So-net無料ブログ作成

山手の薔薇撮りのはずがハロウィン撮りに [日常のなかで(Diary)]

天気予想は午後から雨
ならば近所で遊びましょう
べすと一緒に山手に向かいます
秋薔薇のリベンジ・・・いえ薔薇ソフトのリベンジです^^

s500_DSC_1892_4952_.JPG

何時ものコースを走ります。
信号待ちでは2ストのPAN PAN PAN PAN PAN PANと軽快なアイドル音
信号が変わるとフルスロットル
Beeenと羽音を響かせながら走ります
Beeen ガチャン Beeen ガチャン Beeen・・・・・とハンドルシフトを楽しんで
瑞穂埠頭から山内埠頭へ抜けてみなとみらいのトンネルへ

s500_DSC_1479_4663__MC.jpg 

トンネルの中では2ストの排気音が反響してまた楽しい
トンネルを抜けるとそこには赤レンガ倉庫
象の鼻の緩やかな右カーブを抜けたら左にターン、正面にはシルクセンター
シルクセンターのクランクを左、右と抜け山下公園のストレートへ
銀杏の匂いに息を止めながらフルスロットル
これが自分の好きな道^^

s500_DSC_1513_4693_.JPG

折角ですから元町も走ります
まだ開店前の元町は静かな道
少し気取りながら気持ちよく走り抜けて
S字を描きながら丘を登ります
坂の上にはみなとが見える丘公園

boeder-001.gif

s500_DSC_1522_4702_.JPG

べすを駐めて深呼吸
薔薇の香りを感じようとしますが今年は薔薇の香りが薄い
甘く濃厚な香りの塊が今年はありません
静かな薔薇園
寂しさを感じながら庭に行くと不思議な光景がそこにありました

s500_DSC_1524_4704_.JPG

小さなお化けがいっぱい並んでいます
行列を追って行くと先頭はイギリス館の中

s500_DSC_1528_4708_.JPG

みんな凄く楽しそう

s500_DSC_1531_4710_.JPG

入り口には・・・・魔女がぶつかっている???
前方注意で激突したようにも見えますね

s500_DSC_1535_4714__MC.jpg

それとも単なる飲み過ぎ?
この角度から見ると酔っぱらって電柱に抱きつくお父さん
飲んでホウキに乗ってはいけません

s500_DSC_1566_4735_.JPG

この時期は山手の洋館はハロウィンデコに飾られます
それを観るのが毎年の楽しみ
今年はどんな感じに飾ってあるのだろう
ずっと楽しみにしていました

s500_DSC_1570_4737_.JPG

でもその前に薔薇たちにご挨拶
春と秋、年に二回の楽しみです
春に比べて香りが大人しい秋の薔薇
妖しさも春よりも感じません

s500_DSC_1573_4739_.JPG

薔薇たちを撮りながらふと奥さんの事を思いだして
さてさて今頃はどんな表情をしているのだろう
マークシートの鉛筆コロコロ作戦をやる羽目になっていなければいいけれど・・・
実は奥さん、今この時間は資格試験の真っ最中なのです

s500_DSC_1576_4742_.JPG

昨年も秋も同じ試験を受けました
結果は見事玉砕
でも自分に言わせればそれは自業自得
勉強のやり方が変なのです
試験を舐めているとしか思えない

s500_DSC_1625_4786_.JPG

TVを見ながらの勉強
どう見てもTVの方に気が行って教材のページが進んでいない
そのうちにテキストを広げたまま爆睡
起こしても起きません
翌朝訊くとちゃんと勉強していたと言い張るのです
恐らく夢の中で勉強していたのでしょう
新しい睡眠学習なのか・・・ 

s500_DSC_1628_4789_.JPG

その前に受験した資格試験はこんないい加減な勉強で合格したのです
それで今回も大丈夫と舐めて大失敗
そりゃ当たり前
最初の資格試験の合格が奇跡もの 

s500_DSC_1629_4790_.JPG

その試験のリベンジである今回の試験
前回の失敗で心を入れ替えたかに思いましたが・・・・
最初のうちだけでした
また今回も睡眠学習 

s500_DSC_1643_4800_.JPG

彼女は教材CDを四六時中聴いているから大丈夫と言いますが・・・
聴きながら寝ていて学習になるのか疑問です
昔、睡眠学習なるものが雑誌の裏広告に必ず載っていましたが、効果があるとは思えません
今もそんな広告はあるのかな
昔はニッペンの美子ちゃんと睡眠学習の広告が必ずあった様な記憶が^^ 

s500_DSC_1637_4798_.JPG

そんな感じでまた一年
試験近くになったら流石に危機感を持ったのかTVなしで勉強していましたが
それでも15分もすれば睡眠学習^^;
なんだかなぁ・・・・
指摘すると、さるクンの居ない時はちゃんとやっていると・・・・
嘘だな 

s500_DSC_1632_4793_.JPG

そして試験の前日
明日に備えて頑張るとリビングに店を広げ勉強を始めましたが・・・・
10時頃には爆睡
そのまま朝を迎えます
起こしてあげないのかって?
もう誰も起こしません
起こすと逆切れして怒り出すから起こした方が不愉快になるのです
ですから皆、”あっ、寝ているねー”で終わり

s500_DSC_1540_4717_.JPG

日曜日の朝、何時ものように朝四時起床
リビングに行くと奥さんが資格試験の教材に伏して爆睡中
物音に目を覚ました彼女は慌てて床に落ちた鉛筆を拾いあげて
寝ていなかったような素振り
無駄だって、バレバレだよ 

s500_DSC_1549_4724_.JPG

彼女は慌てて勉強を始めますが、
一夜漬けならぬ朝漬けとは呆れます
悪足掻きのような気も
本人は今までの勉強で練習問題の正解率は高いと胸を張りますが、どうなんでしょう
自分の知る限り今までの勉強は睡眠学習メインでとても楽観できる状態には無い気が・・・・

s500_DSC_1554_4725_.JPG

今頃どんな顔をして試験を受けているのだろう
ちょっと見てみたい気も
後悔に青くなっているのか、余裕顔なのか
どっちかな

s500_DSC_1556_4727_.JPG

そんな事を考えながら薔薇を撮っていましたが、やはりこっちも身が入りません
薔薇たちもよそよそしい
それに周りに溢れるモンスターや妖怪たちが気になって・・・・
薔薇よりもハロウィンものに目が行ってしまいます
もう薔薇よりもハロウィンに変更^^

s500_DSC_1580_4746_.JPG

ちっちゃなモンスターに導かれるように111番館へ

s500_DSC_1581_4747_.JPG

このお化けたちは横浜山手西洋館ハロウィンウォークだそう
参加者は仮装をして西洋館7館、山手68番館、YITC、山手十番館、
横浜人形の家、アメリカ山公園、横浜マリンタワーを巡り
決められた数のスタンプを集めると何かいいものが貰えるとか

s500_DSC_1583_4749_.JPG

皆さんいろいろ凝っています
小さな子からお爺ちゃんお婆ちゃんまで
お化けだけではなくゲームのキャラクター達も

s500_DSC_1592_4757__MC.jpg

仮装を見ているだけでも楽しい
魔女や魔法使い、カボチャのお化け、などのハロウィン系仮装や
アリス、ウサギ、タマゴの不思議の国系
そしてマリオや巷で人気の妖怪なんたらの系統
いろいろで見ていて飽きません

s500_DSC_1593_4758_.JPG

自分が一番気に入ったのはとあるお婆ちゃん
背中に天使の羽を付け、頭の上には天使のリング・・・・・
予行練習かい
って心の中で突っ込んだのは此処だけの秘密です^^

s500_DSC_1597_4762_.JPG

山手の111番館を楽しんだ後は111番館の下の階にあるCafe the Roseへ

s500_DSC_1616_4777_.JPG

前回撮影するのを忘れた薔薇ソフト、リベンジです
薔薇の香りとアイスの甘さが濃密な後味
一口ごとに鼻に抜ける薔薇の甘い香りにうっとり
至福のひととき

s500_DSC_1651_4806_.JPG

ソフトを楽しみ再びイギリス館の前に来るとお化けや魔法使いの行列はさらに長く伸びて薔薇園を突きぬけて外まで^^;

s500_DSC_1657_4812__MC.jpg

その行列、結構異様な雰囲気^^

s500_DSC_1658_4813_.JPG

ハロウィン、いつのまにか日本にも定着しましたね
四半世紀前は自分は全く知りませんでした
その頃、今とは別のUS系企業に勤めていたのですが
この時期にUS本社に行った時、お化けや魔法使いが仕事をしていて驚きました
スーパーもレジ係はお化けだし、お客さんは魔女
変わったお祭りもあるものだと思った記憶があります

s500_DSC_1678_4827_.JPG

それがいつの間にか日本でも10月になるとハロウィン一色になるようになって・・・
でもハロウィンって何なんでしょう
何のお祭りなのかな
本質は良く判らないけれどお祭りだから楽しもう
それが日本人の気質なのかも

s500_DSC_1684_4829_.JPG

クリスマスがそうであったようにね

s500_DSC_1696_4837_.JPG

111番館から234番館、そしてエリスマン邸へ

s500_DSC_1725_4856_.JPG

でも何処も人とお化けがいっぱい
なかなかクリアに撮れません
まぁ画に魔女やお化けが入るのはウェルカムなのですが

s500_DSC_1732_4859_.JPG

ああ、さっきイギリス館の門柱に激突していた人ね^^

s500_DSC_1742_4864_.JPG

西洋物のお化けばかりの中で一際目立ったのが和のお化け
やはり日本人としてはこちらの方がしっくりきます^^

s500_DSC_1745_4867_.JPG

でもお化けばかり見ていると、自転車までお化けに見えてしまうから不思議(笑

s500_DSC_1746_4868_.JPG

そしてベーリックホールへ

s500_DSC_1773_4885__MC.jpg

ここのハロウィンデコのコンセプトはハリーポッター

s500_DSC_1794_4894__MC.jpg

魔法学校の学生たちもいっぱい並んでいました

s500_DSC_1855_4929_.JPG

廊下を歩いていたら・・・壁に気配が

s500_DSC_1856_4930_.JPG

おわぁ?見る角度によって顔が^^;
まるでウチの奥さんのようだ
上が結婚前で下が結婚後
性格がこんな感じで変わりました(笑)←騙されたとも言う

s500_DSC_1814_4907__MC.jpg

でも不思議、結婚前のあの声は何処から出していたのだろう・・・・絶対別人

s500_DSC_1781_4886__MC.jpg

このベーリックホールを楽しんだ後はウチに戻ります
奥さんの試験は午前中で終わり
娘たちの昼ごはんも作らないといけませんからね

s500_DSC_1796_4895__MC.jpg

戻ってきた奥さん、試験の事は特に何も言いません
でも自信がある訳でもなさそう

s500_DSC_1827_4912__MC.jpg

終いにはあだこーだと言い訳を初めて・・・・
そんなの自業自得だろ
試験を舐めすぎなんだ 

s500_DSC_1798_4897_.JPG

もし駄目だったらどうする?
来年に向けて勉強?

s500_DSC_1828_4913_.JPG

いや、無駄だろう
二度やって駄目なら三度目も駄目さ
だってやり方を変えないから

s500_DSC_1831_4916__MC.jpg

また睡眠学習で一年間かい?
それは時間の無駄
諦めた方がいい

s500_DSC_1834_4919_.JPG

失敗を教訓にしないから何時までも成長しないんだよ
と言うと”まだ結果は出ていない”と
それはそうだけれど
まぁ受かっているといいね

s500_DSC_1836_4921__MC.jpg

でも娘たちは
これで受かっているとは思えない
とバッサリ
そりゃぁリビングでテキストに伏して寝てばかりいたからねぇ
いくらヘッドセットで教材CDを聴いていたとしても
どこまで効果があるのやら・・・

s500_DSC_1872_4941__MC.jpg

昼ごはんの後は奥さんとお出かけ
実はとんでもないことを奥さんが・・・・・
そしてついに

s500_DSC_1883_4946__MC.jpg 

詳細は次記事で

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(117)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

厚切り牛タン 利久の極と牛タンのタタキ [気になる一品(Delicious)]

またまた仙台
先日の仙台出張で久しぶりに牛タンを利久で食べ、記事にしました
食べたのはレギュラー仕様の牛タン
でも極がお勧めだとのコメントをいただいて極が凄く気になっていたのです
そしてお店、支店によって味が微妙に違うとの情報も
なので何時もと違う支店で食べてみたい
そう思っていましたらチャンスはやってきたのです

s500_IMG_1122.jpg

朝から気合MAX、一気に仕事を片付けます
午前中に終われば・・・と思っていましたが、結局終えたのは13時半
昼ごはん抜きなので流石にお腹が大合唱
気合を入れていた理由は昼ごはんに牛タンを食べようと考えていたから
この日のターゲットは利久の極
客先近くの泉本店で食べてみましょう
到着したのは14時、流石に行列はありません
外のウェイティング用の椅子が寂しげ

s500_IMG_1124.jpg

店に入るとこんな時間なのにそこそこ席が埋まっています
この時間でこの入り
ランチタイムに来たら結構待つ事になったかもしれません
仕事のフィニッシュが予定より遅れて良かったのかも

s500_IMG_1126.jpg

お茶を啜りながら品書きを確認
極を頼むのは確定していますが、ちょっと気になるものが他にも

s500_IMG_1123.jpg

秋の牛タンづくし定食
牛タンの味噌おでんと牛タンのタタキが極とセットになった定食
牛タンのタタキって・・・気になってしまったらそれしか見えなくなる性格
一途なのです(笑)
そして品書きには背中を押す文字、”限定”が輝いているのです
もう頼むしかないでしょう

s500_IMG_1127.jpg

秋の牛タンづくし定食の到着
味噌おでんが到着遅れで集合写真に間に合いませんでした^^;

s500_IMG_1128.jpg

まずはテールスープで潤します
テールの旨みに葱の香りが被さり、深い後味のスープです
飲むたびに白飯を投入したい衝動にかられます(笑

s500_IMG_1131.jpg

テールスープを飲んで白飯(麦飯)を食べて・・・
口の中に残ったテールスープの旨みが白飯に味を加えます
危ない危ない
調子に乗るとご飯が足らなくなってしまう

s500_IMG_1133.jpg

では牛タンのタタキの紹介から
正式には牛タンのタタキ(風)と品書きに記してあります
火は通してあるそう
薬味として山葵とニンニクが添えられます

s500_IMG_1134.jpg

ここで牛タンの味噌おでんが到着
牛タンに蒟蒻、大根、厚揚げ、麩
日本酒が欲しくなりそう^^

s500_IMG_1135.jpg

そしてこれが極
凄い厚切りです @@;)
レギュラー品との違いを店の方に尋ねてみましたら、単に厚さの違いだそうです

s500_IMG_1137.jpg

焼き加減がいい感じですねぇ
見ただけで食欲が増します
一切れ箸で持ち上げて口の中に
持ち上げた瞬間のドッシリした箸応え
それだけで期待でワクワクします

s500_IMG_1138.jpg

厚切り牛タンを咥え噛みちぎります
厚さから硬さを予想していましたが凄く柔らか
予想との違いに一寸だけ戸惑いました
表面の切り込みが絶妙なのでしょうね
奥歯に送り咀嚼します
噛み潰すごとに牛タンの旨みが口の中に溢れ、顎が次の咀嚼を催促
焦って頬を噛む事数回(笑
これは美味しい^^

s500_IMG_1139.jpg

大好きなテールスープ
テールの軟骨をボリボリ食べるのが特に好き^^
このスープでカレーを作ったら美味しいだろうなぁ
(ランチメニューの牛タンカレーと牛タンシチューも気になっているのです)

s500_IMG_1140.jpg

さぁ、牛タンのタタキを味わってみましょう
まず山葵から試してみます

s500_IMG_1143.jpg

醤油を少量付けて口の中に
山葵の清涼な薫りが口に溢れ、その奥から牛タンの旨み
山葵と牛タン、よく合います^^

s500_IMG_1145.jpg

次はニンニクで食べてみます
口に中がニンニクでいっぱいに^^;
牛タンの味もニンニクに沈んだ感じ
自分は山葵の方がいいな

s500_IMG_1155.jpg

厚切り牛タン、極をオンザライスで
ご飯と一緒に食べると何故こうも美味しさが増すのでしょうねぇ

s500_IMG_1146.jpg

味噌おでんを忘れてはいけません
真打の牛タンはトリ
まずは蒟蒻から
牛タンの上にこんもり被っている味噌をそぐように蒟蒻に付け口の中に
この季節の味噌おでん、落ち着く味^^
茹で卵も欲しかったなぁ(味噌おでんの茹で卵、好物なのです)
厚揚げ、大根と進み、紅葉の麩を食べ終えたら真打の登場です

s500_IMG_1150.jpg

牛タンの味噌おでん
凄く柔らか
ご飯が進みます^^

s500_IMG_1148.jpg

そしてオンザライスで^^
至福のひととき・・・

s500_IMG_1153.jpg

大事に残しておいた牛タン極をゆっくり味わいながら食べます
でも最初に食べた時より硬さが一寸気になって・・・
焼き立ては柔らかですが、冷めてくると硬くなるのです
厚切りですからそれが目立つ
レギュラーの牛タンは冷めても硬さは気になりませんでした
極を大盛で頼むのは避けた方が良いかも

s500_IMG_1159.jpg

デザートはわらび餅
味は・・・・ちょっと硬すぎで甘さも少ない
まぁ、牛タン屋さんですから過度の期待は・・・^^;

牛たん炭焼き 利久 泉本店 (りきゅう)
022-372-4811
宮城県仙台市泉区八乙女中央2-1-18
11:30~23:00(L.O.22:30)

boeder-003.gif

仙台駅でお土産を購入

s500_IMG_1169.jpg

ベタですが萩月で^^;
家庭用なので簡易包装バージョンを購入しました
安定の美味しさ、さすが定番^^

m_emoji-1.gif


nice!(124)  コメント(51)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

恐怖のハロウィンケーキ 予期せずできたメタポリック・パンプキンモンブラン [スイーツを作ろう(making sweets)]

モンブランを作ろうかな
下の娘に言うと彼女は一言
今年はハロウィンケーキは作らないの?
あっ、忘れていた~ @@;)

s500_DSCN0075.jpg

土曜日の朝、急いでハロウィンケーキを企画してみますが、いいアイデアがでません
こうなったらハロウィンモンブランだぁ~
でもこの日は下の娘の授業参観
つまり下の娘は終日授業なのです
アシスタントは期待できません

s500_DSCN0089.jpg

午前中は下の娘の通う中学校の授業参観へ行きました
奥さんは午前中は図書館で資格試験の勉強
授業参観は午後の懇談会にあわせて午後の授業を見るそうです

boeder-003.gif

授業参観から戻ったらハロウィンモンブランの製作開始です。
まずは南瓜の裏ごしから
計画は南瓜モンブランタルト
タルトの上にチーズクリームの山
それを覆うようにラズベリークリーム
そしてその上に南瓜のペーストで作るモンブランの山
つまり断面は、タルトの上はチーズクリームの白、中央はラズベリーの赤で上層部は南瓜の黄
そんなイメージ

s500_DSCN0004.jpg

さて下準備開始
まずは南瓜の裏ごしから
南瓜をひと玉剥いて蒸します
でもここでいきなりアクシデント
硬い南瓜と格闘していたのですが、なんと右手中指を包丁で・・・・><
よりによって指の中程の側面を削りきる感じになってしまいました><
慌ててバンドエイドをあてようとしますが、傷はパッド部分からはみ出そうな感じ
大き目のを探して何とか応急処置完了
でも出血が多く、暫くは何枚も張り替える羽目に
仕方なくもうちょっとしっかりしたテーピングにしますが、これだと指がうまく動きません
きき手の自由度も悪いのでタルト生地を作るのは無理
これは・・・・今年のハロウィンケーキは中止か --;)
でも、このまま中止にするのは癪
何とか続行する手立ては・・・

s500_DSCN0006.jpg

蒸しあがった南瓜を裏ごし

s500_DSCN0007.jpg

つまみ食いしてみると結構甘い南瓜でした^^

s500_DSCN0008.jpg

さらにもう一回裏ごし
複数回裏ごすと口当たりが良くなりますから

s500_DSCN0009.jpg

テーピングが血に染まっていましたので裏ごしはゴム手袋を着用してみたのですが
ゴム手袋って感覚が狂いますね
感触が全く解らない
やはりこれではタルト生地は無理だな・・・・
タルトが無理なら何にしようか
そうだ!

s500_DSCN0011.jpg

オーソドックスにスポンジ生地で行くことにしました
これならハンドミキサーを持てれば何とかなりますから
何時ものサイズの型で焼きますが、材料を何時もの半分に抑えて薄焼きの生地を焼いてみます

用意した材料は薄力粉(バイオレット)55g、グラニュー糖65g、卵を2個、牛乳を20g、無塩バターを10g、そしてバニラオイル

オーブンを180℃に予熱して作業開始

s500_DSCN0012.jpg

薄力粉55gを3回篩って

s500_DSCN0013.jpg

40℃の湯煎に置いたボールに卵2個とグラニュー糖65gを投入し、グラニュー糖を溶かします

s500_DSCN0015.jpg

卵液が温まり、グラニュー糖が溶けたら湯煎から外し、ハンドミキサーの高速で5分

s500_DSCN0018.jpg

40℃の湯煎に置いた牛乳に、溶かした無塩バター10gを加えて

s500_DSCN0019.jpg

湯煎で温め続けておきます

s500_DSCN0021.jpg

ハンドミキサー高速で5分の後は低速に落として3分

s500_DSCN0023.jpg

爪楊枝チェッカーで生地の様子を確認

s500_DSCN0024.jpg

篩っておいた薄力粉55gを篩い入れて

s500_DSCN0026.jpg

捏ねないよう注意しながら混ぜます。40回ぐらい・・・

s500_DSCN0027.jpg

湯煎に置いておいた牛乳+無塩バターを少しづつ加え、さらにバニラオイルも適量加えて混ぜて

s500_DSCN0028.jpg

型に流し入れてガツンと衝撃を一回与え、内部のエアーを抜いて
180℃に予熱しておいたオーブンに入れ、30分焼きます

s500_DSCN0030.jpg

焼き上がり

s500_DSCN0033.jpg

ラム酒を好きなだけ刷毛で打ち込みます

s500_DSCN0034.jpg

天地を返して底だった部分にもラム酒を、以降この部分が上になります

s500_DSCN0035.jpg

スポンジの粗熱が取れたらチーズクリームを作ります
用意したのは乳脂肪47%の生クリーム200㏄、室温に置いて十分に柔らかくなったクリームチーズを100g、粉糖40g、ラム酒を大匙1、それにレモン果汁とラズベリージャム

s500_DSCN0036.jpg

クリームチーズ100g、粉糖40g、ラム酒大匙1を混ぜます

s500_DSCN0037.jpg

良く混ざったら

s500_DSCN0039.jpg

生クリームを少しづつ加えながら混ぜてゆきます

s500_DSCN0040.jpg

生クリームを200㏄加え終えたらホイッパーで泡立てて・・・・・

s500_DSCN0041.jpg

いい感じ、、ちょっとつまみ食いしてみたら結構美味しい
イチゴショートも今度からクリームチーズを少し隠し味に入れてみようかな
ここで止めておけば良かったのですが、更に硬くしようと頑張りました
でも右手はゴム手袋を装着
つまり微妙な感覚が解らない状態・・・・・

s500_DSCN0042.jpg

調子に乗ってたらクリームが分離し始めている
しまったぁ、やらかしたかぁ><
リカバリーしないと(汗
やはりゴム越しでは微妙な感覚が解りません

南瓜の裏ごし用に買っておいた乳脂肪35%の生クリームを冷蔵庫から取り出して、チーズクリームの増量を図ります
実はクリームチーズは合計300gを用意してあり、柔らかくしてあったのです
(ベイクドパンプキンチーズケーキも焼こうと思っていたのです・・・)
粉糖40g、クリームチーズ100g、ラム酒大匙1を混ぜ同じように生クリームを加え、分離したチーズクリームに合わせて軽く泡立てます
舌触りは大分いい感じになりましたが、クリームはまだ緩い
残りのクリームチーズ100gに粉糖20gを混ぜ、ボールに投入して軽くホイップ

これでこのチーズクリームの材料はクリームチーズ300g、生クリーム400㏄(47%&35%混合)ラム酒を大匙2、粉糖を100g
そこに味を〆る為にレモン果汁を少々加えます

(流石にこの分離からリカバリーまでの格闘中は写真を撮る余裕はありませんでした^^;)

s500_DSCN0043.jpg

とりあえずスポンジのコーティングに使ってみます

s500_DSCN0044.jpg

塗れるけれど山にするのは無理だな・・・・どうしようか、固めるには・・・
ゼラチン?でもここにゼラチンを入れたらレアチーズケーキができてしまいます
スポンジの上にレアチーズの山を盛って、その上に南瓜ペースト・・・
それはそれで美味しいのは確かですが、今回求める形とはちょっと番う
う~ん、レアチーズにしないで硬くするには・・・

s500_DSCN0029.jpg

確実なのはこれ、南瓜ペースト
パンプキンチーズクリームにしてしまえばいいのです
欠点はパンプキンだらけになること
使用する南瓜の量はかなり多くなりますから別の意味で重いケーキになるのは確実
これ以外のデメリットは色
ケーキが黄色一色になってしまうのです
まぁ、ハロウィンだからいいか・・・

s500_DSCN0046.jpg

希望の硬さになるまで南瓜を加えてゆきます
投入した南瓜の計量を忘れてしまい使用量は不明です
やはり怪我とかすると余裕が無くなって駄目ですね
途中でお気に入りのスヌーピーのボールを割ってしまうし><
作りながら結構ブルーな気分でした

s500_DSCN0047.jpg

良い感じの硬さになったら裏ごし

s500_DSCN0048.jpg

スポンジの上に山に盛ります
これ、黄色に見えますが白ですからねー(笑

s500_DSCN0049.jpg

本当はラズベリークリームを作る予定でしたが・・・・
生クリームを全部使ってしまったのでラズベリージャムだけで^^;

s500_DSCN0051.jpg

山の上に厚めに塗ります
これ赤に見えますがピンク色のラズベリークリームですから、そのつもりで(ーー;はぁ

s500_DSCN0054.jpg

そしてモンブラン絞り
南瓜ペーストに生クリームを加えて・・・のつもりでしたが生クリームを使い切ったのでパンプキンチーズクリームをそのまま使用しました
絞り方向は横か縦か悩みましたが、山の形は縦方向の方が雄々しい山になるだろうと縦で絞ってゆきます

s500_DSCN0057.jpg

山の完成・・・シンメトリーがぁ~>< 縦絞りで綺麗な山にするのは難しいようです^^;

s500_DSCN0058.jpg

隙間から顔を出すラズベリージャム
何となく火山のマグマのようでワイルドな感じ
下にジャムの層を作るのも良いかも
それは良いとして上が寂しいなぁ
何かハロウィン的なものも欲しいし・・・・

s500_DSCN0061.jpg

丁度下の娘が帰ってきましたから小物の製作を頼みます
作るのはハロウィンの定番、南瓜のお化け

s500_DSCN0063.jpg

お化けにしては目が可愛いな
つぶらな瞳じゃぁ迫力ないし・・・・

s500_DSCN0066.jpg

じゃぁ・・・・スプラッター仕様で

s500_DSCN0072.jpg

ラズベリージャムで殺人現場(汗

s500_DSCN0077.jpg

やりすぎは食欲無くしそうだから此れ位で^^;

s500_DSCN0079.jpg

食べる時に別途トッピングすればいいし・・・・

s500_DSCN0087.jpg

暫く寝かせてから試食、想像通りどっしり重いパンプキンモンブランになりました
南瓜の甘さ、クリームチーズのコクが加わってどっしり重い甘さ
このままでは重過ぎて量が食べられないのですが、ここでいい仕事をしているのがラズベリージャムの酸味
口の中が爽やかにリフレッシュされていくらでも食べれてしまう
ある意味怖いケーキが出来上がりました
南瓜の量にクリームチーズの量、そのカロリーを考えると・・・・このケーキ、メチャ恐い>< この恐怖はハロウィンらしいかも^^;

予定とは違う形でできましたが、自分の好みのメタポリタンなケーキになりました
そう、食べたら確実にメタポになると思える程の濃厚な重さ
やはり重い方が美味しいのです


boeder-004.gif

そのまま一晩寝かせ、翌日
やはり味が違います
一晩寝かせると味に落ち着きが出てきます
重さが円やかになり甘さにしっとりした感じが出てさらに食べやすい
ますます危険なケーキになりました
かなり腹に溜まります
そして南瓜だけに腹持ちもいい
食事代わりにいいかも(笑)

巷で流行っている健康志向のライトなケーキとは別次元の感覚
また南瓜の量が多いので植物繊維がたっぷり
しかも入っているクリームチーズの量も半端な量ではありません
脂肪分もしっかり
なので食べた翌朝は実にスッキリ(笑)

m_emoji-1.gif

 


nice!(125)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

善光寺門前の蕎麦 信州長野の蕎麦 そば処 小菅亭 [信州の蕎麦]

この日の出張は信州は長野
仕事を終えた後は善光寺へ
そして昼ごはんというには遅くなりましたが蕎麦屋さんに入ります
時刻は14時、ランチタイムも終わる時間

s500_IMG_1182.jpg 

開いている店を探して迷路のような路地をレンタカーでウロウロ・・・・そしてたどり着いたのはこのお店
明治28年創業の蕎麦屋さん、生そば処 小菅亭

s500_IMG_1186.jpg 

早速入店、中は奥行きがあって結構広い
ちょっと不思議な雰囲気があります

s500_IMG_1184.jpg

お茶とおしぼり
おしぼりが紙なのが一寸悲しい
これだけで一気に興醒めです 

s500_IMG_1187.jpg

気を取り直して品書きを確認

s500_IMG_1188.jpg

消費税UPのあおりで値段の張り替え作業があったようです
でも・・・・
価格はどうみても消費税分だけUPしたようには見えません
若干の便乗があったような数字の並び^^;

ざるそばが880円、大盛りは100円アップ
大盛りが100円アップなのは良心的ですね
並盛が780円ならば、大盛りが200円UPでも不思議ではありませんから

オーダーは当然大ざるそば

s500_IMG_1185.jpg

不思議な空間のこのお店
猫ものがいっぱいあります
このまえ行ったシュールな招き猫BARよりは普通な感じではありますが

s500_IMG_1191.jpg

折角ですから招き猫を鑑賞
何だか招き猫に縁がある秋だなぁ・・・・

s500_IMG_1192.jpg

しばらく招き猫と睨めっこ
これだけ揃うとちょっと不気味です^^;

s500_IMG_1195.jpg

蕎麦の登場
断面がスクエアな細打ちの蕎麦
量もしっかりあります

s500_IMG_1201.jpg

と、いきなりここで蕎麦湯の登場
これは早すぎ、湯が冷めてしまいます
客の食べるタイミングを計って出してくれる店が理想な店
一方的に店に都合が良いタイミングで出されても・・・
先に出してしまえば客席を気にする必要が無いので店は楽なのでしょうけれど
味気ない・・・

s500_IMG_1198.jpg

まずは蕎麦のみですすります
啜った瞬間からガツンと薫るような蕎麦ではありませんが、確実に薫る蕎麦
立ち昇る蕎麦の香りを感じながら一気に啜って・・・
唇を気持ちよく滑りながら口の中に
啜るのに大きな力は要りません
表面の艶やかな蕎麦は滑りもよく、いい感じに口の中に飛び込んでくれます
噛みきると適度な反力を持って噛み切れます
切れた瞬間の反力も適度で噛むのが心地いい
奥歯で潰すと良い感じの抵抗感
だらしなく潰れる事はなく、しっかりと存在を感じさせます
CPが良いですね

s500_IMG_1199.jpg

汁を味わいます
少量口に含んで舌の上に
スッキリした汁で後味に甘さが強く残りません
若干の甘さと仄かな酸味
この酸味がいい仕事をしています
ダシの香りも豊かで汁は薄めですが旨みは厚め

s500_IMG_1202.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
ダシの香りが口いっぱいに広がり、ダシが引いてゆくと残るのは蕎麦の香りと甘み
蕎麦に汁をどっぷり浸けると蕎麦は負けます
半分ぐらい浸けた時が蕎麦の香りと甘みを一番感じました
この蕎麦に凄くいいバランス
流石老舗ですね
伊達に長く続いていません

s500_IMG_1196.jpg

でも、悲しかったのが薬味
葱と山葵といったオーソドックスなタイプ
蕎麦と汁は満足でしたが薬味は不満
葱に瑞々しさは無く、透明感もありません
山葵に至っては瑞々しさは無く香りも少ない
作り置きな感じの薬味です
さらに悲しいのが器の縁
山葵が付着しています
こういうのは実に見苦しい
蕎麦が美味しかっただけに凄く残念でした

s500_IMG_1204.jpg

一気に食べ進めます
でも・・・量が多い
信州の蕎麦は量が多めのようです
大盛りの食べごたえもなかなかのもの

s500_IMG_1208.jpg

蕎麦湯は白濁のトロリタイプ
美味しくいただきました^^

しかし薬味が本当に残念、ーー;)

s500_IMG_1209.jpg

新幹線の時間がありますからゆっくりもできません
食べ終えたら帰らないと・・・
でも内装が気になって少しだけゆくり^^;

s500_IMG_1211.jpg

レジ脇にも猫たち^^; 

s500_IMG_1212.jpg

そば処 小菅亭 (こすげてい)
026-232-2439
長野県長野市東之門町367
11:00~14:30(LO)
17:00~21:00

boeder-001.gif

レンタカーを返して、長野駅から新幹線で帰ります

s500_IMG_1004.jpg

この形、色、結構好きだな^^

s500_IMG_1170.jpg

長野駅のホームには定番の駅蕎麦

s500_IMG_1181.jpg

野沢菜の蕎麦だって?・・・・気になるなぁ

s500_IMG_1171.jpg

気になったら食べるしかありません、オーダーは野沢菜わさび蕎麦

s500_IMG_1173.jpg

蕎麦の到着

s500_IMG_1174.jpg

凄く寒い日
こんな日はアツアツの汁蕎麦が美味しい
さっそく啜ります
温かな蕎麦も悪くない

s500_IMG_1176.jpg

野沢菜の酸味が温かな汁の中で凄くいい感じ
汁が凄くさっぱりして後味にも深みが加わります
この食べ方、気に入りました^^

汁蕎麦は体が温まるのが良いですね^^

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(115)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

べす物語  秋の港にバラードを [車とバイク(car and bike)]

この日、べすと一緒に山手の薔薇園に来てみると

s500_DSC_1124_4423_.JPG

べすと同じ白いPXが目の前に(PX200FL2でした)
折角ですから並べて撮影

s500_DSC_1130_4429_.JPG

MODSの香りのする白べす君、いい味ですね^^

boeder-001.gif

何故か用事の多い今年の秋、10月
それでも無理やり都合をつけて鎌倉散歩や温泉ライダー、そして美術館と彼方此方行くのですが
この日は何故だか出そびれて朝からまったり家の中
窓の外は気持ちのいい秋の空
窓を開けると乾いた秋の風が頬を撫でてゆきます
聞こえるのは道行く子供たちの燥ぐ声
何処かに遊びに行くのかな

s500_DSC_1137.jpg

紅茶を煎れて一人静かにティータイム
この時期はオータムナル(秋摘み)のダージリンのウッディな香りと渋味をわいたいところですが
残念ながらポチッとしたオータムナルの茶葉が届くのはこの日の夜の予定
ストッカーの中から選んだのはセイロンのディンブラ
お茶請けにはチョコレート
ストレートティには甘めのミルクチョコレートをあわせます
セイロン・ディンブラは短時間で濃く抽出されるのでせっかちな自分にピッタリの紅茶(笑)

s500_DSC_1139_4437_.JPG

お茶を飲んでいるとふわぁっと通り抜ける爽やかな秋の風
風に振り返ればそこには眩しい青空
駄目だ、家の中でお茶を飲んでいる場合じゃない
掃除を済ませ、娘達の昼ご飯を作ります
昼は此れを食べておくように
とーちゃんは出掛けるから

s500_DSC_1144_4439_.JPG

散歩に出発
でも何処に行こう
そういえば今日は奥さんはべすを使っていない
これはチャンス
べすと散歩に行きましょう

s500_DSC_1146_4441_.JPG

奥さんは資格試験の勉強の追い込みに朝から図書館に行っているのです
家だと睡眠学習になってしまうので、流石にそれは不味いと気付いたみたい←今頃かよ
昼ごはんも要らないそう
昼ごはん抜きで勉強、気合入っているなぁ・・・って本当はダイエットで昼抜きがしたいだけのようです
最近ようやくダイエットに目覚めた奥さん
理由を付けて米やパンなどの炭水化物を食べないようにしています
でもね・・・・
炭水化物を抜くと集中力が低下するように思うけれどな
尤も食べ過ぎても集中できないけれど^^;

s500_DSC_1148_4443_.JPG

試験は26日、さてどんな結果になるのでしょうねぇ
一年間の睡眠学習(本人は違う、寝ていないと言い張っていますが)と現実逃避のスマホゲーム(本人は気分転換だと言い張っていますが、四六時中気分転換のような気が・・・)の結果は如何に

s500_DSC_1150_4444_.JPG

べすに乗って海を見に行きます
一番近いのは横浜港、大桟橋に向かってGo!
赤レンガの前を通り大桟橋へ、大桟橋から海を眺めると向こう側には大黒ふ頭
そうだ、偶には大黒埠頭からみなとみらいを見てみよう
まず山手の秋薔薇の咲き具合を確認してから大黒ふ頭に行くことにしました

s500_DSC_1153_4447_.JPG

MODSの香りの白べす君の隣にべすを駐めて薔薇園に来てみましたが
まだ蕾の方が多く、咲いている薔薇の花が思ったよりも少ない

s500_DSC_1239_4514_.JPG

折角ですから少しだけ撮ってみます
でもなかなか気分が乗らない

s500_DSC_1244_4519_.JPG

月末にもう一度来てみましょう
今度はじっくり時間をかけて
山手の薔薇と山手の洋館のハロウィンデコを撮りに

s500_DSC_1251_4524_.JPG

薔薇の咲き具合の確認ついでにハロウィンデコもチェックしておきましょう
本当は薔薇ソフトを食べたくて洋館に向かったのは内緒です

s500_DSC_1241_4516_.JPG

薔薇の季節に此処に来た時のお約束はCafe the Roseの薔薇ソフト
薔薇の甘い香りのソフトです
何故だかソフトを撮るのを忘れました~><

s500_DSC_1159_4453_.JPG

そして洋館のデコを軽くチェック
次回撮りに来るときの参考に少しだけ撮って・・・

s500_DSC_1160_4454__mc.jpg

モノクロで攻めるのもいいかも

s500_DSC_1201_4483__mc.jpg

まぁ、今度来た時にしっかり撮りましょう

boeder-001.gif

薔薇の咲き具合を確認したあとは大黒ふ頭に向かいます
まずは大黒ふ頭の海釣り公園

s500_DSC_1350_4557__mc.jpg

平日は大型トラックが行きかう大黒ふ頭も日曜日は静か
人通りの無い大きな道を白いベスパで走っていると探偵になった気分^^

s500_DSC_1406_4600__mc.jpg

海沿いの倉庫や化学プラントの配管
その無機的な雰囲気がいい感じ

s500_DSC_1347_4554__mc.jpg

しまった、丸サングラスを忘れた・・・><

s500_DSC_1418_4610__mc.jpg

べすを海沿いに駐め
自分は芝生に座り海を眺めます
潮の香りが気持ちいい

s500_DSC_1431_4620__mc.jpg 

秋の風を楽しみながらまったり海辺で過ごす午後
こんな午後も悪くない

s500_DSC_1382_4582_.JPG

iPodを取り出してお気に入りのJohn Coltrane 
BalladsとColtraneのアルバムを聴きながら海を眺めて・・・・

s500_DSC_1422_4613__mc.jpg

BalladsはJazzを聴き始めるきっかけになったアルバム
情感のこもった優しい演奏はどんな気分の時でもすっと馴染みます
凄く耳に優しい

s500_DSC_1367_4571__mc.jpg

BalladsのColtraneはささやくように哀しげな音
すすり泣くよう なサックスの響きはもう堪りません

s500_DSC_1443_4631__mc.jpg

まったりした気分と気怠さと
ちょっと感傷的な気分は秋にぴったりかも
今度来るときは珈琲を持ってこようかな
紅茶派の自分ですが、Jazzには珈琲の方があいそうだから

s500_DSC_1448_4636__mc.jpg

秋は何かと忙しい季節
展覧会は多いし、花もいっぱい咲きます
そして紅葉
撮りたいもの、観たいものがいっぱい

s500_DSC_1363_4567__mc.jpg

でも何故か今年の秋は妙に忙しい
仕事も、休日も
落ち着いて休日の予定がたてられません
まぁ仕事が忙しいのは結構な事なのでしょうが・・・・

s500_DSC_1475_4659_.JPG

隙間を狙って予定を組み立てるしかなさそうです
さて、夕刻に奥さんとコストコに行く約束をしましたからそろそろ戻らないといけません

s500_DSC_1446_4634__mc.jpg

しかし・・・べすってやっぱりモノクロが似合うな

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(117)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アングラな雰囲気のオフ会でフリーズを体感する [日常のなかで(Diary)]

ある日、ぼんぼちぼちぼちさんのブログに訪問するとオフ会開催のお知らせ

これは面白そう、是非行ってみたい

速攻で月末以外の土日だったら行きますよとコメント

速攻コメントの成果なのか土曜日の開催になり参加することができました

s500_DSC_1273_4376_.JPG

さて、参加することにしたものの気になるのがぼんぼちぼちぼちさん

どんな方なのでしょう

ブログからの印象で勝手に想像

ちょっとアングラな匂いがする癖があるタイプ

歳は自分と同じぐらいか

いろいろ想像しながらワクワクしていました

それほどまでにブログの内容が自分のツボにはまっていたのです

一番好きだったのは

"あっしがXXXXだった頃"シリーズ

その不条理な世界に惹かれていました

s500_DSC_1277_4378_.JPG

日時は18日土曜日、18時半から

場所は新宿三丁目のJAZZ BAR(&招き猫博物館)サムライ

JAZZ BARで招き猫だって @@;)

これはシュールだ

s500_DSC_1278_4379_.JPG

サムライ (SAMURAI)
03-3341-0383
東京都新宿区新宿3-35-5 守ビル5F
 [月~日]  JazzBar   18:00~25:00
(18時前、ネイルサロン「Nina's Nails」兼ネイル喫茶)

boeder-001.gif

18日はZZRの車検あがりの日

町田のDrSUDAまでバイクを取に行かないといけません

昼頃出掛けようとすると下の娘が具合が悪いと訴えます

どうやら風邪をひいた様子

奥さんは仕事ですし、上の娘もバイト

とりあえず寝てろと言い残してバイクを引き取ってきます

夕刻は病院へ連れてゆき、夕飯の用意

二時間ぐらいしたら奥さんも帰ってくるから大丈夫でしょう

10時半ぐらいには戻るからと言い残してオフ会へGO!

s500_DSC_1279_4380_.JPG

東横線に乗って新宿三丁目に向かいます

調べた地図を頼りに店を探すと・・・・

何とも目立たない看板にサムライの文字

5Fに店があるようです

エレベーターがありましたが階段を使います

一部物置と化した階段を使った方が雰囲気がありますから

気分も盛り上がろうというもの

5F、ある意味怪しげなドアを押し開けて中にはいると・・・

s500_DSC_1280_4381_.JPG

不思議な空間に一瞬たじろぎます

招き猫が店内の至る所に鎮座し

異様な雰囲気を醸し出しています

昭和の匂いと

アングラな雰囲気に満ちた空間

s500_DSC_1283_4382_.JPG

それは”レトロ&シュール”

ごった煮のように何もかもが積み重なって混沌とした店内

アングラな空間でありながら

居心地のいい”ゆるさ”がある不思議な空間

s500_DSC_1287_4385_.JPG

とは言うものの

ゆるさを感じられるようになるのは後の事

入店直後はその不思議さに茫然としたまま

前に進むこともしないで

ただ招き猫達と睨めっこ

お店の方に声をかけられて我に返る始末^^;

s500_DSC_1288_4386_.JPG

ブログの方ですか?

奥に他の方がみえていますよ

奥のテーブルには三人の姿が見えます

あそこだな、奥へ進みました

さて、ぼんぼちぼちぼちさんに挨拶を・・・・

三人の名札をチェックします

ぬぁんだってぇ~ @@;)

s500_DSC_1290_4388_.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(フリーズ中^^;)

s500_DSC_1291_4389_.JPG

(°▽°;) エッ!? 
 

ぼんぼちぼちぼちさんって、あなたが・・・・

(°д°;;) ナント!

s500_DSC_1294_4391_.JPG

フリーズ、心底固まりました

自分が描いていたぼんぼちぼちぼちさんのイメージとは全く違うのです

記事の内容から想像していた姿とは・・・

無論勝手な想像ですからピッタリ当たるとは思ってはいません

それでも明後日の位置にずれる事は無いはず

近いところに落ち着くはず

そう思って会場に来たのですが

思いっきり明後日でした(汗

人間、固まるってこういう風になるんだなぁ・・・・

それがよく解った日になりました

s500_DSC_1296_4393_.JPG

自分にとって救いは

固まったのが自分だけでは無いという事

自分の後に到着した面々も見事にフリーズ

 s500_DSC_1298_4395_.JPG

いまだに固まった自分を思い出すと笑えてきます

ここまで書いたら気になるでしょ

どうイメージと違ったのか

それは・・・・・・

 s500_DSC_1299_4396_.JPG

ないしょ

s500_DSC_1297_4394_.JPG

オフ会に参加してフリーズを体感してくださいね^^

boeder-004.gif

s500_DSC_1300_4397_.JPG

さぁ、みんなでフリーズを楽しんだ後は乾杯

s500_DSC_1302_4399_.JPG

今回のオフ会のお約束は人物写真禁止、胸から下のみOK

なので参加者の写真はありません

料理の写真でお楽しみください

s500_DSC_1305_4401_.JPG

お酒は各自好きなものを頼みます

自分はフォアロゼのロックで楽しみました

Jazzが流れていますのでバーボンが似合うかなって思って

あまりに愉快なオフ会に

ついついハイピッチ←下戸なのにいいのか?

好きじゃないはずのウィスキーが妙に美味しく感じます

s500_DSC_1308_4404_.JPG

ピザも美味しかったなぁ

s500_DSC_1310_4406_.JPG

強くないくせにウィスキーを飲んでいるものだから

話していた内容はあまり覚えていません

記憶しているのは楽しかったという感覚だけ

s500_DSC_1314_4410_.JPG

料理もピザの味までは覚えているのですが

それ以降の味はどうだったのか

食べたかさえも覚えていないのです

でも写真を撮っているから食べたんだろうなぁ(汗

s500_DSC_1322_4418_.JPG

どれだけ飲んだのだろう

ずっとフォアロゼを飲んでいました 

途中でうとうとしたり←根は甘党ですから^^;

ふと気づくと下の娘と約束した時間が迫っています

s500_DSC_1323_4419_.JPG

デザートまで出ていましたのでフライングで中座させてもらいました

ぼんぼちぼちぼちさん
lequicheさん
kotenさん
mitchさん
sigさん
writer-Xさん
R-choose19さん
昆野誠吾さん
nonaさん
青山実花さん
エムケイさん
くりさん
kurakichiさん
kyoroさん
reorioさん
向日葵さん
にゃごにゃごさん

楽しい時間を有難うございました

また宜しくお願いします

s500_DSC_1325_4421_.JPG

で新宿三丁目から元町・中華街行の電車に乗りました

座席が空いたので座らせてもらいます

いい気分でうつらうつら

寝過ごさないように気を付けます

でもいつのまにかzzzzzzz

boeder-001.gif

気が付いたら何か変

??????

何か違和感があるのだけれど・・・・

あれっ?

この電車、元町に向かっていない!!!

どうやら元町まで寝過ごしそのまま折り返し

慌てて乗り換えます

危ない危ない

副都心線や西武線に乗り入れとなった東横線

折り返したら遠くまで行ってしまいます

今度は座らず立ったまま

菊名で無事下車

でもね

歩道がね

勝手に左右に動くんだなぁ

真っ直ぐ歩けない

ウチに戻って布団に倒れこんだら

そのまま爆睡

夢には当然招き猫^^;

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(127)  コメント(55)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

くりくり祭りで栗パウンドを作る [スイーツを作ろう(making sweets)]

秋は栗

静かな秋の午後は

ほっこり甘い栗がたっぷり入ったケーキに

薫り高い紅茶を添えて

お気に入りの本を読みながら過ごしたい

s500_DSCN6890.jpg

モンブランが無性に食べたくなる秋

栗のケーキの代表格

でも気になるケーキが他にもあるのです

それは生地を栗粉100%で作ったケーキ

ペタッキさんのブログで知ったケーキなのですが

お値段が @@;) もの

ならば自分で作ってみようと思うのが自然な流れ

でもレシピも素材も不明

こんな時は実験がてら適当に作ってみます(笑)

さて、どんなものが出来上がるのか

作る本人にも解らない

それが楽しい^^

栗粉100%はハードルが高そうなので

50%に落として挑戦してみます

くりくり祭りパウンドケーキ、どんなのが出来上がるのか^^

 

m_emoji-1.gif

boeder-003.gif

栗は美味しいけれど皮を剥くのが面倒
毎回剥いている途中で嫌になってしまって二度と栗なんか買わないぞって思います
でも暫くするとそんな思いも忘れて栗を買って
剥き始めるものの剥いている途中で・・・・・←学習能力欠如

s500_DSCN6542.jpg

でも今回から強力兵器が導入されました
栗くり坊主2をネットでポチッとな
これで今までのような苦労から解放されると期待して
くりくり祭り作業開始~
まずは栗の甘露煮から
買ってきた二ネットの栗のうち1KGの栗の皮を剥きます

s500_DSCN6546.jpg

水に1時間浸けて灰汁抜き

s500_DSCN6547.jpg

水を替え、10分間茹でて灰汁抜きその2

s500_DSCN6551.jpg

茹だった栗を鍋からザルにあけると栗が壊れますから穴あきオタマで鍋からすくい上げて
湯を切ったら栗の重さを測定
この重さから砂糖の量を決めます
1kgの栗の皮を剥いて灰汁抜きした後は710gでした
栗の重さの1/2の量の砂糖を用意します

s500_DSCN6552.jpg

鍋に栗を入れ、砂糖を355g投入

s500_DSCN6553.jpg

水をヒタヒタになる位まで注いで
色よく仕上げるにはクチナシを入れるのでしょうが生憎持ち合わせていません
それにケーキの中に埋めてしまうので見た目の色は問題ないでしょう
多少色が薄いのと残留していた灰汁で濁った色になるぐらい

s500_DSCN6555.jpg

火加減をふきこぼれないギリギリに調整して煮詰めます

s500_DSCN6556.jpg

30分煮詰めました
このまま一晩おいて甘さを染みこませます

s500_DSCN6676.jpg

翌朝、タッパーに移し替えて冷蔵庫に入れて保存
(この時、710gあったはずの栗ですが何故だか500gに減ってしまうとは全く予想していませんでしたーー; )

boeder-003.gif

次は栗生地に使う栗の裏ごしを作ります

s500_DSCN6675.jpg

残っていた栗を適切な大きさの鍋に入れ水をヒタヒタより若干下位置になる位に注ぎ火に置きます

s500_DSCN6679.jpg

ん?すこし焦げの香りが?って感じになった時が丁度水が無くなった時
ここで火を落とします

s500_DSCN6680.jpg

アツアツの栗を半分にカット
メチャ熱いです~><

s500_DSCN6682.jpg

スプーンで中身を穿り出して

s500_DSCN6683.jpg

裏ごし
熱いうちにやらないといけませんから頑張ります
冷めると裏ごしに力が余計に必要になりますから

s500_DSCN6684.jpg

まだ粗いようですのでもう一度裏ごし
生地に使いますから薄力粉並みの細かさが欲しい所です
まぁそこまでは無理としてもせめてアーモンドプードル位までは・・・・

s500_DSCN6838.jpg

目が大きすぎました、でもこれより細かいのは細かすぎて栗の裏ごしができません
諦めてこの網で三度程裏ごしておきます
もう少し細かい目の網を合羽橋へ買いに行かなきゃ・・・

s500_DSCN6839.jpg

さて、パウンドの材料を用意します
ここで悩むのがバターとグラニュー糖の量
パウンドケーキはQuatre-Quarts
Quatre-Quartsとは“1/4 が 4 つ”という意味のフランス語ですから
薄力粉、卵、砂糖、バターが同じ重さだけ入ります
(パウンドケーキの意味もそれぞれの材料を1パウンドづつ入れるという意味ですから四つの材料を同じ量入れるのが基本)
薄力粉を150g使うパウンドケーキの型を使って焼くのですが、今回は薄力粉の半分を栗粉に置き換えます
つまり薄力粉は75g、この量にあわせるべきなのか、それとも粉の量(薄力粉+栗粉)に合わせるべきなのか
はたまたその中間が良いのか・・・・
バターと砂糖が多すぎると重過ぎてクドイものになってしまいます
しかし少なすぎは物足りない味わい、そして少ない場合のリスクは保存性が悪くなる事
バターと砂糖が多い方が保存性は高くなります

物足りない味わいより重い方が好みですし
パウンドケーキは常温保存が基本ですから保存性を優先しないといけません
なのでバター&砂糖MAXで行きましょう←やっぱりこうなるんだ^^;

用意したものはグラニュー糖150g、薄力粉(バイオレット)75g、栗粉75g(裏ごしした栗より75g分使用)、無塩バター150g、BPを3g、卵黄3個分と卵白三個分
そして冷蔵庫に保存してあった栗の甘露煮
何故か量が減っているし・・・・と不思議に思いながら栗の甘露煮をつまみ食い(笑)

s500_DSCN6840.jpg

オーブンを170℃に予熱して作業開始
今日はアシスタント無し、何故ならばアシスタントは栗が嫌いなのです
何故か栗だけが食べられない
でもサツマイモは大好物、食感は近いように思うけれどなぁ・・・

薄力粉75gにBP3gを合わせて三回ほど篩います

s500_DSCN6841.jpg

室温に置いて十分柔らかくなった無塩バター150gをホイッパーでスリスリ

s500_DSCN6842.jpg

グラニュー糖のうち半量位をバターに投入してさらにスリスリ
グラニュー糖が溶けたら白くもったりするまで泡立てます

s500_DSCN6843.jpg

室温が高かったのかバターがダレ気味、ボールを氷水で冷やして若干バターを締めて泡立て続行

s500_DSCN6844.jpg

こんな感じかな

s500_DSCN6846.jpg

卵黄を一個投入して混ぜます

s500_DSCN6847.jpg

混ざったら更に一個投入して混ぜて

s500_DSCN6849.jpg

三個目も終了、分離しないように注意深く

s500_DSCN6850.jpg

そして栗粉(粉と言うには粗いけれど・・・・^^;)75gを加えて混ぜます

s500_DSCN6854.jpg

メレンゲを作ります
卵白三個分をハンドミキサーで泡立てて、適度に泡立ったら残っていた半量のグラニュー糖を加え更に泡立て
しっかりした角のが作れるメレンゲにします

s500_DSCN6855.jpg

そのメレンゲの三分の一を生地のボールに加えて混ぜます

s500_DSCN6857.jpg

混ざったら残りの半分のメレンゲを投入して混ぜて・・・・

s500_DSCN6858.jpg

全部加えて混ぜたら

s500_DSCN6859.jpg

篩ってあった粉類(薄力粉75g+BP3g)を篩い入れて

s500_DSCN6860.jpg

捏ねないよう注意しながら混ぜます

s500_DSCN6861.jpg

艶が出るまでしっかりと、80回ぐらいかな

s500_DSCN6862.jpg

そして栗の甘露煮の登場、汁を切って・・・・なんだか更に量が少なくなった気が^^;

s500_DSCN6863.jpg

それでも500gは残っていましたから投入します

s500_DSCN6864.jpg

混ぜて・・・・

s500_DSCN6865.jpg

型に入れたら

s500_DSCN6867.jpg

表面にも並べます

s500_DSCN6868.jpg

170℃で50分、160℃に落として25分焼きました
あああ、表面の栗が沈んでしまった・・・><

s500_DSCN6869.jpg

熱いうちにラム種を打ち込みます

s500_DSCN6871.jpg

好きなだけラム酒を用意して刷毛でペタペタ、全方位から打ちこんで

s500_DSCN6872.jpg

包みます
でも中の栗がどっしり重いのでケーキが壊れそうな感じ
なので型に戻して包みます

s500_DSCN6874.jpg

この状態で粗熱を取ります

s500_DSCN6880.jpg

翌日、型から外しで包み直し

s500_DSCN6882.jpg

包み直しついでに真ん中をカット
栗粉がどんな状態に仕上がるのか生地の状態を見てみます
そして一切れ味見
う~ん、バターがまだ馴染んでいないようでバターの味が浮いています
なので後味が重過ぎ
やはりパウンドケーキは一週間寝かさないとね

s500_DSCN6904.jpg

そして一週間後
味を確認します
生地は思ったよりも粗くなく仕上がりました
無論薄力粉だけの時のような口当たりの良さは期待できません
若干ざらっとした舌触り、やはりもっと細かい目の網で裏ごししないと・・・・

s500_DSCN6890.jpg

一週間寝かした事でバターが凄く馴染んでいます
翌日の味見で重く感じた後味のバターだけが浮いたようなちぐはぐな感じ、それがまったくありません
バターの風味がコクを出してドッシリ濃厚な甘味、重すぎと感じたバターも丁度いいように思えます
やはりバターケーキは寝かすべきなのですね

栗はホコホコ美味しいですが、甘さの具合がこの生地に対して物足りない
もっと甘く煮詰めた方が良いようです
栗と砂糖は1:1に修正かな
それか生地の甘さを落とすか何れかですが、自分の嗜好からすると栗の甘さのUPでしょうね(笑)


boeder-004.gif

栗粉100%ケーキに挑戦する前に

レシピをもう少し煮詰める必要があります

もっと栗栗感を出したい

今回の結果をもとに考えましょう

栗粉100%への挑戦は来年かな

くりくり祭りの次のターゲットは定番のモンブラン~♪

モンブランはマロンペーストで済ませようかと画策中

栗って手間暇かかりすぎ^^;

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(126)  コメント(61)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

急な仙台出張は久々の牛タンから 牛たん炭焼 利久 東七番丁店 [気になる一品(Delicious)]

急に仙台に出張になりました
実は三仙台は三年半ぶりなのです
以前来た時は震災の前
なかなかいい感じの鯛焼き屋さんを見つけて喜んでいた記憶があります

s500_IMG_1086.jpg

久しぶりの仙台ですから食が楽しみ
ベタですが外せないのが牛タン
仙台駅構内の牛タン横丁(牛タン通り だったかな?)に行ってみますが凄い行列
30分待ちだそう
流石にそんなにも待てるほどの余裕はありません
構内は諦めて駅近くにある牛タンのお店に向かいます

s500_IMG_1087.jpg

震災前は結構な頻度で仙台出張がありました
その時によく来たお店、利久の東七番町のお店
駅から近いので行きやすかったのです
西口より東口の方が人も少ないですしね

でも狂牛病が騒がれた頃から足が遠のいていました
あの頃、仙台の牛タンの味が落ちたのです(その頃、近所にあったお気に入りの焼肉屋さんも味が落ちました。何処も良い肉の入手が難しかったのでしょうね)
それ以降仙台で牛タンを食べる事は無くなったのですが、今回は久々の仙台ですし、牛タンの味も戻っていると期待して行ってみましょう
考えてみれば利久は東京駅に店舗がありますし、ウチの最寄では川崎のラゾーナ川崎にもお店があります
でもそんなことはいいのです
仙台で食べる事に意味があるのですから
宇都宮出張なら餃子、広島ならお好み焼き、博多はもつ鍋、札幌はジンギスカン、そして仙台は牛タン
ベタな選択ですが外す訳にはいかない、約束された美味しさ

s500_IMG_1100.jpg

11時半の入店ですが結構混んでいます

s500_IMG_1099.jpg

さて、品書きを確認しましょう

s500_IMG_1097.jpg

頼むのは決まっています
定食の1.5人前
いつもこれでした
追加料金でトロロも付けられますが、それは不要
ご飯だけで十分です

s500_IMG_1098.jpg

気になるのは牛タンカレーと牛タンシチュー
単品のランチで頼むと1000円ですが牛タン定食を頼んでさらに追加で頼むと556円とお得
でも・・・・
定食を食べてさらに一人前の牛タンカレー(シチュー)、これはメタポになれと言われているようなもの
追加してみたいですが、流石に怖くて諦めます

s500_IMG_1093.jpg

順番的に今網に乗っているのが自分のかな^^

s500_IMG_1096.jpg

カウンター席は焼いているのを見られるから楽しいですが
なかなか自分のが来ないと焼いているのを見ている分余計にイライラ^^;

s500_IMG_1101.jpg

ようやく自分のが焼けたようでご飯とテールスープが供されます

s500_IMG_1106.jpg

そして真打の牛タンの登場^^

s500_IMG_1102.jpg

ご飯は麦ごはんですが麦の含有量は少ない

s500_IMG_1103.jpg

テールスープもいい香り

s500_IMG_1105.jpg

牛タン
一枚が二つにカットされて皿に乗せられます
1.5人前は6枚の牛タンが焼かれますので皿の上は12切れの牛タン
いい焼き色をした牛タンに腹が騒ぎ始めます

s500_IMG_1108.jpg

焦る心を抑えながら牛テールスープをいただきます
う~ん、テールがおいしそう
ゴリゴリ軟骨をかみ砕きながらテールを食べて

s500_IMG_1116.jpg

スープを飲みます
旨がたっぷりで美味しい
麺を入れてみたい~、そう感じるしっかりした旨み^^
久しぶりなせいか、余計に美味しく感じます
胡椒を入れたくなりますが、入れません
入れると胡椒の味ばかりが目立つようになりますから
テールスープのが喉を通り、旨みが舌に乗っかります
そして時間と共に消えていく、その余韻を味わう為にも胡椒は入れずそのまま

s500_IMG_1109.jpg

そして牛タン
厚切りの牛タンを口に運んでガブリと
コリッとした牛タンの噛み応えながら柔らかに噛みきれます
そして旨みたっぷりの肉汁が断面から滴り出て舌の上に
味蕾が牛タンの旨みに震えます
旨い、味が戻った
やはり狂牛病の頃の味とは違いました

s500_IMG_1111.jpg

味蕾が牛タンの旨みに飽和したら塩もみキャベツでスッキリリセット

s500_IMG_1113.jpg

辛味噌もいい仕事

s500_IMG_1118.jpg

箸が止まりません^^

s500_IMG_1121.jpg

必殺、オンザライスを発動、ご飯と一緒に食べるとまた格別^^

s500_IMG_1114.jpg

通勤電車の中でブログ巡回中の方へのサービスショット←嫌がらせとも言う
牛タンのアップ^^
どうです、空腹に響くでしょ~ ^^;

1.5人前、12切れの牛タンは食べごたえたっぷり
ご飯の量が多いかな?と心配していましたが牛タンを食べ終えるのと同時にフィニッシュ
いいバランスでした

 

牛たん炭焼 利久 東七番丁店 (ぎゅうたんすみやき りきゅう)
022-296-3577
宮城県仙台市宮城野区榴岡2-3-22
11:30~14:30
17:00~23:00(L.O.22:30)

boeder-003.gif

牛タンを食べ終えてふと壁を見るとずんだアイスのデザートのポスター

粒あんと白玉が乗って美味しそう

追加オーダーしたかったですが時間に余裕がありません

諦めです

残念

次記事は薄力粉の半分を栗の裏ごしに置き換え

さらに栗の甘露煮を入れられるだけ入れて焼いてみたパウンドケーキ

くりくり祭りパウンドの製作記録です

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(102)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マネに始まりマネに終わる 国立新美術館 オルセー美術館展に行く [日常のなかで(Diary)]

行きたいと思いながら予定がずるずる後ろ倒し
気が付けば10月、もう後がありません
下の娘と一緒にガッツリステーキの気合を入れて「オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-」展を観に行ってきました

s500_DSCN6789.jpg

ガッツリステーキで満足しきった腹をさすりさすりゆっくり歩いて国立新美術館に到着

s500_DSCN6794.jpg

大人は1600円、中学生は無料

s500_DSCN6804_mc.jpg

この美術館は建物も好き、曲線が凄く素敵です

boeder-001.gif

”印象派の殿堂”と呼ばれるオルセー美術館は、画家個人の主観と感性に意識が向かった近代美術のための美術館だそう。
ルーブル美術館は19世紀以前の作品を所蔵する美術館
ポンピドゥー・センターは現代美術作品を扱う美術館
そしてオルセー美術館は、これらの美術館が扱わない近代美術作品の美術館

s500_DSCN6800.jpg

この展覧会のタイトルは”印象派の誕生-描くことの自由-”なかなかワクワクする
展示品リストを見るとマネに始まりマネに終わるスタイル
印象派運動の始発点となったマネが中心となっているのです

 

1章-マネ、新しい絵画 より

s500_エドゥアール・マネ_読書.jpg

(エドゥアール・マネ <読書> )

マネは、印象派の先駆け的な存在
”印象派”の一員として語られることもよくありますが印象派展には結局一度も参加せず、サロン入選にこだわり続けたそう
当時の価値感とは真っ向から対立する作品をサロンに出品しては批判されたマネ。
でもマネのおかげで、印象派という新しい流れが生まれたのも確か

s500_エドゥアール・マネ_笛を吹く少年.jpg

(エドゥアール・マネ <笛を吹く少年> )

有名な少年画、美術界では世界一有名な少年なのかな^^
確かに色遣いは平面的だし、赤いズボンの輪郭として黒く線を入れる手法は当時のフランス絵画ではあり得ない形。
太い輪郭線と平面的な色使いがジャポニズムの影響を感じさせます。

 

2章 「レアリスムの諸相」 より

s500_カミーユ・コロー_パリ郊外の農家の中庭.jpg

(カミーユ・コロー <パリ近郊の農家の中庭> )

落ち着く色彩で観ていて安らぎを感じたのは、コローのパリ近郊の農家の中庭
しばらく絵の前から暫く動けなくなりました。
優しいタッチに癒されます

s500_ジャン=フランソワ・ミレー_晩鐘millet_angelus00.jpg

(ジャン=フランソワ・ミレー <晩鐘> )

美術の教科書に載っていた絵
懐かしいなと絵の前に立ちましたが
そのままその静寂さに息をのみました
この絵の前だけ空気が厳か
何か神聖なものが漂っているかのよう
1日の労働を終えた夫婦が祈る姿に心を動かされます
夕刻、逆光の夕日は神々しく大地を照らし、教会の鐘の音とともに田畑は聖なる空間となって祈りの場となる
その日の収穫を生活を感謝し祈りをささげる
そんな素朴さと厳かさに、自分も一緒に祈りを捧げるような気分

s500_ギュスターヴ カイユボット_床に鉋をかける人々_caillebotte_parquet00.jpg

(ギュスターヴ・カイユボット <床に鉋をかける人々> )

1848年、二月革命によって第二共和政が成立したフランスでは、芸術においても社会の現実を直視するレアリスムの動きが現れます
”床に鉋をかける人々”の力強い腕や背中のライン
窓から差し込む淡い光と床の反射
どれもリアル
3人の息づかいや、木が削れる音までも聞こえてきそう
見ていて自然に腕に力が入ります
そして喉が渇いてワインを飲みたくなって・・・
飲みながら仕事するんだね^^;

 

3章 「歴史画」 より

s500_ジャン=レオン・ジェロームの「エルサレム」.jpg

(ジャン=レオン・ジェローム <エルサレム> )

展示は第1章から第9章に分けられていました
第1章 マネ、新しい絵画
第2章 レアリスムの諸相
第3章 歴史画
第4章 裸体
第5章 印象派の風景
其々の章が見応えたっぷり
1600円でこの内容はお値打ちと心底感じました

この第3章あたりでお腹に異変が^^;
どうやらガッツリステーキの脂身が体に堪えたようです
下の娘に待っていてと伝えて一目散に早歩き(走れませんからね^^;)
戻ったあとも観終わるまでの間に三回程早歩きをする羽目になりました
そういえば健康診断ごとに言われていました
胆嚢のポリープのせいで脂の代謝が悪いから脂を多く食べると大変だよと
いやぁ~、これの事だったのですねぇ

 

4章 「裸体」 より

s500_ジュール・ルフェーヴル_真理.jpg

(ジュール・ルフェーヴル <真理> )

この第4章 「裸体」のセクション、これが実に素敵な作品ばかり
カバネルの「ヴィーナスの誕生」、クールベの「裸婦と犬」、そしてモローの大作「イアソン」
美しき裸体表現、そして画家によって異なる裸体表現のアプローチ
ルフェーブルは女神を描き、クールベは市井の女性のヌードを表した
その対比も面白い
ネットでクールベの「裸婦と犬」の画像を探しましたが見つけられませんでした
残念、凄く気に入った絵でしたのでアップしたかったのですが・・・・ 

s500_ウィリアム・ブグロー_ダンテとウェルギリウス.jpg

(ウィリアム・ブグロー <ダンテとウェルギリウス> )

裸婦画が多いですが男性の肉体美物もありました
これはこれで美しい
何て言ったって腹の周りがブヨブヨしていないから^^;

s500_ポール・セザンヌ_牧歌.jpg

(ポール・セザンヌ <牧歌> )

この作品だけが美しくない裸体
不吉な印象すら感じさせる青々とした色彩
濃密な官能性
美しくなくてもこの章のなかで一番印象に残った絵

 

5章 「印象派の風景」 田園にて/水辺にて  より

s500_アルフレッド・シスレー_雪 マルリー=ル=ロワの農家の庭 .jpg

(アルフレッド・シスレー <雪、マルリー=ル=ロワの農家の庭> )

第5章は風景の章、印象派の画で好きなのは全て風景画なのでこの章が楽しみ

s500_クロード モネ_かささぎmonet_pie00.jpg

(クロード・モネ <かささぎ> )

何だろうこの光、雪の質感
冬の朝の凛とした空気感が満ちて朝日に輝く雪の結晶
キラキラ眩しく輝く隅にかささぎの影
それが凄くほっとするのです
この画、凄く気に入りました
で帰りに複製画のコーナーで睨めっこ
お小遣いはたこうかと真面目に悩みました
下の娘に買うの?と言われてハッと我に返り
そういえばこの画に似合う家じゃないしなと^^;
それにべすの一件もありますから無駄遣いはできません
危ない危ない・・・・--;)

s500_オーギュスト・ルノワール_シャンロゼーのセーヌ川.jpg

(オーギュスト・ルノワール <シャンロゼーのセーヌ川> )

自分の中ではルノワールは風景画のイメージではないのです
丸っこい女性を描いているイメージでした
柔らかな女性たち
風景も柔らかなのですね

s500_オーギュスト・ルノワール_イギリス種の梨の木.jpg

(オーギュスト・ルノワール <イギリス種のナシの木> )

まるで夢の中
夢幻的で、風を感じます
そして木の葉の奏でる音、柔らかな旋律

s500_カミーユ・ピサロ_赤い屋根 村はずれの冬の印象.jpg

(カミーユ・ピサロ <赤い屋根 村はずれの冬の印象> )

豊かな色彩を持つピサロの画も素敵
この風景の中を散歩したくなります

s500_ポール・セザンヌ_マンシーの橋.jpg

(ポール・セザンヌ <マンシーの橋> )

以降は
6章 「静物」
7章 「肖像」
8章 「近代生活」
9章 「円熟期のマネ」
と続きます

 

8章 「近代生活」 より

s500_ベルト・モリゾ 「ゆりかご」.jpg

(ベルト・モリゾ <ゆりかご> ) 

カーテンなどに見られる透明感を含んだ空間描写
そして柔らかな質感
観終えてほっこり柔らかな印象が残る一枚
ちょっと疲れ気味な表情はりアリスム^^

s500_クロード モネ_アパルトマンの一隅.jpg

(クロード・モネ <アパルトマンの一隅> ) 

この画も凄く惹かれました
自然と視線をグッと持って行かれます
まるで部屋の中の少年の視線に捕らわれたかのように

 

9章 「円熟期のマネ」

s500_エドゥアール・マネ_アスパラガス.jpg

(エドゥアール・マネ <アスパラガス> )

マネの「アスパラガスの束」を購入した美術史家のシャルル・エフリュッシは、
マネの希望額よりも200フラン高い金額を送ったそう
でマネは、「あなたのアスパラガスの束から一本抜け落ちていました」という一文を添えてこの絵を贈ったそうです
なかなか粋な事をしますね
このストーリーを読んだらこの画が凄く気に入ってしまいました^^

s500_エドゥアール・マネ 「ロシュフォールの逃亡」.jpg

(エドゥアール・マネ <ロシュフォールの逃亡> )

今回の美術展の大トリはこの作品
”笛を吹く少年”から約25年、マネの変化を感じることができます
25年前とは違って、筆遣いの荒々しさ
そして青い海が画面を覆い尽くす大胆な構図
マネ最晩年の一つの到達点なのですね

boeder-001.gif

見終わるまでに約2時間半
ちょっと疲れました
なのでお茶を飲もうと2Fのサロンに行きますが・・・ウェイティング

s500_DSCN6810_mc.jpg

1Fのテラスも満席、まぁ三連休ですしね、そんなものでしょう

s500_DSCN6816_mc.jpg

待つのも面倒です
なので下の娘の提案でバックスに行く事にしました

boeder-003.gif

六本木の交差点方向に歩きながら途中にあるバックスにPIN

s500_DSCN6819.jpg

彼女の目的はキャラメル & プディング フラペチーノ
春の限定だったストロベリーのドリンクがメチャ美味しかったので、この限定も美味しいに違いないと彼女の意見
甘いものなら試してみたい自分の性格もあって二つ返事で決定

s500_DSCN6820.jpg

自分はグランデ、下の娘はトールでオーダー

カスタードプディングが入った、食感まで楽しいフラペチーノ

ほろ苦いキャラメルソースとカスタードプディングが入ったデザート感溢れるコーヒーフラペチーノ。なめらかなカスタードプディングとキャラメルソースを専用のワイドストローで混ぜ合わせながらお楽しみください。

の説明書きを読みながら受け取りを待ちます

s500_DSCN6823.jpg

さて、飲んでみましょう
ストローですぅ~っと・・・・

何じゃやこりゃぁ~ @@;)

不味くは無い、確かに不味くはないのだけれども・・・・
何故このようにしてプリンを食べる必要があるのか理解できません
プリンが特別美味しくなるわけでもなく
単に食べ辛い
飲み物として考えてもスムーズさが無い
このスタイルにする必然性が無いーー;)

プリンは普通に食べた方がうまい --;)

この商品は企画倒れ・・・それが二人の一致した意見

s500_DSCN6824.jpg

まだステーキが残っている腹の中に追加されたプリンドリンク
少しでも消費させようと広尾の駅まで歩きました^^

*********************************************

(追記)

掲載されている絵画はネットから探したものです

おもに複製画販売会社のサイトからの流用です

展覧会は撮影禁止です

念の為

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(108)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

展覧会の前に がっつりステーキで腹ごしらえ いきなりステーキ六本木店 [気になる一品(Delicious)]

オルセー美術館展は7月から開催されていました
早めに行こうと考えていましたが週末のスケジュールがうまく合わずにずるずる後ろ倒し
下の娘も観にゆきたいと言うので二人の予定があう日を探していたら更にずるずる・・・
そしてついに10月に突入
開催期間は10月の20日までですからもう余裕がありません
予定があうのを待っていては駄目
あわせるように調整しないとあう訳が無い
そして調整した三連休の土曜日、六本木の国立新美術館へ向かいます

s500_DSCN6748.jpg

でも朝ゆっくり過ごしてから出かけましたので六本木に着いたら既に11時
時間がちょっと中途半端
このまま展覧会にゆくと恐らく途中で腹が騒ぎ出すのは必至
でも今昼ご飯を食べるにはちょっと早い・・・・
じゃぁ軽い昼ご飯を食べようか
そう言ってiPadで昼ごはん先を検索
時間は11時、お店は開店早々ですから混むような店でも大丈夫

boeder-004.gif

ライトな昼ご飯を探していたはずが何故だかいつの間にかネタを求めた検索になってしまいました
そして出した答えが”いきなりステーキ”^^;

s500_DSCN6749.jpg

立ち食いのステーキ屋さん
量り売りなのでガッツリいけます^^

s500_DSCN6750.jpg

入店、既にお客さんが数組
こんな時間からガッツリステーキ食べるんだ @@;) ←お前らもだろ

s500_DSCN6755.jpg

実は”いきなりステーキ”は初めて
多くの方のブログで見たガッツリステーキ、一度食べたいと思っていました
席は奥側に案内されました
厨房の前を通りがかったので焼いているのを激写
いい焼き色だなぁ・・・あれは何グラムなんだろう

s500_DSCN6762.jpg

72番の席に案内されました
前を見るとナイフとフォークがラーメン屋の箸のような感じでセットされています

s500_DSCN6761.jpg

何とステーキソースはポットに入ってカウンターの上に^^;
うむむ、ラーメン屋の水状態だ^^;
と、驚いている場合じゃありません
オーダーを決めませんと
品書は・・・・

メニュー六本木.jpg

自分はリブロースでガッツリいく事にしました
下の娘は300gはキツイと200gを希望
しかしリブロースのオーダーは300g以上がお約束
200gのオーダーが可能なのはヒレしかありません
なので下の娘のオーダーはヒレ200gに確定

メニュー六本木2.jpg

麦酒かワインでも飲みたいところですが、自分は強い方ではありません
飲んでしまったら展覧会どころではなくなってしまいます
なので水
ステーキに水とは・・・ちょっと情けないですが仕方ありません
肉だけでは辛そうなので白飯を頼みましたが、まだ炊けていないそう
ガーリックライスしか無いそうなので仕方なくガーリックライスをオーダー
しかし・・・開店時間に間に合うように白飯を用意しておこうよ
それとも白飯をオーダーする人は少ないのかな

s500_DSCN6757.jpg

ライスは席でオーダーしますが、肉は厨房の窓口でオーダーするそうです
窓口に行って・・・・

s500_DSCN6751.jpg

何にしましょう?

リブロースを500gで^^

自分は750gとかは何度か食べた事がありますが、それは四半世紀も前のこと
半世紀倶楽部の部員となった今も食べられるかは一寸解りません ←どう考えても無理じゃないか?
なので500gにしておきます

s500_DSCN6753.jpg

カットされたリブロースが皿に乗せられ計りに置かれます

・・・545gですがよろしいですか?それともカットされますか?

いや、このままでいいです

勢いでそう答えました
まぁ、500gが545gになったって大差ないでしょう ←勢いでついそう感じてしまいます^^;

焼き方はレアをお勧めしますと言われましたが、自分はあまりレアレアしたのは好きじゃありません
厚みがある分、火を通して欲しい
なのでミディアムレアでオーダー

s500_DSCN6754.jpg

下の娘のヒレ肉もカットされて計りへ

235gですがどうしましょう

それでいいです

そう答える自分の顔を驚いて見る下の娘
大丈夫だって、35g増えたって大したことないよ^^

焼き方はレアをお勧めしますとの案内に、じゃあレアでと答え焼き上がりを待ちます
立ち席だと待っている間は何となく落ち着きません
自分たちより先に居た三人連れが騒がしかったのも一寸不快
酒が入っている感じの騒ぎ方、場所柄そんなものかな

s500_DSCN6765.jpg

下の娘のヒレステーキ、235g

s500_DSCN6767.jpg

厚みはこんな感じ

s500_DSCN6773.jpg

さっそく食べます。だって”いきなりステーキ”ですから^^

s500_DSCN6775.jpg

レアです
一口貰いましたが、結構重い味
肉の味が濃く、顎が肉を食べているぞ~と感じる食感ですから量を食べるのは辛そう

s500_DSCN6774.jpg

ガーリックライス、200円
これで200円は寂しいなぁ
ちょっと脂っぽさが強いガーリックライス
ステーキと食べるのだったら自分は白飯の方がいいな

s500_DSCN6770.jpg

自分のリブロース545g

s500_DSCN6771.jpg

結構な迫力に楽しい気分^^

s500_DSCN6772.jpg

厚みはこんな感じ、ウキウキしてきます。やっぱりガッツリ系は楽しいなぁ^^

s500_DSCN6778.jpg

いあただきま~す^^ 最初はソースなしで肉の味を楽しみます
口の中に入れるととろけるような感覚は皆無
しっかりした噛み応えの肉ですが硬さは適度、顎が疲れる事はありません
いいバランスで脂が混ざり柔らさを感じさせてくれます。
噛み応えは肉食べている感があって、それでいて柔らかに噛みきることができる
これは好みの食感

s500_DSCN6782.jpg

ミディアムレアでオーダーしましたが、レアっぽい
厚みがあるからなのでしょうか、もうちょっとだけ火が通った方がいいな
中心部に温かさを感じるぐらいで

あああ・・・・端っこの脂身が恐怖
これだけの量の脂です
食べきったら腹を壊しそうな予感

プルプルした白い悪魔が不気味に微笑みかけてきます
あの甘く濃厚な味、一口食べるごとに体中が熱くなるようなエネルギー感
しかしあの恐ろしいカロリーを考えると震えが止まらない
食べたい、いや危険だ
食べたい、いやこの量は体がついてゆかれない
食べたい、いや健康診断がぁ~><
自分の中の自分と議論を繰り返しながら食べ進みます

s500_DSCN6784.jpg

肉の味を十分に楽しみ、半分を過ぎたらソースをかけます
ポットのソースは熱いソース
味は辛口でかけるとサッパリします
肉だけで食べ続けて重くなった口の中
そこにこのソースの味は砂漠のオアシスに感じました
少し辛かった口の中がクリアになって後半戦のスタートです
ステーキソースの味はソースが強くない方がいい
USのステーキによくあるBBQソースは肉の味がソースに沈んでしまいます
あれはいけません、ソースの味しかしなくなり味に飽きてしまいます
そうなるとソースがくどくて量が食べられません
このソースはガッツリ量を食べるのに丁度いい感じですね

ガツガツ、一気に食べ進みます
この食べ方こそが快感
ちまちま食べていてはつまらない
豪快に行きます
ちまちましていたら遭難してしまうかもしれないので^^;

s500_DSCN6785.jpg

何とかフィニッシュ
隣を見ると下の娘が遭難しています
いかん、助けに行かねば

残りを受け持つからとヒレステーキを口の中に
こっ、これは・・・・
最初は感じませんでしたが、リブロースを食べ終えた後ではヒレが重く感じます
脂は少ないのですが、脂が少なすぎてその分噛むのに力が必要
しかも肉の味はヒレの方が濃い
545gのリブステーキを食べ終えた後のヒレは凄く重い
最期の方は水で流し込む感じ
やはり白飯が欲しい・・・--;)

s500_DSCN6787.jpg

店の壁にはこんなものが^^;
思わず頼みたくなりました(笑)

s500_DSCN6788.jpg

しっかり満腹になりました^^
この後の展覧会、大丈夫かなぁ
眠くならないかなぁ・・・・←眠くなるどころか緊張する事態に^^;

いきなり!ステーキ 六本木店
03-6447-4529
東京都港区六本木6-1-2 富士プラザビル 1F
11:00~23:00

boeder-001.gif

重くなった腹をさすりながら歩いて

s500_DSCN6789.jpg

国立新美術館に到着

つづく・・・

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(115)  コメント(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

強力なコシの武蔵野うどん 顎が疲れてやわあつに逃げる 熊谷のうどん 元祖田舎っぺ [気になる一品(Delicious)]

今週は熊谷に出張
蕎麦屋さんの新規開拓もさすがにもう限界
出張コース上にある蕎麦屋さんは全てコンプリート
そこで蕎麦以外でよさげな店を探してみる事にしました

s500_IMG_1041.jpg

まず気になったのは田舎っぺ、ここの駐車場は何時もいっぱいの車
うどん屋さんなので今まではスルーしてきたのです

s500_IMG_1044.jpg

塩きのこが自慢のようです
特許出願済って・・・^^;
うどんの浸け汁に塩味を使うというだけでは特許(実用新案)なんで取れそうもありません
何か製造上の工夫があるのでしょうか

s500_IMG_1047.jpg

店内は座敷と

s500_IMG_1023.jpg

テーブル席、それにカウンター席があって結構な人数をこなせる感じです

s500_IMG_1029.jpg

カウンターの前には広い厨房

s500_IMG_1024.jpg

厨房ではうどんを一生懸命捏ね捏ね、武蔵野界隈は蕎麦より饂飩が強いようで饂飩屋さんがいっぱいあるのです。ちょっと饂飩も攻めてみようかな^^

s500_IMG_1031.jpg

品書きを確認します。ベーシックなうどん

s500_IMG_1026.jpg

大盛に赤丸ですからこれを頼めという事なのでしょうね。
しかし3kgって・・・・^^;
kg表示は1kgから3kgまであります
蕎麦で1kgは食べられるけれどウドンで1kgは自信はないな
ウドンって蕎麦より食べにくいから

s500_IMG_1032.jpg

ベーシックな品書きの裏側のはお勧めのうどん類
ベーシックタイプの200円アップのようです
今回はベーシックなタイプで試す事にしました

boeder-004.gif

冷たい汁うどん、”大もり”をオーダー

s500_IMG_1033.jpg

暫くして到着した”大もり”うどん、それほど多くはなさそうに見えます

s500_IMG_1037.jpg

まずうどんのみで啜ってみます
うどんの三本ぐらいを箸に挟み唇に挟んで一気に・・・・・啜れません^^;
やはり蕎麦みたいにはいかない
箸で送り込むように口の中に入れ咀嚼します
しっかりしたコシ
奥歯に感じるのは巨大な反力
潰しても潰しても奥歯に逆らおうとするのです
顎が疲れそう^^;

s500_IMG_1036.jpg

汁を味わってみます
ダシがよく薫りますが旨みの厚みは薄く感じます
そこが蕎麦の汁とは違うところ
無論蕎麦の汁でうどんを食べても汁の味ばかりが勝って美味しくない
ようはバランスなのです
蕎麦の汁とうどんの汁では求めるものが違いますからね

s500_IMG_1034.jpg

薬味は葱に生姜に・・・・油揚げ?
油揚げは何故添えてあるのでしょう
油揚げを汁に入れてみましたが、邪魔でしかありませんでした

s500_IMG_1038.jpg

饂飩を汁に浸けて手繰ります
ダシの香りを味わいながらワシワシと饂飩を咀嚼
饂飩の小麦粉の味は汁に浸けない方がよく解ります
手繰ってワシワシ
汁に浸けてワシワシ
ワシワシ、ワシワシ
ワシワシ・・・・
いい加減顎が疲れてきました
咀嚼のし過ぎで顎が疲れて食べるどころではありません
咀嚼をしっかりやりすぎて既に満腹
大盛がキツイと感じました
これだけコシがあると自分にはちょっと辛いなぁ・・・・

boeder-004.gif

基本のうどんを味わったものの、気になるのがお店の自慢の一品である塩きのこ
なので翌日もランチはうどん

s500_IMG_1051.jpg

昨日はワシワシと咀嚼のしすぎで顎が疲れ途中で満腹になってしまいました
なので今日は少しでも柔らかなタイプにしようとあつやわを指定
あつの方が噛んだ時の歯ごたえが気持ちよさそうに思えたのです
昨日の冷たいうどん、確かにコシがあって良いのですがコシがあり過ぎて途中で疲れ味わう気分が無くなってしまいました
オーダーした量は”大盛り”のひとつ上、”特盛”
柔らかになって食べやすくなった分、量が食べられると考えてのこと
”特盛”と言っても”重ね”の下ですから”もり”の二枚分よりは少ないでしょうからね

s500_IMG_1052.jpg

これが自慢の汁”塩きのこ”
一口味わってみます
塩だけとはいえ旨みがたっぷり
きのこの厚い旨みが口いっぱいに広がります
塩味のシンプルな味は醤油味よりもきのこの旨み押し出すように思えました
昨日は邪魔に思えた油揚げが今日は凄くいい仕事
汁の旨みに厚みを加えています
葱の香りとキノコの旨み、シンプルさが美味しい

s500_IMG_1058.jpg

まずはうどんのみで手繰ります
やわあつのうどんを口に送り込み、咀嚼すると柔らかでねっとりした感触を顎に感じます
噛み潰すまでの力にも無理はない
心地いい反力とねっとり感
やわあつにして正解でした

s500_IMG_1064.jpg

汁に浸けて食べてみます
汁に半分浸けるぐらいでは物足りない
しっかりどっぷり浸けた方が美味しい 

s500_IMG_1063.jpg

コシが強すぎないやわあつ、いい感じに食べられます
顎も疲れないのでどんどん進んで・・・
特盛にしておいてよかった^^

s500_IMG_1069.jpg

胡椒を入れるのがお勧めと品書きにありましたが、普通に一味を入れてみます
これがまた美味しい
熱い汁とうどんには一味はよくあいますね
”重ね”でもよかったかな^^

s500_IMG_1075.jpg

茹で湯が来ましたので汁を割っていただきます
塩きのこ、美味しい汁でした

 

元祖田舎っぺうどん  (がんそいなかっぺうどん)
048-521-8784
埼玉県熊谷市大字代1061-1
10:00~15:00
定休日 日曜日

boeder-003.gif

最近のお気に入り

s500_IMG_1076.jpg

この時期限定のモンブランサンドがまた気にいっているのです

s500_IMG_1080.jpg

何と栗は二種類、異なった栗のサンドが一枚ずつ

味もクリクリしていて美味しい

これが並んでいる間は買い続けそう^^;

なのでモンブランサンドIN

フルーツサンドOUT

あんこ&ホイップは固定

これは外せません^^

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(98)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

べす物語 フェンダーの傷と水膨れの指先に男涙のブルースを [車とバイク(car and bike)]

べすのリヤキャリアが折れてしまったので交換しないといけません
購入店に問い合わせますが、希望するリフトアップ型のキャリアは製造中止で入手困難だと
そりゃそうです
ベスパのPXのスクーターは製造中止品、この先売れる見込みのない商品を用品メーカーが製造を続ける訳がない
在庫品を彼方此方探すしかないのです
なので入手までに6週間は見て欲しいと
折れたリヤキャリヤを縛り付けてダマシダマシ使っていますが、6週間なんて持ちこたえそうにありません
なのでネットでいろいろ検索することに

s500_DSCN6608.jpg

いろいろ探しまたが、希望するタイプが見つかりません
TOPBOXの蓋とキャリアの支柱が干渉してしまうのばかり
ようやく蓋と支柱が干渉しないものを見つけましたが
色が希望するタイプではないのです
Fバンパーのようにメッキにしたかったのですが、見つけたのは黒
しかし縛り付けたキャリアは今にも崩壊寸前
この先見つかるかどうか解らないメッキ品を求めて更に彷徨う余裕はありません
少し悩んでポチッとな^^ そして黒キャリアが金曜日に到着しました
土曜日は奥さんが仕事でべすを使うので日曜日にリヤキャリアの交換作業です

s500_DSCN6609.jpg

まず折れたリヤキャリアを外します
えっ?右リヤフェンダーを何故外しているかって?
それは・・・・

奥さんがまたやらかしました
以前と同じようにセンタースタンドを落とした時にべすを右側に倒したのです
この日、奥さんの両親が夕刻に我が家に来る事になっていました
奥さんは帰宅予定の三時になっても戻らず
何だか胸騒ぎ・・・・
爺ちゃん婆ちゃんがやってきて暫くすると奥さんも戻りましたが、リビングになかなか来ない
妙だ・・・・(悪い予感)
蒔田に行く時間になりましたので奥さんに出掛けると声をかけ、暫く雑談
特にべすの事は言いません
で出掛けるときにべすを見ると右リヤフェンダーがぁ~><

奥さんを呼んで状況を尋ねます
そして何故言わないんだと

立ちコケミスは4回目、ウィリーでこけたのを入れると5回目。つまり月一回コケています(鈴木代車君を倒した回数含む)
同じパターンのコケが多い
状況を訊くと、言い訳ばかり。そしてひと(もの)のせい
ようは反省が無いのです
なのでミスが教訓にならず、フィードバックが無いので同じことを繰り返してしまう
例えば、センタースタンドを落とした時に右に振られるなと感じたのなら力を左に心持ち寄せてセンタースタンドを落とすとかいろいろ考えればいいのに・・・・
(左に倒れこむ分には自分の腰で支えられますからね)

何度同じことを繰り返すのだろう?学習機能は無いのか?
そのうちに彼女は斜め上の言い訳を

私は何もしていない!べすが勝手に倒れたからべすが悪い

・・・・・・何なんだこいつは 

∑( ̄皿 ̄;;ムカ!!! ∑( ̄皿 ̄;;ムカ!!! ∑( ̄皿 ̄;;ムカ!!!

なんじゃその理由は?オマイがスタンドを落とした時に倒したんだろ?
それに倒した事を言わないのは何故なんだ?

倒れたものは仕方ないでしょ
そう言ったら傷が治るの?

・・・・・何なんだこいつは

∑( ̄皿 ̄;;ムカ!!! ∑( ̄皿 ̄;;ムカ!!! ∑( ̄皿 ̄;;ムカ!!!

ムカムカMAXです
”倒れたもの”って・・・ここまで来ても”倒した”って表現じゃない
これじゃあ反省は無いし、当然手順へのフィードバックも無い
同じ事を月一回、永遠に繰り返すのは確実

これがエンドレスに続くのは我慢できない
奥さんに宣言します
べすを買うときに君が出資した20万円、そっくり返すから好きなのを買うがいい ((( ̄へ ̄井) フンッ

でも奥さんはべすに乗ると言い張ります
折角慣れたのにと
何処が慣れたんじゃ~(怒)

ギャーギャー言い合った末、奥さんは

もし仮に他のを買うのならTOPBOXは貰うからね

ちょっと待て、それは俺が買ったやつだろ

仕事に使う必要があるの、それを買うときに使わせてくれるって言ったじゃん

(そりゃ言ったよ、だってべすに付けっぱなしだし)

このBOX、手切れ金代わりよ!

手切れ金・・・なんて素敵な響きなのだろう
2万円のBOXで全ての手が切れるのならお安いもの・・・なんだけれどね C= (-。- ) フッ
はぁ、まぁBOXはくれてやるか

とは言うものの、正式な検討は奥さんの資格試験の終わる10月末までおあずけ
奥さんの資格試験が終わったら九州へ弾丸ツーする予定でいました(試験が終わるまでは泊りでの解放は無理だと言うので)。でも奥さんに20万円を叩き返すのなら今年の弾丸ツーは諦めるしかありません(11月の第二週で考えていたのに・・・・ TДT )
今秋はA4とZZRの車検がWでありましたので財布が震えているのです

土曜日はこんなやり取りの後に蒔田の演芸会へ

boeder-001.gif

さて、話を日曜日に戻して・・・・

s500_DSCN6610.jpg

で、折れたキャリアのフレームを外そうとしましたがネジが一個どうしても外れず舐めてしまいそう

s500_DSCN6615.jpg

幸いな事に我が家の隣はホームセンター
ネジや工具は直ぐに買いに行かれます(雨の日だって傘が要らないのです)
舐めかけたネジを外すドライバーを購入して無事外しました

s500_DSCN6618.jpg

ポチッとなで入手した黒いキャリアを乗せ位置を合わせてみます
取り付け穴を合わせて・・・・

s500_DSCN6620.jpg

何と、下側の取り付け板のネジ位置が既存の穴とあわない

s500_DSCN6622.jpg

下側の取り付け板を既存のネジ穴に合わせると・・・
上側ではこんなにもずれてしまいます
まぁキャリアのメーカーが違いますから最初から簡単に付け替えられるとは思ってはいません
ではどうするのか
オーソドックス(これが正式)な方法は上部の取り付け穴に合わせ、キャリア下側の取り付け部の穴位置にあわせてべすに穴をあける
またはキャリア下側の取り付け板にべすの既存の穴に合わせて穴をあける
これらは電ドルがあれば手軽にできます
尤もべすに穴をあけたくはないので加工するのはキャリアの方

で、隣へ電ドルを見に行きましたが・・・・意外と高い @@;)
諦めました^^;

s500_DSCN6626.jpg

かわりに買ってきたのはヤスリをサイズ違いで二本
キャリア上部の取り付け用穴(共ジメ用馬鹿穴)をヤスリで長穴にする作戦、そしてシートロックピン用の長穴もさらに長く
板厚2mmの鉄板、それを各穴10mm削ります
この瞬間、右手指先に水膨れができることを覚悟しましたーー;)

s500_DSCN6627.jpg

台風の風と一緒に吹き込む秋の冷たい雨に震えながら頑張って削って
気の遠くなる作業
指が固まるぐらい頑張って何とかフィニッシュ

s500_DSCN6630.jpg

でもキャリアの取り付けを前にずらすのも限界はあります
何故ならばキャリアのフレームとシートが干渉してしまうから

s500_DSCN6629.jpg

キャリアを限界まで前に持って行った時のキャリア下側取り付け部の隙間はこれくらい

s500_DSCN6632.jpg

ほぼ10mmあります

s500_DSCN6638.jpg

正式に締め込み開始
ネジにはワッシャーを追加
やはりあった方が良い気がして

s500_DSCN6643.jpg

ベスとキャリア下側取り付け板の隙間にはナットとワッシャーでゲタ代わり
隣がホームセンターだと便利^^
思い立ったらすぐに入手できますから(何か作業をすると工具箱の工具が必ず増えます^^;)

s500_DSCN6644.jpg

組み込んで・・・・

s500_DSCN6646.jpg

シートとの干渉をチェック、問題なし

s500_DSCN6648.jpg

BOXを取り付けましょう

s500_DSCN6655.jpg

ハンドルを持つスペースを確保できる位置にBOX取り付けベースを固定します

s500_DSCN6659.jpg

BOXを乗せて

s500_DSCN6660.jpg

ハンドルを握るのにも支障なし

s500_DSCN6662.jpg

13時・・・9時に作業を始めたから4時間もかかってしまいました。ヤスリ掛けで指が痛い・・・・><

キャリアの色が黒なのは残念だけど、とりあえず完成^^

s500_DSCN6664.jpg

いや、右フェンダーの作業が残っています
でも寒くて限界
幸いな事にリヤフェンダーは取り外し可能ですから外して部屋の中で作業をすることにしました

boeder-001.gif

さて傷の具合は・・・どうやら幸いなことに凹みは無く塗装の傷と剥離が数か所

s500_DSCN6665.jpg

少し前にフロントフェンダーに傷を付けて塗装が剥離
先週、それをパテで埋めて硬化するのを待っていました
この日曜日にヤスリ掛けとペイントをしようとした矢先でした
傷を埋めたらご丁寧に新しい傷を付けて帰ってくる
傷好きなのか?傷が無いと気が済まないのか?
ひょっとしたら犬のマーキングと同じ類のものなのか???

s500_DSCN6666.jpg

実はサイドを立ちごけ傷から守るアイテムを導入すべきがずっと悩んでいます

s500_DSCN6667.jpg 

サイドバンパーが商品化されてはいるのですが
問題は取り付け
べすに穴をあけないといけないのです
でもそれだけが理由ではなく、ショップからサイドバンパーのリスク説明を聞いたから

s500_DSCN6668.jpg 

確かに立ちごけ程度であれば傷を回避できる場合も多い(100%ではない)のですが
クラッシュした場合(奥さんが最初にやらかした程度のクラッシュでも)、バンパー取り付け部に負荷が集中してしまい、モノコックが歪んでしまうそう
そうなったら修理不可能で廃車だと
バンパーが無いとフェンダーは凹むが、フェンダーは外せる部品、モノコックの一部ではありません
つまり板金修理で治るものだからサイドバンパーはお勧めしないと
サイドバンパー?あれは恰好だけだよ! とバッサリ^^;

で、悩んだまま今に至り、奥さんもベスに慣れたから必要ないかな・・・って思った矢先にこの事態

どうしたらいいんだぁ~>< ←魂の叫び

s500_DSCN6669.jpg

この間Fフェンダーの傷を埋めるのに使ったパテを取り出して

s500_DSCN6670.jpg

傷を埋めてゆきます

s500_DSCN6674.jpg

一晩放置して乾いたら表面にオーブンシートを挟んで上からテーピング
傷の保護です
一週間後にペーパーヤスリで表面を滑らかに整えて塗装
でも問題は・・・・・
べすの白ってどんな白を使えば良いのかな
それが解らない・・・><

夕刻、台風を心配しましたがまだそれほど風雨は強くありません。東横、南武線、小田急を乗り継いで多摩センターに向かいました(前記事参照)

boeder-003.gif

精神的に参った時は甘いもの

実はくりくりパウンドケーキを作ろうと、下ごしらえで栗の甘露煮と栗プードル(?)を作りました

でもべすの作業が予想以上に時間がかかってしまい製作は中断

次の休みにリベンジ予定

s500_DSCN6524.jpg

甘いものといば最近のお気に入りはこれ、クロワッサンドーナツ

s500_DSCN6528.jpg

昼ごはんにいただきます^^

濃いめに煎れた紅茶と一緒に

s500_DSCN6529.jpgs500_DSCN6537.jpg

メープル&エンゼルホイップ・・・・メープルの香ばしさがたまらない。上の娘のイチオシ

s500_DSCN6530.jpgs500_DSCN6536.jpg

ホワイトチョコ&キャラメルホイップ・・・・一番存在感が無い気がする

s500_DSCN6532.jpgs500_DSCN6538.jpg

安定して美味しいのはチョコ系、チョコ&カスタードホイップ

s500_DSCN6533.jpgs500_DSCN6541.jpg

ちょっと・・・いや、凄く期待外れなクラッシュマロンホイップ。マロンを感じない~

s500_DSCN6534.jpgs500_DSCN6540.jpg

アップル&カスタードホイップ、もっとシナモンが効いていたらいいな。でも下の娘のお気に入り

s500_DSCN6535.jpgs500_DSCN6539.jpg

自分の一番のお気に入りはこれ、チェリー&クリームチーズホイップ。酸味と甘みのバランスが好み^^  

m_emoji-1.gif


nice!(114)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

イタリアンなオフ会 サプライズを仕掛けたつもりが・・・・ 多摩センター LA PALA [日常のなかで(Diary)]

土曜日の蒸し暑さが嘘のように冷たい雨の日曜日

冷たい雨を眺めながらマンションの駐輪場でべすのリヤキャリアの交換作業

台風が近づいているせいなのか時折強い風

冷たい雨混じりの風が駐輪場に吹きこみます

クシャミが連続三回

風邪かな・・・・

キャリア付け替えに四時間もかかってしまいました

体が冷えたようです

土曜日の夕刻は多摩センターにお出かけ

今日は前記事にあったムカムカの理由を記事にする予定でしたが

それは次回

先にこちらの記事を掲載

鮮度が重要な記事は優先アップです

そうしないと出遅れてしまいますから

s500_DSCN6687.jpg

駅員3さんからオフ会のお誘い

しかもサプライズを仕掛けるという企画付き

これは面白い

s500_DSCN6690.jpg

その会場は多摩センターのLAPALA

s500_DSCN6693.jpg

皆さん集まって、乾杯!

上げたグラスはそのままホールド

撮影が終わるまで皆一時停止です

片手でグラス、片手でカメラはブロガーのお約束

みんな撮った?

その確認を終えたら再生ボタンが再び押されます^^;

s500_DSCN6704.jpg

このオフ会は二部構成

昼間の部と夜の部

昼間は煉瓦の探求、煉瓦造りの建築物を楽しみます

そして夜の部はイタリアン

しかもサプライズ付きなのです

昼間はバイクを車検に持っていく予定があったのと(雨の予報で土曜日に持って行きましたが)

べすのキャリアの交換作業をしないといけなかったので夜の部だけの参加にしました

昼の部も面白そうだったのに・・・><

s500_DSCN6698.jpg

まずは前菜から、説明してくれますが・・・・覚えられません^^;

だって名前に馴染みがないから(汗)

s500_DSCN6701.jpg

ですから画像から味を想像してくださいね

茄子、美味しかったなぁ

やはり秋茄子は美味しい^^

s500_DSCN6703.jpg

自分は最初から赤ワイン

どれも赤ワインが進む味でペースが速くなります

強くないけれど日本酒とワインは飲めるから不思議

s500_DSCN6705.jpg

パンが美味しかったです

このパン、ピザの生地をそのまま食パンの型に入れて焼いたもの

パンのミミが凄く香ばしくて美味しいです

この味、チーズを乗せたいな

あっ、ピザトーストにしたら美味しいかも

・・・・・・・

よく考えたらこのパンはピザの生地でした(笑)

チーズがあうのは当たりまえ^^;

s500_DSCN6707.jpg

このサラダの野菜たちは全て多摩産だそうです

人参が甘くて凄く美味しかった

s500_DSCN6715.jpg

何時ものように食べるよりおしゃべり

ブロガーの飲み会ってなぜこうなるのかな

話したいことがいっぱい

s500_DSCN6712.jpg

話したいことというより訊きたいことがいっぱい

読んでいる記事の裏側の話を聞くのが面白い

s500_DSCN6716.jpg

季節のピザは栗とソーセージ

ほこほこ栗が美味しいです

でも栗が落ちないように食べるのは一苦労

s500_DSCN6717.jpg

ゴルゴンのピザ

これは凄く好みのピザ

赤ワインがどんどん減ってゆきます

すいません、もう一本!

s500_DSCN6718.jpg

そして定番のマルゲリータ

落ち着く味

s500_DSCN6726.jpg

オーナーの登場^^

s500_DSCN6719.jpg

パスタも食べて既に満腹

このあとデザートもあるのに・・・・

パンのおかわりは失敗だったかぁ~><

でもあのパン、ワインがすすんだなぁ

s500_DSCN6724.jpg

美味しい料理と

楽しいおしゃべり

楽しい時間が過ぎるのは早い

そして楽しみのデザート

s500_DSCN6729.jpg

今日のサププライスはこれ

boeder-003.gif

s500_DSCN6740.jpg

いきなり誕生日をお祝いしよう

驚くだろうなぁ

そんな目的

一体誰の誕生日なのか?って

それは・・・・・・

s500_DSCN6744.jpg

ちょいのりさん

でもちょいのりさんは

風邪で欠席

こっちが驚きました

サプライズを仕掛けるつもりが

逆にサプライズにはめられた^^;

s500_DSCN6746.jpg

なのでケーキの画像とお祝いの様子を送信

s500_DSCN6741.jpg

 こちらは誕生日仕様ではないプレート

しっかり固いプリンが濃厚で美味しかった

駅員3さん、NO14Ruggermanさん、風来鶏さん、YUTAじいさん、genさん、Falconさん
kiyoさん、kinkinさん、まこさん、空のRayさんお疲れ様でした

ちょいのりさん、お誕生日おめでとうございます。
風邪早く治してねー、お大事に

La Pala (ラ・パーラ)
042-339-7888
東京都多摩市山王下1-13-6 マンションサザンヒル 1F
[月~金]11:30~14:00(L.O)&17:00~22:00(L.O21:00)
[土・日・祝]11:30~15:00(L.O)&17:00~22:00(L.O21:00)
定休日 木曜日

 

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(99)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蒔田で落語を楽しむ [日常のなかで(Diary)]

台風の影響なのか
秋だというのに妙に蒸し暑い土曜日の午後
やってきたのは横浜蒔田

s500mc_DSCN6557.jpg

よーちゃんさんの案内で蒔田演芸会にやってきました
この日のとりはよーちゃんさん
30分のネタをかけるそうです
出し物は”はてなの茶碗”
じつはこの”はてなの茶碗”は知りませんでした(聴いたことがあるかもしれませんが記憶にない・・・)
なので金曜日の夜に予習
youtubeで検索して桂米朝と桂枝雀の”はてなの茶碗”を聴きました
さぁ、これで予習は完璧
しっかり楽しめます

s500mc_DSCN6558.jpg

階段踊り場にあった今日の案内と

s500mc_DSCN6559.jpg

会場入り口の演者リストとは何故か一致せず。急な変更かな

s500mc_DSCN6560.jpg

17時開演です。会場には見覚えのある曽根風呂ブロガーさん、koh925さんご夫婦、空のRayさん、そして初めましてのhana-tanさん。そして遅れてまこさんとkinkinさんも^^

s250_DSCN6561.jpgs250_DSCN6562.jpg

自分は此処に来るのは三回目、流石に顔と声は覚えました

s250_DSCN6563.jpgs250_DSCN6564.jpg

桃太郎の新解釈を楽しみながら聴いて

s250_DSCN6565.jpgs250_DSCN6567.jpg

太鼓持ちと旦那の駆け引きを楽しんだり

s250_DSCN6568.jpgs250_DSCN6570.jpg

好きな噺の宿屋の仇討で思いっきり笑ったら中入り、後半は上品な奥さんを嫁にもらった八五郎さんの話を聴きながら自分も上品な相手が良かったなぁ・・・・と溜息(出掛けにバトルがありまして^^;)

s500mc_DSCN6576.jpg

後半トリはよーちゃんさん
猫の羽織が素敵です^^
何時もながら素晴らしい話術
聴いてる自分も予習の成果でしっかり楽しめました^^

s500mc_DSCN6577.jpg

楽しんだ後は、打ち上げに行くことに

boeder-001.gif

曽根風呂のブロガー御一行+よーちゃんさんのお仕事繋がりの課長部長さんと打ち上げです

s500mc_DSCN6578.jpg

やってきたのは中華

s500mc_DSCN6584.jpg

お疲れ様でしたー

s250_DSCN6586.jpgs250_DSCN6588.jpg

打ち上げでも話が尽きません、次から次へと話題が沸いてきます

s250_DSCN6589.jpgs250_DSCN6591.jpg

毎日読んでいますからね、記事の裏側の話が面白い

s250_DSCN6593.jpgs250_DSCN6590.jpg

食べるのも忘れて話に夢中、でも撮るのを忘れないのはブロガーの性^^;

s500mc_DSCN6598.jpg

これ、美味しかったなぁ・・・辛いのが苦手のさる1号ですが、後を引く辛さで白飯が欲しくなりました

s500mc_DSCN6587.jpg

生ビールを二つ追加、きたジョッキは・・・・片方はキンキンに冷えたジョッキなのに、もう片方は冷えていないジョッキ・・・・何故? 

s250_DSCN6595.jpgs250_DSCN6597.jpg

何を話していたのだろう・・・よく覚えていませんが、楽しかった事だけは覚えています

s250_DSCN6599.jpgs250_DSCN6603.jpg

笑い過ぎとしゃべり過ぎで顎と頬肉が張っています(日頃、しゃべらないんだなぁ・・・)

s250_DSCN6604.jpgs250_DSCN6607.jpg

紹興酒もいっぱいいただいてホンワカ気持ちいい

boeder-001.gif

さぁて、宴も終わったから帰らないとな

でも出掛けの一件を思い出すとムカムカ

帰りたくないな

ムカムカの原因?

それはまた今度

m_emoji-1.gif


nice!(111)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の体調を確認する蕎麦 佐久の蕎麦 佐久の草笛 [信州の蕎麦]

最近、夕飯の後の睡魔が凄いです
かなり体が疲れている感じ
以前はここまで疲れる事はありませんでした
どうも元気が出ない・・・歳なのかな

s500_DSCN6306.jpg

この日は佐久に出張
折角の信州ですから蕎麦を食べたい
何処に行こうか・・・
ふと頭に浮かんだのは佐久平の草笛
最近のイマイチな調子に自分の体調をチェックしたくなったのです

この店の大盛りは半端ないです
元気が無いと食べられません
フィニッシュできれば体調に問題は無く元気いっぱい
遭難するのであれば体調はかなり低空飛行、対策を考えないといけません
前回の訪問は一杯目ブログの時代ですから震災以前、つまり三年以上前のこと。随分来ていなかったんだなぁ^^;

前回の訪問の記事は→ここ

その前回の訪問記事は再訪問の記事
最初に草笛を記事にしたのはブログを初めてすぐのことでした
四記事目に登場しています
始めたばかりのブログ、訪問者数も少なくてNICEもゼロが続いていた頃のこと

ブログを初めた頃の訪問記事(第4話目)は→ここ

 

boeder-001.gif 

さぁ、入店

s500_DSCN6311.jpg

内装は何も変わっていません。昔のまま

s500_DSCN6310.jpg

お茶は緑茶、残念ながら以前と一緒
蕎麦茶にしてくれるといいのに・・・

s500_DSCN6307.jpg

品書きを確認します
背表紙が破れたのかガムテープでとめてあるのが一寸貧乏臭い
何時も気になる雷電蕎麦、しかも辛口と甘口があって・・・一体どんな蕎麦なのだろう
おや、値段があがっていますね
以前はセイロは580円で大盛りにすると500円増し
つまり富士山のような大盛りでも1080円とCPに優れた店だったのです
それが大盛りで1220円になってしまいましたーー;)

s500_DSCN6308.jpg

この店の普通盛りは他店の大盛りより多いそう
なので小盛の設定があります
大盛りの前には中盛

オーダーを告げます

”大盛り”

それを聞いた店の人は

”ウチの大盛りは御存じですよね?”

と、念を押します

”ええ、過去5回食べていますから”

s500_DSCN6313.jpg

大盛りの登場
おや、器が変わっています
以前は桶に入っていたのですが、鉢に変わったようです
隣の席で食していた方のオーダーは中盛り
その中盛りは昔と一緒の桶でした
(昔は桶の高さツライチが中盛り、桶からさらに富士山状態なのが大盛りでした)

大盛り蕎麦は1kgあるそうで、蕎麦汁は二本付いてきます
この画像の蕎麦は二人前ではありません
一人分なのです^^

s500_DSCN6314.jpg

蕎麦は三七、二八よりさらに喉越し重視の蕎麦
断面はスクエアな細打
この蕎麦は喉越しにものを言わせて一気に食べるのがコツ

s500_DSCN6318.jpg

まず蕎麦のみで食べてみます
しっかりしたコシで噛み応えも気持ちいい
唇の滑りも申し分なし
闘う条件は整いました
三七ですが意外と蕎麦の香りがあります
流石信州

s500_DSCN6317.jpg

次に汁の確認
甘さが先に来るタイプ
以前より濃くなった気がしますが、自分の嗜好が変わっただけかもしれません
旨みも以前よりも感じる

s500_DSCN6319.jpg

ベルトを緩めて深呼吸、集中します
臍に力を込めて深呼吸を三度
コンセントレーションをキープ
呼吸が指先の感覚にシンクロした瞬間、箸を蕎麦へ向けます
戦闘開始!
蕎麦を汁に浸け啜ります
味わうのではなくひたすら無心に啜り続けて
口の中の蕎麦の香りが消える前に次の蕎麦、どんどん送り続けないと追いつきません

s500_DSCN6322.jpg

薬味は葱に山葵、大根おろしと生姜
葱のカットや山葵に見るものはありません
大根おろしも普通の大根ですから魅力は無い
蕎麦に生姜ってあうのかな
ちょっと疑問

この大盛りを食べる時は間違っても薬味を入れてはいけません
入れない方が食べやすい
入れると薬味の味ばかりが前に出て、それゆえ味に飽きてしまうのです
飽きたら遭難のリスクが高まります

s500_DSCN6320.jpg

雑念などを入れたらフィニッシュが難しくなります
無心に、ただ無心に蕎麦を手繰ります
いつの間にか1本目の蕎麦汁は空になり、2本目に突入
決して楽な闘いではないです
遭難しないよう細心の注意でペースをキープ
ペースの崩れは遭難の予感

s500_DSCN6323.jpg

あと少し、ラストスパート
箸が重く感じてきました^^;

s500_DSCN6324.jpg

そしてフィニッシュ、登頂成功^^
どうやら自分は3年前と遜色ないぐらい元気なようです^^

s500_DSCN6326.jpg

甘めの汁を蕎麦湯で割って美味しくいただきました
尤も腹が重くて蕎麦湯を全部飲めませんでしたが^^;

佐久の草笛
0267-66-3939
長野県佐久市佐久平駅東21-3
11:00~15:00 & 17:00~20:00

s500_DSCN6328.jpg

重い腹をさすりながら浅間山を眺め休憩、そういえば浅間山も火山なんだなぁ・・・・
午後の仕事の辛かった事(笑)

s500mc_IMG_0996.jpg

仕事を終えてHOTELにチェックイン、泊りだから夜は時間がたっぷり
なので佐久IC近くののシアターに行きました
るろうに剣心の続き(伝説の最期)を観ないとね^^

・・・・・・・・・

この終わり方は趣味じゃないなぁ、もっとハードボイルドに男の美学が感じられる方がいいな

 

m_emoji-1.gif


nice!(110)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理