So-net無料ブログ作成
検索選択
茨城の蕎麦 ブログトップ
前の30件 | -

鉄の寄り道と水戸の蕎麦 住宅地一軒家の蕎麦 常陸乃国秋蕎麦 そば処 うち田 [茨城の蕎麦]

群馬は安中へ出張
仕事は予定外の結果となって一旦中断(予定外ではありましたが想定の範囲内のこと)
時間が空いたので急遽割り込んできた仕事をこなすのに水戸へ出張することになりました
ただ、水戸に行くにしても1時間ぐらい余裕があります
昼ごはんをヌキにすれば2時間の余裕
この2時間を使って常々行きたいと思っていた場所に行く事にしました


s500DSCN1727.jpg


向かった先は碓氷峠鉄道文化むら
入場料は500円
此処は電気機関車が圧倒的に多く、JR東日本とも関係のない、北陸や九州で活躍していた車両も展示されています
これは国鉄末期に計画されていた「高崎電気機関車館」(仮称)の収蔵用として集められたものの、計画が消滅して宙に浮いていた車両が此処に集まったからだそう


s500DSCN1732.jpg


189系、あさま  
早速運転台に~♪


s500DSCN1734.jpg


おぉ、アナログメーターが並ぶ運転席は萌えますねぇ
思ったより運転台が高いな  


s500DSCN1736.jpg


電気機関車のEF63  


s500DSCN1740.jpg


なんとワイルドな運転台なんだ
メーターやスイッチ類の多さに萌えます
いやいや、流石機関車、男前な雰囲気がいいなぁ 
メーターの数は多ければ多いほど偉い!
これが自分の評価基準^^;
今乗っているAudi A4(B5)もメーターが多い(6個・・・時計もアナログだったら7個だったのに・・・)から気に入ったという・・・・(爆
16年も乗っているのですが買い換えない理由は新しい車はメーターの数が少ないから
今の車のデザインはメーターの数を少なくする方向にあるのですねーー;)つまらない・・・ 
あくまでアナログメーターがいいのです
液晶メーターなんて好きじゃない


s500DSCN1749.jpg


ディーゼル機関車~♪
実はこれがお目当てだったのです
自分は特に鉄な人ではなく、ただ内燃機関が好き
なので鉄もディーゼル、ディーゼル機関車と気動車限定なのです
DD51が置いてあるというのでエンジンが見られるかと期待していましたが、残念ながらエンジンは見られませんでした
1000psのV12ディーゼルエンジン、見たかったな
このエンジンを二基搭載している機関車
体験運転してみたいものです 


s500DSCN1753.jpg


男前な外観のDD51ですが運転席は意外とおとなしめ^^;
でも音は凄いでしょうね
1000psのディーゼル、エンジンを始動してみたいなぁ==)  


s500DSCN1758.jpg


窓から顔を出して運転(貨物の入れ替え等で)している姿を見ますが、真似して窓から顔を出して・・・
うわぁ、高いねぇ
前が全く見えないし^^;  


s500DSCN1759.jpg


今日の目的はコンプリート♪←仕事じゃないのか?  


s500DSCN1766.jpg


蒸気機関車はD51のみ  


s500DSCN1792.jpg


懐かしい三段の寝台車
高校の頃の一人旅で初めて乗った寝台車はこのタイプでした
普通列車なのに寝台車
そういえばこの頃から行き先不明のあての無い旅が好きだったような^^; 


s500DSCN1793.jpg


ただ此処・・・一寸残念な感じも
シュミレーターが故障中だとか、 展示車両の破損部位を治していないとか
それに・・・ 


s500DSCN1794.jpg


展示車両が展示品というより廃車という雰囲気だから・・・
これじゃぁリピ無いよ 


boeder-001.gif


そして水戸に到着
仕事をやっつけてHOTELへ行く途中道に迷いました^^;
近道しようとしたら遠回り、よくあること^^
で、迷った末に車がすれ違えないような細い道に蕎麦屋の看板と駐車場を発見
 


s500DSCN1821.jpg


翌日、午前中の打ち合わせが終わればその案件は終了
客先を離れ、速攻でその蕎麦屋さんに行ってきました   
昨日発見した駐車場から矢印に従い辻を曲がって・・・


s500DSCN1797.jpg


住宅地にある蕎麦屋さん
お店は普通の住宅そのもの
入口は普通に玄関な感じ^^; 


s500DSCN1801.jpg


店内・・・普通によそのお家^^; 


s500DSCN1807.jpg


テーブル席が4卓で、一番奥は個室的スペース 


s500DSCN1802.jpg


この日も暑い日
冷たい水がお茶か訊かれますが、ここはお茶で
おしぼりは紙なのが残念 


s500DSCN1803.jpg


品書きを確認します
流石茨城、けんちん蕎麦がありますね
しかも自家製味噌・・・って味噌味なんだ@@)
それもかけ汁タイプ、浸け汁タイプ、どちらもOKだそう
これ、食べてみたいですね
でもそれは冬にとっておきましょう 


s500DSCN1805.jpg


ここで蕎麦飲みするのなら 蕎麦がきのつゆびたし かな^^
ご飯ものにも興味深い一品が
生卵かけけんちんご飯!
こりゃ美味そうだ^^


s500DSCN1804.jpg


初めての店では”もり”と決めています
ただこの店は十割蕎麦もありますので十割にしたいところ
三色は十割と九割、それに茶蕎麦だそう
茶蕎麦は好きでは無いので十割蕎麦をオーダー
大盛りで^^
大盛りは350円増しでした  


s500DSCN1806.jpg


よろしければ・・・と出された一品
これが凄く口当たりのいい蒟蒻で、日本酒が欲しくなりました
これは良く冷えた吟醸があいそうです  


s500DSCN1808.jpg


どうやら手作りの蒟蒻のようです
蒟蒻芋は奥久慈産、蕎麦は常陸秋蕎麦ですし茨城LOVEな蕎麦屋さん
こういうお店は良いですね  


s500DSCN1810.jpg


十割蕎麦のもりの到着
蕎麦は断面がスクエアな細打ち
エッジもしっかりしています
十割でこの細さは見事
汁だけではなくデフォルトで塩も付いてきます


まずは蕎麦のみで手繰ります
唇に蕎麦を挟み一気に啜るとしっかりした蕎麦の香り
この季節にこの香りは素晴らしい
新蕎麦の時期にまた来てみたいです
噛み応えもいい感じ
二八のような喉越しは望めませんが、十割にしては悪くない
若干の十割らしい抵抗感を与えながら唇を滑ってゆきます
噛むと蕎麦の香りと甘みがしっかり溢れ出るいい蕎麦
塩を若干付けると更に蕎麦の甘味が増してきます


経験上、塩で食べるのは結構難しいと思っています
塩に負けてしまう蕎麦も多いですから
大抵は塩を付けて食べても一箸のみ
あとは塩無しか汁浸けで食べています


この蕎麦、蕎麦がいいのか、塩がいいのか
はたまた両方いいのか
塩を付けても塩が尖らず蕎麦を引き立てるのです
塩付で何度も手繰ってしまったぐらい  


s500DSCN1816.jpg


次に汁を味わいます
一口唇に含み舌先へ
ドッシリと濃い汁で旨味の厚さは厚すぎず薄すぎず
バランスがニュートラルに近くいい感じ
若干酸味が強めで、その爽やかさが夏に丁度いい


s500DSCN1814.jpg


蕎麦を汁に浸けて手繰ります
しっかり濃い汁は蕎麦の三分の一位を浸けて食べるのが蕎麦の甘味と香りを一番引き出していました  


s500DSCN1811.jpg


薬味は山葵と葱
山葵は粒粒感多めで辛さもしっかり 
葱は透明感あるスライス 


s500DSCN1815.jpg


飽和した味覚を山葵を舐めながらリフレッシュ
再び蕎麦を味わいます 


s500DSCN1812.jpg


漬物と 


s500DSCN1813.jpg


フルーツやツナサラダも付いてきました  


s500DSCN1817.jpg


蕎麦湯は白濁したタイプですが、ドロドロし過ぎず適度な感じ  


s500DSCN1818.jpg


残った汁を蕎麦湯で割っていただきます
これがまた美味しい


そば処 うち田
029-291-6989
茨城県水戸市住吉町14-15
11:00~15:00
17:00~20:00
定休日 水曜日 


boeder-003.gif


この日のスイーツはこれ 


s500DSCN1823.jpg


ローソンのロールケーキ
夏らしくマンゴーのが出ていたので購入  


s500DSCN1824.jpg


スヌーピーシールは三枚^^  


s500DSCN1826.jpg


ロールのセンターのクリームに更にクリームが盛られます
それにマンゴーの果肉も乗っていい感じ


s500DSCN1831.jpg


マンゴークリームがいっぱいなのが嬉しい^^    


s500DSCN1833.jpg


生地もソフトでした
夏らしく爽やかな甘さで食べやすい味
もうちょっとリーズナブルだといいな  


s500DSCN1834.jpg


この三枚でシール40枚を達成  


s500DSCN1835.jpg


お皿GET
さて、もう一回40枚集めないとね^^


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


最近、広告コメントの書き込みが増えましたので
コメントは so-net ログインユーザーのみ受付の設定とさせていただきます
 


nice!(110)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

見事な細打ち十割蕎麦とバランスのいい汁 水戸の蕎麦 そば処みかわ [茨城の蕎麦]

今日は在庫記事から

0s500_IMG_2667.jpg

この日は水戸で仕事でした
午前中で終え、翌日の仕事の為につくばへ移動します
移動する前に昼ごはん

1s500_IMG_2668.jpg

十割蕎麦がたべたくなって、やってきたのは”みかわ”

1s500_IMG_2703.jpg

暖簾をくぐると石臼が出迎えてくれます

s500_IMG_2669.jpg

完全禁煙なのが嬉しいです

s500_IMG_2670.jpg

入口直ぐはテーブル席、奥は座敷
今回はテーブル席に案内されました

s500_IMG_2684.jpg

茶は蕎麦茶、いい香りです
おしぼりが紙なのは残念
こんなにもいい雰囲気の店内なのだから、おしぼりは紙じゃない方がいいな

s500_IMG_2671.jpg

仕事中なので蕎麦飲みはできませんが、こういうものがあったら思わずチェックしてしまいます

s500_IMG_2672.jpg

そば味噌焼きかそばの揚げだしがいいな

s500_IMG_2673.jpg

いやいや、ちゃんと品書きを確認しなければ・・・
地域の名物の奥久慈のしゃもにけんちん蕎麦、その合体の”しゃもけんちん”が気になりますが、初めての店では盛り、これは譲れません

s500_IMG_2674.jpg

二色盛りに心惹かれますが、蕎麦と饂飩の二色でした
これが十割と二八の二色だったら迷わず二色にしたのですが・・・・
大盛りは200円増し、汁のおかわりも200円

s500_IMG_2675.jpg

その他、つけ汁が温かなざる類

s500_IMG_2676.jpg

温かな蕎麦や饂飩類

s500_IMG_2677.jpg

天麩羅

s500_IMG_2678.jpg

甘味も気になります

s500_IMG_2679.jpg

で、おかわりに替えざる、これは普通のざるで頼みました
これで二色蕎麦のできあがり^^

s500_IMG_2680.jpg

蕎麦粉のロールケーキも気になるのでオーダー
自分も昔は蕎麦粉スイーツを研究していたのですが、最近は全く手つかず
久しぶりに蕎麦粉スイーツも作ってみようかな

s500_IMG_2685.jpg

まずは十割が到着
断面がスクエアな細打ちの蕎麦
早速蕎麦のみで手繰ります

s500_IMG_2686.jpg

唇に蕎麦の端を軽く挟んで一気に啜ると、啜ると同時に香りが広がって思わずうっとり
噛むと更に香りが満ち、唸ります
噛み応えも良く、適度な反力を感じさせ、だらしなく潰れる事はありません
唇の滑りも良く、十割にしては喉越しもいい感じ
なかなかの蕎麦に満足

s500_IMG_2689.jpg

次に汁を味わいます
一口含んで最初に感じるのは香り
出汁の香りを良く感じます
甘さは強くありませんが優しさがあって食べやすい
ふんわり出汁が香った後に柔らかさ、それが凄く優しい
酸味が絶妙な加減で汁を〆ています

s500_IMG_2687.jpg

蕎麦を汁に浸けて手繰ります
蕎麦の半量を浸けるのが丁度いい感じ
蕎麦と汁の相性も見事、いいバランスです

s500_IMG_2688.jpg

薬味は葱に山葵、それに大根おろし
山葵は瑞々しく、香り辛さも心地いい
大根は辛味大根、程良い辛さ
葱は普通

s500_IMG_2690.jpg

十割を食べ終え、お替わりの二八を持ってきてもらいます
器が違います

s500_IMG_2692.jpg

二八蕎麦も断面がスクエアな細打ち
しかし面白いことに十割より太目です
啜った時に立つ香りは流石に十割の方が強く感じますが、この二八だって十分に香る蕎麦
噛み応えもしっかりして、流石二八
十割よりも喉越し噛み応えでは勝ります

s500_IMG_2693.jpg

コシも十割より強い
喉越しは良いけれど十割に比べてダントツじゃない
十割より若干太いからかそう感じるのかも
もっと細い蕎麦だったらもっと気持ちよかったかも

s500_IMG_2694.jpg

食べ終えた頃に蕎麦湯の登場

s500_IMG_2695.jpg

あっさり系の蕎麦湯でした

s500_IMG_2696.jpg

残った汁を割って一杯、そして蕎麦湯だけで一杯

s500_IMG_2697.jpg

最後に蕎麦ロール
生地はふんわりして噛み応えも違和感はありません
普通に薄力粉で作ったケーキのよう
蕎麦粉はそれ程入っていないようです・・・逆二八かな

s500_IMG_2698.jpg

蕎麦の実がいい仕事をしています
香ばしくて噛むと蕎麦の甘みと香り
クリームも甘すぎず、蕎麦の味を邪魔していません
悪くないね、真似てみようか^^

s500_IMG_2699.jpg

蕎麦処 みかわ
029-233-1311
茨城県水戸市松本町17-75
11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 水曜日

boeder-001.gif

その後、水海道の定宿で宿泊 

s500_IMG_2705.jpg

駅前のHOTELを選んだ理由は気動車が見えるから

s500_IMG_2709.jpg

気動車の音を聴きながら寝るのが良い気持ち^^

zs500_IMG_2905.jpg

この冬、寝酒によく飲んでいたのがこれ
季節限定の文字に誘われて購入したのですが、甘酒好きな自分、この味にハマってしまって^^;

zs500_IMG_2904.jpg

甘いし、11度程度と軽いから飲みやすい^^

boeder-003.gif

今日の晩御飯は天麩羅

無性に菜の花の天麩羅が食べたくなって作りました

できた頃に奥さんからLINEが到着

今日、ご飯要らない

オマイ、もっと早く連絡よこせよ

俺がこんなタイミングでご飯要らないなんて言ったら

ギャーギャー大騒ぎする癖に・・・--;)

山盛り作った天麩羅

頑張って食べたのですが

そういえば胆嚢を取っ払っていたんだった^^;

飲み会に行くと購入が絶対条件のアイスのお土産

奥さんはアイスと共に帰ってきました

今、メッチャ腹が気持ち悪いのは

胆嚢が無いのに天麩羅を食べ過ぎたせいじゃなく

アイスも食べて、食べ合わせのせいなのかも^^;

早く寝なきゃね

日曜日は温泉ライダーGo!

m_emoji-1.gif


nice!(112)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

喉越しのいい常陸秋蕎麦 久慈の蕎麦 ますこ庵 [茨城の蕎麦]

この日は北茨城へ出張
何時もは車なのですが、今回は電車を使いました
品川から特急ひたちに乗って日立へ
そこからレンタカーで北茨城にアクセスします

s500_IMG_1252.jpg

日立駅、随分変わりましたねぇ
ガラス張りの駅舎、昔のイメージは全くありません
海が眺められるのがいいですね
駅舎の先端には・・・カフェかな
帰りに時間があったら寄ってみましょう

s500_IMG_1273.jpg

北茨城で一仕事
宿泊してもう一仕事
二日目は午前中で終わって、日立へ戻ってきました
常磐道、日立中央ICを降りて一般道へ

さて、昼ごはんの時間
常陸秋蕎麦が食べたいな
ICにそのまま繋がる有料道路を降りて信号を左折すると日立駅
でも街中に行くのは何となく面白くありません
いっそ袋田の滝の方に向かって走った方が面白そう
信号を右折して山の中へ

これが意外と良さげな蕎麦屋を発見できないのです
ちょっと意地になりながら走り続けて、かなり袋田の滝に近づいた頃に良さげな蕎麦屋さんを発見
寒々とした風景がまたいい感じ

s500_IMG_1275.jpg

自家製粉 臼挽 そば処 ますこ庵

s500_IMG_1277.jpg

地味な感じの建物、茶色の暖簾をくぐって入店

s500_IMG_1278.jpg

店内は完全禁煙、これは嬉しい
座敷席がメインでテーブル席は大きなテーブルが一つ
今回はテーブル席に陣取りました

s500_IMG_1292.jpg

茶は温かな蕎麦茶
やはり蕎麦屋では蕎麦茶がいいね
でもしぼりが紙なのは残念

s500_IMG_1285.jpg

品書きを確認します
尤も確認といっても初めてのお店では”もり”と決めていますが
品書きにカロリー表示があるのは嬉しい
これでも一応摂取カロリー制限中なもので・・・
スイーツを食べまくっておきながら制限中もないものだろうけれど^^;
見ると食べたくなっちゃうんだよね
今の季節はチョコ系スイーツが特に^^

s500_IMG_1286.jpg

”もり”と決めているとはいえ、奥久慈しゃも丼はかなり心揺れました

s500_IMG_1287.jpg

”もり”大盛りでオーダーした後、品書きを眺めながら待ちます
鰊蕎麦って結構カロリーが高いのですね

s500_IMG_1288.jpg

鰊蕎麦と天せいろが同等のカロリーだったとは驚きでした

s500_IMG_1294.jpg

”おおもり”の到着
スクエアな断面を持つ細打ちの蕎麦
量はしっかりあります
艶やかな表面は見るからに喉越しが良さそう
器もいいな

s500_IMG_1298.jpg

まず蕎麦のみで
箸で持ち上げた蕎麦の端を唇に挟み、一気に啜ります
唇を気持ちよく滑る蕎麦
しっかり締って唇への当りも心地いい
啜った瞬間から香りが強く立つ蕎麦ではありませんが、噛むとしっかり香ります
噛み応えもいい感じ
だらしなく潰れる事無く、しっかりとした反力を感じます
噛み切った時の跳ね返りは無く、ナチュラル
コシはしっかりして噛むと顎に気持ち良さを感じます

s500_IMG_1303.jpg

次に汁を味わいます
少量口に含み舌の上に
薄口な汁でそのまま飲めるほど
薄口ですが旨味の厚さはしっかりあります
出汁もしっかり香り、最初に香りが出るタイプ

s500_IMG_1299.jpg

蕎麦を汁に浸けて手繰ります
細打ちの蕎麦に薄口の汁
バランスはいい感じ
薄口ですので蕎麦を汁にしっかり浸けた方が美味しい
蕎麦の半分・・・いえ、全部どっぷり浸けたぐらいが一番美味しく感じました
どっぷり浸けが一番蕎麦の香りを甘味を感じます

s500_IMG_1302.jpg

薬味はオーソドックス
葱と山葵
山葵は粒粒感があって香り高いです
でも瑞々しさは控えめ

s500_IMG_1304.jpg

一部、蕎麦の幅にばらつきがあったものの、喉越しよく心地よい蕎麦
常陸秋蕎麦を楽しみました^^

s500_IMG_1305.jpg

蕎麦湯

s500_IMG_1306.jpg

さっぱりとした蕎麦湯でした

s500_IMG_1307.jpg

残った汁を蕎麦湯で割っていただきます

そば処ますこ庵
0295-76-1028
茨城県久慈郡大子町小生瀬2878-6
11:30~14:30
17:00~19:00
定休日 水曜日

boeder-001.gif

日立駅に戻り特急券を購入
駅舎内のカフェに寄る時間を考慮して列車を選びました
と言っても一時間に一本の特急ですから列車を一本遅らすだけ 

s500_IMG_1309.jpg

太平洋を眺める絶景のカフェに行ってみましょう
この日は天候が悪かったのが凄く残念
青空の日だったら最高だったのに

シーバーズカフェ (SEA BiRDS CAFE)
0294-26-0187
茨城県日立市旭町1-3-20
7:00~22:00(L.O.21:00)

s500_IMG_1311.jpg

パンケーキがお勧めなようですが、昼ごはんは済ませてしまいましたのでパンケーキだと流石に食べ過ぎ
紅茶とケーキのセットにします
ケーキの種類は少なく、ロールORチョコ
当然チョコケーキで
あまりケーキに力を入れていないお店なんですねぇ
(この雰囲気だとケーキよりお酒の方が良かったかも^^;)

s500_IMG_1313.jpg

チョコケーキは・・・あまりチョコチョコ感が無くて残念
生地にしっとり感は少なく、チョコの風味も不足気味
眺めがいいからリピすると思うけれど、次は酒だね
海を眺めながらのんびり飲むのもいいね

s500_IMG_1315.jpg

特急ひたち、今回久しぶりに乗りました
前回乗ったのは30年前、当時勤めていた企業の研修施設が日立市にあったのです
当時の特急ひたち、車両もモサかったな
こんなにも綺麗な車両になっているとは@@)

boeder-001.gif

m_emoji-1.gif


nice!(120)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

自家製粉常陸秋そばを使った二八蕎麦 水戸の蕎麦 そば紀 [茨城の蕎麦]

インフルエンザは治ったものの、味覚を失ってしまいました
日ごと味覚は戻りつつありますが、完璧には程遠いーー;)
味覚がいまひとつだと食べる気になれません
なので記事ネタは新しく増えず今回も在庫記事から

s500_IMG_8947.jpg

この日の出張は水戸
定宿の近くの蕎麦屋さん、”そば紀”が今回のターゲット

s500_IMG_8935.jpg

夜の部、開店早々の入店
なので貸切状態
なかなか広いお店でしたので貸切状態だと一寸寂しい

s500_IMG_8936.jpg

温かなお茶は嬉しいですが
おしぼりが紙なのはいけません
何度も書きますが、紙おしぼりってそれだけで興覚め
全てが安っぽく感じてしまいます

s500_IMG_8930.jpg

品書きを確認します
もりは680円で大盛りは320円増し
この大盛り料金はかなり割高なのでは
もりが680円ならば大盛りは200円増し位が適切なように思います

オーダーは大盛り、疑問を感じる大盛りですが癖で無意識に大盛りをコール^^;

s500_IMG_8931.jpg

冷たい蕎麦のTOPに”そばがき”が来ているのは珍しい
そもそも”そばがき”は冷たくは無いように思えますが・・・

s500_IMG_8932.jpg

温かい方 
茨城ですから”けんちん蕎麦”が気になります

s500_IMG_8934.jpg

夜ですから蕎麦飲みも考えましたが
HOTELに戻ってから書類と格闘しないといけないことを思い出して断念
飲んだら恐らく寝てしまいますから、書類が片付いていないと蕎麦飲みはできないのです^^;
ハゼ天ぷらで飲んでもり蕎麦で〆たかったな

s500_IMG_8937.jpg

大盛りの到着
さすがに一寸高めの大盛り料金
量はしっかり大盛りです
太目で存在感のある蕎麦の表面は艶やか
星は無く、綺麗な表面
早速蕎麦のみで手繰ってみます

s500_IMG_8939.jpg

自家製粉した常陸秋そばを使った二八蕎麦は太さがありますから啜るのに力が必要
蕎麦の端を唇に軽く咥え、身構えます
一気に啜る事によって蕎麦の香りを鼻腔の奥に送り込むのですから豪快に啜らないといけません
腹に力を込めて豪快な音と共に一気に啜りあげます
太い蕎麦なので喉越しは今ひとつ
気持ちよく蕎麦の方から飛び込んでくる感じはありません
啜った時の香りは少なく
香りが立つ感じはありませんでした
噛み応えはいい感じ
コシもしっかりして噛んだ時にだらしなく潰れるような事はありません
適度な抵抗感と共に潰れてゆきます
噛み切った時に跳ね返るような余計な弾力も無くニュートラルな噛み応え
噛むごとに香る蕎麦
しっかり噛んで食べる蕎麦です

s500_IMG_8942.jpg

汁を確認します
唇に少量含んで舌の先へ
最初に感じるのは甘さ
柔らかでマイルドな味わい
塩気や酸味は甘さに隠れ、大きく主張してきません
濃さは適度な感じですが、太い蕎麦には役不足なようにも感じます

s500_IMG_8940.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
太さがある蕎麦にマイルドな汁
ちょっと汁が負け気味
なので汁にどっぷりディップした時が一番蕎麦の甘味を引き出している感じでした
啜って最初に広がるのは汁の旨み
蕎麦を噛んでゆくと汁の余韻を残しながら蕎麦の甘味を感じます

s500_IMG_8938.jpg

薬味は葱と山葵
葱は綺麗で透明感もあります
山葵はぼそぼそで瑞々しさが不足

s500_IMG_8941.jpg

さて、この大盛り
思った以上に量がありました
そこへ持ってきて噛んで食べる蕎麦ですから
結構満腹に

それでも大盛り料金は高めだと思いますが

s500_IMG_8945.jpg

蕎麦湯はサッパリタイプ

s500_IMG_8946.jpg

甘めの汁は蕎麦湯で割ると美味しく楽しめます

そば紀
029-244-7822
茨城県水戸市笠原町1229-8
[水~日]11:00~15:00&18:00~20:00
[月・火]11:00~15:00

boeder-001.gif

蕎麦の後は別腹モード^^;

s500_IMG_8925.jpg

仕事の疲れを癒すには甘いものが一番^^
定宿の近くのバックスでアップルパイ
当然ホイップ付きでオーダー
パイは少し温めてもらいます

s500_IMG_8928.jpg

ガツンとは来ないのはバックスらしいところ^^;
ちょっと物足りない感じでしたのでシナモンをたっぷりふりかけていただきました
自分はアップルパイはシナモンがしっかり香った方がいいな

boeder-003.gif

週末、遊びに行きたい場所はいっぱいあるけれど

まだ体が付いてこない感じ

この体調 --;)う~ん

この週末も引き籠りかな・・・

ならばハイカロリーなケーキを焼いて

エネルギーチャージだな

m_emoji-1.gif


nice!(127)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

極細打更科から田舎までをこなす汁 古河の蕎麦 箕輪 [茨城の蕎麦]

インフルエンザに感染して出社停止
38.5℃~39.5℃の発熱が4日間続き
ようやく解熱したものの、まだ軽い頭痛が続きます
解熱後も二日間は感染力があるとか
なのでこの土日も引き籠り
なので記事は在庫から

0s500_IMG_9687.jpg

この日の出張は茨城は古河
珍しく雪が降った翌日の訪問
雪で空の埃が落とされたのか、空がすごく綺麗
オリンパスで撮りたくなるような空の色でした

1s500_IMG_9650.jpg

本日のターゲットは箕輪
駅前からちょっと離れた住宅地の中にあります
メインの通りから離れていて、ちょっと解り辛いロケーション

1s500_IMG_9652.jpg

早速入店。開店早々なので貸切状態
壁の白、テーブル椅子の黒、店内はモノトーンが基調
なのでちょっと冷たい感じも

1s500_IMG_9653.jpg

盆がセットされている席に座ります

1s500_IMG_9671.jpg

嬉しいことにお絞りはちゃんと布
お茶は蕎麦茶
と言っても蕎麦のみではなく、緑茶とのブレンド
玄米茶の蕎麦バージョン

2s500_IMG_9654.jpg

品書きを確認します
最初のページ

3s500_IMG_9658.jpg

セイロは十割と二八があります
田舎は十割のみ
しらゆきは更級、御前蕎麦

4s500_IMG_9656.jpg

変わり蕎麦は芥子、柚子、茶
さて、どれを頼むか迷います
が、迷ってなかなか決められません
かといって迷ったら全部と言うには蕎麦はコストが高すぎます
ランチですからせいぜい二枚が限界
三枚とか五枚オーダーしたら月末まで財布が震え続けてしまいます

4s500_IMG_9657.jpg

そんな時はこれ、盛り合わせ
こういうのが設定されているのは嬉しいですね
食べたいのは三種類、なので三色そばをオーダーしました
選べる蕎麦に制限は無いようです
品書きにある冷たい蕎麦なら何でもOK
セイロ、田舎、しらゆきの三色にしました
でも変わり蕎麦、芥子、柚子、茶の三色で頼んだ方がお得だったかも^^
(実は変わり蕎麦はあまり好きではないのです・・・唯一、桜蕎麦は好きなのですが)

5s500_IMG_9663.jpg

その他、温かい蕎麦

5s500_IMG_9664.jpg

饂飩類もあります

6s500_IMG_9666.jpg

甘味もあります
蕎麦汁粉とあんみつが気になりますね^^

6s500_IMG_9667.jpg

仕事中ですから蕎麦飲みはできません
でも一応チェック^^

6s500_IMG_9669.jpg

蕎麦飲みするなら揚げそばがきかな

6s500_IMG_9670.jpg

それに蕎麦焼き味噌がいい
焼き味噌で、気持ちのいい青空に輝く真っ白な雪を窓越しに眺めながら熱燗^^
う~ん、想像しただけで仕事をするのが嫌になってしまいます(笑

6s500_IMG_9672.jpg

と、品書きを眺めながら涎を溢れさせていると三色蕎麦の到着
手前側に田舎、奥側左がしらゆき、右はセイロ

7s500_IMG_9675.jpg

まずはセイロからいただきます
断面がスクエアな細打ちで
啜った時からしっかりした香りが立ち昇ります
喉越しも気持ちいい
噛むと蕎麦の甘味があふれ出る感じ
噛み応えもよく、心地よい感触が顎に伝わります
なかなかの十割

7s500_IMG_9677.jpg

そして汁を味わいます
一口含むと広がるのは出汁の香り
出汁香りが強めの優しい汁です
酸味や塩気は強くなく
柔らかで細打ちの十割によく合いました
蕎麦の半量を浸ける位が一番セイロの香りを引き出していたようです

8s500_IMG_9676.jpg

しらゆき
透明感のある白が凄く綺麗で品があります
極細、見事な細さ
啜ると極細だけに気持ちいい喉越し
でも香りはありません
蕎麦の実の中心部の白い部分だけを使う蕎麦なのでそれは当然
噛んだ時のしっかりした噛み応えは気持ちいいです

8s500_IMG_9679.jpg

更級を汁に浸けいただきます
汁は更級にもいい感じにマッチしていて、田舎蕎麦に合うのか心配
店によっては更科と田舎では汁を変える場合もあるのです

9s500_IMG_9674.jpg

そして田舎
太さがあるので啜るのは大変ですが、香りは気持ちよく立ちます
噛むとガツンとした蕎麦を感じさせ
何時までも噛んでいたくなります

9s500_IMG_9678.jpg

さて、田舎を汁に浸けいただきます
この汁、田舎には負けそうかと思いきや
なかなかいいバランスを感じさせてくれます
一つの汁で三色こなすとは素晴らしい
オールマイティな汁

今回、汁の写真を撮り忘れました
画像があると濃さが感じられるのですが・・・

s500_IMG_9680.jpg

薬味は葱、大根、山葵
山葵は香りよし
葱は透明感があり盛り方も綺麗
大根は普通の大根おろしでした
大根おろしや山葵を途中で口直しに使いながら蕎麦を食べ勧めます

三色を一種類でこなす見事な汁、そして香りのよい蕎麦、満足感たっぷりの蕎麦でした

s500_IMG_9681.jpg

そして蕎麦湯

s500_IMG_9682.jpg

蕎麦湯は普通に茹で湯

s500_IMG_9683.jpg

残った汁を蕎麦湯で割って飲み干します

さて、蕎麦汁粉を頼もうかな・・・と、思っていたら

s500_IMG_9685.jpg

サービスなのかな、薄茶とミニ蕎麦ぼうろが出てきました
ミニそばぼうろ、美味しかったです
蕎麦汁粉は次の機会にしましょう
そう、リピです^^

箕輪
0280-32-3829
茨城県古河市静町11-28
11:30~21:00
定休日 木曜日

boeder-001.gif

解熱したものの、体の怠さは酷い

発熱にかなり体力を持って行かれてしまったようです

明るい時間帯に寝るのが苦痛だった自分ですが

解熱した後も一日中ベッドの中に居られるのです

ベッド・・・・・・

自分はいつも布団

ベッドの横の床に布団を敷いて寝ています

ベッドは自分が独身時代から使っているものでしたが

いつの間にか奥さんに不法占拠されてしまい

自分は床に寝ることに

床に寝たらコシが具合が良いので最近はベッドはつかいません

なのに何故ベッドに寝ているのか

それは・・・・・語るも涙の物語

m_emoji-1.gif

インフルエンザで発熱が続いていたある日の朝の事

仕事が休みだった奥さんが乾いた洗濯物を抱えて寝室に入ってくるなり

何故ここで寝ているのよ!邪魔でしょ!

俺、インフルで熱出して寝ているのだけれど・・・

それに何時も此処だし・・・

そんなの解ってる!ベッドで寝ればいいでしょ!

 布団の足側には洗濯あがりの衣服の山、その向こうがチェスト

毎朝、乾いた洗濯物はまずチェストの前にエスケープ

空いた物干しに新しい洗濯物を干すのです

そして時間があるときに畳み

畳み終えたら其々のチェストに収納されるわけです

でも奥さんは積み上げるだけ積み上げて何時まで経っても畳まない

畳む時間が無いわけではありません

TV視たりスマホゲームに興じる時間はかなり長い

なので山積みのまま山がどんどん高くなってゆきます

自分は自分の衣服は畳んで仕舞いますが

女性陣の服は畳みません

畳み方が違うと奥さんがキーキー言うから←文句あるのだったらオマイがさっさと畳めよ(怒

スペースが無くて洗濯物が畳めないからどけって言うけれど

畳むスペースが無くなるほど放っておいたのはオマイだろ

毎日スマホゲームで時間を浪費しているぐらいなら畳めよ(怒

ベッド?オマイの布団にインフルウィルスを付けないように触らないようにしているいのに

と言ってもキーキー逆切れ

私、ベッドを使っていないでしょ

そりゃあね、TVの前で朝まで寝ているから

夜中、気づいた娘たちがTVとエアコン、電燈をOFFにして奥さんは放置

(起こすとキーキーうるさいから)

なので奥さんは朝までリビングで爆睡

そのまま朝風呂というのが最近のパターン

そうまで言うならベッドで寝るよ

床の布団を片付け、自分はベッドに

で、奥さん

洗濯物を畳むのかと思えば

私、出かけてくるから

そういってスポーツジムヘ

昼頃帰ってきて一人昼ごはん←俺のは?何の声掛けも無いのだけれど

食べ終えたら

又出かけてくる

と言ってお買い物

オイ、洗濯物を畳むのに俺を追い出したんじゃなかったのかよ(怒

これなら寝ていた俺を追い出す必要無かっただろう

ただ単に俺に因縁を付けたかっただけなのか

まるでヤ〇ザだ ーー;)

夜は夜で一人リビングでザッピングしながらTV番組視ている奥さん

洗濯物の事など完全に頭にありません

やっぱり単に因縁つけたかっただけか・・・・

流石に怒ったら今回は素直にベッドの横に来て畳み始めました

ぐちゃぐちゃ文句を言いながら・・・・

なんなんだコイツはーー;)

boeder-001.gif

インフルエンザ 

熱は下がったものの体はボロボロ

今、味覚を完全に失っています

舌が痺れたような感じで

何を食べても味が全く解りません

お腹は減って食べたいと言う欲求はあるのですが

味が解らないので食べられない

食べ始めても数口で苦痛になってしまいます

甘いものならば大丈夫かと製菓用のチョコを食べてみましたが

甘さも香りも解らない、いや、感じない

こっ、これは・・・・・

グルメ記事のブロガーとしては死活問題--;)

調べると味が戻るのに数日

完全に戻るのは二か月後 @@;)

しかも唇にヘルペスが><

白血球の奴、インフルウィルスとの戦いが最優先で

ヘルペスまで手が回らなかったらしいーー;)

m_emoji-1.gif


nice!(126)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

見事な十割の細打ち蕎麦と汁 蕎楽 [茨城の蕎麦]

ある日、千葉は柏の客さんからの茨城は古河の客さんへ向かう途中に気になるお店を発見しました
そして訪問するタイミングを狙っていたのですが、この日、ようやく行くことができたのです

s500_IMG_8973.jpg

皮をむいて石臼で製粉した十割蕎麦、これは自分の好み

s500_IMG_8975.jpg

茶の暖簾をかき分けて入ると自動ドア
その次のドアは手動です
このドアとドアの間の空間には

s500_IMG_9014.jpg

販売用の電動石臼が展示してありました
このお店のオリジナルのようです

s500_IMG_9015.jpg

72万円 @@;)
売れるのかな・・・・

s500_IMG_8978.jpg

開店早々の訪問でしたので貸切状態
お店は意外と広く、座敷ではちょっとした宴会もできそう

s500_IMG_8988.jpg

温かな蕎麦茶は香りも十分
でもおしぼりが紙なのは興ざめ
雰囲気が一気に安っぽく感じでしまいます

s500_IMG_9013.jpg

でも何が嬉しいって店内完全禁煙なこと
煙草の匂いが漂ってきたら蕎麦の香りが感じられなくなってしまいますからね
蕎麦は香りを楽しむもの
その香りを邪魔するものはあってはいけません
(お店によっては香水類を付けた方の入店はお断りの場合もあるぐらい)

s500_IMG_8979.jpg

品書きを確認します
ここの蕎麦は九割か十割 

s500_IMG_9000.jpg

九割蕎麦は二種類、から選びます
細打ちと太めの田舎という違いになるのでしょうか  

s500_IMG_8991.jpg

九割蕎麦に設定される品
あたたかな蕎麦は九割蕎麦にしかありません
もりは770円、おおもりで1030円  

s500_IMG_9001.jpg

そして十割
限定の文字が誘ってきます
やはり限定の魅力には抗えません
もはや九割は眼中になし(笑  

s500_IMG_8992.jpg

十割蕎麦に設定される品
もりは980円、おおもりで1340円

うどんもあるようですが・・・単に一言、扱いは小さい^^;

s500_IMG_8990.jpg

オーダーは十割のおおもり、1340円
それだけのつもりでしたが、こんなものが目に留まったら食べたくなってしまいます
そばがきぜんざい870円もオーダー

s500_IMG_8987.jpg

車なので蕎麦飲みはできませんがチェックだけでも

s500_IMG_9003.jpg

蕎麦味噌の石焼きで蕎麦前をしたいな

s500_IMG_8993.jpg

蕎麦の到着
やや緑かかった蕎麦は見事な細打ち
十割でここまで細いのは滅多に見ません
しかも長さも十分なのです
見た目から既に唸る蕎麦

s500_IMG_8994.jpg

まずは蕎麦のみで
焦る気持ちを抑え、ゆっくり落ち着いて^^
唇に軽く咥え一気に啜ります
唇の滑りは表面の粗さを感じさせながら唇を走ります
啜った瞬間からぐっと立ち上る香りにうっとり
大きく啜ることでその香りは鼻の奥まで満たされ
頭中に蕎麦の香りが満ち溢れます
噛みごたえは十割らしい感触
抵抗は強くなく反力はありません
しかしだらしなく潰れる感じは皆無
噛むとしっかりした香りと甘みが溢れます
十割の細打ち、腰は強くはありません

s500_IMG_8997.jpg

次に汁を味わいます
一口含んで舌の上に送り込むと、すーっと染みる旨み
汁はニュートラルで出汁の香り、酸味、塩気、どれかが前に出る感じはしません
濃さは適度、濃くはありませんが旨みは厚くしっかりした旨みを感じます
優しく円やか
細打ちの蕎麦によく合います

s500_IMG_8998.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
蕎麦の半分ぐらいを汁に浸けるぐらいが丁度いい
啜った瞬間に感じる蕎麦の香り
口の中は出汁の旨みが溢れ、それが徐々に落ち着くと湧き上がってくる蕎麦の甘味
見事なバランスです

s500_IMG_8996.jpg

薬味は葱と山葵
葱は透明感十分で山葵は粗め
辛く香りは少ない

s500_IMG_8999.jpg

好みの蕎麦に出会ったのは久しぶり
しっかり味わいながらフィニッシュ

s500_IMG_9004.jpg

蕎麦湯と一緒に蕎麦茶のおかわりも供されます

s500_IMG_9005.jpg

蕎麦湯はしっかり白濁したタイプ
適度なドロリ感

s500_IMG_9006.jpg

蕎麦の香りを楽しみながら蕎麦湯で〆ます

s500_IMG_9007.jpg

そして蕎麦ぜんざいの到着
緑茶も付きますが
入店時の蕎麦茶と蕎麦を食べ終えたときのおかわり蕎麦茶もあってお茶が三杯並んでしまいました^^;

s500_IMG_9008.jpg

蕎麦ぜんざいをいただきましょう
大きめのそばがきが三つ浮かんでいます
ぜんざいと言うよりは田舎汁粉的な感じ
(ぜんざいと言うともっと汁気の少ないどろっとしたタイプのイメージが)

s500_IMG_9010.jpg

小豆はほっこり、いい感じの仕上がり
甘さは軽めでさっぱりした後味
上品な感じです 

s500_IMG_9011.jpg

そばがきはフワフワ
これまた見事な食感

s500_IMG_9012.jpg

小豆のほっこりした食感とふわふわのそばがき
蕎麦にぜんざい、両方とも満足です


蕎楽 (きょうらく)
0280-81-1133
茨城県猿島郡境町293-5
11:30~15:00
定休日 火曜日&水曜日

boeder-001.gif

今日は横浜市大病院で全身麻酔を使っての検査でした

大きい病院って行くだけでも疲れますね

そして全身麻酔を使ったせいなのか体が凄く怠い

でも折角の平日休みだからとネタ仕入に中華街と元町に寄り道

それを記事にしようとしましたが

帰宅したらそのまま爆睡、気づいたら日付変更線

あわてて在庫記事をアップしました

在庫、あって良かった^^

・・・・・・

検査結果?

はい、手術確定ですーー;)

詳細は別記事で

m_emoji-1.gif


nice!(126)  コメント(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蕎麦前を楽しむ 古河の蕎麦 境屋 [茨城の蕎麦]

昼に蕎麦を食べたら更に蕎麦がたべたくなってしまい
夕飯は蕎麦前を楽しみます^^

s500_IMG_7818.jpg

宿泊先の目の前にあった蕎麦屋さん、境屋に行ってみました

s500_IMG_7819.jpg

白暖簾がいいですね

s500_IMG_7821.jpg

カウンターに陣取ります
カウンター席があればカウンター席がいい
ここで小説片手に一人じっくり飲むのもいいものです
この日手にしていたのは池波正太郎、蕎麦前の達人
尤も手にしていたのは本ではなくiPhoneですが^^;(最近はiPhoneで小説読んでいます)

s500_IMG_7844.jpg

店内は結構広い
内装は蕎麦屋っぽくはありません
椅子からして蕎麦屋の雰囲気じゃない
蕎麦よりも飲む方がメインな感じです
流れるのはColtraneのBallads
Coltraneを聴きながら蕎麦前、それはそれで渋い

s500_IMG_7822.jpg

ただ・・・呼び鈴が無粋
これではファミレスか安居酒屋、情緒が無いーー;)

s500_IMG_7833.jpg

おしぼりはちゃんと布でした
紙おしぼりで無かったのは良かった
紙だと興醒めですからねぇ

s500_IMG_7829.jpg

品書きを確認します

s500_IMG_7830.jpg

頼むのはセイロ
初めての店ではセイロ
これは自分の拘り

s500_IMG_7824.jpg

十割もありますが挽きぐるみの田舎
気分は細打ちをスッキリ喉越し良く啜りたかったので二八にしました

s500_IMG_7825.jpg

セイロは600円、大盛りは200円増し
十割は800円

s500_IMG_7827.jpg

まずは熱燗を二合徳利でオーダー
酒のあてに選んだのはそばがきの揚げ出し480円
玉子焼きも食べたかったのですが時間がかかるので諦めです
蕎麦前で頼むのは一品、酒は熱燗で二合まで
三合飲んだら寝ちゃうので部屋に戻って仕事ができなくなりますから^^;
それに蕎麦飲みは長居しないのが作法なのです

s500_IMG_7834.jpg

熱燗の到着
箸袋のイラストに妙に親しみを覚えます^^

s500_IMG_7836.jpg

鬼平を読み返しながら熱燗を楽しみます
そういえば平蔵もよく蕎麦屋で飲んでいますね
のんびり本(?)を片手に一人静かに飲むのもいいもの
蕎麦前は一人飲みが似合います

s500_IMG_7838.jpg

そばがきの揚げ出しの到着
そばがきを蕎麦粉に絡め揚げてあります
乗るのは大根おろしと葱
葱が綺麗なのは流石蕎麦屋

s500_IMG_7839.jpg

ちょっと濃いめの甘辛汁でそばがきにしっかり絡みます
揚げたそばがきのぱりっとした表面とねっとりした食感
そばがきを揚げるのも美味しいですね
香ばしさもいい感じにお酒を誘います

s500_IMG_7841.jpg

大根おろしと葱を絡め味わいます
そして熱燗
食べ終える頃に丁度徳利も空に
我ながらいいペース配分^^
そしてこのタイミングでセイロをオーダー

気の利いた店だと最初にオーダーを聞いておき
こちらの飲む姿を見ながら
頃合いをみて”お蕎麦お持ちしますか”って訊いてくれます
でもこちらは”後で呼んでください”ってスタイル
その為の呼鈴なんでしょうけれど
それじゃぁあまりにも無粋だ

s500_IMG_7845.jpg

そして蕎麦の到着
蕎麦は細打ちと言うには太目で中細なイメージ
断面はスクエアなタイプでエッジはしっかり立っています
表面に星は無く艶やか

s500_IMG_7847.jpg

まず蕎麦のみで手繰ります
一気に啜ると唇を気持ちよく滑る蕎麦
いい喉越しで飲んだ後によくあいます
啜った瞬間から香りが立ち上がるタイプではありません
しっかり噛むと初めて香りが湧き出るタイプ
コシは強く、しっかりした噛み応え
しかし硬い訳ではありません
コシが強いと硬いは別物なのです

s500_IMG_7848.jpg

次に汁を味わいます
一口含んで舌の上に
重めの汁で甘さもやや強め
最初に甘さを感じます
しかし後口に残る程ではありません
最初に重さと甘さを感じ、その中に旨味が湧きあがります
酸味や塩気はその下
前には出て来ません
スッキリしたシャープさは無く柔らかでふんわりしたイメージ
田舎蕎麦にあいそうな汁です
十割の田舎蕎麦にしておくべきだったかな

s500_IMG_7849.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
重い汁ですが蕎麦も細くないのでバランスは悪くない
蕎麦の半量を汁に浸けた時が一番いいバランスでした

喉越しよく飛び込む蕎麦
まずは汁の旨みが口の中に広がります
噛み、蕎麦の食感を楽しむと汁の甘さが徐々に引き、変わって湧き上がる蕎麦の香り
香りは強くないですが、喉越しが気持ちよく、飲んだ後の蕎麦としていい感じ

s500_IMG_7851.jpg

薬味は葱と山葵
葱は透明感があって超細切り
綺麗です
山葵は瑞々しさは少な目で粗めな感じ
辛さも少ない

s500_IMG_7850.jpg

一気に手繰ってフニッシュ
喉越し気持ちよく食べました

s500_IMG_7853.jpg

蕎麦湯は呼ばずとも出てきました^^;

s500_IMG_7854.jpg

いい感じの白濁さ

s500_IMG_7855.jpg

甘めの汁は蕎麦湯で割って飲むと美味しいのです
飲んだ後の蕎麦湯もいいものですね

s500_IMG_7857.jpg

境屋 (サカイヤ)
0280-32-3526
茨城県古河市東1-11-29
火~土 11:00~15:30&17:30~22:00
日・祝 11:00~20:00
定休日 月曜日

boeder-001.gif

12月13日、orengeさん主催の京都の裏路地撮影オフ会

京都の裏路地、撮りに行きたい、でも・・・

日曜日だけれど師走ですから根廻しが必要

大掃除とかどーすんのよ・・・・・・・きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

とか言われそうだしーー;)う~ん

奥さんの機嫌をみつつ言い包め

根廻しも完了

泊まらないよねって釘刺され

いや、遅くなりそうだ宿から泊する可能性は高いよって誤魔化したけれど

泊まる気満々

オフ会の後は嵐山の花灯路を見に行きたいから

HOTELは既に予約済

m_emoji-1.gif


nice!(126)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新蕎麦 常陸秋蕎麦を味わう 古河の蕎麦 芳流 [茨城の蕎麦]

この日の出張茨城
柏で一仕事終わらせ、そして古河へ移動
仕事で使う車にはナビが付いているのですが
このナビがまた素敵な道案内をしてくれます

s500_IMG_7750.jpg

何故ここを通る?
って思うような無駄なショートカット
何故このルートを選ぶんだって悩むようなコース選択
実に不思議なヤツ
知っている道をわざわざ案内させて変なコースを案内させるのを楽しんだりも(笑

s500_IMG_7751.jpg

知っている道ならばこうやって遊べますが
知らない道は・・・・ヤツに従うしかない
まったく、なんて道を案内するんだーー;)
そう舌打ちしながら
でも・・・この不思議なコースが時々楽しい結果になるのです

s500_IMG_7766.jpg

住宅地の路地に渋いお店を見つけたり
素敵な風景が思わす見られたり
この日は利根川沿いを走って綺麗な夕景に出逢えました

s500_IMG_7773.jpg

これは素通りできません
このあとはHOTELに向かうだけですから車を駐車できる場所を探し、コンデジ持って土手道を散歩
土手にはデジイチを三脚にセットして夕陽を撮っている人もたくさん
このあたりでは人気のスポットだったんだ^^

s500_IMG_7780.jpg

レンズを向けている方向には富士山
これがまた日本画のような色合いでいい感じ^^

s500_IMG_7782.jpg

何だか凄く得した気分になった日でした^^

boeder-001.gif

翌朝、HOTELから客先へ向かいます
この客先は数年ぶりの訪問
その頃使っていた車にはナビは無く、地図を見ながら走っていました
今回の案内はナビ
コースをチェックすると素敵なコース
確かに最短距離なのですが、細い道に入り込んでグネグネ曲がって迷路のよう
でも面白そうなのでナビの指示するコースで

すると・・・・なかなか良さげな蕎麦屋さんを数軒発見
いやぁ、道は変えてみるものですねぇ^^

s500_IMG_7791.jpg

この日の昼ごはんは当然蕎麦です
選んだのは此処、芳流

s500_IMG_7792.jpg

店内は5卓なので20席、丁度いい感じ
如何にも蕎麦屋さんって感じの店内は落ち着けます

s500_IMG_7795.jpg

おしぼりが布なのは良いのですが、お茶が緑茶なのがちょっと減点
緑茶のタンニンは蕎麦を味わうのに邪魔なのです
やはり蕎麦屋では蕎麦茶を出して欲しい
(気の利いた店では蕎麦湯を出すところもありますが)

s500_IMG_7815.jpg

しかもこの緑茶、粉っぽいし
お茶葉、袋の底の部分だったのかなーー;)
この緑茶が出てきたことでテンションダウン
今までの経験上、緑茶を出す店で気に入った蕎麦に出逢える確率は低いのです
これは期待持てないかなぁ ε-(‐ω‐;)

s500_IMG_7793.jpg

でもまぁ何にせよ品書きを確認
口上もあり拘りがある様子

s500_IMG_7809.jpg

今日は常陸秋そばだそう

s500_IMG_7796.jpg

初めての店では”もり”これは自分の拘り
二八のもり600円はなかなか絶妙な価格設定
大盛りは200円増し
税込み価格なのが嬉しい

s500_IMG_7799.jpg

十割蕎麦もありますが、予約が必要
しかも5人前から
注文があって初めて打つのでしょう
5人前かぁ、美味しい青葉なら軽く食べられる量だな
ちょっと心揺れましたが、予約が必要な時点で無理でした^^;

s500_IMG_7800.jpg

蕎麦前はこんな感じ

s500_IMG_7801.jpg

大盛りの到着
蕎麦は星が混ざりますが、その量は少な目
エッジはしっかりして表面も艶やか
断面はスクエアではなく、きしめん率(蕎麦断面の縦横比率)は1.5~2.0位か
幅のバラツキは大きいようです

s500_IMG_7802.jpg

まずは蕎麦のみで手繰ります
数本箸で持ち上げ唇に挟み、一気に啜ります
なかなかいい感じの滑り具合
唇を蕎麦が気持ちよく滑ります
啜った瞬間から香りがぐっと立つタイプではありませんが、噛むと香りが口いっぱいに広がり、至福のひととき
そしてきゅっと冷え締まった蕎麦の心地いい事
コシもしっかりあって噛むごとにその食感を楽しめます
蕎麦ってやっぱり美味いなぁ^^
最近ラーメンに浮気していましたが、やはり自分は蕎麦の方が好き^^

s500_IMG_7804.jpg

次に汁を味わいましょう
少量口に含み、舌の上に送り込みます
おぉ、これは!
キリッと辛口で後味に甘味は残りません
辛口ではあるのですが角は無く優しさも持ち合わせています
ダシの香りが前に出過ぎる事も無く控えめ
蕎麦の香りを邪魔しません
塩気、甘味、酸味、どれかが突出する事無く、いい感じのバランス
なかなかの汁、そして蕎麦
緑茶が出てきた時はどうなるかと心配しましたが、美味しい蕎麦に出逢えました

s500_IMG_7803.jpg

蕎麦を汁に浸けて手繰ります
汁の濃さもいい感じで、蕎麦の半量を浸けて啜った時が一番蕎麦の香りを引き出せていました
啜った瞬間に感じる汁の旨み
それが引いていくと蕎麦の香りと甘みがぐっと押しあがってきます
噛むごとに湧き上がる蕎麦の香りと噛み応えの心地よさ

s500_IMG_7810.jpg

薬味はオーソドックスに葱と山葵
山葵に瑞々しさは無く、ちょっと粗い感じ食感でした
香りも高く無かったのは残念

s500_IMG_7808.jpg

味覚が飽和して蕎麦の香りを感じ辛くなったら山葵を少量舐めて味覚をリフレッシュ
そして蕎麦を手繰ります
美味しい蕎麦でした^^

s500_IMG_7811.jpg

でも食べ終えているのに蕎麦湯がなかなか出てこない
おばちゃんがホールなのですが、あまり客席を見ていないような^^;

s500_IMG_7813.jpg

蕎麦湯は適度に白濁

s500_IMG_7814.jpg

蕎麦湯を楽しんでフィニッシュ
最初は汁を蕎麦湯で割って
次は蕎麦湯だけで楽しみます
蕎麦湯を楽しんでいると嫌ぁな臭いが漂ってきました・・・・><

s500_IMG_7812.jpg

禁煙じゃなかったんだ・・・・--;)

芳流
0280-31-3059
茨城県古河市上辺見2063-2
11:30~15:00 & 17:00~20:00
定休日 水曜日

boeder-004.gif

久しぶりに美味しい蕎麦に出逢えたせいか

その日の夜も蕎麦が食べたくなってHOTELの近所の蕎麦屋さんへ

当然蕎麦前^^

飲まぬぐらいなら蕎麦屋になど行かぬ

との名言を遺した作家さんの時代小説をお供に熱燗

詳細は後日^^

m_emoji-1.gif


nice!(142)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

細打ちの十割蕎麦 水戸の蕎麦 長屋門 [茨城の蕎麦]

この日は水戸に出張

s500_IMG_2467.jpg

水戸インター近くにあるこのお店、以前から気になっていましたが、通りがかる時間が悪く今まで行く機会がありませんでした
でもこの日は丁度開店時間に通りがかり寄ることができたのです

s500_IMG_2468.jpg

おぉ、白暖簾
自分の食べ歩きの経験上、白暖簾の店は当たりの確率が高いです
思わず期待^^

s500_IMG_2471.jpg

シンプルな感じが素敵な店内
JAZZが流れ、珈琲でも飲みたいような雰囲気

s500_IMG_2469.jpg

品書きを確認します
もりは750円、十割蕎麦は1000円
大盛りは150円増しと、なかなか良心的
今回は十割の大盛り(1000円+150円)をオーダーしました

s500_IMG_2470.jpg

温かな蕎麦
品数が少ないのが良い
プラス250円でご飯をつけられるそうですが、蕎麦にご飯?
蕎麦をおかずにご飯を食べる?
ーー;)う~ん

s500_IMG_2473.jpg

お茶は蕎麦茶、香り良くて美味しい
でもおしぼりが紙なのは残念
紙おしぼりは興ざめ
それがあると全てが一気に安っぽく感じてしまいます

s500_IMG_2474.jpg

十割蕎麦の到着
器類が素敵、盆とも調和していてなかなかいい感じ

s500_IMG_2476.jpg

蕎麦は断面がスクエアな極細打ち
十割でこの細さは見事です
しかも長くエッジもしっかりしています
幅も揃って、星も無く美しい
久しぶりに目が輝きました

さっそく味わいます
最初は蕎麦だけで
唇に軽く咥え、一気に啜ります
十割蕎麦ですが極細、なので唇を抵抗なく滑ってゆく
喉越しはまずます、十割でこの滑りはいい
十割でこの喉越しですから二八だったらどれくらいだろう
品書きに二色盛りまたはおかわりザルが無かったのは残念

啜った時に香りがぐっとくる感じが無いのは夏のせいでしょうか
でも噛むと蕎麦の甘味を感じます
噛み応えもいい感じ
反力がしっかりある感じは無いのですが、極細故気になりません
噛み切るときもしっかりした噛み応え

量もいい感じ、大盛りでしっかり満足の量

s500_IMG_2477.jpg

次に汁を味わってみます
少量唇に含んで舌の上に
甘い、そして濃い
後味に甘さが残ります
酸味や塩気、香りも甘味に沈むような感じ
平たい言葉で表現すると野暮ったい汁
極太の星たっぷりの田舎蕎麦にはいいと思いますが
この蕎麦のような極細の繊細な蕎麦には合わないように感じます

s500_IMG_2480.jpg

蕎麦を汁に浸けて食します
濃いので浸ける量が難しい
しかも甘さが先に来る汁なので蕎麦とのバランスはいまひとつ

この蕎麦、スッキリ辛口汁で食べてみたい
シャープな蕎麦なのに甘すぎな汁なのが凄く残念
尤もこの汁がダメと言う訳ではありません
普通の蕎麦が出されていたら何も文句を言わず食べていたでしょう
でも蕎麦が見事過ぎてしまい、それにあった汁を求めてしまうのです
蕎麦が良いだけに、つい汁に求めるものも高くなってしまう

s500_IMG_2475.jpg

薬味は葱に山葵、それに大根おろし
山葵は瑞々しく香りあり
大根おろしも瑞々しい
葱は細く透明にスライス
見事な葱

s500_IMG_2481.jpg

汁に浸ける量を最後まで悩みながらフニッシュ
蕎麦だけで啜った事の方が多かった気が^^;
それ程に蕎麦は気に入りました

s500_IMG_2482.jpg

蕎麦湯の出てくるタイミングもいい感じ

s500_IMG_2483.jpg

蕎麦湯は適度な白濁

s500_IMG_2484.jpg

残った汁を蕎麦湯で割り飲みます
甘めの蕎麦汁は蕎麦湯で割って飲むと美味しい
つまり此処の汁も蕎麦湯で割ると美味しいです
ついつい飲み過ぎな程いただきました
甘口でも濃いですから塩分はしっかりあります
後で喉が渇く事(笑 

長屋門
029-253-0805
茨城県水戸市大塚町1473-6
[平日]11:30~18:00(L.O.)
[日曜]11:30~14:30(L.O.)
定休日 月曜日

boeder-001.gif

市大病院に通院している科は二つ

肝臓・胆嚢のトラブルで通う消化器内科

そして高脂血症・高コレステロールで通う内分泌糖尿病内科

中性脂肪・コレステロールの値は500台、正常値の5倍

即座に投薬となりました^^;

しかしこの値・・・・

wは73cmだからメタポ腹ではないけれどなぁ

しかも毎朝75分間使ってエクササイズしているのに

何故なんだろう、食生活かなーー;)う~ん

消化器内の次の検査は7月に入ってから

MRI機器が空いていなくて・・・

大きい病院は機器もメチャ混みなんだね

m_emoji-1.gif


nice!(130)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出張先で蕎麦飲み 常陸多賀の蕎麦 手打蕎麦 多賀 [茨城の蕎麦]

休日出勤で宇都宮出張
鱈腹餃子を食べてきました←仕事もちゃんとしています^^;
何とか日曜日に宇都宮を離れる事ができましたので月曜日は鎌倉
その記事をUPする予定でしたが・・・・
疲れて記事が書けません
こういう時は食べ物ネタ、これが一番時間がかからないです^^;
それに・・・いちおう蕎麦&スイーツブログなのですから偶には蕎麦記事もUPしないとね

s500_DSCN0703.jpg

宇都宮の次は日立、日立市内の定宿が取れなくて日立多賀のHOTELを取りました
日立多賀に泊まるのは初めて、チェックインの後は美味し夕食を求めて散歩します
すると気になる蕎麦屋さんを発見、手打蕎麦 多賀
古い一軒家を改造した感じのお店です

s500_DSCN0665.jpg

夜の部開店早々の訪問だからなのか貸切状態
室内は普通の座敷、畳に障子、この雰囲気は凄く落ち着きます
夕飯食べたら寝転びたくなりそう^^;

s500_DSCN0672.jpg

奥は板間の部屋、そこもなかなかいい感じ

s500_DSCN0671.jpg

女将さんが運んできてくれたお茶は温かな蕎麦茶、これは嬉しい
蕎麦茶の湯のみを掴む悴んだ指先に伝わる温かさ
指先にじ~んと痺れるような感覚、ほっとする瞬間

おしぼりが紙なのがちょっと残念
このお店、女将さん一人で切り盛りのようでした

s500_DSCN0666.jpg

品書きを確認します
外の寒さに冷え切った体と、あまりに落ち着く空間に思わず熱燗をオーダー^^

s500_DSCN0667.jpg

さて、熱燗の充ては・・・
蕎麦飲みならば出汁巻き玉子や板わさ、でもそれらは品書きにありません
そばがきがありましたのでオーダーします
しかも値段が400円とは凄く良心的

s500_DSCN0668.jpg

セイロは600円、なかなかいい価格帯
とんな味なのか楽しみです
でも、あじさい蕎麦ってどんなのだろう

s500_DSCN0669.jpg

大盛りは200円増し

s500_DSCN0675.jpg

ますは熱燗^^

s500_DSCN0677.jpg

漬物で一人静かに一杯
寒い日にちょっと熱燗で温まる
甘党でもそんな気分になる冬の夜^^

s500_DSCN0678.jpg

そばがきの登場
まずはそばがきをそのまま頬張って一杯
そばがきはちょっと硬め
もうちょっとふんわりムッチリして欲しいな
硬すぎなのでしょう、蕎麦の薫りもそれ程感じません

s500_DSCN0683.jpg

汁は甘め、後口に若干甘さが残るぐらいに甘い
でもダシの香りが効いていて、田舎蕎麦に合いそうな汁
そばがきがもっと強いほうがこの汁にあいそう

s500_DSCN0684.jpg

薬味は山葵と葱、それに大根おろし
葱は薄くスライスされ、艶やかで綺麗
いい感じの葱
山葵は香りよく辛さも適度、なかなかの山葵でした
大根おろしは普通の大根、これが辛み大根だったらもっと良かった^^;
箸先に山葵をつけなめながら一杯、山葵が美味しいと熱燗も美味しい^^

s500_DSCN0685.jpg

そばがきを汁に浸け、かじりながら熱燗を楽しみました
一本飲み終えたらセイロをオーダー
大盛りにしようか悩みましたが、訳あって普通盛りに

s500_DSCN0686.jpg

セイロ(600円)の到着
えっ?大盛りを頼んでいないよね???と思うような量
結構なボリューム
600円でこの量はお得です

s500_DSCN0689.jpg

表面が艶やかで星の無い上品な蕎麦
平打ちで、きしめん率は3ぐらいでしょうか
(きしめん率は蕎麦打ちブロガーのたーさん提唱の単位で蕎麦の厚みと幅の比率を言います。スクエアな断面の蕎麦のきしめん率は1)

自分は断面がスクエアな蕎麦が好き、平打ちの蕎麦はあまり好きではありません
何故なら啜りにくいから
啜りにくいという事はスムーズに唇を走らず、吸い込む息と一緒に蕎麦の香りが鼻腔に届かないという事でもあるのです

蕎麦を音をたてて啜るのは理由があります
勢いよく啜ることで蕎麦の薫りを鼻腔に送り込んでいるのです
もし蕎麦がスムーズに啜れなかったら・・・鼻腔に送り込まれる蕎麦の香りは少なく、下手したら香りを感じられなくなるかも

まず蕎麦のみで手繰ります
思った通り啜り辛い、スムーズに唇を滑りません
やはり啜った瞬間の香りは感じない
でも平打ち特有の滑らかな感触を唇に感じる事はできます
この唇の滑らかな気持ちよさは平打ちじゃないと感じられません

噛むとコシもしっかりしています
だらしなく潰れるような事は無く、適度な反力もあります
星が無いので噛みきる瞬間、最後まで歯応えが気持ちいい
(星の多い蕎麦は噛みきった最後の瞬間で噛みきれていないような何か残したような変な感じが残るのです)

s500_DSCN0687.jpg

汁はそばがきの汁と一緒
甘味が先に出て後からダシの香りが湧き上がる感じ
酸味や塩辛さは甘さの底に沈んでしまっています

s500_DSCN0688.jpg

薬味も同じ、凄く綺麗な葱にうっとり

s500_DSCN0690.jpg 

甘く濃い汁に対抗できる蕎麦ではありません
少量のみ汁に浸けて啜ります
しかし量が多い
とても普通に思えません

s500_DSCN0691.jpg

蕎麦湯は適切なタイミングで登場 

s500_DSCN0692.jpg

さっぱりした湯ですが白濁しています 

s500_DSCN0693.jpg

甘く濃い汁は蕎麦湯で割ると美味しい
そういえば蕎麦がきの汁も蕎麦がきの湯で割っていただきました
2杯も汁を蕎麦湯で割って飲み干せば腹も膨れるはずです(笑

 

s500_DSCN0694.jpg

〆にはこれ、これを忘れてはいけません 

s500_DSCN0695.jpg

そして〆は甘い物
蕎麦ぜんざい(400円)をオーダー
ぜんざいは田舎汁粉ではなく確かに善哉でした

.

s500_DSCN0702.jpg

餡は粒が煮つぶれたタイプでツブツブ感は少ない
善哉の中には蕎麦がきが三つ
アツアツの善哉は身体が温まります
最後に甘い物で〆てごちそうさま

 

手打蕎麦 多賀
0294-36-6854
茨城県日立市多賀町1-20-25
11:30~14:30 & 17:30~20:00
定休日 月曜日

boeder-001.gif

 出張から戻ると奥さんが浮かぬ顔

またクロスケに乗っていてやらかしたそう

えっ、またこけたのか〜

と驚くと、違うと

 何でもiPoneを落としてそれを轢いてしまったらしい

何と器用な ーー;)

バリバリの液晶画面を根性で押しながらゲームをする奥さん

そうまでしてやりたいか ーー;)

その根性、使い方を間違っている

それを資格試験に使ったら

今頃受かっているのに

・・・・

今日、下の娘と枕の争奪戦

布団の上でプロレスごっこ状態

上の娘はそれを見て呆れ顔

でも、父ちゃんはこの枕を奪われるわけにはいかない

これじゃないと熟睡できないんだぁ〜

ドタバタドタバタ

一回の休戦を挟んで二回目の争奪戦

ブログ記事を打ち込みながら格闘します

何の拍子か

机の上のマグカップが倒れ

中の烏龍茶が横のラップトップに

哀れ我がラップトップ

電源が入らない><

ラップトップはブログのメインPC

うわぁ〜T T

記事は途中から娘のMacを使います

治るまでは娘のMacをつかうのだけれど

自由に使えないから記事のアップや訪問がぁ(泣

今ラップトップは冷蔵庫の中で冷え冷え乾燥中

 乾いたら治るといいな

m_emoji-1.gif


nice!(115)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

締めの甘い蕎麦に落胆 つくばの蕎麦 並木そば [茨城の蕎麦]

s500-PB050002.jpg 

ある日、桜土浦で降りて客先に向かう途中で抜け道を使ってみました。(カンナビです^^;)
この抜け道の途中に気になる看板を発見、しかし非情にも”本日定休日”の札も><

s500-PB050001.jpg

再びこのルートを使う事になった(使うように仕向けたとも言う)この日、開店と同時に行ってきました。

s500-PB050003.jpg

さて、どんな店でしょう
暖簾の雰囲気に緊張感はありません
(本当に暖簾に緊張感のある店ってあるのですよ)

s500-PB050006.jpg

店内は如何にもって感じの蕎麦
冷蔵庫(ボトルクーラー)があるちょっと場末的雰囲気が落ち着きます^^

s500-PB050016.jpg

新蕎麦だそう
期待でワクワク
どんな蕎麦だろう

s500-PB050014.jpg

蕎麦茶、しかも嬉しいことにアツアツです。

s500-PB050008.jpg

品書きを確認します
もりが700円、なかなか良さげな価格帯
大盛りが250円増しなのですから美味しい蕎麦なのかな
大盛り(もりの大盛り)を頼みました。
今回はオーソドックスにもりです。まずはこれで味を確認
これが気に入ったら生粉打ち蕎麦や挽きぐるみ蕎麦を食べに来ましょう^^

s500-PB050010.jpg

冬はカレー南蛮蕎麦もいいな・・・って、うどん限定???蕎麦のカレー南蛮も美味しいのに~><

s500-PB050012.jpg

そば大福も気になりますね

s500-PB050013.jpg

蕎麦屋さんのランチメニューって大抵天麩羅とかカツとか揚げ物が付きますね
でも・・・揚げ物、苦手なんだよなぁ~><

s500-PB050017.jpg

大盛りの登場
正統派なセイロに盛られた蕎麦はちょっと太目

s500-PB050018.jpg

まずは蕎麦だけで啜ります
啜った瞬間?????と、かなり失望
実は蕎麦がヌルイ
冷たく締まっていないのです
これでは味も半減
しかもちょっと頼りないコシでやや茹ですぎな気も
雑な仕事・・・ふとそんな言葉が浮かびます。これでは700円の価値は・・・・ーー;)

太目な蕎麦は想像通りの喉越し
啜るのにかなり力が要ります
香りの立ちはそれ程感じません

噛み切ると加えた圧力に素直に従い潰れてゆきます
その潰れ方にだらしなさはありませんが、反力は皆無

s500-PB050020.jpg

汁を確認しましょう
一口含んで舌の上に送り込みます
最初に感じるのは酸味
しかも癖のある酸味で凄く自己主張します
その後から甘みが追っかけてくる感じ

この癖のある酸味、以前他の店でもありましたが自分には馴染めない味
これは一体何の酸味でしょう

甘味の強い汁はまだ我慢できますが、酸味の強い汁は苦手
かなり辛いです

s500-PB050021.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜りますが・・・・どうやっても馴染めません
口の中でも蕎麦と汁が分離する感じ
この汁は自分は苦手

s500-PB050023.jpg

薬味は葱と山葵のオーソドックスなタイプ

s500-PB050022.jpg

汁はあまり使わず、淡々と蕎麦を啜りフィニッシュ
自分と相性の悪い蕎麦でした

s500-PB050026.jpg

蕎麦湯

s500-PB050027.jpg

昔ながらの蕎麦湯、つまり茹で湯そのまま
これはこれでサッパリして好き
汁を蕎麦湯で割り飲みます
蕎麦湯で温められた汁はダシの香りを立ち上らせます
ダシのいい香りを楽しんで一口飲むと・・・・
やはりあの嫌いな酸味^^;
う~ん、一体何の味だろう・・・・

コシは無く、冷たく締まってもいない
仕事に丁寧さが不足している気がします。蕎麦がヌルイ・・・これが全てを物語っているのではないでしょうか。これだけで評価はE確定なのです。
長くやっているうちに惰性になってしまったのでしょうか
これでは挽きぐるみや生粉打ちは怖くて頼めません

 


並木そば
029-851-6060
茨城県つくば市大角豆1340-4
11:00-15:00 & 17:00-22:00
定休日 日曜&月曜

********************************

HOTELでまったりしていたら、奥さんから寝込んでいるとLineが
かなり酷い風邪らしい
腹にくる風邪のようなのでかなり悲惨な事になっているようです
まぁ食事は下の娘が作るだろうから心配はないけれど
しかし風邪ねぇ
あの奥さんが風邪ひくとは思わなかった

冬でもリビングの床の上でTVつけっぱなしのまま高鼾
ほっとけば朝まで床で寝ています
風呂に入ったら入ったで平気で3時間
湯船の中で爆睡しているのです
それでも風邪をひかない野生の奥さんなのに
一体何故風邪をひいたのだろう(悩)

あっ、そうだ!、原因は・・・・
このあいだの日曜日、自分は余計な事をしてしまいました。
その日、奥さんに早めに風呂を入らせたのです。
そして風呂で寝ていた奥さんを下の娘に起こさせ、珍しく奥さんはベッドで寝ました。
その晩、バタバタ激しい音で目を覚ますと・・・
ベッドの上で手足をバタバタ、まるで殺虫剤を浴びたゴキブリのようにバタつかせている奥さんが^^;
一体どんな夢を見ているのだ???(朝、訊いたら覚えていないそう^^;)
きっと、布団で寝たから風邪をひいたのでしょうねぇ
野生の奥さんは布団が嫌いなのかもーー;)

ちなみにベッドは奥さん専用です
元々は自分のベッドでしたが、奥さんがいつの間にか占領、実効支配しています
で、自分はベッドの横の床の上に布団を敷いて・・・
いつか奪還してやる~><

s500-PB080005.jpg

今日、ウチに帰ると何やらお届け物が 

s500-PB080001.jpg

株主優待商品プレゼントでワインが  

s500-PB080003.jpg

自園自醸ワインだそう。でも・・・ライトボディ ~><
せめてミディアムが欲しいな

今、奥さんは回復したのですが、今度は下の娘が寝込んでいます
奥さんのが染ったらしい ーー;)

 


nice!(84)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一年越しの食べ比べ 笠間の蕎麦 そば処 手打ち 一休庵  [茨城の蕎麦]

実は前半の記事は一年前の事。
アップするタイミングを失ったまま寝かしてしまいました。
再訪しましたので後半に再訪記事を追加しようやくアップです。

********************************* 

この日の出張は水戸、ちょっと笠間に寄り道しました。

s500_PC170073_.JPG

目的地は一休庵。蕎麦屋らしく信楽焼きの狸がお出迎え

s500_PC170075_.JPG

店内は素朴な感じで落ち着きます。新そばの貼り紙に期待してしまいます

s500_PC170082_.JPG

紙おしぼりは悲しい。これだけで興醒めですが、コストを考えると仕方ないのかな

s500_PC170077_.JPG

品書きを確認します。もりの大盛りかな・・・いや、大好きなけんちん蕎麦に目がいってしまいます。
ちょっと肌寒い日です。こんな日はけんちん蕎麦が美味しい
でも。。。やはり初めての店ですからセイロ系がいいな
つけけんちんにしておきましょう。

s500_PC170078_.JPG

大盛りは200円増、当然大盛りです^^

s500_PC170079_.JPG

オーダーした後で見直すと・・・
そばがきぜんざいもあったのか~><
大盛りをやめてぜんざいにすれば良かった

s500_PC170084_.JPG

つけけんちんの登場

s500_PC170085_.JPG

蕎麦はスクエア
細打ちと言うには確かな太さがあり
噛み応えが良さそうです。

まず蕎麦のみで手繰ります。
太さから香りを期待しましたが香りが立ってきません。
噛むとプリッとしたいい弾力感
噛み切った時に感じる適度な反力が心地いいです。

喉越しは太さなりで良くはありません。
なので力を込めて啜ります
しっかり噛みますが溢れる甘味・・・はなく甘味は少なめ
あまり感じません

s500_PC170092_.JPG

けんちん汁を試してみましょう
汁を一口、ダシと根菜類の味が移った汁はホッとする美味しさ
体も暖まります。

大根、人参、里芋、油揚げ、油揚げ、豚肉
油揚げに味が染みて美味しい
豚肉は要らないな
味がくどくなるから

s500_PC170086_.JPG

蕎麦をけんちん汁に浸け啜ります。
セイロと違って蕎麦を汁に浸すようにして食べます
その方が美味しいから

s500_PC170090_.JPG

寒い日はけんちん蕎麦がいいですね^^

s500_PC170087_.JPG

薬味は葱のみ

s500_PC170088_.JPG

漬物もつきます

s500_PC170095_.JPG

蕎麦湯・・・入れ物がいい感じ

s500_PC170094_.JPG

白濁した、ややドロの蕎麦湯

s500_PC170097_.JPG

けんちん汁を蕎麦湯で割ってもなぁ・・・でも割って飲みました^^

そう、けんちん汁ですからもり汁とは違います。味を評価するにはセイロも食べないといけないかな。セイロを基準に味を評価確認していますからセイロも食べにもう一度来てみないと・・・・

*********************************

と、ここまで書いておきながら、記事を寝かしていました。やはりセイロの記事を加えないと未完成な気がして・・・・・

でもその後笠間方面の仕事に当たりません。ようやく笠間に来られたのは季節が一回り近くも巡ったとき^^; でも、この時は新蕎麦の貼り紙はありませんでした。

記事をアップするタイミングを逃し、気が向かずそのまま・・・
やはり勢いって大事なんですね
時間が経つとどうしても・・・・ーー;)
前半は一年前の訪問ですが折角食べた蕎麦なのですからアップする事に
最近蕎麦の記事が少ないのもあって^^;

*********************************

s500-P9301176.jpg

一年前と変わっていません

s500-P9301157.jpg

サイン色紙が貼ってある蕎麦屋にいい思い出は少ないのだけれど・・・・前に来た時と一緒の枚数^^

s500-P9301158.jpg

値段に変わりはありませんでした。

s500-P9301160.jpg

新蕎麦の貼り紙はありません。つまり年間で一番条件の悪い蕎麦が供されるということ
ある意味、主の腕の見せ所なのかも

s500-P9301164.jpg

いい感じの器が値札と共に展示されています。
いいのがありました。
欲しいけれど買って帰ったらまた喧嘩だしなぁ・・・・
奥さんはこの手のものを理解しないのです

s500-P9301165.jpg

セイロ大盛りの到着

s500-P9301168.jpg

さて、今回は新蕎麦ではありません。
どんな感じでしょう
さっそく蕎麦のみで手繰ります。
啜った瞬間の香りはやはり期待できません。
蕎麦を噛み切った時、一寸違和感が
昨年感じた反力が無いのです。

奥歯で潰すと昨年の蕎麦と違ってグシャッとだらしなく潰れる感じでボソボソ感が強い
噛むとねっとり歯にまとわりついてスッキリ食べられません。
新蕎麦と一年越し蕎麦ってこうも違うのですね
それとも、打ち方に波があるとか?

s500-P9301169.jpg

汁を味わいます。
少量口に含むとどっしり重く濃い味わい
甘さが強いです。
後味に甘味がかなり残る感じ
旨みも香りも甘さに隠れてしまうのがちょっと残念 

s500-P9301172.jpg 

蕎麦を汁に浸けて啜ります
濃い汁ですので三分の一でも汁が勝る感じ
適切な配分を試しながら啜り続けて・・・

s500-P9301166.jpg

甘さで味覚が疲れますので山葵でリフレッシュ
でも山葵がボソボソ、香りも不十分
口を気持ちよくリフレッシュできません 

s500-P9301173.jpg

大盛りを頼みましたが、ちゃんと大盛りしています。
名ばかりの大盛りと違うのが素晴らしい
でも今日は味覚が疲れてちょっと辛い^^;

s500-P9301167.jpg

と、思ったら良いものが^^
漬物、これがリフレッシュに丁度良かったです
甘ったるくなった口に塩気の美味しい事、そこに漬物の酸味がいい感じに風を送ってくれます
これも悪くない

s500-P9301170.jpg

蕎麦湯で汁を割ります。甘い汁ですから蕎麦湯で割ると美味しい

一休庵
0296-78-1937
茨城県笠間市平町1248-2
11:30~14:00
定休日 金曜日

***********************************

ちょっと気になったもの・・・・

以前ポタージュ味のがありましたよね

s500-PA300047.jpg

クリームシチュー味ガリガリ君、買ってみました^^

s500-PA300049.jpg

見た目は普通。一口食べるとクリーミーな美味しさで、悪くないかも^^  

s500-PA300052.jpg

二口目・・・・・・--;)んー?

三口目、何じゃこりゃ・・・・???

後味に来るシチューの味が変な感覚

中心部に来れば来るほど後味に頭が混乱

クリーミーなので不味いわけではない

でもアイスと思うと美味しいわけでもない

ダメと食えるの境目ギリギリを行く味

絶妙だなぁ~

 


nice!(96)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ニュートラル過ぎる味わい つくばの蕎麦 そば処 砂武縞 [茨城の蕎麦]

s500-P9181151.jpg

ガッツリバーガーのHi-5からつくば駅に抜ける途中に見つけた蕎麦屋さん、砂武縞
ようやく行くことができました。

s500-P9181152.jpg

入口はシンプル
開店と同時に入店です

s500-P9181155.jpg

店内は意外と広く天井も高い
広々とした店内は寛げます

s500-P9181159.jpg

陶芸がご趣味なんでしょうか、作品が並んでいます。

s500-P9181161.jpg

おしぼりが紙でないのが嬉しい

s500-P9181158.jpg

でも、お茶は緑茶
やはり蕎麦茶を出して欲しいです。蕎麦屋では蕎麦茶が飲みたい・・・

s500-P9181156.jpg

品書きを確認しましょう
水府産蕎麦を使った十割蕎麦だそう
これは楽しみ
活性水素水って一体どんな効果があるのでしょうね

s500-P9181157.jpg

店内の広さから想像すると蕎麦の種類がいっぱいありそうですが
品数は少なく、かなり絞った内容。
でも下手に多いより好感が持てます。

初めての店ですから”セイロ”に確定
よくよく考えれば初めてじゃなくても”セイロ”しか頼まない気が^^;
セイロは750円。
十割蕎麦ですが大盛りは150円増し
これは良心的です

s500-P9181162.jpg

オーダーしてから到着するまで時間がかかりました。
最初の客という事で、準備が間に合っていなかったのかも
茹で湯がまだ沸いていなかったとか???

s500-P9181163.jpg

大盛りの名の通り、しっかり大盛りなのは嬉しいです。
名ばかりの大盛りの店も多いなか、良心的
色が白めで表面は艶やか・・・・ではなく何となくざらついた感じ
かといって粗挽きとは違います。
断面がスクエアな蕎麦なのはいいですが、気になるのは幅に均一性が無いこと

s500-P9181166.jpg

蕎麦のみで啜ります
啜った瞬間、蕎麦の香りはそれ程立ってきません
まぁ、今は時期が悪いですから仕方ないですね。
でもよく噛むとしっかりした蕎麦の甘みを感じます
ただ噛み応えは頼りない
べっちゃっとだらしなく潰れる感じは無いですが、反力は皆無
なんか存在感が薄い気がします

s500-P9181165.jpg

汁を一口含んで味わいます
ダシの味が真っ先に来ますが、最初に感じる味は昆布
独特の丸さを感じます
味は濃くなく、薄め、でも旨みの厚さはあります。
ダシの味わいの後ろから軽く甘味が付いてくる感じで塩気はあまり感じません。
シャープさは皆無で何処から見ても丸っこい感じの輪郭
優しい味ですがインパクトはありません。
輪郭も甘く、あまり記憶に残らない味。

s500-P9181164.jpg

薬味は葱と山葵
薬味の盛りは凄い
これも大盛りなのか^^;

s500-P9181169.jpg

葱は見事に薄くスライス

s500-P9181170.jpg

山葵は粗めで粒粒を良く感じます
香りより辛みが先に来る感じ
しかしこの量、多すぎです
いくらなんでもこんなには使いません。残すのも勿体ないし・・・・

s500-P9181168.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
薄めの汁なので蕎麦をどっぷり全部浸けた時が蕎麦の香りと甘みが一番感じられました。
昆布ダシの味って食べていて疲れますね
ついつい口直しの山葵を何度も舐めます
そうか、山葵大盛りはこんな訳だったのか・・・・

s500-P9181172.jpg

啜るたびに感じる不思議な感覚
味の余韻に浸れない
食べた瞬間、味が残らず舌の上からすーっと消えてしまう感じ
食べ終えて感じるのは・・・・
あまり記憶に残らない蕎麦ということ。

ニュートラル過ぎるのでしょうか、インパクトを感じられません
それ故、そのまま忘れてしまいそうな気が

s500-P9181173.jpg

蕎麦湯は食べ終えたタイミングで出てきました
これは素晴らしい

s500-P9181174.jpg

蕎麦湯は普通に茹で湯そのもの
最初の客のせいか無色透明でした

悪くないのだけれど・・・やっぱり記憶に残らない。リピするしないではなく、存在を思い出さないかも

そば処 砂武縞
茨城県つくば市柴崎771-1
029-857-3488
11:00~15:00
定休日 水曜日(レジ脇の名刺には水曜定休とありましたが訪問は水曜日でした)

 

*********************************************

pnさんの記事でトマトジャムなるものを初めてみました。どんな味なんだろう、甘いトマトのピューレ・・・・ケチャのようなもの?

s500-P9271169.jpg

一瞬ケチャだけれどやっぱりジャムなんだとpnさん。ますます不思議に思っていたら送っていただきました。

 <(_ _*)> アリガトォ

s500-P9271170.jpg

原材料をみるとトマト&砂糖、たしかにジャム

明日の朝が楽しみ、何に付けようかな~♪

 


nice!(92)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スッキリ辛口の美味い汁だけど・・・ つくばの蕎麦 筑波藪 [茨城の蕎麦]

つくばへの出張は定期的に続いています。
つくばの蕎麦屋は一杯目ブログで通いつめ、二杯目にはいってからも結構開拓しました。
流石に残りが少ないです。
出張コース上に蕎麦屋は残っていないと言っても過言ではありません。
そんななか、筑波にも藪があるとの情報。正確には全国に49店舗ある「藪睦会」の一員の店
ちょっとコースを外れますが、多少の寄り道は許容です。
行ってみましょう。

s500-P5150512.jpg

オーソドックスな店構えです

s500-P5150517.jpg

店内は至って普通の街の蕎麦屋さん
気取ったところやピンと張りつめたような感覚はありません。
目を見開き、口を一文字に結ぶような感じで蕎麦を手繰る店ではありません。

s500-P5150518.jpg

でも・・・TVは止めてほしい
TVを見ながらご飯を食べてはいけませんって言われなかったのかな^^

s500-P5150519.jpg

茶は緑茶
これはいけません。
蕎麦屋では蕎麦茶が飲みたい
緑茶のタンニンは蕎麦を味わうのに邪魔。
ですから緑茶飲むぐらいなら水の方がいい。
緑茶を出されると、それだけで蕎麦の味が想像できてしまうのです。

s500-P5150513.jpg

品書き
もりが550円、リーズナブルな価格設定です
種類も多く、まさに昔ながらの街の蕎麦屋さんですね。
値段、そして緑茶・・・・これだけで味が解った気が^^;

s500-P5150514.jpg

つけ蕎麦も美味しそうだけど、けんちん蕎麦が無い・・・・藪とは言っても茨城県の店なんだからあってほしい。(けんちん蕎麦、好きなんです^^)

s500-P5150515.jpg

温かなのも多いです

s500-P5150516.jpg

ひらめ天というのも珍しいですね

s500-P5150521.jpg

ご飯もの
ひらめが好きなのかな^^

s500-P5150523.jpg

蕎麦の大盛りは150円増し
オーダーしたのは大盛り(550円+150円)

s500-P5150524.jpg

蕎麦の到着
大盛りはセイロ二段重ね。
四角いセイロに二段に重ねられた姿はボリューム感がいっぱい

s500-P5150528.jpg

蕎麦はやや太く、スクエアなタイプ
ただエッジが甘く見た目がスッキリしません。このエッジの甘さ、喉越しは良くなさそうな予感・・・

s500-P5150530.jpg

さっそく蕎麦のみで手繰ってみます
ちょっと太さを感じさせる蕎麦を啜ってみますが香りが立ち上がってくる蕎麦ではありません。
咀嚼して初めて仄かに香る蕎麦
咀嚼も噛み応えは頼りない。
噛んだ瞬間、反力を感じさせずべチャッと潰れます。
しっかり咀嚼して楽しむ蕎麦ではなさそう。
喉越しの蕎麦?しかしこの太さです。啜った時の唇の滑りはよくありません。
かなりの抵抗を唇に残しながら入ってゆくのですから喉に一気に飛び込みません。
喉越しで行くのか、しっかり噛む蕎麦で行くのか・・・どっちつかずな感じ
価格が高くても、もっと香る蕎麦でしっかり噛む蕎麦がいい
もしくは極細打ちで喉越し優先で行くか

何れにせよ、この蕎麦では満足感はありません。
不思議なもので、安くても満足感が無い蕎麦は値段が高く感じます
そして、一枚1000円以上の蕎麦でも満足できれば安く感じるのです
自分にとってこの蕎麦は値段が高く感じました。

s500-P5150526.jpg

汁を試してみましょう
少量口に含んで舌の上に送り込みます。
スッキリした輪郭を感じた後でダシの香り
濃いめの汁ですが濃すぎて飲めない程ではありません。
藪にしてはとっつきやすい。
他の藪は濃すぎてダイレクトに飲めませんから^^;
後味に甘味は残らず、かといって辛すぎてトゲトゲしているわけでもありません。
いいバランスの汁です。
蕎麦は好みではありませんでしたが、汁は好み。

s500-P5150525.jpg

薬味は山葵と葱

s500-P5150527.jpg

山葵は辛みのみで香りはありません。
瑞々しさは無く、ぼそぼそ
値段を考えれば仕方ないのでしょうが、ちょっと残念

s500-P5150534.jpg

でも葱は綺麗
幅がそろって切り口も良い感じ

s500-P5150532.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります。
スッキリした汁の香りが口の中に飛び込んだ後は汁の旨みがぐっと来ます。
そして、すっと消えて蕎麦が顔を出してきますが・・・・
この蕎麦では役不足
蕎麦が汁に比べて弱いのです
汁の旨みが引くときに次にやってくる蕎麦を期待します。
それは汁の旨さに比例した期待度
この汁ならこれ位に美味い蕎麦がやってくるはず・・・・
しかし裏切られるのです。
この汁にはもっとしっかりした存在感の蕎麦が欲しい

s500-P5150535.jpg

蕎麦湯は急須で

s500-P5150536.jpg

茹で湯のみのスッキリした蕎麦湯
汁を蕎麦湯で割り、山葵と葱を入れてサッパリといただきました。

筑波やぶそば (つくばやぶそば)
029-857-5031
茨城県つくば市古来544-1
11:00~20:00
定休日 月曜日 

 

 

 


nice!(86)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

柔らかな汁で味わう蕎麦 牛久の蕎麦 そばの心 志茂部 [茨城の蕎麦]

s500_PB210030.jpg

今日もつくば、つくば蕎麦屋はほぼ行きつくしたようで新たな店の発見がありません。
ならば隣町、牛久で探してみました。
今日のターゲットは志茂部、480号線沿いにある蕎麦屋さんです。

s500_PB210005.jpg

店内は和のいいい雰囲気、座敷が二間に囲炉裏の席

s500_PB210006.jpg

壁際にも畳の席がありました

s500_PB210007.jpg

蕎麦屋は良いですねぇ
和の雰囲気は落ち着きます。^^

s500_PB210012.jpg

囲炉裏の席に陣取ります。
お茶は緑茶、これは残念。
緑茶のタンニンは蕎麦の味を損ないますから。
やはり蕎麦屋は蕎麦茶で迎えて欲しいです。

s500_PB210008.jpg

品書きを確認します
もりが800円、大盛りにすると300円増しです。
しかし今日はサービス期間だそうで大盛りも普通盛り料金だそう。
これは嬉しいです^^
初めての店は”もり”と決めているのですが、気になる品が・・・
そう、薬膳カレーそば
これは気になります。
次の楽しみに取っておきましょう。

s500_PB210009.jpg

二種類の鴨汁そばも鴨好きには気になります^^

s500_PB210010.jpg

温かな蕎麦
ここで気になるのはカレー南蛮そば
先ほどの薬膳カレーそばとどう違うのでしょう

s500_PB210011.jpg

一番気になるのはこれ”蕎麦ぜんざい
甘党にとっては凄く気になります^^

注文したのは大盛りと蕎麦ぜんざい、基本ですね。^^

s500_PB210014.jpg

蕎麦の到着です
蕎麦の山が三つ
普通盛りは山が二つ、大盛りだと三つなのでしょう。
艶やかで綺麗は表面の蕎麦は断面がスクエアで喉越しが良さそうです。

s500_PB210015.jpg

まず蕎麦のみで啜ります。
啜った瞬間に立ち上がる蕎麦の香りは少なくあまり感じません。
喉越しはよく唇の表面を気持ちよく滑ってゆきます。
噛み応えも良い感じ。
プツンとした感触で噛み切れます。
啜った蕎麦の一本一本を確認できるような存在感を感じる蕎麦
良い感じです。

s500_PB210016.jpg

次に汁を一口、口に含み舌の上に導きます。
舌の表面に広げて味わうと・・・
ちょっと甘さが強く感じます。
でも後口に残る程ではありません。
優しい汁、輪郭は甘く、シャープさはありませんがホッとする味わい

s500_PB210018.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
柔らかな汁の旨味が口いっぱいに広がります。
旨味はしっかり厚く、その旨味が引いてゆくと蕎麦の甘みがじんわり染みだして・・・
うん、美味しいです。
ガツンとした香りがあるわけではありませんが、落ち着く美味しさ。
しっかり咀嚼すると蕎麦の香りと甘みが口に中に広がって幸せな気分^^

s500_PB210017.jpg

薬味はオーソドックスに葱と山葵
葱が綺麗にカットされています。
山葵も良い香り、満足できました。

s500_PB210021.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります。
喉越しの良い蕎麦は喉に快感を与えながら喉の奥に飛び込んでゆきます。
蕎麦はいいなぁ
久しぶりの蕎麦、その甘味と香りに満足しました。

s500_PB210023.jpg

蕎麦湯は一寸白濁
今日最初の客なのに白濁ちは・・・・
打粉が多いのかな

s500_PB210024.jpg

でも体が温まって良いですね^^

s500_PB210025.jpg

そして蕎麦ぜんざいです。

s500_PB210026.jpg

蕎麦がきが凄く美味しそう^^

s500_PB210029.jpg

ネットリ、ムッチリした蕎麦がきは官能的
口が喜びます^^
小豆の甘さも良い感じ。そして蕎麦の実の香ばしさが良いアクセント。


後を引く甘さ、5杯並べて食べたいです。^^

 

そばの心 志茂部 (シモベ)
029-874-0392
茨城県牛久市栄町3-184
定休日 木曜日

 

 

 


nice!(66)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

常陸秋そばの香り つくばの蕎麦 蕎麦一 [茨城の蕎麦]

蕎麦にはまだ早い・・・・・解っているのですが体がいい加減蕎麦を食わせろと言いだしています。
この夏、妙に体調が悪かったのも蕎麦が足らなかったせいなのかな。(笑)
今週も つくば で仕事ですから茨城の蕎麦を楽しむことに。

s500_P8170214.jpg

今日のターゲットは蕎麦―、ちょっと解り辛い場所にある蕎麦屋さん。
看板を見つけてから店を見つけるまでに一寸彷徨いました。
建物の横奥にあるのが解りにくいです。

s500_P8170215.jpg

白暖簾の横の部屋は蕎麦打ちの部屋

s500_P8170216.jpg

店内は蕎麦屋さんらしい内装。
座敷二卓とテーブル席

s500_P8170217.jpg

熱い茶を啜りながら品書きを確認します。

s500_P8170218.jpg

勿論確認するまでもなく注文するものは決まっています。
初めての店では盛り、これは拘り^^
もり(700円)の大盛り(+300円)をオーダーしました。

s500_P8170220.jpg

この店が強く勧める品はひやかけ、ひやかけの辛み大根おろしが魅力的ですね。

s500_P8170222.jpg

皿に盛られた蕎麦は大人しい感じ。
細打ちですが極細ではなく普通のサイズ。表面は左程艶やかな感じはなく、若干の星見えています。
断面はスクエアですがエッジは甘い感じがします。

s500_P8170224.jpg

蕎麦のみで啜ってみます。
啜った瞬間、仄かな蕎麦の香り、強く香り立つタイプではありませんが優しく香る感じです。
唇を滑るその蕎麦には若干の抵抗感、喉越しの滑らかさは左程ありません。
噛み切ったときの感触はペシャっと潰れる感じで、弾力は感じない蕎麦。
茹でが多めなのか柔らかさが先に感じる蕎麦でした。
咀嚼してゆくと、しっかりした蕎麦の香りが出てきます。
久々の蕎麦の香りは嬉しいです。

s500_P8170225.jpg

汁を少量口に含みます。
甘さが強めの濃い汁
ダシはよく香って、ダシの香りで濃くても飲める感じ。
輪郭ははっきりぜず、ぼやけた後味。
甘みが残るせいでしょうか。

s500_P8170227.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります。
啜った瞬間に広がるダシの香りと旨味。
その後で湧き出す蕎麦の甘み。
濃いめの汁で蕎麦の甘みが押し上げられるよう
ただ、濃い汁ですから浸けすぎると汁のダシの香りしか感じません。
1/3程度浸けた時が一番蕎麦の甘みを引き出せるようです。
個人的には細打ちの蕎麦は凛とした汁で食べたいですね。そう、背筋が伸びるような感じの汁で。

s500_P8170223.jpg

薬味は山葵と葱
山葵は瑞々しさが足らない感じで香りは少なめでした。

s500_P8170233.jpg

あまり自己主張しない大人しい蕎麦でした。
啜った時に感じる抵抗感と噛んだときの食感の頼りなさは好みではありませんでしたが、久々に蕎麦の香りを楽しむことができました。

s500_P8170235.jpg

蕎麦湯もセオリー通り、普通に茹で湯

s500_P8170236.jpg

甘い汁を蕎麦湯で割って楽しみました。

 

蕎麦一
029-855-6156
茨城県つくば市竹園2-7-27 INOレジデンス1階
11:30~15:00
定休日 月曜日

 

 

s500_P9070074.jpg

有るところには有るもので・・・・^^

s500_P9070078.jpg

最初の三口は違和感の嵐、それを過ぎると口が馴染んで・・・・・

s500_P9070085.jpg

そういうのも有りではないかと^^。でも粒粒のコーンがいつまでも邪魔でした(汗)

 


nice!(65)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ガツンと太く啜れない蕎麦 つくばの蕎麦 ゐ田  & 桜井のアンドーナツ [茨城の蕎麦]

s500_P7060547.jpg

今回の出張はつくば
この日は仕事のスケジュール的に空き時間が発生しましたので昼御飯は少し山の方に行ってみました。
手打ちそば”ゐ田”。ずっと気にしていた店なのですが、市街地からかなり離れてますので、なかなか行く機会がありませんでした。

s500_P7060532.jpg

こんな路を進んでゆきます。

s500_P7060524.jpg

途中で気になる菓子屋さんを発見。
ここはたしかブリザドさんのブログで見た記憶が。。。。

s500_P7060527.jpg

アンドーナツの紹介記事だったと記憶しています。
しっかり油の染みたドーナツが白い砂糖の薄衣をまとって並んでいます。
真夏に食べるのはキツそうなじっとり感。
昔からのアンドーナツといった趣^^
隣は鹿の子饅頭と最中が並んでいましたが・・・・反射で写っていない><

s500_P7060528.jpg

和菓子屋さんというより和菓子も置いてある駄菓子屋さんかも^^
お土産にドーナツを買いました。


桜井菓子店
茨城県つくば市神郡76
0298-67-2750
7:00~17:30
定休日 木曜日

s500_P7060533.jpg

アンドーナツを買った後は目的地を目指します。
ちょっとした集落に入ります、路はかなり狭いです。
そのうえクネクネ曲がり、上りこう配もかなりのもの。
本当に大丈夫か?迷っていないか?と心配になりゆっくり登りますが・・・・
後ろに地元車に貼りつかれて思わず見つけたスペースにエスケープ。

s500_P7060547.jpg

ふと見たらそこが目的地でした(笑)
車のエンジンを切り、降りると・・・長閑な鳥の声とこの葉の囁き、静かな時間がそこにありました。

s500_P7060549.jpg

暖簾を潜り、中に入ります。
土間が良い雰囲気。

s500_P7060552.jpg

一人なので窓側の小さな席に陣取ります。

s500_P7060558.jpg

奥の座敷はこんな感じ。

s500_P7060560.jpg

おしぼりがちゃんとしているのが嬉しいです。
端袋に季節があります。
風流ですね。

s500_P7060602.jpg

一番嬉しいのはこの貼り紙。^^

s500_P7060556.jpg

品書きを確認しましょう。

s500_P7060554.jpg

品書きは至ってシンプル。種類は左程多くありません。
”つけ”が盛り蕎麦のこと。
1000円が普通盛り、大盛りは400円増し。

s500_P7060562.jpg

蕎麦についての説明がありました。
ウチの蕎麦は太いから、しっかり噛んで食べるようにと。
噛んで甘味を香りを味わうようにとも書いてあります。
蕎麦は喉越しだけじゃない・・・・・その通り!と頷きながら読みます。^^

s500_P7060563.jpg

品書きを見ていて凄く気になったのがこれ。
一日十食の限定品。
これは気になります。でも、この店に不似合いなエスニックと激辛の文字が・・・・

s500_P7060564.jpg

カレー蕎麦でした。
カレー南蛮に2600円!、これは一体どんなカレー南蛮蕎麦でしょう。
凄く気になりますが、初めての店では”盛り”、これを覆す事はできません。
しかもフランスパン付きという文字がさらに気持ちをヤキモキさせます。
普通カレー南蛮には白飯です。
白飯とカレー南蛮の汁の相性は言うまでもありません。
なのに、フランスパン・・・・・あえてご飯ではなくフランスパン。
そこにどんな意味があるのか・・・・・
しかもこの価格です。気にするなと言う方が無理(笑)

そういえばお茶が出てきていない・・・・忘れられているかな?

s500_P7060565.jpg

と、思っていたら出てきました。
何と抹茶です(驚)
蕎麦を食べる前に抹茶が出てきたのは初めて。
食前に飲むお茶ではないと思うのですが・・・・・・

s500_P7060571.jpg

抹茶茶碗を眺めて通を気取って(笑)
でもよく判らないです^^

s500_P7060575.jpg

抹茶を飲んで暫くすると蕎麦がやってきました。
器がまた良いい感じ、蕎麦の色に良く合っています。

s500_P7060592.jpg

この蕎麦・・・・太いなぁ。
たしかに品書きに説明がありましたが、ここまで太い蕎麦は初めてです。
そして短い。長さは長いもののも10cm位で啜ることはできません。
蕎麦は喉越しだけではない、と、品書きに書いてありましたが、これは端から喉越しは考えていませんね。
有無を言わさず噛んで食べるのだと(笑)

s500_P7060578.jpg

啜ってみます。・・・・無駄でした。(笑)
長さが無いのもありますが、蕎麦が唇を滑りません。
ひと箸、ひと箸、口に運ぶ感じです。


s500_P7060579.jpg

啜りませんから香りは噛んで初めて感じます。
流石極太、噛むごとに蕎麦の香りと甘みが奥歯からガツンガツンと飛び出して来ます。
じんわり滲み出る感じではなく、顎の動きに連動して香りが押し出される感じ。

s500_P7060580.jpg

汁を確認してみましょう。
少量を口に含みます・・・・うわぁ、濃い!
後口は甘味が残る事は無く、辛くて飲めない事もありません。
ただ、凄く濃い感じなのです。
こんなに濃い汁は初めて、濃すぎる汁で良い記憶はありません。大丈夫でしょうか・・・・

s500_P7060588.jpg

心配しつつ、蕎麦を汁に浸けて口に運びます。
蕎麦が短すぎて蕎麦に汁を浸ける量を調整するのが難しく、完全に浸す感じに。

s500_P7060589.jpg

こんなに濃い汁に完全に浸して大丈夫かな。。。。
と噛んでみます。
途端、凄い蕎麦の香りと甘みが。
この濃い汁が蕎麦の甘味を押し上げています。
この極太の蕎麦の甘味を押し上げるには此処まで濃い汁でないと役不足なのでしょう。
汁無しより確実に甘味と香りが感じられます。

s500_P7060581.jpg

薬味は葱と山葵と大根おろし

s500_P7060582.jpg

量は凄く可愛い量。^^

s500_P7060583.jpg

蕎麦の野性味に比べて何とも愛らしい山葵。
自分は蕎麦に山葵を使いませんからこれで良いですが。

s500_P7060584.jpg

大根おろしもそう。
汁に溶いたり、蕎麦に乗せるのではなく、口直しに舐めるために有るような感じ。
これはまさに自分の薬味の使い方そのものです。
この店のコンセプト、自分にぴったり。

s500_P7060591.jpg

薬味で口直しをしつつ、ガツンと香る野性味あふれた蕎麦を楽しみました。

s500_P7060596.jpg

蕎麦湯は白濁のどろりとした湯。

s500_P7060600.jpg

この蕎麦湯がまた良い香りでした。

s500_P7060601.jpg
飲み終えた後も香りがいっぱい。

 


なかなか美味しい蕎麦を楽しむ事ができました。
やはり、カレー南蛮wフランスパンが気になります・・・・・^^;

 

 

手打ちそば ゐ田(手打ちそば ゐ多゛)
茨城県つくば市筑波552-3
029-850-8082
11:00~19:30
定休日 木曜日

*********************************

 

s500_P7060606.jpg

さあ、お土産のアンドーナツを食べましょう。
一個90円でした。
大きさは小ぶりですが重さはしっかりしています。

s500_P7060607.jpg

割ってみると、昔ながらのアンドーナツ。
記事に染みたじっとり油のコクが濾しアンの甘味と合わさってどっしりした旨みを感じさせます。

s500_P7060612.jpg

フワフワとかサッパリとかは無縁の味わい。
しっかり甘く、どっしりとした油、多少の疲れなど吹き飛ばしてしまうようなインパクト。
ただ・・・流石に5個は辛かったです。ちょっと胸やけがぁ(汗)

*********************************

この土日は つくば での仕事。
連日ハードに過ごしているせいか、妙に香辛料を体が欲します^^
そうです、次記事はカレー(笑)


nice!(79)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ある意味入り辛い店 つくばの蕎麦 手打ちそば 更科の里 [茨城の蕎麦]

珍しく常磐道谷田部ICで降りて、サイエンス通りを北上、片側三車線でペースの速い道を流れに乗って走ります。
もうすぐ11:15分、ちょっと早めですがお昼ご飯にしてしまうのも良いでしょう。
11:30分開店の店は多いですから。
良さげな蕎麦屋かカレー屋でもないかなとチェックしながら走っていると・・・・・

左へ大きくカーブした道、手前の建物で奥が見通せません。
障害物を過ぎたその瞬間

あっ、蕎麦屋だ!
しかも11:15なのに2台の車が駐車場で開店を待っている!
これは期待できるか!?

s500-P5141106.jpg

しかし、流れの早い道、左に寄るタイミングがつかめず通り過ぎてしまいました。
Uターンも困難な道ですから、左折し、細い道をぐるっと回って手前に出る事に。
しかし、その道が迷路、ようやく元の広い道に出て左車線を走りますが・・・・・
障害物を通り過ぎた瞬間にあらわれる蕎麦屋。
あわてて急減速しながら左折、駐車場へ。
これは別の意味で入り辛い店ですね。^^)

暫く待って、開店の時間。
暖簾がしっかりかかるまで外で待っています。
暖簾のかかった入り口を撮りたいですから。
暖簾は店其々、蕎麦のように店ごとに味が違って楽しいです。
ここはオーソドックスな暖簾。
蕎麦もオーソドックスな正統派なんでしょうね。
店内禁煙の札が嬉しいです。

s500-P5141107.jpg

店の中は明るく気持ちいいです。
太陽光が多く差し込む店は気分も明るくなりますね。

s500-P5141108.jpg

お~お、暖簾の通りの普通に冷やしタヌキなんかを頼みたくなるような蕎麦屋さんの品書き。
重ね盛りを注文しました。ようは盛り蕎麦二枚です。

もり1枚が600円を切っている・・・
微妙だなぁ
やはり普通で終わってしまうのか。
いや、その割には・・・・

s500-P5141110.jpg

鴨に凝っていたり・・・・

s500-P5141111.jpg

そばがき もある。
そばがき が品書にある店で外れる確率は低いです。
普通の街の蕎麦屋では そばがき は出しません。
あらためて店内を見渡すと御主人が蕎麦を打っています。
蕎麦を切る包丁のリズミカルな音が耳に心地よく響きます。

s500-P5141113.jpg

でもこれは雰囲気ないです。
紙は止めてほしいですね。何となく貧乏くさいですから。
(品書きの価格からいったら仕方ないのでしょうけど)

s500-P5141109.jpg

緑茶かぁ・・・
これはいけません。タンニン成分が蕎麦の味を邪魔してしまいますから。
横に団子が一個。
蕎麦白玉団子のようです。
団子が出てくるとは、甘味もあるのでしょうか。
品書きを見直すと・・・・

s500-P5141112.jpg

ありました。
しまった!よく見ていなかった。
これだったら盛り+蕎麦白玉あずき にしたかった・・・・><

s500-P5141115.jpg

二段重ねがやってきました。
更科を店の名にしているのに色は普通。
そういえば品書きに更科の文字は無かった気が・・・・
器の感じと言い、蕎麦の盛り方、レイアウト。
トラディッショナルスタイルの蕎麦ですね。


s500-P5141133.jpg

蕎麦は平たい蕎麦
幅が不均一なのが気になります。
きしめん率(*1)が1.8~3.5とばらつきが大きいようです。
*1:きしめん率は蕎麦断面の縦横比 蕎麦打ちブロガー たーさん の提唱される基準項目です。

s500-P5141116.jpg

早速、蕎麦のみで手繰ります。
香りが立ってくる蕎麦ではありません。
噛み応えはしっかり、コシがあります。
喉越しは平たい蕎麦特有の突っかかりを感じさせながら喉の奥へ飛び込む感じ。
気持ちいい喉越しではありません。

s500-P5141118.jpg

汁を口に含んで舌先で味わいます。
甘めで酸味を強く感じます。
スキッとした感じは無く切れよりも柔らかさ重視の汁。
濃さは濃すぎませんが、甘さが後口に少し残ります。

s500-P5141119.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります。
幅広の蕎麦は啜り辛いですね。
口に中に飛び込んだ蕎麦、最初に感じるのは汁の甘さ。
それが落ち着いてくると酸味が顔を出して来ます。
しっかり腰のある幅広蕎麦をしっかり咀嚼していると蕎麦の甘味と香りが奥歯のあたりから広がってきます。
しかしそれは口いっぱいになる程ではありません。

s500-P5141123.jpg

薬味は葱に山葵、そして大根おろし。
大根は普通の大根。
葱は極細にスライスされ綺麗でしたが瑞々しさを感じませんでした。
山葵は・・・

s500-P5141130.jpg

ちょっとボソボソで瑞々しさはありません。
辛みと香りも少なめに感じました。

s500-P5141129.jpg

蕎麦の味が薄く感じ、途中から味に飽きてきた感がありましたので、葱や山葵を乗せて食べたりしました。
汁に浸ける量は1/3程度が一番蕎麦の甘味を感じました。
蕎麦の味に対して価格は妥当な感じです。

s500-P5141135.jpg

蕎麦湯
これまたトラディッショナルな濃さ。
これぞ蕎麦湯って感じの蕎麦湯です。

蕎麦湯
これまたトラディッショナルな濃さ。
これぞ蕎麦湯って感じの蕎麦湯です。
甘めの汁は蕎麦湯で割ると美味しいですね。
しっかり全部いただきます。


蕎麦の味、香りは価格を考えれば妥当です。
コシはあって良いのですが、蕎麦幅のばらつきが大きいのは気になるところ。
蕎麦の甘味は次回の楽しみに取っておきましょう。 

蕎麦は更科ではないのに、何故更科を名乗っているのだろう。
不思議に思いながら帰りがけに店を見渡すと・・・・ありました。
入り口わきのランチセットのサンプル(実物サンプル)に更科のセットが。
色白の透明感ある更科、どうやら更科は限定品のようでした。
店に入った時は開店早々すぎてサンプルが間に合わなかったようですね。^^


さらしなの里
029-838-0882
茨城県つくば市上横場256-1
11:30~
定休日 水曜日

 

 

 

 

 


nice!(72)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

繊細な細打ちの蕎麦茨城の蕎麦 手造りそば 季より  [茨城の蕎麦]

今朝起きたら腰の状態がぶりかえしていて、かなり痛いです。
電車で出勤するのが辛いぐらい。
先日のリハビリ(朝散歩)はやり過ぎだったか?と一寸後悔しますが仕方ありません。
車で出社します。出社して向った所はウェルネスルーム。無料でマッサージが受けられます。
実は福利厚生としてマッサージルームがあり専任の療養師が常駐しているのです。
朝イチで腰の筋を解してもらいました。
何とか仕事ができる状態になりましたので出張に向いましょう。

今回の出張は茨城はつくば。
つくばでも牛久に近い地域なので牛久の蕎麦屋を開拓します。

s500-IMGP4075.jpg
今回のターゲットは季より。
つくは牛久ICから向います。R6の団地西の信号から右折して住宅地に入りますが、この信号が曲がり辛いです。
右折禁止なのかと一瞬思いましたが、前の地元車が右折したので一安心。
迷いながらも何とか到着。

s500-IMGP4074.jpg
今日は出発が遅くなりましたので昼ご飯の時間を後ろにシフトしています。
心配なのは一日15食限定のこの蕎麦。
まだ残っていると良いのですが・・・・

s500-IMGP4106.jpg
普通の民家を改造した造りで、ロケーションといい、隠れ家的雰囲気がたっぷりあります。

s500-IMGP4079.jpg
入り口でお出迎えしてくれるのは石臼。
この臼で手挽きした蕎麦なんですね。

s500-IMGP4089.jpg
店内も当然ながら普通の民家を改造した造り。

s500-IMGP4088.jpg
各部屋は個室になっていて隠れ家の会合の場にするのに良い感じです。

s500-IMGP4081.jpg
なかなかいい雰囲気があります。

s500-IMGP4083.jpg
品書きには封が。
これを解く儀式が必要です。

s500-IMGP4087.jpg
もりの重ね(盛り×2枚)に決めました。
蕎麦は十割です。

s500-IMGP4086.jpg
ぜんざいも気になりますが・・・

s500-IMGP4085.jpg
ケーキのような玉子焼だって?
鍋焼き玉子が気になります。これを頼みました。

s500-IMGP4084.jpg
蕎麦とぜんざいがセットになったコースも。
時間が無いのでコースの選択は無理ですね。

s500-IMGP4090.jpg
茶碗がかなり大きいです。
おしぼりもちゃんとしていて良い感じですね。

s500-IMGP4092.jpg
鍋焼き玉子焼から。付け合わせもあるのですね。

s500-IMGP4093.jpg
つけあわせは蕎麦リゾット
蕎麦の実の入った和風リゾットです。
落ちつく味わいでした。ちゃんと米のつぶつぶ感がしっかり出ていて良い感じです。

s500-IMGP4094.jpg
柿の白和え。
柿の甘味と爽やかさを感じる一品でした。
柿って爽やかさもあったんですね。

s500-IMGP4095.jpg
玉子焼・・・・
味は普通。だし巻き玉子が大きく焼かれただけ。
意外性はありません。
スが多く、舌触りが悪いです。
付け合わせは美味しかったのですが・・・・ちょっと残念。
直火焼きではなく、オーブンで湯煎焼きにすればもっと舌触りがよくなり、玉子の良さを出せると思うのですが・・・

s500-IMGP4097.jpg
蕎麦が運ばれて来る前に薬味から

s500-IMGP4101.jpg
続いて蕎麦が運ばれて来ました。
緑色がかった極細打ちの蕎麦です。
蕎麦の断面もスクエアで好みの蕎麦、期待が持てます。

s500-IMGP4102.jpg
蕎麦のみで啜ります。
啜った瞬間から蕎麦の香りがふわっと立ち上がって臭覚をそっと撫でて行く感じ。
甘味もしっかりあって美味しい蕎麦です。
噛み切ると抵抗感もしっかりあって腰はしっかりしていますが、反力が感じられません。
噛み切る時に歯に伝わってくるプリッとした弾力は無く、ただぐしゃっと潰れるだけです。
使っている蕎麦の特性でしょうか。
エッジはしっかりしています。

s500-IMGP4098.jpg
薬味は山葵と辛味大根。葱はありません。
山葵が無く、辛味大根と葱だけの店は多々ありましたが、葱が無い店は初めてです。
山葵は香り良く、瑞々しさも十分、舐めると爽やかな刺激が鼻腔を刺激します。
辛味も適度で美味しい山葵でした。
大根の辛味もしっかりあって良い感じです。

s500-IMGP4099.jpg
汁を確認しましょう。
ちょっと口に含みます・・・濃いですね。
辛さと酸味が強い感じを受けます。
シャープさはありますが強過ぎて円やかさを感じません。
辛口で甘ったるくないのは良いのですが、ちょっと辛過ぎ。

s500-IMGP4103.jpg
蕎麦を汁に浸け啜ります。
濃く、辛い汁に浸けるのは難しいです。
少しでも浸け過ぎると口の中は汁の味で支配されてしまい蕎麦の香りが判らなくなってしまいます。
蕎麦の1/4程度汁に浸けると良い感じですが、それでもまだ汁が強い気がします。

s500-IMGP4104.jpg
蕎麦湯が来ましたので、汁に少量加え、薄めてみます。
これが良い感じに決まりました。
頃合いの濃さになって、蕎麦の半分を浸けて啜れます。
これくらいの割合の時が一番蕎麦の甘味を引き出すと思うのですが。
辛過ぎると甘味を引き出す前に汁の辛味だけで終わってしまいます。
辛味がないと蕎麦の甘味を十分に引き出せません。
濃過ぎる汁は何時までも汁の味が口に残り、蕎麦の味より汁の味ばかり感じてしまいます。
薄過ぎる汁は蕎麦の香りを消すだけで何も蕎麦に与えてくれません。汁に浸けずに啜った方が美味しく感じます。
若干カスタマイズした汁で啜り続けます。
汁の香りのが消えてゆくと蕎麦の香りが押し上がってきます。
この感じがいいのです。汁が濃過ぎると汁の香りが消えず、蕎麦の香りが沈んでしまうのです。
極細の蕎麦ですがしっかり噛んで甘味を楽しみます。
汁の辛さが適度だと蕎麦の甘味を引き立ててくれますが、辛過ぎると塩辛さだけが残ってしまい。甘味を感じなくなります。

s500-IMGP4105.jpg
蕎麦湯の濃さは適度。

s500-IMGP4107.jpg
実は自分で売り切れでした。
間に合って良かった・・・

茨城県牛久市牛久町15-2
029-875-4891
11:45〜16:00
定休日 日曜日

s500-IMGP4109.jpg
s500-IMGP4129.jpg
s500-IMGP4130.jpg
帰りの湾岸線。
夜間、走行しながら撮影すると照明の軌跡がミロの描くような感じっぽくなるので何気に好きです。
三郷小菅間の渋滞の憂さ晴らしにコンデジで楽しみながら走ります。



nice!(59)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住宅地の中に同化した蕎麦屋 そば処 椿野 [茨城の蕎麦]

s500-IMGP3351.jpg
今日の出張茨城つくば市。
久しぶりの茨城、しかも新蕎麦の季節です。
どうせなら十割蕎麦がいいなと十割の店を調べ、出張に出発しました。

s500-IMGP3327.jpg
つくば市内の並木は良い色に。

s500-IMGP3332.jpg
目的地はつくば市内の住宅地にあります。
住宅地には未だ地震の傷跡がくっきりと。

s500-IMGP3329.jpg
目的地はここ、そば処 椿野。
蕎麦屋とは思えない外観、普通の住宅のようです。
看板が無かったら全く判らなかったでしょうね。

s500-IMGP3333.jpg
店の正面も蕎麦屋の感じは全くしません。
暖簾も無く、此処で蕎麦を打っているとは想像もできませんね。
ちょっと嫌な予感が。
こういった感じの蕎麦屋にありがちなのが・・・蕎麦は拘っているが汁が粗いというパターン。
さてここはどうなのでしょう。

s500-IMGP3334.jpg
大体お店という感じすらしない入り口なのです。
営業中の札が店である事を主張しているのみ。
蕎麦屋である事は・・・小さな”そば処”の文字だけ。
ちょっと入るのに悩みます。

s500-IMGP3347.jpg
ドアを静かに開けて中に入ります。
飛び込んで来た景色は・・・・蕎麦屋?

s500-IMGP3336.jpg
窓側にテーブル席が二卓と

s500-IMGP3349.jpg
板の間にも二卓。

s500-IMGP3350.jpg
カウンターには4席
蕎麦屋のような、そうでないような・・・・ちょっと不思議な感じです。

s500-IMGP3337.jpg
でも清潔感があって良い雰囲気です。
湯のみも良い感じ。
品書きを確認しましょう。
その前に気になる貼り紙が・・・

s500-IMGP3338.jpg
釜あげそばだって?
ただでさえのびやすい蕎麦を釜あげにするとは・・・
値段からして二八の細打ち蕎麦なのでしょうが、のびてしまうと思います。
のびた蕎麦はどうかと思うのですが・・・・
ガツンと太打ちだったら良いのかな?

s500-IMGP3339.jpg
品書きを確認しましょう。
地元笠間を中心に新治、福井の蕎麦を使っているそうです。
二八で680円。良心的な価格設定ですね。
目的は十割蕎麦。十割でも840円ですからやはり良心的。
おや、黒挽き十割蕎麦と細打ち十割蕎麦との合盛りがありますね。これは面白ろそう、これにしましょう。
合盛りにしても価格が変わらないのは珍しいですね。大抵は量が多くなって価格もあがりますから。
これの大盛りを頼みました。

s500-IMGP3340.jpg
四種類ですがご飯ものもあります。
豆腐丼が興味深いですね。

s500-IMGP3341.jpg
うどんもあります。

s500-IMGP3343.jpg
揚げ蕎麦がきも良さそう。

s500-IMGP3344.jpg
そばしるこも美味しそう。
でも今回は二種盛りの大盛りを頼みますからそばしるこの注文は止めておきます。

s500-IMGP3351.jpg
蕎麦が運ばれてきました。
一つのザルに十割蕎麦と黒挽き十割蕎麦が盛られています。

s500-IMGP3363.jpg
蕎麦と同時に蕎麦湯が出てきます。
これはいけません。
食べ終わった頃に出して欲しいですね。冷えてしまった蕎麦湯は楽しめませんから。

s500-IMGP3352.jpg
細打ちの蕎麦。
十割ですが極細です。ただ、エッジは感じられません。
表面はやや粗いようですが良くつながっています。

s500-IMGP3353.jpg
黒挽き十割蕎麦。
細打ちに比べ、厚く幅広の色黒な蕎麦は香りもさぞかし・・・期待で手が焦ります。
表面も細打ちより滑らかな感じです。
只・・・きしめん率(*)が3以上ありそう。
きしめん率の高い蕎麦は自分と相性が良くないので心配です。

(*)きしめん率とは蕎麦の厚みと幅の比(蕎麦断面の縦横比)です。断面がスクエアなら”きしめん率=1”
きしめん率は蕎麦打ちを探求されるたーさんのブログ”エンジニアによる手打蕎麦打ち研究所”にて提唱された単位です。
この単位、蕎麦を表現するのに便利で使わせていただいています。

s500-IMGP3354.jpg
蕎麦のみで啜りましょう。
まずは細打ちの十割蕎麦から。
啜った時からガッツンと蕎麦の香りが立ってきます。
噛み応えは強くなく、噛み切ったときの反力に弾力はありませんがコシはしっかりしていました。

s500-IMGP3355.jpg
次に黒挽き十割蕎麦。
啜ります・・・・香りが立ってきません。
咀嚼した時の甘味の出方も細打ちの方が強いくらい。
噛み応えは色が黒い割りには悪くないです。殻の粒子はかなり細かく、噛んだ時に蕎麦が潰れて行く食感に悪い影響を与えていません。
しかし・・・見た目から想像するような香りを感じませんでした。
これなら細打ちの十割だけで良いのかとも思えます。

s500-IMGP3359.jpg
汁を確認しましょう。
少量口に含みます。
ほー、これは・・・良いバランスです。
だしの香り、甘味、酸味、塩気・・・どの味も強く出過ぎていません。
気持ち甘めが半歩前に出ている感じで、少しぼてっとした雰囲気。
洗練された感じは無く、輪郭のシャープさは感じませんが、控えめで優しさを感じます。
優しさに、ついついそのまま飲んでしまいます。
心配は杞憂でした。

s500-IMGP3356.jpg
蕎麦を汁に浸けて啜ります。
優しい汁は蕎麦の邪魔をしません。
自らを過度に主張せず、蕎麦の甘味をそっと引き出すのです。

s500-IMGP3358.jpg
薬味は葱と山葵。
葱は瑞々しいです。山葵は色が白く、一瞬大根かと思いました。
細打ち蕎麦の後は口直しに山葵を舐めます。
瑞々しい香りが口に広がって味覚がリフレッシュ。
この山葵、瑞々しく香りが高いです。それでいて辛味が少なく、食べやすい山葵でした。

s500-IMGP3357.jpg
黒挽きの十割を汁に浸け食べます。
やはり細打ちの方が香りと甘味を感じます。
噛んでも、噛む程に甘味が出るタイプではなく、おとなしめの甘味。
不思議ですが自分はきしめん率の高い蕎麦とは相性が良くないようです。

s500-IMGP3364.jpg
蕎麦湯。
適度な濃さでサッパリした湯でした。





う〜ん、そばしるこに未練を感じます。
そんなに気になるのなら・・・頼むしかありませんね。

s500-IMGP3369.jpg
しるこです。田舎しるこ(おぜんざい)ではなく、御前しるこ。
そばがきが美しいですね。

s500-IMGP3368.jpg
そばがきがネットリフワフワです。
蕎麦の実が香ばしく良いアクセント。

s500-IMGP3370.jpg
粒がない御前汁粉故に蕎麦がきのフワフワ感、ネットリ感が良く判ります。
汁粉自体も甘さ抑えめで上品な味わいでした。

s500-IMGP3371.jpg
大盛りは250円増しでした。


茨城県つくば市筑穂3-7-7
029-864-8985
11:30〜14:30 & 17:30〜20:30
定休日 木曜日



nice!(69)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

香り高い外2蕎麦 手打ちそば いちい [茨城の蕎麦]

s500-IMGP3502.jpg

久しぶりに茨城への出張でした。
このところ仕事が薄く出張がありません。
ギリシャを発端としたヨーロッパの混乱が影響しているのでしょうか。
久々の出張で蕎麦にも力が入ります。仕事じゃないのか。

s500-IMGP3477.jpg
今日も健康そうですね(笑)
オブジェが輝きます。
綺麗な青空の中、茨城に向って走ります。

s500-IMGP3479.jpg
スカイツリーの上にクレーンはありません。
いつの間にか完成していたみたい。

s500-IMGP3481.jpg
泊まりで仕事をやっつけた後は・・・・蕎麦です。
今日は”いちい”に行ってみました。

s500-IMGP3482.jpg
茨城らしい風景の中に店はあります。
青空が綺麗ですね。

s500-IMGP3483.jpg
庭もいい雰囲気、真っ平らで遮るものが何も無い。これぞ茨城。

s500-IMGP3484.jpg
新蕎麦です。期待で胸が膨らみますね。

s500-IMGP3485.jpg
おや?野菜が。

s500-IMGP3486.jpg
自家製の野菜でしょうか。美味しそうですね。

s500-IMGP3488.jpg
店内は広くシンプルで良い感じ。

s500-IMGP3489.jpg
入り口すぐはテーブル席、板間の横にも小部屋があります。

s500-IMGP3490.jpg
窓から見えるのは広い空と真っ平らな景色、何とも茨城らしい景色です。
開放感があって、いい雰囲気ですね。

s500-IMGP3499.jpg
ガラスにはヒビ、あの地震でしょうか。

品書きを確認しましょう。

s500-IMGP3491.jpg
そばがきしるこに惹かれますが・・・・今回はパス
何故なら、魅力的な品を品書きに見つけたから。

s500-IMGP3497.jpg
ここの蕎麦は外2で打っているそう。
なかなか期待させる口上が。

s500-IMGP3493.jpg
何にしようかな・・・・
大盛り・・・かな。
いや待て、特盛りって何だろう。
三枚分だって?それで2100円、お得だ。
魅力的な品です。思わず注文

s500-IMGP3494.jpg
温かな蕎麦

s500-IMGP3495.jpg
蕎麦前って何でしょうね。

s500-IMGP3496.jpg
鴨丼がそそられます。食べてみたいな。

s500-IMGP3498.jpg
日本酒も美味しそう。蕎麦で日本酒は憧れの飲み方なのです。

s500-IMGP3501.jpg
茶は暖かな蕎麦茶でしたが、お絞りが残念。

s500-IMGP3502.jpg
やってきました特盛りです。
流石に汁もW

s500-IMGP3505.jpg
緑がかって美味しそう。
幅も揃って、綺麗な表面をしています。
断面がスクエアな蕎麦は好みなのです。

さっそく啜ります。
何という香りでしょう。まさに新蕎麦!
啜った瞬間に蕎麦の香りが立ち上ってきます。
噛み切った時のコシも十分。プツっとした反力は感じませんがボソッとした感覚はありません。
噛み切った瞬間に跳ね返るような弾力のある蕎麦はあまり好きではないので、この噛み応えは自分のストライクゾーン。
噛みしめると溢れる甘味。そして喉越しも良い感じ。
二八でも下手な十割より香りが良かったり、十割でも唸るような喉越しの蕎麦があったり・・・・蕎麦って深いです。
それにしても新蕎麦の時期は最高です。

勢いで特盛りを注文したものの、ちょっと後悔していましたが・・・・
一口啜った瞬間、特盛りにしておいて良かったと心底思いました。
この蕎麦ならガッツリ食べたい!大盛り程度でしたら物足りなかったでしょう。

s500-IMGP3507.jpg
汁の味を確認してみます。
ちょっと甘さが強い感じ。しかも濃いめ。
濃いですが、ギリギリそのまま飲める位ですから許容範囲。
ダシの香りは出しゃばらず丁度いいかんじです。
はっきり輪郭を感じる汁ではなく、切れは感じません。

s500-IMGP3511.jpg
蕎麦を汁に浸けて啜ります。
まず最初に感じるのは汁の甘味。
その後に酸味が現れ、その後で汁の塩気が引き出した蕎麦の甘味が現れます。
濃いめの汁ですから、浸けすぎると汁の甘味が蕎麦の甘味を隠してしまいます。
1/3〜1/4程度を汁に浸けて啜るのが一番甘味と香りを感じました。
この蕎麦には汁がもう少し薄かったほうが相性が良いと思うのですが・・・・

s500-IMGP3503.jpg
薬味は葱と山葵。
葱は見事なくらい綺麗です。
山葵は香りがありませんでした。
瑞々しさと強烈な辛味、山葵おろし器の目が粗いのでしょうね。
鮫皮でおろした山葵が良かったな。

s500-IMGP3510.jpg
綺麗な表面で、エッジもしっかりしていてます。
実に香りの高い蕎麦でした。

s500-IMGP3513.jpg
付け合わせの漬け物。何気に良い味でした。

s500-IMGP3515.jpg
蕎麦湯は適度な濃さ。

s500-IMGP3516.jpg
甘めの汁を蕎麦湯で割ると美味しいですよね。

s500-IMGP3517.jpg
デザートについてきたゼリー。
蕎麦茶のゼリーだそう。
食べてみると・・・これはゼラチンではないですね、蕎麦茶をアガーで固めた感じのゼリーでした。
黒蜜がかかって美味しかったです。

手打そば いちい
茨城県つくば市金田2177-2
029-857-4140
11:30〜20:30
定休日 月曜日


**************************************

今日は解禁日、奥さんと飲もうと買ってみました。

s500-IMGP3520.jpg
有名シャトー製ではなく、仏蘭西の農協FA(?)の畑のワインだそう。
確かに割安でした。

s500-IMGP3521.jpg
CAVE DE BEL-AIR BEAUJOLAIS VILLAGES NOUVEAU

でも・・・・以前、ボジョレを飲んだとき、大好きなブルードーヴェルニュ(青カビ)チーズと合わせましたが完全にチーズに負けてしまいました。
(何時もはフルボディの赤ワインにこのチーズで楽しんでいます。)
だからワインも美味しく感じられず、ボジョレは美味しくないものというイメージを持ってしまいました。

にもかかわらず今回買ってしまいましたので合わせるものを考えなければいけません。
家の冷蔵庫に入っているものを調べたところ・・・・

s500-IMGP3530.jpg
チーズケーキ用に買っておいたクリームチーズ。
クリームチーズの軽い味わいだったらボジョレにも合うかもとやってみましたら、予想通り合いました。

でも・・・ボジョレは深みが無いですね。
やはり若過ぎです。飲みやすいですが味わいが物足りません。
身体がスリム過ぎ、もっとふくよかなボディの赤ワインを塩気の効いたチーズで飲みたいですね。

奥さんは一杯飲んだだけでもう要らないと。
彼女の辞書ではワインは酒の分類ではないそうです(笑)



nice!(71)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

時間が無いときの救世主 友部SAの手打ち蕎麦 常陸庵 [茨城の蕎麦]

s500-IMGP2227.jpg

茨城方面に出張。
常陸秋蕎麦を楽しむチャンスの時・・・・でも、渋滞のあおりで時間がとれません。
そんな時の救世主はここ、友部SAにある常陸庵。

s500-IMGP2226.jpg
ここで挽いて打っています。

s500-IMGP2228.jpg
店内は・・・まぁSA内ですから

s500-IMGP2259.jpg
贅沢は言えません。

s500-IMGP2233.jpg
雰囲気は無いですが、仕方ないですね。

s500-IMGP2260.jpg
前回訪問した時は”常陸十割せいろ”を頼みました。
残念だったのは蕎麦が切れ切れでつながっていなかった事。
二八ならちゃんとつながっているだろうと思い、今日は確認のため二八に。

s500-IMGP2261.jpg
大盛り(+270円)で頼みます。

s500-IMGP2238.jpg
蓋付きのセイロです。
蕎麦が来る前に出された茶は蕎麦茶で、茶受けは蕎麦かりんとうでした。
この蕎麦かりんとうが結構美味しかったです。

s500-IMGP2246.jpg
細打ちの綺麗な蕎麦で太さも揃っています。
前回訪問したとときは十割蕎麦を頼みました。
蕎麦の香りはあったのですが、蕎麦が切れ切れで残念に思いましたが・・・
今回は二八です。流石に切れ切れではありません。
やはり十割を打つのは難しいのでしょうね。

蕎麦を啜ります。
啜った瞬間の香りは弱めでコシは特に強く無く、一般的なコシです。
喉越し重視の蕎麦ですね。
よく噛んでいると甘味がじんわり出て来る感じです。

s500-IMGP2249.jpg
汁は優しい感じで甘めですが、やや濃く感じます。
妙ですね、前回訪問時は薄く弱い汁に感じ、十割蕎麦にあうか心配したのですが。
自分の好みが変わってきたのでしょうか。
薄く繊細な汁の方が好きになってきたのでしょうか。不思議です。

s500-IMGP2243.jpg
蕎麦を汁に浸けて啜ります。
蕎麦の香りは汁の甘味の下に隠れてしまいますが、汁が蕎麦の甘味を引き立ててくれます。
前回は十割蕎麦が汁に勝り過ぎていましたが、今回は二八蕎麦は汁に負けています。

s500-IMGP2240.jpg
薬味は葱と山葵、山葵は瑞々しさがありません。
SAの蕎麦ですから、あまり期待しすぎてもいけませんね。

s500-IMGP2247.jpg
太さはちゃんと揃って、断面はスクエアに近いです。
侮れません。

s500-IMGP2254.jpg
蕎麦湯は薄すぎず濃すぎず、蕎麦の香りの感じる湯でした。

s500-IMGP2255.jpg
身体が温まって嬉しいですね。

s500-IMGP2258.jpg
今日は淡雪豆腐が付いてきました。
ふわっとした食感と蕎麦の香りが美味しかったです。


s500-IMGP2262.jpg
PAのコンビニで買ったおやつ、宇治抹茶と黒糖のシュークリーム。
石臼挽きの文字に誘われました。

s500-IMGP2264.jpg
中々美味しそうなシュー皮です。

s500-IMGP2266.jpg
中は黒糖クリームと抹茶クリームが二層に分かれています。
食べると・・・美味しいです。
抹茶クリームの香り高い美味しさ、そして黒糖クリームのコクのある美味しさ。
それぞれに美味しいです。
一緒に食べると・・・・口の中で別々に美味しいです。
お互いが引き立てあっていません。別々の存在、何故一緒にいるのでしょう?
でも喧嘩はしていません。
シュー皮内の冷めきった関係、シュー皮内離婚的シュークリームでした。(笑)



nice!(55)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今度は酒の仕込みの水で打つ外一蕎麦 那珂の蕎麦 蔵+蕎麦 な嘉屋 (再訪) [茨城の蕎麦]

s500-IMGP2141.jpg
以前訪れて純米酒で打つ十割蕎麦を楽しんだ”蔵+蕎麦 な嘉屋”
香り高い十割蕎麦の他にも酒を仕込む水で打つ外一の蕎麦があり、今回はそれを味わう為に再度訪問。

s500-IMGP2142.jpg
前回訪れた時は屋根にブルーシートがあったが、現在は修復完了。
でも未だ屋根にシートが乗っている家もあって地震の深い傷跡を感じさせます。

s500-IMGP2144.jpg
酒屋側の入り口と・・・

s500-IMGP2146.jpg
蕎麦屋側の入り口。やはりいい雰囲気ですね。

s500-IMGP2149.jpg
白い壁と白い暖簾が良い感じ。

s500-IMGP2151.jpg
酒蔵を改造した店内。
この雰囲気は今一番のお気に入り。

s500-IMGP2155.jpg
前回訪問時には気付きませんでしたが、2Fも客席のようです。
ただ2Fは土足では行けません。

s500-IMGP2152.jpg
温かな蕎麦茶を味わいながら品書きを眺めましょう。

s500-IMGP2156.jpg
今回は普通に”もり”にします。大盛りは350円増し。

s500-IMGP2157.jpg
前回食べたのはこれ。蕎麦の香りが高く感激した一品。

s500-IMGP2158.jpg
温かいそばと

s500-IMGP2159.jpg
温かなつけ汁の冷たい蕎麦

s500-IMGP2163.jpg
蕎麦がきました。細打ちの綺麗な蕎麦です。

s500-IMGP2162.jpg
まずは香りを・・・鼻を近づけても蕎麦の香りが少ないです。
純米酒打ちの十割蕎麦はこの地点で香りが立っていましたが。
これは十割と外一の違いでしょうか?それとも打ち方の違い?
水で打つより酒で打った方が香りが立つのかもしれません。
蕎麦のみで啜ってみます。
やはり純米酒で打った十割蕎麦とは違います。香りが少なく特別な感じがしません。
でもコシは強く、噛み切るときの歯に伝わる感触はプツッと弾力を感じて心地いいですね。

s500-IMGP2167.jpg
汁を味わいましょう。
おや?辛く感じます。前回訪問したときは甘さが強く感じたのですが、今回はスッキリ辛口。
前回はぼてっとしてキレは感じませんでしたが今回はスッキリ、何故?

ただ、濃いです。前回は汁をそのまま飲み続けられる濃さでしたが、今回はそのまま飲むのは辛いです。
十割と外一で変えているとは考え難いですから、味が前回と違うか自分の体調の違いなのか何れかですね。
しかし体調の違いにしても、ここまで違いを感じる事は無いと思いますから、本当に味が違うと思います。

汁は醤油と味醂、酢、砂糖を煮て寝かしたかえしを鰹節や昆布でとっただし汁と合わせますが、この合わせの割合が前回と違い今日は濃いめだった為に辛さが前に出たのでしょうか?
それとも・・・季節の違いで味を変えているのかもしれません。
涼しいときは重く甘め、暑い時期はさっぱり辛口。
理にかなっていますが、さて、真実はどうなんでしょう?

s500-IMGP2164.jpg
蕎麦の断面はスクエア、すっきり気持ち良いい外観です。
表面も綺麗で喉越しは文句無し。
蕎麦を汁に浸けて啜ります。
濃く感じる汁に蕎麦を浸けるには、浸ける割合を調整しながらセッティングを決めてゆきます。
この汁と蕎麦では蕎麦の1/3を浸ける位が一番香りと甘味を感じました。

s500-IMGP2171.jpg
薬味は山葵と葱。
山葵は辛味は少なめ。
そのまま食べて美味しい位の辛さ。

s500-IMGP2169.jpg
汁に浸けて啜ります。
ダシの塩気が蕎麦の甘味を引き出し、噛みしめると蕎麦の甘味が溢れてくる。
しかし・・・純米酒で打った十割蕎麦に比べれば頼りない事は否めない。
純米酒で打った十割蕎麦のインパクトが余りに強く仕込み水で打った外一蕎麦が頼りなく感じてしまうようだ。

s500-IMGP2175.jpg
蕎麦湯はこってり

s500-IMGP2176.jpg
香り高く美味しい蕎麦湯でした。

これはこれで美味しい蕎麦でしたが、やはり前回の純米酒で打った十割蕎麦の前では印象が薄くなります。
次回訪問時は純米酒打ちの十割蕎麦にしよう。
水で打つより純米酒で打った方が香りが良いと確信しました。



蔵+蕎麦 な嘉屋

茨城県那珂市鴻巣1257 木内酒造

℡029-298-0105

11:30~14:30 & 17:30~20:00(火曜、水曜、木曜は昼のみ)

 

*************  おまけ ******************

朝、宿泊したホテルからの眺め・・・
朝日が綺麗でした。

s500-IMGP2181.jpg
s500-IMGP2182.jpg
s500-IMGP2183.jpg
s500-IMGP2184.jpg
s500-IMGP2185.jpg


nice!(51)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

CPの高い、噛んで食べる蕎麦 石臼挽き純手打そば きむら [茨城の蕎麦]

s-IMGP0569.jpg

またまた茨城に出張。今週の出張はこれ一本だから忘れずに蕎麦を楽しもう。
今回選んだのは”きむら”何度も前を通りかかっていたが店の大きさが大きすぎて食指が動かなかったのだ。
(こじんまりした蕎麦屋が好みなのだ。何故なら大きい店で美味しい店は少ないから)
だがこの店、つくば市内の蕎麦屋を調べるうちに意外と人気がある事が判明した。
ならば試してみたい、というわけで行って見る事に。

s-IMGP0570.jpg

店は結構広い。手前の小屋は・・・

s-IMGP0567.jpg

石臼が回っている。

s-IMGP0599.jpg

さあ、入ってみよう。実は開店前に到着したのだが既に開店待ちの車が。開店の頃には車は十台、ドアの前には約20人が開店を待っている。
ほー、結構人気があるんだ。

s-IMGP0579.jpg

開店直後、既に満席・・・・
写真奥側と自分が座っているところは座敷。その間はテーブル席となる。
店は広く、席空間も広めなのも人気の理由かも。
そして何より嬉しいのは完全禁煙なこと。

s-IMGP0573.jpg

う〜ん、水かぁ。
大きい店の蕎麦屋だと水が出される可能性が高い。蕎麦茶を期待するのは無理なのか。

品書きを確認しよう。

s-IMGP0576.jpg

価格も左程高くなくCPが良いのも人気の理由かな。セイロの価格が700円前後の価格帯にあるという事は当たり外れが大きいと判断できるが、ここまで人気があるのなら”当たり”の方向なのだろう。

s-IMGP0574.jpg

大盛りは特に設定は無くセイロの追加でオーダーする。
一人前はセイロが二枚。大盛りにしたい時は一枚追加する方式で最大三枚追加できるそうだ。
初めての店だからボリュームが判らない。控えめに2枚追加してみる。

s-IMGP0582.jpg

4段積まれてやってきた。一枚に載る蕎麦の量は思った程多くない。
これなら5枚頼んでおけば良かったかも。

s-IMGP0583.jpg

蕎麦は結構な太さがあり噛んで食べるタイプ。
早速啜ってみる。太さがあって啜り辛いが蕎麦の表面は滑らかで唇に引っかかる事は無い。
啜った瞬間から香りが立ち上がる。噛みしめるたびに蕎麦の香ばしさと甘味が口の中に広がる。
店の大きさから左程期待していなかったが、良い意味で裏切られた。
蕎麦は太さから想像される通りの噛み応え、ムッチリと弾力感も十分。
ただ蕎麦にエッジはなく、舌触りにシャープさはない。

s-IMGP0586.jpg

汁はたっぷり、十分な量があるのは嬉しい。
汁が足らなくなってくるのは寂しすぎるから。

s-IMGP0588.jpg

汁を口に含んでみると・・・・濃い!
二口目までは飲み込めるが、三口目になると喉が悲鳴を上げる濃さ。
甘めで重い汁だが、しっかりとした輪郭も感じさせ、単に甘い汁ではない。

s-IMGP0592.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜る、やはり太い蕎麦に濃く甘さのある汁に良く合う。
啜った瞬間、ダシの香りとコクが広がり、汁の味が引いてくるに従い蕎麦の甘味が顔を出す。
汁が蕎麦の甘味を良く引き出している。
汁を浸す量は蕎麦の半分程が一番バランスが良かった。
つまり、この蕎麦に最適の濃さの汁ということ。

s-IMGP0589.jpg

薬味は葱と山葵。葱は至って普通で特段美しい訳ではない。山葵も香りは少なく瑞々しさは感じなかった。
値段を考えれば致し方ないか。

s-IMGP0590.jpg

最初の一枚目は積み上げたまま啜ったが・・・やはり食べ辛い。以降は広げて順番に手繰ってゆく。

s-IMGP0595.jpg

蕎麦湯は白濁しているが濃すぎずサッパリとしている。
汁を蕎麦湯で割って飲む。濃く甘い汁を蕎麦湯で割って飲むのは美味しい。
蕎麦湯で割って飲んだときに気付いたが、ダシの香りがなかなか良い。
汁だけで味わったときは汁が濃すぎて濃さの中にダシの香りが沈んでいたようだ。

s-IMGP0597.jpg

成る程、開店と同時に満席になるだけの事はある。
唸るような蕎麦ではないが、CP的に十分満足できる。
しっかり噛みしめて香りを楽しむ事のできる蕎麦、そしてその蕎麦と最適なバランスで調和する汁、気軽に蕎麦を楽しむに丁度良い。





純手打そば きむら

茨城県つくば市西岡418-276
☎029-858-1508
11:30〜15:00 & 17:00〜20:00
定休日 月曜日
完全禁煙


nice!(53)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美味しい蕎麦だけど見た目が残念   茨城町の蕎麦 昔そば 若竹 [茨城の蕎麦]

s-IMGP0132.jpg

茨城の田園風景は空が広くて気持ちがいい・・・・・。 そう、またまた茨城での仕事なのだ。最近は妙に茨城が多い気がする。まぁ蕎麦屋が多いから好都合なのだが・・・・。 

s-IMGP0133.jpg

今回は水戸南ICから一寸走ったところにある蕎麦屋さん”昔そば 若竹”に訪問してみた。地味な外観は気付かす通り過ぎてしまいそうな感じだ。 

s-IMGP0146.jpg

店内には地元紙に掲載されたときの切り抜きと油画がいっぱい置いてある。 壁、襖は所々擦れていて場末的な雰囲気を感じる。そして気になったのは建物の匂い。空気の抜けが悪いのか淀んだ感じの匂いがする。暗く、陰気な湿気の匂いで気分が暗くなる。

s-IMGP0150.jpg

飾ってあるではなく置いてあると表現したのは、もはや物置状態としか思えない程大量に展示してあるから。まるで場末の美術画廊にいるようだ(展示の仕方がそう思わせる)。これは落ちつかない。作品はご主人が描かれたのか、結構素敵なのだけれど・・・・・特にこの一枚は結構好きかも。

s-IMGP0136.jpg

紫陽花が飾ってあるのは季節を感じさせてくれて嬉しい。まず出されたのは水。いくら暑くても熱い蕎麦茶が飲みたい。 写っていないが奥の座敷の壁上側にもたくさんの絵がある。上手く、素敵な絵を描かれているのは確かだが、飾り方を間違えると素敵にみえない。空間を考え余白を十分取って広々とした雰囲気で展示するのがいい。こんなに窮屈に並べたら圧迫感を感じて素敵な絵でもつまらなく見えてしまう。

s-IMGP0137.jpg

品書き・・・・気になるのが訂正箇所。ガムテープが貼ってあってその上からマジック書き。いくら何でも貧乏臭い。客商売なんだから、来てくれたお客さんの気分を盛り下げるような事はしてはいけないと思う。 

生粉打ち(十割のこと)は限定とある。限定の言葉に弱いからこれを頼んだ。そして好物の蕎麦しるこも。

s-IMGP0138.jpg

昔ながらの蕎麦屋さん的な盛り。これはこれで落ちつく。小鉢には昆布の煮たものが。これは期待できる、経験的に昆布の煮たものが出てきた店は皆美味かったから。

s-IMGP0139.jpg

表面の感じや色は如何にも十割蕎麦といった感じだが、仕上げは綺麗とはいえない。雑な感じの蕎麦も混じっていて全体のクオリティを下げている。たとえ美味くても見た目が悪ければ台無しだ。

流石に多くの蕎麦を食べ続けてきたのだ、外観だけで喉越しや噛み応えの想像がつく。この蕎麦の喉越しと噛み応えの予想値を味覚センサーにインプットして セット完了。

さっそく蕎麦のみで・・・しっかりした蕎麦の香りが嬉しい。啜った時に香りが来ない蕎麦は物足りないから。喉越しは正当派十割蕎麦の喉越しで良くはない。しかし噛んで食べたいからこれで良い。噛み応えもモッチリして噛んだ瞬間に蕎麦の甘味と香りが口いっぱいになる。幸せな気分・・・・になれるはずなんだけど、う〜ん。そう、暗く陰気な空気が気分を盛り下げている。

s-IMGP0143.jpg

薬味・・・・これは???。まず葱の切り方に違和感がある。この形、温かなかけ汁蕎麦に入れるには良いがセイロにはどうかと思う。 山葵も香りが良くないし舌触りも悪い。

s-IMGP0141.jpg

汁を口に含む。ほぅ、これは・・・

優しい感じでホッとする味わい。優しいでけでなくしっかりした輪郭も持ち合わしている。やや辛口で濃さも適切で飲んでいても喉につかえない。味に重さもあって美味しい汁だ。何より甘味が後口に残らないのが良い。そしてダシに昆布が多いのか優しい味わいだ。香りが控えめだから蕎麦の香りの邪魔をしない。あくまで蕎麦の香りを引き立てる汁。これは良い汁だ。 

s-IMGP0142.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜る。汁が蕎麦を引き立てて甘味が増してくる。喉越しは当然良くはないが、頑張って啜る。すると勢いをつけただけ蕎麦の香りも強く感じられる。 モッチリした感触の蕎麦から溢れる甘味を堪能しつつ一気に食べる。ゆっくり味わいたいのだけど居心地が悪いから急いでしまう。どうも陰にこもった気を感じ気分が滅入る。それはただ単に雰囲気が自分の肌に合わないせいなのかもしれないが。

s-IMGP0145.jpg

昆布を食べる。肉厚で柔らかな美味しい昆布だ。そりゃそうだ蕎麦汁が美味しいのだから美味しいに決まっている。この美味しい昆布が美味しい蕎麦汁を作ったのだ。

s-IMGP0144.jpg

蕎麦湯は茹で湯そのもの。最初の客だからほとんど湯。

s-IMGP0147.jpg

楽しみにしていた蕎麦汁粉。中にはたっぷりの蕎麦がき。柔らかで弾力のある蕎麦がきはやはり美味しい。が、少々緩さを感じる。もうすこし煉った方が好みなのだけど。

餡も甘さ控えめで焚いてあって、小豆の風味が良く判る。美味しい蕎麦汁粉だった。

 

 

昔そば 若竹

茨城県東茨城郡茨城町若宮717-4

☎029-293-9125

11:00~15:00

定休日 水曜日

 

 

 

 


nice!(50)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ちょっと俗っぽい雰囲気だけど 笠間の蕎麦 そば切り 一兵衛 [茨城の蕎麦]

s-IMGP9664.jpg

出張で笠間の近くにきた。以前笠間の芸術の森に行ったときに見かけた店が気になる。行ってみよう。前回は時間が早かったのか定休日だったのか暖簾が出ていなかった。

s-IMGP9667.jpg

一寸開店に早いようで暖簾が出ていない。芸術の森を散歩して時間調整。これは置く場所を考えた方がいいのでは。単に置いただけのように見える。たとえば中央の丸の向こうの景色に広がりを感じられるように背景に拘った場所に置きたい。

11時30分になった、行ってみよう。

・・・・何だ?あの暖簾のデザインは。

s-IMGP9671.jpg

まったく美味しそうに見えない暖簾。これなら白一色のほうが絶対良い。中央のイラストは問題ない。色彩だ。紺色一色でいいのに上部に三色の帯。美しくない、色の使い過ぎは落ちつかない。これは悪趣味と思う。

暖簾を見て入店するのを止めようと思ったが・・・今から他の所に行っていては約束の時間に間に合わない。諦めて入店。

s-IMGP9672.jpg

中はこじんまりした店。座敷に三卓とフロアに大きな机が二つ。

s-IMGP9676.jpg

出されるのは水。

s-IMGP9677.jpg

壁じゅう色紙がベタベタ・・・・俗な雰囲気と場末の匂いが溢れる。TVの音がうるさい。色紙にTV、そして水。不味い店の条件が揃いだした。どうしよう・・・・

気を取り直して品書きを見る。

s-IMGP9673.jpg

せいろか田舎か迷う。(白雪(更科)は好みではないので)

s-IMGP9674.jpg

両方とも840円。

s-IMGP9675.jpg

迷った時は両方食べればいい。盛りを二枚程では食後に腹が重くならないだろうし。

セイロの盛りをオーダー、おかわりは田舎で。

s-IMGP9678.jpg

セイロは細打ちの綺麗な蕎麦だ。極細ではなく頃あいの太さ。啜ると蕎麦の香りがついてくる。喉越しも問題なく、食感もいい。噛み応えもしっかりしている。暖簾を見て引き返さないで良かった。実は自分が入店後、あっという間に満席(相席含む)になってしまった。地元で人気の店だったのだ。

s-IMGP9683.jpg

ただ。。。蕎麦の山を崩して均してみると結構量が多い。どこぞの店の大盛りより多いのでは?と思うほど。しまった!おかわりを頼んでしまっていた!

この量、確実に他の店の大盛りだ。

s-IMGP9680.jpg

汁を口に含む・・・・濃い!辛めで濃い汁だ。ガッシリした体格の力強い汁。甘味が残らないのが良い。

s-IMGP9684.jpg

蕎麦を汁に浸ける。蕎麦の半分を汁に浸けて一気に啜る。喉越しの良い蕎麦は一気に喉の奥に。おっと、いけない。良く噛まないと。蕎麦の甘味を楽しんで箸を進める。

汁の旨味が消えてゆくのと同時に蕎麦の甘味がせり上がってくる。店の雰囲気とは正反対に良い蕎麦だ。

フィニッシュ、結構腹が膨れた。確実に他店の大盛りの量はあったようだ。最近盛りの少ない店にばかり行っていたので油断していた。

s-IMGP9679.jpg

おかわりを待つ間、薬味を味わう。大根おろしは普通の大根。これならば無い方が良い。山葵は瑞々しさが足らない気が・・・。

s-IMGP9681.jpg

小皿にあった惣菜。

s-IMGP9688.jpg

おかわりの田舎蕎麦。しっかりした太い蕎麦に期待してしまう。

s-IMGP9689.jpg

啜ると・・・さすがに太めのしっかりした蕎麦、香りもしっかり付いてくる。 

s-IMGP9690.jpg

弾力もしっかりしていて噛み切るときのプツッとした食感が強く、顎が喜ぶ。汁に浸して啜る。強い汁には田舎の方がベストマッチ、汁が蕎麦の甘味を良く引き出している。 

s-IMGP9692.jpg

蕎麦湯はサッパリタイプの正当派。

 

暖簾のデザインや内装の雰囲気は悪いが蕎麦の味はなかなかのもの。だが落ちついて食べる雰囲気でないのは残念。

 

 

そば切り 一兵衛

茨城県笠間市2490-10

℡ 0296-73-0216

11:30~18:00

定休日 月曜日


nice!(63)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こんどは外二蕎麦を試す つくばの蕎麦 みずほの村市場 蕎舎 [茨城の蕎麦]

今日の仕事は朝からつくば市内。昼の時間も無視して一気に飛ばしたが終わったのは15時に近い。何故無視したか・・・・それはランチタイムの終わりごろに蕎麦を食べようと考えたから。

さあ、おなかが空いた。何処の蕎麦屋にしようか。多くの美味しい蕎麦屋は14時~15時あたりで閉まってしまう。開いている蕎麦屋は・・・・・自分の頭の中にある蕎麦DBにアクセスする。今いる場所と時間、そして曜日をインプットしたら・・・・検索結果が眼前の空間に表示された。

111s-IMGP9569.JPG

みずほの村市場を目指せ!

これが出てきた答え。

みずほの村市場の蕎舎(そばや)は以前、十割を食べた。美味しかったが量が少なく、食べた後で隣の農産物直売所で野菜の試食をした記憶がある。

ここの蕎麦は十割と外二で打つ、次は外二を試そうと考えていたのだ。

前回訪問した記事は→ここ

112s-IMGP9570.JPG

築150年の農家の家屋を移築した建物は立派だ。家に迫力がある。 

113s-IMGP9572.JPG

入口も味わい深い。 内部は完全禁煙ではないが、完全に分煙されていて喫煙者の煙草の煙が煙草を吸わない人に振りかかる事は無い。何故なら・・・

114s-IMGP9576.JPG

喫煙席は入口入った右側奥の土間。 

115s-IMGP9577.JPG

禁煙室は左側奥の座敷。 

118s-IMGP9585.JPG

禁煙室奥から喫煙室側を見ても喫煙室は見えないぐらい遠い。

さすが15時になれば客は自分一人。こんなに広い空間を貸し切り。 

117s-IMGP9584.JPG

品書き。外二の蕎麦は819円、十割は1029円だ。この二つ、実は量が違う。外二の150gに対して十割は130g。結構少ない。 蕎麦は常陸秋そば。

119s-IMGP9589.JPG

回転にともなって奏でる水車の音に水の流れる音が重なる。夏の始まりの少しだけ粘っこい空気を含んだ風も水の音に涼しく感じる。風が心地いい。この空間に一人で居るのが実に気持ちいい。

120s-IMGP9593.JPG

蕎麦が運ばれてきた。十割よりも細く繊細な感じの蕎麦だ。十割の蕎麦は粗挽きのような外観だったが外二の蕎麦の表面は綺麗で艶やか。

123s-IMGP9596.JPG

蕎麦のみで手繰ってみる。手繰るそばから蕎麦の香りが軽やかに湧きでる。咀嚼して甘味も味わう。でもさすがに極細、喉越しが良い。でも、やはり噛んで食べたい。極細なのに香りが高い。十割より香りは少なめかもしれないが、噛み応えや食感は外二が勝るか。噛み切る時に顎が感じるプチっとした弾力が良い。

122s-IMGP9595.JPG

汁。やはり濃い。甘すぎるわけではないが重い。輪郭は甘く、スッキリとした感じは微塵もない。この汁に細打ちの蕎麦はあわない。田舎蕎麦のようなしっかりと強い蕎麦でないと受け止められないだろう。細打ち蕎麦は凛とした汁でスッキリと味わいたい。

問題は・・・汁の量が少ない。濃いから少ないのか。

124s-IMGP9597.JPG

蕎麦を汁に浸けて啜る。やはり汁が濃い。浸け過ぎたら汁の味だけになってしまう。蕎麦の1/4ぐらいを浸けるのが丁度いいかも。いや、それでも汁が強い。

126s-IMGP9600.JPG

山葵の香りは良い。清涼感溢れて嬉しい。

125s-IMGP9598.JPG

蕎麦を汁に浸けて啜る。重い汁の旨味が溢れる中に少しずつ蕎麦の甘味が顔を出してくる。もっと香りを!さらに咀嚼する。やはりこの蕎麦にこの汁は重すぎる。

127s-IMGP9602.JPG

蕎麦湯はさっぱりと普通に茹で湯。

 

 

128s-IMGP9605.JPG

食べ終わったが・・・・量がやはり少ない。まぁこんな時間だから少なくても良いか。しかし立ちあがる気分になれない。あまりにも気持ちいいのだ。水車が奏でるリズムに水音が応える。穏やかな風と窓から見える緑豊かな景色に立ち去りたくない気分。

131s-IMGP9607.JPG

梅雨の間の晴れ間。食後の気分転換に一寸だけ店のまわりを散歩。

132s-IMGP9614.JPG

馬がいるちょっとした広場。

134s-IMGP9617.JPG

死んでいる?

135s-IMGP9618.JPG

あっ、動いた。暑くてやってられない・・・という気分なのかな。

136s-IMGP9619.JPG

犬?と一瞬間違えた。一瞬テリアに見えた。

137s-IMGP9621.JPG

妙に犬っぽい山羊と

138s-IMGP9631.JPG

モコモコの羊も。暑苦しいのでは?

139s-IMGP9635.JPG

休日などは家族連れで農産物の直売所が賑わうのだろうな。

 

 

140s-IMGP9643.JPG

仕事中の馬を見ながら農産物の直売所に行くと

141s-IMGP9650.JPG

放し飼い・・・・完全に店の中でくつろいでいる。

143s-IMGP9654.JPG 

自ら商品棚に乗っかっている。売れるかな?

 

みずほの村市場 蕎舎

茨城県つくば市柳橋496

℡ 029-856-1090

11:00~20:00

定休日 火曜日


nice!(66)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蕎麦の好みが変わってきた・・・木挽庵に再訪する。 [茨城の蕎麦]

s-IMGP9177.jpg
なんとも潔い貼り紙。
ここは木挽庵、今回の出張ひたちなか市。勝田駅から近い所で蕎麦をさがすときはココともう一件。
客さんから近い場所と考えればこの店になる。

s-IMGP9206.jpg
入り口も味わいがあるが主の手作りとか。

s-IMGP9205.jpg
なかなか隠れ家ぽくて良い感じ。

s-IMGP9207.jpg
新緑が眩しい。6月では新緑とは言わないかな。

s-IMGP9209.jpg
フクロウがお出迎え。手作り感一杯で見ていて楽しい。
この店、以前紹介済なのだが再度掲載した。以前掲載時は食べ歩きを初めて間もない頃で自分の好みも固まっていなかった。だが、1年半食べ歩けば流石に好みも固まってくる。
実は固まってきた自分の好みのなかに、ある種の蕎麦は入らないようなのだ。
その蕎麦とは・・・・ひらぺったい蕎麦。判り易く表現するときしめん率の高い蕎麦。
(注:きしめん率はエンジニアの視点で蕎麦打ちを探求する たーさん のブログで記載されていた蕎麦の縦横の比率の表現方法です)
この店の蕎麦はひらぺったい。一年経ってこの蕎麦を前に自分がどんな感想を持つか楽しみなのだ。

s-IMGP9180.jpg
店内、趣があって良い感じ。

s-IMGP9181.jpg
自分が陣取った囲炉裏付近。

s-IMGP9183.jpg
生山葵。これは嬉しい。

s-IMGP9184.jpg
二色の大盛りを頼む。あわせて1600円。

s-IMGP9185.jpg
不思議な事にセイロと田舎に大盛りは無い。
では何故二色に大盛りが存在するのか・・・・・謎だ・

s-IMGP9186.jpg
鴨も美味しいでしょうね。でも余震対策で炭火の使用が控えられた。ちょっと残念。

s-IMGP9187.jpg
店内禁煙。嬉しいですね。

s-IMGP9188.jpg
さぁ、蕎麦がやってきた。二色の対比が美しい。

s-IMGP9189.jpg
山葵もみずみずしくて良い感じ。辛味大根がたっぷりなのも嬉しい

s-IMGP9190.jpg
漬け物。まぁ普通。

s-IMGP9195.jpg
まず細打ちから。きしめん率の高い細打ちの蕎麦。
瑞々しく滑らかな表面の蕎麦は喉越しが良い。啜った時に蕎麦の香りが立ってこない。
きしめん率が高くて、表面がツヤツヤの蕎麦は香りが少ない気がする。

s-IMGP9196.jpg
次は田舎蕎麦。啜っても香りが高くないが咀嚼すれば香りと甘味が立ち上がる。
ただ・・・・食感が良いとは思えない。
噛んだ瞬間、むっちりした食感がきたかと思った瞬間、直ぐにぺったりした食感になる。
きしめん率が高いから厚みが無いせいなのか、蕎麦殻の食感か弾力が薄っぺらい。

やはり平ぺったい蕎麦は好みとは違うようだ。

s-IMGP9191.jpg
汁の味を確認。やはりちょっと甘め。
ぼやけている感じがする。

s-IMGP9197.jpg
汁を浸けて啜る。
甘めの汁に蕎麦が隠れる。少なめに浸さなければいけない。

s-IMGP9199.jpg
田舎蕎麦。蕎麦殻の粒子が大きい。これが食感を悪くしている気がする。

やはりそうだ。自分の好みが変わってきている。
いや、はっきりしてきただけかもしれない。

s-IMGP9200.jpg
汁を入れる器が何故か二つなので、一つは汁のみ、もう一つは辛み大根を入れて楽しむ。

s-IMGP9201.jpg
蕎麦湯は急須で。

s-IMGP9202.jpg
そば湯はドロッとしたこってりタイプ

s-IMGP9203.jpg
そば湯のみでも美味しく飲めるほど濃い

s-IMGP9204.jpg
器に蕎麦粉が残る程
とても美味しい



  木挽庵


11:30~14:00、17:30~20:00
日曜日のみ17:00~20:00
 
定休日 月曜日、祝祭日


茨城県ひたちなか市東石川3069-14
☎ 029-274-0986



nice!(46)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

折角の石臼挽き十割蕎麦なのに・・・   伊勢福 [茨城の蕎麦]

s-IMGP8909.jpg

一仕事終えた夕方、夕飯を蕎麦にしようとしたが、お目当ての蕎麦屋さんが閉まっていた。折れた心でホテルに向かって走りながら今日の夕飯を思う。さっきまで蕎麦を食べようとしていた体は蕎麦以外を拒否している。他の美味しい店に行くには遠いし・・・・と考えていたら視界に十割蕎麦の看板が。

外観を暫く観察してみる。外れの香りがする。が、以前外れの香りの外観でも出てきた十割蕎麦が美味しかった店もあった。確かめずに決めつけるのは良くない。十割蕎麦と看板にあるのは期待できるではないのか?

意を決して店の中に・・・

s-IMGP8914.jpg

入ったとたん、外れの香りが倍増された。

s-IMGP8917.jpg

灰皿にTV,所狭しと並んだ雑誌、コミックも文庫もハーレクィーン。これは・・・・外れの要素ばかりだ。いずれにしても場末の雰囲気と俗な感覚でいっぱいだ。これで美味い蕎麦がでてくるとはイメージできない。

s-IMGP8911.jpg

品書きには十割の文字が誇らしげに。でも十割にしては結構安い。

s-IMGP8912.jpg

もりだと530円。この値段だと味は期待できないな。汁はノーマルと十割と変えているとは思えないから汁の味が心配だ。

良く見ると、210円増しで十割に変えられるそうだ。ちょっと待て、十割に変えると・・・530円+210円で740円だ。十割せいろは750円となっている。何故だ?

s-IMGP8913.jpg

富士山盛りっぽいのもある。価格といい、盛りといい美奈登庵に近いと見た。ならば特盛りはキツそうだ。

s-IMGP8916.jpg

石臼の自家製粉だそうだが。期待が持てるような持てないような・・・・微妙な店の感じだ。とりあえず十割の大盛りを頼んでみた。

s-IMGP8918.jpg

蕎麦の色はいい。太さは・・・・細くない。ただバラツキが大きい。

s-IMGP8921.jpg

蕎麦のみで手繰ってみる。蕎麦の香りがするじゃないか!若干茹ですぎか噛み応えに頼りなさは感じるが、啜った時から香りを感じるのは素晴らしい。噛めば甘味も湧きでてくる。石臼自家製粉だけのことはある。たとえ外観と内装に場末の雰囲気と俗な感覚が溢れていても・・・・

s-IMGP8919.jpg

でも目を覆いたくなるような山葵。

s-IMGP8925.jpg

汁を口に含む・・・・塩っぱぃ!塩が強いのだ。味は薄いが塩が強くダシの香りも少ない。汁に厚みは無く、薄っぺらい味。飲むことを口が拒否する。思った通りだ、味が安っぽい。ザラついて棘棘の汁。円やかさが微塵もなく、辛いだけで旨味が無い。

s-IMGP8923.jpg

汁に浸すが・・・・どう浸しても美味しくならない。むしろ不味くしているようにしか思えない。蕎麦単体で食べたほうが美味しい。実に残念な汁だ。結局汁を浸けず食べた。汁を浸けて啜ると悲しくなるから。

s-IMGP8927.jpg

蕎麦湯はさっぱりと。

 

伊勢福

茨城県古河市久能108-3

0280-92-6897

 

*************************

客さんに到着。 

客さんの受付の横に製品サンプルが展示してある。このなかで面白そうなものが。見ていたら”お持ちください”と声をかけられた。有りがたく頂きました。

節電の中、エアコンを極力つけづに夏を乗り切る方法として使えそうなアイテム。

s-IMGP9122.jpg

スポンジがヘアバンドになっていて水を含ませて使うらしい。

s-IMGP9123.jpg

気化熱でクーリング。

s-IMGP9124.jpg

何度も繰り返し使えるのがいい。アイスノンなどと違って冷蔵庫に入れておかなくて良いから電気は全く使わない。

s-IMGP9126.jpg

一応信頼の日本製(かつては・・・とならなきゃいいけど)。

s-IMGP9127.jpg

こんな感じ。

s-IMGP9133.jpg

装着してみると・・・結構すぐれもの。夏の季節、洗車の時に良さそう。夏の洗車場では暑さでフラフラになりながら洗車しているから。

 


nice!(44)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

もっと早くに出会いたかった しっかりと噛みしめる十割蕎麦 麺つぼ亭 [茨城の蕎麦]

s-IMGP8968.jpg

ブリザドさんのブログでもうすぐ閉めてしまうと書かれていた店、”麺つぼ亭”。

先々週、笠間~桜川あたりに来た時には勘違いして別の店に行ってしまった。ブリザドさんの記事にあった2件の蕎麦屋が気になっていたが、いつのまにか自分の頭の中でごちゃ混ぜになってしまっていて間違えてしまった。

今回は記事を確認して再度のトライ。朝イチから仕事を飛ばす。この店は午後三時までだから9時から開始して14時までに片づけて、遅いランチにしようと企む。

仕事車にはナビは無い。しかも忙しくて事前に地図が用意できなかった。朝出かけにMAPFANで周辺の地図のイメージを頭の中に焼きつける。ルートは覚えない。覚えるのは苦手だから。ただイメージ画像を頭の中に定着させる。無論周辺だけでいい。判りやすい場所から目的地まで、今回は桜川ICから現地までの道の模様のイメージを見つめた。

意外と手こずって、現地に到着したときは閉店時間に近い。焦る・・・桜川ICから41号に入る。そこからは頭の中のイメージを呼び出して前を流れる景色に当てはめる。

真っ直ぐのラインの先に三角形、右側のラインで網目を三つ、・・・この道か?

s-IMGP8929.jpg

何も目印はない。

s-IMGP8931.jpg

いきなり開ける。おぉ!空が広いぜ!気持ちいい!

s-IMGP8934.jpg

イメージを頼りに集落の細い道を走り続ける。ちょっと心配になるが・・・・この集落内にあるのは間違いない (と思う)

s-IMGP8928.jpg

ようやく見つけた看板、よっしゃー、もらったぁー (何をだ?)

随分大きな農家だ。

s-IMGP8936.jpg

凄い立派だ。この集落にはこんな家々ばかり。広い家に溢れる自然、凄く羨ましい環境だ。

s-IMGP8937.jpg

大きな農家は横に増築され、その部分が蕎麦屋となっていた。

s-IMGP8939.jpg

店内から外(庭)を見る。広いなぁ~

s-IMGP8944.jpg

一応品書きを確認。

s-IMGP8942.jpg

もう十割しか残っていないのですが、よろしいですか?とご主人。

いやいや、それが良いのです。十割が食べたいのです。十割を当然もりで。

品書きでは十割は限定十食で900円、二八は600円となる。ここのおかみさんは二八の方が好きだと言っていた。喉で食べるか顎で食べるかで選ぶ蕎麦は異なる。自分はしっかり噛んで食べる蕎麦が好きなのだ。

s-IMGP8947.jpg

茶、蕎麦茶だったら良かったな。

s-IMGP8949.jpg

静かな店内に爽やかな五月の風の香り。蕎麦を冷水に洗う音を聞いてしばらくすると運ばれてきた。

s-IMGP8957.jpg

太めの見るからに強そうな蕎麦。早速手繰ると・・・蕎麦の香りが強く押し寄せて来る。咀嚼すると奥歯の上からどんどん甘味が溢れて来る。噛み応えも顎に気持ちいい。これは美味い。

s-IMGP8950.jpg

薬味・・・・葱は良いとしても山葵は・・・・ちょっと残念。本わさびを期待したが価格を考えれば仕方ないか。蕎麦が美味いだけに薬味の評価も厳しくなるのは仕方ない。

でも、この蕎麦には辛味大根の方が合うと思う。

s-IMGP8951.jpg

汁を口に含む。んっ?この優しさは何だろう。昆布だしが良く効いているのか、凄く優しい味わいだ。甘味は口に残らず、酸味も少ないが塩気も強くない。甘くぼやけた感じは無い。優しさを感じる。素焼の器のような感じ、ガラスの器でも白磁でもなく・・・こんな汁は初めてだけど悪くない。

s-IMGP8960.jpg 

さすがに優しい汁(薄いわけではない)だけあって、強い十割を受け止めるにはどっぷり浸けなければならない。しかし、浸けなくても美味しいから結局のところどちらでも良い。その時の箸の気分に任せるのだ。

s-IMGP8961.jpg

ここの蕎麦、なぜか大根のツマも添えられる。葉っぱを立てる台ですね。季節ごとの葉を庭からとって添えるのでしょう。風情あって良いですね。

s-IMGP8952.jpg

何故だかきんぴらも付いていました。思わず蕎麦をおかわり(おかわり蕎麦400円)を頼み、来るまではきんぴらでお茶を飲んだ。(普通、こういうときは酒なんだろうな)

s-IMGP8962.jpg

おかわり蕎麦。汁も付いてくるが薬味は無し。

s-IMGP8945.jpg

最後はテーブルの上に置いてある岩塩で食べてみる。これがまた美味い。塩気が蕎麦の甘味を引き立てるが塩だけだからシンプルに味が引き立ってくる。

s-IMGP8963.jpg

ごちそうさま。こういう皿も良いな。

s-IMGP8966.jpg

蕎麦湯はどろっとしたタイプ

s-IMGP8967.jpg

蕎麦湯は蕎麦の香りもよく、美味しい蕎麦湯だった。蕎麦汁を蕎麦湯で割って飲んだがダシの良い香りでとても美味しかった。

 

麺つぼ亭

茨城県桜川市東飯田466

℡ 0296-58-6399

11:00~15:00

定休日 日曜日

備考:平成23年6月中頃に閉店予定

 

さあ、仕事に戻ろう。次の仕事まで若干時間があるのでちょっと時間調整を兼ねて・・・

s-IMGP8976.jpg

雨上がりの空が綺麗だ。

s-IMGP8977.jpg

新緑も美しい

s-IMGP8980.jpg

水たまりにも雲が流れる。雨上がりに水たまりを眺める・・・忘れていた感覚。

s-IMGP8987.jpg

薫風に波打つ麦。夜は星が綺麗だろうな。・・・かなり羨ましい。

s-IMGP8989.jpg

田の中の雲とお地蔵さん。子供の頃を思い出す風景。

s-IMGP8992.jpg

腹ごなしに一寸運動。階段を登って・・・

s-IMGP9000.jpg

新緑に囲まれる境内

s-IMGP9008.jpg

ここは雨引観音。はくちゃんさんのブログで見た孔雀が気になって、ちょっとだけ寄り道。約束の時間には少しなら余裕があるから。

s-IMGP9014.jpg

時間が無いからざっくりと孔雀を探しながら散策。

s-IMGP9048.jpg

落ち着きますね。教会は素敵だけどなんとなく落ち着かない。やはり慣れ親しんだ神社仏閣、落ち着くには仏閣ですね。凛とした空気が支配し、思わず背筋が伸びる神社は清々しいけど落ち着く感じは無いから。

s-IMGP9022.jpg

高台にあるので眺めが良いですね。孔雀はいないし、帰ろうとしたその時・・・

s-IMGP9037.jpg

大きな音に驚いて振り向くと孔雀が。舞い降りたらしい。

s-IMGP9090.jpg

孔雀君が寄って来た。

s-IMGP9069.jpg

人馴れしすぎ・・・

s-IMGP9110.jpg

売店の前でおやつをおねだりしていた。

 

そろそろ仕事に戻ろう。。


nice!(63)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | - 茨城の蕎麦 ブログトップ