました。しかも客さんが並んで待っているのです^^

s500m_DSC_9106.jpg

ちょっと雲行きが怪しい
これは一雨来る予感
どうやら植物園に行くのは無理そう
追加購入の土産品を買ったらホテルに戻ったほうが良さそうです。

s500m_DSC_9103.jpg

今回、凄く忙しかったのと休日の雨で街の写真が思うように撮れませんでした。
リトルインディアの裏路地をモノクロで撮ってみたかったのですが時間が足りません
これは宿題として残しておきましょう。
次回のお楽しがあったほうが良いですから^^

s500_DSC_9097.jpg

さくっと買い物を済ませて昼ごはん
このカレー屋さん、前回訪問して凄く気に入った店
でも思い残した事も
この店で食べている人達、全員手で食べていました。
そのなかで自分ひとりがスプーンとフォーク
なんだか凄く浮いた感じに思えて。
それで今回ここのカレーを手で食べたかったのです。
そう、それが今回の宿題だったのです^^

s500_DSC_9096.jpg

外気開放というか・・・軒下で食べます^^;
店内も綺麗というには程遠く(笑)

s500_DSC_9086.jpg

でもそれが又いい雰囲気
カウンターで商品を選び、会計を済ませるタイプの店

s500_DSC_9087.jpg

意外と行列
それは店の人の仕事が遅いから^^;
お持ち帰りの人も多く席は簡単にキープできました。

s500_DSC_9089.jpg

オーダーしたのはこれ
マトンカレーとセロリのカレー煮
ベースはスパイシーな炊き込みご飯
ご飯に混じって大きなスパイスがゴロゴロ、見ただけで痺れます。
これにコーラを付けて7.50SG$(600円)

s500_DSC_9090.jpg

アップで
ご飯に混ざるスパイス類、いい感じでしょ~
思い出しただけで涎がぁ^^
ひとさし指と中指ですくい、ご飯が落ちないよう親指で抑えながら口の中に入れると複雑に絡み合ったスパイスが嵐のように口の中に吹き荒れます。
辛くは無いですが痺れるような感覚
それが凄く気持ちいい
喉の奥を通ると腹の中にジンワリした温かみを感じて
その瞬間体中の毛穴から汗が・・・
たまりません

s500_DSC_9091.jpg

マトンもスパイスが効いて臭みがありません
噛み応えもあって肉を噛み切る快感が味わえます
ご飯にマトンカレーをまぶしながら食べ、口の中が痺れすぎたら茹で卵を潰します。
ホコホコの黄身もまぶすと一寸甘口に
これも美味しい^^

s500_DSC_9092.jpg

野菜を忘れてはいけません
セロリのカレーって美味しいんだ
今度やってみよう^^

s500_P4210052.jpg

これで前回の宿題はコンプリート!
やはりこのタイプのカレーは手で食べるのが一番美味しい^^

 


シンガポール滞在記23 今日も飽きずにフードコート [海外出張記(Singapore)]

さあ、シンガポールの昼ごはんシリーズ
今日も出張先のセクション御用達のフードコート
此処は一寸モサイけど近いし比較的空いている
この日は鶏が食べたかったので・・・

チキンs500_P4150001.jpg

チキンライスのコーナーに向かいます
さすがシンガポール名物チキンライス
それだけで一つのコーナー^^

チキンs500_P4180032.jpg

どのチキンがいいか聞かれますのでロースとで^^

チキンs500_P4180034.jpg

ちゃんとスープもついてきます
鶏だしの効いたご飯が美味しい
パラパラパサパサな感じがいいです
日本でこれを食べたら美味しくないでしょうね
南国だから美味しく感じる食感
この蒸し暑い気候にぴったりです
たとえば日本のコシヒカリを盛ってきたら
この蒸し暑さの中ではクドくて美味しく感じられないでしょう。
やはり気候に適したもの
現地の食は現地で食べるのが一番^^

チキンs500_P4180035.jpg

ローストチキンもサッパリ、美味しいです^^
鶏ダシのご飯と一緒に食べると良い感じ^^

チキンs500_P4180037.jpg

スープの具はピーナッツ
こんなの初めて
でも意外といいかも^^

グアバs500_P4180038.jpg

売店でグアバを買ってみました。
グアバなんてジュースしか知らない^^;

グアバs500_P4180039.jpg

それ程甘くはありません。
むしろサッパリ
よく噛んでいるとじんわり甘みが
それはジュースと一緒の味^^
甘みは弱いけど・・・・

ぼろカレーs500_P4160010.jpg

翌日も同じフードコート、選んだのはカレー
ミールスのチキンを頼んでみました。
焼きチキンの他は野菜のカレー煮と野菜カレー

ぼろカレーs500_P4160011.jpg

チキン、スパイスが良く効いています^^
これでアツアツだったらなぁ~

ぼろカレーs500_P4160012.jpg

ポテトのカレー煮とカレーの和え物
これは好みの味^^

ぼろカレーs500_P4160013.jpg

サラダと野菜のカレー煮
上に見えるのはやたら辛い物体^^;

ぼろカレーs500_P4160014.jpg

黄色いのはココナッツミルクたっぷりの野菜カレー
適度にシャビシャビ、パラパラの米に良く合います
白いのはヨーグルトドリンク
ヨーグルトをかなり薄めてあります。
薄まった分は塩気で補ってある感じ

飲んでみます。
塩の味ばかり感じます
塩気が引くと仄かにヨーグルトの酸味
美味しくはないです。不味いかも・・・・
でも
妙に後を引きます。口の中がさっぱりして気持ちいい
結局全部飲んでしまいました。^^;

ぼろカレーs500_P4160015.jpg

やたら辛い物体
でも混ぜて食べると美味しい^^

新カレーs500_P4170016.jpg

水曜日は別のフードコート
一年前は凄くボロかったフードコート
でもリニューアルで凄く綺麗に
綺麗だから人気もあります^^

新カレーs500_P4170017.jpg

カレーの行列に加わってみました

新カレーs500_P4170018.jpg

指差しながら、いろいろ選ぶタイプのお店

新カレーs500_P4170020.jpg

どれを選ぶか迷います

新カレーs500_P4170021.jpg

野菜のカレー煮やカレー和えもいっぱい

新カレーs500_P4170022.jpg

この日選んだのは白販

新カレーs500_P4170023.jpg

茄子とオクラのカレー
ココナッツの香りが効いていますが、辛さもしっかり
ストレートなスパイス感は気持ち良いです^^

新カレーs500_P4170024.jpg

大好きな玉子。カレー味の味付き玉子

新カレーs500_P4170025.jpg

野菜のカレー煮、やさしい味わいでスパイスは軽め^^

新カレーs500_P4170027.jpg

玉子に味がよく染みていました。ホクホク黄身は凄く好き^^

RBスープs500_P4170028.jpg

デザートに食べたのはレッドビーンズスープ。ようは小豆のお汁粉

RBスープs500_P4170029.jpg

豆は良い感じに煮えていましたが。。。。
日本のお汁粉に比べ、甘みは凄く少ない
でもこの蒸し暑さの中で食べるにはちょうど良い
例えば、これを日本で食べたら美味しくないでしょう
日本のお汁粉をシンガポールで食べたらクドくて不味く感じるでしょうし
ようはその土地の気候にあった味わいになっているのですね^^

新カレーs500_P4190040.jpg

木曜日、水曜日と同じフードコート
続けてカレー屋さんに並びます。
今回はビリヤ二(スパイスたっぷりの炊き込みご飯)をベースに選んでみました。

新カレーs500_P4190043.jpg

付け合せは鶏のスパイス煮
緑色のスパイスです。
このスパイス、凄く好み
辛さは無く、でもスパイスの香りが高い
口の中が痺れ、そのうち体全体が軽く痺れる感じ
食べていて体が浮くような気分、気持ち良い^^

新カレーs500_P4190044.jpg

野菜は酸味が強めで口の中をサッパリさせるのに良い感じ

新カレーs500_P4190045.jpg

カレーを一口すくって口の中に
結構辛いです。
辛いだけでなくスパイスの良い香り

新カレーs500_P4190048.jpg

ご飯もスパイスいっぱい
ご飯だけでも美味しいです^^

新カレーs500_P4190049.jpg

明らかに南方のカレー

新カレーs500_P4190050.jpg

ご飯にカレーをかけて食べます。
スパーシーなご飯にスパーシーなカレー
不味いはずがありません^^

餃子s500_P4150002.jpg

金曜日は再びモサいフードコート
やはりこっちの方が空いている^^;

餃子s500_P4150003.jpg

今回は麺類でゆきましょう。
水餃子麺、3.50SG$(280円)で

餃子s500_P4150005.jpg

厨房は結構狭いです

餃子s500_P4150006.jpg

そうそう、トッピングのチリを忘れてはいけません
魚醤に生の唐辛子スライスが入っているもの
これが凄く美味しいのです。

餃子s500_P4150007.jpg

茹でた面にタレをかけまぶします。
そこに水餃子を乗せて辛味噌を添えたら完成

餃子s500_P4150008.jpg

最初はそのまま、次は辛味噌をあえて
そして最後はチリをかけて楽しみます。
餃子が凄く美味しい^^
皮もむっちりして良い感じ

アクシデントs500_P4170031.jpg

その日、朝から激しい雷雨
夕刻、バスが・・・・
倒れた街路灯で通れないようです。
おそらく雨で地面が緩んだのでしょう

s500_P4220056.jpg

三週目の月曜日
またまたモサいフードコート
出張先のセクションのメンバーは此処が好きみたい^^
風邪のせいなのか胃が痛くて食欲がいまひとつ。ですから麺類で
排骨麺、3.50SD$(280円)を頼みました
表示はポークリブヌードルと排骨麺の記載
オーダー時にポークリブヌードルと言おうとしてパイコーヌードルと
やはり漢字読みのほうが馴染みやすい

s500_P4220057.jpg

スープも付きます
チリは忘れてはいけません^^

s500_P4220058.jpg

肉もゴロゴロいい感じ^^ でも冷めているのが残念><

s500_P4220060.jpg

玉子もよく味が染みて美味しい
チリをたっぷりかけて刺激をアップ
風邪で弱った体にカツを入れる事ができました^^

s500_P4230062.jpg

火曜日はモサいフードコートの惣菜コーナーに
組み合わせて楽しむ事ができるのが楽しいです。

s500_P4230063.jpg

二肉二菜3.50SD$(280円)にしようかなぁ・・・・・
肉は安いですが、魚を選ぶと一気に高くなります^^;

s500_P4230066.jpg

並んだ惣菜、右半分^^

s500_P4230067.jpg

そして左半分
これだけあると迷いますね^^;

s500_P4230068.jpg

選んだのはこんな感じ
二肉二菜のつもりが一肉三菜に
値段は3.50SG$(280円)

s500_P4230069.jpg

厚揚げにゆで卵半身が乗ったもの
この玉子が凄くしょっぱい
まるで塩の塊を食べているよう
一口ごとに血圧が上昇する感じ^^
厚揚げは薄味
玉子と厚揚げの味付けが両極端^^:

s500_P4230070.jpg

ブロッコリーの煮物
普通な感じのよくある味
無難な味は砂漠の中で見つけたオアシス

s500_P4230071.jpg

鶏の煮物
この肉のたれをご飯にもかけてくれました。
たれの染みたご飯が美味しい^^
パサパサ現地米に良く合います

s500_P4230072.jpg

サトイモかガンモの煮物と思って指差しましたが、
麩でしした^^
美味しかったけど普通。
これがアツアツだったら凄く美味しかっただろうなぁ・・・・

 

体調は少しは楽になりましたが、相変わらず
でも木曜日ぐらいにはフルパワーに持ってゆかないと・・・

 

 


シンガポール滞在記22 今度は自分の体がぁ・・・・・ [海外出張記(Singapore)]

この休日は現地での最後の休日。
お土産の買出しに行かないといけません。
娘たちはチョコレートが希望、まぁ空港で買えばいいでしょう。
でもそれはベルギーチョコ(笑)
奥さんはバックがいいと言っていました。
バック?あんなにも持っているのに?
却下!(怒)

s500_DSC_8728.jpg

人のものは勝手にでも捨てようとするくせに
自分はバックや靴をしこたま溜め込んでいます。
収納場所が少ないから物を減らしたいからと言いますが
ならば何故自分のは捨てないんだろう 

s500_DSC_8763.jpg

今回も 下着類、持っていったやつを現地で捨ててきたら? って

冗談じゃない。多少ヘロヘロかもしれないが、このヘロヘロ加減が凄く着易いのだ。
この微妙なヘロヘロ、着て馴染んでようやくできたもの
自分にとってはシルク以上の着心地の良さ^^
まだ馴染んでいない新品の肩がこるような着心地のものは落ち着きません。 

s500_DSC_8812.jpg

奥さんへの土産は適当に見つけましょう
自分への土産(?)にスパイスを買って帰ります。
実は蕎麦打ちをやりたいのですが、蕎麦打ちは道具が大きい
それらを揃えたら家庭内バトルの勃発は必然
ですから今は諦め。 

s500_DSC_8833.jpg

では蕎麦の次に好きなカレーは?
スパイスなら場所をとらない。
これなら家庭内バトルは軽微な紛争程度で済みそう。

というわけでインド街に行きクミン、ターメリック、コリアンダー、チリペッパー
クローブ、カルダモン、カレーリーフ、マスタードシードを買ってきました。
そしてチャツネも
これでしばらく楽しめそう^^
この買い物は25000歩のウォーキングとなりました^^ 

s500_DSC_8847.jpg

日曜日、今度は奥さんのお土産をと思い出かけます。
何がいいのか・・・・
USへの出張の時は土産はいつも服でした。
でも東南アジアのデザインは日本で着るにはちょっとあわなそう
土産を探しながらのウォーキング
昼過ぎ、いきなり雨に降られました
雨宿りしてもなかなかやまず、仕方なく雨の中を帰ります。
傘はありましたが距離が半端じゃなく疲れました。

s500_DSC_8854.jpg

なんだか喉がおかしい・・・・
それに鼻水も
歩きながら悪寒が・・・熱っぽいし
どうやら風邪です。
そういえば朝起きたときから体調が変だった。
朝ごはんの後、もう一度寝てしまったぐらい(自分には凄く珍しい事。まずしません)

s500_DSC_8923.jpg

ホテルに戻りベッドに潜り込みんで寝てしまいました。(これも珍しい。普段は明るい時間に布団に入るのは苦痛に感じるので・・・)
夕刻、美しい捜査官に手錠をかけられる夢で目が覚めました。
夢の中の自分、一体何をやったんだぁ~
笑えるのは左手に手錠をかけられる瞬間
ちょっと待っててって言って右手でコンデジを持って瞬間を激写
夢の中の自分、一体何を考えているんだぁ~、そんなにもネタが欲しいのかぁ~

s500_DSC_8931.jpg

と、ここまでタイプしたらまた頭痛が・・・・・
インド街を記事にしようと考えていましたが、現像する気力がありません。
寝ます。

今回の出張、なんかしっくりこない
これしきで風邪ひくなんて・・・・・
こんなにも軟弱な体じゃなかったはずなのに・・・

 


シンガポール滞在記21 スマホの次はPC、次々襲い来るトラブル [海外出張記(Singapore)]

それは突然のことだった

s500_DSC_8576.jpg

土曜日、いきなり固まるPC
しかし慌てず騒がす、機械的に指はパワーボタンの上
そう、よくあること。いつもと同じ・・・・

s500_DSC_8581.jpg

ただいつもと違うのは直ぐに機嫌が良くならなかったこと
なかなかログイン画面にたどり着けず・・・
何度目かの再起動でようやくログイン画面
でもそれからは快調・・・・

s500_DSC_8593.jpg

金曜日にスマホを失くし、唯一の通信手段だったPC
立ち直ってほっと一息
脅かしやがって・・・・・

s500_DSC_8617.jpg

水曜日の朝、オフィスに向かうためバスに乗ります
このバスなんだか見覚えが
そうだ、スマホを失くした金曜日に乗ったバス
金曜日に座った場所に目をやると空いています。

s500_DSC_8624.jpg

直ぐにその席に向かい座り、あたりをキョロキョロ、すると・・・・
あったあ~
なんと座席とボディの隙間の溝
そこに飲みかけのペットボトルや紙くずに紛れて黒っぽい物体
狭い隙間
肩がつりそうになるのをこらえながら拾い上げると見覚えのあるスマホ

s500_DSC_8641.jpg

もはや奇跡
オフィス内やホテルで失くしたのなら出てくる可能性は高い
でもそれ以外はまず絶望的
皆にそういわれて諦めていたのですが・・・
すばらしい!
でも・・・バス、細かい場所まで掃除しないんだ^^;

s500_DSC_8632.jpg

しかし、喜んだのつかの間
水曜日の午後に再びPCがフリーズ
再起動してもOSまで到達しなくなりました。
今度はPCが・・・・・・

s500_DSC_8640.jpg

PCが無いと困ります
シンガポールオフィスで使っていないPCを借りましたが・・・・
そのPCは外国人、日本語が苦手です

s500_DSC_8641.jpgs500_DSC_8643.jpg

KEYBDを打つと打ったのと違う文字を表示
日本語文章を保存すれば文字化け
直ぐに英語を話そうとするし・・・すごく使いづらい ><

s500_DSC_8657.jpg

でも無いよりはまし
借りたPCにクラッシュしたHDDを外付けで繋ぎ、DATAを拾い上げようとしましたが・・・
ドライブは認識してくれますがファイルを表示しない
これは困りました。

s500_DSC_8661.jpg

なかのDATAはどうしても欲しい。
仕事の重要なファイルは当然のことですが、それ以外も
先週末にいっぱい撮ったシンガポールの画像や現像処理待ちの画像
出張の多いさる1号、ホテルで夜画像処理をしようと個人的画像も少々入っていました
救出する方法を日本に帰ってからゆっくり考えましょう

s500_DSC_8672.jpg

しかし・・・・今回のシンガポール出張は一体なんだろう
なんかしっくりきません。
どたどた大騒ぎ、トラブルばかり ><
なので気分はちょっとブルー

s500_DSC_8665.jpg

気分転換で金曜日は早めにあがって、夜の街を散歩
少しだけ気分が晴れました。
19日は奥さんの誕生日だった・・・・
ギリギリ思い出しておめでとうメール
いえ、誕生日を忘れていた訳ではありません。 (本当かなぁ・・・)
今日が何日かが判らなくなっていただけ(笑) (言い訳があやしい・・・^^)

s500_DSC_8681.jpg

ホテルに戻り、外国人のPCと格闘していたら廊下で騒ぎ声
そのうちに自分の部屋のチャイムが鳴って・・・・
一体何事???
ドアを開けると中国人のおばさんが機関銃のごとく早口で何かを訴えます

s500_DSC_8690.jpg

何を言っているのか全く判りませんが、部屋に入れない様子
カードキーの使い方が判らないのか?
カードキーを受け取ってドアを開けてあげたのですが・・・・・
普通、エレベーターホールにある電話でフロントに聞くだろ?
見ず知らずの他人、しかも部屋でくつろいでいるのをチャイムで呼んで訊くか???
どの国もオバサンパワーは凄いですね
中国語、何言っているかさっぱり判りませんでした。
唯一解ったのが最後の謝謝だけ^^

PCのクラッシュで画像DATAが取り出せません
先日の記事の続きの土曜日午後のチャイナタウンと日曜日のアラブ街の記事は保留になってしまいました。
DATA何とか手立てを考えないと・・・・

 

 

 

s500_DSC_8641.jpg


シンガポール滞在記20 休日はウォーキング [海外出張記(Singapore)]

ついつい食べ過ぎて摂取カロリー過多の毎日
せめて休日はウォーキングしようと土曜日はベイエリア界隈からチャイナタウン界隈を散歩です。
朝ごはんの後、しばらくまったりしてからの出発
この国、街が目覚めるのが遅いので早く出かけても面白くありません。

s500_DSC_7912_.JPG 

シンガポールリバー沿いをベイエリアに向かって歩きます。
途中水路が大規模に工事中
この街、どんどん変わりますね。勢いがある国は変化もダイナミック

s500_DSC_7914_.JPG

夜は賑わうリバーサイド
朝九時を過ぎていますが人は少ないです
漂うのは昨夜の残像、グラスの底にへばり付いたワインの匂い
ムッとするすえた臭いが熱帯気候のねっとりした湿気と一緒に纏わりつき、噎せ返るよう。
思わず息を止め、足早に歩きます。

s500_DSC_7931_.JPG

ねばっこい空気をかき分けるように歩いていると時折爽やかな蒸した風
この国では爽やかな風も湿気の塊^^
南国熱帯気候も慣れると蒸し暑さの中に爽やかさが感じられるのです
前回訪問時は6週間居ましたからさすがにこの気候に慣れました^^

s500_DSC_7932_.JPG

すえた臭いが重く貼りつく道を歩いてゆくと所々に転がっているものが^^;

s500_DSC_7992_.JPG

昨晩は金曜日の夜、はしゃぎ過ぎたのでしょう
飲み過ぎたサラリーマンがいっぱい転がっていました。ピザもたくさんデリバリー~
どの国も一緒ですねぇ^^;

s500_DSC_7963_.JPG

陽射しの強さと共に湿気も押し寄せてきます。
まだそれほど歩いていないのに体中から凄い汗
思わず舌を出して犬の真似^^

s500_DSC_7934_.JPG

バブリーなホテルの上には暗雲、雨の予感^^;
この国の雨はいきなり来ますから注意しないといけません

 

s500_DSC_7995_.JPG

お約束のマーライオン
まずはミニマー君からご挨拶
ミニマー君、結構人気で写真撮るのも一苦労

s500_DSC_7999_.JPG

マー君、久しぶり~^^
おやっ、マー君の目をよく見ると・・・・

s500_DSC_8001_.JPG

先日アップしたイラストといっしょ
目にやる気が無い・・・^^
遠くを見つめて物憂げな感じ
まぁ、炎天下にずっと立っていたらやる気も無くなりますよね^^

s500_DSC_8004_.JPG

地震の事など何も考えていない感じの建物ばかり
地震が無い国なんですねぇ

s500_DSC_8014_.JPG

一年前に訪問した時はマリーナ ベイ サンズの裏側は公園を造っている最中でした。
今回は工事も終わり行かれます。
工事中にみた変わった建造物
たくさんの巨大エリンギの獣と巨大ダンゴ虫が二匹

s500_DSC_8030_.JPG

ベイサイドで高層ビル群を見ながらまったり
この場所、夕闇の頃に来ると凄くいい雰囲気
でも朝だと無機質で味わいが今一つ
不健康が似合う街^^

s500_DSC_8031_.JPG

10時なのに人通りが少ない^^;
皆朝寝が好きなようで人が増えるのは昼過ぎ
12時になっても準備中の飲食店があるぐらい
どこまでも夜型^^

s500_DSC_8037_.JPG

この一角には睡蓮の花池があります
睡蓮の花の形のミュージアム、そのまわりに睡蓮の花池

s500_DSC_8043_.JPG

蒸し暑い国ですが朝の陽射しは透明
クリアな光は鮮やかな色彩を浮かび上がらせます

s500_DSC_8046_.JPG

ジリジリ肌を焼く強い日差し
地面にくっきり影を焼き付けて

s500_DSC_8047_.JPG

あまりに強い光に自分の体が溶け無くなってしまうような錯覚
残るものは濃い影だけ
あつい・・・・

s500_DSC_8052_.JPG

異国の街を散歩をするのは夕方がいい
朝の散歩は気持ちが良いけれどどこかよそ行き顔
透明な朝の光に風景は輝き、綺麗ですが一寸構えた感じでツンとしています

s500_DSC_8056_.JPG

午後、陽がはっきり傾き、影が長く伸びる時間
この街の午後、粘りつく空気に覆われた体の隙間に僅かに柔らかさ含んだ風が滑り込む時間
力んでいた体も柔らかくなって風に溶け込めます。

s500_DSC_8064_.JPG

でも今はまだ朝
ちょっと澄まし顔のキラキラ飛び跳ねる光の粒に囲まれながら感じる疎外感
だから今は会釈だけ、夕刻、また来て風の声を聴きましょう

s500_DSC_8066_.JPG

目が覚めるような色彩に思わず息をのんで

s500_DSC_8058_.JPG

南の国は色の出方も一寸違う

s500_DSC_8071_.JPG

その艶やかさはま夢のよう

s500_DSC_8079_.JPG

今回の出張は妙に忙しいのです
朝7時15分にホテルを出たら戻るのは21時
これでは散歩には行かれません

s500_DSC_8080_.JPG

忙しさのせいかスマホ(BB)を失くしてしまいました
一体何処に落としたのか
それとも忘れたのか
まったく思い出せません。気付いたら空のホルダー・・・

s500_DSC_8091_.JPG

記憶がその部分だけ欠落
そんなもどかしさ

s500_DSC_8096_.JPG

まさかと思い、部屋の冷蔵庫の中まで探しました
冷蔵庫から出てきたらどうしようって一寸不安になりながら(笑)

s500_DSC_8098_.JPG

幸いにも(笑)、冷蔵庫からは出てきませんでした。
欠落した記憶、凄い不安感

s500_DSC_8105_.JPG

電話を失くした事以上に記憶を無くした事がショック。凄い喪失感

s500_DSC_8106_.JPG

それは1ピースだけ足らない未完成のパズル

s500_DSC_8108_.JPG

思い出そうともがけばもがくほど
どんどん記憶の闇の中に落ちていくような感覚

s500_DSC_8109_.JPG

闇の中、記憶を探しもがく姿

s500_DSC_8110_.JPG

失った1ピース、見つかるといいのだけれど・・・・・

s500_DSC_8111_.JPG

まだまだ撮り足らないですが今日は運動不足の解消のウォーキング
しっかり歩かないといけません
先を急ぎましょう

s500_DSC_8117_.JPG 

バブリーホテルを何時もと逆サイドから
かなりの弧を描いているのがよく解ります
高層ビルの上に乗った船型のプール
庶民を見下しながら特権階級的感覚でプールサイドに寝そべっていたい
このバブル的嗜好が懐かしい
日本も昔はなぁ・・・・

s500_DSC_8116_.JPG

キノコの軍団
どう見ても巨大エリンギ
昔、ウルトラQだったかキャプテンウルトラか忘れましたが
こんな感じのキノコ型の宇宙人か怪物が出てきた記憶が
昨年、一目見た時にその特撮を思い出して、次来たときは絶対に行ってみようと^^

s500_DSC_8123_.JPG

巨大ダンゴ虫の一匹
ハイウェイから見る工事中の公園に佇む巨大なダンゴ虫は○○シカに出てくる奴にしか見えませんでした。
工事中から存在感はピカイチ
今回行ってみたら博物館でした^^

s500_DSC_8134_.JPG

チャイナタウンに向かいましょう。ベイエリアからリバーサイドへ歩きます。
でもちょっと空腹、エンプティで足に駆動がかかりません。
時計を見れば12時、チャイナタウンで食べるか、ここ、リバーサイドで食べてしまうか
迷いましたがリバーサイドで食べる事に
気の向くままに彷徨い歩く性格の自分
此処で食べておかないといつ食べられるか解りません
チャイナタウンに真っ直ぐ行くとは限らないのですから

s500_P4130015_.JPG

リバーサイドは12時なんて早い時間に開いている店は無いでしょう
一本裏に入って探します
一本入れば庶民のお店が軒を連ね、その中で手軽にフードコート
小さなフードコートです

s500_P4130011_.JPG

その中で選んだのがここ、シンガポール・チキンライスが食べたくて

s500_P4130012_.JPG

ここのチキンはローストではなくフライドでした

s500_P4130013_.JPG

チリは外せません
でも大好きな魚醤のチリが無い・・・
スイートチリと緑のメチャ辛い奴だけ

s500_P4130016_.JPG

チキンwライス 檸檬風味で4SG$(320円)

s500_P4130018_.JPG

しっかりと揚がっているチキン
アツアツではなう揚げ置き(この国ではそれがデフォ)
でも保温庫にははいっていましたから冷たくはありません

s500_P4130019_.JPG

スープ
鶏の味がしっかり効いて美味しい
塩気たっぷりの濃い味
汗で塩分を失った体が喜ぶのでしょう
縁の欠けた器が何とも^^;

s500_P4130020_.JPG

その鶏のスープで炊いたご飯
これが実に美味しい
鶏要らないからスープとご飯だけでいいと思うぐらい(笑)

s500_P4130021_.JPG

鶏、凄いです
何が凄いって硬いの硬くないのってメチャガチガチ、顎が喜ぶ喜ぶ^^;
むか~し、給食で出た鯨の竜田揚げと張り合えるほど
ここまでガチガチに揚げれば多少悪くなりかけた肉だって大丈夫
むしろ肉は腐りかけが美味いらしいし(笑)

いやはや顎が疲れます
揚げ物の衣は胸焼けの元
可能な限り脱がして食べます
揚げたてならば衣も美味しいのでしょうが・・・・

ご飯とスープは美味しかったけど鶏は美味しく感じませんでした
ガチガチに揚げて水分が飛んだ分、味が濃かったのはいいのですが、衣が美味しくない
でも不味くて食べられない訳ではないので完食

s500_DSC_8136_.JPG

エネルギーチャージも完了
これで安心して彷徨えます
チャイナタウンに向かう途中でみかけたオフィスビル
なんとも強引なほどの緑化計画、ビルの途中に林を作っている・・・・
これも地震に耐えられるとは思えない^^;

 

 

 

 


シンガポール滞在記19 ホテルの朝ごはん [海外出張記(Singapore)]

この休日はカメラを持って出かけました
土曜日はベイエリア
平日ウォーキングができなかった分思いっきり歩いて30000歩
赤道近くの熱帯気候で30000歩はさすがに疲れました^^;

日曜日は朝から雨、折角の休日なのに・・・
出掛けられないのなら前日の写真の現像をやろう、と、始めたのですがPCが絶不調で何度もリブート
しまいにはブートで完全フリーズ
根性で格闘して何とか二時には復旧
復旧したころには雨も上がっていましたのでアラブ街までウォーキング
半日だけの散歩。一寸不完全燃焼の日曜日でした。

撮りすぎとPCの不調で写真の編集が間に合いません
こんな時は食べ物ネタに逃げるのが簡単^^
今回も食べ物ネタで時間稼ぎです。
前回の記事はランチでしたので、今回は朝ごはん、ホテルの朝ごはんです

s500_P4080147_.JPG

朝ごはんは6時から10時まで
自分は6時15分に食べに行きます。
6時15分頃の外はまだ真っ暗
7時ぐらいに明るくなってくるのです

s500_P4080149_.JPG

パンはバナナケーキ、マフィン、クロワッサン、デニッシュ等のリッチなパンや普通の食パン

s500_P4080159_.JPG

ハード系のパンが並びます。自分の好みは胡桃入りのハードと甘々のパン~♪

s500_P4080150_.JPG

粥も当然あります。が、中華粥。日本の粥の感覚と違っているので食べないです・・・

s500_P4080151_.JPG

ビーフン、これは普通に美味しい

s500_P4090003_.JPG

焼きそばは麺が太くしっかりしていますが、ちょっとボソボソ感が。あまり好きではないです

s500_P4100023_.JPG

炒飯、定番ですね。香料は強くなく無難な味です^^

s500_P4130001_.JPG

どう違うのかよく解らない炒飯。グリーンピースが多いだけ?

s500_P4100024_.JPG

餅・・・・たれが又微妙、絶対日本の餅の方が好き^^;

s500_P4080152_.JPG

海鮮蒸し餃子、流石中華文化圏内、美味しい^^

s500_P4090005_.JPG

いろんな具が入っていた蒸し饅頭

s500_P4140024_.JPG

肉バージョン。焼餃子の方がいいなぁ・・・^^;

s500_P4080153_.JPG

豚まんです。

s500_P4090004c_.JPG

これはあんまん。
KAYAあん(ココナッツ)です。
これは美味しい。ココナッツの風味と甘さが好きなのでイチオシ^^
KAYAは日本で見たことはないなぁ

s500_P4080155_.JPG

魚類は蒸し魚。白身と鮭

s500_P4080156_.JPG

玉子は根性入れてハードに焼いた目玉焼き。
これ以外にはスクランブルエッグと玉子焼き
玉子焼きは許せない玉子焼き
何と蒸して作ってあります。
尤も名札には玉子焼きとは書いてないです
スチームドエッグ、蒸タマゴ。玉子焼きもどきだったんだ^^;

s500_P4080158_.JPG

ハム類はチキンハム、ビーフのサラミ、スモークサーモン
カリカリのベーコンも。

s500_P4130006_.JPG

一年前、メチャ気に入ってガツガツ食べたチキンソーセージ
あっさりしていて胸焼けしないのが良いのです^^

s500_P4130004_.JPG

豆の粥みたいなの
美味しくない・・・・><

s500_P4130005_.JPG

豆のトマト煮
不味くは無いです。でも好んで食べないなぁ
理由は食べ難いから(笑)

s500_P4130003_.JPG

アメリカンワッフル、これは好きです。
ハード系のパンを取らなかった日はこっちを取ります
メープルをたっぷりかけて、オレンジクリームをたっぷり添えて^^
甘々で美味しい~♪♪ 

s500_P4080157_.JPG

野菜カレーとチャパティ
ついつい食べ過ぎてしまう一品・・・^^

s500_P4090001c_.JPG

ジャガイモの団子、これに緑色のソースを添えて

s500_P4090002_.JPG

これがソース
照明の関係で綺麗な緑ですが、見た目はもっち青が強く青銅色
初めて見た時は思いっきり引きました^^

s500_P4130007_.JPG

カレー風味のマッシュポテト(ともちょっと食感が違いますが・・・)のようなもの
カレーリーフなど南方系のスパイスがたっぷり

s500_P4140025_.JPG

このホテルの朝ごはんで自分の一番好きなもの
カレー味のナッツの炊き込み(?)ご飯
インド米です。
ナッツの食感とコクがカレーによく合います

s500_P4120001_.JPG

ヨーグルト
こっちで初めて見たヨーグルト
フルーツと野菜、穀物が入っている
不思議な味だけど、まぁ美味しい(結構後を引くのです・・・・)

s500_P4120002_.JPG

ヨーグルトはプレーン、マンゴー、ブルーベリー
トッピング用にドライプルーンが置いてあります

s500_P4080161_.JPG

フルーツはスイカ、パパイヤ、パイナップル、ドラゴンのフレッシュものと
モモのコンポートやフルーツカクテル

z01s500_P4080162_.JPG

月曜日の朝ごはん。撮る前にチャパティと野菜カレーを食べてしまいました^^;
豚まんと餃子、胡桃のパン
焼きそばにヨーグルト、フルーツ

z01s500_P4080164_.JPG

追加のパンは甘々で^^

z02s500_P4090006_.JPG

火曜日、KAYAのあんまんに焼きそばにパン・・・・炭水化物多いなぁ^^;

z03s500_P4100025_.JPG

水曜日、押し出し作戦の為ヨーグルトwプルーンを助っ人に呼びました。

z04s500_P4110048_.JPG

木曜日、ヨーグルトwプルーンだけじゃ力不足
生野菜の出動です。
シンガポールって生野菜がメチャ美味しくないのです。
ですからあまり取らないのですが。。。
並んでいる野菜も少ないです
この皿にあるので全種類ですから
乗っているのはレタス、トマト、キュウリ、ニンジン、チーズ

z05s500_P4120004_.JPG

金曜日、ヨーグルトの種類を変えてみました。少な目にしましたが後を引いておかわり(笑)
パンは甘々を自粛です

z06s500_P4130009_.JPG

土曜日、いい加減パンに飽きたので炒飯
こうして見ると、フルーツが主食のような・・・・^^;

z07s500_P4140026_.JPG

日曜日、朝から雨
時間があるのでゆっくり食べましょう
で、すこしは動物性のものも食べておこうと玉子を乗せて^^

z07s500_P4140028_.JPG

食べる順番は毎日一緒、パターン化しています。
まず最初に格闘するのがフルーツの皿
スイカは好物なのでいくらでも食べられます^^

z07s500_P4140029_.JPG

次に野菜をやっつけて・・・・ 

z07s500_P4140027_.JPG

最後にご飯^^ 
ようは好きな順に食べてます
奥さんの前でこれをやったらうるさいだろうなぁ^^;

z07s500_P4140030_.JPG

時間に余裕があるのでパンも少し・・・・
で、目についたのがイチゴのパン
イチゴが凄く大きくて美味しそう^^
口の中に入れようとガブリとパンの端を
途端、イチゴがポロッと取れて落下・・・・・><
ベースのカスタードだけになってしまいました。
イチゴ、デカ過ぎ^^;

 

 

 


シンガポール滞在記18 シンガポールB級グルメ、フードコートグルメ集 [海外出張記(Singapore)]

勤めている会社のシンガポール法人に出張
まる一年ぶりです。
前回とは別のセクションに出張なので一寸勝手がわかりません
どれくらい忙しいのか解りませんんから終業後にウォーキングに行かれるかどうか・・・

そんな状況で飛び込んだ現地、これがかなり忙しい
終業後にウォーキングなんて言ってられない状況
これは気を付けないと体重が危ない
-3kgプロジェクトは予定通りのペースで、3月中に-1kgを通過しました
この後、京都で甘味三昧という暴挙に出ましたから困ったもの
さらにシンガポール出張です
シンガポールは危険
食べ物に違和感が無いのでついつい食べ過ぎてしまいますから。

昨年はそれでとんでもないことに。
慌てて落としましたが落としきれず、健康診断のレコードは+2kg(泣)
これがUS出張だとご飯が美味しくないから痩せられるのですが。

今年は同じ轍を踏まないぞと気合を入れていますが、早速腹具合がおかしい
長時間飛行機に乗るとどうしても、ね。
で、押し出し作戦を採って朝ごはんガッツリ+ヨーグルトがぶ飲み作戦を決行
腹はようやく重力を理解してくれましたが、摂取カロリーを考えるとヤバい・・・

HOTELの朝ごはんは曜日によって変わります。
つまり一週間で一巡
まだ到着から一週間経過していませんから今回は平日の昼ごはんの記事を書きましょう。でも美味しいレストランではありません。
シンガポールB級グルメ、フードコートグルメです。

01zs500_P4080169_.JPG

オフィスは企業団地の中、その近所は住宅地
各戸の窓から洗濯竿が突き出て万国旗の如く色とりどりの洗濯ものがはためく庶民的な集合住宅が並びます。(歩くと上から落ちてきそうで怖い)
そんな集合住宅の1Fにあるフードコートで昼ごはん
この日は以前日本のオフィスに勤務していた人と一緒に

02zs500_P4080167_.JPG

前回訪問時に凄く気に入った料理
エイのBBQ
実はシンガポールに出張が決まった時は、これが食べられると内心ちょっとハッピーに
でも日程を聞いた瞬間・・・org

03zs500_P4080168_.JPG

かなりホットですが変な甘味が無く、スッキリとした辛さ
ですから辛くても大丈夫
不思議な事に大丈夫な辛さと苦手な辛さがあります。
スッキリした辛さは大丈夫
でも、へんな甘さのある辛さや、重い辛さは苦手なのです。
どうやら暑い地域の料理の辛さは大丈夫なのですが、暑くない地域の辛い料理は苦手のよう。

04zs500_P4080172_.JPG

根性でハードに焼かれた卵を見ると外国に来たことを意識します。
でもしっかり焼かれた卵の黄身も好きですからOK
値段は6SG$、480円相当

05zs500_P4090007_.JPG

翌日のランチは今回の出張先のセクションの人達と一緒に別の集合住宅のフードコート
集合住宅ごとにフードコートがあるので食べる場所に困りません
まぁ庶民的集合住宅のフードコートは、どこも綺麗な場所では無いですが

06zs500_P4090015_.JPG

実はここのフードコートは初めて
前回出張時とは別のセクションのスタッフと同行しましたので別の場所
セクションごと微妙に馴染の店が違うようです

カレー屋さんを見つけましたのでカレーにしてみました

07zs500_P4090008_.JPG

日本だとインドカレー屋さんは北方のパキスタン、ネパールのカレーがほとんど
でもシンガポールは南方のスリランカ、南インドカレーがメイン
暑い地域のカレーですからスパイスがスッキリしていて自分好み
カレーは北方、南方共に好きですが、どちらかを選べと言われたら迷わず南方
やはり暑い地域の辛さが好きなのです。

09zs500_P4090011_.JPG

南方カレーらしくベジタブル・ミールスがありましたのでこれをオーダー
価格は4SG$、320円です。

10zs500_P4090012_.JPG

皿には野菜3種、右端は何でしょうか、やたら辛いものです
器のカレーは豆のカレーとスープカレー

12zs500_P4090017_.JPG

ご飯は・・・・茹で過ぎ、ちょっと柔らかかったのが残念
でも柔らかくてもパラパラのご飯
豆カレーはココナッツミルクの香りが仄かに感じられさっぱりタイプ
スープは美味しくは無い。でもまぁ不味くも無い^^;

13zs500_P4090018_.JPG

これがメチャスパイシー
これが辛さの調整用なのでしょうね

14zs500_P4090019_.JPG

ミールスですから全無混ぜ~
野菜3種をご飯に乗せてカレーをかけて軽くかき混ぜ・・・
混ぜると美味しいから良くませて
某カレー屋さんに言われたとおりに^^
一口食べて・・・口の中に適度なスパイス感、アツアツじゃないからマイルド
やはりアツアツではないのです
アツアツに拘るのは日本人だけなんでしょうね

15zs500_P4110049_.JPG

翌日、同じカレー屋さんに
品書きにナンがあったので気になりました。
頼んだのはナン、ベジタブルカレーセット
野菜3種のカレー、それにご飯とナンがつきます。

16zs500_P4110050_.JPG

トマトとオクラのカレーとフライドポテトのカレー和え?
器のカレーは豆カレーのサラサラタイプ。これは前日と一緒
トマトとオクラってカレーにあいますね
安心できる味わい
ナンは薄焼き
ムッチリ感は皆無でパリパリ感が強い。バリバリ、ボソボソって感じ。
ナンというよりチャパティ
でもチャパティはチャパティで別にありますから、これでもナンなんでしょうね。
大きさも小ぶりで、これならご飯とナン両方要ります
ナンをカレーに浸け食べます
まぁこんなもんかな^^;
そんな感じの味。やはりナンとは違う気がします
絶対チャパティ

17zs500_P4110051_.JPG

このカレーならサッパリで味も強くないから毎日でもOKかも
インド系の人達が毎日食べている味なんでしょうね

 

翌日の事、出張先のセクションで記念行事がありました。
出荷台数がキリ番になってそのお祝い
皆で出荷品の前で記念写真を撮って、その後はお祝いのランチ
オフィスに配達された品々は・・・・(正式名称を控え忘れました~><)

xs500_P4100028_.JPG

って、悠長に写真を撮ってたら戦闘開始になってしまったので慌ててシャッターを・・・
ブレブレ^^;
野菜の旨煮、焼売、酢豚、鶏の唐揚げ、想像通りの味。

xs500_P4100029_.JPG

ビーフン、癖も無く普通に美味しい
タイ風炒飯はしっかり辛口
エビチリ、厚揚げの煮たの、白飯が欲しくなる味

xs500_P4100030_.JPG

エビフライ、普通にエビフライでした。
キャベツと茄子のカレー、これが美味しい。
キャベツってカレーにあいますね。
尤もサラッとしたカレーだから合うのかも
ココナッツミルクの香りが仄かに感じられ美味しい
茄子は想像より固め。こういう種類なのかな

xs500_P4100032_.JPG

ハイエナがぁ~^^

手前の赤いのはタイ料理で魚のすり身を香辛料で煮たもの。これが美味しい。香草の香りとスパイスが良い感じで調和、ビールが欲しくなります^^

xs500_P4100037_.JPG

タイ式の辛いビーフン、良い色していますね。
スパイシーで美味しかったです。
パクチーって良い香り、美味しいなぁ

チャーハンは普通に中華式
でも日本で食べるのと違って中華香料はしっかり効いています

xs500_P4100038_.JPG

インドネシア料理の骨付きチキン、ちょっと癖のあるスパイスだけど悪くない
ただ食べ辛いのと脂がギトギトで味が濃い
絶対ビールのお友達

xs500_P4100040_.JPG

魚の揚げた奴 インドネシア料理と書いてあったかな
満腹になって食べられず^^;(揚げ物が多くて最後の方は辛くなりました)

xs500_P4100033_.JPG

揚げ餃子に春巻き、味は想像通りで特筆なし

xs500_P4100034_.JPG

少しだけどケーキも

xs500_P4100035_.JPG

何だろう?このデザート
食べたけどよく解らない

xs500_P4100036_.JPG

最初の盛り
春巻、揚げ餃子、エビフライ、鶏の唐揚げ、焼売、タイ式炒飯、エビチリ、焼きビーフン

xs500_P4100042_.JPG

さすがに二順目の盛りは可愛い
厚揚げ、野菜、酢豚、タイ風魚のすり身の煮たもの
この後追加したのはインドネシア風チキン

xs500_P4100044_.JPG

三順目、カレーだけ
白飯もナンもチャパティも無い><
カレーだけで食べます
キャベツカレーの美味しさに感動
今度やってみよう
コツはサラサラのカレーでココナッツ風味かな

xs500_P4100043_.JPG

よく解らないデザートと・・・爽やかに甘いけど、特徴的な風味。特段美味くは無いが不味い訳でもない。慣れていない味と言う事でしょうか

xs500_P4100046_.JPG

こっちは解りやすいデザート
ミックスフルーツカクテル
ライチががメチャ美味しい
日本のと違う気が・・・

この日、午後は仕事になりませんでした。ねっ、眠い・・・・^^;

21s500_P4120014_.JPG

翌日はフードコートランチ
今回も庶民派集合住宅の下のフードコート
今回は大皿料理コーナーで
1プレートセットで肉一品と野菜二品で2.70SG$、220円ぐらいでしょうか
肉、魚、野菜と入れると4.5SG$

22s500_P4120009_.JPG

料理は大皿を指さして選びます。これだけあると迷います~^^;

23s500_P4120010_.JPG

あれと、これと、それ・・・いや、あっちで

24s500_P4120011_.JPG

選んだのは厚揚げに青菜、そしてレバーの煮物

25s500_P4120012_.JPG

揚げのオイスターソース煮は結構美味しい。アツアツだったら良かったのに・・・
実はまったく暖かくないのです
冷たくもないのですが・・・ほとんど常温
レンジでチンしたい・・・^^;
まぁ猫舌でも早く食べられるから良いかもしれないけれど

26s500_P4120013_.JPG

レバーは意外と癖が無くご飯が進みま・・・・す
一応進むけれど遅い
やはりアツアツじゃないのがネック
不味くないけどねぇ、温かだったら美味しいだろうな

30s500_P4120018_.JPG

金曜日は夜もフードコート
ホテルの近所のフードコートは二軒
一つはショッピングモールの中にある綺麗なフードコート、ワールドショッピングセンターフードコート
値段は高めですが安心感があります。
もう一軒はここ、ジオン リバーサイド フードセンター

31s500_P4120019_.JPG

ボロイ屋台ばかりですが安いです^^

32s500_P4120020_.JPG

金曜日は早目にあがれましたので、写真を撮りに行こうとカメラを持って出掛けます。
まずは腹ごしらえでここに
晩御飯を食べるにはちょっと早い時間、まだ閉まっている店もあります
開いている店を一巡して決めたのがここ
(肉の方ではありません。しかに串に刺されて焼かれている肉の美味しそうなこと^^)

33s500_P4120021_.JPG

スープ屋さん
海鮮湯+飯(シーフードスープとご飯)で3SG$ですから240円相当ですね。

34s500_P4120023_.JPG

ご飯がデフォでどんぶり飯^^ 真ん中は魚醤のチリ、これが美味しいのです

35s500_P4120024_.JPG

白身魚にエビと竹輪、海苔と魚のすり身ボールが入ります。
スープは・・・値段相応
雑味はありますが飲めない訳じゃない
チリを入れると雑味が沈んでなかなか美味しい(辛味で誤魔化したとも言う)
このスープがパサパサのご飯にまたあうのです^^
スープはパクチーが良く効いて、そこにチリの刺激
ご飯が進みます
丼ご飯でしたが無くなってしまいます
ただ魚のすり身のボールはかなり癖が
匂いが気になりました
でもまぁ食べられない匂いじゃないので完食です。

37s500_P4120028_.JPG

ショッピングモールの中のフードコートはエアコン完備なのですが、ここは外気解放、暑いです。
でもこんなのが遊びに来たりします(ご飯を狙っているのです^^)

40s500_P4120043_.JPG

さぁ、デジイチ出して散歩に出発です。
まず一枚動作確認を・・・と構えます。
でも反応がありません
確認したらバッテリーアウト(確認していなかった~><)
散歩中止、Uターンです。充電しないと^^;

運河沿いを歩きましたが、橋の下にイラストが並んでいました

48s500_P4120039_.JPG 

気に入った一枚がこれ、やる気のないマーライオン(笑)

 

 


シンガポール滞在記17 1年ぶりのシンガポール [海外出張記(Singapore)]

4月7日、日曜日
明日は上の娘の高校の入学式なのですが海外出張に行かないといけません。
何でこの日に・・・・(涙)

s500_P4070032_.JPG

でも仕事です、仕方ありません。
金曜日に制服姿が見られたからいいか・・・・と、無理やり納得させながらNEXに乗り込みます。
土曜日午後から吹き荒れた春の嵐
日曜日の朝は雨こそ降っていませんが強い風
上空はかなり揺れるかなぁ・・・

s500_P4070051_.JPG

久々の成田
色々なカラーリングの機体があって楽しい
絶滅危惧種を見かけるたびに撮影会
やはり4発はいいなぁ^^

s500_P4070055_.JPG

やたら胴体の長い飛行機・・・・?

s500_P4070062_.JPG

これに乗ってゆきます。双発はスマートだけど見た目の押しが弱い^^;

s500_P4070068_.JPG

コンデジで何気にズームしたら・・・・

s500_P4070069_.JPG

何か、愛らしい^^ 差し出す箱の中身は何だろう?

s500_P4070071_.JPG

てんてんさんが改造しちゃうんじゃないかな。して欲しいなぁ~ちょっと期待でワクワク^^

s500_P4070060_.JPG

定刻通りということでした

s500_P4070074_.JPG

確かに定刻に出発です。嘘はありません
滑走路に向かいますが・・・・

s500_P4070076_.JPG

途中でストップ、渋滞中
風が強すぎて飛べないそう
弱まった時も着陸機優先のようで、着陸してくる機体ばかり・・・
機内のアナウンスは、何時離陸できるか不明と繰り返し
まぁ天候には勝てませんから仕方ありません。
結局何だかんだと二時間半も缶詰に。
待機している間、飛んでいるのではないかと思うぐらい揺れていました。

s500_P4070085_.JPG

ようやく動き出し、滑走路へ向けてターン
後続は凄い渋滞
飛行機の渋滞って・・・(汗)
でも縦に並ぶ機体が妙にカッコよかったりして^^
デジイチで撮りたかったなぁ(鞄の中なんだよぉ~)

s500_P4070088_.JPG

四発の機体って迫力ありますね

s500_P4070094_.JPG

ようやく順番が来て、何とか離陸
会社はいつも通路側の席を予約してくれます
ドアが閉まっても隣は空いたまま
これはラッキー
二席使いの贅沢な旅
エコノミーでも二席使いなら苦痛ではありません
ですから二時間半の缶詰でもイライラはありませんでした。
むしろ快適、ゆっくりお昼寝・・・・って本当は空腹で寝られませんでしたが^^;

s500_P4070097_.JPG

海岸線が凄い波
白い大きなウサギがいっぱい跳ねているみたい
かなりの強風なんでしょうね

s500_P4070098_.JPG

やっとありついた昼ごはん
二時間半も滑走路上に缶詰だったせいで最早おやつの時間に近い(汗)
メニューは洋風は鶏のクリーム煮、和は蟹チラシ
赤ワインを飲んでいたので洋風を頼んだのですが、人気で後程持ってくると
いや、腹減ってんだぁ~
あるもので良いから食わせてくれと、和に変更^^
蟹チラシ、蕎麦、白和えに黒糖饅頭
まぁこんなもんかなって味^^;
ただ・・・饅頭が許せん!
皮は硬くてあんこの舌触りが悪い
鮮度の問題なのか元々のクオリティなのかは不明です。

s500_P4070108_.JPG

映画を二本観終える頃には下に島が見えてきます
これが見えてきたらもうちょっと

s500_P4070113_.JPG

フィリピンあたりかな
国際線では窓側は乗らないので結構新鮮(国内線は自分で予約するから窓側が多いです。富士山を見たいし^^)

s500_P4070114_.JPG

映画を見ながらひたすらワイン
美味しくて何度もおかわり
この味、好みでした^^
柿ピーで赤ワインを飲むのが好き
安上がりにできているのです^^

s500_P4070117_.JPG

昼が舞台から去り夜の帳が降りかけた頃、シンガポールに到着
US西海岸まで行かれるくらい乗っていた気がする・・・疲れた

s500_P4070118_.JPG

一年ぶりのシンガポールです

s500_P4070142_.JPG

会社ご指定のホテルに到着

s500_P4070126_.JPG

このホテルANAの御用達のようでフロント前にANAのお姉さん達が群れています。
制服着てかたまっているから結構目立ちます。
各便ごとのクルーが来て入れ替わっているのでしょうが、制服なのでずっとそこに居る気が(笑)

s500_P4070129_.JPG

今回の部屋はこんな感じ
無駄にデカイキングサイズ、枕は四つ

s500_P4070139_.JPG

無性に空腹だったので晩御飯
ホテル近所のショッピングモールの中にあるフードコートで

s500_P4070136_.JPG

ずっと飛行機の中でワインを飲んでいたせいか胃が疲れ気味
ここは刺激を与えないと・・・で、タイ料理

s500_P4070134_.JPG 

品書きはこんな感じ
ショッピングモールのフードコートですから集合住宅のフードコートより高めです。
円は下落していますから去年に比べてしまうと値上がったように思えます^^;
一年前は82円台(対US$)で今は99円台(対US$)ですから
しかし、民主政権時代の76円(対US$)台って一体なんだったんでしょうね
ようは○○だったんだなぁ・・・←(ご自由に文字を入れてください)

s500_P4070137_.JPG

選んだのはグリーンカレー(5.5SG$、442円)(ここでもカレーかい!)
ご飯はタイ米、このカレーにはパサッとしたタイ米が一番

値段は5.5SG$(約442円、一年前は約330円)、今年は安く感じられません~><

s500_P4070138_.JPG

ココナッツミルクの甘さが辛さを包み込んで柔らかい辛さにしてくれます。
野菜もたっぷりなのも嬉しいな
何より大雑把にカットされた茄子のワイルド感が実に素晴らしい

s500_P4070132_.JPG

ホテルに戻り、独り寝すると寂しくなるようなデカイベッドに身を沈めます
何時もシングルなので落ち着きません^^;
仕方ない、枕を体の横に並べて圧迫感を演出しよう(笑)

 

 


そうだ京都 行こう 家庭内修学旅行 その6 [そうだ京都、行こう。(KYOTO)]

3月23日土曜日、家庭内京都修学旅行も遂に最終日

エクササイズの後は爆睡中の娘達をたたき起こして朝ごはん
和、洋、どっちつかずの取り合わせ
出張の時と大差ない食事内容は落ち着きますが旅行気分にはなれません

s500_P3230002_.JPG

今日の予定は南禅寺、禅林寺を散策して京都を離れます。
夕刻遅くに京を離れると帰宅は深夜、ちょっと辛いです。
かといって今日は土曜日、三時頃に離れれば渋滞が心配
知らない場所ですから渋滞の状況が見えませんので余計心配です。
ならば中途半端な時間に帰るのが渋滞にあわずスムーズにかえれるだろうと、昼頃離れるこことにしました。

s500_DSC_7208_.JPG

ホテルをチェックアウトして南禅寺に
朝一なので駐車場はガラガラ
駐車場には一本の枝垂れ桜、見事に咲き誇っていました。
折角の桜、枝垂れた枝の下に車を停めて独り占め

s500_DSC_7212_.JPG

南禅寺三門、これは迫力があります
やはり中心部は昨日行った嵯峨野化野界隈の寺院とは趣が全く異なり、
威厳、迫力、重圧感、それらが一纏めになって圧し掛かってきます。

s500_DSC_7222_.JPG

ファインダーを覗きながら息をのむ
京で幾度繰り返したことでしょう
街も寺院も重さと貫禄を感じます。
これが京都、これこそ都

s500_DSC_7228_.JPG 

京都の人達にとっては都は京であって東京さえも田舎と言うとか
なるほど、今回の旅行でそれが解かった気がします。
東京は確かに大きいです、経済の中心でしょう
しかし重みが無い。
東京の街を撮っていて迫るような重さを感じた事はありません。圧迫感は無いのです。
この重みは歴史の重み、東京が貫禄を纏うにはあと500年は必要なのかも

 

s500_DSC_7223_.JPG

この三門の屋根の上から絶景を味わってみたい
石川五右衛門(13代目ではありません)で有名な屋根

s500_DSC_7243_.JPG

南禅寺で特に見たかったのは三門と水路閣
お寺の境内に煉瓦造りの建造物
ちょっと不思議な感じ

s500_DSC_7244_.JPG

水路閣は琵琶湖疎水の支線の一部となるレンガ造りの水路橋
なかなかいい雰囲気です

s500_DSC_7246_.JPG

年月を経て良い風合い
いろんな方のブログに登場した水路閣
ようやく見る事ができました

s500_DSC_7250_.JPG

明治初期の煉瓦造り、でも京都にとっては新しい部類なんでしょうね^^;

s500_DSC_7257_.JPG

上に登れました。結構流れが速いですね。今なお現役とは凄い

s500_DSC_7295_.JPG

庭の散策を楽しんで
折角の庭を見ないでiPhoneの画面ばかり見ている奴
勿体ない・・・・

s500_DSC_7301_.JPG

やはり赤レンガとお寺の取り合わせが気になって仕方ありません
でも意外と違和感が無いのかも

s500_DSC_7304_.JPG

なかなかの貫禄、ついつい近寄ってしまいます。
付近を通るたびに眺めなおして^^

s500_DSC_7314_.JPG

季節ごとに見に来たいですね

s500_DSC_7315_.JPG

南禅寺の各部を楽しんで・・・
京都の寺院って拝観料がかかりますねぇ
此処南禅寺を例にとると、入場料は無料ですが、三門や各庵のは拝観料を全部合わせると1700円
鎌倉に比べて凄いインフレ

s500_DSC_7318_.JPG

なんて考えてたら鬼瓦に笑われました。
この鬼瓦、絶対に笑っている

s500_DSC_7320_.JPG

尤も修学旅行らしく沢山場所をこなそうと計画していますので、南禅寺全部拝観したら時間が足りません。
本当は数を求めず、一日一寺院でゆっくり巡るのが良いのでしょう
次に来るときはそうしたい。
でも・・・・ここは近くありません
折角来たから沢山巡りたいと欲張るだろうなぁ、きっと

s500_DSC_7325_.JPG

この後は禅林寺に向かいます
その途中で水路閣から続く水路がありました。
水路の幅だけ見ると小さいですが、流れはかなりのもの。
酔っぱらって落っこちたら大変な事になるかもーー;

s500_DSC_7328_.JPG

これが幼稚園の門?
カッコよすぎ

s500_DSC_7331_.JPG

禅林寺に到着
此処で京都旅行の〆になります。

s500_DSC_7334_.JPG

ここの狛犬は色白美人。普通狛犬といえば安山岩などの石の像、でも此処のは石灰岩なのか白さが妙に印象的。

s500_DSC_7335_.JPG

でも白いと強面でも迫力が無い^^;

s500_DSC_7384_.JPG

蕾がいっぱいの桜
満開の時も見てみたい

s500_DSC_7341_.JPG

秋の季節は廊下か見る紅葉が素敵だとか
でも今の季節は何もない・・・・

s500_DSC_7353_.JPG

暫く庭を眺め、京都の旅を振り返って・・・気持ちいい空だけど今日も花粉が凄くて目の痒みが辛い。庭を見ながら心落ちつけたくても、痒すぎてそれどころじゃない><

s500_DSC_7355_.JPG

味わいのある廊下を渡って・・・

s500_DSC_7358_.JPG

臥龍廊、これは・・・・紅葉の季節に来てみたい

s500_DSC_7361_.JPG

みかえり阿弥陀像、この阿弥陀像がなかなか魅力的
頭がわずかに傾き、後ろを振り返るその仕草は色気があります。
無論、体の正面から見るより阿弥陀様の視線を受ける位置で観るのが素敵

s500_DSC_7376_.JPG

上から見下ろす紅葉、素敵だろうなぁ・・・

s500_DSC_7382_.JPG

これで京都寺院巡り、家庭内修学旅行も終わりです。
学校の正式な修学旅行で京都に行かれなかった上の娘に京都を見せてやりたいと思い企画した今回の旅行
はたして期待通り日本の文化を感じてくれたのだろうか、かなり疑問

s500_DSC_7386_.JPG

実はこの二週間前にiPoneを彼女用に買いました。
それまで携帯電話すら持たせていなかったので彼女にとっては念願のスマホ
嬉しいのは解るけど、日がな一日いじっています。
それは旅行中も
気が全部iPoneに行っているような状態で京都を味わえたのか?
ちょっと心配
尤もパフェはしっかり味わっていたようだけど(笑)

s500_DSC_7387_.JPG

よくまぁ一日中いじれるもの
使う用事ってそんなにもあるのかな
って思っていたのですが、よく見たら笑えます。
下の娘は奥さんのを借りて使う(個人持ちは高校生になってから が、我が家の方針)のですが
上の娘と下の娘の会話がiPhon使ってLineで
同じ家に居るのにですよ。しかもそんな大邸宅じゃない、引きこもりになろうにも引きこもれない狭い家(笑)
一体何を考えているのだか(呆)

s500_DSC_7390_.JPG

駐車場に戻る途中、気になるお寺を見つけましたので入ってみました。

s500_DSC_7392_.JPG

梅の木がいい形で屋根との調和が見事
素敵な空間を感じたのです。

s500_DSC_7395_.JPG

狛犬はいませんでしたが狛猪がいました

s500_DSC_7396_.JPG

でも猪だとあまり怖くない気が^^;

s500_DSC_7402_.JPG

誘い上手な梅の木、花の時期にもう一度見たい^^

s500_DSC_7409_.JPG

駐車場に到着、さぁ帰りましょう
出発の前に駐車場の桜を楽しんで

s500_DSC_7199_.JPG

帰りは一気に帰れるか?ちょっと頑張ってみましょう
まぁ無理でしょうけど。
京都東ICに向かいましたが京都東ICから出てくる車の渋滞が半端ではありません
乗ってからも反対車線が凄い事に
それを脇目にスイスイ快適^^

s500_P3230003_.JPG

御在所岳に寄りました
目的は遅い昼ごはん、と、赤福
昼ごはんは食べたいものが無かったのでパス
赤福茶屋で赤福を食べました。
赤福3個と赤福ぜんざいで昼ごはん、と考えましたが反対意見が多く(賛成が無かったとも言う)
甘味の昼ごはんは諦めです

s500_P3230006_.JPG

やはり三重に来たら(通過も)赤福ですよね

s500_P3230011_.JPG

何故見ると食べたくなるのだろう・・・・
京都土産にはなりませんが、奥さんへのお土産に赤福を買いました。(自分が食べたかったとも言う)

s500_P3230018_.JPG

御在所での昼ごはんはパスしましたが、時間的にもこれ以上遅くはできません。
(だから赤福とぜんざいを・・・・)
刈谷のハイウエイオアシスにPIN(これで2ストップになってしまった・・・・)

s500_P3230021_.JPG

上の娘はラーメン好き、迷わずラーメン
でも買い方が解らないと
お店の人が説明してくれますが、何故か拒否
そう、結構内弁慶な奴
意外とシャイ

s500_P3230020_.JPG

四の五の言いながらも結局ラーメン^^

s500_P3230022_.JPG

下の娘は豚まん
黒豚まんと普通の豚まんの食べ比べ

s500_P3230026_.JPG

自分はピザ、最近はSAでも本格的なピザが食べられるのですねぇ

s500_P3230024_.JPG

サッパリした食べやすいピザ、これなら運転中に胃もたれで苦しまなくて済みそう

s500_P3230025_.JPG

豚まん2個では足らなかった下の娘に半分持って行かれました。
最近の彼女は凄い食欲。まるで冬眠から覚めたクマ(笑)

s500_P3230032_.JPG

新東名から見た富士
富士が見えると気分がいい

s500_P3230035_.JPG

9時前には何とか到着、奥さんにお土産を渡します。

八ッ橋、好き好きー・・・えっ、生じゃないの?
私、普通の八ッ橋好きじゃないんだけど
生八ッ橋のほうが好きなの

(知らんよ、そんなの)

あっ、赤福、これ全部私が食べていいんだよね

(甘党じゃないくせに、だいたいこれは京都土産じゃないんだ。皆で食べるために買ったんだ)

これ、よーじやのあぶらとり紙?

いや、お店で進められた新製品のあぶらとりハンカチ

え~紙じゃないんだ

受け取ったもののお礼が無いなぁ、要らないの?

要る、ありがとう

(と言ったものの、ダイニングテーブの上に無造作に置き、一週間そのまま・・・・要らなかったらしい。もう彼女に土産を買うのはやめよう)

結局、八ッ橋は奥さんは一袋食べただけ、残りは下の娘と自分が食べました。赤福は自分と奥さんで山分けでしたが。ハンカチはどうなちゃったのだろう(謎)

**********************************

s500_P4070060_.JPG 

4月7日のフライトでシンガポールに来ています

戻るのは27日 

それまでは訪問が滞りがちになると思いますがご容赦ください

更新ペースだけはキープしたいな

 

 


そうだ京都 行こう 家庭内修学旅行 その5 [そうだ京都、行こう。(KYOTO)]

軽く腹ごしらえの後は化野を散歩です。
山に囲まれた静かな路
春の陽射しに輝く白い壁が凄く眩しい
静かさの中で光だけが舞い踊っています。

s500_DSC_7022_.JPG

平日ですので他に観光客は歩いていません
静けさを独り占め

s500_DSC_7029_.JPG

この先の平野屋が目的地
車のCMにできてましたよね
その場所を見たかったのです。
その途中にある化野念仏寺に寄ってみました。

s500_DSC_7030_.JPG

綺麗な青空と麗らかな陽射し
軽い気持ちになるのが普通ですが
どういうわけか空気が重い

s500_DSC_7035_.JPG

登り切ったら一面に無縁仏
風化した墓石の寂涼とした雰囲気
息をのみました
と、同時に感じるどっしり纏わりつくような重さ

s500_DSC_7038_.JPG

此処は一体・・・・・
とてもではないですが、全体の景色は写す気になれませんでした。
良く見ると無縁仏群に行くエリアにはこの先撮影禁止の文字も
書かれなくとも撮りません
何かとてつもなくヤバい気がする場所ですから

s500_DSC_7039_.JPG

一応来たからと空気の軽いところを少々撮影
撮れたのは建物と垣に並んだ石塔群ぐらいです

s500_DSC_7051_.JPG

しかし、凄く居心地が悪い
ここまで落ち着かない場所は珍しい
重い空気が体の自由を奪うような感覚

s500_DSC_7054_.JPG

息苦しさに境内を散策することなく、すぐに出てきました。
ここの竹林を観たかったのですが・・・
何だったんだろう、あの感覚

s500_DSC_7059_.JPG

平野屋
ここが観たかった場所
車のCMを見るたびに行きたいと思っていました。

s500_DSC_7060_.JPG

おうすを楽しむ予定でしたが、どうも気分が優れません
何もする気になれない・・・・
さっき、かなりエネルギーを吸い取られたのかも

s500_DSC_7063_.JPG

どうも気が乗らないのです。
このまま次に向かいましょう。
このエリアから早く立ち去りたい、そんな気分
これは・・・・カラータイマーが点滅しているかも
スイーツエネルギーをチャージしないといけません

s500_DSC_7066_.JPG

そして、上の娘が来たがっていた清凉寺に
広い境内に気分は良いはずなのですがダメージからの回復が今一つ

s500_DSC_7100_.JPG

上の娘が来たがっていたと言う事は、某アイドルが撮影した場所
崇拝の儀式をやるかと思ったのですが・・・

s500_DSC_7077_.JPG

もういいや・・・と。

s500_DSC_7078_.JPG

どうやら皆重い空気に疲れたようです。
かなりパワーを吸い取られたんだ

s500_DSC_7097_.JPG

何をするのでもなく、ただ座ってぼーっと^^
穏やかな陽射しを受けて、体から力が抜けてゆくよう
何も考える気が起こらず、ただ過ぎゆく時間に身を漂わせている感じ

s500_DSC_7067_.JPG

甘いものが食べたいなぁ・・・
下の娘が豆腐アイスを探そうと突然言い出しました。
何でもガイドブックに掲載されていたとか
清凉寺を調べているときに見つけたと言いますが・・・

s500_DSC_7106_.JPG

ガイドブックを見直しても発見できません
それらしい店は門前に無かったし・・・

s500_DSC_7116_.JPG

何と境内の中の茶屋にありました
自家製豆腐アイスと幟が
お寺の自家製豆腐のアイス
これは期待できるかも

s500_DSC_7108_.JPG

良い天気です。どうせなら外で食べましょう
アイスは暑い中で食べた方が美味しいのです^^

s500_DSC_7110_.JPG

アイスをオーダーし、外で食べるからと外に座っていたら・・・・
中から飛び出してきたオジサンがおもむろに煙草を撮りだして火を
見れば席の隣に灰皿が
中は禁煙でタバコは外だったのですねぇ

s500_DSC_7112_.JPG

タバコの煙は勘弁
という訳で一番遠い席に引っ越しです。
ここは読経が良く聞こえます
経を聴きながら食べるアイス
ありがたそう^^;
待つ間、読経の聞こえる堂のほうにいってみたら・・・・録音でした^^;
まぁ、いいBGMかな(笑)

s500_DSC_7120_.JPG

豆腐アイス(380円)の登場
思ったより小さいアイス
八ッ橋とハーフカットのイチゴが乗ります。
プラのスプーンが付いてきましたが、やはりこうでしょう

s500_DSC_7122_.JPG

八ッ橋がスプーン替わり
アイスを食べるためじゃないかと思うぐらい適切な曲がり
アイスと八ッ橋の相性も意外といい感じでした・
豆腐アイスが舌の上で溶けたその後で豆乳の香りが浮かび上がってきます。
最初っからドンとした感じで豆乳は来ません
穏やかな風味

暫く清凉寺に居ましたが、どうも体がだるい
一旦ホテルに戻る事にしました。

s500_DSC_7126_.JPG

体がだるくても一日一パフェは実行しないといけません
何処にしようかとガイドブックを見て気になったのはeX cafeの天竜寺パフェ
向かいますが・・・その途中で見かけた湯葉アイスなるものが気になってしまいました。
看板には 桜餅 稲 と。和菓子屋さんのようです。
その店のパフェ類を見てみると・・・・

s500_DSC_7162_.JPG

さくらパフェの断面図。フレークが入っていないね、合格^^

s500_DSC_7164_.JPG

抹茶も美味しそうだけど、続いているしなぁ・・・

s500_DSC_7166_.JPG

これは断面図がないんだ。でも期待できそう^^

なかなか良さそう
そしてカフェより甘味屋さんの方が良いかなという単なるイメージで目的地を此処に変更
まぁ、eX cafeという店の名が気に入らなかったのもありますが(何故京都で横文字なんだぁ~)

s500_DSC_7136_.JPG

店内は結構広め。駅に近いですから休日は混むでしょうねぇ

s500_DSC_7128_.JPG

品書きを確認。あんみつ類・・・・

s500_DSC_7131_.JPG

パフェ類・・・

s500_DSC_7133_.JPG

自分は黒本蕨餅パフェ

s500_DSC_7134_.JPG

下の娘は さくらあんみつ蕨餅付

s500_DSC_7139_.JPG

上の娘はさくらパフェ

s500_DSC_7143_.JPG

まずは下の娘の 桜あんみつ蕨餅付
蕨餅は小森の方が好みだそう

s500_DSC_7150_.JPG 

桜アイズの塩気と粒あんが良く合います^^

s500_DSC_7147_.JPG

さくらパフェの登場 

s500_DSC_7145_.JPG

さくらアイスが美味しそう^^ 白玉団子に乗っかっている桜、良い香りだろうなぁ 

s500_DSC_7149_.JPG

そういえば桜ものは食べていないなぁ・・・何時も抹茶だったから 

s500_DSC_7155_.JPG 

アイスを一口もらいました。桜アイスって塩が効いていて美味しいですよね^^

s500_DSC_7148_.JPG

自分の本黒蕨餅パフェ

s500_DSC_7151_.JPG

サンプルや品書きとアイスの色が違います。
品書きを見直すと変わる場合があると。
この日はきな粉アイズでした。
きな粉アイスが美味しかったのでヨシ^^

s500_DSC_7153_.JPG

ガラスではないので中に何が埋まっているのか見えません
ですから宝物を掘り起こしている気分
こんなのがあった、あんなのが出てきた、と。

s500_DSC_7154_.JPG

ちゃんと甘いパフェ、やはり甘い方が口に馴染みます^^


嵐山さくら餅 稲
075-882-5808
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19
10:00~18:00
無休


食べ終え、駅で足湯を使おうとしましたが掃除中で使えません(泣)
諦めてホテルに戻ります。
まだ夕刻ですが、午後から体は重いまま
部屋に入ってベットにダイブ
そのまま知らないうちに爆睡・・・・

2時間ぐらい寝てしまいました。
見れば娘達も爆睡中、やはりあそこで疲れたんだ。
何とかたたき起こして夕飯を食べに行こうと

何食べる?
上の娘と パフェは食べたからケーキかなぁ とか言っていると
下の娘が最後の夜ぐらい真面目に晩御飯を食べようよと。
う~ん、なんて真面目な奴
せかっく母ちゃん居ないのに^^;
でも彼女の言う事も尤もです。
最後の夜ぐらい真面目にご飯を食べましょう

とは言っても・・・・ガイドブックにある夜のおすすめは酒を飲む人がメイン
またはガッツリ食べる人向け
自分たちには量が多過ぎます。

さらに探すと・・・・これは?
美味しそうな親子丼がヒットしました。

s500_DSC_7168_.JPG

ひさご、親子丼で人気のようです。

祇園下河原 ひさご
075-561-2109
京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町484
11:30~19:30
定休日 月曜日

s500_DSC_7170_.JPG

閉店間際の到着でしたが満席です。
皆親子丼を食べていました。

s500_DSC_7172_.JPG

品書きの確認から。尤も頼むのは親子丼に確定済みですが^^

s500_DSC_7173_.JPG

ここは何の店なのでしょう。蕎麦屋?うどん屋?丼物が品書きの頭に来る店は初めて見ましたが丼物屋さんでしょうか。種類の多さから行って蕎麦/うどん屋さんと思いますが

s500_DSC_7174_.JPG

うどん、蕎麦の類は二の次的な書き方^^;

s500_DSC_7180_.JPG

でも、うどん、蕎麦類はリーズナブルな価格設定

s500_DSC_7182_.JPG

かけそばが480円なのにせいろそばが730円というのも不思議な設定

s500_DSC_7186c_.JPG

注文は親子丼(930円)、大盛りは140円増しですが並盛にしておきました。注文時に山椒がOKか否か訊かれます。自分と下の娘はOK、香草が苦手な上の娘は山椒抜きで。

s500_DSC_7187c_.JPG

とろとろ親子丼
卵の優しい旨味に汁の柔らかな甘味と香りが美味しい
鶏肉も雑味が無く、鶏のコクを感じたあとは余韻がすーっと消えて仄かに香る山椒
薄味ですが、その分卵と鶏の味がよく解ります。
全体をピシッと締める山椒が良い仕事をしていました。

えっ、山椒が良い仕事?と言う事は、山椒抜きだと・・・・

s500_DSC_7190c_.JPG

山椒抜きにしてもらった上の娘、残り三分の一位でもう飽きたと。
残りを貰って食べてみますが・・・・
これは飽きるよ^^;
やはり山椒が必要だから山椒がデフォで入っているのだから
山椒が入っていても並盛で十分
大盛りだったら飽きていたかも

 

この後は祇園でお土産のお買いもの
娘達はいろいろ買っていました。
そうだ、奥さんに何か買わないと・・・・
ここは定番で攻めましょう
外せないのが八ッ橋
そして・・・あぶらとり紙ですね
でも紙ではありきたり、店の人に勧められた新製品と書いてあった、あぶらとりハンカチを買いました。


(つづく・・・・・)

***************************************

s500_DSC_7827_.JPG

4月5日は下の娘の中学の入学式、そして8日は上の娘の高校の入学式
でも自分は7日から海外出張
下の娘の入学式にしか行かれません。
中学校の入学式は午後から
出掛けに新しい制服に身を包んだ下の娘の写真を撮ったのですが
上の娘も一緒に制服姿になってくれましたので並んで撮って・・・。
気が利くなぁ~^^
高校の入学式に行かれないけど初々しい制服姿を見られたから良しとしましょう

s500_DSC_7867_.JPG

入学式は最後列に陣取っていました。
後から見ると父兄たちが面白いです
皆一斉にカメラやビデオを^^

s500_DSC_7873_.JPG

ここまで来ると後ろの前が見えづらい方への映像サービスかと^^
でも実際は真後ろの人は迷惑だっただろうなぁ
何となくそのモニターばかり見ていました(笑)

s500_DSC_7898_.JPG

入学式の後、新入生達は最初の学活
その間親たちはPTAの役員決めの為に体育館に監禁されます。
監禁の役割は奥さんに任せて自分は校庭に
桜は殆ど残っていませんでしたが、枝垂れが一本、僅かに花を残していてくれました。
あの風雨にも耐えたんだ、根性あるなぁ

*********************************

明日からGWまでシンガポールに出張
バイクに乗るのに良い季節なのに・・・・・
でも仕事ですから仕方ありません
放置プレイが続きますので今日はバイクのメンテを軽くしておくことに。
メンテ入れて、最後にエンジンをかけます
一寸長めのクランキングを三回行ったところでエンジンから反応が
グオッドォンッドッドッド・・・
眠っていた鼓動が蘇り、気持ちよさそうに身震い
何処か行こうよ
と、誘われているような気が
でも今日は天気が崩れるし、出張の用意もしないといけません
暫くエンジンの音を聴いていたら奥さんが卵を買ってきて欲しいと。
散歩がてら歩くか、いや、・・・・
部屋に駆け戻ってヘルメットをつかみダッシュで階段を駆け下ります
卵買い出しツーに出発!
でも往復3km
それでも風は気持ち良かった^^

 


そうだ京都 行こう 家庭内修学旅行 その4 [そうだ京都、行こう。(KYOTO)]

前夜の晩御飯、お腹が減らず結局は稲荷寿司を買って食べました。
仕方ありません、甘味優先のさる1号なのです^^

こっちの稲荷寿司って関東のと違うのですねぇ
形も中身も、そしてやっぱり味も
柔らかな味わいに炊いた稲荷、それはそれで美味しい
でもやっぱり味が濃い方が沢山食べられる(笑)

s500_P3220001_.JPG

三日目の朝ごはん
意識して野菜を多めに
旅行中って野菜の摂取が少なくなって腹が重くなりがちですから。

s500_DSC_6705_.JPG

三日目は嵐山エリアを攻めるそうです。
さてさて、上の娘はどんなコースを考えてくれているのでしょう。
まずはお気に入りとなった嵐電に乗って・・・ukiuki

s500_DSC_6708_.JPG

今日も電車でGOごっこ、楽しいなぁ~^^ runrun

s500_DSC_6712_.JPG

始発から終点まで、しっかり楽しみました。

s500_DSC_6715_.JPG

嵐山のホームには足湯があるのですね
帰りに浸かってみましょう^^

(でも帰りは清掃中で入れませんでした T T)

s500_DSC_6723_.JPG

なかなか和な雰囲気の駅、良いですねー

s500_DSC_6740_.JPG

いやいや、今日も陽射しが気持ちいい^^ 最高の散歩日和です

s500_DSC_6726_.JPG

嵐山と言えば、まずこの橋から。

s500_DSC_6731_.JPG

四条大宮から嵐電で20分強乗っただけで景色が随分違いますね

s500_DSC_6742_.JPG

長閑でいい雰囲気、気持ちがまったりしてきます

s500_DSC_6744_.JPG

昨日は壮大な寺院や迫力ある建物に圧倒され疲れました。
ですからこんな長閑さに安らぎます。

s500_DSC_6749_.JPG

橋を逆サイドから
画になる橋ですねぇ

s500_DSC_6753_.JPG

でも通行量が多くて、撮るのも大変^^;

s500_DSC_6768_.JPG

橋の次は竹林を見に行きましょう。
でもその前に

s500_DSC_6770_.JPG

野宮神社にお詣り

s500_DSC_6778_.JPG

朝の神社は素敵です
透明感溢れた凛とした気は背筋がのびて気持ちいい

s500_DSC_6798_.JPG

そして竹林へ

s500_DSC_6803_.JPG

いやぁ~、気持ちいい
竹林越しの日が柔らかく優しく包んでくれます
時折吹く風に囁く竹の音は清涼感いっぱい

s500_DSC_6810_.JPG

竹の葉のフィルター越しに降り注ぐ、緑が混ざった陽射しは目に優しく、花粉に疲れた目は暫しの休息

s500_DSC_6814_.JPG

そういえば車のCMでも使われていましたね
車だとあまり走りたくない道だけど^^;

s500_DSC_6817_.JPG

麗らかな陽射しを浴びながらのんびり歩きます
何とも長閑な景色に大きな欠伸をひとつ
ここでぼーっとしていたら気持ちいいだろうなぁ

s500_DSC_6822_.JPG

そして常寂光寺へ、ここは百人一首で詠まれる小倉山にある寺で常寂光土の観があるそうです。

s500_DSC_6826_.JPG

二日目に訪れた寺院とは趣が異なります。
ここには迫力や壮大さはありません
ひっそり、静かな佇まい

s500_DSC_6841_.JPG

訪れる人を優しく受け入れてくれるような柔らかさ

s500_DSC_6847_.JPG

落ち着きますね・・・・落ち着くはずでした
でもやたら騒がしい団体が大声で話しながら参拝
雰囲気ぶち壊しです(怒)
餃子の国かキムチの国か不明ですが、何故彼らはあんなにも声がデカイのか
場所をわきまえず騒ぐのは困りものです。
さらの困るのはそこに何時までも居る事
さっさと行けばまだ許せるのに・・・・

s500_DSC_6867_.JPG

心落ち着ける場所で心乱され気分は今一つ
これ位で心乱されるようでは修行が足らんと一喝されそうですが 

s500_DSC_6830_.JPG

この日、この寺の桜はこんな感じ
まだまだ蕾でした。 

s500_DSC_6866_.JPG

この日は花粉が特に凄い
前日からかなり来ていましたが、さらにパワーアップ
下の娘もマスクが離せなくなりました。
マスクシスターズ参上^^

s500_DSC_6875_.JPG

次は小倉山の東麓の二尊院、紅葉の名所です。

s500_DSC_6876_.JPG

釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を祀るので二尊院だそう
ここにあった時雨亭で藤原定家が百人一首を選定したとか

s500_DSC_6883_.JPG

上の娘がまたまた儀式を^^;
恥ずかしいから他人のふり~^^

s500_DSC_6884_.JPG

綺麗な参道ですね。ここが紅葉で染まったら素敵でしょうね

s500_DSC_6886_.JPG

小倉山峯のもみじ葉心あらば  今一度の御幸またなん (貞信公)

s500_DSC_6888_.JPG

本堂へ
ここも優しげ、圧迫感はありません
嵐山の寺院って威風堂々とした感はありませんね。
昨日巡った寺院は壮大で迫力があって、威厳に満ちていました。
高圧的で・・・素晴らしいけど親しみはありません。
でも嵐山界隈の寺院は皆優しい雰囲気

s500_DSC_6890_.JPG

マスクシスターズも遅れて登場
これしきでへばるなんて情けないぞ~

s500_DSC_6895_.JPG

さぁ今日も忙しなく次々行きましょう
何といったって修学旅行なんだから^^

s500_DSC_6911_.JPG

次のターゲットは滝口寺と祇王寺、隣同士です。
まずは滝口寺から

s500_DSC_6912_.JPG

この寺には、ある悲恋の伝説が残されています。平安時代末期、御所の警護にあたった滝口の武士、斉藤時頼と、平清盛の二女・徳子付きの女官、 横笛にまつわるもので、平家物語の維盛高野の巻に挿入されている話とか

s500_DSC_6914_.JPG

簡単にに書けば、斉藤時頼は、花見の宴で、横笛の舞い姿を見て一目ぼれし、口説いておつきあい。 ところが厳しい父に知れ叱責されて出家することに

s500_DSC_6916_.JPG

想い焦がれる横笛は、時頼を訪ねて行きますが、会えずに追い返されます。
横笛は、泣く泣く帰るわけですが想いを伝えたく歌を詠み、指を切り、その血で歌石に書いて帰るのです。

山深み 思い入りぬる柴の戸の まことの道に 我を導け

時頼は、横笛への想いを断ち切るために高野山へ
それを聞いた横笛は奈良の法華寺で尼になりました。

s500_DSC_6940_.JPG

それを知り一首の歌を横笛に送り

そるまでは恨みしかとも梓弓 まことの道に入るぞ嬉しき

横笛返して

そるとても何か恨みむ梓弓 引きとどむべき心ならねば

時頼はますます修行に励んで高僧になりました。
めでたしめでたし・・・・って、めでたいのか?

s500_DSC_6931_.JPG

細い山道を登りきると、そこにあるのは・・・・・朽ちた茅葺屋根のあばら屋?
崩れそうな感じに一寸引きます。とても悲恋伝説があるように見えません^^;
しかし、俗気がなく、ピュアな感じはあります。
究極の侘び寂びの境地なのか・・・・・

s500_DSC_6918_.JPG

案内書きが貼ってあり、それによると予算が無く屋根の補修が間に合わないと
予算ができたら修理すると書いてあります。

s500_DSC_6920_.JPG

俗気が無く、いい寺だと思いますが、俗気が無いと言う事は訪れる人も少ないと言う事
当然拝観料収入も・・・・・
補修は何時できるのでしょう

s500_DSC_6925_.JPG

中に入れますが・・・入って大丈夫かと暫し思案
天井、落ちてこないよな^^;

s500_DSC_6928_.JPG

何か凄く落ち着きます
寛ぎ過ぎの娘達
一応お寺なんだけど・・・・・

奥には時頼と横笛の像が仲良く並んでいました。今更並んでもねぇ・・・・

s500_DSC_6934_.JPG

しかし・・・廃屋にしか見えない(汗) 

s500_DSC_6943_.JPG

道を降って祇王寺に、ここも平家物語に登場する寺
平清盛が愛した祇王・祇女、仏御前が尼僧として余生を過ごした尼寺だとか。

s500_DSC_6944_.JPG

パンフに書いてあった長い長いいきさつ話を簡単に書くと・・・(でも、思考が単純なさる1号の理解ですからズレがあるかも^^;)

昔々、舞いの上手な祗王、祗女と言う姉妹がいました。京都に出て、踊り子となり、姉の祗王が清盛に愛されて一緒に暮らしていたのですが・・・

s500_DSC_6947_.JPG

ある日ここに、仏御前と呼ばれる上手な踊り子さんが現われて清盛さんに舞いをみせたいと申し出た。清盛は、祗王の方が上手に決まっていると門前払いをしたが、祗王が優しく取りなした(余裕かまして?)ので、観てあげようと呼び入れたのですが・・・
これが、声も節も魅力的、清盛は、たちまち心動かして仏御前に心変わり・・・(まぁ、心変わりなんざよくあることさ)

s500_DSC_6957_.JPG

仏御前がいるからお前は要らぬと(?)祗王は館を追い出されて・・・・。
せめてもの忘形見にと、

萌えいづるも 枯るるも同じ 野辺の草  いずれか秋にあわではつべき

と障子に書き残して去って行く。 (素直だなぁ・・・ウチの奥さんだったら暴れるなきっと)

s500_DSC_6961_.JPG

で、なんやかんやとあって、祗王二十一、祗女十九、母刀自四十五の三人、髪を剃って尼となり、嵯峨の山里、今の祇王寺の地に世を捨て、仏門に入りました。
「いずれか秋に あわで果つべき」と障子に書き残された祇王の歌を見て、いずれは我が身かと世の無常を感じた仏御前、祇園の元を訪ね来て一緒に尼になりましたとさ。
めでたしめでた・・・・・くはないよね。^^;

s500_DSC_6965_.JPG

そんな悲恋物語が似合う静けさ、木立は寺を世から隠し、4人は静かに過ごしたのでしょう

s500_DSC_6980_.JPG

庵は中に入り座することができます。
ここの丸窓(吉野窓という)は格子入り、光の入り方によって影が虹色に映るという不思議な窓

s500_DSC_7001_.JPG

のんびり心穏やかに寛げる空間
ここに隠れ住むのも良いかも

s500_DSC_6984_.JPG

今日はペースが遅いです
徒歩のみで巡る今日の予定のせいだけではありません
嵐山の長閑な雰囲気が歩みをゆっくりにしてしまいます。

s500_DSC_6973_.JPG

前日のような緊張感が全くないのです

s500_DSC_7008_.JPG

さあ、そろそろ昼ごはんにしましょう
この辺りの店を一通りチェックして、選んだのはここ、つれづれ

s500_DSC_7009_.JPG

他はカレーやらピラフ、パスタと一緒に蕎麦や蕨餅がある、いかにも観光地的な無節操な品書きの店やカフェ
カフェの気分では無いのでピュアに和な品書きのこの店に
ちょっと軽めのようですが体重管理中ですから丁度いい

s500_DSC_7010_.JPG

店内もシンプル
変に飾っていないところがいい

s500_DSC_7013_.JPG

品書きを確認します
自分は一番上の”つれづれごはん”、炊き込みご飯です。
下の娘は月見蕎麦
上の娘は何か京都名物が良いと
京都名物か・・・入り口にあった嵯峨豆腐かなぁ
でも上の娘は豆腐が好きではありません(味が無いからだとか)
入り口にあったのは嵯峨豆腐とつれづれご飯、つれづれご飯は自分と被ってしまいます・・・・
そうだ、お茶漬け、お茶漬けはどうだ?京都の茶漬けは有名と落語で聞いたことがあるぞ
お茶漬けでもどうですかと言われても出てこないという幻の名物だそうだぜ(本当か?)
という訳で、茶漬け。(笑)

s500_DSC_7017_.JPG

つれづれごはん、体に良さそうな量でした^^
何時もこれ位にしておけば健康的でしょうね

s500_DSC_7018_.JPG

下の娘の月見蕎麦
汁がやはり大人しい
淡い味わいで蕎麦が目立ちます
汁は美味しいですが蕎麦と合わせるには弱い

s500_DSC_7019_.JPG

上の娘の茶漬け
これが京の茶漬けなんだ・・・
茶はダシではなく、普通に緑茶でした。
でもそれがいい^^
自分はダシより緑茶をかけるほうが好きなのです
お茶漬けですから^^

(つづく・・・三日目のパフェは嵐山のパフェ)

*****************************

キーボードを打つ自分の横を下の娘がドタドタ走り回ります

走り回らなければいけないほど広い家では無いのですが・・・

実は明日は彼女の中学の入学式

今まで羽根を伸ばしまくっていたので用意をしていないと

慌てふためいでいるのです

だから用意しておけって言っただろう^^

明日の下の娘の入学式は行かれます。

よかった

でも、月曜日の上の娘の入学式は行かれないのです(泣)

日曜日から海外出張・・・

またシンガポール、今度は3週間

帰りはGW


そうだ京都 行こう 家庭内修学旅行 その3 [そうだ京都、行こう。(KYOTO)]

銀閣寺の次は清水寺
何番のバスに乗るべきか、上の娘が案内人
いやぁ~楽です
上の娘に企画を丸投げですが、丸投げがこんなにも楽だなんて。
行先の選定に一部不適切な動機もありますが、路線に迷わず悩む事無く目的地に行かれるのは良いですね^^

s500_DSC_6392_.JPG

さすが清水です。
寺に向かう坂の混みようの凄いこと
この日は平日、しかも桜にはまだ早い中途半端な時期でこんな状態
これが桜や紅葉の時期で休日だったら一体どうなってしまうのでしょう

s500_P3210137_.JPG

坂道を歩きながら並ぶお店を観察です。
坂を下る人達が持っているソフトクリームが美味しそう
上の娘は先程からシフト食べたいソフト食べたいと呪言のようにつぶやいています
まるで幼稚園っ子、オマイいくつだ(呆)
気分じゃないと返していましたが、そのうちに気になるものが
へぇ~日本酒アイスかぁ
まぁ、外出時は一日一ソフトのお約束ですし・・・(どっかで聞いたような・・・・(汗))
結局上の娘に呪いをかけられてしまったようです(笑)

s500_P3210149_.JPG

自分は日本酒ソフト、下の娘はイチゴミルクソフト、上の娘は・・・・やはりバニラ
彼女は常にバニラ、どこの店に行ってもバニラ。フレバ-ものが人気の店であってもそう、それが拘り

日本酒ソフト、意外と美味しい
甘酒がそのままソフトクリームになった感じ
アルコール分も含まれているそう
この日本酒ソフトクリーム、生姜を少し乗せたら良いかも^^ 

s500_DSC_6398_.JPG

横に抜ける坂の途中に枝垂れが見事に咲いていました。
この階段坂の桜は雑誌で良く見る桜
本物を見られて感激
帰りは此処から帰ろう
この階段でコケないようにな~^^

s500_DSC_6401_.JPG

清水寺に到着、人が多いです。平日なのに・・・さすが都

s500_DSC_6406_.JPG

ソフトクリームが食べ終えられなくて境内に入れない娘達
仁王門を撮ったり、シャッター押してください攻撃を受けたりしながら食べ終えるのを待ちます。
女子大生のグループでしょうか、撮ってあげたら構図を喜んでくれました。
構図を喜んでくれると凄く嬉しいですね。オジサンは照れまくり^^
煽て上手の女の子達に煽てられ木に登るカメラオヤジ(笑)

s500_DSC_6421_.JPG

ようやく食べ終えた娘達、境内に入ります。
夕刻近くの空、塵っぽく透明感は無いですが、それでも綺麗な青空
空の青に仁王門の朱が映えます

s500_DSC_6428_.JPG

蕾がまだ多いですが素敵な桜。
塔と桜、似合いますねぇ
でも人が多いから思い通りの構図にできません~><

s500_DSC_6445_.JPG

何でしょう、この迫力、その存在感
圧倒されます
塔ひとつ満足に撮れなくなる程
一体どう撮ればいいのか・・・・
京都を思うように撮るには通わないと撮れないのかも
でも通うには遠い・・・・

s500_DSC_6450_.JPG

何処から見ても美しい。見事な曲線

s500_DSC_6460_.JPG

さて、下の娘が何時も訊ねていた清水の舞台
舞台から飛び降りるのがどういう意味を持つのか解らないそう
清水の舞台から飛び降りるとは、思い切って大きな決断をすることのたとえ、と
説明してもイメージが湧かないらしくトンチンカンな事を言っています。
じゃあ見せてみましょう。見れば一発理解ですから。

s500_DSC_6468_.JPG

ここが舞台、ここから飛び降りるってことは必死の覚悟で実行するという意味なんだな

必死の覚悟どころか必ず死ぬじゃん、死んだら実行できないよ

そりゃそうなんだが・・・(汗) 

s500_DSC_6480_.JPG

桜が咲いていたら最高でしょうね
この大きな清水が桜で囲まれた姿を見てみたい。
いや、紅葉もいいな、新緑の時期も良さそうだ。
・・・・・・
う~ん、ひょっとしたら今が一番地味な時期なのかも

s500_DSC_6488_.JPG

このアングルで夕暮れ時に撮ってみたい
でも今回は家庭内修学旅行の引率、撮影の優先順位は低いのです。
修学旅行らしく忙しなく次の場所に向かいました^^;

s500_DSC_6492_.JPG

人混みの三年坂を下って・・・

s500_DSC_6493_.JPG

娘達が階段途中の飴屋さんに気を取られている隙に一寸だけ撮ってみました

s500_DSC_6505_.JPG

でも人が多くて構図が思うようにいかない・・・

s500_DSC_6510_.JPG

いえ、構図以前に街に呑まれているので撮り方が解らない
唯悪戯にシャッターカウンターが進む感じ

s500_DSC_6513_.JPG

やっぱり通わないと思うように撮れなさそう

s500_DSC_6519_.JPG

ファインダーを覗きながら一段一段階段を降ってゆきます
踏み外してコケそうになって・・・・・

s500_DSC_6547_.JPG

無事立て直して周りから歓声
これは恥ずかしい
ちゃんと前を見て歩かないといけませんね^^;

s500_DSC_6550_.JPG

ここでコケたら気持ち悪いし^^;

s500_DSC_6559_.JPG

こういう通路の奥に広がる景色って凄く魅了されます。
通路が何処か他の世界に繋がっているように思えて
どこでもドアを抜ける時の感覚ってこんな感じなのでしょうか^^

s500_DSC_6561_.JPG

キョロキョロして首が疲れます
楽しそうな店ばかりで前になかなか進めません

s500_DSC_6564_.JPG

おいおい、拝観時間は24時間じゃないのだから、閉まる前に行かないと
と、お店の商品をしげしげ見ている娘達を追い立てて・・・

s500_DSC_6565_.JPG

追い立てているくせに良い裏路地があるとつい寄り道・・・・^^; お父さんが一番楽しんでいるのかも

s500_DSC_6572_.JPG

街並みを楽しみながら知恩院へ向かいます
静かな雰囲気の素敵な道

s500_DSC_6574_.JPG

知恩院に到着~
でも何処から入るのだ???悩んで悩んで、ふと看板を見ると・・・
おわゎ、拝観時間が終了だとぉ~
時計を見ると四時を回ったところ、ギリギリ間に合いませんでした。(泣)

s500_DSC_6579_.JPG

やはり欲張り過ぎたスケジュール。無理があったようです。寄り道のし過ぎとも言う・・・
諦めて柵の前から山門を眺め味わいます。
高さ24mの迫力ある三門、見事と言う以外の言葉が浮かびません。

s500_DSC_6580_.JPG

拝観時間終了で後ろ髪を引かれる思いの知恩院を後にして、この日の最終目的地八坂神社へ

s500_DSC_6581_.JPG

ここの狛犬がメチャカッコいい

s500_DSC_6583_.JPG

噛みつかれるんじゃないかとヒヤヒヤ^^;

s500_DSC_6585_.JPG

奥の狛犬さんは怖いぐらいの迫力

s500_DSC_6586_.JPG

この迫力、もはや悪人顔^^;
彼が一番強そう

s500_DSC_6591_.JPG

そういえば前の日の夜、このあたりを散歩した時に参拝者がいっぱい門から出てきて驚きました。自分は神社には空気が透明な午前中に行きます。午後からは濁ってくるので基本的に行きません。まして夜は滅多に行くことは無いのです。

s500_DSC_6593_.JPG

これだけの提灯が点灯すると幻想的でしょうね

s500_DSC_6600_.JPG

夜、見に来ようかな。でも夜の神社にカメラ持ってくるとメモリーが飛ぶし・・・・(何故か何時もそうなのです。何かが居るのか)

s500_DSC_6601_.JPG

今日の予定はこれで終了、一旦ホテルに戻るか、夕飯をこの辺りで食べるか迷います。

s500_DSC_6605_.JPG

とりあえず八坂神社から祇園の街に

s500_DSC_6607_.JPG

またまた裏路地に引き込まれます
裏路地は自分にとってブラックホール並みの吸引力^^

s500_DSC_6613_.JPG

6時前、夕飯の時間にはまだ早い
かといって寺院はもうクローズ
何とも中途半端な時間
こんな時間にお茶したらご飯食べられなくなりそうだし・・・
街を散歩しながら夕飯の場所を選びましょう

s500_DSC_6616_.JPG

街散歩はあてもなく彷徨うのが好き
気の向くまま風に誘われて歩くのがいい

s500_DSC_6640_.JPG

川沿いには枝垂れ桜、流れを聴きながら愛でる桜、素敵です。
後から近づいてきた人力車、追い抜いたかと思うと車を停めて撮影タイム
人力車夫は流石です。ちょっとした良い場所にも必ず来ています。
そうか!人力車を目安に撮影スポットを見つければ良いのですね。
彼らは観光案内から撮影から、いろいろ大変そう

s500_DSC_6647_.JPG

人力車は鎌倉にも走っていますね。一度乗ってみたいと思っています。  
でも乗るからには服装も拘って和装で    
そういえば京都は観光客相手のレンタル和服屋さんがいっぱいありました。    
ですから街に和服の男女が溢れています。    
でも、日頃着ていないので歩き方がぎこちない   
皆、洋服の歩き方なので歩く姿が美しくありません    
特に足のさばき方が悪いのはいけませんね   

s500_DSC_6648_.JPG

休む姿もそう    
だらしなく見える和服姿が多いです    
着慣れていないと着こなせないのでしょう    
洋服より難しいのでしょうね。でも、たまには和服を着てみたい  

s500_DSC_6658_.JPG

路地の散歩は夕刻がいい
長く伸びた影が薄くなりかけ、
輪郭が滲み出したぐらいの時刻

s500_DSC_6659_.JPG

静かに緩やかに流れる時間
少しだけ寂しげな風が頬を撫でてゆきます

s500_DSC_6667_.JPG 

そんな路地を楽しんでいたら目の前に短い行列が・・・
何だろう

s500_DSC_6660_.JPG

ぎおん小森、甘味どころでした。

ぎをん 小森 (ぎをん こもり)
075-561-0504
京都府京都市東山区祇園新橋元吉町61
[月・火・木~土]
11:00~21:00(L.O.20:30)
[日・祝]
11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日 水曜日

s500_DSC_6664_.JPG

思わず並びます
晩御飯先を探していたのですが・・・^^;
昨日の晩御飯はパフェでしたから、今日も甘味が夕飯という訳にはいきません
それに今食べたら夕飯が食べられなくなりそう
普通はご飯前に甘いものは避けますが・・・

でも並びます。
食べたいと思ったら食べないといけません
ここで逃して再び得られる確証はありませんから。
自分の散歩は気まぐれ、何処に行くのか気の向くままですから戻ってくる可能性は著しく低いのです。
甘味を食べた後ご飯をどうするかは後で考えましょう
行き当たりばったり、無計画、自分の生き方そのもの^^

s500_DSC_6661_.JPG

品書きを確認します
蕨餅にぜんざい、パフェ、あんみつ、皆美味しそう。期待感でいっぱいです。
この値段で美味しくなかったら暴れますからねー^^

s500_DSC_6671_.JPG

暫く待ったあと入店
なかなかいい雰囲気の廊下

s500_DSC_6689_.JPG

部屋も素敵。川沿いの部屋で流れを聴きながらまったり気分。                   

s500_DSC_6672_.JPG

残念な事におしぼりは紙
折角の素敵な雰囲気、おしぼりは布で欲しい

s500_DSC_6677c_.JPG

下の娘は蕨餅(1100円)をオーダー。

s500_DSC_6680c_.JPG

上の娘は抹茶ババロアパフェ(1400円)。うわぁ、自分と被ったぁ・・・仕方ない自分は抹茶プリンパフェにしよう。

s500_DSC_6683c_.JPG

下の娘の蕨餅を一個貰いましたが、凄く美味しい
口あたりが良く、スーッと舌の上でとろけるような食感
蕨餅パフェにしなかった事を凄く後悔

s500_DSC_6684c_.JPG

自分は蕨餅パフェ(1500円)と悩みましたが・・・・
抹茶がどうしても食べたくて抹茶プリンパフェ(1400円)をオーダー

さぁ、食べましょう。抹茶パフェは風味が凄く濃い
一口口の中に入れると重く濃い抹茶の香りが口いっぱいに溢れます。
爽やかというレベルでは無く、迫りくる抹茶の風味
凄く濃い抹茶
重圧ですが、甘くはありません。
重いですが、すっきり上品な後味
甘さが無いので風味がダイレクトに現れます。
風味豊かで、どっしりした重さ、満足できる味ですが・・・・
でも物足りない><
自分にとっては甘くないから物足りないのです

これが京の味なのでしょうか
それともこの店のコンセプトが大人の甘味?
甘さの大人しい甘味

上品な甘味だけど、上品って自分の好みじゃないんだ(笑)
ふと前を見ると上の娘も無表情
美味しいけど・・・満足できない
と。

どうやら我が家は上品とは対極の味覚を持っているようです。(笑)
どっしり甘く重いスイーツを好むのですから上品な京の味では物足りない
我が家は鎌倉味の方が好き

パフェの後はカロリー消費の散歩です。

s500_DSC_6692_.JPG

さらに薄暗くなった路地
暗くなるごとに味わいが増していい雰囲気
三味の音が流れてきて欲しいな

s500_DSC_6693_.JPG

お~い、晩御飯どうする?

(つづく・・・)