So-net無料ブログ作成
埼玉の蕎麦 ブログトップ

アンティークな人形に囲まれて食べる蕎麦 川口の蕎麦 まるすけ [埼玉の蕎麦]

この週末は奥さんの実家の用事ごと
埼玉は川口に行ってきました

0s500_IMG_2907.jpg

お昼は何が食べたいと問われ、リクエストしたのがこのお店
まるすけ、蕎麦屋さんです

0s500_IMG_2942.jpg

外観はとても蕎麦屋さんには思えません

s500_IMG_2908.jpg

奥さんと結婚した頃だったのか、結婚前だったのか
外食にしようという事になって、一番近いお店と言う訳で連れて行かれたのです
蕎麦屋さんと聞いて、その気分で行ったのですが・・・・
そのあまりのインパクトに忘れられない存在となってしまいました

s500_IMG_2909.jpg

蕎麦にインパクト?
じゃないのです^^;
正直言って蕎麦はまぁそれ程・・・・・^^;
忘れられないインパクトを受けたものとは、それは

s500_IMG_2915.jpg

蕎麦屋とは思えないアンティークな店内
アイロン、ミシン、柱時計

s500_IMG_2912.jpg

そして薄暗い電球に照らされた店内至る所にアンティークな人形たち
電球色に照らされる人形はその表情がまたリアル
ぞくっと来ます

s500_IMG_2914.jpg

そんな人形たちに見つめられながら食べる蕎麦^^;
今日は昼間の訪問ですから、まぁいいのです
夜に来ると結構一寸不気味(前回訪問は夜でした)

s500_original (2).jpg

前回訪問時、案内されたのは二階
二階は確か個室でした(記憶があやふや)
二階への階段や廊下にも人形たちがいっぱい
トイレに立った時、一人で廊下を歩いた時は流石に一寸怖かったのを覚えています^^;

s500_IMG_2940.jpg

怖いけれど惹かれるこのアンティークな雰囲気^^;
そして店内に流れるのは弦楽四重奏
蕎麦を食べようという雰囲気じゃないです
濃いめに煎れた珈琲にガトーショコラ味わいたくなる雰囲気

特に意識した事は無かったけれど自分はアンティークな雰囲気が好きだったのかな
奥さんの実家で何処に食事に行きたいと問われると自分は此処をリクエストすることが多いのです
蕎麦じゃなく店内の雰囲気を味わいたくて^^;
怖いけど、ちょっと不気味だけれど、ふと、無性にこの空間を味わいたくなるのです^^;

s500_IMG_2920.jpg

一応蕎麦屋さんなので蕎麦レポも^^;
お絞りはちゃんと布
でもお茶は緑茶でした
蕎麦屋さんでは蕎麦茶を期待しちゃいますね

s500_IMG_2918.jpg

自分は”大もり”、下の娘は”もり”でゴマダレ、お婆さん(奥さんの母親)は赤二重丸のまるすけ

s500_IMG_2917.jpg

奥さんは鰊蕎麦
実は自分は最後までカレー蕎麦と悩みました
でも朝ごはんを食べ過ぎていたので軽めでもりにしたのです
土曜日のような寒さだったらカレー蕎麦にしていたな、きっと

s500_IMG_2919.jpg

上の娘はカツ煮、どこまで卵とじカツが好きなんだ

s500_IMG_2923.jpg

大もりの到着
大盛りはセイロ三段
断面がスクエアな細打ちの蕎麦です
薬味の山葵は皿の淵にこそげもられていますが、こういうのは興醒め
山葵をこんな盛り方をする店に自分が満足する蕎麦はありません
これは断言できます
だいたいこの盛り方は美しくない

s500_IMG_2928.jpg

まずは蕎麦のみで手繰ります
エッジはしっかりして艶やかな蕎麦
喉越しはいい感じ
でも、香りがガツンと立つ蕎麦ではありません

s500_IMG_2925.jpg

次に汁を味わいます
口に含むとメチャ甘い
後口も甘甘ですっきり感は皆無
出汁の香り、塩気、酸味、そういったものが全て甘さに隠れてしまっています
旨味さえも甘さに邪魔される程
ここまで甘くするのは何故だろう

s500_IMG_2929.jpg

蕎麦を汁に浸けて手繰ります
でも甘すぎて箸が進みません
こんな時は・・・・

s500_IMG_2924.jpg

薬味・・・
普段は絶対やらない事なのですが、汁に葱を投入
そして蕎麦に山葵を付けつつ手繰ります
山葵の辛さで汁の甘さを飛ばす作戦
これで一気に手繰ります

s500_IMG_2926.jpg

下の娘のゴマダレ、ゴマダレも甘めでしたが胡麻の味はしっかりしています(ちょいと甘めだけれど^^;)

s500_IMG_2927.jpg

奥さんの鰊蕎麦
鰊は一本、棒状のがいいな

s500_IMG_2930.jpg

さて、セイロには蕎麦湯
世間では蕎麦湯を飲む飲まないで一寸話題になっているようですね
飲むのが普通かと思っていましたが、飲まぬ地域もあるようです
でもまぁ、そんなのどうでもいい事
飲みたきゃ飲めばいいし、飲みたくなくば飲まなきゃいい
飲むのが変って事は無いし、飲まないのが変って言う事もない
ただね、自分が飲まぬからって飲む人を許せなぬって言うのは違うな
その逆もね

s500_IMG_2931.jpg

飲まぬ人は残った汁はどうするのかな
そのまま残す?
残すのは惜しい
蕎麦湯で割ると美味しいのだから
蕎麦湯割りは辛口汁より甘口汁の方が美味しい

s500_IMG_2933.jpg

人形たちに見つめられながら蕎麦を食べてごちそうさま^^

隣のテーブルのカレー蕎麦が凄くいい香りでした
甘めの汁を使ったカレー蕎麦は結構美味しいのです
今度はカレー蕎麦を頼んでみようかな

s500_IMG_2937.jpg

この店、駐車場は何時も満車
結構混んでいます
この雰囲気が好きな人って結構多いんだ^^;

まるすけ
048-268-3530
埼玉県川口市芝2-26-9
(昼)11:30~14:00(平日)
  11:30~14:30(土・日)
(夜)17:00~(L.O.21:30)
定休日 水曜日

s500_IMG_2938.jpg

お婆さん(奥さんの母親)の話では、この店の隣に幾度となくお店ができても直ぐに潰れてしまうとか
このお店だけが続いているそう
それを聞いた上の娘
怖~っ、これはきっと・・・・人形の呪いかも
ヒィー(((゚Д゚)))

boeder-001.gif

デザートはバックス 

s500_IMG_9942.jpg

今回のチョイスはラズベリーチョコレートパイ

s500_IMG_9944.jpg

チョコレートパイ生地に、ショコラ生地とガナッシュクリーム
ガナッシュクリームの上にはラズベリーフィリングとラズベリー果肉が乗ります

s500_IMG_9946.jpg

ビターな味わいのチョコレートとラズベリーの甘酸っぱさは良い相性
でも・・・チョコの濃厚さが足りません
ラズベリーの酸味が結構強く、チョコレートが負け気味でした
ブラウニー生地にガナッシュが層になったチョコケーキの方が良かったな
あのチョコケーキ、メチャハイカロリーで中毒性があったけれど^^;

boeder-001.gif

***オフ会のお知らせ***

mozさんと さる1号がご案内する

紅葉の鎌倉散歩オフ会

参加者募集中です

<期日> 

12月10日 土曜日

<集合場所>

 10:30 北鎌倉 円覚寺前の踏切付近

北鎌倉駅下りホーム側改札を出てすぐ先です

<日程>

10:30~12:00 円覚寺(拝観料300円)

12:00~13:00 東慶寺(拝観料200円)

(時間があれば浄智寺も (拝観料200円))

13:00~鎌倉に移動(JRで一区)

13:30~15:00 鎌倉駅周辺の居酒屋にて食事

(仕立て屋鎌倉店を予定 仕立屋御膳 1,852円 +酒類 )

15:00~ 解散&希望者のみで妙本寺(拝観料 無料)へ

<参加連絡方法>

参加いただける方はmailにて連絡をお願いします

本ページ左の欄にあります”しろたま さる1号 Mail BOX”をご使用ください

皆様のご参加、お待ちしています

<追記>

集合は10:30ですので時間のあるかた(早く来られる方)は

集合時間前に明月院に行っておくのもいいかも

<備考>

今回のコースは駅近コース

歩く距離はさほどありません

ギックリ癖のあるガラスの腰でも大丈夫^^

m_emoji-1.gif


nice!(117)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

極細の蕎麦と濃い汁 熊谷の蕎麦 蕎舗 良庵 [埼玉の蕎麦]

今週後半は会津へ出張でした
帰宅後予定していた記事をタイプするつもりでしたが疲れ切ってしまいモニターに映し出された画像を見ても文章が浮かびません
こんな時は在庫記事に助けてもらいましょう

午後になると腹の傷も痛み出し、それが余計疲れを呼ぶのです
この痛みが凄く変な感じ
考え方によっては開腹手術の方が臍に傷が無いだけ楽だったのかもしれません
腹腔鏡下胆嚢摘出術だったのですが、これは腹部に三ヵ所程穴を開け、そこから機材を入れ、臍に開けた大き目の穴から胆嚢を取りだします
この方法の利点としては、傷が小さい、術後の痛みが軽い、早期退院ができるということだそうですが・・・

この方法の大きな欠点は臍に穴を開ける事
臍が痛いのは不自由です
例えば、何かの動作で腹の傷が痛い場合、臍にグッと力を込めれば痛みを堪える事ができるのですが
その臍が痛いのでは堪えられません
手術から時間も経って、傷が大きく痛まなくはなりましたが、臍の傷は大きい痛みではなくても変な感じが残ります
今、臍の痛みは小さな痛み、でも凄く鋭い痛みが臍の奥に感じます
臍の痛みは他の傷とは違い、腹の奥に伝わってゆき、行きつく先は屁の出口(この表現、懐かしい^^;)と、ち〇〇んの奥の方
なので凄く気持ちが悪い痛み

痛みを堪えながら仕事をしているせいか疲れてしまい、帰宅後そのまま布団に潜り込んでしまいます
そして、そのまま寝てしまう事も^^;
なので最近は在庫記事が大活躍中^

s500_IMG_0516.jpg

この日は埼玉熊谷に出張
蕎舗 良庵に行ってきました

s500_IMG_0518.jpg

蕎麦屋さんですが熊谷地粉の饂飩もあります

s500_IMG_0517.jpg

入店前に外看板にあった品書きをチェック

s500_IMG_0519.jpg

店内は古い一軒家を改造したような造り
壁の時計が良い雰囲気

s500_IMG_0527.jpg

おぉ、終日禁煙とは素晴らしい^^
蕎麦屋で煙草の匂いは最悪です
蕎麦の香りが解らなくなってしまいますからね

s500_IMG_0528.jpg

まず出てきたのは温かなお茶
でも緑茶でした
蕎麦茶にして欲しい
紙のおしぼりも残念
紙のおしぼりが出てくると全てが安っぽく感じでしまいますから

s500_IMG_0520.jpg

品書きを確認します
セイロは730円、大セイロは980円
そばがきが気になりますが、オーダーは迷わず大セイロ
初めての店ではセイロを頼むのが自分の拘り

s500_IMG_0521.jpg

その他、冷たい蕎麦

s500_IMG_0522.jpg

温かな蕎麦
今、記事をタイプしていて気になったのは”ねぎ南蛮”
ねぎ南蛮?どんな蕎麦なんでしょう
南蛮は確か葱の事を言ったと思います(南蛮は肉の意味ではないです)
ねぎ南蛮、つまり、葱葱
焼いた葱と刻み葱?
折角品書きに写真があったのだから、ちゃんと見れば良かった・・・・

s500_IMG_0523.jpg

その他、温かな蕎麦

s500_IMG_0524.jpg

ご飯類は天丼のみ

s500_IMG_0526.jpg

蕎麦前

s500_IMG_0529.jpg

大セイロの到着
セイロに盛られた蕎麦は極細
表面は艶やかで透明感があって美しい
エッジもしっかりしています
星も若干ありますが、気になるほどではありません
(自分は星入りが好きじゃないのです^^;)

s500_IMG_0530.jpg

まずは蕎麦のみで手繰ります
極細の蕎麦を箸で持ち上げ、その端を唇に挟んで一気に啜りあげます
啜る音と共に唇を勢いよく滑る蕎麦
その勢いで蕎麦の香りが鼻腔まで運ばれます
蕎麦は音をたてて食べないといけません
音をたてるのにはちゃんと理由があるのです

啜った時に仄かに香る蕎麦の香り
香りは強くはありませんが、繊細に香ります
噛み切った時の感触は良い感じ
しっかりしていて切れた瞬間、前歯にプツンと感じる噛み応え
噛むと蕎麦の甘味と香りが奥歯から溢れます

s500_IMG_0535.jpg

次に汁の味を確認します
一口含むと濃さを感じる汁
辛口でキリッとしています
江戸蕎麦のような汁

s500_IMG_0531.jpg

蕎麦を汁に浸けていただきます
極細の蕎麦に濃く辛口の汁
浸けるのが難しい
蕎麦のどれくらいを汁に浸けるのか、なかなかセッティングが決まりません
蕎麦が極細なので結構繊細なコントロールを要求されるのです
食べる方にもテクニックが必要な蕎麦

s500_IMG_0533.jpg

薬味は葱と山葵、それに大根おろし
葱は見事、細くスライスされ、透明感もしっかり
山葵の香りも満足
食感は粒粒感があって辛味も適度
大根は普通の大根でした

s500_IMG_0532.jpg

山葵を箸先に乗せ舐め、濃い汁に飽和した味覚をリフレッシュ
時々山葵で味覚をリフレッシュしながら蕎麦を手繰ります

s500_IMG_0536.jpg

蕎麦湯は良いタイミングで到着

s500_IMG_0537.jpg

単に茹で湯ではない蕎麦湯のようです

s500_IMG_0538.jpg

残った汁を蕎麦湯で割っていただきます
その後は蕎麦湯だけで飲んで口の中をサッパリと

蕎舗 良庵
048-525-1783
埼玉県熊谷市中西1-6-12
11:15~20:30
定休日 月曜日 

boeder-001.gif

この日の食後のデザもチョコアイス

s500_IMG_0164.jpg

このシリーズ、チョコに物足りなさを感じます
何故か考えてみると・・・・
苦みが少ないからかも
そして濃厚さがもっと欲しい
苦く甘く濃厚、これがチョコアイスに自分が期待すること

s500_IMG_0166.jpg

それに・・・
外観はパッケージの写真通りなんだけれど

s500_IMG_0168.jpg

センターにあるはずのチョコは何処???
もっとしっかり入れようよ^^;
ねっ、赤木乳業さん

boeder-001.gif

お知らせ

4月30日にオフ会を計画しています

新緑の鎌倉散歩と蕎麦前を楽しむ会

詳細は次記事で

m_emoji-1.gif


nice!(122)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

二八と十割の極みを楽しむ 鴻巣の蕎麦 そば処 いちい [埼玉の蕎麦]

先の日曜日に行った北鎌倉の記事をアップする予定でしたが
メチャ忙しくなったこの金曜日の夜
とても記事をタイプする時間がありません
なので在庫記事から
柴犬さんの記事にあった鴻巣の蕎麦屋さん”いちい”
ずっと気になっていました
出張で近くを通りがかった(いえ、無理矢理近くを通りかかりました(笑))このタイミングで寄ってみました
雪が降った翌々日ぐらいでしたので庭先に溶け残った雪が見えます

1s500_IMG_9688.jpg

一軒家の1Fをそのままお店にした感じです
普通に家に入るように玄関で靴を脱ぎ
リビング(?)へ

1s500_IMG_9690.jpg

なかなか素敵な感じ
テーブル席が4卓のこじんまりしたお店

1s500_IMG_9710.jpg

お茶は蕎麦茶と緑茶のブレンド、玄米茶の蕎麦バージョン
蕎麦茶はいいけれどおしぼりが紙なのは残念
でも完全禁煙なのは嬉しい
しかも電話禁止^^

2s500_IMG_9697.jpg

いろいろ拘っている様子がよく分かります
人によっては煩いと思う人もいるでしょうね
自分は・・・口上は楽しく読ませていただきます^^

2s500_IMG_9701.jpg

蕎麦の実のサンプルまで用意してあります
この三種類がどういう意味があるかと言うと・・・

2s500_IMG_9721.jpg

この説明書きの為のサンプルだったのです
二八、十割田舎、十割粗挽き、各蕎麦の製造上の違いの説明書きまでありました
丸抜きの十割の極み
丸抜きを使った二八
田舎は丸抜きと殻ごと引いた玄蕎麦とのブレンド
殻を入れると食感が悪くなるので自分は殻入り(星入り)は好きではないのです
なので入ると聞いた途端田舎は却下

3s500_IMG_9691.jpg

品書きを確認します
此処の蕎麦は栃木の常陸秋そば
石臼での自家製粉だそう

3s500_IMG_9695.jpg

二八か極みか悩みます
極みは十割なので食べたいのですが、粗挽きというのが引っかかっているのです
実は粗挽きの蕎麦で気に入る蕎麦は滅多に出会えません
細かく挽いた方が香りが良いように思います
粗挽きだと噛まないと香りが出ないし
喉越しが悪い
唯でさえ喉越しに不利な十割
それの粗挽きだと気持ちよく啜れないのです

4s500_IMG_9693.jpg

でも二八だけって言うのも・・・
訊くとおかわりセイロは100円引きでできるそうなので其れを頼みます
最初は二八、おかわりに極みで
汁と薬味無で100円引きはちょっと少ないような
せめて300円引きぐらいして欲しいな

4s500_IMG_9694.jpg

温かな蕎麦は二八
蕎麦汁粉もあります
甘党としては当然頼まないとね^^

4s500_IMG_9696.jpg

蕎麦飲み用

5s500_IMG_9702.jpg

まず二八の到着
細打ちで断面がスクエアな蕎麦
エッジもしっかりして表面は艶やか

5s500_IMG_9703.jpg

啜った時に立ち上がる香りは少なめですが、喉越しは気持ちいい
噛みごたえも良い感じにコシがあります
反力は強めですが噛み切った時の過度な跳ね上がりはありません
心地いい噛み応え
噛むと蕎麦の香りがしっかり溢れます

5s500_IMG_9707.jpg

汁を確認
口に少量含み下の上へ
しっかりした旨みの汁の余韻にやや甘さと酸味を感じます
濃いめですが柔らかで扱いやすそう

6s500_IMG_9708.jpg

二八を汁に浸けて啜ります
この二八との相性はいい感じで、蕎麦の半量を浸けるときが一番蕎麦の香りを引き出せました
二八の甘味を良く引き出してくれる汁です

6s500_IMG_9712.jpg

薬味は山葵に葱、大根おろし
大根おろしは普通の大根
葱葉はちゃんと薄切りですが透明感はやや少なめ
山葵は辛い
香りよりも辛さが先に来るタイプ

7s500_IMG_9709.jpg

一気に啜って
極みを待ちます
待っている間に煮豆と漬物を楽しんで

9s500_IMG_9706.jpg

豆が美味しかったです
持ち帰り用も販売していました

s500_IMG_9714.jpg

そして極みの登場
塩もついてきます
なんでも天麩羅の塩で食べる人が多く、塩も付けるようになったそう
自分は塩で食べるより何も付けないで食べる方が好きですが
正直言って塩で食べるのは難しいです

s500_IMG_9716.jpg

粗挽き粉ながら細打ち
断面はスクエアですが長さは短い
粗挽きですから粒が大きいわけです
ただでさえ繋がりにくい粗挽き粉
それを細打ちにすれば長さは期待できません

s500_IMG_9717.jpg

この長さですから啜れません
御主人曰く、啜れませんからご飯を食べるように食べてくださいと

まず蕎麦だけを口の中に
強く啜らないので香りは良く分かりません
噛むと蕎麦の粒をかみ砕く感じがして香りが広がります
粒が大きいので蕎麦も硬く感じます
噛んで噛んで
そのうちに満腹に

s500_IMG_9718.jpg

こういう蕎麦もいいけれど
やっぱり豪快に啜って香りを楽しみたいな
粗挽きの十割だったら二八の方が好き
細かく挽いた十割なら断然十割がよいけれど
まぁ好みですね

s500_IMG_9719.jpg


蕎麦湯はサッパリタイプ

s500_IMG_9720.jpg

普通に茹で湯

s500_IMG_9722.jpg

当然の事ながら蕎麦汁粉も頼みました
甘党としてスルーできません^^;

s500_IMG_9723.jpg

そばがき団子が5個入っています

s500_IMG_9724.jpg

汁粉は甘め、ちょっとくどさもありますから白砂糖を使った感じ
小豆はしっかりと煮てあり煮崩れてほくほく感はありません

s500_IMG_9727.jpg

そばがきは硬めでふんわり感はありません
セイロは美味しかったけれど蕎麦汁粉はまだまだです

そば処 いちい (そばどころ いちい)
048-541-5465
埼玉県鴻巣市大間537-3
水~金 11:30~14:30
土・日・祝 11:30~14:30 & 18:00~20:00
定休日 月&火

boeder-001.gif

在庫記事といっても完成形でストックしているわけではありません

なのでUPの際に多少の手入れは必要

いま、ケーキを作りながら在庫記事を仕上げています

何故ケーキか

それは上の娘のバースディケーキを作っているのです

今回は苺タルト

制作記録は後日^^

m_emoji-1.gif


nice!(137)  コメント(46)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

侮れないPAの蕎麦 羽生PA 本所さなだや [埼玉の蕎麦]

古河出張の帰りは東北道を使います
ナビは久喜から乗るように案内してきますが無視
館林から乗ります
ナビの指示よりも効率が悪いルート選択ですが、その訳は・・・

s500_IMG_7860.jpg

ここ、羽生PAに寄るため
鬼平の江戸の街がコンセプトのパーキングエリアなのです
詳しくは→ここ
時代劇や時代小説は特に好きではなかったのですが、最近ちょっとハマリ気味で古い時代を背景にした小説をiPoneにいれて読んでいるのです
江戸時代、戦国時代、平安の時代、なかなか面白い
これも歳をとったせいなのかな

s500_IMG_7862.jpg

高速のPAやSAも随分と変わって、特にPAは特定のコンセプトで展開しているところも多いですね
ここのPAは馴染めるのですが、関越道の寄居PA(上り)は未だに馴染めません(笑
だってねぇ・・・”お星さまキラキラ”って世界なんですから自分の肌に合わない(星の王子様がコンセプト)
やっぱりファンタジーな物は自分は苦手
刀振り回している方がいいな^^;

s500_IMG_7863.jpg

そして、この日のターゲットは此処、”本所さなだや”
このPAにある店舗の名前は鬼平に出てくる店から取ったもの
この”本所さなだや”も”蛇の目”の章の中に出てくるお店

本所・源兵衛橋(後の枕橋)の北詰にある[さなだや]という店の蕎麦を食べたのは、その日が初めての長谷川平蔵であった。
押上村の春慶寺に寄宿している剣友・岸井左馬之助が、めずらしく病み、これを見舞った帰途、
さわやかな初夏の夕暮れの道を中ノ郷の瓦町へぬけ、大川(隅田川)べりに出たとき、橋向こうのそば屋に気づいたのだ。
(こんな店があったかな・・・・)
病みあがりの左馬之助とでは酒をくみかわすこともならず、腹もへっていた。
「酒と・・・それから、天麩羅をもらおうか」
注文して、平蔵は入れこみの八畳へ上った。

平蔵さん、やっぱり蕎麦前なんですね^^
この”蛇の目”以降、平蔵は「否応なしに舌へ来る味覚のめっぽううまい店」と贔屓にしていたようです

s500_IMG_7866.jpg

しかもこの店、池波正太郎氏が贔屓にしていた、1884年創業の老舗『神田まつや』の監修なのです
PAの蕎麦屋とはいえ気になりますよね

s500_IMG_7864.jpg

PAフードコートのお店ですから券売機
味気ないですが仕方ない
品には流石に蕎麦前ができそうなものはありません
PAですから酒も無いし^^;
天麩羅蕎麦は海老天
これはちょっと残念です
鬼平がコンセプトのこの街、小説に出てきた貝柱のかき揚げの天麩羅蕎麦にして欲しかった

s500_IMG_7865.jpg

オーダーは”大盛り”750円

s500_IMG_7867.jpg

出来あがりを知らせるベルを受け取ったら席を確保
待ちましょう
と、座った途端鳴りだすベル
メチャ早
流石昼ごはんには未だ早い時間
空いているので直ぐに呼ばれます^^;

s500_IMG_7868.jpg

蕎麦を受け取り席へ
断面がスクエアな細打ちの蕎麦
如何にも江戸蕎麦って感じです
神田まつや的蕎麦
薬味に山葵が無いのも神田まつや流なのかな

s500_IMG_7869.jpg

まず蕎麦のみで手繰ります
啜った瞬間から香りが立つ蕎麦ではありません
喉越しは良く、気持ちよく啜れます
噛み応えは一寸頼りなく、すこし茹で過ぎな感じ
まぁ、年輩のお客さんには此の方が食べやすいかもしれません

s500_IMG_7871.jpg

汁を味わいます
少量口に含み舌先に送ると、先ず感じるのは甘味
柔らかく角はありません
食べやすい味ですが、この細打ちの蕎麦には甘過ぎなように思えます
もうちょっとキリッと締めた方がいいな

s500_IMG_7873.jpg

蕎麦を汁に浸けていただきます
汁は江戸蕎麦らしく濃いめですが濃すぎる事は無く、蕎麦の三分の一位を汁に浸けた時が一番美味しくいただけました
濃くても甘さのある汁なので扱いは楽

s500_IMG_7872.jpg

薬味は葱ともみじおろし(辛さの中に円やかさもあったので大根おろしw寒ずりかも)
PAエリアの蕎麦とは思えないクオリティの葱
流石”神田まつや”監修です
この細さ、透明感、いいですね
もみじおろしは自分には辛過ぎて使えませんーー;)

s500_IMG_7876.jpg

一気に手繰ります
茹で過ぎな感じが残念でしたが、甘めの万人受けな味の汁と喉越しのいい蕎麦
PAのフードコート蕎麦としてはなかなかの蕎麦でした

s500_IMG_7878.jpg

蕎麦湯はカウンターまで貰いにゆきます

s500_IMG_7879.jpg

まだ薄いですが・・・
と、釜から湯をすくって注いでくれました
アツアツです

s500_IMG_7881.jpg

寒い日は〆にアツアツ蕎麦湯
これがいい^^

boeder-001.gif

蕎麦を食べたら次は甘い物

s500_IMG_7886.jpg

ここの葛餅もお気に入りなのです

s500_IMG_7883.jpg

葛餅を串刺しして餡の乗せたもの、漉し餡と抹茶餡を何時も頼みますが
今回は栗餡とさつま芋餡の季節ものが気になって購入
っと、此処でコンデジのバッテリーがアウト><

s500_IMG_2114.jpg

ホコホコな甘味のサツマイモ
コクのある甘味の栗餡
葛の上に餡を乗せ、その上に蜜がかかっています
今回の季節もの、通年でやって欲しい

s500_IMG_2116.jpg

さつま芋餡を食べてからiPhoneで撮ればいい事に気付いて栗餡のだけを撮りました
やっぱ色が悪いなぁ
薄暗い、光の加減、悪条件下ではコンデジとの差が出ます
やっぱりiPhoneはiPhone、カメラじゃない

s500_IMG_2118.jpg

ウチへのお土産も購入
葛餅は奥さんと下の娘の好物
葛餅の画像をLINEで送ったら速攻で”食べる””欲しい”と返信が来ました
仕事中、学校じゃないんかい^^;

s500_IMG_7889.jpg

帰ったら早速開封

s500_IMG_2122.jpg

結構量があります

s500_IMG_7894.jpg

下の娘と二人で食べ始めましたが・・・・
いっ、いかん、止まらない
奥さんの一の好物の葛餅、ちゃんと残しておかないと

きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ 

 (#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙

ってなるから

m_emoji-1.gif


nice!(138)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

埼玉深谷で味わう会津の蕎麦 隠れ家的な深谷の蕎麦 十割そば道庵 [埼玉の蕎麦]

熊谷で仕事だった週のこと
客先からHOTELに向かう道沿いにあるこの看板が常々気になっていました
ても営業は昼のみ(夜は予約のみ)の為行くことができなかったのですが
仕事のスケジュール上、昼に時間が空くタイミングが見つかり(タイミングを作ったとも言う)ようやく訪問することができました

s500_IMG_0344.jpg

実はこの店は正月明け早々の熊谷出張の時も訪問しました
しかし・・・・長めの正月休みだったようで蕎麦にあり付けなかったのです ーー;)

s500_IMG_0345.jpg

この店の蕎麦は会津の蕎麦
会津は業務で一時期駐在していました
その時に会津の蕎麦を食べ歩いていましたので凄く懐かしい
思わず期待^^

s500_IMG_0346.jpg

そばの太文字が味わいを感じさせる暖簾をくぐって中へ

s500_IMG_0347.jpg

この店、通り沿いにある店ではなく、住宅地の細い道を入ったところにあります
なのでかなり見つけ辛い
それが隠れ家的な雰囲気を醸し出しています

s500_IMG_0349.jpg

店内は蕎麦屋さん的な構造ではありません
テーブルも普通の住宅のダイニングテーブル

s500_IMG_0348.jpg

装飾品も特に蕎麦屋を感じさせるものはありません
むしろ普通の住宅的な感じ
土足じゃなかったら何処かの家に来たような錯覚を覚えるかも

s500_IMG_0350.jpg

まずは品書きの確認
大盛りは1.3倍、特盛は1.5倍
当然特盛でいきます
冷たい蕎麦はザルのみという潔さ
こういう潔さは好きです^^
温かい蕎麦も三種のみ

s500_IMG_0351.jpg

玉子焼きや板わさは予約メニュー
つまり昼に蕎麦前はできないという事
まぁ仕事中だから蕎麦前はできないから良いですが^^;
でもそばがきは昼メニューにありますから、これで飲むのもいいですね
仕事でなければ。。。ね

s500_IMG_0355.jpg

会津蕎麦のこの店、蕎麦は”会津のかおり”だそう
実はこの”会津のかおり”、会津駐在時代に初めて知って、それ以来お気に入り
香りがぐっと立つ蕎麦ではありませんが、喉越しと噛み応えが良いのです
細打ちの会津のかおりが特に好き

s500_IMG_0356.jpg

お茶は暖かな蕎麦茶

s500_IMG_0358.jpg

店内禁煙が嬉しいです・・・テーブルに置かれたこれは?

s500_IMG_0359.jpg

何と梅干し^^;

s500_IMG_0360.jpg

パックの中は刻み海苔・・・自分は使わないですが^^;
海苔を汁に加えると海苔の強い風味が蕎麦の薫りを邪魔してしまいます
唯でさえ香りがおとなしい目の会津のかおり、その香りを邪魔するものは要りません

s500_IMG_0361.jpg

まさに自分の好みの感じ、期待に胸を躍らせながら一箸手繰ります
適度な抵抗感を残しながら唇を滑る蕎麦
ぐっと香りたつ蕎麦では無くても豪快に啜れば副鼻腔に甘い蕎麦の薫りを感じます
そう、音
蕎麦を食べる時に音を立てないのはいけません
あの啜りで香りを鼻腔に送り込んでいるのですから
さすが会津のかおり、気持ちのいい喉越しです
噛み応えも期待通り
十割蕎麦といえだらしなく潰れる事は無く、しっかりとした反力を感じます
細打ちですから跳ね返るような感じはありません

s500_IMG_0362.jpg

次に汁を味わいます
少量を含み舌の上に
濃く甘い、甘さが先に来るとかのレベルではなく甘さがドンと押し寄せる感じ
でも甘さに負けぬ程にダシの香りがあり旨みも十分に厚い
なので旨くはあるのですが蕎麦のつけ汁としては疑問
甘さに蕎麦の余韻が沈んでしまいます

s500_IMG_0365.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
甘さが強いので少量だけ浸けて啜るようにしているのですが
甘く濃い汁というのは味が優しいから浸けすぎてしまい、かえって味が解らなくなる
濃くても辛口の汁だと浸けすぎは食えたものじゃないから自然と少量浸けとなり、それがいい
だが柔らかだとついついどっぷり浸けをやってしまうのです

しかし・・・IXY、なんだろうこの画質
この程度で飛んでしまうなんて・・・
デフォでハイキー過ぎなのかな
色が派手でハイキー
この画造りやはり馴染めない・・・--;)
PENTAXやオリンパスも使ったけれど違和感は皆無でした
CANONだけが何故か馴染めません・・・余程CANONと相性が悪いのかなーー;)

s500_IMG_0363.jpg

薬味はオーソドックスに葱と山葵
大根の漬物も添えられます
山葵は特筆無し
香りは控えめで辛さも少ない
でも瑞々しさはありました
葱は並

s500_IMG_0368.jpg

良い蕎麦ですね
汁は好みじゃないけれど・・・
十割でこの噛み応えと喉越しは満足
でも蕎麦幅にバラツキがあるのは残念

s500_IMG_0369.jpg

蕎麦湯

s500_IMG_0372.jpg

ややドロッの蕎麦湯は良い後味でさっぱりした湯でした

道庵
048-574-7130
埼玉県深谷市折之口301-3
11:00~14:00
17:00~20:00(夜は完全予約制)
定休日 月曜日&火曜日

boeder-001.gif

今日の天気予想は傘マークがありましたのでバイクのメンテナンスの日にしました

そして明日日曜日は久々にZZRで出撃

温泉ライダーの出動です

さてさて、何処に行こうかな~♪

下の娘が何処に行くのか訊いてきます

でもまだ決まっていない

何処の県?

いや、だからまだ決まっていない

明日の朝になれば決まるよ

走りだしたらね

その時のフィーリングで気の向くままに走るのさ

その場所に行くのが目的じゃない

ZZRと走る事、ただそれだけが目的なのだから

m_emoji-1.gif


nice!(126)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

幅広の田舎蕎麦 秩父の蕎麦 手打ちそば 本家 原 [埼玉の蕎麦]

またまた在庫記事
秩父グルメが続きます^^

s500_DSCN3139.jpg

わらじカツ丼を楽しんだ翌日、揚げ物の重さに疲れた胃は蕎麦を食べたがっていました
どうせなら新規開拓をしたい
そう思いながら車を走らせていると・・・・

s500_DSCN3140.jpg

やたら重圧感のある蕎麦屋さんを発見
本格手打ちそば 本家 原・・・・本家かぁ
じゃあ、本格手打ちそば 宗家 原 とか
本格手打ちそば 元祖 原 とかもあるのかな
本格手打ちそば 平成 原 もあったりして^^;
などとくだらない事を考えながらそばに寄ってお店を観察

s500_DSCN3141.jpg

何故か足湯まであります @@)
温泉と言う訳ではないようですが・・・・

s500_DSCN3171.jpg

結構ちゃんとした設備でした
でも何故蕎麦屋に足湯が・・・
近所の爺ちゃん&婆ちゃんの憩いの場になるのかな

s500_DSCN3142.jpg

奥の建物が蕎麦屋さん
敷地が広いです
この建物や中庭の感じ、田舎の爺ちゃんちを思い出すなぁ^^

s500_DSCN3144.jpg

建物の中も懐かしい雰囲気がたっぷり
客室は座敷ですが、廊下を利用してのテーブル席もあります
最初はテーブル席に着きましたが・・・

s500_DSCN3146.jpg

椅子のクッションが柔らかすぎ
お尻が沈み過ぎて腰に負担がかかります
あまりに辛いので座敷に変えてもらいました

s500_DSCN3152.jpg

やっぱりこっちの方がいい^^
この雰囲気は落ち着きます
そしてこの店で嬉しいのは完全禁煙な事
こうでなくっちゃいけません
蕎麦の薫りを楽しむのに邪魔ですからね

s500_DSCN3153.jpg

温かいお茶は蕎麦茶、おしぼりが紙じゃないのが嬉しい

s500_DSCN3150.jpg

さて、品書きを確認します

s500_DSCN3148.jpg

もりが650円、大盛りは200円増し
初めての店では大盛り(もりの大盛り)りと決めていますからオーダーに悩む必要はありません

s500_DSCN3149.jpg

温かい蕎麦は三種類

s500_DSCN3147.jpg

蕎麦デザートがあるのは嬉しい
でも今回は泣く泣く諦めです
何故なら天然氷のかき氷を既に食べてしまったから(記事アップ済)
これでもダイエット中なのでスイーツの量に気を使っているのです^^;

s500_DSCN3167.jpg

この蕎麦屋さん、ご先祖様は落ち武者だったのですねぇ
この建物も築140年だそう @@;)
ご先祖様の遺産を披露したくて蕎麦屋”本家 原”を始めたとか
あっ、宗家、元祖、平成の類は無いようです^^;

s500_DSCN3154.jpg

大盛りの着膳
蕎麦湯が最初からセットされているのは残念
冷めてしまいますから

s500_DSCN3155.jpg

蕎麦は幅広、きしめん率(蕎麦の断面で縦と横の比 スクエアな断面の蕎麦は きしめん率=1)は3ぐらいありそうです (きしめん率は蕎麦打ち曽根風呂ガー たー さんの提唱される蕎麦断面縦横比を表す単位です)
表面は星が溢れ野趣あふれた田舎蕎麦

ます蕎麦のみで手繰ります
蕎麦を一箸つまみ、その端っこを唇に咥えて一気に啜ります
豪快な音が響きますが・・・思うように蕎麦が入ってゆきません
幅広蕎麦は唇に幅広の面が引っかかり滑りが悪く、心地よく啜れません(幅広タイヤのグリップの如く?)
喉越しがいいのは断面がスクエアな蕎麦
きしめん率が1の蕎麦なのです

啜った時に香りがぐっと立つ蕎麦ではなく、噛んだ時もその香りは強く沸き立ちません
控えめに薫るのみ
噛み応えは蕎麦自身に跳ね返りを感じさせるような弾力はなく軽く潰れてゆきます
反力はなくだらしなく潰れる感じ

s500_DSCN3158.jpg

汁はなみなみに入っていました
蕎麦湯の量を考えると半分位は捨てる事になるはず
ちょっと勿体ない

s500_DSCN3159.jpg

汁を味わってみます
最初に感じるのは甘味
濃さは薄めですが旨みはしっかりあります
出汁の薫りも十分

s500_DSCN3156.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
汁の旨みが口の中に飛び込んできて、それが収まると蕎麦
でも香りは強く感じす
噛みしめても頼りない香り
噛んだ時に感じるのは弾力ではなく、殻の食感
噛み切った時に最後まで何とも言えない抵抗を感じるのです
気持ちよく噛み切れないと言うか・・・・

星がいっぱいの幅広蕎麦は自分の好みの正反対
自分は喉越しや噛み応えをかなり重要視するようです
今まで気付かなかったですが・・・

s500_DSCN3162.jpg

薬味は山葵に葱に大根
大根は普通の大根の大根おろし
辛み大根だったらポイント高かったのに・・・

山葵はちょっとねぇ・・・--;)
秩父の蕎麦屋さんは山葵にそれ程思い入れが無いのか、他店でも山葵は不満足--;)

葱は薄くスライスされ、よくさらされて綺麗です

s500_DSCN3163.jpg

きしめん率=3位の蕎麦が多いですが、よく見ればかなりマチマチ
きしめん率=1の蕎麦もあり、カットの幅がバラバラなのが気になります

s500_DSCN3164.jpg

蕎麦湯はオーソドックスなサッパリタイプ

s500_DSCN3166.jpg

甘めの汁は蕎麦湯で割ると美味しいです

本格手打そば 本家 原
0494-26-5085
埼玉県秩父市寺尾1081
11:00~18:00
定休日 火曜日

 boeder-001.gif

最近はIXYで食べ物記事の画像を撮っていますが

やはり気に入らない

どこがどうってはっきり言えないのだけれど

色や質感が何かしっくりこない・・・・--;)

自分はCOOLPIXの画像の方が好きだな

それに設定が使い易い

IXYは自分には凄く使い辛いのです

特にWBが・・・・

食べ物を撮るのにWBは要

う~ん・・・

ポチットなを発動してしまいそう

ーー;)

m_emoji-1.gif


nice!(134)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スッキリした汁はいいけれど店の匂いが・・・ 秩父の蕎麦 大島うどん [埼玉の蕎麦]

秩父に出張だった日・・・ 

秩父は影森にあるお客さんに向かう途中、この蕎麦屋さんの前を通り気になっていました
秩父札所は34ヶ所霊場巡り、札所26番と27番の間にこの蕎麦屋さんはあります

s500_DSCN3082.jpg

ごちゃごちゃした幟や何とも野暮ったい暖簾のデザイン
自分としてはどうみても入る気になれない外観なのですが、昼時は結構車が停まっていたのです
(尤も札所26番と27番の間は特に店がありませんので、それで混んでいたのかもしれません)
それに自家製粉のようですから、外観はともかく気になっていました

s500_DSCN3086.jpg

開店は11時、11時15分ごろに入店しましたが流石に他にお客さんは居ません
開店時間を過ぎたというのに照明は暗いままで、自分をみてあわてて点灯
のんびり気分のお店のようです
店内はそこそこの広さ、彼方此方の貼り紙が凄く野暮ったい
貼り過ぎなのです
そしてこの店で凄く気になったもの、それは店の匂い
酸っぱい、すえた臭い
自分はかなり気になりました
おそらく風通しが悪く、いろんな匂いが澱んでそんな匂いをだしているのでしょう
これでは蕎麦の薫りを楽しめません

s500_DSCN3087.jpg

お茶はほうじ茶、箸袋は猫柄
これ、いいなぁ^^

s500_DSCN3085.jpg

品書きを確認します
店名は”大島うどん”うどんを名乗っていますが蕎麦がメインな様子
もりは680円、大盛りは200円増しとなります

s500_DSCN3088.jpg

飯物の単品はありません
飯物はセットにあるぐらい
プラスで500円~600円になるミニ丼セットですが、価格から考えるとミニではないような気も^^;

s500_DSCN3089.jpg

季節もののメニュー
冬のおすすめって・・・今は春なんだけれど^^;
あまり細かい事は気にしないお店のようです

s500_DSCN3090.jpg

オーダーしたのは”おおもり”
680円+200円
蕎麦と一緒に蕎麦湯まで登場
これは良く無い、蕎麦湯がぬるくなってしまいます
やはり蕎麦のフィニッシュにあわせて持ってきてほしい

s500_DSCN3091.jpg

蕎麦は細打ちの二八蕎麦
その日の正体によって割合を変えるようで、壁の貼り紙には”蕎麦は八割以上”とありました
エッジもちゃんとしているのですが、蕎麦の太さに若干のバラツキがあります
細いから結構目立ってしまいますね
まずは蕎麦のみで手繰ります
啜ると思ったよりいい感じに蕎麦は香り、喉越しも悪くない
若干の滑りの引っかかりを感じますが気になる程ではありません
噛み応えも悪くない
この蕎麦、噛んだ時にだらしなく潰れる感じのぼそっとした蕎麦なのですが、極細なので気にならないのです

s500_DSCN3095.jpg

汁を味わってみます
一口含んでみるとスッキリした味
どちらかと言うと辛口で甘さは感じません
濃さはそれほどではありませんから辛口でもそのまま飲める辛さ
ダシの香りは強くなく、蕎麦の香りの邪魔をしません
極細蕎麦にスッキリ汁
いい組み合わせの予感^^

s500_DSCN3092.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
思った通りいいバランス
蕎麦の半量を汁に浸ける感じが一番旨みを感じました
汁は蕎麦を引き立て香りを引き出します
ただ・・・店の匂いが ーー;)

s500_DSCN3094.jpg

薬味は山葵と大根おろし、それに葱
大根は普通の大根

s500_DSCN3096.jpg

葱は透明感があって綺麗
山葵は瑞々しさが若干不足ですがまぁ悪くない
辛さは少なめ

s500_DSCN3097.jpg

時折ちゃんと切れていない蕎麦も出てきて・・・
もうちょっと気を使って切ろうよ
ここは気にして欲しい

s500_DSCN3098.jpg

蕎麦湯はさっぱりした湯

s500_DSCN3099.jpg

やはりちょっとぬるくなっていました

大島うどん
0494-23-0619
埼玉県秩父市下影森286-2
11:00~15:00&17:00頃〜19:00
定休日 月曜日

boeder-001.gif

今週は三重に出張

 乗り換えの名古屋駅周辺と

目的地の四日市で名古屋&三重の美味しいもの探索

味噌カツを楽しんだ月曜日

とんてきを味わった火曜日

でも・・・カメラがトラブル

火曜日の画像が取り出せなくなってしまいました

火曜日はカメラ内蔵メモリを使用したので

カメラがトラブったら画像を取り出せません><

とんてきの記事が書けないのは残念

初とんてきだったのに・・・--;)

(画像を取り出せた味噌カツ+αの記事はまた後日)

 今回の出張のお土産は

s500_IMG_1620.jpg

三重の定番おみやげのこの品々

赤福と虎屋のういろう

買わないと家族からブーイングが出るのは確実ですから^^;

s500_IMG_1623.jpg

虎屋のういろうは特にお気に入り

米粉を使ったういろうは好きじゃないけれど

この小麦粉を使ったういろうは好物

久しぶりに買ったけれど

幅が以前より小さいように思うのは気のせいなのか

ーー;)う~ん・・・・・

s500_IMG_1628.jpg

赤福、昔は箱食いもしたものだけれど

今は流石にやりません^^;

名駅の高島屋にある赤福茶屋で買いました

KIOSKなど駅のショップでも売っていますが

どうせなら赤福茶屋で買いたい

ついでにお茶もできるから

赤福ぜんざいも美味しいからね^^

s500_IMG_1630.jpg

カメラの画像、なんとか取り出す手段はないものかな

操作は液晶のタッチパネルなのだけれど

それが全く反応しない状態

設定が吹っ飛んだようで

日付を設定しますか、Yes OR No

この表示のままで動かないから

PCに繋いでもPCと通信ができない・・・・TДT)

m_emoji-1.gif


nice!(133)  コメント(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スッキリ辛口の汁 秩父の蕎麦 手打ちそば はぎふく [埼玉の蕎麦]

s500_DSCN2465.jpg

北鎌倉の梅の記事の予定でしたが時間が無くて写真の現像が間に合いません
なので別記事をアップです
最近妙に忙しくてタイプする時間をキープするのが難しい
今日は忙しいだけではなく睡魔の来襲も一因ですが・・・
実は花粉症の薬を変えてみたのですが、これが凄く眠気を誘うのです
飲んだら睡魔が来襲、ここまで眠くなるのは初めて
この薬、合わないのか?

s500_DSCN2467.jpg

この日は秩父に出張
秩父への道は花園ICを降りてR140を使います
山を走る有料道路は使いません
下道でも時間に差は左程ないですから

s500_DSCN2466.jpg 

このR140を走っていると何時も気になるのがこのお蕎麦屋さん
小屋といった感じの店なのです
そして自家製石臼挽きの蕎麦粉を使ったと看板にもあって気になっていました 

s500_DSCN2468.jpg

早速入店、店内は外観に相応しい内装^^;
木目がいっぱいで目が落ち着きます
丸いストーブがいい味を醸し出していて何だかほんわか^^

s500_DSCN2470.jpg

座ると熱いほうじ茶が出されます
漬物も一緒に^^;
漬物をお茶請けにして飲むお茶、なんだか懐かしい^^
TVの音声が凄く邪魔、TVがあると一気に場末感がでてきます
無い方が雰囲気がいいと思うのですが、場所柄仕方ないのかな

s500_DSCN2473.jpg

品書きを確認しましょう
品数はそう多くはありません
この店の大きさに相応しい量
無理が無いのがいいですね
天麩羅が野菜だけなのも気に入った
此処は山の中なのですから

オーダーはおおもり、もり(700円)に大盛り(+200円)の価格

s500_DSCN2474.jpg

おおもりの登場
艶やかで綺麗な表面でエッジもしっかりした蕎麦
太さはやや太目
喉越しの良い感じはありません

s500_DSCN2476.jpg

まずは蕎麦のみて手繰ります
やや太目の蕎麦の端を唇にかるく咥え、一気に啜ります
豪快な音と共に蕎麦の香りが副鼻腔に・・・といきたいところですが
香りはあれども溢れ舞うほどの香りはありません
噛み切った時の感触はいい感じ
だらしなく潰れるような事は無く、過度の反力もありません
適度な抵抗感を持って潰れてゆきます
コシはいい感じ
咀嚼すると奥からしっかりした蕎麦の香りと甘み
この太さですし、噛んで楽しむ蕎麦のようです

s500_DSCN2477.jpg

次に汁を確認します
少量口に含んで舌の上に
最初に感じるのは軽い酸味
甘味は感じずスッキリした汁
輪郭のはっきりした汁で柔らかさ円さはありません
キリッとした汁は久しぶり
ただ、スッキリし過ぎてやや角を感じました

s500_DSCN2478.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります
辛口ですが濃くはないので蕎麦の半量を浸ける感じが一番蕎麦の薫りを引き出しました
わしわし噛みながら蕎麦の薫りを楽しみます
汁の香りが強くないのも蕎麦の薫りを楽しむにはいい感じ

s500_DSCN2480.jpg

薬味はオーソドックスに葱と山葵
葱は不思議なカット
見栄えの良い感じはありません
山葵は・・・駄目ですこれは
まぁどうせ使わないからいいけれど
でも山葵が美味しい店に外れは無いのも事実
山葵が良く無い店は・・・まぁそれなりなのも経験上自信を持って言えます

s500_DSCN2479.jpg

残りの蕎麦を一気に食べ進めます
よく噛んで蕎麦の薫りを楽しみながら
細打ちが好きな自分ですがこの蕎麦は楽しめます
でも汁にもうちょっと柔らかさが欲しい
角を感じる汁は食べていて疲れます

s500_DSCN2481.jpg

蕎麦湯はいいタイミングで出てきました

s500_DSCN2482.jpg

さっぱりした蕎麦湯、茹で湯そのままなのかな

s500_DSCN2483.jpg

蕎麦湯で割って飲むには甘めの汁の方が美味しい^^;

はぎふく
0494-22-8535
埼玉県秩父市黒谷503-1
11:00~18:00
定休日 火曜日 

boeder-001.gif 

在庫記事をアップしましたが

実は今週の出張先も秩父

新に仕入れたネタは影森の蕎麦とわらじカツ丼

とりあえず在庫化

秩父は山の中 

今日もティッシュ箱がお友達><

m_emoji-1.gif


nice!(125)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

偶にはFFな蕎麦も悪くない 深谷の蕎麦 花園蕎麦 [埼玉の蕎麦]

花園ICを降りて秩父の方に向かって走ると右手にピンク色の建物が見えてきます
そこは花園フォレスト、スイーツのお店
その駐車場にいつの頃からか蕎麦屋さんができていました

s500_DSCN0484.jpg

ピンクのスイーツ屋さんの建物にまったく調和しない蕎麦屋の建物
ここまで不釣り合いだとそれはそれで見事
恐らく経営は一緒なのでしょうけれど
何故スイーツ屋さんが蕎麦屋をやろうなんて思ったのでしょうね
オーナーがスイーツと蕎麦が好きなのかな
何だか親しみが湧くなぁ^^;(あとはカレー屋さんもやってほしいなぁ)

s500_DSCN0485.jpg

この蕎麦屋さん、何故今まで行っていなかったかと言うとFF的な蕎麦屋さんだったから
讃岐うどん系の〇亀製麺所のお店のようなスタイルなのです

s500_DSCN0486.jpg

基本の蕎麦は”ざるそば”380円と”大根そば”480円
大盛りは180円増し
ベーシックなつけ汁はこの値段の中に含まれます

s500_DSCN0487.jpg

その他つけ汁は追加料金で

s500_DSCN0488.jpg

温かい蕎麦もありますが・・・扱いは小さい^^;

品書きを確認したら入店、まず”そば”か”大根そば”かを選べとばかりにこの二つの画像が飛び込んできます

s500_DSCN0489.jpg

大根そばが結構魅力的に思えますが・・・・

s500_DSCN0490.jpg

初めての店ではベーシックモデル、そう決めてはいますが・・・

s500_DSCN0491.jpg

トレイを取ってカウンターへ、見込み茹での蕎麦を眺めながら最後まで大根そばか普通のそばか迷います
最終決断は”そば、大盛り”、拘りは守られました^^

s500_DSCN0492.jpg

そしてお約束の天麩羅
こうやって並んでいると・・・・ついつい皿に乗せてしまいますね
また此処の天麩羅、大きくて美味しそうに並んでいたから^^
あああ、揚げ物を控えようと思っていたけれど罠にハマってしまったぁ~><

大好きな竹輪天とササミ天、それに舞茸天に歓喜
これに茹で卵天があったら自分の好物(天麩羅の)の全てが揃ったのですが残念ながら茹で卵がありませんでした
年末年始に食べ過ぎていますからここは控えめに天麩羅は二つで我慢
ササミ天130円と舞茸天100円を選びます

s500_DSCN0493.jpg

レジでお会計を済ませら薬味のコーナーへ
葱、ワカメ、大根おろし、山葵、それに海苔が並んでいます
葱と大根おろしを山盛り小皿に乗せて・・・・

s500_DSCN0494.jpg

お水ではありません、つけ汁のサーバー^^;

s500_DSCN0496.jpg

さて、どの席にしようかなぁ・・・

s500_DSCN0497.jpg

結構広いですが回転が良さそうなレイアウト^^

s500_DSCN0498.jpg

窓際の席に陣取っていただきま~す^^

s500_DSCN0499.jpg

蕎麦は細打ちですがエッジは甘い
表面に艶やかさは少なく、細かな星がいっぱいの蕎麦です

さっそく蕎麦のみで啜ってみます
香りは弱いですが星が多いだけに噛めば蕎麦の味がしっかり溢れます
コシもしっかりしていて噛み応えも意外と悪くない
CP的には良いかも^^

s500_DSCN0502.jpg

そして汁の味を確認
一口含んで・・・
うっ、甘い~><
メチャ甘で風味も何もあったものじゃない
全てが甘味の中に隠れてしまっています
正直言って全くダメ
でもこれは想定の範囲内、価格的にこんなものだろうと端から思っていましたから
こういう時は薬味です
薬味で味を調えれば何とかなるはず

s500_DSCN0501.jpg

汁の味を想定していたので薬味はこんな感じに盛ってきました^^;
大根おろし山盛り
大根の酸味(おろしてから時間が経っているのでしょう辛みは既に飛んでしまって感じません)で汁の甘さを中和する作戦です
この大根おろしは絞り過ぎ、もう一寸瑞々しい方がいいな

s500_DSCN0500.jpg

天麩羅は結構美味しかったです
タイミングが良かったのか揚げたて
大好きなササミ天と舞茸天にご飯も欲しい^^;

s500_DSCN0503.jpg

大根おろしを追加で取ってきて天麩羅の上に乗せて・・・・
自分はお店で揚げ物を食べると胸焼け起こすので、胸焼け防止の為に^^

汁がメチャ甘でしたがCP的には満足^^
偶にはFFな蕎麦も悪くない

 

花園蕎麦
048-501-2633
埼玉県深谷市小前田417-2
11:00~18:00(平日)
11:00~19:00(土日祝)

boeder-003.gif

食事の後はデザートタイム

s500_DSCN0504.jpg

薄焼き鯛焼きの”たい夢”を見かけたので寄ってみました

たい夢 花園インター店
048-584-5464
埼玉県深谷市荒川174

s500_DSCN0509.jpg

うちの近所の新横浜プリンスペペの中にもあるのだけれど・・・まぁいいか^^;

s500_DSCN0510.jpg

薄焼き鯛焼きは結構好き、パリパリした皮が良いですよね^^
尤も くりこ庵 の厚焼きのふんわかした皮も好きだけれど・・・←ようは甘い鯛焼きならOKなのか^^;

s500_DSCN0505.jpg

アップルカスタード(140円)を一匹と

s500_DSCN0506.jpg

ベーシックに小倉(120円)を一匹

s500_DSCN0511.jpg

まずはアップルカスタードから^^
食べるとパイ生地がぽろぽろ、粉糖がパラパラでズボンがぁ~(笑
温かなパイ生地と熱いカスタードが美味しい
某社のクロワッサン鯛焼きよりも好きだな
少なくても温かい分こっちの方がいい
(クロワッサン鯛焼きって冷えているのがどうしても鯛焼きな気分になれないし)

s500_DSCN0513.jpg

断面、どうです
美味しそうでしょ~
アツアツの甘~いカスタードにアツアツのリンゴの酸味
王道的組み合わせは最強です^^

s500_DSCN0514.jpg

ベーシックな小倉、鯛自身は小ぶりな大きさで姿のバランスはいい感じ

s500_DSCN0517.jpg

厚みのシンメトリーはちょっと良く無いかも

s500_DSCN0518.jpg

餡子は粒が潰れぺっとりした感じの餡
自分はもっと粒粒感の強い方がいいな
その方がほっこりした甘味を感じられるから
この餡子は甘味は控えめでさっぱりしています
10匹ぐらいは軽くいけそうな感じの甘さ
寒い冬はアツアツの餡子が美味しいですよね^^

boeder-001.gif

この三連休

仕事なのです><

シンガポールから帰国してから滅茶苦茶忙しい

まぁ仕事が忙しいのは結構なことだけれど

この忙しさ

お客さんの景気も確実にあがっているようだし

円安の効果なのかな

円高で物が売れなかった頃のあの暇さは

気分が重くて暗かったからね

忙しくてもハイテンションな気分になれる今の方が体は楽だな

m_emoji-1.gif

 


nice!(110)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

野趣ある蕎麦だけど・・・  深谷の九重 [埼玉の蕎麦]

熊谷に出張の日、今日のランチは蕎麦の気分
何度も前を通りつつも入ったことの無かった蕎麦屋さんに入ってみます。

s500_P2040003.jpg

手打ち蕎麦・うどん 九重

s500_P2040030.jpg

白暖簾の店は自分好みの味というジンクスがあるのですが、この色はどうでしょう^^

s500_P2040029.jpg

蕎麦は北海道産です。
”当店の蕎麦”ではなく”当店の蕎麦粉”と記してあります。自家製分ではない様子

s500_P2040004.jpg

店内は完全分煙
禁煙室には窓側にカウンター席と
壁側にはテーブル席
両方とも掘り炬燵方式で足が楽です^^

s500_P2040012.jpg

お茶は緑茶
これはいけません。
緑茶のタンニンは蕎麦の香りを殺してしまいますから。
蕎麦茶が無理ならせめてほうじ茶で欲しい

s500_P2040006.jpg

品書きを確認しましょう
もりが580円と結構リーズナブルです。

s500_P2040007.jpg

しかも種類が多い
サラダとは一体どんな蕎麦でしょう

s500_P2040009.jpg

温かな蕎麦もいっぱい種類があります。

s500_P2040010.jpg

マーボ蕎麦・・・・なんだかなぁーー;)

s500_P2040011.jpg

ご飯ものに至っては鰻重まである始末
品数と味は反比例する場合が多いですから心配になってきます。
注文はセオリー通り大盛りで

s500_P2040015.jpg

蕎麦が到着
そこには星をいっぱい咥えこんだ太く荒々しい蕎麦が
早速蕎麦のみで手繰ります。

s500_P2040016.jpg

太い蕎麦ですから勢いよく啜れません。
喉越しは悪く、一箸一箸口の中に送ってゆく感じ
これだけの太さと表面の粗さですから喉越しが悪いのはあたりまえ^^
噛むとコシをしっかり感じますが、歯には反力を感じず、弾力無く押し潰される感覚です。
噛み潰す最後の瞬間の切れの悪いこと
星の多い蕎麦特有の感覚です。

s500_P2040021.jpg

野趣溢れる表面
ですがエッジは甘くシャープさはありません。
ここが甘いと、啜って舌の上に乗った時に感じる食感が気持ち良く無いのです。

s500_P2040022.jpg

啜った時に立ち上がる蕎麦の香りはそれほど強くありません。
やはり自家製粉では無いようです。
それでもよく咀嚼すれば甘味はしっかり出てきます。

s500_P2040020.jpg

汁を確認しましょう。
少量口に含みます。
途端広がる甘味、薄いですがかなり甘さが強い汁
甘さが引くとダシの香りを感じますが、薄味で味の厚みも薄い感じ

s500_P2040017.jpg

蕎麦を汁に浸け啜ります。
太い蕎麦に薄い汁、半分浸けでも物足りません。
ついどっぷりと浸けてしまいます
全然粋じゃない・・・・ーー;)

s500_P2040025.jpg 

太く粗い蕎麦ですから薄い汁だと役不足
明らかにバランスが悪いです
この蕎麦に使うと冷かけの汁に良いのでは?ってくらい薄く感じます。
で・・・冷かけを作ってみました。
これが結構美味いじゃないか(笑)

s500_P2040019.jpg

薬味は葱と山葵
葱のカットは美しくありません
山葵に至っては・・・まぁ、値段を考えればこんなものでしょうね。

s500_P2040023.jpg

葱のカットは雑
潰れたものもありますし幅もマチマチ
薬味にはあまり気をつかっていない感じがします。

s500_P2040024.jpg

山葵の香りも良くありません
大体山葵の盛り方が美しくない
細かな事ですが大事な事

s500_P2040026.jpg

蕎麦湯、ごく普通の容器で

s500_P2040028.jpg

普通に茹湯、さっぱりとします。

 

九重 (ここのえ)
048-574-3939
埼玉県深谷市折之口400-5
11:00~14:00 & 17:00~20:00
定休日 火曜日

 


nice!(83)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

たどりつくのが大変な隠れ家的蕎麦屋 熊谷の蕎麦 日本そば 櫻井 [埼玉の蕎麦]

熊谷の仕事も終わり。
帰りがけに蕎麦を楽しむことにしました。
帰りがけなので多少のコース変更が可能ですので熊谷の街中に行ってみましょう。
今回のターゲットは”日本そば 櫻井”です。
事前調査で場所を確認してみますが・・・・なんと解り辛い場所だろう。
目印は特になく、道は細く、かなり入り組んでいます。
迷いそうですが・・・・ここはカンナビに期待するしかありません。

R17からk341にはいります。さぁ、ここからが問題
交番のある交差点をい抜けたら目印がありません。
細い道で網の目のようなった住宅地に入って彷徨います。
地図を思い出しながら現在地を予想。
交差点から離れた距離と方角を頭の中で組み立てつつ記憶の地図と照らし合わせて・・・・・・
でも迷います。迷ったら交差点に戻ってリスタート
三回目のトレース、記憶した道の形状と一致する場所を見つけました。
そしてついに電柱に”櫻井”の文字を発見

s500_P9270025.jpg 

それに従って進みますが・・・・・トラックやマイクロバスは入り込めないような道をクネクネ曲がりながら進みます。
それ以降看板は無く、本当に大丈夫か不安ですが・・・・一応一本道、迷ってないはずです。
そして、ついに袋小路。
その少し手前に白い暖簾を発見しました。
駐車場は袋小路の突き当りでした。

s500_P9270004.jpg

普通の住宅の表札のような気がするのは気のせいでしょうか・・・・^^;

s500_P9270024.jpg

中に入ると左側に座敷の客室があるようです。
畳張りの廊下が優しげな雰囲気を醸し出しています。
ですが自分は一番目の客でおひとり様ですから右側の特別室に案内されました。

s500_P9270006.jpg

ここ、リビングダイニング・・・・・ですよね。^^
自宅を利用しての営業のようです。

う~ん、座敷のほうが良いなぁ
ダイニングを利用した場所だと如何にも個人宅っていう感じです。よその家に来たみたいで落ち着きません。
そして、ダイニング&リビングに案内された地点で少し失望も。
実は今まで食べ歩いた蕎麦屋で、個人宅改造の店は多々ありました。
そのなかでダイニングに案内されて食べた店に良い印象はありません。
蕎麦は悪くなくても汁がイマイチなのです。
やたら甘かったり、辛口でもトゲトゲした汁で蕎麦を楽しむことができませんでした。
ここはどうかなぁ・・・・・かなり心配ーー;)

s500_P9270023.jpg

お茶は温かな蕎麦茶
濃さも丁度良く良い香りです
器が秋、これは・・・・・この細やかさ、ひょっとしたら期待できるかも。^^
なら尚更座敷が良かったなぁ・・・

s500_P9270007.jpg

品書きを確認します
お昼のセットメニューと通常メニューをパラで撮影

s500_P9270008.jpg

セットは鉢ものと甘味、そしてコーヒーが付きます。
せいろが750円でおかわりが530円、価格的に期待が持てます。

s500_P9270009.jpg

どれにするか迷いますが・・・・

s500_P9270010.jpg

やはりせいろです。

s500_P9270011.jpg

しかも重ね(セイロが二枚)を見つけましたのでこれにしましょう。

s500_P9270012.jpg

まず汁と薬味が来ます。
そうそう、おしぼりが良いですねー
ちゃんとしたおしぼりは嬉しいです。
紙じゃどんなに良い雰囲気の店でも興醒めですからね。

s500_P9270016.jpg

蕎麦の到着
エッジのしっかりした綺麗な表面の蕎麦です。
断面はスクエア、好みかな。^^
太さは細くなく、やや太さを感じさせるしっかりした蕎麦。
早速そばのみで啜ってみます。
しっかりした太さの蕎麦は存在感があります。
唇に重さを感じさせながら表面を心地よく滑る蕎麦。
ただ、季節柄香りは弱いですね。
これは仕方ありません。
しかし、しっかり噛めば蕎麦の香りと甘みが溢れて嬉しくなります。
噛み応えはしっかりしています。
噛み切った時の跳ね返るような弾力は無く、そのまま潰れる感じ。
でも噛み潰したときに感じるのはしっかりした抵抗感。
べちゃっと頼りなく潰れる事はなく、食感は心地いいです。

s500_P9270013.jpg

汁を確かめてみましょう
少量口に含んで舌の上で転がします。
スーッと綺麗な汁で雑味がありません。
甘さが残らず後口が爽やかです。
無論、トゲトゲした感じは皆無で、かといって円やかさが出ている訳でもありません。
輪郭は・・・形はあるように感じるのですがシャープなのか柔らかなのか判断つきません。
ニュートラル・・・
ニュートラルなので形が消えてしまっているのです。ただ感じだけ・・・
存在感はあるのですが、空気のように自然な感じ。
ダシの香り、酸味、甘味、塩気・・・・特徴を見つけようとしますが、どの味もでしゃばっていません。
其々が強く自己主張していないので旨味だけを感じます。
予想に反して見事な汁、思わず唸ります。

s500_P9270017.jpg

蕎麦を汁に浸けて食べてみます。
一番美味しく感じたのは蕎麦の半分を浸けたとき。
少ないと蕎麦の甘みを引き出せず、多すぎると蕎麦の香りが沈みます。
半分ぐらいの位置まで浸した時が一番蕎麦の甘みを引き出していました。

s500_P9270014.jpg

薬味は葱と山葵のみ
山葵は香りと瑞々しさのバランスが丁度良い感じ。
箸先に付けて食べると良い感じに味覚がリフレッシュされます。
葱はやや太め

s500_P9270015.jpg

何故かもう一皿薬味が。
重ねだからでしょうか。
単純に一枚の器で量を多くするのではなく二枚で出してくるののですね。
しかもわざわざ器を変えるなんざ芸が細かいです。
同じ器が二枚だと見た目締まらないですから。

s500_P9270018.jpg

二枚目に突入です。
太さがありますからしっかり噛みます。
啜れば啜るほど、新蕎麦で味わいたいという思いが・・・・・
新蕎麦に切り替わったらまた来たいです。

s500_P9270022.jpg

蕎麦湯の器も良い感じ

s500_P9270021.jpg

蕎麦湯は普通に茹で湯
さっぱりとした湯です。


日本そば 櫻井
048-527-6650
埼玉県熊谷市円光1-3-47
11:00~15:00 & 17:00~20:30
定休日 水曜日

************************************** 

この土曜日は鎌倉、下の娘と北鎌倉から瑞泉寺まで歩いて彼岸花を楽しむ予定です。
秋を楽しみたいですね。
そうそう、日曜日はお月見ですね。お月見と言う事は・・・・
和菓子作りを楽しみましょう。^^

 

 


nice!(76)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

飲んだ時は喉越し重視 居酒屋の蕎麦 和味処 えん & 昭和的鯛焼き屋さん ねぎし [埼玉の蕎麦]

三連休ですが、出張中に行った、かき氷連戦の間に挟んだ蕎麦と甘味のことを。

******************************

ens500_P7020391.JPG

今回の出張は秩父
夕飯を何処にしようかと彷徨います。
駅前に蕎麦屋さんを見つけましたが、居酒屋も兼ねているようなので止めておきます。
居酒屋タイムだと煙草の煙に不快な思いをしますから。

ngs500_P7020392.JPG

街を彷徨います。
引き寄せられたところは何故か鯛焼き屋さん。
気になったら最後、食べないと落ち着きませんから今日の夕飯は鯛焼きに決定です。

ngs500_P7020395.JPG

昭和の香りのする昔からある鯛焼き屋さん
学校の帰りに買い食いするような店
とても懐かしい雰囲気

ngs500_P7020397.JPG

う~ん、餡子が少ない?
皮は厚焼きのようです。
でも・・・片側の生地が少ないようですが・・・・
買ったのは作り置きしてあったもの。
どうやら規定数があって、売れた数だけ追加で焼いているようです。
つまり、自分の前のお客さんは三個買ったわけですね。^^
蒸し暑い季節ですから鯛焼きは売れないのでしょうか。

ngs500_P7020401.JPG

1匹110円とお値打ち価格、これを5匹買いました。
公園でちょっと確認しましょう。
鯛焼きって公園で食べると美味しいです。
○○年前の学校帰りの買い食いを思い出しますね。(笑)

鯛の形は今一つ。
形に躍動感は無いですし、顔も無表情。

ngs500_P7020399.JPG

外観チェック・・・歪です^^;
片身と片身の合わせ位置が合っていないように見えます。
いや、それ以前に長さが違う???

ngs500_P7020402.JPG

片身、それぞれの厚みが違いすぎ。
こんなに美しくない鯛焼きは初めて。

ngs500_P7020405.JPG

餡子の位置もオフセット^^
餡子は甘~く、甘、甘な昔の味。
ある意味懐かしい味の餡子です。
最近では見かけない甘い餡子でした。

ngs500_P7020408.JPG

HOTELの部屋で景色を楽しみながら夕食です。
削り取られた山肌がワイルド、そんなワイルドな雰囲気の中で・・・・

ngs500_P7020410.JPG

鯛焼きです^^

ngs500_P7020413.JPG

どの鯛もシンメトリックという言葉とは無縁な形状。
何故こんなふうに焼くのでしょうね。

ngs500_P7020415.JPG

と、文句を言いながら食べていたら最後の一匹が実に申し訳なさそうでした(笑)

ens500_P7030418.JPG

翌日の昼御飯。
時間的に客先から遠い場所に行けませんので近場で。
昨日夕方に見つけた居酒屋兼蕎麦屋に行ってみる事に。

蕎麦処 えん

ens500_P7030424.JPG

当然、中はしっかり居酒屋
蕎麦で一杯というのも良いかな。

ens500_P7030421.JPG

ランチメニュー

ens500_P7030422.JPG

蕎麦類
セイロ650円ですね。大盛りで+200円。
地元の蕎麦粉を土地の名水で打つ、居酒屋の蕎麦ですが期待できそうです。

ens500_P7030423.JPG

地酒はこんな感じ
秩父の粉を秩父の水で打った蕎麦、それに秩父の地酒を合わせるのも乙なものかも。

ens500_P7030426.JPG

大盛りセイロ、850円です。

ens500_P7030429.JPG

栃尾揚げ?でしょうか、納豆が挟んであって美味しいです。
まさに酒の肴ですね。

ens500_P7030430.JPG

透明感ある蕎麦で星が目立ちます。
表面の艶やか加減がある種の不安を感じさせます。
実は、こういった表面の蕎麦は自分と相性があまり良くありません。

ですが、食べないと判りません。
蕎麦のみで手繰ってみます。
唇に心地よい振動を与えながら蕎麦は口のなかに飛び込みます。
艶やかな表面にふさわしいスムーズな滑りで、当然喉越しは良い感じ。
ですが・・・・蕎麦の香りが立ち上がってきません。
咀嚼してみます。
噛み切った時のプツっとした歯触りは顎に心地いですが、咀嚼を重ねても感じる香り甘味は少ない感じ。
喉越し優先の蕎麦、これは飲んだ後の〆の蕎麦として食べると喉に心地いいでしょうね。
しかし・・・自分の求めている蕎麦とは方向性は異なりました。

ens500_P7030428.JPG

汁を確認してみます。
やや薄めの汁で甘味が強めです。
しかし、ぽってりする程甘くは無くホッとする優しさ。

ens500_P7030434.JPG

蕎麦を汁に浸けて啜ります。
ダシの香りは仄かで、この蕎麦との相性は良い感じです。
結局、どっぷり汁に浸けて啜る感じになりました。

ens500_P7030437.JPG

薬味は葱に山葵
葱は瑞々しさを感じません。
山葵もボソボソ感が強く、馴染めませんでした。

ens500_P7030435.JPG

何故でしょうね、こんな感じの表面の蕎麦は自分と相性が悪いのです。

ens500_P7030441.JPG

喉越しは良いですが、水っぽい感じがして味が良く感じられませんでした。

ens500_P7030443.JPG

蕎麦湯、いたって普通でサッパリした蕎麦湯でした。

自分の好みとは正反対の方向にある蕎麦でした。
蕎麦は強く自己主張する事はありません。
喉越しは良く、飲んだ後に食す蕎麦としては適切な感じですね。


秩父そば えん (そばと地酒の和味処)
0494-22-2818
埼玉県秩父市熊木町10-13

[ [月~水、土・日・祝]                         
 昼の部  11:00~14:00       
 夜の部  17:00~22:00閉店(ラストオーダー21:30)

[金]
 夜の部  17:00~22:00閉店(ラストオーダー21:30)

定休日 木曜日、金曜昼の部

 

*******************************

s500_P7140605.jpg

三連休初日はウチの用事を細々と
コストコに買い物。
一人で行くのは良いですねぇ、奥さんと一緒だと時間がかかっていけません。
ここ、朝何時からあいているのでしょう。
10時開店と書いてありますが、9時前には店には入れます。
9時なら道も店も空いていますから時間を無駄にしないで済みます。 

s500_P7140607.jpg

コストコに行くとお約束。
買い物が終わった後はフードコートでパフェ。
350円でこの大きさ、ついつい毎回買ってしまいます。

s500_P7140619.jpg

土曜日の夕方、修学旅行から戻る下の娘を小机駅に迎えに行きます。
修学旅行用チャーター列車で戻るそう。
東神奈川方向を眺めながら列車を待ちます。

s500_P7140620.jpg

なっ、なんと、八王子方向から走ってきました。
撮れなかった・・・・><

s500_P7140623.jpg

せめて停車中のを
こんなタイプ、まだ走っているのですねぇ

s500_P7140624.jpg

皆、お土産で満杯になったリュックを背負っていました。
お土産、何を買ってきてくれたかなぁ

s500_P7140635.jpg
あまりの暑さに、小机の駅前にある鯛焼き屋さんで・・・・・

s500_P7140626.jpg

かき氷を食べてから帰る事にしました。

s500_P7140629.jpg

下の娘は抹茶。
抹茶は点てた抹茶のようでダマが少々混ざっていました。
氷のキメや量はアサミとは比べ物になりませんが、そもそも比べるのが間違いですよね。
値段も半分ですし^^

s500_P7140630.jpg

自分は宇治金時、練乳+ソフトクリーム。
ようは宇治系全部乗せ^^
好きなんです。

s500_P7140633.jpg

これはこれで美味しいです。

下の娘のお父さんへのお土産は、湯波(湯葉でなく湯波。日光は湯波と書くそう)
それと羊羹でした。
お父さんの好みを良く理解しているなぁ(笑)

*******************************

 

s500_コピー ~ P7150696.jpg

日曜日は久々にバイクで温泉ライダーに変身。
温泉は信州上諏訪の片倉館。
温泉には見えない外観。
なかなか渋い建物でした。

s500_コピー ~ P7150710.jpg

詳細は次記事、”温泉ライダーが行く。 奥さんの祟りか、雨に祟られる 八ヶ岳山麓から上諏訪温泉 片倉館”で

 


nice!(71)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久々に蕎麦を楽しむ 寄居の蕎麦 石臼挽き自家製粉 手打ち蕎麦 小兵衛 [埼玉の蕎麦]

s500_P4130695.JPG

金曜日、急に出張が入りました。
行き先は花園。ようやく美味しい蕎麦が食べられそうです。今年に入ってから、いろいろな理由が重なって蕎麦度が下がってきていましたから嬉しいですね。
秩父から熊谷のR140沿いには美味しい蕎麦屋さんがたくさん。
折角ですから新規開拓を目指します。

s500_P4130661.JPG

ちょっと時間に余裕がありましたのでR140からK82に外れて彷徨います。
蕎麦屋の新規開拓もさることながら、季節がら桜並木や山桜を楽しみたいのです。
長瀞あたりの桜は壮観でしょうね、楽しみです。

s500_P4130663.JPG

長瀞から秩父にはお寺がたくさんあります。
それぞれに立派な桜が境内に。
春の季節に秩父に出張があると凄く嬉しいですが、今年は秩父のお客さんから話がありません><
まぁ花園のお客さんのところに来ましたから、長瀞までは行けそうです。

s500_P4130664.JPG

長瀞付近を走っていましたら素敵な枝垂れ桜で包まれたお寺がありました。
桜と神社仏閣はとても似合いますね。
染井吉野は神社のほうが似合いますし、枝垂れは寺の雰囲気に似合っていると思います。
枝垂れとお寺をモノクロで見るのも素敵です。
色があるよりモノクロの方が表情が豊かな感じが。
余計な色が消され、足らない色は見るものが付け足し描くのでしょうね。

s500_P4130665.JPG

お寺の桜を撮るのも一苦労。
良い構図にすると墓が写ってしまいます。
あまり映したくないですからカメラは常に空を向いています(笑)
映るべきでないものが写っていたら厭ですから。

s500_P4130669.JPG

仕事で来ていますから、カメラはコンパクト。
でも最近のコンパクトは良くできていますね。
でも機能設定が多すぎてイライラしてしまう程。

s500_P4130670.JPG

桜、それを見つめていると大自然の霊気を感じ、そのエネルギーが自分の中に満ちてくる感じがします。
開花の日から心が浮かれ出てしまって落ち着かなくなっている自分がそこに。

s500_P4130671.JPG

まるで桜花に魅了されてしまった心が身から彷徨い出てしまっているようです。

s500_P4130672.JPG

ここは名所だったようで、地元TVの取材も来ていました。

s500_P4130673.JPG

都市部や住宅地の公園で見る桜も綺麗ですが、山中で見る桜は力強さを感じます。

s500_P4130674.JPG

自分は山の近くで育ちました。ここの桜は子供の頃に見ていた桜の雰囲気そのまま、懐かしさで心が締め付けられるよう。

s500_P4130675.JPG

う~ん、やはりモノクロの方が色彩が豊かに思えます。
余計な色が無い方が目が惑わされないのでしょうね。

s500_P4130676.JPG

このお寺です。

s500_P4130677.JPG

モノクロにハマってしまいそう(笑)
カメラを始めた35年前はモノクロばかりでした。
ネオパンSSやトライXで撮っていた頃が懐かしいです。

s500_P4130678.JPG

35年間撮り続けていた訳ではなく15歳から22歳までの7年間のみの活動でした。
就職したら忙しくて余裕が無くなってしまって(笑)
で、復活したのが娘が生まれてから。
ああ、いけません。今日は蕎麦の記事の日でした(笑)写真の事はこれくらいにしておきましょう。

s500_P4130685.JPG

長瀞の桜並木を楽しみながら蕎麦屋さんに向かいます。
今日の蕎麦屋さんは新規開拓の蕎麦で、看板は見つれていましたが今まで入れずにいたお店。

s500_P4130695.JPG

石臼挽き自家製粉の文字に魅かれました。

.

s500_P4130697.JPG

店内はテーブル席が3卓と座敷に4卓。大きすぎず小さすぎず、良い感じです。

.

s500_P4130698.JPG

品書きを確認します。盛りが700円と頃あいな価格。大盛りは200円増し。

.

s500_P4130699.JPG

そばがきぜんざいもそそられますね。頼んだのは盛りの大盛り(900円)です。

.

s500_P4130700.JPG

お茶はほうじ茶。

.

s500_P4130701.JPG

蕎麦が到着。小鉢にはホウレンソウの煮たものが。

.

s500_P4130705.JPG

蕎麦はスクエアで良い感じ。エッジもしっかりしていて、なかなか良さそうです。
さっそく手繰ってみます。
手繰った瞬間、蕎麦が唇を滑る感覚に体が喜びます。
体中がスッキリするような感覚。
爽やかな風が体を吹き抜けるような気分。
あぁ、蕎麦はいいなぁ。
心底そう思いました。

香りが特別高い訳ではありません。
むしろ立ち方は弱く、良く噛んで香りと甘みが出るタイプ。
噛み応えもコシはありますが、プツっとした顎が喜ぶ感覚は無く、ぼそっとした感じが若干残ります。
でもこれはこれで美味しいです。
700円の蕎麦としては標準的な感じでした。

s500_P4130702.JPG

薬味は葱と山葵。
山葵はちょっと瑞々しさが不足気味で、おろし方もやや粗めでした。
葱は綺麗な葱です。

s500_P4130711.JPG

葱のアップ。
空中切りでしょうか。

.

s500_P4130703.JPG

汁を確認します。少量口に含むと、ダシの良い香りが口の中に広がります。
ですが甘味がちょっと口に残る感じ。
酸味や塩は強くなく、柔らかな汁です。
シャープさはありませんが、野暮ったいほどの甘さではありません。
味の厚みは、やや薄めのさっぱりタイプ。
味自身は甘さ以外は薄めでした。

.

s500_P4130708.JPG

蕎麦を汁に浸けて啜ります。
蕎麦の甘味と香りを一番引き出す浸け方は8割浸け。
半分浸けぎらいだと甘みは出ませんでした。
やはり汁は薄めなのでしょうね。

蕎麦は落ち着きますね。
食べていて幸せな気分に。
食べ終わった後も体が重くならないのが良いですね。

.

s500_P4130704.JPG

良い味でした。

.

s500_P4130706.JPG

蕎麦湯は蕎麦と一緒のタイミングで来るのが残念。
ややドロッとした感じで、結構美味しい蕎麦湯でした。
汁が少なめでしたので蕎麦湯で汁を割るのは一度のみしかできません。
.

s500_P4130712.JPG

残りの蕎麦湯は蕎麦湯のみで楽しみます。

.

s500_P4130713.JPG

仕事を片づけ、オフィスに戻りますが、花園で関越に乗ったらお約束の嵐山PAです。

.

s500_P4130714.JPG

そう、ブラックソフト。
これを忘れてはいけません。

.

s500_P4130716.JPG

ブラックソフト(350円)はエスプレッソの苦~い大人のソフト。甘味はほとんどありません。

.

s500_P4130717.JPG

良い色ですね。でも相変わらず美味しそうには見えません。

.

s500_P4130719.JPG

PAの桜をバックにブラックソフトを食べます。どっしりした苦味が舌を刺激します。この苦味が癖になります(笑)

.

.

石臼挽き自家製粉 手打ち蕎麦 小兵衛
048-586-0100
埼玉県大里郡寄居町桜沢716
11:30~14:00 & 17:00~21:30
定休日 日曜日

 


nice!(64)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

念願の蕎麦チーズケーキと香り高い蕎麦 深谷の蕎麦 石臼挽き十割蕎麦 遊歩 [埼玉の蕎麦]

s500-P2280450.jpg

熊谷・深谷にはお気に入りの蕎麦屋が二件。
この地区に仕事に行った時はどちらの店に行くか何時も迷います。
一軒は熊谷にある藍、もう一軒は深谷の遊歩。

藍への前回訪問時の記事は→ここ

s500-P2280429.jpg

どちらも蕎麦の香りや汁のバランスが素晴らしいです。
強いて言えば、蕎麦の香りは遊歩の方が良い感じで、汁のすっきり感は藍の方が好み。
喉越しは極細打ちの藍、噛み応えはしっかりしたエッジのある遊歩。
ね、悩むでしょ。

s500-P2280431.jpg

今回は遊歩の方に。
一杯目のブログの最終記事を飾って以来、ご無沙汰。
随分間があいてしまいました。

s500-P2280432.jpg

店内の大きさは机が四卓と窓辺のカウンター、落ち着く規模です。

s500-P2280433.jpg

ここの蕎麦の香りは大好きです。
八ヶ岳山麓の蕎麦だそうですが、自分はこれと相性が良いようで、他店で美味しいと思う蕎麦の多くが八ヶ岳山麓産なのです。

s500-P2280434.jpg

そして今回楽しみにしているのがこれ、蕎麦チーズケーキ。
前回訪問時に頼みましたが、その日に限って用意が無かったのです。
ですから今日はリベンジ。

s500-P2280435.jpg

お茶は濃い目の蕎麦茶。香ばしさが嬉しですね。

s500-P2280436.jpg

証明も明るすぎず暗すぎず、良い感じです。
暗い店はあまり好きではありません。
明るいところで食事がしたい性分なので。

s500-P2280437.jpg

今回はセイロの大盛り。
さっそく手繰ります。
啜った瞬間から溢れ立ち上がる蕎麦の香り、思わず香りをより立たせようと思いっきり力を込めて啜って、大きな音を店内に響かせました。
やはり蕎麦はこうでなくっちゃいけません。
大きな音を立てて啜るのは美味しいから。作り手に美味しいよって伝えているのです。
・・・と勝手に思っています。(笑)

s500-P2280443.jpg 

汁も蕎麦にまけてはいません。
しっかり存在感のある汁で、それぞれが過度に主張せず、バランス的にもちょうどいい感じなのです。
スッキリ感は藍の方がありますが、あちらの蕎麦は極細。
遊歩の蕎麦は細い方ではありませんから、これくらい強い方が良いのです。
極太の田舎蕎麦にも負けない汁なのです。

s500-P2280439.jpg

以前も書きましたが、喉の奥に送りこむのが勿体ないと思うほどの香りと甘味、これは一体何が違うのでしょう。産地?打ち方?おそらくその両方。

前回訪問時の記事は→ここ

蕎麦を汁に浸すのは1/2ぐらいが一番蕎麦の甘味を引き出してくれます。
蕎麦を食べながら思わず笑顔。 

s500-P2280442.jpg

エッジもしっかりしていて、断面もスクエアに近いので噛み応えも心地いいです。
前歯で噛み切る時のプツっと返ってくる感触、奥歯で噛みしめるときの適度な弾力をもった潰れ具合、歯茎が、顎が喜びます。

あ~、蕎麦っていいなぁ・・・凄く嬉しい気分。
食べながらそんな風に感じられる蕎麦は滅多にありません。

s500-P2280438.jpg

薬味には辛味大根に山葵、そして綺麗にされされた葱。
そうそう、たーさんのブログにありましたが、蕎麦の葱ってマナ板の上で切らないそうです。葱を手に持ち、空中でカットしてゆくそう。
なんでも、マナ板の上で切ると包丁が葱を押し込んで、葱の繊維が潰れてしまい、そこから刺激性の強い物質が出るとか。
その刺激が汁の味、香りを台無しにしてしまうのでマナ板を使わないらしいです。

自分が汁に葱を入れないのは汁の味が大きく変わってしまうから。
ひょっとしたら過去に食べた蕎麦はマナ板の上で切った葱が使われていて、その味が強く記憶に残っていたのでしょうか。

たーさんのブログ エンジニアによる手打ち蕎麦研究所の”薬味のねぎの切り方”の記事は→ここ

s500-P2280445.jpg

蕎麦湯はさっぱりと。
ドロッとではなく、サラサラ過ぎることもなく。
飲みやすい蕎麦湯です。

s500-P2280446.jpg

***** 過去の遊歩に関する記事のSC *****

田舎蕎麦(極太)

粗挽き

蕎麦ジェラード

**************************


さて、本日の目的はこれ。
蕎麦チーズケーキです。

s500-P2280448.jpg

前回は用意がなく涙を飲んだ品。
ようやくご対面。
チーズケーキの上には蕎麦の身がぎっしり。
とても香ばしそうです。

s500-P2280449.jpg

ベースのチーズケーキはニューヨークタイプ。
柔らかでしっとり。
口に中に入れるとチーズのコクと甘味、そのうえにしっかりと蕎麦の香りを感じます。
溶けるようなチーズケーキ生地にプチプチ感たっぷりの蕎麦の実の食感がいい感じのアクセント。
この香り、蕎麦の実だけじゃないですね・・・・。
チーズケーキ生地の下側のスポンジを剥がして食べると、素朴な食感とともに蕎麦のいい香りが。蕎麦で作った生地ですね。

ふ~ん、なるほど・・・・なんか自分の中で虫が騒ぎだしました。

蕎麦粉でスポンジを焼くと、パサ付いた素朴な口触りになります。
ですから自分で焼くときは2/8(この場合蕎麦が2)。
パンケーキにする時でも1:1の割合で薄力粉とブレンドします。
チーズケーキを上に乗せるならパサ付いた生地でも問題ないですね。
蕎麦粉100%でスポンジを作るのは無茶な気もしますから2/8(この場合蕎麦が8)で焼いてチーズケーキ生地を乗せるのも良いかもしれません。
作りたいものリストに項目がまた一つ増えました。(笑)

そば遊歩
埼玉県深谷市国済寺493-1 

Tel : 048-575-2827

昼の部:午前11時30分~午後3時30分(売り切れ仕舞いの場合あり)

夜の部:午後5時30分~午後7時30分(都合により休止、売り切れ仕舞いの場合あり)

定休日 毎週木曜日・第2第3水曜日                           

店のこだわり

品書き

 

 


nice!(63)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

隠れ家的蕎麦 秩父の蕎麦 蕎麦工房 そば福 [埼玉の蕎麦]

s500-IMGP2090.jpg
先日、秩父へバイクで行った時に見つけた隠れ家的蕎麦屋

s500-IMGP2110.jpg
R140からK37に入り、このまま進んで良いのか?と思ってしまうような隊道を過ぎて・・・

s500-IMGP2109.jpg
不安になるような細い道を進むと集落が。
ここに蕎麦屋の看板を見つけました。
それが そば工房 そば福

通りには面して無く、案内に従って奥に入ると・・・小さな蕎麦屋が現れます。

s500-IMGP2091.jpg
五匹の招き猫に招かれながら中に入ります。
嬉しい事に店内禁煙、埼玉県内は禁煙の店が多いですね。

s500-IMGP2092.jpg
店内は狭く、4卓のみ。
まさに隠れ家的規模。
隠れ家的店の発見は嬉しい気持ちになれます。

s500-IMGP2093.jpg
店内、店外には写真がいっぱい飾ってあります。
きっとご主人の趣味なのでしょうね。

s500-IMGP2094.jpg
品書きを確認しよう。
・・・・
ザルで決まりです。大盛りは210円増しだそう。
海苔の有無を聞くと乗っているとのこと。
海苔は外してもらいました。
海苔は香りや味が強く、蕎麦の香りを隠してしまいます。
海苔は確かに美味しいですが、海苔を味わいに来たのではありません。
あくまで蕎麦の香りと味を楽しみたいのです。

s500-IMGP2095.jpg
実に無味な品書きです、品書きといい、海苔がデフォルトで乗る事といい、正直言って期待値は下がりました。

s500-IMGP2096.jpg
お茶は・・・蕎麦茶ではありません。
そば工房を名乗るならば、お茶や品書きなど小さな事にも拘って欲しいですね。

s500-IMGP2107.jpg
室内はTVが無ければ良い雰囲気なんですが・・・・残念です。
何故TVが必要なのでしょうか・・・。
折角の隠れ家発見に喜んでいましたが気分を殺がれます。
(TVは気分を日常に引き戻してしまいますから隠れ家には不適格なのです)
尤も普通のお客さんは蕎麦屋に隠れ家的要素を求めたりしませんが。(笑)

s500-IMGP2097.jpg
蕎麦が運ばれてきました。
デフォルトで海苔が乗っていると聞いたとき、失望し期待していませんでしたが、なかなか良さそうな蕎麦です。
細打ちで透明感があり、喉越しと噛み応えが良さそうな事は見ただけで判ります。
ただ・・・蕎麦の幅が揃っていません。きしめん率(*)も2以上はありそう。

良さげな蕎麦ですが・・・実はこんな感じの蕎麦とは相性が悪いのです。
艶やかで透明感があって、きしめん率が高く、星が多い蕎麦。
このような感じの蕎麦で香りや甘味を満足した事がないのです。
また、きしめん率の高い蕎麦は水切りが悪い場合も多く、水っぽいと美味しく感じません。
さて、この蕎麦はどうか?蕎麦のみで啜ると・・・

s500-IMGP2100.jpg
やはり啜った時に香りは感じません。
しかし喉越しが良く、蕎麦の方から飛び込んでくる感じです。
噛み切った時に顎に伝わる感触もしっかりしていてコシも十分。
水切りもしっかりしてあるので味に水っぽさはありません。
が・・・香り甘味共に大人しい。
つまり、予想通り噛みしめて食べる蕎麦ではなく、喉で食べる蕎麦でした。

s500-IMGP2102.jpg
汁の味を確認してみましょう。
汁を口に含むと・・・・薄いですが美味しい。
そのまま飲んでいける程の薄さです。
薄くはありますが旨味はしっかりしていてコクが足らないとも思いません。
ダシの香りは強すぎずほのかに香ります。薄い汁ですからこれ位の香りで丁度いいのでしょう。
甘味や酸味が出しゃばる事無く控えめ、薄いながらも良いバランスです。
そば工房を名のるだけの事はあります。

s500-IMGP2103.jpg
蕎麦を汁に浸けて啜ります。
汁に浸けて啜った瞬間、ダシの旨味が広がります。が、残念ながら蕎麦の甘味が出てきません。
汁が薄いので蕎麦をどっぷり浸けて啜るのが一番美味しい食べ方でした。
汁をどっぷり浸けて喉で食べてゆきます。
大人しい蕎麦に薄めの汁、上手くバランスが取れています。
啜る音も気持ちの良い程、蕎麦の方から飛び込んで来る感じの蕎麦。

s500-IMGP2101.jpg
薬味は葱と山葵。
残念ながら山葵は香りがありませんでした。ただ辛いのみ。
値段や店の規模を考えれば山葵に贅沢は言えません。

s500-IMGP2104.jpg
一寸きしめん率が高いようです。2〜3位でしょうか。
厚みがある程度あるので噛み応えが良く感じるのでしょう。
薄かったら噛み切る時に歯先から顎に感じる感触も小さくなってしまいます。
それに奥歯で噛みしめる時も潰す食感が楽しめません。

s500-IMGP2105.jpg
蕎麦湯は茹で湯そのまま。さっぱりした湯です。

埼玉県秩父市荒川贄川1311
☎0494-54-1473 
【定休日】月曜日・第三日曜日
 
【営業時間】11:30  ~   15:00

*文中の”きしめん率”は蕎麦打ちを研究されているたーさんが提唱する蕎麦断面縦横比率の評価単位です。1を理想とします。









nice!(55)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久々に蕎麦を楽しむ 熊谷の蕎麦 十割石臼挽き蕎麦 藍(再訪) [埼玉の蕎麦]

このところ蕎麦を食べていない・・・8月9日以降蕎麦を食べずに過ごしていました。お盆で仕事が薄く、出張が無かった事や、自分の夏休みもあって蕎麦から遠ざかっていたのです。

さぁ、今回は埼玉の熊谷に出張、蕎麦探求道の復活だ。この近辺の蕎麦屋は探求が進んで新規開拓の余地が少ない。事前調査が必要なのですが、実は今回の出張は急に決まった事なので準備する時間はありませんでした。

では、何処に行くか。久々の蕎麦だからハズレは引きたくない。確実に美味しい蕎麦が良いから既に知っている店から選ぼう。この界隈だと自分は”遊歩”か”藍”がお気に入り。最近、”遊歩”ばかり行っているから、今回は”藍”に行こう。前回行った時はデジカメ導入前だったので写真は携帯のもの。サイズが小さかったので撮り直したかったのもあるし。

藍のHPは→ここ

そば遊歩のHPは→ここ

 

s500-IMGP1865.jpg

花園インターを降りたらR407をひたすら太田の方向に走り、R17を超えて三つ目の信号を右折。この店はR407から見えますが道沿いには無いので気付きにくいです。

s500-IMGP1867.jpg

定休日を覚えていなくて心配でしたが・・・良かった今日は水曜日。

s500-IMGP1868.jpg

11時半、暖簾がかかります。

s500-IMGP1869.jpg

暖簾をくぐって店に入ると・・・エントランスがあって再び扉。変わった作りですが・・・席を待っているお客さんも室内に居られるという気遣いかな。ここは岐阜の多治見と日本一の暑さを競っている街、埼玉の熊谷(何も競いたくて競っている訳ではないとは思うが・・・)。外で待っていたら熱中症で倒れてしまいます。

s500-IMGP1896.jpg 

何にしても嬉しいのは完全禁煙。

s500-IMGP1870.jpg

店内はテーブル席4卓と座敷には3卓。大きさも手ごろで雰囲気も良い感じ。

s500-IMGP1878.jpg

お茶が蕎麦茶でないのが残念。熱いほうじ茶を啜りながら品書きを確認。ここの特徴は2色蕎麦。普通2色といえば”細打ちと太打ち”とか”細打ちと変わり蕎麦””細打ちと更科”等々蕎麦の種類が異なるものを一緒に盛りますが、ここは産地の違う細打ちの蕎麦を盛っています。産地の違いによる味の違いが楽しめます。

s500-IMGP1872.jpg

品書き・・・

s500-IMGP1871.jpg

これです。この2種せいろがお目当て。

s500-IMGP1873.jpg

s500-IMGP1874.jpg

s500-IMGP1875.jpg

s500-IMGP1876.jpg

本日の蕎麦の産地は・・・

s500-IMGP1877.jpg 

大分と徳島だそうです。前回訪問した時は”福井”と”北海道”の蕎麦でした。来るたびに違うのも楽しくて良いかも。蕎麦の甘味は・・・今日の甘味は蕎麦茶のミルクプリン。ちょっと趣味ではありませんのでパスしておきます。

s500-IMGP1879.jpg

まずは大分産の蕎麦から。

s500-IMGP1884.jpg

おっと、その前にMY箸に交換しましょう。箸袋に注目!(std55さんに作って頂きました。何時も有り難うございます。)和紙で作ると良い感じになると思いますが、持ち運びを考えて普通の紙に印刷して作ってみました。

早速蕎麦を啜ります。啜った瞬間から蕎麦の香りが口いっぱいに広がります。夏の蕎麦で香り高い蕎麦、良い仕事されていますね。咀嚼するとおく奥歯から溢れ出る蕎麦の良い甘味に頬が緩みます。

やっぱり蕎麦は良いな~

蕎麦の美味しさを再認識しながら香りを楽しみます。この蕎麦、噛み切る時の食感はポソッとした感覚。弾力をあまり感じません。いかにも十割蕎麦といった感じの蕎麦でした。

s500-IMGP1886.jpg

薬味はシンプルに葱と山葵。葱の綺麗なこと。山葵も瑞々しく香りも十分あって満足できます。

s500-IMGP1885.jpg

汁を口に含み、舌の上に転がすと・・・爽やかな風を感じます。スッキリとした後味は甘味の残りは微塵も感じません。濃さも濃すぎずそのままで飲める位。ダシの香りは蕎麦の香りを邪魔しない程度に抑えられ、酸味の爽やかさが際立ちます。

s500-IMGP1881.jpg

綺麗な細打ち蕎麦を汁に浸けて啜ります。蕎麦の香りが広がり、汁の旨味が溢れます。汁によって強調された蕎麦の甘味が旨味の上からかぶさるようにやってきて・・・蕎麦の良さを再認識させてくれました。

(WBが上手くない・・・やはり安いコンデジの限界でしょうか。色が黄色っぽく映ってしまいます。電球色の灯りに弱いようですね。電球色を活かして撮ろうとすると勝手に調整して白く写す癖に、修正を期待して写すと修正してくれない・・・困ったものです)

s500-IMGP1889.jpg

食べ終わってから次の徳島の蕎麦がやってきます。一緒に出てこないのは嬉しいですね。写真はWBが悪く判り辛いのですが、大分の蕎麦より色が緑がかっていました。

蕎麦のみで啜ってみます。この蕎麦も良い香りです。噛みしめた時の甘味は大分の方が強いように思えます。蕎麦を噛み切ると、プツッとした弾力を顎で感じる事ができ、大分産の蕎麦で打ったそばよりコシがありました。噛んだときの歯触りも徳島産蕎麦で打った蕎麦の方が細かく感じます。

s500-IMGP1890.jpg

蕎麦を汁に浸けて啜ります。蕎麦の強さと汁の濃さは丁度良い感じで蕎麦の1/3を浸す位が一番香りを感じました。

s500-IMGP1891.jpg

蕎麦湯。ポタージュスープかなって思うぐらいドロっとしています。

s500-IMGP1892.jpg

残った汁を蕎麦湯で割って楽しんで・・・

s500-IMGP1895.jpg 

蕎麦湯だけでも楽しみます。

s500-IMGP1893.jpg

ご馳走様でした。箸をしまいましょう。(std55さんは左利きなのかな)

s500-IMGP1894.jpg

普通紙で印刷してみましたが和紙だったら渋い感じになるかな。

自分のキャラクターが印刷されたMY箸袋は凄く嬉しいです。食べ歩きにも力が入りますね。

 

蕎麦 藍 

〒360-0801
埼玉県熊谷市中奈良1896-4

TEL 048-522-6654

◆定休日:
火曜日
毎月15日


◆営業時間

11:30~15:00 & 17:30~19:30


nice!(53)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

噛み応えは心地いいけれど・・・・  小川町の蕎麦 里山 [埼玉の蕎麦]

s-IMGP0010.jpg

今日も暑い埼玉北部、新しい蕎麦屋を求めて資料をながめていると・・・・一日20食限定の手挽き蕎麦が紹介されていた。これは行かねばならない。使命感に燃えipadで地図検索し場所を確認。

s-IMGP9998.jpg
小川町の総合運動場のそばらしいが看板一つない。運動場を超えて行くと・・・幟を発見。
そのそばに看板らしきものも。

s-IMGP0006.jpg
幟があって良かった。
看板だけだったら永遠に判らなかった事は確実。看板文字は完全に消えているから。
今では常連さんだけで手いっぱいで、新規客は不要なのか?

s-IMGP0001.jpg
店構えにしても蕎麦屋ぽくない。幟が無かったら蕎麦屋とは信じられない。でも、隠れ家ぽくて悪くは無い。

s-IMGP0014.jpg
店内は机が三卓のみ

s-IMGP0018.jpg
お茶は緑茶。
品書きは もり&ざる だけ、つまり蕎麦は一種類のみ。

s-IMGP0021.jpg
隠れ家の小屋といった趣でそれなりに居心地が良い空間。

s-IMGP0022.jpg
ただ・・・節電のためにエアコンの稼働は最小限。扇風機がフル稼働している。
それでも隠れ家の中は暑い。
三つのテーブルはあっという間に埋まった。皆開店と同時に到着するようにしているようだ。

s-IMGP0024.jpg
残念なのは・・・灰皿。禁煙ではない。
幸いなことに他の客全員煙草は吸わなかった。こんな狭い店内で煙草を吸われてしまったら・・・最悪だ。

s-IMGP0025.jpg
蕎麦が運ばれてきた。オーソドックスでシンプルな外観、やはりシンプルが一番。
蕎麦は会津産で打粉は常陸秋蕎麦だと記載してあった。なんとも贅沢な。。。
表面は透明感があり瑞々しい。蕎麦の太さに若干のブレはあるが許容範囲か。

 
s-IMGP0032.jpg
さっそく手繰ってみよう。まずは蕎麦のみを啜る。
唇に軽やかな抵抗を残して蕎麦は滑るように口に中に飛び込んでくる。が、喉から立ち上ってくいる香りの中に冷麦のような香りが・・・繋ぎ粉の香りだろうか。蕎麦の香りは弱く、あまり感じられなかった。

s-IMGP0026.jpg
蕎麦を噛み切ると。。。何という弾力だろう。前歯で噛み切ったとき、蕎麦に前歯が入ってゆくのが判る程の弾力。噛み切った瞬間に蕎麦の断面が跳ね返るような感覚もある。
咀嚼する。モチモチした食感も。繋ぎに上新粉なんかも入っているとか?????こんなモチモチな食感の蕎麦は初めてだ。

s-IMGP0031.jpg
薬味は葱と山葵。可もなく不可も無くという感じ)

s-IMGP0030.jpg
汁を口に含む。やや辛口のちょっと濃いめの汁のようだ。
汁の重さは左程でもない、でも軽すぎず全体的に”カッチリ”した感覚を思い出させる。
ダシの香りは強すぎず、甘味も後口に残らない。
なかなかバランスの良い汁であった。

s-IMGP0029.jpg
蕎麦を汁に入れて・・・・啜る。が、ベストバランスみつからない。
どう浸けても蕎麦の甘味が強調されないし香りが登ってこない。
この蕎麦、喉で食べる蕎麦である事は事実だ。舌で味わうのを止め、喉で味わう事にする。
一気に食べ進んだ。


s-IMGP0033.jpg
蕎麦湯はオーソドックスに茹で湯がそのままでサッパリと。

この蕎麦、食感がプリプリで不思議な感覚だった。
最初に眺めていた資料によると蕎麦の含有割合は未公開だそうだ。
きっとその時々の気象条件にあわせて変わるからだろう。




里山
埼玉県比企郡小川町高谷202-1
☎ 0493-74-1800
11:30~14:00
定休日 火曜日 水曜日
店内の重

 


*******************************************

(一杯目)しろたま さる1号の蕎麦と甘味の探求記録の埼玉の蕎麦の記事は→ここ
 平成23年4月1日以前の記事は(一杯目)です。

*******************************************




nice!(58)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
埼玉の蕎麦 ブログトップ