So-net無料ブログ作成

帰省後半は・・・・ギックリと [日常のなかで(Diary)]

帰省シリーズ、前記事からの続きです

墓参りのミッションをコンプリートして帰路
R19を西に向かうと和菓子屋さんの建物が左手にあります
そういえば婆さんは往路でこの店を見た時に覚えておいてくれと言っていたな

s500_IMG_2657.jpg

と、思い出してPINした店は”すや”
でも今は8月、栗きんとんの季節じゃなありません
何を買うつもり?と疑問に思ったら・・・

s500_IMG_2690.jpg

すやの茶店、甘味処 榧 に来たかったようです
甘党の自分、甘味処に行きたいと言われるのは渡りに船
しっかり乗りましょう^^

s500_IMG_2687.jpg

店内はオープン状態で外気そのまま
涼しくは無いですが、風を感じ、暑くもありません
エアコンよりこの方が体に良さそう

s500_IMG_2688.jpg

平日の夕刻ですから貸切状態
何処でも好きな場所にと言われ、陣取った場所は・・・

s500_IMG_2667.jpg

庭を眺められる席
室内よりこっちの方が気持ちいいからね

s500_IMG_2669.jpg

時折響く風鈴の音が心地いい
その澄み、透き通るような美しい色音は高岡の能作の真鍮の風鈴だね
この高岡の風鈴、ウチのベランダにもぶら下がっています^^

s500_IMG_2664.jpg

さて、品書きをチェック
季節限定の水まんじゅうは魅力的だけれど、味が固定されるのはどうもね(梅餡が引っかかって^^;) 

s500_IMG_2665.jpg

抹茶あずきが美味しそう^^
これも限定だし
この”抹茶あずき”か”あんみつ”、どっちにしようかと迷っていると、下の娘が”この抹茶あずきがいいな”と
う~ん、同じのだとつまらないから”あんみつ”にしようかと思った瞬間、上の娘が”この中では絶対あんみつ”と宣言
やられた、先を越された><

s500_IMG_2666.jpg

ならばオーソドックスに”ぜんざい”がいいかな
あんこを食してみればその和菓子屋の総合的な腕が解るとか
ならば和菓子屋の甘味処ではぜんざいを食べてみればいいのです
でもアツアツなぜんざいは美味しいけれど今は夏、冷やしにしておきましょう

婆さんは季節限定の氷菓
量が少ない宇治金時のかき氷のようなサンプル写真に自分は特に興味は持たなかったのですが・・・

s500_IMG_2675.jpg

下の娘の抹茶あずき
これは美味しそうだ^^
何故か野沢菜が付きます
お汁粉の塩こぶのような感じかな

s500_IMG_2676.jpg

抹茶寒天の上にふっくら炊き上げた小豆
あああ、これ、いいなー
羨ましげに見ていたら一口くれました
そんなに欲しそうだった?

s500_IMG_2679.jpg

上の娘のあんみつ
蜜は白なんだ
餡子や寒天自体を味わう為に白蜜なのかな
黒蜜は美味しいけれど蜜の味が強くて他の味を隠してしまう事もあるから

s500_IMG_2677.jpg

これも美味しそう^^
寒天は好き
そういえばこの夏は寒天の菓子を作っていない気が・・・
今からでも作ろうかな

s500_IMG_2681.jpg

婆さんの頼んだ氷菓
量の少ない宇治金時のかき氷かと思いましたが
氷が違っていました

s500_IMG_2682.jpg

軽めのジェラートのような食感、甘くミルキーな氷
濃厚な抹茶と小豆
婆さんの想像以上に美味しかったらしく、皆に分配
美味しかったです

s500_IMG_2683.jpg

自分の冷やしぜんざい
見た目は一番地味^^;
でも涼しげ

s500_IMG_2686.jpg

ふっくらと炊き上げた小豆にバランスのいい甘味
美味しい、でも・・・もっと欲しいな
丼のような大きさの器で食べたい^^;

栗の季節には”山栗しるこ”や”栗白玉”が食べられます
汁粉の中に栗が入っているタイプじゃなくて汁粉そのものが栗、栗のみでつくる汁粉なのです
食べてみたいけれど、それだけの為に横浜から来るのもなぁ

すや 西木 甘味処 榧
0573-65-1718
岐阜県中津川市中津川1296-1
8:00~20:00
併設の甘味処「榧(かや)」は、10:00〜18:00
定休日 木曜日

boeder-001.gif

可児に戻ったらそのまま晩御飯
婆さんや上の娘は肉、ステーキを食べたがっていましたが
自分は何故か気分が乗りません(この時既に具合が悪かったのかな?)

s500_IMG_2704.jpg

なのでお鮨
でもリーズナブルに廻るのにしました
思いっきり食べたいから^^

s500_IMG_2691.jpg

さて、どれから頼みましょう
穴子好きの下の娘、穴子が無いと怒りモード
言われてみれば確かに穴子が見当たりません
鰻はあるのですが

s500_IMG_2692.jpg

最近の廻る鮨屋さん、廻っていないですよね
レーンはガラガラ
廻っているのを取る人より、オーダーする人の方が多いのでしょうね
でも娘たちはそれが苦手みたい
オーダーで声をかけるタイミングが難しいそう
端末を使ってオーダーし、高速レーンに乗って皿が運ばれる店ばかりに行っていたらそうなっちゃうのかな
う~ん、偶には廻らない店に連れて行かなきゃね^^;

s500_IMG_2693.jpgs500_IMG_2694.jpg

まぐろ三貫盛りと白身の三貫盛り

s500_IMG_2698.jpgs500_IMG_2699.jpg

貝の三貫盛りと炙りトロの三貫盛り

s500_IMG_2697.jpgs500_IMG_2700.jpg

鮎とイワシ、鮎がメチャ美味しい

両方とも骨が煎餅になって一緒に乗っています

この骨煎餅も美味しい

でも・・・

鮎の尾根煎餅は凄く美味しいけれど鰯の骨煎餅はね・・・

鰯だけで食べたら美味しいかもしれないけれど、鮎を食べた後に食べると味のエグさが気になって・・・、味が下品に感じます

s500_IMG_2695.jpgs500_IMG_2701.jpg

ほうぼう と 穴子が無いから鰻、鰻は地焼のこの地域ですが、寿司の鰻は蒸してありました

s500_IMG_2702.jpgs500_IMG_2703.jpg

茶碗蒸し、そして〆は必ず厚焼き玉子、玉子焼きは大好物なので^^

魚錠 可児店 (ウオジョウ)
0574-60-5001
岐阜県可児市坂戸字前田600-1
11:30-21:30(LO21:00)

ガッツリ食べてしっかり満腹
婆さんちに戻ります
この寿司屋さん、バリやフリーで入口がスロープなのはいいけれど
この坂が怖いと婆さん
支えながら歩いていたら腰がピリッと
ヤバい!

しかし、階段だとフルバリアで歩けない
バリアフリーでスロープだと坂が怖くて歩けない
どっちにしても歩けない
フルフラットじゃないとダメって事?これは大変だ

腰にかなりの違和感がありますが、我慢しながら運転
だって他に誰も運転免許を持っていないですから
上の娘にはやく免許をとらせなきゃ・・・

婆さんちに戻ったら、車から玄関まで支えないといけません
これがダメ押し
家の中に入った途端動けなくなりました
何とか布団の上に寝転がって安静に
夏休みの後半を布団の中で過ごすことが確定(涙

boeder-001.gif

そして帰る日
もっと安静にしていたいのですが下の娘は学校に行かないといけません
彼女の通う高校は夏休みがちょっと短いのです

荷物の積み込みは娘たちに任せ、ゆっくり車まで歩き乗り込みます
幸いなことに自分の車のシートは腰が楽
形状なのか硬さなのか、腰に負担が少ないのです
負担が少ないと言っても痛いものは痛い
不思議なのですが、腰が痛いとアクセルが踏めません
100㎞/h制限の道を、気付くと80㎞/hで走行していたりして^^;
遅い車を見つけると喜んで後ろに付き、のんびり走ります

s500_IMG_7270.jpg

岡崎のSAで昼ごはん
ちょっと早いですが混む前に済ませます
ここは名古屋メシで攻めましょう
味噌好きな下の娘は味噌カツが気になるようで矢場とん

s500_IMG_7272.jpg

みそカツ丼にしたようです

s500_IMG_7273.jpg

味噌が染みたご飯がまた美味しい^^

s500_IMG_7056.jpg

自分と上の娘はこっち、名古屋コーチン狙いで

s500_IMG_7271.jpg

名古屋コーチンの親子丼にしました
手羽揚げ付きで

s500_IMG_7275.jpg

しっかり色の濃い親子丼
手羽揚げが二本
鶏つくねの入ったスープ付き

s500_IMG_7276.jpg

手羽、美味しいね
食べ辛いけれど^^;

s500_IMG_7277.jpg

親子丼は・・・味が凄く濃い
折角の名古屋コーチンの味が解らないぐらい濃いのです
肉の味が解らなくなる程濃いという事は当然のことながら玉子の味も解らないということ
玉子の繊細で優しい旨味が全く味わえません
凄く残念な味でした
ここまで味を濃くしなくたっていいのにね
京都で食べた親子丼は凄く美味しかったなぁ
あれくらいの味の濃さだと玉子の味が良く解るのにーー;)

boeder-003.gif

仕事で来なかった奥さんへのお土産

s500_IMG_7349.jpg

名古屋人の遺伝子を持つ奥さんの好物は小倉トースト
なので小倉トーストサブレ
それに自分の好きな松浦軒本店のカステーラ
江戸時代に長崎より伝わったポルトガル伝来のカステーラの製法を7代に渡り守り続けている味
普通のカステラに比べ甘さは軽く、しっとり感はありませんが素朴な味が落ち着きます

s500_IMG_7352.jpg

小倉トーストサブレはデカイカントリーマームって感じでした^^;

boeder-001.gif

月曜日から出張で仙台に来ています
今日は台風10号が直撃し昼頃から雨、最大350㎜の雨が降る可能性もあるとの情報で、午前中に仕事は切りあげHOTELに避難
夕方に直撃の予想ですからコンビニで食糧を調達しました
昼ごはんはサンドイッチに泡の飲み物、HOTELの部屋でいただきます
昼間に飲む泡の飲み物って何故こうも美味しいのでしょう

夕飯用には甘いパン
最近お気に入りの甘いパンはこれ
ローソンのモンブランサンド

s500_IMG_7354.jpg

二種類の渋皮入りマロンペースト
粒粒の栗が入ったペーストとラム酒が入ったペースト
あまりに買うのでスヌーピーのシールが溜まる溜まる
スヌーピーのお皿、二枚目をGET^^

s500_IMG_7355.jpg

で、台風ですが・・・
夕方上陸との予想で待ち構えていたのですが
夕方には雨もやみ青空も出ていました
これなら仕事を午前中で終わらせる必要は無かったかなーー)

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(122)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

墓参りと木曽路散歩 馬篭宿と妻籠宿  [日常のなかで(Diary)]

岐阜県には喫茶店が多いそうで、利用額は全国一だそう
朝は喫茶店のモーニングサービスを利用する人が多いのです
朝の時間帯にコーヒーをオーダーすると、価格はそのままで珈琲にトーストと茹で卵が付いてくるのです

子供の頃は超甘党の伯父さんによく連れて行ってもらいました
この伯父さん、バターをたっぷり塗ったトーストがやってくると、テーブルにセットされているシュガーポットを開け、トーストの上にグラニュー糖を山に乗せていました
乗せる、そう塗るレベルではなかったのです^^;
おかげで自分もバタートーストにはデフォでグラニュー糖、すっかり甘味に強い体になってしまいました(笑

モーニングも時代と進化し、いろいろなものが付いてくる店も多いようです
自分はこの地方に居た頃はデフォなモーニングサービスな店ばかりでしたので今のモーニングサービスはよく知りませんが
茶碗蒸しとか、珈琲にあわないだろう???って思うようなものが付いてきたり
終日モーニングサービスを謳う、それってモーニングじゃないだろ???って突っ込みたくなるような店もあるとか

それ程までにモーニングサービスが好きなお土地柄
婆さんも行きたいようですが足が・・・ね
ならば連れて行きましょう、朝ごはんはモーニングサービスに決定^^
何処に行くか、飲み物の値段そのままでサービス品が付く店と、飲み物の値段+αが必要な店とあります
+αが必要な店でもセット価格なので総額は知れたもの
今回行く店は後者の方にしました
その店のパンが美味しかったから

s500_IMG_7121.jpg

このお店はフルバリア^^;
婆さん支えて歩くのは超大変
こっ、腰がぁ~><

s500_IMG_7123.jpg

パン屋さんでもあるのが選んだ理由

s500_IMG_7124.jpg

店内は三つに分かれ、この写真で写る部分と同じ広さが他に二か所あって結構広いお店
しかしこれらの席に灰皿があります
ああ、そうだった
前来た時も煙草の煙が漂ってきて不快に思ったんだ・・・--;)
禁煙席は無いのかと訊くと出来たそう

s500_IMG_7126.jpg

でも禁煙席はこの2卓のみしかありません
この小部屋、前回来たときはパン売り場だった場所
じゃぁパン売り場は何処?

s500_IMG_7129.jpg

モーニングセットの品書きを確認
自分はFセット、フレンチトーストが好きなんだよね
チーズ好きの下の娘はIセット

s500_IMG_7128.jpg

ちぎりパン、これが美味しいのです
でも量が一寸ね^^;
前回下の娘がちぎりパンセットを頼み、結局遭難してしまい救助に走った記憶があるのです

救助活動で味わったちぎりパン
結構美味しくてお気に入り
それで今回、自分は本当はちぎりパンが食べたくて此処を選んだのです
しかも前回は無かったハニートーストなるものが増えているし
ハニーにアイス、最高じゃん^^

頼む気満々でしたが、何と婆さんと上の娘がちぎりパンハニートーストをチョイス
おい、これって一斤だぜ、大丈夫か???
特に婆さん、82歳で朝ごはんにパン一斤かい@@;)
大丈夫かなぁ・・・・遭難しないかなぁ
心配なので救援活動に支障が出ないように自分はオーダーを諦めました

s500_IMG_7131.jpg

Fセットの到着

s500_IMG_7132.jpg

パンがかなり厚いのですが・・・・

s500_IMG_7140.jpg

ライトなフレンチトースト
中まで液が染みこんでいません
液にパンを軽く浸して焼いたタイプ
うううう、自分の期待する柔らかさじゃない
フレンチトーストは液にしっかり浸け込んで十分に染みこませてから焼かないとふわふわで柔らかなフレンチトーストになりません
フレンチトーストはふわふわぽたぽたが好き
(パン屋さんではそんなフワフワなのは売れないけれどね、持ち帰ったらぐちゃぐちゃだし^^;)

s500_IMG_7133.jpg

下の娘のエッグチーズトーストセット

s500_IMG_7134.jpg

これまたしっかりした厚み

s500_IMG_7136.jpg

そして上の娘のちぎりパンハニートーストセット、たっぷりハニーとアイスが美味しそう

s500_IMG_7137.jpg

遭難するかなと半分期待していたのですが。。。見事完食

s500_IMG_7138.jpg

その歳でこんなの食べて大丈夫かって婆さんに訊くと
体を考えてちゃんとトマトジュースにしている
と、婆さん
イヤ、そこじゃなくて・・・・ーー;)う~ん

こっちも完食していました@@;)

メリーランド
0574-25-5755
岐阜県可児市今渡901
[モーニング] 08:00~11:30 ※土日 8:30~11:30
[ランチ] 11:30~13:30 ※土日 ランチはお休み
定休日 火曜日

boeder-001.gif

再びフルバリアな店内を歩き車に乗り込みます
”お婆ちゃんは二か所行きたいところがあるそうだからちゃんと連れて行ってあげるように”
出掛けに奥さんから指令が出ていました
そういえば二か所って何処だろう?墓参りかな?じゃあもう一か所は?
”婆さん、行きたいところ二か所って何処?”
尋ねると、もう済んだという答え

s500_IMG_7142.jpg

済んだって???
改めて訊くと、鰻屋とモーニングだったらしい
う~ん、何処までも食べる事優先な婆さんだ
昔は羊羹一本食いやロースハム一本食いが好きだっただけの事はあるぜ

s500_IMG_7147.jpg

今回の帰省は短期間
二か所行きたいところがあると聞いていましたから、それで予定はいっぱいになってしまうだろうと何も遊びの予定は考えていません
今から調べるのもねぇ
まぁいいか、墓参りに連れて行ってやろう
一緒じゃないと行かれないだろうし

s500_IMG_7150.jpg

いい機会だから墓参りしとく?
近辺で観光すればいいし
提案すると即決、行くことに
でも遊ぶ場所は・・・何処がいい?
娘たちに尋ねます

s500_IMG_7156.jpg

何処があるの?
その問いに思いつくまま候補をあげてゆきます
その中で上の娘が反応したのは馬籠の名
”島崎藤村の馬籠?行ってみたいな”

s500_IMG_7161mc.jpg

ほう、あ奴から藤村の名を聞くとはな
そんな時代の本を読んでいるようには見えなかったが・・・
現代の流行モノばかりが机に乗っていましたから意外でした
ちゃんと読んでいるものなんだな

s500_IMG_7163mc.jpg

藤村、好きなの?

好きじゃないけれど、教科書に出ていた名前だったから^^;
教科書以外で読んだことないし

s500_IMG_7168mc.jpg

なんだ・・・・まっ、そうかもね
ウチに居ても、ずっとスマホかPCと睨めっこ
本を読む時間も無さそうだからね
自分が彼女の歳の頃はウチに居る時は殆どの時間を本を読む事に費やしていました
TVを見る習慣は無いし、スマホやPCも無いし
家の中じゃ本を読むぐらいしかやる事がない^^;

s500_IMG_7173.jpg

そのまま馬籠に向おうとすると、一旦婆ちゃんちに戻って欲しいと上の娘
準備があるそうで・・・・
戻り、車の中で待ちますが、上の娘はなかなか戻ってこない
下の娘を偵察に向かわせると・・・
ねぇちゃん顔作ってるから当分戻らないよ

s500_IMG_7174mc.jpg

ようやく戻ってきたら出発
まずは馬籠に向かいます

s500_IMG_7183mc.jpg

木曾路はすべて山の中である
あるところは岨づたいに行く崖の道であり
あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり
あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である
一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた
東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた

s500_IMG_7209.jpg

馬籠は木曾十一宿の一つで、この長い谿谷の尽きたところにある
西よりする木曾路の最初の入り口にあたる

s500_IMG_7207.jpg

と夜明け前に記されるように馬籠宿は山間の宿場町
石段や坂のある美しい風景が続いています

s500_IMG_7214mc.jpg

高校生の頃からカメラをイジリだして、週末はカメラを持って彼方此方歩きました
その時一番多く通ったのが此処、馬籠 

s500_IMG_7229mc.jpg

馬籠でまず五平餅で腹ごしらえ
馬籠を撮ったら妻籠まで歩き、そして蕎麦を手繰る
当時から蕎麦好きだったのです^^;
妻籠を撮った後は馬籠まで歩くのがデフォ
結構いい運動になりました 

s500_IMG_7225mc.jpg

馬籠に来ることになるのだったらデジイチを持ってくればよかった・・・--;)
デジイチが無いのがちょっと悔しい
でも無いものは仕方ありません
食べ物ブログ用のコンデジで撮ってみます

s500_IMG_7195.jpg

五平餅はワラジ型のよりも団子型のほうが好き
懐かしさに発作的に購入^^;

s500_IMG_7198.jpg

上の娘は栗きんとんソフト
栗の風味が薄くて残念だったらしい

s500_IMG_7201.jpg

五平餅は一本150円
団子が三つ刺さって150円
この団子一個で50円・・・・ちょっと高すぎない?

s500_IMG_7230.jpg

足の悪い婆さんは流石に急坂の石畳は歩けません
見晴らしのいい場所でベンチに座って待っていてもらいました

s500_IMG_7236.jpg

馬籠の次は妻籠
今回は足の悪い婆さんと一緒なのと、墓参りも行かねばならないので車で妻籠に行きました
馬籠の駐車場は無料でしたが、妻籠は有料、500円

s500_IMG_7239mc.jpg

まぁ、町並みの保存整備にはコストがかかるから仕方ないですね
妻籠宿は全国にさきがけて町並み保存運動がおこったのはこの妻籠だそう
古い町並みを維持するため、住民たちは 売らない・貸さない・壊さない という三原則を守っているそうです
素朴な味わいが残るこの妻籠宿はいつまでもこの雰囲気を保ってほしいな

s500_IMG_7241mc.jpg

いつも妻籠宿と馬籠宿をセットで訪れていましたが
当時は馬籠より妻籠の方が好みでした
馬籠宿に比べると妻籠宿は地味な印象
馬籠宿のような石畳の舗装もなく、アスファルト舗装の道

s500_IMG_7243mc.jpg

大きな土産物屋とかもなく静かな雰囲気がいいのです

s500_IMG_7246mc.jpg

それにしても静か
のんびり気分で過ごすには良い場所
外国人も意外と多く、外国の方に人気があるようです

s500_IMG_7247mc.jpg

30年ぶりの馬籠&妻籠
凄く懐かしい
当時の記憶が蘇ります

s500_zIMG_2636mc.jpg

懐かしさに調子に乗って撮っていたらカメラが反応しなくなりました
バッテリー切れのようです

s500_zIMG_2631.jpg

今のカメラってバッテリーが無くなると何もできなくなるのが辛い
昔のフィルムカメラはバッテリーが無くても写真は撮れたものですが
バッテリーは露出計動かすだけだったからね^^;

s500_zIMG_2628.jpg

この先の予定がありますし、婆さんを待たせていますから
端から端まで歩いたら駐車場に戻ります

s500_zIMG_2618mc.jpg

妻籠から坂下へ、そしてようやく墓参り
岐阜県と長野県との県境に位置し木曽川沿いにある山間の町、山の裾にある急坂の墓地は眺めがいい
ここからの眺めは子供の頃からのお気に入りなのです
墓前に蝋燭を灯して二礼、二拍手、一礼
墓参りコンプリート

s500_zIMG_2635mc.jpg

あっ、そういえば・・・・昼ごはんを食べるのを忘れていた
パンのボリュームが凄かったからね^^;

つづく

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(123)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰省したらまず鰻 かも川茶寮 うを完 [鰻(鳗鱼 eel)]

s500_IMG_7068.jpg

帰省中にやらかしたギックリ

でも帰らなくてはいけませんから寝てはいられません

痛みに脂汗を流しながらドライビング

あまりの痛さにアクセルが踏み込めなくて

左車線キープでゆっくり帰ってきました^^;

病院で湿布とロキソニンを貰っておとなしく寝ています

夏休みの後半を無駄にしてしまった・・・・

凄く悔しいーー;)

症状が軽くなったらPCを立ち上げて記事をタイプ

暫く帰省ネタが続きます

boeder-001.gif

お盆の渋滞に突っ込む根性は持ち合わせていない自分
夏休みはお盆の時期を避けて取ります
今年はお盆の後にしました
夏休み初日の土曜日は休養日、帰省に向けて体を休めます
帰省したら何かと疲れますからね^^;

s500_IMG_7019.jpg

日曜日、仕事の都合でこの時期に夏休みを取れなかった奥さんを残して三人で岐阜に向かいます
浜松ー豊田間が開通した新東名、走るのがちょっと楽しみ
まずは清水PAで休憩、ランチタイム
ここにあるフレンチトーストのお店に行きたくて寄ったのですが、娘たちにあっさり却下されてしまいました
朝が甘いパンだったから昼はガツンと食べたいと言う上の娘
何と軟弱な、それでも甘党か!父ちゃんは三食甘いものでもOKだぞ

s500_IMG_7021.jpg

泣く泣くうどんにしました(涙
でも好物の竹輪天と半熟卵天を付ける事は忘れません

s500_IMG_7022.jpg

下の娘はラーメン
煮干し出汁が効いているのは良いけれどエグ味が強く、後味に苦みが残るのは評価できないとダメ出し

s500_IMG_7023.jpg

カツ丼大好きで、バイト先がカツ丼屋の上の娘はカツ丼
バイトで飽きる程見るカツ丼、そのバイト先のまかないはカツ丼、カツ丼に飽きているかと思いきや
こうして外で食べるのもカツ丼
どこまでカツ丼が好きなんだ(呆
最近、顎が丸くなってきていないか?

s500_IMG_7024.jpg

甘いフレンチトーストを期待したのに食べられず
でも体は甘いものが欲しくて仕方ありません
こんなの見たら食べたくなって・・・・

s500_IMG_7025.jpg

こうなっちゃいます^^;
ホルスタインのミルクのアイスはサッパリした後口
ちょっと物足りない
ジャージー種の方が濃厚で良いな
でも下の娘はこっちの方が好きだそう

s500_IMG_7026.jpg

コーンは揚げ底ではありません
合格^^

s500_IMG_7028.jpg

新東名の初めて通る区間(浜松―豊田)に入ったらパーキング各駅停車
刀を売る高速道路PAっていうのも珍しい
売れるのか?

s500_IMG_7030.jpg

上の娘が嬉々として熱心に見ていましたが・・・流行っているのか???

s500_IMG_7029.jpg

火縄銃まで売っています
買う人、いるのか??

s500_IMG_7032.jpg

そしてもう一軒寄り道

s500_IMG_7033.jpg

アイスがあったら食べる
それがお約束^^

s500_IMG_7034.jpg

種類も多くていいね

s500_IMG_7036.jpg

上の娘はこれ

s500_IMG_7046.jpg

サンプル写真より大きい?

s500_IMG_7037.jpg

緑茶好きの下の娘が選ぶのは抹茶

s500_IMG_7047.jpg

これはサンプル写真通りかな

s500_IMG_7039.jpg

自分は・・・一日一ソフトは既にコンプリートしているのでこっちから、でも迷うなぁ

s500_IMG_7041.jpg

そんな時は現物をチェック^^
ますます選べない~><

s500_IMG_7038.jpg

結局これ

s500_IMG_7048.jpg

甘さより酸っぱさが強かったです^^;

s500_IMG_7050.jpg

甘さが足らなかったので甘さの追加が必要になって^^;

s500_IMG_7049.jpg

おおあんまき~♪

s500_IMG_7052.jpg

凄く懐かしい

新東名から東海環状に入って可児御嶽ICへ
シャトレーゼでアイスを大人買いしたら実家へ

boeder-001.gif

少し寛いだ後は晩御飯
足の悪い婆さん(自分の母親)は外で食事をする機会はありません
なのでこういう機会に外に連れ出します

s500_IMG_7065.jpg

婆さんの希望はステーキか鰻
地焼の鰻は関東では食べられないので鰻にしました
帰省したらまず鰻
地焼の鰻を食べないのでは帰省した意味がありません
←何か勘違いしているようなーー;)う~ん

s500_IMG_7075.jpg

車から店まで結構距離があるこのお店
庭を楽しみながら店に入るのは楽しいけれど、足の悪い婆さんと一緒だと一寸大変
鋭角に曲がっていたり、道幅が凄く狭くなったり、極めつけは打ち水
あまりの暑さで石畳に打ち水までしてあって滑りそう
こんな場所で滑ったら婆さんは受け身なんて無理です
頭から激突するのは確実
そう思うから婆さんも恐々で必要以上にしがみ付いて・・・支える自分の腰にその負荷が^^;

s500_IMG_7076.jpg

ようやく入口に到着

s500_IMG_7089.jpg

足の悪い婆さんですから座敷よりテーブル席の方が楽
テーブル席に案内してもらいます

s500_IMG_7090.jpg

ゆったり広いレイアウトで窮屈感が無いのがいいですね

s500_IMG_7079.jpg

品書きを確認します
娘たちはひつまぶし
やはり彼女らもそれ程お腹が空いていないようで”ひつまぶし小丼”をチョイス

s500_IMG_7084.jpg

自分は・・・鰻重がいいな
でも写真の鰻重に気に入らない点を見つけて却下
何処が気に入らないって、ご飯が白いこと
タレがかかっていない???
鰻とご飯が別々に供される???
これじゃぁつまらない
鰻はタレの染みたご飯の上に乗っていることが絶対条件なのです
別々なら蒲焼定食でいいじゃん

s500_IMG_7083.jpg

と、言う訳で鰻丼に落ち着きました
二段丼という言葉に誘われて”山”で

婆さんのチョイスも鰻丼の山、そして下の娘の好物のう巻きの大を一つ

s500_IMG_7091.jpg

ひつまぶし小丼の着丼

s500_IMG_7092.jpg

上の娘は鰻が足りなかったようで自分の鰻丼から一切れ拉致してゆきました
だからレギュラーサイズにしろって言ったのに・・・・

s500_IMG_7098.jpg

コッテリ味が好きな上の娘
鰻は地焼の方が好きなようです
下の娘はあっさりが好き
なので蒸した関東風が好きなよう

s500_IMG_7099.jpg

う巻き大も到着
フワフワでつかむのが凄く難しい玉子
ふんわりした食感の甘い玉子に包まれた蒲焼
アツアツフワフワを口に含んで至福の時

s500_IMG_7101.jpg

甘い玉子のう巻きは初めて食べました
う巻きの玉子は甘くないイメージがあったので最初はちょっと違和感も
でも、もともと甘い玉子焼きが大好きな自分と下の娘
ハマりました^^
甘めのタレで焼かれた蒲焼が甘い玉子焼きに包まれているわけですから、まさに自分好み

s500_IMG_7103.jpg

鰻丼”山”の着丼
丼の上の鰻は二段積み
なので鰻の周囲はご飯がしっかり露出しています

s500_IMG_7105.jpg

平屋にしてご飯が見えない方が好きだな

s500_IMG_7106.jpg

漬物に奈良漬が無いのは悲しい
鰻には奈良漬、必需品

s500_IMG_7107.jpg

小鉢には冷奴

s500_IMG_7108.jpg

これも楽しみのひとつ
肝吸い

s500_IMG_7111.jpg

さぁ、いただきましょう
地焼特有のパリッとした食感と適度な香ばしさ
過度な焦げが無いのがいいですね
焦げの苦みは全てを台無しにしてしまいますから
噛むと濃厚な脂がじゅわ♪
身の厚みもしっかりあって地焼にしては柔らかな食感
口の中は旨味でいっぱいになります
そこに突撃させるのはタレの染みこんだご飯
鰻の脂の旨味とやや甘めのタレを纏ったご飯による追加攻撃で味覚は幸せの飽和状態

s500_IMG_7112.jpg

鰻って美味しいなぁ^^
半分食べたところで山椒をふりかけます

s500_IMG_7114.jpg

追加のタレもありました
もしもっとタレが欲しければ必要とするだけ追加できるのです
これは嬉しい
折角だからご飯にちょっと足しました^^

s500_IMG_7115.jpg

さらに濃厚になったタレご飯
濃過ぎではないかって?
それは大丈夫、山椒という強い見方があるのです^^

s500_IMG_7116.jpg

ご飯の中からも鰻が
鰻が二段、確かに二段でした
でも・・・・埋もれていた鰻は一切れだけだったのはちょっと寂しい
宝探しは何度も楽しみたいからね

s500_IMG_7120.jpg

帰りも婆さんを支えます
娘達だと力が無くて不安みたいなので仕方ありません
帰りは暗くなった分余計に歩き辛いようでさらに支えるのが大変
こっ、腰がぁ~><


かも川茶寮 うを完
0574-25-0770
岐阜県美濃加茂市 加茂川町3-7-17
11:00~14:00&16:30~21:00

boeder-003.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(122)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

怪しげな空間で食べるスリランカカレー LaLa Curry 浜松 [カレー(Curry)]

帰省中のため予約投稿です

実家にはネットワーク環境が整っていませんので皆様のところに訪問することができません

戻りましてから訪問させていただきます

ペコリ(o_ _)o))

s500_IMG_6890.jpg

浜松と言えば鰻
この日も気になる鰻屋さんを見つけて、店の前で足が止まります
でも流石にこのまま飛び込む勢いはありません

”でも折角浜松に来ているのだし、この機会を逃したら今度いつ来るかわからないぜ”
ブラックさる1号の囁きに手が暖簾を払おうとした瞬間
”一食で約4000円、鰻重の連荘で既に8000円の浪費、今日も鰻だと12000円が財布から消えてしまう事になるぞ、しかも鰻重三連荘のカロリーを考えたか?”
ホワイトさる1号がその手を掴んで止めようとします

暖簾の前で闘うホワイトとブラック、その戦いは5分は続きました
ホワイトが何とか勝利を収め、鰻以外の店を求めて商店街を彷徨います
最近ブラックのパワーが無いなぁ
以前だったらカロリーや財布の事は考えず勢いで三連荘やってたのに
手術後からブラックさる1号のパワーが弱くなったような気が・・・ーー;)う~ん

何を食べるか今一つピンと来るものが無いまま彷徨っていると鼻を擽る良い香り
鰻の香りとは別の種類の良い香り
それはカレーのスパイス、しかもこの軽やかに立ち上がる香りは南側のカレーのスパイス
その香りを辿って着いたその店は建物の角のデッドスペースに無理やり作ったような小さなカレー屋さん
店の名も特に出ていませんし、カレー屋さんを示すものもありません
ただ壁にスリランカ国旗のライオン(刀がスプーンに変わっていますが)が描かれているのとスパイスの香りにスリランカカレーの店と判断できます

s500_IMG_6892.jpg

近づくと入り口脇に小さな品書き看板を発見
カレーのお店と確認できましたが、店名はありません
カレーの種類はシンプル、チキンOR野菜という潔さ
それに本日のカレーが二種

s500_IMG_6895.jpg

早速入店、スリランカカレーですがお店の方は日本の方で一人で切り盛りされていました
カウンター席しかない小さなお店で、外から見える三席は厨房の前の席
その奥に小部屋的なスペースがあり、そこには四席
この小部屋がまた怪しげ^^;

s500_IMG_6900.jpg

Adam & Eva? 

s500_IMG_6901.jpg

何だか不思議な空間に閉じ込められたような感覚^^;

s500_IMG_6903.jpg

妙な迫力があって・・・・ちょっと怖い
この壁画に奥さんを連想したのは内緒です^^;

s500_IMG_6899.jpg

それにしても・・・目の周りがクマだらけなのは何故?

s500_IMG_6897.jpg

オーダーするのを忘れて壁画を楽しんでしまいました^^;
改めて品書きをチェック
さてさて何にしましょう
カレーライスはカレーwライス
プレートはカレーwライスにサラダが付くそう
ならばカレーライスでいいかな

s500_IMG_6906.jpg

壁画の横にお勧めと言わんばかりに貼ってある札にはデビルチキンカレーの文字
これを見た瞬間にオーダー品はデビルチキンカレーに確定

s500_IMG_6898.jpg

サイド類

s500_IMG_6923.jpg

ドリンクのメニューがまた凄い
藁半紙にマジック書きのシンプルさ
学園祭の模擬店の乗り
そういえば壁画も学園祭っぽいな^^

デビルチキンカレーのカレーライスにハイネケンをオーダーしました

s500_IMG_6909.jpg

おっ、福神漬けかな^^
スリランカカレーと言ってもお店の方は日本人
日本人としてはカレーには福神漬けだよね
どんな福神漬けかなぁ~♪

s500_IMG_6910.jpg

ちっ、チリパウダーだし @@;)

s500_IMG_6912.jpg

それ以外のスパイスは胡椒が置いてあります

s500_IMG_6913.jpg

まずビールが到着
一口、喉を潤します
そのまま飲み続けたいのを一寸我慢
カレーを食べながら飲みたいからね^^

s500_IMG_6914.jpg

そしてデビルチキンカレーの到着
スリランカカレー特有のスパイスの香りとココナッツミルクの甘い香りに期待度UP

s500_IMG_6917.jpg

スリランカらしくサラサラなカレーですが、油も結構多いようです
南インドカレーやスリランカカレーはスパイス感が強く、さらりとしたカレーのイメージがありますが
此処のカレーはそれよりちょっとリッチに振っている感じ
それでも北インドやネパールカレーのような重さはありません

s500_IMG_6916.jpg

スリランカ系らしくしっかりした辛さ
ココナッツミルクの甘さとスパイスの辛さのバランスがいいですね
かなり辛いのですがココナッツミルクの甘さが辛さを中和して食べやすい
一口ごとにスパイの香りが軽やかに舞い、頭の芯まで痺れるかのよう

s500_IMG_6918.jpg

ご飯とカレーの絡み具合
やはり油が多めなのが気になります
強いスパイスのおかげでこの油は気になりませんが結構なカロリーになるでしょうね

s500_IMG_6919.jpg

このサラサラカレーにご飯が良くマッチしています
それでいてもっちり感もあってご飯に違和感はありません
もっちりご飯にサラサラカレーは合わないはずなのに・・・・
と、見ると

s500_IMG_6922.jpg

インディカ米?いやでもこのもっちり感はジャポニカ米
よくよく見れば、ご飯はインディカとジャポニカの混合
それで口に含んだ時のパラり感と噛んだ時のもっちり感があるのですね
でもこの感じ、何だか懐かしい・・・・
そうだ、かなり昔のコメ不足の時のジャポニカ米とタイ米を混ぜたのと一緒だ

s500_IMG_6920.jpg

チキンの量はちょっと寂しい
スリランカカレーならばもっと沢山欲しいな
スリランカカレーは具沢山なイメージがあるのです

s500_IMG_6925.jpg

ようやくお店の名前を発見

s500_IMG_6926.jpg

デビルカレーがイチオシなんですね

s500_IMG_6928.jpg

持ち帰り用窓口もありました

ララカレーハママツ (LaLa Curry)
053-458-6688
静岡県浜松市中区肴町312-16
11:00~22:00
定休日 水曜日

s500_IMG_6941.jpg

食後は散歩、裏路地を楽しみます

s500_IMG_6942.jpg

不思議な空間に迷い込んだような路地裏がいっぱい^^

boeder-001.gif

辛いカレーの後は甘いもの~♪

s500_IMG_6988.jpg

バックスでブルーベリーレアチーズパイ

s500_IMG_6989.jpg

ブルーベリーのみずみずしさが特徴の爽やかで甘酸っぱいケーキですという誘い文句でオーダー
食べてみたら本当に甘酸っぱくて、自分には甘さが不足^^;
もっとしっかり甘いのがいい
USのカフェならもっとアメリカーンな甘さのケーキを出して欲しいな

boeder-001.gif

現在帰省中

日頃外出しない婆さん(自分の母親)を 彼方此方連れてゆきます

要介護認定の婆さんですから手助けが必要

何時もならプロ(奥さんは介護職)がヘルプするのですが

今回奥さんは仕事の都合で来ていません

なので自分が婆さんを支えながら移動

外食や観光、お墓参り

でもプロのようにはいきません

自分の体に負担が来てしまい

だんだん腰が重くなってきたなと思ったら

ぎっくり 

o(><;)o いたたた

介護をしていたのに自分が要介護になってしまいましたTДT

横浜まで運転しないといけないのに・・・・--;)

下の娘は学校が始まるので帰らないといけないし

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(124)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蒸さない鰻の濃厚な脂と濃いタレの旨味 浜松の鰻 うな吉 [鰻(鳗鱼 eel)]

帰省中のため予約投稿です

実家にはネットワーク環境が整っていませんので皆様のところに訪問することができません

戻りましてから訪問させていただきます

ペコリ(o_ _)o))

s500_IMG_6946.jpg

うなぎの裂き方の違いには諸説ありますね
関西は蒸さないから腹開き関東は蒸すから背開き(腹で開くと蒸した時に身が崩れるから)
関東が背開きなのは職人の腕の問題(うなぎは肋骨がなく腹開きは技術が要求されるが、背開きは楽)
等の説や、眉唾な江戸は侍が多く「切腹」を連想させるので背開きとし云々という説
だってね、それじゃぁ鯵の開きが背開きでない説明がつかないからね
それに鰻は最初は品のある食べ物として認められていなかったそうだし

s500_IMG_6978.jpg

蒲焼なるものが初めて文献に登場するのは1399年(応永6年)、『鈴鹿家記』のなか
それ以前の調理方法はうなぎを長いままを丸々1匹串に刺し、山椒味噌をつけて焼いて食べるというスタイルだったそう(池波正太郎氏の著作の中で読みました^^;)
その蒲焼には関東風の蒸し焼きと、関西風の地焼がありますが
その地域の分け目は浜松あたりから諏訪湖までの天竜川沿いのようです
つまり、浜松あたりでは関西風のお店と関東風のお店が混在し、両方のスタイルが楽しめるということ

s500_IMG_6948.jpg

折角の浜松出張です
両方のスタイルで楽しまない手はありません

前日は”うな炭亭”でふんわりした関東風の蒸し焼きの鰻をいただきました
なのでこの日は関西風の地焼の店を探します
いろいろ検索して選んだお店は”うな吉”
1時頃に到着したしたが駐車場はほぼ満車状態
1Fは満席で、2Fの座敷に通されました

s500_IMG_6952.jpg

店内完全禁煙は嬉しい
でもお店の中は煙いです^^;
2Fにも鰻を焼く煙が侵入して、鰻の香りに座った瞬間から腹が騒ぎまくり

s500_IMG_6953.jpg

品書きを確認します
でも写真も説明書きも無く、違いが今一つ解りません
オーダーを撮りに来たときに違いを尋ねると

”並と松の違いは鰻の大きさ 松と上は鰻は一緒ですが、上はメロンが付きます”

松と上の違いはメロンかぁ・・・・じゃぁ松で決定だね、メロンなんて要らないから

s500_IMG_6954.jpg

鰻重松(3800円)をオーダー
お茶は温かな緑茶
この季節は冷たい麦茶の方がいいな・・・

s500_IMG_6955.jpg

骨煎餅をカリカリ食べながら鰻の登場を待ちます

s500_IMG_6958.jpg

鰻ですから気長に待ちます
そしてようやく鰻重松の着重

s500_IMG_6960.jpg

蓋を外し、ご対面
鰻の香りが立ち昇って昇天寸前^^
幸せな気分に包まれます
鰻って、いいなぁ^^

s500_IMG_6961.jpg

関西風の蒸さない鰻
表面はしっかりした色で見るからに濃い味付け
蒸さない分脂は強め
その脂に負けないようにするには濃いめの味になるのでしょう
でも濃すぎる事はありません
適度な濃さなのがいい

表面に焦げが無いのは素晴らしい
その脂の多さとタレの濃さから焦げやすい関西風
焦げなく焼くのは難しいでしょうね
関西風の鰻の店で焦げの苦みや必要以上に濃いタレにガッカリしてしまう店は結構多いのです

s500_IMG_6963.jpg

椀は肝吸い 

s500_IMG_6965.jpg

漬物に奈良漬があるのを見てニッコリ^^
全部奈良漬だともっと嬉しいな 

s500_IMG_6968.jpg

まず鰻を一口頬張ります
地焼のパリッとした食感
そのパリッとした層はしっかりとした厚みがあって歯が触った瞬間はカリッと感じます
そして噛みこむと身から濃厚な脂がじゅわっと溢れ、濃厚な旨味とコクが舌の上に
身は柔らかですが、蒸した鰻のようなふんわり感は無く、柔らかですが脂を溜め込んだ柔らかさ

s500_IMG_6962.jpg

自分が生まれ育った土地は浜松より西側
つまり鰻は地焼
なのでこの脂たっぷりで、濃いめのタレの鰻は懐かしい
美味しいです
でも食べ続けるとちょっと脂に味覚が重くなってきました

s500_IMG_6970.jpg

実家を離れ、関東にでて来て驚いたのは鰻の頼りなさ
脂を抜いてしまった鰻の物足りなさにガッカリしていたものですが・・・
今は関西風の蒸さない鰻が脂っぽく感じてしまいます
慣れって^^;

s500_IMG_6971.jpg

ご飯は柔らかめ
これは自分の好みの炊き方ではありません
タレの染みたご飯は好きですが、柔らかなご飯に濃いめのタレではバランスが悪い
硬めのご飯であって欲しかった・・・--;)
柔らかなご飯なら薄目のさっぱりしたタレの方があいます

s500_IMG_6972.jpg

風の影響でしょうか煙突から煙が上手く逃げないのか、室内がますます煙って霞状態^^;
食べながら煙が気になるほどに^^;

s500_IMG_6974.jpg

脂が強く感じるようになったら山椒の出番です

s500_IMG_6975.jpg

しっかりかけていただきます
あれほど強く感じた脂が不思議なくらい中和され、口の中をリセット
ご飯にもふりかけます
鰻の脂が染みたタレご飯に山椒の香り
それは最強のご飯、いくらでも入っていきます
ただ・・・ご飯が柔らかいのが残念

s500_IMG_6979.jpg

レンタカーがしっかり燻されていました^^;

うな吉 (うなきち)
053-437-0549
静岡県浜松市北区三方原町2142-9
11:00~14:00
17:00~20:00 (19:45ラストオーダー)
定休日 月曜日

連荘で鰻になるとは・・・・お小遣い残高がぁ・゚・(ノД\lll)・゚・コワイヨォォォォ・・・

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(115)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぱりっとした表面とふわふわな身 浜松の鰻 うな炭亭 [鰻(鳗鱼 eel)]

帰省中のため予約投稿です

実家にはネットワーク環境が整っていませんので皆様のところに訪問することができません

戻りましてから訪問させていただきます

ペコリ(o_ _)o))

s500_IMG_6855.jpg

浜松記事が続きます
週が変わり再び浜松へ出張
浜松と言えば鰻
折角の浜松出張ですから鰻を食べ歩くのもいいですね
尤も調子に乗るとお小遣いが破綻してしまいます
鰻に魂を奪われないよう注意しないとね

s500_IMG_6857.jpg

この日は客先に午後入り
11時一寸前に浜松駅に到着したら鰻屋さんへ直行です
新幹線に乗っていた一時間強の時間に検索に検索を重ね、候補を絞り決定したお店がここ、うな炭亭
いろいろな記事に出ていたのと駅から近い事、レンタカー屋さんと同じ側(南口)にあるのが決め手です

11時開店で10時50分位にお店の前に到着
既に暖簾がかかり、営業中の看板
しかも駐車場には既に三台の車が
・・・一番乗りするつもりだったのに、甘かったぁ><

s500_IMG_6859.jpg

早速入店、1Fは厨房です
客席は2F、エレベーターを出て左側に向かうと座敷、こちらは禁煙
右側は普通のフロアにテーブル席が二つ、ことらは喫煙席のようでした
自分は当然座敷へ
これだけ離れていたら煙草の匂いが禁煙エリアに漂う事は無いでしょうね
でもエレベーターは匂うかも

s500_IMG_6863.jpg

席に着くとお箸とお絞り、そして麦茶が置かれます
暑くて喉が渇いているから嬉しい^^
鰻ですから、まずは漬物などで飲みたいところですが仕事が待っていますからね

s500_IMG_6865.jpg

品書きを吟味します
お財布と相談しながら睨めっこ
特上だと二段なんだ
じゃぁ特上がいいな^

s500_IMG_6864.jpg

写真付の品書きもあったので再度チェック

s500_IMG_6860.jpg

重の特上と丼の特上を比べて・・・
ご飯の中に一切れ隠れる丼が魅力的
でも、重のスタイルもいいなぁ(悩
と悩んだ末、鰻重特上をオーダー

s500_IMG_6861.jpg

本当は白焼きで一杯飲んでから鰻重を食べたいな

s500_IMG_6880.jpg

お勧めの地酒
何故か一品だけ県外品^^;

s500_IMG_6866.jpg

鰻重特上(3800円)の着重
ワクワクしながら蓋を外します

s500_IMG_6867.jpg

重は二段で上の段は鰻の蒲焼が一枚
下の段は鰻重となります

s500_IMG_6878.jpg

鰻重には肝吸いが無いとね^^
うな肝のぷりっとした食感とほろ苦い後味がいいですねぇ♪ 

s500_IMG_6871.jpg

漬物は柴漬けに沢庵
奈良漬が無いのは寂しい
鰻には奈良漬は絶対欲しい
酒粕には、鰻の脂分をほどよく抑えてくれるペプチドなどの成分があり奈良漬は鰻の口直しにピッタリ
しかも、鰻に含まれているビタミンやミネラルの吸収を助けてくれる働きもあるそうです
しかも奈良漬がもっている香りがは鰻の生臭みを抑え、鰻の旨味をぐっと前にだすとか
なので絶対奈良漬は必要です

デザートにはミカンが半分
なんだ、ミカンかぁ・・・・って、今は夏じゃん@@;)
夏にミカン、これは贅沢だなぁ^^

s500_IMG_6869.jpg

まずは鰻を一口
箸で鰻を適度な大きさにカットします
ふんわり柔らかな鰻はあっさり箸でカットされ、それを口の中に
最初に感じるのはパリッとした食感
そして香ばしい鰻の香りが口いっぱいに広がります
噛みこむとふんわりした鰻の身からじゅわりと脂が滲み出て
そのしっかりした旨味に体中が喜ぶのです

s500_IMG_6868.jpg

最初の一口のパリッが素晴らしい
関東風の鰻の場合、ふんわりだけでパリッとした表面が無い場合も多いのですが
ここの鰻はパリッとしています
しっかりとパリッとして、一瞬蒸していない関西風なのかと思って皮面をチェックしたぐらい^^;(尤もタレの濃さが関東風なので関東風と解りますが)
焦げも無く、見事な焼き具合

s500_IMG_6873.jpg

タレは甘すぎずいい感じ
自分の好みとしては、もう一寸辛口に振って欲しいところですが、この鰻のタレとしては丁度いい
ただ、タレの染みたご飯を食べると、やや甘いかなって感じを受けました 

s500_IMG_6872.jpg

タレの染みたご飯、最高です
鰻の脂が適度に加わり、旨味もたっぷり
炊き方はやや硬め
自分の好きな炊き具合で何もいう事はありません^^

s500_IMG_6877.jpg

鰻とご飯の美味しさを交互に楽しみながら食べ進みます
パリッとした表面とじゅわっと溢れる脂
その脂に負けない重さのタレご飯
素敵なバランスです^^

s500_IMG_6875.jpg

そして途中で山椒も少々降りかけていただきます
鰻には山椒ですねぇ
鰻の脂の旨味に山椒の爽やかな香り、素晴らしい相性
鰻の脂の染みたタレご飯にも山椒を降りかけていただきます
タレの染みたご飯の甘さと辛さ、脂の旨味に山椒の香り
これがまた最高に美味しい^^

美味しい鰻重に満足♪
満ち足りた気分で仕事に向かいました
浜松は鰻だな、餃子より絶対鰻^^

うな炭亭
053-451-3131
静岡県浜松市中区砂山町354
11:00~14:30(14:00LO)
16:30~20:00(19:30LO)
定休日 毎週水曜日夜の部、木曜日

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(111)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

浜松餃子、それはさっぱりした味わいの餃子 石松餃子本店 [ラーメン&餃子(面条&饺子)]

前記事の翌日の事、今度は・・・

s500_IMG_6681.jpg

約90分並んで食べた浜松餃子、むつぎく
驚くほどあっさりしたその味に一寸欲求不満
自分の好みは味がしっかりある餃子なのです

このあっさりが浜松餃子の特徴?
それとも むつぎく餃子の特徴?
凄く気になりますが確かめるためには数店舗食べ歩くことが必要です

s500_IMG_6682.jpg

午前中で仕事を片付けて昼ごはん
今度は石松に行ってみました
ここも浜松餃子の有名店
到着すると行列がありません
やはり前日は祝日でしたからね、それで混んでいたんだなぁ^^
と、駐車場に車を入れようとすると満車???
誘導員が駆けつけてきて空いている場所を教えてくれました
混んでいるんだ、でも行列は無いから大丈夫でしょう^^
でも、店前にいる人たちは何だろう?行列には思えませんが・・・
そういえば誘導員のオジさんが”入口で受付を”って言っていたなぁ

s500_IMG_6676.jpg

入口に入ると受付マシーンが置いてありました
整理券を受け取って待つスタイルなようです
まぁ行列しなくていいから楽だけれど・・・
人数と電話番号を入力します
順番が近くなると電話が入るそうですから、それまでは車の中で涼んでいればいい
これは有難い、待つなら涼しい所がいいからね
ギンギンに車の中を冷やして快適に待ちましょう
ガソリン代がかさむって?
それは大丈夫
レンタカーで距離計算だからアイドリング時のガソリン代はね^^;

s500_IMG_6679.jpg

整理券の番号は77番
この時コールがあった番号は42番
待ち時間の看板を見ると90分の表示でした
また90分の待ちなんだ @@;)どうする?でもこうなったら意地だし^^;
まぁ、涼しい車の中で本を読んでいればいいから楽だけれど・・・

s500_IMG_6680.jpg

店内は結構広く、建物もまだ新しいのかな
明るく、解放感があるのはいいですね

s500_IMG_6678.jpg

色紙もいっぱい
でも、殆ど誰なのか判らなかったです^^;
まぁ、グルメ番組関係だとおもうけれど

s500_IMG_6684.jpg

車に戻る前に入り口脇の品書きでオーダー品を検討
35個まであるんだ・・・
でも二皿で来ても楽しくありません
大きな皿一枚で盛れるのは何個までだろう
ネットで画像を検索すると、個数が多いと皿が分けられてしまう感じ
画僧では20個が一皿のMAXのように見えましたので20個が良さそうです
当然ご飯は要りません
餃子自身が主食ですから
ここにも”みそホルモン”・・・これも浜松名物なのでしょうか

s500_IMG_6685.jpg

ドリンクはノンアルで
まだここから駅までレンタカーを運転しないといけませんからね^^;

s500_IMG_6687.jpg

で、車の中で待ちます
でもなかなか電話が鳴りません
90分近く経過した頃、様子を見に行ってみると看板は準備中となっていました
売り切れたのか?

s500_IMG_6690.jpg

この時の待ち時間は120分
二時間ですよ!二時間
餃子を食べるのに二時間待ち
それでも食べると言うのです、この地の人たちは
餃子に二時間待ち・・・どこまで餃子が好きなんだ @@;)
宇都宮の餃子のお店で行列は見たことないです(開店前の行列なら参加しましたが)
餃子の消費量ではなく、餃子への情熱で日本一を決めるのなら浜松に軍配かも

s500_IMG_6694.jpg

今度は店内の適当な場所で時間をつぶします
そのうちに電話が鳴り、そして77番のコール
案内され、席に着きます
餃子20個とノンアルビールをオーダー

s500_IMG_6693.jpg

此処も酢とかは無く、タレとラー油

s500_IMG_6695.jpg

このお店、お絞りは紙ではありません
ちゃんと布なのがいいですね^^

s500_IMG_6698.jpg

餃子とノンアルビールの到着

s500_IMG_6704.jpg

麦酒にはシナチクの小皿も付きます

s500_IMG_6699.jpg

餃子20個は円状に並べられ、真中は空いています
その空いた場所にはモヤシ
焼き色は良い感じで見ただけで食欲増進
むつぎくより焼き方が好み好きかも^^

s500_IMG_6700.jpg

まずは餃子だけで味わいます
アツアツの餃子を一つ分離し、そのまま口の中へ
パリッとした食感を残し、歯の間から湧き上がるのは甘味
野菜の甘味です
味はやはりサッパリしてコクはありません
旨味の厚さは薄く、タレなしだと三つで飽きそうな感じです
でも具のキャベツの舌触りは問題なく、ざらつきはありませんでした
むつぎくの餃子より好みだな

s500_IMG_6701.jpg

でも・・・色白でしっかりした味の無い餃子は食べても食べても腹が満足しないのです
腹はだんだん膨れますが、いくら膨れても満足感が無い
物足りなさ感に包まれます

s500_IMG_6703.jpg

具はこんな感じ
見るからに味が薄そう
当然、タレにどっぷり浸けていただきます

結局この店の餃子も物足りない
値段に比例した満足感を得る事ができず、リピしたい気になれません
二店とも同じ結論に達しました
つまりこれが浜松餃子の特徴として確定でいいのかな
ならば自分は浜松餃子の探求は終わり
腹は膨れるけれど満足感が無いから

石松餃子 本店 (石松)
053-586-8522
静岡県浜松市浜北区小松1145-1
11:00~14:00、16:30~21:00(L.O.20:45)
定休日 水曜日&木曜日

boeder-001.gif

レンタカーを返却し、駅ビルの中でお土産を選びます
当初は冷凍餃子を考えていましたが、買いたい気分になれません
土産物売り場をひとまわりして、結局買ったのは

s500_IMG_6705.jpg

こっこ

s500_IMG_6710.jpg

夏バナナのこっこを一箱とノーマルのこっこを一箱購入

s500_IMG_6708.jpg

新幹線は楽でいいね
一時間ちょっとで新横浜に着けます^^

週があけて再び浜松での仕事
でも餃子の食べ歩きをこれ以上やる気ににはなれず、入ったお店は・・・

次記事に続く^^

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(118)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さっぱりしていくらでも食べられそうな餃子 浜松餃子 むつぎく [ラーメン&餃子(面条&饺子)]

8月11日は山の日、祝日ですがちょっとブルー
何故なら12日のアサイチから客先に入る必要があり前日移動をしないといけないから
休みなのに仕事の事で行動を制約される
なんともつまらない・・・・
しかも移動だけなので手当ては無し><
少しぐらい手当を付けてくれればまだ気も晴れるのですが・・・・

s500_IMG_6641.jpg

と言う訳で、夕刻の新幹線に乗ってやってきたのは浜松
このままHOTELに行くのも悔しいので何か名物を食べてからにします
浜松の名物といえば鰻に餃子
実は浜松餃子なるものは一度しか食べたことが無いのです
それは浜松SAで食べた餃子
しかしその味は記憶に残っていません
再確認のために浜松餃子を食べる事にしました

浜松駅の近くで餃子を食べるには・・・
新幹線に乗っている時間は無駄にしてはいけません
餃子や鰻の名店について調べました
鰻屋も調べたのは鰻に未練があったから^^;

s500_IMG_6644.jpg

やってきたのは”むつぎく”
(同じ名で”むつ菊”という名の別の餃子屋さんもあります)
夜の営業は17時からで、お店の前に来たのは17時半でしたが・・・・この行列に震えました
レンタカーは18時に予約していますが、並んだらその時間は到底無理
並ぶか否か迷いましたが、折角来たのだし・・・と並ぶことに
レンタカーの営業終了時刻は20時
いくらなんでも間に合うでしょう

s500_IMG_6645.jpg

とは言うものの、なかなか進みません
その間にも行列は長くのびて、あっという間に自分の後ろにも長い列
餃子にありつけるのは何時になるのだろうーー;)

s500_IMG_6646.jpg

時代小説を読みながらひたすら行列
足が辛くなる頃にようやく品書き看板のところまで進んできました
オーダー品を検討します

s500_IMG_6647.jpg

ラーメンもあるんだ

s500_IMG_6649.jpg

餃子は炭水化物
なのでセットでは無く餃子のみにします
オーダーは当然”餃子特大”
それに麦酒かな・・・おっと、レンタカーでHOTELに行くからノンアルだね

s500_IMG_6650.jpg

今回はセットメニューは頼みませんが、このセットメニューは凄く魅力的
それは餃子、ラーメン、ご飯のトリプル炭水化物のセットだから♪
絶対腹が膨れます^^

s500_IMG_6651.jpg

気になったのはホルモン焼、これ絶対美味しいでしょ^^
でもこれこそビールか白飯が欲しくなってしまいますね

お店の方が出てきてオーダーを訊いてまわりはじめました
餃子の特大にノンアルと伝えます

s500_IMG_6656.jpg

並んでいたら突然お店の外の照明が落ちました
???だれかスイッチを間違えて押したのかな?
と、見てみると”本日終了”の文字が入口に
準備中の板も出て完全に終了モード
えっ????
”今、並んでいる方は大丈夫です”
の声に一安心

s500_IMG_6655.jpg

本日終了が出た時、後ろの行列はこんな感じ
結構長く続いていました

s500_IMG_6657.jpg

ようやく入店

s500_IMG_6658.jpg

カウンター席に陣取ります

s500_IMG_6659.jpg

お絞りは紙でした

s500_IMG_6660.jpg

品書きを再度確認、ホルモン焼が何時までも気になって・・・^^;
丼に白飯を山と盛って、その上にホルモン焼をたっぷり乗せたいな^^

s500_IMG_6661.jpg

気分を餃子モードに戻して・・・・
テーブルの上には餃子のタレとラー油、それに胡椒
お酢が無いのは寂しい
餃子をお酢だけで食べるのも美味しいのに

s500_IMG_6663.jpg

タレを作って餃子の到着を待ちます
マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

s500_IMG_6664.jpg

ようやく餃子特大の到着
真中のモヤシが浜松餃子の証
フライパンで丸く並べて焼くのもそう

s500_IMG_6669.jpg

モヤシの下から餃子を発掘^^
円形に18個、中心に2個のレイアウト

s500_IMG_6666.jpg

まずは餃子を一口、タレをつけずそのままで
アツアツの餃子を頬張って噛むと最初に感じるのは甘味
浜松餃子は、キャベツが多く甘みが強いのが特徴だそうですが、かなり甘く感じます
その甘さは野菜の甘さなのですが、甘さが何となく後味をぼかしてしまう感じ
しっかりした味が欲しくなります
餡に味が付いていないようにも思える程
なるほど、テーブルの上に酢が無い訳です
餡にしっかり味が付いていないと酢だけで食べるのは辛いですから

s500_IMG_6670.jpg

餡はキャベツの割合はかなり高く、キャベツだけと思える程
気になったのは微塵切のキャベツの舌触り
ザラザラで一つ一つがハッキリ舌の上で認識できるのです
凄くザラザラな食感が気になってしまい、その味わいも半減

s500_IMG_6668.jpg

甘味はありますが、味が無い餡
旨味の厚さは薄く、食べていて物足りない
しっかりした旨味が無いのです
サッパリしているのは良いのですが・・・食べても食べても何処か満足できません
なのでタレをしっかり浸けていただきます
ところで・・・・モヤシ
何の為にあるのでしょうね
必要に思えなかったのです
口の中をサッパリさせ、餃子をいくらでも食べられるように・・・と何かに書いてありましたが
正直なところ口の中をサッパリさせたくなるような餃子ではないしーー;)
元からさっぱりだから^^; 

s500_IMG_6672.jpg

自分には味が薄い
なのでタレをしっかり浸けていただきます^^

s500_IMG_6673.jpg

完食
さっぱりしていくらでも食べられる感じ
でも、食べても食べても満足感が無い
腹が膨れますが、それ比例した満足感がありません
自分には物足りない味でした

餡にしっかり味が付いてコクもある宇都宮餃子の方が好みだな・・・

s500_IMG_6675.jpg

外に出ると・・・まだこんなにも行列があるんだ@@;)

むつぎく
053-455-1700
静岡県浜松市中区砂山町356-5
【月~土】11:30~14:30(L.O.14:00)&17:00~21:30(L.O.21:00)
【日・祝】11:30~14:30(L.O.14:00)&17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 月曜日 第2・4火曜日

boeder-001.gif

シュークリームは大好き
皮がソフトなのが特に好き
なのでよくコンビニで買っておやつにしています

s500_IMG_6834.jpg

ローソンで気になるシュークリームを発見
大きなシュークリームです
ホイップ&カスタードのWクリームタイプなのですが
値段が何と540円
普通のシュークリームは100円ちょっとの値段ですから、その5倍のプライス @@)

s500_IMG_6838.jpg

でも大きさは普通のシュークリームの5倍ではありません
なのでちょっと割高な感じがしていました

s500_IMG_6843.jpg

しかし、シュークリーム好きとしては無視できませんので購入
手に持つとどっしり重いシュークリーム
大きさ以上の重さを感じます

s500_IMG_6848.jpg

割ってみます
割ったところから溢れ出るような満杯のクリーム
シューの中に空洞はありません
みっちりとクリームが詰まっているのです
レギュラーサイズのシューはかなり大きな空洞があるのに、このシューには空洞は全く無いのです
このクリームの量に大満足
そしてその値段に納得です

s500_IMG_6852.jpg

口の周りをクリームだらけにして頬張ります
豪快に食べるシュークリームは最高に気持ちいい^^
(食べ終えた後で袋の中にフォークが入っているのを見つけました^^;)
クレームシャンティイだけの部分を楽しみ、クレームパテシエールだけの部分も楽しみ
そして両方の境目の部分を食べて口の中でブレンドしてクレームディプロマットにして楽しみます
食べていて楽しい
値段が値段ですからクリームのコクは期待できません
サッパリしてライトな味ですがコンビニスイーツですからね^^;
でも、クリームがみっちり詰まったデカシュークリーム
楽しかったです^^

boeder-003.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(133)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六本木グルメバーガーグランプリ 昨年の王者の貫録を味わう 37 Steakhoue & Bar [ハンバーガー&ハンバーグ(Hamburger)]

最近は在庫記事のアップばかり
在庫記事は便利なんだけれど何時アップになるか解らない記事をタイプするのって今一つ力が入りません
偶にはリアルタイム記事もアップしないとね^^

s500_IMG_6711.jpg

この土曜日、下の娘と一緒に六本木に行ってきました
べすで行くのが最近のパターン
何時もの場所に駐車してヒルズに向かいます

s500_IMG_6713.jpg

ヒルズは今ドラえもんだらけ

s500_IMG_6723.jpg

ビルの上には巨大ドラえもんも^^

s500_IMG_6721.jpg

至る所にドラえもん
青くなる前の、耳があるドラえもんもいて、いろいろチェックして見たかったのですが・・・

s500_IMG_6724.jpg

ドラえもんと遊んでいる暇はありません
今日、六本木に来た理由はこれ、六本木グルメバーガーグランプリ
saruさんの記事で知ったこの企画
見た瞬間に使命感が燃えあがり

o(炎_炎)o ウオオオッッ行くぞ~!!

星飛雄馬の目になりました
娘たちを誘ってみると、二人が揃って都合がいい日がありません
おぉ、それならそれでいいぞ~
それぞれの都合にあわせて、自分は二回行けばいいのです^^

s500_IMG_6725.jpg

GPのために作った特別限定バーガーが23種類
レギュラーメニューにある品が9種類
都合32種類のバーガーがエントリー

s500_IMG_6726.jpg

32種類のグルメバーガー
そのボリュームは流石に全種類制覇は無理です
体的にも無理だし、お財布的にも無理^^;
なればどれを食べるか、じっくり検討が必要

パンフを見ながら作戦会議
パンフ以上に細かな情報もチェックする為GPのHPも参照します
今回条件にしたのはパティの重さ
150g以上を条件に探しました
そしてレギュラーメニュー部門であることも条件に加えます
何時も供している品、それに拘わって^^

下の娘が拘ったのがポテト
細くカリッと揚げたポテト派な彼女
太くほっこりした食感のポテトは許せないそう
そして何よりも許せないのがポテトにソースやチーズをかける事
チーズが大好物な彼女、ちょっと意外な気がして尋ねると
”フライドポテトは手で食べるもの、細くもちやすい形状が絶対だし、何かがかかっていたら手で食べられないでしょ”
なるほど・・・

s500_IMG_6734.jpg

それらの条件をクリアして選んだのがここ
37 Steakhoue & Bar
特別限定メニュー部門とレギュラーメニュー部門にエントリーがありますが
レギュラーメニュー部門の品は2015年のGPの王者だそう

s500_IMG_6735.jpg

お店を探すのに一寸迷っていい散歩になってしまったものの
何とか到着
いやぁ~、逆方向歩いてしまったのを気が付かなくて^^;

s500_IMG_6736.jpg

お店に入ると美味しそうなお肉が出迎えてくれます

s500_IMG_6737.jpg

パンフを持って入店したので来店目的はハッキリばれています
なのでキッチンの前でハンバーガーの説明をもらいました
パティもバンズも炭火焼きだそう
いやぁ~、メチャ期待しちゃいます^^

s500_IMG_6739.jpg

案内された席は奥の方
席に着くまでに他の人の食べているものをチェック
やはりハンバーガーが多いです
グルメバーガーグランプリ、人気だね^^

s500_IMG_6742.jpg

グルメバーガーグランプリのパンフを確認します

s500_IMG_6757.jpg

この”04”の37クラシックバーガーがターゲット

s500_IMG_6740.jpg

お店の品書きでも確認、ブランチセレクションっていうのがいいね
ランチよりブランチの方が何となく贅沢なイメージ
時間をのんびり使う感じに贅沢を感じるのかな

s500_IMG_6741.jpg

何故か値段が違います^^;
自分はノーマルでオーダー、1700円
下の娘はチェダーチーズをトッピング
トッピングはチェダーチーズ、ベーコン、アボガド、ブルーチーズ、マッシュルームがあり、いずれも230円増しで1930円

s500_IMG_6745.jpg

ドリンクはブランチセレクション用から
残念ながらバーガーの友たるコーラがありません
アルコール類もありますが、こちらもバーガーの友たる麦酒が無い
う~んーー;)
お替わりOKという事でアイスティを頼みました

s500_IMG_6746.jpg

グランドメニューも一寸だけチェック

s500_IMG_6747.jpg

ステーキがメチャ美味しそう^^

s500_IMG_6748.jpg

サーロインステーキ700g、いいね^^
でもお値段は16300円@@;)お小遣いがぁ~><
ポーダーハウスステーキ1000gって^^;
頼む人いるのかな
財布と胃袋が強靭な人もいるのですねぇ
24000円かぁ( = =)トオイメ...

s500_IMG_6749.jpg

まぁ、手が出るのはこれくらいのクラスかな
うな重+αなお値段なら何とかね
しかし・・・うな重が安く思えてきました^^;

s500_IMG_6758.jpg

まずはアイスティで渇いたのどを潤します
一口飲んで
”薄!”
香りや味が薄いアイスティ
ステーキハウスで紅茶の味に期待をしてはいけないのでしょうが、それでも薄すぎ
渇いたのどに水代わりに飲むには良いのですが、紅茶を飲もうと思って飲むと
(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙
もっと濃く煎れて欲しい

s500_IMG_6761.jpg

店内は明るく開放的な空間
明るすぎて窓に向かって座るとメチャ逆光
何を撮ってもAUTO撮影だとアンダーになってしまいます
(なので写真は現像時に補正しました^^;)

s500_IMG_6760.jpg

これがバーガーグランプリの投票用紙

s500_IMG_6763.jpg

下の娘のチェダーチーズトッピング仕様の到着

s500_IMG_6764.jpg

チーズもいい感じ

s500_IMG_6765.jpg

自分の37クラシックバーガー

s500_IMG_6767.jpg

ポテトはカリッとして塩も適度で美味しい

s500_IMG_6768.jpg

残念なのはケチャ
小さな器でこの量がくるだけ
ポテト用限定な感じです

s500_IMG_6769.jpg

バーガーの上側

s500_IMG_6770.jpg

そして下側
バンズはしっかり焼かれています
焼き方に特に指定が無い場合はミディアムで焼くそう
炭火焼きの香ばしいかおりに口の中は大洪水

s500_IMG_6779.jpg

バンズにはこのソースを付けるのだそう
マヨベースで山葵風味のソースだとか
マヨは好物だけれどパティ用のケチャも欲しいな

s500_IMG_6782.jpg

ソースを塗り込んで

s500_IMG_6785.jpg

バーガーを組み立てます
投票用紙にはバーガーの食べ方が三種類紹介されていて
1.手づかみでそのままかぶりつく
2.バーガー袋に入れてかぶりつく
3、ナイフとフォークを使いカットしながら
でもね、バーバーはやはり手で持ってかぶりつくのがいい

s500_IMG_6787.jpg

とは言ってもバーガー袋無しで食べるのはかなりのテクニックが必要です
指で押さえるポイント、各指の力の入れ加減
具を落とさず、綺麗にたべるのは至難の業
なのでおとなしくバーガー袋に入れてかぶりつきます

s500_IMG_6789.jpg

まずはバンズを味わいます
端っこを一口
口の中に入れた途端炭火焼きの良い香り
ふんわりしたバンズですが、表面はカリッと焼かれ、噛んだ瞬間にカリッとふわっが両方楽しめます
パティも炭火焼きの良い香り
ジューシーさより肉肉さを優先していて、ひと噛みごとい肉食っている感が溢れます
焼き加減は表面はパリッとしていますが中は柔らかで、肉の旨味も厚く、2015年王者の貫録を味わいました
下味はしっかり付いていて、成程ケチャは不要かも(でも、それでもケチャが欲しい・・・)
その下味、自分は丁度良かったのですが、下の娘は塩味が強く感じたと言います
チェダーチーズをトッピングしたせいかもしれませんね
肉の焼き加減の画像もUP
食べかけの見苦しいショットですが好みなパティだったので^^;

37 Steakhouse & Bar (サーティーセブンステーキハウスアンドバー)
03-5413-3737
東京都港区六本木6-15-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂 けやき坂通り 2F
LUNCH
[Weekday]
 11:00~15:30 (L.O. 14:30)
[Weekend, Holiday]
 11:00~16:00 (L.O. 15:00)
DINNER
 17:30~23:30 (L.O. 22:30)

boeder-001.gif

グルメバーガー、自分はもう一個ぐらいはOKなのですが、下の娘は流石に無理
どうも胃袋の大きさは遺伝しなかったようです^^;
(自分は婆さん(自分の母親)から胃袋の大きさを受け継ぎまhした^^;)
バーガーをもう一つは無理でも別腹モノならば大丈夫

s500_IMG_6800.jpg

HARBSでデザートタイム~♪
HARBSにした理由はケーキが大きいから^^

s500_IMG_6805.jpg

下の娘が選んだのはベイクドチーズケーキ
自分はミルクレープ

s500_IMG_6806.jpg

桃が丸ごと埋め込まれたようなレアチーズケーキが美味しそうでした
今度真似してみよう^^
メロンいっぱいの季節のケーキもいい感じだったな

s500_IMG_6808.jpg

自分が選んだのはアールグレイ
下の娘は緑茶、アイスでオーダーしました
彼女は何時も緑茶、どこまで緑茶好きなんだ^^;

s500_IMG_6811.jpg

珈琲類

s500_IMG_6813.jpg

アイスの緑茶が美味しそう
自分もアールグレイをアイスにすれば良かったな

s500_IMG_6816.jpg

お茶は来たものの、ケーキがなかなか来ない・・・
カットして皿に乗せるだけなのに・・・ーー;)何故だぁ

s500_IMG_6817.jpg

ようやくケーキが到着

s500_IMG_6818.jpg

ベイクドチーズケーキ
そういえば下の娘はチーズも大好物
彼女に夕飯の支度を頼むと、いろいろなものにチーズが入ります^^
このチーズケーキ、甘さ抑えめで健康的な感じ
(いえ、自分の作るベイクドチーズケーキが不健康なだけですが^^;)

s500_IMG_6825.jpg

ミルクレープ~♪
大きくてフルーツたっぷりなのが嬉しい

s500_IMG_6823.jpg

メロンが瑞々しくて美味しかったです^^

ハーブス 六本木ヒルズ店 (HARBS)
03-5772-6191
東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズ ヒルサイド 1F
11:00~22:00(L.O.21:30)

s500_IMG_6829.jpg

そろそろ帰る時間
ドラえもんに占拠されたヒルズを離れて

s500_IMG_6832.jpg

べすちゃん、お待たせ~^^

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(127)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ソレイユの丘の向日葵 出かけたが財布を忘れて・・・愉快じゃない_| ̄|〇 il||li [日常のなかで(Diary)]

暑さと忙しさに体はバテバテ
週末も土曜日は体が動きません
今年の梅雨の蒸し暑さや梅雨があけてからの暑さに体がまいってしまったようです
昔は夏の暑さや冬の寒さなんて平気、それどころか夏は暑い方が、冬は寒い方が気分がでて良いとまで思っていました
遊ぶにもその方がいいからね

仕事を終えた金曜日の夜からはフルスロットル
週末はフルパワーで遊び倒したのは今は昔
いつの頃からか夏の暑さや冬の寒さが体に堪えるようになってしまい
最近では土曜日は専ら休息日になってしまっています
ほんの数年前までは土曜日の早朝から遊びに行っていたものですが・・・

s500_IMG_6518.jpg

今では金曜日の夜はふらふら、記事をタイプしていても半分寝ています^^;
土曜日の朝は体が動かず、早朝からバイクで出撃ができません
なので最近は日曜日出撃がメインなのです
歳と共に夏の暑さが堪えるようになってくるのですかねぇーー;)

休息が必要な体になってしまったのは事実として認識しているのですが
それでも休養としてウチの中に籠っているとイライラしてきます
凄く時間を無駄にしているような気がして落ち着きません
外で何かをしていないと落ち着かない
根が貧乏性なのでしょうねーー;)

s500_IMG_6516mc.jpg

土曜日は休息とウチの用事で終わってしまい、やはりイライラ
日曜日は向日葵を撮りに明野に行ってみようと思っていましたが・・・
何と事もあろうに寝坊をしてしまいました
渋滞が始まる時間に出かけるのは気乗りしません
諦めてブログ巡回していると・・・・yoko-minatoさんの記事に向日葵の写真
ソレイユの丘の向日葵だそう
三浦半島なら近い、下道だけでいかれますから酷い渋滞はありません

s500_IMG_6521.jpg

一旦決めた向日葵撮り、寝坊ごときで諦める必要はありません
出発時間が遅くなったのならば近所の向日葵にすればいいのです
思い立ったら即座に出発
多少の渋滞はあるでしょうからべすの出動です
スクーターは市街地を走るのには最強ですから

s500_IMG_6529mc.jpg

べすにカメラを積んで出発
白煙モクモク、バックミラーには一本の白く太い帯
白いラインを残しながらベスと街中を駆け抜けます
みなとみらいから山下公園前を駆け抜け湾岸道路へ
R16に入って横須賀へ
横須賀でちょっと寄り道、横須賀に来たのならば自衛艦を撮らないとね
ベスを自衛艦のコラボショットを楽しみます

s500_IMG_6537.jpg

そしてついでに猿島をバックに一枚
猿島、その名に親しみが湧きます
島に渡ってみたいな
それに猿麺なるものも食べてみたい

s500_IMG_6538mc.jpg

この日、下の娘は大学の説明会
横須賀にある某大学の見学に奥さんと一緒に行きました
本当は自分が同行したかったのですが何故か奥さんが行くと言い張っていたので同行を譲ったのです
でも自分も外見ぐらいは見てみたい
近くを通りますからついでに見てきました
そして、正門を撮ってLINEに乗せ、”終わった?今何処?昼ごはんを食べない?”って送信

s500_IMG_6543.jpg

何故そんな送信をしたかと言うと・・・・
財布、忘れました><

横須賀に来たときは軍港の前のバックスで自衛艦を眺めながら珈琲を飲むのがお約束
この日も当然アイスコーヒーなどを・・・と、べすを駐車してバックスに向かいました
でも、そこでふと気づいたのです
そういえば財布を持たずに出かけた気が @@;)
慌ててチェックすると・・・

Σ(|||▽||| )持っていないし

s500_IMG_6546mc.jpg

このままだと昼ごはんも食べられません
かといってUターン、ウチに帰るのも癪です
ならば奥さんに奢ってもらおうと一緒に食べよう作戦を実施したのですが・・・・
その返信は

”今 県立大学駅のホーム”

Σ( ̄Д ̄;)がーんっ! 遅かったかぁ~><

s500_IMG_6549.jpg

昼ごはん抜き確定ですTДT
空腹はまだいいです、我慢はできます
しかし喉の渇きは我慢してはいけません
この暑さ、熱中症が怖い
祈る思いでズボンのポケットを探ると500円硬貨が一枚
そしてPONTAのカード
あああ、良かった!ローソンならPONTAのPOINTが使えます
ローソンを探さねば

R134沿いのローソンでドリンクとシュークリームをGET
PONTAのタヌキが神々しく見えました^^

s500_IMG_6556.jpg

ポケットの500円硬貨はソフトクリーム代用にとっておきます
お出かけしたら一日一ソフトのミッションをコンプリートしないといけません
ソレイユの丘の次は関口牧場のソフトクリームだな^^
それを楽しみにベスを走らせソレイユの丘へ

s500_DSC_5858_3263.JPG

ソレイユの丘に到着
するとショッキングな出来事が・・・
バイクも駐車場代を取るんだ(* ̄□ ̄*;
しかも400円!!! Σ(T□T)
残りは100円、これではソフトクリームは買えません o(TヘTo) クゥ

s500_DSC_5806_3227.JPG

この時自分の頭の中はあの曲がぐるぐる回り続けていました
でも、財布を忘れるって愉快でもなんでもないーー;)

s500_DSC_5809_3229.JPG

駐車場は有料だったものの、ソレイユの丘は入場無料
財布を忘れた陽気なオジさんには優しい
早速向日葵撮りを楽しみます

s500_DSC_5820_3237.JPG

撮っていてもソフトクリームが気になって仕方ありません
関口牧場の高く聳えるソフト、食べたかったのに・・・
駐車場、バイクの料金が高すぎじゃね?
200円だったらソフトが食べられたのに
ちょっとモヤモヤ

s500_DSC_5824_3241.JPG

ソレイユの丘の向日葵たち
それ程大輪な向日葵ではありませんが、よく手入れされていました
青空と向日葵、夏ですねぇ

s500_DSC_5795_3219.JPG

この風景を眺めながらかき氷が食べたいな^^

s500_DSC_5825_3242.JPG

ソレイユの丘、丘だけに風が渡ってきます
そのたびに向日葵もゆらゆら
シャッターを切る瞬間に限ってゆらゆら
あきらめてカメラを離すと風はとまって・・・ーー;)

s500_DSC_5828_3245.JPG

気持ちのいい風なのだけれど一寸意地悪

s500_DSC_5865_3269.JPG

丘の向こうは相模湾
夏の濃い蒼が広がります
気持ちのいい風景

s500_DSC_5830_3247.JPG

向日葵を撮ったあとは丘を散歩
向日葵撮りや散歩でかなり喉が渇きました
ローソンでしか水分補給ができない身の上
適度なところで引き揚げです
熱中症にならぬ前に

s500_DSC_5838_3249.JPG

帰りは葉山の方からぐるりと回って帰ります
横横の入口あたりまでは渋滞
スクーターの機動力を発揮して、信号ごとに横をするする~っとポールポジションに移動
それ以降はたいした渋滞も無く順調に流れます

s500_DSC_5840_3251.JPG

葉山から逗子を抜けて六浦へ
金沢八景から湾岸道路で本牧、山下を通って帰ってきました
途中、ローソンで水分と甘味の補給
乾いた喉には水がいいのは解っていますが、やはりここはお麦茶でしょう
夏は麦茶が似合います

s500_DSC_5857_3262.JPG

ローソンではスヌーピーグッズのキャンペーンをやっています
なので最近はローソンばかりに通っているような気も
スヌーピーのタオルはペットボトルか缶コーヒー30本の購入で貰えます
お皿はスイーツかサンドイッチの購入が対象
シール40枚を集めないといけません

s500_DSC_5880_3276.JPG

今回、ローソンでしか品物を購入できない事もあって一気にシールが増えました
ペットボトル30本を達成し、スヌーピータオルをGET

s500_DSC_5883_3277.JPG

そしてシュークリームを四個購入し、空欄だった四つを埋めて見事コンプリート
スヌーピーのガラス皿をGETして帰ります
このお皿の為に計40個もシュークリームを食べた訳ですねぇ^^;

boeder-001.gif

さて、GETしたタオル

s500_IMG_6561.jpg

ふんわりタオルだそうで

s500_IMG_6564.jpg

こんな感じ^^

s500_IMG_6638.jpg

お皿もなかなかいい感じ

s500_IMG_6640.jpg

何を乗せようかな^^

s500_IMG_6639.jpg

透けているんだ^^(そりゃガラスだからね)

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(117)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋田で食べる山形の蕎麦 十割そば家 [秋田の蕎麦]

今日も在庫記事
秋田出張記事記事、第五弾です

この日は客先の近くの蕎麦屋さんでランチ
何故か今迄存在に気付いていなかった蕎麦屋さん
この一連の出張で目に留まり、行くタイミングを狙っていました
営業時間は二時間のみというこのお店
今回ようやく行かれました

s500_IMG_6330.jpg

十割蕎麦の蕎麦屋さんはその名も”十割そば家”
ストレートです^^;
しかも秋田なのに山形蕎麦だそう

s500_IMG_6342.jpg

開店時間とほぼ同時に入店
店内はカウンター席と大きなテーブル席があり大きなテーブルの一角に陣取ります

s500_IMG_6333.jpg

そして小あがりには三卓
店内に流れる音はモニターからのTV放送
これはかなり興醒め

s500_IMG_6343.jpg

蕎麦茶は嬉しいのですが、目の舞に気になるものが・・・・--;)灰皿
喫煙可のお店のようです
しかも分煙されていません
尤もこの店内で分煙しても無意味、仕切りは無く、煙は店中に漂ってしまうでしょうから

s500_IMG_6341.jpg

品書きを確認します
お茶を供されるときランチセットを勧められました
平日限定・・・限定の文字に惹かれます
でもどうやらミニ丼が付いてくるようで、それは魅力的なのですが実はそれ程お腹が空いていません
朝ごはんを食べ過ぎてしまって・・・・^^;

HOTELの朝ごはんに何故か自分の好物が数品並んでいて、つい、がっつり盛ってしまいました^^;
朝からカロリーオーバー気味で、ランチは蕎麦のみにしようと決めていたのです

s500_IMG_6338.jpg

蕎麦はノーマルな細打ちと板蕎麦用の太打ちの二種
なかなか楽しい事に、単に大盛りとかではなく二人盛り、三人盛りがデフォルトで設定されています
追加用の替え蕎麦も設定されるのが嬉しい

さて、何にするかが問題です
いえ、”もり”を頼むのは確定ですが、ノーマルにするか太打ちにするか
はたまた板蕎麦にするのか・・・・・(´-ω-`)ウーン

この店、表に大きく山形そばの看板が大きく掲げられていました
という事は・・・山形蕎麦がイチオシなのでしょう
なれば板蕎麦が気になります
気持ちは板蕎麦に傾いたのですが、今度はその量
朝ごはんを食べ過ぎていて量は控えたい
でも一人盛で満足できるとは思えません
悩みに悩んで出した結論は二人盛り
でもそれを後悔することになるとは・・・

s500_IMG_6339.jpg

酒や肴は申し訳程度
蕎麦前を楽しむ店では無いようです

オーダーは板蕎麦の二人盛り

s500_IMG_6344.jpg

さて、板蕎麦の到着
秋田で食べる山形の蕎麦はどんな感じでしょう
太打ちと名乗るだけあって太目ですが、断面はスクエアではなく、ややひらぺったい形状
きしめん率(断面の縦横比、スクエアならばきしめん率=1)は1.5ぐらいでしょうか
表面は艶やかで唇の滑りも良さそうです 

s500_IMG_6348.jpg

まず蕎麦のみで手繰ります
唇に軽く蕎麦を咥え一気に啜りますが、なかなか力が必要
滑りの良さそうな表面を持っていても太さがあるので仕方ありません
啜ったときから香り立つ感じはないが噛むとしっかりした香りと甘みを感じる蕎麦
噛み応えは良く、噛んだ時に適度な反力を感じます
噛むごとに溢れる蕎麦の香りと甘み
喉で食べる蕎麦ではなく噛んで食べる蕎麦

s500_IMG_6346.jpg

次に汁の味を楽しみます少量唇に含んでそれを舌の先に送ります
ふわっとした甘さを先に感じる柔らかな蕎麦
濃さも適度で手強い感じは皆無
食べやすい汁です
出汁の香りもしっかりして旨味の厚みも十分にありました

s500_IMG_6349.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
この太打ちの蕎麦と相性も良く
蕎麦の半量を浸ける位が一番蕎麦の香りと甘みを感じました
細打ちだとやや汁が優勢なかんじでしょうか
今度試してみないといけませんね
細打ちと太打ちの二色盛りがあると嬉しかったのですが・・・・

s500_IMG_6345.jpg

薬味はオーソドックスに山葵と葱
両方とも特筆無く至って普通

さてこの蕎麦、なかなか美味しい
噛み応えが心地よくいくらでも入っていきます
二人盛りにしたのを凄く後悔
三人盛りにすれば良かった・・・・・(´-ω-`)
実は帰りの飛行機の中でもまだそんな事を思い続けていたのです
余程悔しかったらしい^^;

s500_IMG_6350.jpg

蕎麦湯、蕎麦湯はやはりこのスタイルが良いな(先日のポットはどうもね^^;)

s500_IMG_6351.jpg

湯はさっぱりした感じの湯

s500_IMG_6352.jpg

残った汁を割って〆の一杯、これがまた美味しいのです

朝ごはんを食べ過ぎ、空腹で無い状態で食べた二人盛り
かなり満腹なのに三人盛りにすれば良かったと後悔する蕎麦
満腹なのにそう思うとは美味い蕎麦なのは間違いない
夏の蕎麦なので香りが弱いのは仕方ない、これは新蕎麦の季節に再度食べてみたいな

十割そば家
018-847-2160
秋田県秋田市土崎港中央1-6-11
平日    11:30~13:30
土・日・祝 11:30~14:00
定休日 火曜日

boeder-001.gif

さて、帰りの飛行機は夕刻のフライト
それまではバックスのネットワークを使ってお仕事です

s500_IMG_6353.jpg

暑さに負けて、サッパリした甘さを求めてレモンクリームパイを選びました^^;
夏バテ気味なのです・・・

s500_IMG_6355.jpg

パイ生地の上にはレモンカード、レモンマーマレード、ホイップクリームとメレンゲを重ねています
甘酸っぱさが夏向きでしたが・・・甘さは物足りなかったな^^;←
夏バテは何処行った?

s500_IMG_6358.jpg

またまた、いぶりがっこと純米酒のお土産を買って帰ります

s500_IMG_6363.jpg

羽田の到着

実はまだ秋田の仕事は終わっていません
次に行くのは月末か来月前半ぐらいかな

なかなかスッキリしない仕事はこの案件だけじゃなくて
最近の案件の多くがそんな感じ
まるでボタンを掛け違えたまま無理矢理掛けつづけているような感じで・・・--;)う~ん

スッキリしたいな・・・

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(109)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

念願の海鮮定食を味わう 男鹿海鮮市場 海鮮屋 [気になる一品(Delicious)]

今日も在庫記事から

s500_IMG_4915.jpg

なまはげ~ 

そう、今回も秋田へ出張、秋田出張記事第四弾です^^;

この日は前日に仕事が片付き、アサイチの打ち合わせが終われば終了
終わったら飛行機を早い便に変更してさっさと帰れば良いのですが、できない理由があるのです
経費節減で格安チケットを購入したので変更ができず、夕刻まで現地にホールド
バックスとかにいってネットワークを繋げれば仕事はできるのですが・・・
上手く事が運ばぬ仕事にモヤモヤしていたのと、あまりのいい天気にやる気がしません
もうすぐランチタイム、気分転換がてら昼ごはん先を求めて男鹿半島へ

s500_IMG_4931.jpg

実はかなり昔、まだ400㏄のバイクに乗っていた頃に東北一周ツーをしたのですが
その時凄く気に入った風景が男鹿半島の海だったのです
丁度マジックアワーだったのもあって、黄金色に輝く海と浮かぶ岩が印象的でした
それを思い出したら無性に男鹿半島の海が見たくなってしまったのです

s500_IMG_4935.jpg

途中、ゴジラ岩なる案内看板を見つけました
どなたかのブログでゴジラ岩の記事を読んだ事を思い出し、折角だから見ていく事に
岩場を歩いてゴジラを探します
何処だろう・・・

s500_IMG_4945.jpg

あっ、ゴジラ

s500_IMG_4946.jpg

ZOOMするとちょっと辛いかな

s500_IMG_4952.jpg

遠目はゴジラでしたが前に回り込むにつれて別のものに見えてきます

s500_IMG_4954.jpg

此処まで来ると翼竜って感じ
これはこれでカッコいい^^

s500_IMG_4956.jpg

飛ぶんじゃね? 

s500_IMG_4959.jpg

岩場を飛び跳ねながら歩き回って、これが楽しい^^
そして一番高い所に登ってみます

s500_IMG_4960.jpg

灯台を見たら近くに行くのがお約束
儀式もしないとね

s500_IMG_4964.jpg

いやぁ、気持ちのいいながめ^^

s500_IMG_4967.jpg

哀愁漂うゴジラの背中^^;

s500_IMG_4974.jpg

ゴジラを楽しんだ後はクネクネ道を走って・・・レンタカーのナビが急旋回だ安全運転に心がけよって文句を言うのだけれど、道がそうなんだから仕方ない(最近のナビはヤカマシイ、凄くイライラしてきます・・・安全運転に悪影響のような気もーー;)

s500_IMG_4980.jpg

山を下り、クネクネも無くなった海沿いの道、凄く気持ちいい
この道もクネクネ道もバイクで走りたくなる道でした

s500_IMG_4982.jpg

さて、到着
あまりにも綺麗な色彩にウキウキ
海に向かって歩くと雉と鉢合わせ
カメラを構えたすきに逃げられましたTДT

s500_IMG_4984.jpg

でも、こっちは何とか撮れました^^

s500_IMG_4990.jpg

此処からの眺めが凄く素敵でした
夕刻、ほんのりオレンジに染まり輝く海にシルエットとなった巨石群
ずーっと見ていたなぁ==)

s500_IMG_4991.jpg

昼だと逆光にならないから雰囲気は今一つかな

s500_IMG_4996.jpg

海辺まで降りていく階段もあって、岩場まで降りてみたかったのですが
飛行機の時間もありますから遊べません
ヘタに遊んで飛行機に乗れなかったら大変ですから^^;

s500_IMG_5005.jpg

芝生の緑と空と海の青のコントラストが気持ちいい
これで灯台が真っ白だったらな・・・
何故白黒なんだろう

s500_IMG_5006.jpg

芝生には不思議なオブジェも
それが沢山あって

s500_IMG_5009.jpg

ひょっとして一直線に並ぶように観ると何かあるのかな?

s500_IMG_5010.jpg

こういう感じで

s500_IMG_5011.jpg

特に何も特別な感じは無かった・・・・^^;

boeder-001.gif

海を眺め、満足したら昼ごはん
ちょっと遅い時間になってしまいましたが、昼ごはんに向かったのは・・・ 

s500_IMG_4917.jpg

此処、男鹿海鮮市場

s500_IMG_5012.jpg

その横にお食事処があるのです

s500_IMG_5041.jpg

如何にも市場の食堂って言った感じのお店

s500_IMG_5013.jpg

入店前に壁に貼られる品書きでチェック

s500_IMG_5024.jpg

一番気になったのは海鮮定食、1400円
かなりのボリューム
見た目が豪快なのが良いですね

s500_IMG_5025.jpg

第二候補は海鮮丼1300円

s500_IMG_5026.jpg

第三候補は刺身定食

s500_IMG_5027.jpg

刺身だったらこっちでも良いかな

s500_IMG_5018.jpg

海宝丼、此処まで行くと予算オーバー^^;

s500_IMG_5019.jpg

その他定食類、この中では鰈の唐揚げ定食がいいな

s500_IMG_5028.jpg

候補が決まったら入店
店内は完全禁煙、これは嬉しい^^

s500_IMG_5031.jpg

海鮮定食をオーダー
でも、悲しいことにもう終わってしまっていました
限定十食だから・・・
と申し訳なさそうに言う食堂のおばさん

限定十食なんだ、これはリベンジするときは開店時間に来ないとね

s500_IMG_5040.jpg

第二候補だった海鮮丼1300円をオーダーしました

s500_IMG_5032.jpg

暫くして海鮮丼の着丼

s500_IMG_5038.jpg

海鮮丼と

s500_IMG_5036.jpg

アラ汁もセットで付きます
まずは一口「・・・
濃厚なアラの旨味、美味しいです

s500_IMG_5034.jpg

美味しくいただきました

が・・・・・

やはり海鮮定食1400円に凄い未練が
食べ終えた後も暫くは悔しい気分

s500_IMG_5045.jpg

秋田空港を飛び立って

s500_IMG_5060.jpg

夕刻の激混みの羽田に到着

boeder-001.gif

海鮮定食に未練たっぷり、食べたかったなぁ・・・
そう思っていたら、またまた秋田出張^^;
海鮮定食をリベンジできて嬉しいけれど、いい加減秋田の仕事を終わりにしたいな・・・--;)

s500_IMG_5969.jpg

予定の仕事を片付け、翌朝は打ち合わせのみなのは前回と一緒のパターン
今度は開店時間の10分後に到着しました
が、既に二組が入店済

s500_IMG_5970.jpg

オーダーは当然これ、この時間なら絶対大丈夫でしょう^^

s500_IMG_5972.jpg

まずはご飯とアラ汁が到着

s500_IMG_5974.jpg

そしてメインも到着、これこれ此れが食べたかったのです^^

s500_IMG_5983.jpg

海鮮定食を全部並べるとこんな感じ

s500_IMG_5984.jpg

メインはヒラメの造り、脇の刺身は鮪に海老、ハマチにイカ、それに正体不明が一品^^;

s500_IMG_5985.jpg

この定食の問題は刺身の量に比べ、ご飯が少ない事
配分を考えないと刺身だけ残ってしまいそう

s500_IMG_5973.jpg

配分に注意しながら食べてゆきます
ご飯を大切に食べながら・・・

s500_IMG_5986.jpg

小皿にはワカメと

s500_IMG_5988.jpg

切干大根

s500_IMG_5989.jpg

最後は無理矢理鮃刺身丼、ちょっと贅沢な気分^^

s500_IMG_5990.jpg

ごちそうさまでした、美味しかったです

s500_IMG_6003.jpg

この日は満足な気分で秋田空港を飛び立ちました

s500_IMG_6004.jpg

お腹も満足で気分最高だったのですが、数日後またまた秋田に向かう事になるとは・・・--;)
なかなか一筋縄でいかない案件です

海鮮屋
0185-24-5233
秋田県男鹿市船川港船川字海岸通り2-9-10 男鹿海鮮市場2F
11:00~15:00

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(123)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

香り高い蕎麦 手打ち蕎麦 かとう [秋田の蕎麦]

この日も梅雨空に向かってGo!
今日も在庫記事、秋田シリーズ第三弾です^^; 

s500_IMG_5939.jpg

秒殺でやっつけるつもりで挑んだ前回
話が違うよ状態で出直し
今回は上手くやっつけて、夕刻には定宿へ

今回の宿は港の見える定宿ではありません
満室で取れなかったのです
なので同じ系列の宿で秋田中心部にあるHOTELを押さえました
ここは天然温泉もついているのが嬉しい(茶褐色の湯でした)

s500_IMG_6304.jpg

HOTELへはナビに案内を頼みましたが、これが実に不親切
真っ直ぐ行きたいのに左折ラインに入ってしまい、修正も出来ずそのまま左折・・・
ぐるっと回って元に戻ろうと走っていると良さげな蕎麦屋さんを発見しました
HOTELにチェックインの後は散歩がてらその蕎麦屋さんに向かいます

s500_IMG_6314.jpg

たしかこの道だったはず・・・
彷徨ったルートをトレースして散歩
途中、竿燈まつりの練習の音も聞こえてきました
笛の音が夕刻の落ち着いた風に溶け込んで、それがなかなかいい雰囲気

到着したのは”手打ち蕎麦 かとう”
”伊藤”の次は”加藤”・・・・--;)う~ん、きっと次回秋田に来たら入るお店は”佐藤”かな^^;

s500_IMG_6320.jpg

入店
店内は蕎麦屋としては頃合いの大きさ
でも雰囲気が何となく暗い^^;
床がコンクリの打ちっぱなしなのがそう感じさせるのかも

席は隅っこに陣取りました
何故なら店内を撮りやすいから^^;

s500_IMG_6323.jpg

茶は蕎麦茶
さっぱりとした煎れ方ですが香りはいい
こうなると蕎麦への期待もUPします

s500_IMG_6315.jpg

品書きを確認します
まずは蕎麦前^^
夕飯を蕎麦にするときは蕎麦前はお約束^^
蕎麦飲みのいいとことは一人飲みが似合う事
寧ろ一人で飲む方が粋な感じ
熱燗を二合ぐらいで切り上げて〆に蕎麦を手繰る
だらだらと何時までも飲むのは野暮というもの

s500_IMG_6316.jpg

秋田ですからハタハタ寿しが気になります
でも蕎麦に寿しではW炭水化物になってしまいますからね・・・
やはり此処はそばがきで飲みましょう
という訳で揚げそばがきを頼みました
揚げたそばがき、好きなのです^^
蕎麦前ではそばがきか蕎麦味噌で飲むのが好き
このお店、蕎麦味噌が無いのは残念

s500_IMG_6317.jpg

酒が入る前に〆も検討しておきます

s500_IMG_6318.jpg

二八(720円)と田舎(770円)があり田舎は十割だそう
飲んだ後は二八の喉越しが魅力
でも十割の香りも捨てがたい
と、よく見ると二色盛り(880円)があります
迷った時は両方食べるのがいい
そうしないと後で後悔するから
二色盛りがあるなら迷う事はありません
二色盛り、大盛りに決定です
大盛りは150円増しだそう

s500_IMG_6322.jpg

温かい蕎麦類
地獄ってどんな蕎麦なんだろう
辛いのかな?汁が血の池の如く真っ赤だったら自分には無理かもーー;)

甘味のそばぜんざいも魅力的^^

s500_IMG_6324.jpg

まずは熱燗
夏でも熱燗なのかって?そう何となく蕎麦飲みは熱燗のイメージなので
一合徳利でいただきます
二合徳利でもいいけれど冷めてしまうのは嫌なので

ただこの徳利、ちょっと注ぎ辛い^^;

s500_IMG_6325.jpg

揚げそばがきの到着
そばがきに片栗粉をまぶし揚げてあります
一口頬張ると蕎麦の香りと胡麻油のコク
塩が軽くふってあり、その塩気が蕎麦の甘味を引き出します
そばがきの香りと旨味が口の中にいっぱいに広がったところで熱燗を舐めるように口に含み、しみじみと味わって・・・
iPhoneで本を読みながらゆっくりと楽しみます
店内に流れるのは素敵な曲・・・だと良いのですが、ラジオから流れるAM放送
思いっきりAM放送トークが流れています
これ、雰囲気ぶち壊しーー;)

適度なところで熱燗をもう一本
これは半分位残しておくのです
蕎麦を手繰りながら飲むのも良いですから

s500_IMG_6326.jpg

そばがきを食べ終え、適度なタイミングで二色盛り大盛りを頼みます
暫くしてセイロに入って二色盛りの到着

s500_IMG_6327.jpg

二八、十割何れも色艶いい感じで期待度はUP 

zs500_IMG_2534.jpg

まずは二八から楽しみます
断面がスクエアな細打ちの蕎麦
啜った瞬間から香りが立っています
唇の滑りは二八ならではの良さ
ちょっと酔った口に心地いい 
噛み応えも良く、噛み切った時の食感も気持ちいい
噛むと蕎麦の香りと甘みが溢れます
この時期にこんなにも香るんだ
新蕎麦の季節にもう一度来てみたい
そう思わせる蕎麦でした

zs500_IMG_2535.jpg

次は田舎、十割蕎麦
やや太めの蕎麦ですが断面はスクエア
エッジもしっかりしています
太さゆえ啜って心地いい感じは無いですが、それでも見た目よりはいい感じで唇を滑ります
コシはしっかり、十割蕎麦は噛み応えがだらしない蕎麦も多いのですが、この蕎麦はしっかりした噛み応え
だらしなく潰れるような事はありません
噛み切ったときも適度な反力があって顎が心地いい
二八でも香りは良かったのですが、そこは流石十割、それ以上に良い香りです 

zs500_IMG_2537.jpg

次に汁を味わいます
蕎麦が運ばれてきた時、”ウチの汁は濃いですから少量だけ浸けてお召し上がりください”と
少量口に含むと、成程濃い
でも辛くはありません
やや甘さが先に出る優しい汁
この味ならば濃くても扱いやすい
二八には四分の一位浸けた時が一番美味しい
それ以上だと汁の味に蕎麦の香りが沈んでしまいます
十割でも半分がやっと
かなり強い汁
濃口はいいけれどもう少し辛口だったら自分好みでパーフェクト

zs500_IMG_2536.jpg

薬味は葱と山葵、それに大根おろし
山葵の瑞々しさはやや不足な感じ
大根おろしは普通の大根
葱は見事に細くスライス、いずれも量が上品^^

zs500_IMG_2538.jpg

美味しい蕎麦前と美味しい蕎麦
予想以上に美味しくて愉快な気分
そして蕎麦湯の登場

@@;)ポットだし・・・

蕎麦湯はポット
確かに冷めないから良いのだろうけれど
ちょっと風情ない

zs500_IMG_2541.jpg

良い気持ちでHOTELに戻ります
いい感じに暮れて灯りの温かな光が良い気分
竿燈まつりの練習の音に気分はウキウキ良い気分

手打蕎麦かとう
018-835-8690
秋田県秋田市中通3-4-60
11:00~14:00&17:00~21:00
定休日 木曜日

boeder-001.gif

出張にはお土産はお約束
秋田に来るたびに買っているのはこれ

s500_IMG_5337.jpg

純米原酒といぶりがっこ
いぶりがっこは漬物の中で一番好きかも^^ 

s500_IMG_5339.jpg

この純米原酒、飲みやすくてお気に入り
秋田空港限定販売と売店に貼ってあったけれどどうなんだろう
瓶にはラベルも何もないのです
なので飲んだ後はいろいろ使えます(笑 

s500_IMG_5340.jpg

最近、あまりにも秋田によく行くので記事だけでなくこっちも在庫も増えてきました
自分はそうそう飲む方じゃないから・・・^^;

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(114)  コメント(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スープを味わう洗練された一杯 秋田のラーメン 中華そば伊藤 [ラーメン&餃子(面条&饺子)]

今回も在庫記事から

s500_IMG_6247.jpg

この日も梅雨空、どんより灰色の空の羽田空港
秋田の仕事が片付いたつもりでいましたが
また呼ばれて急遽出張
この後、何度も秋田に行くことになるとは^^;

s500_IMG_6250.jpg

なので暫くは秋田ネタが続きます^^;

s500_IMG_6262.jpg

何時も真面目に時間に余裕を持って空港に行くので、検査場を抜けたらしばらくは暇
なので飛行機撮りで暇つぶし
コンデジ、手持ちなのでぶれるぶれる^^;

s500_IMG_6266.jpg

ようやく出発
今回も窓側をGET^^

s500_IMG_6269.jpg

秋田~
秋田空港でレンタカーを借り、客先へ向かいます
勿論向かう途中で昼ごはん
今回は秋田の街中で

s500_IMG_6270.jpg

ラーメンを食べたくなって検索
HITしたその中で、自分の好みっぽいラーメンを見つけましたので行ってみます
秋田市場の中にあるラーメン屋さん
市場の駐車場にレンタカーを駐車
有料ですが大丈夫
市場内のお店で飲食すれば無料になるのです
(確か二時間までだったかな) 

s500_IMG_6272.jpg

美味しそうな海鮮がいっぱい並ぶ中を奥に行くと隅っこに”こだわり 中華そば”の幟
支那そば 伊藤、秋田県のご当地ラーメン「十文字中華そば」の店です
此処が今回のターゲット

s500_IMG_6300.jpg

昭和懐古の一杯
この謳い文句に誘われました
最近のラーメンはコッテリ濃厚なものばかり
それはそれで良いのですが、偶にはこういう優しげな味のラーメンがいい

s500_IMG_6292.jpg

入店
品書きはシンプル
ラーメンは並、中、大とあり
中は1.5玉、大は2玉

s500_IMG_6274.jpg

券売機で食券を買います
ラーメンは三種類
中華そば、みそ中華、それに冷やし麺

s500_IMG_6275.jpg

どれにするか悩んだ時は左上の法則
しょうゆ並700円です
中、大も魅力的ですが、あえて並でいきます
トッピングに玉子が無い@@;)あんまりだぁ~TДT

スープと麺のバランス、ラーメンはこれが大事
並は基本、麺とスープのバランスの最適化が図られているはず
もし大だったら麺がとスープのバランスが変わってしまうように思えて・・・・
なので最近はラーメンは並で頼むようにしています

s500_IMG_6276.jpg

食券を渡しカウンター席に陣取ります
店内は完全禁煙
これは嬉しい^^

s500_IMG_6278.jpg

カウンターの上には胡椒と一味
オーソドックスなスタイルで昭和的

s500_IMG_6279.jpg

何故玉子が無いのだろう
美味しいのに、ラーメンに入っている玉子が大好きなのに・・・
味玉なんて贅沢は言わない
シンプルな茹で卵でも構わないから玉子も用意して欲しい
あっ、勿論茹で方は黄身トロリでね^^

s500_IMG_6280.jpg

中華そば(並)700円の着丼
見事に澄んだスープと極細の麺が食欲をそそります^^

s500_IMG_6283.jpg

まずは丼顔をチェック
チャーシューにナルトに海苔、そしてシナチク
ええ、シナチクです
メンマではありません
昔ながらの中華そばにはシナチクの名の方がしっくり来ますから

s500_IMG_6281.jpg

麩も入っているのですね
できあがった中華そばに、乾いた麩を乗せています
着丼した地点では半分ぐらい汁が染みていました
撮っているあいだにどんどん染みてきます
汁の染みた麩、美味しそうだ^^

s500_IMG_6284.jpg

見事に澄んだ汁
油の浮きもほとんど無く、みるからにあっさり
夏バテでも食べられそうな感じです

s500_IMG_6285.jpg

まずは汁を一口
口に含んだ瞬間、優しい旨味が広がり、魚介出汁の香りが鼻を擽ります
ふんわりとした薄口、ですが旨みはしっかりあっていくらでも飲めそう
味濃くは無く、スッキリとした後口ですがコクはしっかりあるのです
出汁は焼干し、煮干し、鰹節の魚介のみ、これは日本人にとっては飽きない味
それはスープではなく汁

s500_IMG_6287.jpg

麺は極細
かん水を使わない麺
かん水不使用でがっちりしたコシは期待できないですが、それでも十分なコシがあります
噛み応えも悪くない
汁の絡みもよく、麺を食べていて途中で飽きる事は無かったです
大の2玉でも飽きなかったかも

s500_IMG_6288.jpg

ナルト
ラーメンに乗せるいらない具ランキングの第3位になったらしいナルト
でも自分はラーメンには絶対欲しい
特に昔ながらの醤油ラーメンには欠かせません
無いとそれだけでガッカリしてしまいます
確かに特別美味しい訳じゃないですが^^;
ナルトはもともとは蕎麦の具だったそうです
なので魚介出汁のラーメンと相性がいいのかも

s500_IMG_6289.jpg

シナチクは太いがしゃきしゃき感無く、噛み応えは今一つ

s500_IMG_6290.jpg

チャーシューは脂身が無く、パサパサで硬い
脂が無くさっぱりした味わいなのはこの汁にマッチするのでしょう
でも、そうと解っていてもチャーシューには脂身が欲しい
汁の熱でトロリとなった脂身の食感と濃厚なコク
それが欲しい

s500_IMG_6291.jpg

優し味わいで美味い中華そばでした
コクもしっかりあって飽きが来ない味
が、中毒性は無い感じ
一か月程して、思い出して無性に食べたくなる感じではありません
優等生過ぎるのかも
個性が強い方が中毒性が高いですから

s500_IMG_6302.jpg

入った側と別口から出ると市場の外
こちらの方が暖簾もあって雰囲気がいい
その横の貼り紙は・・・

s500_IMG_6297.jpg

ん?これは・・・

s500_IMG_6298.jpg

そのまんま冷やし、トッピングは葱のみのシンプルさがいい
さっき食べた中華そばで出汁の美味しさは解っています
それが冷たいラーメンになっているのですから気になって仕方ありません

s500_IMG_6301.jpg

今食べたのは並だから、もう一杯は余裕で食べられます
食べようかな・・・いや、摂取カロリーの事も考えないと
ーー;)う~ん
悩んだ挙句、今回は見送り

支那そば 伊藤 (しなそば いとう)
018-833-0866
秋田県秋田市中通4-7-35 秋田市民市場
[月~土]10:00~16:00
[日]11:00~15:00

boeder-001.gif

怪しげな広告コメント

しつっこく入り続けています

仕方ありません

もうログインユーザーのみの設定にするしかないですね

・・・・・・

と言う訳で

コメント受け入れ設定を”ログインユーザーのみ可”にしました

曽根風呂以外の方からもコメントをいただいていましたので心苦しいですが

暫くはご容赦ください

・・・・

追記

基本設定をログインユーザーのみに設定したものの

在庫下書き分の再設定を忘れていました(滝汗

m_emoji-1.gif


nice!(121)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

激辛とボリュームに驚く秋田のカレー インド料理 ラクスミ [カレー(Curry)]

今日は在庫記事から

s500_IMG_4863.jpg

この日は紫陽花が豊かな色彩で目と心を楽しませてくれていた頃のこと
どんよりとした空の羽田空港にやってきたのは秋田に行くため
このところ秋田にチョコチョコ行っています

秋田は数年ぶりでしたので最初は嬉しかったのですが、こうも続くと流石に飽きたかも・・・
いえ、まぁその^^;
本当は飽きたわけじゃなく、どうも仕事がスッキリ終わらないのでちょっと嫌気がーー;)

s500_IMG_4873.jpg

この日は仕事を秒殺で終わらせてやろうと意気込んでいたのです
なので飛行機に乗ってルンルン気分
窓側の席を取れたものの翼の上
あまり眺めが良くなくて残念

s500_IMG_4876.jpg

一時間もしないで秋田空港に到着
さて、レンタカーを借りたら客先に行く前に昼ごはん

boeder-001.gif

iPhoneを駆使してお店を探します
蕎麦、ラーメン、カレー、メガ盛り
さて、何処にしようかな^^

s500_IMG_4882.jpg

梅雨の蒸し暑さに体がスッキリしません
こんな時は辛いカレーで体に喝を入れましょう
と言う訳で選んだのはカレー屋さん
インド料理、ラクスミ

s500_IMG_4878.jpg

ランチで900円はかなりの強気
カレー一品にナンとサラダ飲み物がついて900円
普通、カレーが一品だったら700円~800円ぐらいが適正価格
それが900円、さぞかし・・・・
思わず期待心を抱いて入店^^

s500_IMG_4883.jpg

まずは品書きをチェック
カレー二種類の他にタンドリーチキンやヨーグルトが付いたセットが気になります
でもこの量を食べたら眠くなってしまいそうなので我慢

s500_IMG_4888.jpg

結局日替わり(900円)をオーダー
この日の日替わりはチキンORベジタブル
なのでチキンカレーをチョイス
ナンを選び、飲み物はラッシーで
辛さは甘口、中辛、辛口、激辛から選べます
最上級が激辛
ならば辛口はそれ程でもないだろうと辛口を選びました
”辛いけれど大丈夫?”と問われましたが、最上級を選んだわけじゃ無し、何を大げさな^^
と余裕をかまして、にっこりと”うん大丈夫”

この店、やはりちょっと高めの価格設定
マトンカレーのランチで1110円とは(驚

s500_IMG_4890.jpg

注文と同時に置かれるのはサラダと飲み物

s500_IMG_4891.jpg

何と、サラダのドレッシングがドバドバじゃない
普通な感じです
しかも自分の苦手なサウザンじゃないのが嬉しい

s500_IMG_4893.jpg

そしてカレーの到着
器になみなみと入ったカレーに目が点
メチャ沢山入っています
普通の店の倍ぐらいありそう

これなら日替わりが900円でも納得
この店、量が多いんだ

s500_IMG_4896.jpg

続いてナンも到着

s500_IMG_4898.jpg

ナンは小さ目で凄く薄焼き

s500_IMG_4899.jpg

焼き色は綺麗で丁度いい焼き加減

s500_IMG_4900.jpg

ギーはしっかり塗ってあります

s500_IMG_4901.jpg

まずナンを味わってみます
パリパリ
薄焼きでパリッとした食感
甘さは無く、好みな感じ
自分のは全体的に薄くパリパリでしたが、他の人は 真ん丸に風船のごとく膨らんでいるのもありました
安定的に作れないのかな?
食べていてふと思ったのは煎餅みたいなナン
ちょっと不思議ですが面白いからいいかな^^; 

s500_IMG_4903.jpg

次にカレーを味わいます
ひと匙すくって口の中に

炎炎炎炎>(◇´* ))))..ブオォー!!..(((( *`◇)<炎炎炎炎

メチャ辛い~><

s500_IMG_4904.jpg

確かに辛いと言われたけれど、此処まで辛いとは思っていませんでした
辛口と言っても最上級ではありません
辛口でこの辛さ
最上級の激辛って一体どんな辛さなんだろう

ここまで辛くなるとスパイスを感じる余裕がありません
必死で堪えながら食べるのみ
一口ごとに火炎放射、これではせっかくのスパイスを味わう事ができません・・・・--;)

s500_IMG_4895.jpg

ラッシーを一口飲むと、あぁ~ら不思議
あんなにも燃え盛っていた口の中が一気に消火
こびりついていた辛さがすーっと消えてゆきます
甘いラッシーってこんなにも美味しいものだったんだ
世界一美味しいかも(感涙
これならスパイスも感じられます

このカレー、スパイシーだけれどそれ以上にHOT

s500_IMG_4905.jpg

カレーはややぽってりでナンとの絡み具合は良い感じ
辛いので少量浸けで食るのでナンがすぐに無くなってしまいました

s500_IMG_4906.jpg

カレーだけで食べるには辛過ぎますから、ナンのおかわりです
尋ねるとお代わりはご飯でも良いとの事でしたのでご飯をお願いしました
日本米かインド米か選べますので、ここは当然インド米で
日式カレーならば日本米を選びますがインドカレーならばインド米がいい

s500_IMG_4907.jpg

サフランライスになっていたのは嬉しいな

s500_IMG_4909.jpg

おかわりご飯一皿では足りません
結局二皿もおかわり
メチャ満腹

s500_IMG_4910.jpg

ご飯との絡み具合はこんな感じ
ご飯との絡み具合はこんな感じ
ナンよりご飯の方がスパイスの風味を強く感じられます

辛口じゃなく中辛ぐらいにしておけばよかった・・・--;)

boeder-001.gif

辛さのチョイスを間違えたな
今度秋田に行ったらまた行ってみよう
そう思っていたら・・・・

s500_IMG_5939.jpg

また秋田へ出張^^;
これはリベンジしないとね
(この時の秋田出張はカレー以外のものもリベンジしました 詳細は別記事で)

s500_IMG_5946.jpg

今度はカウンター席に陣取ります
この日のランチはチキンORチキンwダル
ダルもすきなのでチキンwダルをオーダー

s500_IMG_5945.jpg

当然今回は中辛にしました
でも安全の為飲み物はラッシーで^^;

s500_IMG_5948.jpg

この日のナンも見事に薄焼き

s500_IMG_5950.jpg

パリパリ、美味しい

s500_IMG_5949.jpg

中辛でもしっかりとした辛さはありますが、スパイスの香りをよく感じられます
ダルのほっこりした食感が辛さを包み込んでマイルドな味わい
チキンだけより好きだな^^

s500_IMG_5952.jpg

サクサクナンにほっこりダルカレーがよくあいます

s500_IMG_5953.jpg

当然お代わりはインド米で
ナンを食べきってもこれだけしかカレーが減っていません
絶対お代わりはご飯を二皿必要です

s500_IMG_5958.jpg

ダルだとぽってり感が強くなります

s500_IMG_5959.jpg

ご飯との絡み具合

s500_IMG_5961.jpg

此処のカレー、良いですね
リピ確定です(現にリピしているし)
でも問題はご飯(ナン)を食べ過ぎてしまうこと

カレーをフィニッシュするにはナンにご飯を二皿が絶対必要となるカレー
ランチでこれだけ食べてしまうと仕事の集中力が保てない^^;
眠くなるし・・・・それに摂取カロリーが怖いし--;)

ラクスミ
018-868-1777
秋田県秋田市外旭川八幡田121-1
[平日]11:00~15:00&17:00~22:00
[土・日・祭日]11:00~22:00

boeder-001.gif

翌日、定宿の周辺を散歩
ディーゼル機関車の音を楽しみました

s500_IMG_5966.jpg

鉄分補給^^
乗ってみたいなぁ

s500_IMG_5967.jpg

道路からの距離が近いので凄い迫力、楽しめました^^

boeder-001.gif

怪しげなコメントが入り続けています

はっきりとしたCMコメントのものばかりではなく

何の意味もないコメントの時も

奴らは一体何が目的なのだろう

ーー;)う~ん

認証番号を変えても排除できませんでした

ログインユーザーのみ可の設定にしてもダメだったとの記事もありました

と、なると・・・防ぐのは無理かも

こまめにチェックして都度消去するしかないのかな

m_emoji-1.gif


nice!(122)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理