So-net無料ブログ作成
鰻(鳗鱼 eel) ブログトップ

帰省二度目の鰻と向日葵畑 うなぎの水野 [鰻(鳗鱼 eel)]

仕事の都合で別行動だった奥さんも合流
今年の帰省もなんとかこなしました 


0s500DSCN2438.jpg


最終日、奥さんがどうしても鰻を食べたいと訴えますが、娘たちは既に食べていますから乗って来ません 
それでも諦めない奥さん、説得を続けますが。。。。^^;
上の娘は鰻以外のメニューがあるところならいいと言ってくれましたが、下の娘は寿司が食べたいと譲らず・・・
でも最後は根負け、仕方なく譲った下の娘に奥さんは


あなたは寿司屋でバイトしているんだから、ここで食べなくてもいいでしょ!


ヲイ、譲ってくれた相手に上から発言かよ^^;
長女ってこういう性格なんだよね・・・・と、下の娘(彼女は上の娘の我儘に何時も振り回されているのです)


0s500DSCN2439.jpg


と、言う訳でやってきたのは”うなぎの水野”
海老フライがメニューにあったのを思い出したのです 


0s500IMG_3667.jpg


可児から五斗蒔に抜ける道の途中にある久々利
山と田畑に囲まれた集落にその店はあります


2s500DSCN2440.jpg


普通の農家な建物で、お店っぽくはありません 


1s500IMG_3664.jpg


生簀には一色産の鰻がいっぱい
明日は8月6日、丑の日ですからね 


3s500IMG_3649.jpg


入店
店内は普通に民家のお座敷
テーブル席もありますが畳の上のテーブル
畳の上で椅子に座るのはどうも落ち着きませんから座卓に陣取ります 


4s500DSCN2453.jpg


お茶は豪快に急須もいっしょにでてきます
こういう気取らない鰻屋さんもいいね 


5s500DSCN2449.jpg


品書きを確認します
といっても既に確定しているのですが^^;


5s500DSCN2444.jpg


自分は上鰻丼定食
奥さんは悩みに悩んで上長焼定食 


5s500DSCN2446.jpg


上の娘は予定通りエビフライ定食
鰻屋に来て鰻定食もないもんだと思うけれど、まぁ、鰻屋に無理やり連れてこられたからね
下の娘は限定ランチ
ひつまぶしのライト版な感じの丼です
しっかりタレがからんだご飯が美味しそう
タレごはんが好きと言う下の娘(解るぞ~、タレご飯おいしいもんな)
鰻は無くてもいいと・・・(ヲイ  


1s500IMG_3663.jpg


廊下に出ると壁に小窓がありました
覗いてみると鰻を焼いているところが見えます
炭火で焼かれている鰻
美味しそうだ^^


6s500DSCN2460.jpg


上の娘のエビフライ定食
海老に頭はないですが、まあまあの大きさ
しかし・・・ご飯が多いです
普通に丼だし^^; 


7s500IMG_3647.jpg


下の娘の限定定食
既にまぶされた形で供されます
まるで炊き込みご飯のようなイメージ
タレはしっかり絡んでいます 


8s500DSCN2462.jpg


奥さんの上長焼き定食 


8s500DSCN2463.jpg


丼に乗るよりも鰻の大きさや厚みがよく解ります
しっかり厚い身と、パリッとした表面が美味しそう


9s500DSCN2464.jpg


自分の上鰻丼も着丼
鰻は三切れはご飯の上に乗せられ、ⅱ切れはご飯の中に隠れています 


9s500IMG_3655.jpg


肝吸い
余分なものは何もありません
入るのは肝のみのシンプルさ
こういうシンプルなものも好きです 


9s500IMG_3656.jpg


漬物は胡瓜
やはり奈良漬ではありません
奈良漬、食べたいな・・・・ 


9zs500DSCN2467.jpg


さあ、いただきましょう
まずは鰻を一口
パリッとした感触を歯に感じた後には濃厚な脂がジュワッと溢れ出ます
それが濃いめのタレと渾然一体になって旨さは倍増
濃厚ですが、脂の強さは適度に抜けて下品さはありません
身はふわっと
しかしパリッの層が厚めなのでふわっを感じる領域は少なめ


9zs500IMG_3658.jpg


焼きは強めですが焦げが苦いほどではありません
香ばしさとして収まるギリギリのところ
濃いめのタレと良くあいます 


9zs500IMG_3659.jpg


皮側の焦げ具合も問題なし
照り照りな皮に涎がとまりません 


9zs500IMG_3660.jpg


ご飯は硬めに炊きあげられています
やはりご飯は硬めがいい
一粒一粒口の中でしっかり解るぐらいがいいのです
タレは少な目にかけてありますと品書きに書いてありましたが、十分に多い(限定ランチに比べれば少ないです)
濃いめのタレと硬めのご飯、タレご飯が美味しいに決まっています
そこに更に鰻の脂の旨味が染みているのですからね
鰻丼(重)のタレご飯の美味しさは最高です


9zs500IMG_3661.jpg


ご飯の下から鰻が”こんにちは~”
これがいいのです^^

帰省中に二回も鰻を食べてしまった
体重計が怖い・・・・^^;)


うなぎの水野 (うなぎのみずの)
0574-64-1655
岐阜県可児市久々利1089-1
[月、火、金]
11:00~14:00(L.O)
[土、日]
11:00~14:00(L.O)
17:00~19:00(L.O)
定休日 水曜日&木曜日  


boeder-001.gif


帰省も終了
横浜に戻ります
でかけに上の娘が明野の向日葵の画像を示しながら(先日のツーの時に現地から送ったのです)
ここは何処?
と、尋ねます
明野、甲府だよ、行きたいのか? 


9zzs500DSCN2468.jpg


新東名で帰る予定でしたが、明野の向日葵畑に寄るために急遽中央道で帰ることにしました 
東海環状から中央道へ
伊那から諏訪、そして甲府、須玉で下道に降りて向日葵畑へ
駐車場には車がいっぱい@@;)
駐車代は500円(バイクは無料)


9zzs500IMG_3753.jpg


今回は青空だぁ~・・・・・
入道雲に敬意を表します
上の段の畑の向日葵が咲いていないのが残念 


s500IMG_3669.jpg


咲き誇る向日葵たち
早速撮影大会になります 


s500IMG_3676.jpg


羽音がぁ~><
蜂に追っかけられると大騒ぎしながらの撮影・・・・^^;


s500IMG_3684.jpg


夏の雲、いいですね
日傘が良く似合う風景
これで向日葵が咲いている場所だったら良かったのにね 


s500IMG_3697mc.jpg


もう嫌だぁ~
虫が苦手の下の娘
蜂の羽音が聞こえるともう大変
蜂の羽音と思うからいけないんだ!
ベスパのエンジン音と思えばいい^^; 


s500IMG_3714.jpg


場所を移動して・・・ここの向日葵たちは一寸背が低め
なので中に入って撮るのに丁度いい感じ
しかも見事に満開


s500IMG_3718.jpg


ちょっと雲が多めでしたが、一応青空と向日葵のコラボが撮れました
夏らしい雲も向日葵に似合います


s500IMG_3747mc.jpg


折角だからと記念撮影
こういう写真を撮るのは何年ぶりだろう


zs500DSCN2473.jpg


帰りは大月から先が渋滞との情報で東富士五湖道路で東名へ抜けます
東名も何時もの大和バス停辺りから厚木まで渋滞との情報
渋滞の距離は中央道も東名も同じぐらいでしたが、中央道は途中で二車線になったり三車線になったり
しかも車線がシフトしたりと、随分と捻くれた設計になっています
この捻くれた道、渋滞の時はさらに酷いことになるのは確実
なので東名に逃げます
東名は混んでいても時間が読めますからね


途中、渋滞に備え御殿場で腹ごしらえ
今回は下の娘のリクエストに応えましょう
R246との交差点にある回転寿司屋さんにPIT INです

にぎりの徳兵衛 御殿場店
0550-88-5188
静岡県御殿場市萩原カリヤツカ56-2
11:00~22:00(L.O.21:45)


s500sushi3.jpg


自分は5皿
三貫モノばかりを攻めました 


zs500IMG_3744.jpg


食後の甘いものは忘れません
クリームあんみつ、これがメチャ懐かしい味
昭和な味なのです
これ・・・この味、缶詰のみつまめだね==)ナツカシイ


boeder-001.gif


今日のおやつは・・・・ローソンのプレミアムロールケーキ 


s500IMG_3927.jpg


チャイのロールケーキだそう
シナモンは好物
これは買わずにはいられません 


s500IMG_3929.jpg


クリームは全部がチャイ味ではなく、ノーマルなクリームと半々な感じ  


s500IMG_3930.jpg


ちょっとスパイスが薄い・・・
もうちょっとガツンとスパイスを効かせて欲しいな 
特にシナモンを 


s500IMG_3931.jpg


生地はちょっと荒め
プレーンロールケーキのようなしっとり感はありません
もうちょっとしっとり感が欲しいな 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


最近、広告コメントの書き込みが増えましたので
コメントは so-net ログインユーザーのみ受付の設定とさせていただきます
 


nice!(105)  コメント(41) 
共通テーマ:グルメ・料理

帰省したらまず地焼鰻 かも川茶寮 うを完 [鰻(鳗鱼 eel)]

(前記事からの続きです) 


s500s500DSCN2264.jpg


さて次は何処に行こうか
飛騨国分寺とか飛騨の里とか・・・定番スポットが思い浮かびます
でも夕飯までに可児に帰らないといけません
と、なると遅くとも4時には帰路につかないといけないのです
今から定番スポットに移動してもゆっくり楽しめません
仕方ない・・・歩いて行かれる場所を探しましょう


s500s500DSCN2270.jpg


ネットで調べると、面白そうなところを発見 
高山昭和館、昭和レトロモノの博物館です
娘たちも昭和に興味があるとか
ならば行ってみましょう


行ってみると・・・えっ?駄菓子屋さん???
駄菓子屋さんの奥が博物館になっていました
入館料は800円、さて安いか高いか・・・じっくり楽しみましょう^^


s500s500DSCN2282.jpg


懐かしい雰囲気の路地を楽しみます
食堂の2Fは湯上りのお姉さんのシルエット
サービスも忘れません 


s500s500DSCN2285.jpg


子供の頃、こんな感じの店があったなぁ==) 


s500s500DSCN2290.jpg


病院に薬局、理髪店、ノスタルジックなお店がひしめきあってワクワクしてきます
そうそう、電器屋さんの店の前にこのトリがいたいた!


s500s500DSCN2293.jpg


お店の中は骨董品が並びます
真空管ラジオが懐かしい、ウチにあったなぁ==)
スイッチ入れると独特の匂いがするんだよね 


洗濯機も懐かしい
あのハンドル、何の為にあるか知っている?
娘たちは???状態^^;
小さいころ、お手伝い(確実に単なる邪魔だったけれど)に回そうとして力が足らずに回らなかった記憶が蘇ります


s500s500DSCN2295.jpg


狭い場所にいろいろ展示するので無理があります
炊飯器の下にテープデッキがあったりするところは御愛嬌 


s500s500DSCN2297.jpg


薬屋さんの奥の居間
モノクロが似合いそうな 


s500s500DSCN2306mc.jpg


で、モノクロに^^


s500s500DSCN2314.jpg


カメラ屋さんも懐かしい
トプコンやヤシカ、ペトリなんかを探してしまいました^^; 


s500s500DSCN2318.jpg


三輪自動車もよく見かけたなぁ==)
彼方此方に目が遠くなってしまうものがいっぱいです^^; 


s500s500DSCN2330.jpg


中二階と二階があり、そこにも昭和アイテムがいっぱい 


s500s500DSCN2339.jpg


おぉ、このサイズ!
これぞ正しい卓袱台返しができる卓袱台 
卓袱台返し、やってみたいなぁ・・・・==)別の意味でトオイ目


”ご自由におあがりください”とありますので部屋に入ります
この部屋、ごろんと横になりたくなりますね
座布団を折って枕にして^^;


s500s500DSCN2341.jpg


あ~~~~ってやる扇風機だ!
と、やりだす上の娘
オマイ、そんなに扇風機が珍しいのか@@;) 
確かにウチに扇風機は無いけれど・・・


s500s500DSCN2342.jpg


芸は細かく、TVにはこの番組 


s500s500DSCN2344.jpg


昭和な教室もありました
自分が通っていた小学校がこんな感じ
木造、木の床で、机と椅子もこんな感じでした
でも二年ぐらいで鉄筋コンクリートの新校舎に変わってしまったなぁ・・・ 
子供の頃はそれが嬉しかったけれど、今思えば木造のままが良かったな


s500s500DSCN2349.jpg


懐かしいポスター類もいっぱい~♡
部屋に貼ってあったなぁ、榊原郁恵の等身大水着ポスター・・・==) 
あと河合奈保子とかアグネスラムの等身大水着・・・・^^;好みがバレる?(注:あくまでガキんちょの頃の好みです)


s500s500DSCN2360.jpg


そうそう、電話BOXはこれだったね
これならスーパーマンも中で着替えられるし


懐かしのファミコン類もあり、実際に遊べました
娘たちがハマって・・・この昭和館だけで時間いっぱいいっぱいに


s500s500DSCN2383.jpg


帰りも下道、R41です
飛騨川に沿って走る高山線
水面に映る気動車・・・と言いたいところですが、この時間だと波が立ってダメですね 


s500s500DSCN2384.jpg


紅葉の時期に撮ってみたいな  


boeder-001.gif


可児に戻ったら晩御飯 


0s500DSCN2385.jpg


帰省したら一度は鰻を食べるのがお約束
地焼鰻は関東ではまず出てきませんから、帰省した時の楽しみなのです 


0s500DSCN2389.jpg


向かった先は”うを完”
お店までの通路の雰囲気が好きなのです
でもバリアフリーではありません^^;
昨年、婆さんをアシストしながらここを歩いて・・・・ギックリになりました


0s500DSCN2393.jpg


今日は婆さんはお留守番
何でも昼ごはんを食べたのが4時だったそう(昼寝し過ぎたとか^^;)
だったら食べずに夕飯まで過ごせばいいのでしょうが、そこは大食いの婆さん
空腹のままではいられない性格なのです
で、ガッツリ食べてしまい・・・・流石の婆さんもすぐには晩御飯は食べられないと^^;
で、三人で鰻屋さんに向かったのですが
出掛けに、鰻弁当のお持ち帰りの注文を承りました
う巻きも忘れずにと
夜中に食べる?流石婆さんだぜ^^; 


0s500DSCN2399.jpg


テーブル席に陣取ります 


0s500DSCN2410.jpg


折角だから庭側で 


0s500DSCN2409.jpg


暑い時に熱い緑茶もいいですね
喉がスッキリします 


0s500DSCN2400.jpg


品書きを確認します
娘たちは”ひつまぶし”が好物
うな丼やうな重よりも断然ひつまぶしだそうです 
で迷うことなく二人ともひつまぶし丼


それにしても・・・・特上ひつまぶしが気になります
挑戦状を叩き付けられているような気分^^;
でも値段が・・・お小遣いが少なくなってしまうので諦めですーー;)
本当は値段よりも完食の自信がないから
学生の頃、いや30歳前後の頃だったらクリアできたと思います
でも今は・・・流石に半世紀以上酷使した胃袋は衰えました
完食をイメージできません
半分は確実にクリアできます
3/4は食べられる、完食をイメージできるのです
でも・・・残り1/4がイメージできないーー;)


0s500DSCN2403.jpg


普通に鰻丼にしておきましょう
鰻重もいいのですが、説明書きを読むと自分の好みの鰻重ではありません
重は二段で、上段が鰻で下段がご飯@@)
・・・・・--;)
こんなの鰻重じゃない!
長焼き定食じゃないか!
鰻重だってご飯の上に鰻が乗っていないといけません
当然、ご飯にはタレがかかっていること
(鰻とご飯が別々の段のスタイル、これも鰻重として正当なスタイルだそうです)


オーダーは上うなぎ丼で
鰻は二段、ご飯の中から”こんにちは”が無いとね^^


0s500DSCN2407.jpg


う巻きと肝焼きもオーダー
そして婆さんの鰻弁当とう巻きも忘れずにオーダー


1s500DSCN2412.jpg


肝焼きの到着 


1s500DSCN2413.jpg


下の娘が食べたことが無いというのでオーダーしたのですが、すっかり気に入った様子 


2s500DSCN2428.jpg


う巻きも到着
ふんわり玉子が美味しいです
玉子好きとしてはう巻きは外せません^^ 


2s500DSCN2429.jpg


ここのう巻きは玉子が甘め
甘い玉子焼きが好きな自分にとってストライク^^ 


3s500DSCN2419.jpg


ひつまぶし丼の着丼 


3s500DSCN2418.jpg


ひつまぶしもいいな
でも今迄二度ぐらいしか食べていないです^^
自分の順位では


鰻重>鰻丼>ひつまぶし>長焼き

なので、大抵は鰻重
でも何故か岐阜で食べる時はいつも鰻丼なのです


4s500DSCN2420.jpg


うお完では追加用の鰻のタレが付いてくるのがいい
好みの加減でタレを追加できますから


5s500DSCN2416.jpg


上鰻丼の着丼
丼・・・重とは違う荒々しさが魅力的


7s500DSCN2423.jpg


地焼鰻は脂が強め
その脂に負けないようにタレが濃いです
この濃いタレを纏った鰻の色はご飯が進む色^^
地焼鰻は丼が似合います 


6s500DSCN2422.jpg


小鉢は南蛮漬け 


6s500DSCN2432.jpg


漬物、奈良漬が無いのは残念
最近、奈良漬が付いてくる鰻屋さんに出会っていません
鰻と奈良漬、あうのにな


奈良漬のふんわりと漂う酒粕の香り
これが鰻にあうのです
濃厚な鰻の脂で飽和した口の中
奈良漬をカリッとかじった瞬間、酒粕の香りがその脂を消してくれるのです
口の中がサッパリとしたところで鰻を頬張った時のその旨さ
他の漬物ではなかなかこうはいきません 


6s500DSCN2433.jpg


肝吸い
鰻を食べる時はこれが無いとね^^ 


7s500DSCN2424.jpg


では鰻をいただきます
頬張るとパリッとした表面
噛むとじゅわりと脂が溢れ、濃厚な旨味が口のなかに広がります
余分な脂は落とされ、くどさはありません
地焼鰻の難しいところは脂の加減
脂が強すぎると下品になってしまいますし、旨さも損ないます
かといって落とし過ぎても旨くない 
タレの絡み具合もいい感じ
濃いめですが甘すぎないのがいい
むしろ辛口で後味すっきり


7s500DSCN2425.jpg


この店をリピしているのは焼き加減がいいから
地焼鰻は蒸して脂を抜いてはいませんから焦げやすい
店によっては焦げ焦げのを平気で出してきて、その焦げの苦みに閉口する事も
かといって焦げの無い地焼鰻は香ばしさが物足りない
香ばしく、苦くなく、丁寧な焼きか否か、技の差の出るところ
焼きをチェックするときは皮面を見れば良く解ります
皮は焦げやすいですからね
特に尾っぽの部分は身が薄いから焦げやすく良く解ります


7s500DSCN2426.jpg


追加のタレが置かれるだけにタレのかかり具合は少な目
タレを追加しました
タレご飯が美味しいからと言ってかけすぎには注意
汁だく鰻はいけません^^; 


7s500DSCN2430.jpg


下から鰻がこんにちは^^
ご飯のなかから鰻が出てくるのがいい 
これが無いと寂しいです


7月の丑の日は鰻を食べ損ねましたが、ここで補給
耐夏バテのパワーをチャージしました


かも川茶寮 うを完
050-5868-3785
岐阜県美濃加茂市 加茂川町3-7-17
11:00~14:00&16:30~21:00
定休日 木曜日  


boeder-003.gif


今日のおやつは・・・・これ 


zs500IMG_3953.jpg


今年も登場しました
ローソンのデカシュークリーム
この大きさ!最高です
昨年はこのシュークリームにハマって体重を増やしました
健康診断までに落とすのが大変だった・・・・--) 


zs500IMG_3954.jpg


今年は過度にハマらないように注意しないとね
一個で850kcalはあるから 


zs500IMG_3957.jpg


でもこの大きさを見るとね
つい買ってしまうんだな^^; 


zs500IMG_3961.jpg


しかも、シューの中には空洞はありません
びっしりとクリームが詰まっています
これは嬉しい^^ 


zs500IMG_3963.jpg


お店でスプーンも入れてくれましたが使いません^^ 
口の周りをクリームだらけにしながら豪快にかぶりつくのが美味しいから
 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


最近、広告コメントの書き込みが増えましたので
コメントは so-net ログインユーザーのみ受付の設定とさせていただきます
 


nice!(103)  コメント(41) 
共通テーマ:グルメ・料理

理想の鰻に出会う 浜松・三ヶ日 炭焼うなぎ 加茂 [鰻(鳗鱼 eel)]

ちょっとバテ気味の体にムチ打って浜松に出張
勢い付けて仕事を片付けたらエネルギーの補給が必要です
出張最終日は鰻を食べる事にしました


s500IMG_4880.jpg


最終日はアサイチの打ち合わせだけで終了
あとはオフィスに戻るだけです
時間はたっぷりありますから三ヶ日の鰻屋さんに行ってきました 


s500IMG_4885.jpg


向かった先は”炭焼うなぎ 加茂 ”
開店時間の11時にあわせて到着です
駐車場は既に満車、お店に入ると・・・


一時間はお待ちいただく事になります


11時だよ?開店時間で満席なんだ@@;)
なんという人気店
開店時間に来てよかったです
12時に来ようものなら二時間待ちだったかも
携帯の番号を伝え、車の中で本を読みながら待つ事にしました


s500IMG_4887.jpg


40分ほどで開店時刻の予約客がはけたようで、携帯が鳴りました
カウンター席に陣取ります 
完全禁煙なのが嬉しい^^


s500IMG_4892.jpg


おしぼりがちゃんと布なのが嬉しい
紙では興醒めですからね
おしぼりは布がいいです 


s500IMG_4894.jpg


濃いめの緑茶を飲みながら品書きをチェック


s500IMG_4889.jpg


鰻重、うな丼、長焼きごはんがあります
うな重の特上が4000円で鰻丼の特上が3200円
重と丼の違いで800円?
差があり過ぎ????
鰻重の上と鰻丼の特上が同じ値段???
と、悩んでいたら・・・


s500IMG_4891.jpg


説明書きがありました
鰻丼の特上と鰻重の特上は鰻の量が違うようです
鰻丼の特上と鰻重の上は鰻が1本
鰻重の特上は鰻が一本半
なるほど、鰻重の特上と鰻重の上が同じ価格なわけです
鰻の量が同じだから  


s500IMG_4893.jpg


オーダーは鰻重の特上
蕎麦と鰻には財布の紐が緩むのです^^; 


s500IMG_4895.jpg


鰻重、特上の着重  


s500IMG_4900.jpg


蓋を取り、鰻様とご対面
炭火焼きの関西風地焼の鰻の身が三枚、重なって乗っています
ご飯が露出することなく、鰻の身が重にいっぱいいっぱいなのが素晴らしい 


s500IMG_4896.jpg


漬物類
奈良漬が無いのは残念
鰻には奈良漬が欲しいな


s500IMG_4901.jpg


肝吸い
肝と湯葉が入ります
湯葉、好きなんだよね^^ 


s500IMG_4899.jpg


では鰻をいただきます
地焼なのに身がふっくらと柔らか
無論関東風蒸し焼きの柔らかさとは違いますが、ふんわりとした柔らかさ
ふんわりですが、表面はパリッとしていい食感
このパリッとした感じは関東風蒸し焼きの鰻では味わえません


身は厚く、噛むとじゅわりと脂が滲み出ます
この脂が適度でくどくありません
上品に感じるのです
地焼の鰻の多くは脂が強く、ややもすると下品な感じになってしまっている鰻も多いのですが、此処の鰻は脂の具合が適度で上品
上品と言っても地焼鰻、物足りないという事はありません  


s500IMG_4902.jpg


焦げやすい地焼鰻ですが、焼き具合がまた見事
焼きの腕を見るのなら皮側を見るといいです
皮側は焦げやすいですから


タレもいい感じ、甘すぎずスッキリした味わい
地焼鰻の場合、脂の強さに負けないようにタレを甘くする傾向にあります
場合によっては甘すぎてしまうことも
しかしこの鰻は甘すぎる事が無く、かといって脂に負ける事無く、絶妙なバランス
見事な鰻に唸ります
自分の理想の鰻、そのもの


s500IMG_4904.jpg


此処の鰻重、全てに関して何も言うことが無い、自分の求めるものが全て揃っているのです
パリッとした表面、ふんわり柔らかな身、適度で品のある脂
量も特上となれば鰻は一本半
食べ応えもあって大満足  


s500IMG_4905.jpg


半分はそのまま、残り半分は山椒をふりかけていただきます
自分の理想の地焼鰻、今此処に出会った
そんな気分^^
こんな満点な鰻を食べてしまったら、暫くは他店で鰻を食べる気になれないかも


炭焼うなぎ 加茂
053-526-2428
静岡県浜松市北区三ヶ日町都筑791-8
[月・火・木・金] 11:00~14:00 17:00~20:00
[土・日・祝] 11:00~15:00 17:00~20:00
定休日 水曜日&木曜日
電話予約不可ですが当日午前9時位からお店にて予約できるそうです  


boeder-001.gif


ローソンでスヌーピーのシール集めに邁進中  


s500DSCN1223.jpg


またまたGODIVAコラボモノを見つけて購入
スヌーピーシールは三枚です
前回のGODIVAコラボロールケーキはチョコの物足りなさに卓袱台返しモノでしたが、今回はどうでしょう  


s500DSCN1229.jpg


中はこんな感じ 


s500DSCN1235.jpg


(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙


やはりGODIVAと思って食べると物足りないです
苦みも香りも全然不足
もっとどっしり重くて濃厚で・・・GODIVAの名があるとそう期待してしまいます
でも実際はあっさりチョコレート
名にGODIVAがあるせいで期待し過ぎてしまって評価が低くなってしまいます
GODIVAの名前無しだったらそれなりに評価するだろうなぁ


s500DSCN1292.jpg


仕事で使っているiPhone6
二年の契約が終わってiPhone SEに強制機種変更になりました(サイズが小さくなって強度の加齢性遠視の自分は見え辛くなってしまいましたーー;)
機種変しないと通信料がかなりUPするそうで、変更したほうが経費節減になるとか
この売り方、どうなんでしょうね
なんだか勿体ないような・・・・
変更前も変更後もドコモだし、誰が得するのだろう
まぁAppleは儲かるかな


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(111)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

自分の好みでは無かったけれど 浜松の鰻 かねりん鰻店 [鰻(鳗鱼 eel)]

久々に浜松に出張
浜松といえば鰻
鰻は気軽に食べられる値段ではありませんが、浜松への出張は滅多にありません
浜松に来たのなら鰻を食べておかないとね


浜松の鰻屋さんは関東式の蒸すスタイルのお店と関西式の地焼きスタイルのお店の両方あるのが嬉しいところ
その時の気分や体調で選ぶのもいいものです
自分は焼き方に拘りはありません
関東式の蒸した、ふっくら柔らかな鰻をあっさりしたタレでスッキリといただくのも好きですし
関西式の地焼で、表面がパリッとして、噛むと濃厚な脂がじゅわっと溢れる身、それを脂に負けない甘辛いタレでいただくのも好きなのです
其々美味しい、どちらじゃなければっていう考えは無いのです
ただ拘るのは、炭焼き、そして焦げが強くない事
関東式の鰻屋で焼きが下手で多少焦げが強くても何とか我慢できますが、地焼の鰻屋で焼きの下手な店の鰻は焦げ臭くて食べられたものではありません
そして身が柔らかであること
一番大事なのは鰻とタレのバランス
脂の強い鰻には濃いめのタレ、脂の少ない鰻にはスッキリしたタレ
そして鰻の脂とタレが染みたご飯も重要なポイント
ご飯は硬めな方が絶対美味しい


s500IMG_4444.jpg


今回は”かねりん”に訪問
何処に行こうか悩み、ネットで検索
”地元民がまとめた!浜松でマジで旨いうなぎ屋7選”というページがあり、その7店のうちの未訪問のお店の中で一番気になったのです
何処が気になったかというと、その紹介の中での
”ここまできたら、もうその人の好みの問題ですがここもおすすめです”
の一文
何だか凄く個性的な味のような感じです
個性が強い味というのはハマるかソレるか二つに一つ
ハマったら中毒になるのは確実です


かねりん 鰻店
053-448-9335
静岡県浜松市西区入野町731】
11:00~14:30/17:00~20:30
定休日 水曜 


s500IMG_4456.jpg


ほぼ開店と同時に入店
カウンター席に通されます
カウンター席は庭を眺められていい雰囲気
藤も満開で綺麗でした 


s500IMG_4447.jpg


品書きを確認します  


s500IMG_4448.jpg


うな重は並、中、上、特上があります
久しぶりの鰻に思わず特上をコールしてしまいました^^;
でも上でよかったかも
確認したわけではありませんが、特上と上に鰻の違いは無いように思います
ただ小鉢とデザートフルーツが付くか否かの違い(そういう設定の店が結構多いのです)  


s500IMG_4460.jpg


一品もの・・・お新香が無いーー;)
お新香で飲み、鰻を待つというスタイルができないのはちょっと残念
車で来ていますから当然飲めませんが、このスタイルができるか否は自分にとって重要な判断基準
お新香の美味しい鰻屋にハズレは無く、当然その店は一品としてお新香の設定は必ずあります  


s500IMG_4461.jpg


品書きの最終ページ、やはりお新香はありません  


s500IMG_4453.jpg


おしぼりが布なのは嬉しい
紙おしぼりでは興醒めですからね


新緑を写す緑茶を飲みながら鰻を待ちますが・・・・お新香が欲しいなーー;) 


s500IMG_4454.jpg


なかなか良い庭です
藤が綺麗で窓越しに撮ってみましたが逆光で画面は超アンダー^^;
コンデジでは無理でした 


s500IMG_4462.jpg


お代わりお茶が急須でやってきて暫くすると・・・  


s500IMG_4464.jpg


うな重、特上の到着です
今頃お新香が来てもなぁ^^;
お新香だけ先に出してくれてもよくね? 


s500IMG_4469.jpg


鰻様とご対面^^
ふっくらした感じの表面、関東式の鰻ですね
鰻重の重要なポイントはクリア、鰻が重箱いっぱいいっぱい~♪
”鰻重はご飯が見えてはいけない”
ご飯が見える鰻重などもってのほか、重箱いっぱいいっぱいに鰻がないといけないのです  


s500IMG_4465.jpg


肝吸いには季節柄筍も入ります
季節感タップリでいいですね^^
まずは吸い物を一口、喉を潤します
出汁と三つ葉のいい香り
ちょっと塩が強めか   


s500IMG_4467.jpg


では鰻をいただきます
柔らかな鰻を一口頬張ります
@@;)にゅる・・・・えっ?


脂が凄く強い鰻です
これ、関東式だよね?
ならば何故こうも脂が多いのでしょう
関西式の鰻なみの脂の強さがあるのです
当然この鰻は関西式ではありません、地焼の特徴である表面のぱりっとした食感は皆無ですから
しかも関東式といってもふんわり感も皆無
べちゃっとしてぬるりな食感なのです
蒸しで脂がしっかり落としていない感じ
残る脂が多すぎてふんわり感が無いのです


s500IMG_4468.jpg


そして納得いかないのがタレ
脂がそこまで強いのにタレは普通の関東式のタレ
あっさりしてスッキリした風味のタレで、完全に鰻の脂に負けてしまっています
この弱さでは鰻の旨味を押し上げる事はできません
ここまで脂を残したいのならば、関西式のタレの方があいそうに思います


s500IMG_4474.jpg


タレと鰻の脂が染みたご飯もいただきます
が、ご飯がメチャ柔らかい
これは好みとは正反対
ネットの紹介にあった”ここまできたら、もうその人の好みの問題ですが・・・”の意味が良く解りました
この”ここまできたら・・・・”の文面に納得です


s500IMG_4473.jpg


焼きはいい感じで焦げも丁度いい
皮は焦げやすいですから皮側の表面をチェックすると良く解ります 


s500IMG_4470.jpg


途中、お新香で味覚をリフレッシュ
鰻には奈良漬が欲しいな  


s500IMG_4476.jpg


小鉢は春らしく筍
美味しいです^^   


s500IMG_4475.jpg


半分程食べたところで山椒を振りかけます
山椒でも脂の強さを制しきれなかったですが、無いより確実に美味しい  


s500IMG_4477.jpg


粉の山椒と共に、小鉢の筍に添えてあった山椒も乗せてお洒落に
生の方が緑が綺麗ですからね
緑は鰻のタレ色によく映えます


ちょっと自分の好みとは逆な鰻でした
自分は関東式ならば、ふんわり柔らかな身の鰻がいい
脂でべたっとしてふんわり感が無いのは好みじゃない 


boeder-001.gif


最近、自分のハマりものはこれ
サテ・トム 
 


s500IMG_4479.jpg


ベトナムのラー油でコストコで購入
これがメチャ美味しい
辛いのが大の苦手な自分ですが、これを加えると箸が止まらなくなります
香りがいいですね
辛くても香りがいいとOKなようです 


s500IMG_4480.jpg


で今日もコストコに在庫補充買い出し
コストコに行ったらこれ、サンデーがお約束
今回はベリーベリーサンデー
(奥さん買い物の時もスマホゲームだし・・・ゲーム依存症だね、あれは・・・--;)  


boeder-003.gif


 m_emoji-1.gif


 


nice!(106)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

見事なバランスの地焼き鰻 浜松の鰻 かんたろう [鰻(鳗鱼 eel)]

この日は浜松へ出張
浜松と言えば鰻
浜松に出張すると鰻を食べるのが最近のお約束

s500_IMG_8133.jpg

今回のターゲットは”かんたろう”
地焼き鰻のお店です
浜松は関西風の地焼き鰻と関東風の蒸し焼き鰻、両方のスタイルが楽しめる地域
どちらの焼き方の鰻を食べるか、お店選びが結構悩ましい
この日は濃厚な脂を体が欲していましたので地焼き鰻のお店にしました

s500_IMG_8112.jpg

11時の開店時間にあわせて到着
鰻は時間がかかるので開店時間に行くようにしています
折角の鰻ですからゆっくりと味わいたい
鰻重を忙しなく食べるのは勿体ないですからね

s500_IMG_8106.jpg

店内はカウンター席が12席、とテーブル10席、座敷に12席
そして二階にも座敷があり12席あるそう
嬉しい事に店内完全禁煙です←ここ、重要

s500_IMG_8116.jpg

お絞りと緑茶
お絞りがちゃんと布なのがいい^^

s500_IMG_8115.jpg

品書きを確認します
特うな重・・・魅力的だけれどうな重との差はどれ位なのだろう
写真があるといいな
と、脇を見ると冊子になった品書きもありました
こちらは写真つき

s500_IMG_8109.jpg

特うな重は一匹半の鰻
ご飯の上に乗らない分は別箱に入れて供されます
ならば普通のうな重でいいかな
乗らない分は別箱ではなくご飯の下に埋もれているスタイルだったら特うな重を選んだかも
尤もこの値段になると出張手当では赤字
お小遣いに響きますから気軽に頼めません

s500_IMG_8107.jpg

オーダーは鰻重2780円で確定です
鰻一匹が乗ってこの値段ならば満足^^

s500_IMG_8108.jpg

しっぽが気になる~^^;
しっぽ、それは端っこ
端っこって何故か凄く魅力的に思えてしまいます
ロールケーキでもカステラでも・・・^^;
夜だったらしっぽで飲んでからうな重で〆るのもいいな

蒲焼と白焼きにハーフサイズがあるのが嬉しいですね
ハーフで二つの味を頼んで味比べしながら飲むのもいいな

s500_IMG_8117.jpg

オーダーした後は小説を読みながら鰻の登場を待ちます
読んでいるのは作中に鰻が出てくる話

こうして鰻ちゃん気分100%になった頃、鰻重が到着

s500_IMG_8126.jpg

まずは重箱の蓋をとって鰻ちゃんにご対面
あいたかったよ~^^

s500_IMG_8119.jpg

肝吸い 

s500_IMG_8131.jpg

漬物は沢庵と胡瓜
奈良漬けが無いのは残念

s500_IMG_8122.jpg

地焼鰻のうな重、綺麗な表面に唸ります
焼き加減の見事なこと
焦げやすい地焼きなのに焦げが無いのです

s500_IMG_8127.jpg

焦げやすい皮側、尾側にも焦げはありません

s500_IMG_8125.jpg

まずは鰻を一口
パリッとした表面を感じながら噛むとじゅわりと濃厚な旨味の脂が溢れます
それに重なる炭火の香り
鰻は炭火焼きがいいですねぇ

この濃厚な旨味の脂こそ地焼き鰻でしか味わえないもの
蒸すと脂が落ちてしまいますからね
無論ふっくら感はありません
ふんわりした身は蒸し焼き鰻ならではのものですから
それぞれ美味しくて、それ故浜松のように両方の焼き方がある地域だと店選びに悩みます

s500_IMG_8129.jpg

ご飯の炊き方も絶妙
硬すぎず柔らかすぎず
ふっくらと炊きあがり、お米の甘さもしっかり感じます
タレも素晴らしい
甘すぎず辛過ぎる事も無く

地焼き鰻のお店はタレが甘めな場合が多いのですが、ここはしっかり辛口(過ぎない程度に)
鰻の脂とタレのバランスが丁度いい

地焼き鰻は好きですが、満足できる店は少ないのです
焦げがあったり、タレが甘すぎたり
ここはそういった事が全くありません
これはリピ確定です

s500_IMG_8130.jpg

半分ほど食べたら山椒を振りいれていただきます
ご飯にも山椒をまぶして
タレの絡んだご飯に山椒を混ぜて食べるのが好き
山椒の香りとタレご飯の旨味が口の中で一体になって至福の時^^

s500_IMG_8132.jpg

ごちそうさまでした
美味しかったです
また来ます^^

そのCPに満足でした

かんたろう
053-464-6323
静岡県浜松市南区飯田町616-2
11:00~14:00&17:00~20:00
定休日 月曜日

boeder-001.gif

この日は浜松で泊まり
HOTELの部屋でスイーツタイム

s500_IMG_8477.jpg

デザートはローソンで買った和栗のモンブラン、295円

s500_IMG_8479.jpg

やはりモンブランの絞りはこのスタイルがいいね

s500_IMG_8480.jpg

和栗クリームを一口
サッパリした栗感だけれど値段を考えれば悪くない

s500_IMG_8481.jpg

栗クリームの下には栗ホイップ
さらには土台にも栗、ベイクドマロンケーキ
限られた予算で結構拘っていますね
開発者、かなりの栗好きとみました

boeder-003.gif

***オフ会のお知らせ***

mozさんと さる1号がご案内する

紅葉の鎌倉散歩オフ会

参加者募集中です

<期日> 

12月10日 土曜日

<集合場所>

 10:30 北鎌倉 円覚寺前の踏切付近

北鎌倉駅下りホーム側改札を出てすぐ先です

<日程>

10:30~12:00 円覚寺(拝観料300円)

12:00~13:00 東慶寺(拝観料200円)

(時間があれば浄智寺も (拝観料200円))

13:00~鎌倉に移動(JRで一区)

13:30~15:00 鎌倉駅周辺の居酒屋にて食事

(仕立て屋鎌倉店を予定 仕立屋御膳 1,852円 +酒類 )

15:00~ 解散&希望者のみで妙本寺(拝観料 無料)へ

<参加連絡方法>

参加いただける方はmailにて連絡をお願いします

本ページ左の欄にあります”しろたま さる1号 Mail BOX”をご使用ください

皆様のご参加、お待ちしています

<追記>

集合は10:30ですので時間のあるかた(早く来られる方)は

集合時間前に明月院に行っておくのもいいかも

<備考>

今回のコースは駅近コース

歩く距離はさほどありません

ギックリ癖のあるガラスの腰でも大丈夫^^

<参考 遠方から10:30に北鎌倉に到着するには>

新大阪より 7:30発 (名古屋より 8:22発) のぞみ108号にご乗車ください

金沢より 6:13発 (富山より 6:37発) はくたか552号にご乗車ください

新青森より 6:17発 (仙台より 7:52発) はやぶさ4号にご乗車ください

遠方の方々も鎌倉散歩如何ですかぁ~^^

m_emoji-1.gif


nice!(120)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

帰省したらまず鰻 かも川茶寮 うを完 [鰻(鳗鱼 eel)]

s500_IMG_7068.jpg

帰省中にやらかしたギックリ

でも帰らなくてはいけませんから寝てはいられません

痛みに脂汗を流しながらドライビング

あまりの痛さにアクセルが踏み込めなくて

左車線キープでゆっくり帰ってきました^^;

病院で湿布とロキソニンを貰っておとなしく寝ています

夏休みの後半を無駄にしてしまった・・・・

凄く悔しいーー;)

症状が軽くなったらPCを立ち上げて記事をタイプ

暫く帰省ネタが続きます

boeder-001.gif

お盆の渋滞に突っ込む根性は持ち合わせていない自分
夏休みはお盆の時期を避けて取ります
今年はお盆の後にしました
夏休み初日の土曜日は休養日、帰省に向けて体を休めます
帰省したら何かと疲れますからね^^;

s500_IMG_7019.jpg

日曜日、仕事の都合でこの時期に夏休みを取れなかった奥さんを残して三人で岐阜に向かいます
浜松ー豊田間が開通した新東名、走るのがちょっと楽しみ
まずは清水PAで休憩、ランチタイム
ここにあるフレンチトーストのお店に行きたくて寄ったのですが、娘たちにあっさり却下されてしまいました
朝が甘いパンだったから昼はガツンと食べたいと言う上の娘
何と軟弱な、それでも甘党か!父ちゃんは三食甘いものでもOKだぞ

s500_IMG_7021.jpg

泣く泣くうどんにしました(涙
でも好物の竹輪天と半熟卵天を付ける事は忘れません

s500_IMG_7022.jpg

下の娘はラーメン
煮干し出汁が効いているのは良いけれどエグ味が強く、後味に苦みが残るのは評価できないとダメ出し

s500_IMG_7023.jpg

カツ丼大好きで、バイト先がカツ丼屋の上の娘はカツ丼
バイトで飽きる程見るカツ丼、そのバイト先のまかないはカツ丼、カツ丼に飽きているかと思いきや
こうして外で食べるのもカツ丼
どこまでカツ丼が好きなんだ(呆
最近、顎が丸くなってきていないか?

s500_IMG_7024.jpg

甘いフレンチトーストを期待したのに食べられず
でも体は甘いものが欲しくて仕方ありません
こんなの見たら食べたくなって・・・・

s500_IMG_7025.jpg

こうなっちゃいます^^;
ホルスタインのミルクのアイスはサッパリした後口
ちょっと物足りない
ジャージー種の方が濃厚で良いな
でも下の娘はこっちの方が好きだそう

s500_IMG_7026.jpg

コーンは揚げ底ではありません
合格^^

s500_IMG_7028.jpg

新東名の初めて通る区間(浜松―豊田)に入ったらパーキング各駅停車
刀を売る高速道路PAっていうのも珍しい
売れるのか?

s500_IMG_7030.jpg

上の娘が嬉々として熱心に見ていましたが・・・流行っているのか???

s500_IMG_7029.jpg

火縄銃まで売っています
買う人、いるのか??

s500_IMG_7032.jpg

そしてもう一軒寄り道

s500_IMG_7033.jpg

アイスがあったら食べる
それがお約束^^

s500_IMG_7034.jpg

種類も多くていいね

s500_IMG_7036.jpg

上の娘はこれ

s500_IMG_7046.jpg

サンプル写真より大きい?

s500_IMG_7037.jpg

緑茶好きの下の娘が選ぶのは抹茶

s500_IMG_7047.jpg

これはサンプル写真通りかな

s500_IMG_7039.jpg

自分は・・・一日一ソフトは既にコンプリートしているのでこっちから、でも迷うなぁ

s500_IMG_7041.jpg

そんな時は現物をチェック^^
ますます選べない~><

s500_IMG_7038.jpg

結局これ

s500_IMG_7048.jpg

甘さより酸っぱさが強かったです^^;

s500_IMG_7050.jpg

甘さが足らなかったので甘さの追加が必要になって^^;

s500_IMG_7049.jpg

おおあんまき~♪

s500_IMG_7052.jpg

凄く懐かしい

新東名から東海環状に入って可児御嶽ICへ
シャトレーゼでアイスを大人買いしたら実家へ

boeder-001.gif

少し寛いだ後は晩御飯
足の悪い婆さん(自分の母親)は外で食事をする機会はありません
なのでこういう機会に外に連れ出します

s500_IMG_7065.jpg

婆さんの希望はステーキか鰻
地焼の鰻は関東では食べられないので鰻にしました
帰省したらまず鰻
地焼の鰻を食べないのでは帰省した意味がありません
←何か勘違いしているようなーー;)う~ん

s500_IMG_7075.jpg

車から店まで結構距離があるこのお店
庭を楽しみながら店に入るのは楽しいけれど、足の悪い婆さんと一緒だと一寸大変
鋭角に曲がっていたり、道幅が凄く狭くなったり、極めつけは打ち水
あまりの暑さで石畳に打ち水までしてあって滑りそう
こんな場所で滑ったら婆さんは受け身なんて無理です
頭から激突するのは確実
そう思うから婆さんも恐々で必要以上にしがみ付いて・・・支える自分の腰にその負荷が^^;

s500_IMG_7076.jpg

ようやく入口に到着

s500_IMG_7089.jpg

足の悪い婆さんですから座敷よりテーブル席の方が楽
テーブル席に案内してもらいます

s500_IMG_7090.jpg

ゆったり広いレイアウトで窮屈感が無いのがいいですね

s500_IMG_7079.jpg

品書きを確認します
娘たちはひつまぶし
やはり彼女らもそれ程お腹が空いていないようで”ひつまぶし小丼”をチョイス

s500_IMG_7084.jpg

自分は・・・鰻重がいいな
でも写真の鰻重に気に入らない点を見つけて却下
何処が気に入らないって、ご飯が白いこと
タレがかかっていない???
鰻とご飯が別々に供される???
これじゃぁつまらない
鰻はタレの染みたご飯の上に乗っていることが絶対条件なのです
別々なら蒲焼定食でいいじゃん

s500_IMG_7083.jpg

と、言う訳で鰻丼に落ち着きました
二段丼という言葉に誘われて”山”で

婆さんのチョイスも鰻丼の山、そして下の娘の好物のう巻きの大を一つ

s500_IMG_7091.jpg

ひつまぶし小丼の着丼

s500_IMG_7092.jpg

上の娘は鰻が足りなかったようで自分の鰻丼から一切れ拉致してゆきました
だからレギュラーサイズにしろって言ったのに・・・・

s500_IMG_7098.jpg

コッテリ味が好きな上の娘
鰻は地焼の方が好きなようです
下の娘はあっさりが好き
なので蒸した関東風が好きなよう

s500_IMG_7099.jpg

う巻き大も到着
フワフワでつかむのが凄く難しい玉子
ふんわりした食感の甘い玉子に包まれた蒲焼
アツアツフワフワを口に含んで至福の時

s500_IMG_7101.jpg

甘い玉子のう巻きは初めて食べました
う巻きの玉子は甘くないイメージがあったので最初はちょっと違和感も
でも、もともと甘い玉子焼きが大好きな自分と下の娘
ハマりました^^
甘めのタレで焼かれた蒲焼が甘い玉子焼きに包まれているわけですから、まさに自分好み

s500_IMG_7103.jpg

鰻丼”山”の着丼
丼の上の鰻は二段積み
なので鰻の周囲はご飯がしっかり露出しています

s500_IMG_7105.jpg

平屋にしてご飯が見えない方が好きだな

s500_IMG_7106.jpg

漬物に奈良漬が無いのは悲しい
鰻には奈良漬、必需品

s500_IMG_7107.jpg

小鉢には冷奴

s500_IMG_7108.jpg

これも楽しみのひとつ
肝吸い

s500_IMG_7111.jpg

さぁ、いただきましょう
地焼特有のパリッとした食感と適度な香ばしさ
過度な焦げが無いのがいいですね
焦げの苦みは全てを台無しにしてしまいますから
噛むと濃厚な脂がじゅわ♪
身の厚みもしっかりあって地焼にしては柔らかな食感
口の中は旨味でいっぱいになります
そこに突撃させるのはタレの染みこんだご飯
鰻の脂の旨味とやや甘めのタレを纏ったご飯による追加攻撃で味覚は幸せの飽和状態

s500_IMG_7112.jpg

鰻って美味しいなぁ^^
半分食べたところで山椒をふりかけます

s500_IMG_7114.jpg

追加のタレもありました
もしもっとタレが欲しければ必要とするだけ追加できるのです
これは嬉しい
折角だからご飯にちょっと足しました^^

s500_IMG_7115.jpg

さらに濃厚になったタレご飯
濃過ぎではないかって?
それは大丈夫、山椒という強い見方があるのです^^

s500_IMG_7116.jpg

ご飯の中からも鰻が
鰻が二段、確かに二段でした
でも・・・・埋もれていた鰻は一切れだけだったのはちょっと寂しい
宝探しは何度も楽しみたいからね

s500_IMG_7120.jpg

帰りも婆さんを支えます
娘達だと力が無くて不安みたいなので仕方ありません
帰りは暗くなった分余計に歩き辛いようでさらに支えるのが大変
こっ、腰がぁ~><


かも川茶寮 うを完
0574-25-0770
岐阜県美濃加茂市 加茂川町3-7-17
11:00~14:00&16:30~21:00

boeder-003.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(122)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蒸さない鰻の濃厚な脂と濃いタレの旨味 浜松の鰻 うな吉 [鰻(鳗鱼 eel)]

帰省中のため予約投稿です

実家にはネットワーク環境が整っていませんので皆様のところに訪問することができません

戻りましてから訪問させていただきます

ペコリ(o_ _)o))

s500_IMG_6946.jpg

うなぎの裂き方の違いには諸説ありますね
関西は蒸さないから腹開き関東は蒸すから背開き(腹で開くと蒸した時に身が崩れるから)
関東が背開きなのは職人の腕の問題(うなぎは肋骨がなく腹開きは技術が要求されるが、背開きは楽)
等の説や、眉唾な江戸は侍が多く「切腹」を連想させるので背開きとし云々という説
だってね、それじゃぁ鯵の開きが背開きでない説明がつかないからね
それに鰻は最初は品のある食べ物として認められていなかったそうだし

s500_IMG_6978.jpg

蒲焼なるものが初めて文献に登場するのは1399年(応永6年)、『鈴鹿家記』のなか
それ以前の調理方法はうなぎを長いままを丸々1匹串に刺し、山椒味噌をつけて焼いて食べるというスタイルだったそう(池波正太郎氏の著作の中で読みました^^;)
その蒲焼には関東風の蒸し焼きと、関西風の地焼がありますが
その地域の分け目は浜松あたりから諏訪湖までの天竜川沿いのようです
つまり、浜松あたりでは関西風のお店と関東風のお店が混在し、両方のスタイルが楽しめるということ

s500_IMG_6948.jpg

折角の浜松出張です
両方のスタイルで楽しまない手はありません

前日は”うな炭亭”でふんわりした関東風の蒸し焼きの鰻をいただきました
なのでこの日は関西風の地焼の店を探します
いろいろ検索して選んだお店は”うな吉”
1時頃に到着したしたが駐車場はほぼ満車状態
1Fは満席で、2Fの座敷に通されました

s500_IMG_6952.jpg

店内完全禁煙は嬉しい
でもお店の中は煙いです^^;
2Fにも鰻を焼く煙が侵入して、鰻の香りに座った瞬間から腹が騒ぎまくり

s500_IMG_6953.jpg

品書きを確認します
でも写真も説明書きも無く、違いが今一つ解りません
オーダーを撮りに来たときに違いを尋ねると

”並と松の違いは鰻の大きさ 松と上は鰻は一緒ですが、上はメロンが付きます”

松と上の違いはメロンかぁ・・・・じゃぁ松で決定だね、メロンなんて要らないから

s500_IMG_6954.jpg

鰻重松(3800円)をオーダー
お茶は温かな緑茶
この季節は冷たい麦茶の方がいいな・・・

s500_IMG_6955.jpg

骨煎餅をカリカリ食べながら鰻の登場を待ちます

s500_IMG_6958.jpg

鰻ですから気長に待ちます
そしてようやく鰻重松の着重

s500_IMG_6960.jpg

蓋を外し、ご対面
鰻の香りが立ち昇って昇天寸前^^
幸せな気分に包まれます
鰻って、いいなぁ^^

s500_IMG_6961.jpg

関西風の蒸さない鰻
表面はしっかりした色で見るからに濃い味付け
蒸さない分脂は強め
その脂に負けないようにするには濃いめの味になるのでしょう
でも濃すぎる事はありません
適度な濃さなのがいい

表面に焦げが無いのは素晴らしい
その脂の多さとタレの濃さから焦げやすい関西風
焦げなく焼くのは難しいでしょうね
関西風の鰻の店で焦げの苦みや必要以上に濃いタレにガッカリしてしまう店は結構多いのです

s500_IMG_6963.jpg

椀は肝吸い 

s500_IMG_6965.jpg

漬物に奈良漬があるのを見てニッコリ^^
全部奈良漬だともっと嬉しいな 

s500_IMG_6968.jpg

まず鰻を一口頬張ります
地焼のパリッとした食感
そのパリッとした層はしっかりとした厚みがあって歯が触った瞬間はカリッと感じます
そして噛みこむと身から濃厚な脂がじゅわっと溢れ、濃厚な旨味とコクが舌の上に
身は柔らかですが、蒸した鰻のようなふんわり感は無く、柔らかですが脂を溜め込んだ柔らかさ

s500_IMG_6962.jpg

自分が生まれ育った土地は浜松より西側
つまり鰻は地焼
なのでこの脂たっぷりで、濃いめのタレの鰻は懐かしい
美味しいです
でも食べ続けるとちょっと脂に味覚が重くなってきました

s500_IMG_6970.jpg

実家を離れ、関東にでて来て驚いたのは鰻の頼りなさ
脂を抜いてしまった鰻の物足りなさにガッカリしていたものですが・・・
今は関西風の蒸さない鰻が脂っぽく感じてしまいます
慣れって^^;

s500_IMG_6971.jpg

ご飯は柔らかめ
これは自分の好みの炊き方ではありません
タレの染みたご飯は好きですが、柔らかなご飯に濃いめのタレではバランスが悪い
硬めのご飯であって欲しかった・・・--;)
柔らかなご飯なら薄目のさっぱりしたタレの方があいます

s500_IMG_6972.jpg

風の影響でしょうか煙突から煙が上手く逃げないのか、室内がますます煙って霞状態^^;
食べながら煙が気になるほどに^^;

s500_IMG_6974.jpg

脂が強く感じるようになったら山椒の出番です

s500_IMG_6975.jpg

しっかりかけていただきます
あれほど強く感じた脂が不思議なくらい中和され、口の中をリセット
ご飯にもふりかけます
鰻の脂が染みたタレご飯に山椒の香り
それは最強のご飯、いくらでも入っていきます
ただ・・・ご飯が柔らかいのが残念

s500_IMG_6979.jpg

レンタカーがしっかり燻されていました^^;

うな吉 (うなきち)
053-437-0549
静岡県浜松市北区三方原町2142-9
11:00~14:00
17:00~20:00 (19:45ラストオーダー)
定休日 月曜日

連荘で鰻になるとは・・・・お小遣い残高がぁ・゚・(ノД\lll)・゚・コワイヨォォォォ・・・

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(115)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぱりっとした表面とふわふわな身 浜松の鰻 うな炭亭 [鰻(鳗鱼 eel)]

帰省中のため予約投稿です

実家にはネットワーク環境が整っていませんので皆様のところに訪問することができません

戻りましてから訪問させていただきます

ペコリ(o_ _)o))

s500_IMG_6855.jpg

浜松記事が続きます
週が変わり再び浜松へ出張
浜松と言えば鰻
折角の浜松出張ですから鰻を食べ歩くのもいいですね
尤も調子に乗るとお小遣いが破綻してしまいます
鰻に魂を奪われないよう注意しないとね

s500_IMG_6857.jpg

この日は客先に午後入り
11時一寸前に浜松駅に到着したら鰻屋さんへ直行です
新幹線に乗っていた一時間強の時間に検索に検索を重ね、候補を絞り決定したお店がここ、うな炭亭
いろいろな記事に出ていたのと駅から近い事、レンタカー屋さんと同じ側(南口)にあるのが決め手です

11時開店で10時50分位にお店の前に到着
既に暖簾がかかり、営業中の看板
しかも駐車場には既に三台の車が
・・・一番乗りするつもりだったのに、甘かったぁ><

s500_IMG_6859.jpg

早速入店、1Fは厨房です
客席は2F、エレベーターを出て左側に向かうと座敷、こちらは禁煙
右側は普通のフロアにテーブル席が二つ、ことらは喫煙席のようでした
自分は当然座敷へ
これだけ離れていたら煙草の匂いが禁煙エリアに漂う事は無いでしょうね
でもエレベーターは匂うかも

s500_IMG_6863.jpg

席に着くとお箸とお絞り、そして麦茶が置かれます
暑くて喉が渇いているから嬉しい^^
鰻ですから、まずは漬物などで飲みたいところですが仕事が待っていますからね

s500_IMG_6865.jpg

品書きを吟味します
お財布と相談しながら睨めっこ
特上だと二段なんだ
じゃぁ特上がいいな^

s500_IMG_6864.jpg

写真付の品書きもあったので再度チェック

s500_IMG_6860.jpg

重の特上と丼の特上を比べて・・・
ご飯の中に一切れ隠れる丼が魅力的
でも、重のスタイルもいいなぁ(悩
と悩んだ末、鰻重特上をオーダー

s500_IMG_6861.jpg

本当は白焼きで一杯飲んでから鰻重を食べたいな

s500_IMG_6880.jpg

お勧めの地酒
何故か一品だけ県外品^^;

s500_IMG_6866.jpg

鰻重特上(3800円)の着重
ワクワクしながら蓋を外します

s500_IMG_6867.jpg

重は二段で上の段は鰻の蒲焼が一枚
下の段は鰻重となります

s500_IMG_6878.jpg

鰻重には肝吸いが無いとね^^
うな肝のぷりっとした食感とほろ苦い後味がいいですねぇ♪ 

s500_IMG_6871.jpg

漬物は柴漬けに沢庵
奈良漬が無いのは寂しい
鰻には奈良漬は絶対欲しい
酒粕には、鰻の脂分をほどよく抑えてくれるペプチドなどの成分があり奈良漬は鰻の口直しにピッタリ
しかも、鰻に含まれているビタミンやミネラルの吸収を助けてくれる働きもあるそうです
しかも奈良漬がもっている香りがは鰻の生臭みを抑え、鰻の旨味をぐっと前にだすとか
なので絶対奈良漬は必要です

デザートにはミカンが半分
なんだ、ミカンかぁ・・・・って、今は夏じゃん@@;)
夏にミカン、これは贅沢だなぁ^^

s500_IMG_6869.jpg

まずは鰻を一口
箸で鰻を適度な大きさにカットします
ふんわり柔らかな鰻はあっさり箸でカットされ、それを口の中に
最初に感じるのはパリッとした食感
そして香ばしい鰻の香りが口いっぱいに広がります
噛みこむとふんわりした鰻の身からじゅわりと脂が滲み出て
そのしっかりした旨味に体中が喜ぶのです

s500_IMG_6868.jpg

最初の一口のパリッが素晴らしい
関東風の鰻の場合、ふんわりだけでパリッとした表面が無い場合も多いのですが
ここの鰻はパリッとしています
しっかりとパリッとして、一瞬蒸していない関西風なのかと思って皮面をチェックしたぐらい^^;(尤もタレの濃さが関東風なので関東風と解りますが)
焦げも無く、見事な焼き具合

s500_IMG_6873.jpg

タレは甘すぎずいい感じ
自分の好みとしては、もう一寸辛口に振って欲しいところですが、この鰻のタレとしては丁度いい
ただ、タレの染みたご飯を食べると、やや甘いかなって感じを受けました 

s500_IMG_6872.jpg

タレの染みたご飯、最高です
鰻の脂が適度に加わり、旨味もたっぷり
炊き方はやや硬め
自分の好きな炊き具合で何もいう事はありません^^

s500_IMG_6877.jpg

鰻とご飯の美味しさを交互に楽しみながら食べ進みます
パリッとした表面とじゅわっと溢れる脂
その脂に負けない重さのタレご飯
素敵なバランスです^^

s500_IMG_6875.jpg

そして途中で山椒も少々降りかけていただきます
鰻には山椒ですねぇ
鰻の脂の旨味に山椒の爽やかな香り、素晴らしい相性
鰻の脂の染みたタレご飯にも山椒を降りかけていただきます
タレの染みたご飯の甘さと辛さ、脂の旨味に山椒の香り
これがまた最高に美味しい^^

美味しい鰻重に満足♪
満ち足りた気分で仕事に向かいました
浜松は鰻だな、餃子より絶対鰻^^

うな炭亭
053-451-3131
静岡県浜松市中区砂山町354
11:00~14:30(14:00LO)
16:30~20:00(19:30LO)
定休日 毎週水曜日夜の部、木曜日

boeder-001.gif

最近怪しげな宣伝コメントが多く

コメントはログインユーザーのみ(曽根風呂ブロガーのみ)受付の設定にしています

暫くはこの状態が続きます

m(_ _"m)ペコリ

m_emoji-1.gif


nice!(111)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パリパリな皮と溢れる脂 可児の鰻 うなぎの水野 [鰻(鳗鱼 eel)]

さて、岐阜は可児
入院中の婆さん(自分の母親)の件でいろいろあってちょこちょこ可児にある病院へ往復しています

使うのは毎回車
一時はバイク(ZZR1100)で・・・とも考えましたが帰ってくるのが夜になってしまう状況ではバイクは辛い
結局、楽優先で車なのです
来て用事を済ませて直ぐに戻る
それも良いのですが、やはり勿体ない
折角ここまで来たからには楽しまないと^^

s500_IMG_2413.jpg

この日は可児御岳ICの一歩手間
五斗蒔PAから下道に入ります
こんな山道を走って向かった先は・・・

s500_IMG_2415.jpg

可児市の長閑な田園風景

s500_IMG_2414.jpg

そんな風景が広がる駐車場に車を駐めて少し歩くと

s500_IMG_2417.jpg

民家そのままの鰻屋さん、”うなぎの水野”に到着

s500_IMG_2418.jpg

看板の下には品書き

s500_IMG_2447.jpg

そして防犯カメラ
実はこの鰻屋さん
自分が初めて知ったのは数年前
土用丑の日に仕事で泊まったビジネスホテルの朝ごはん会場で流れていたニュースで知りました
丑の日前日に生簀の中の鰻が全て盗まれたと
しかもその鰻は全て国産、一色の鰻だったそう

(それで防犯カメラを付けたんだ^^;)

s500_IMG_2419.jpg

辺りに漂う香りが鰻屋であることを物語っています^^

s500_IMG_2420.jpg

この匂いだけで既にノックアウト
鰻を焼く匂いって反則ですよね
凄く美味しそう
匂いだけで白飯を一膳ぐらいは食べられるかも(笑

s500_IMG_2421.jpg

色紙がいっぱい並んでいます
色紙を喜んで貼りだしているような店に美味しい店は少ないのですが・・・

s500_IMG_2422.jpg

天井が高く、部屋も広い昔ながらの部屋
座敷にテーブルってスタイルは、正直あまり好きじゃない
でも土地柄年寄りが多いからテーブルの方が良いのかも

s500_IMG_2429.jpg

椅子とテーブルに統一感が無いのは好きじゃない
落ち着かないし
でも・・・・

s500_IMG_2431.jpg

急須は好きだな^^

s500_IMG_2427.jpg

あらためて品書きをチェック
限定ランチの混ぜご飯1300円がありますが、今回は限定に誘われませんでした
ここはやはり鰻丼でしょう

s500_IMG_2430.jpg

写真入りの品書きは嬉しい
大きさが解るからね^^

s500_IMG_2425.jpg

鰻丼の上は鰻が一匹、頼むならこれでしょう
鰻の隙間から白飯が見えますが、まぁこれは丼ですから良しとしましょう
ごはんの中にも入っている訳ですから

s500_IMG_2426.jpg

こちらは並、上を見た後だとどうしてもね・・・

s500_IMG_2432.jpg

鰻重上(3200円)の着丼
あああ、高速代とガソリン代がかさんでいるのに贅沢をしてしまったーー;)
でも疲れを取るためには仕方ない出費ですね
岐阜への日帰り往復が続くのはメチャ疲れますから

そうやって行動を正当化^^;

s500_IMG_2433.jpg

鰻様とご対面
思わず拝んでしまいます^^;

s500_IMG_2434.jpg

きも吸いに

s500_IMG_2435.jpg

お新香

s500_IMG_2436.jpg

さぁ、いただきましょう
蓋をあけると鰻様の素敵な香りが立ち昇ってきます
その香ばしさに涎が溢れます
この地方の鰻は蒸しません
なので脂がいっぱい
その脂に負けないようにタレが甘めで濃くなっています

s500_IMG_2438.jpg

蒸していないから皮がパリパリ
これが凄く美味しい
パリパリで香ばしい皮を噛むと断面から鰻の脂がじゅわーっと溢れ凄くジューシー
そこに甘めで濃いタレがからんで旨みを押し上げます
蒸さない鰻、やはりいいな

s500_IMG_2439.jpg

今入院中の婆さんなんぞは関東の鰻を食べさせると物足りないと言います
蒸して脂が落ちた鰻なんぞ味が足らないと
皮がふにゃふにゃなのは食感が良く無いと
実は自分も関東に暮らすようになって数年はそう思っていました
でも蒸した鰻は蒸した鰻の良さもあって両方好きです
蒸した鰻は確かに脂が少ない
でもそれだからサッパリ目のタレが使えます
タレも甘さが必要じゃなく、キリッとした味にすることができるのです
でも食感は蒸していない方が好き^^;
後は焼き
蒸さない鰻は脂が多いので焦げやすい
下手な店だと苦いぐらい焦げがあります
この店の鰻は焦げは適度
苦くありませんでした

s500_IMG_2440.jpg

ご飯の中からこんにちわ^^
やはりこれが無いといけません

s500_IMG_2444.jpg

タレは自分の好みよりやや甘めでしたが、これはこれで美味しい
焼き加減も文句なし、苦くなくパリパリした皮が美味しい
満足しました^^


うなぎの水野
0574-64-1655
岐阜県可児市久々利1089-1
11:00~14:00(L.O)&17:00~19:30(L.O)
定休日 水曜日&木曜日 

boeder-001.gif 

病院での打ち合わせが終わったら横浜に戻ります

s500_IMG_2448.jpg

お土産は岐阜・明知名物のカステラ、松浦軒本店のカステラです
岐阜でカステラって意外な感じがしますが
長崎のカステラとはまた違ったカステラなのです

s500_IMG_2449.jpg

富士山を眺めながら走るのは気持ちいい^^

boeder-003.gif

戻ったらお土産タイム、緑茶を煎れてカステラを味わいましょう

s500_IMG_2450.jpg

ねっ、長崎のとは違った感じでしょ

s500_IMG_2452.jpg

カステラは昔あったカスティリァ王国にルーツがあり、ポルトガル語で言う所のポォン・デ・ロが原型
それが長崎に伝わったのです
寛政8年に美濃の岩村藩の医者が長崎でオランダ人から製法を習い
岩村に戻ってこの家に伝えたそう
その当時と材料や製法を一切変えていないカステラ
言うなればシーラカンスなカステラ^^

s500_IMG_2454.jpg

みるからに素朴な感じの表面
長崎カステラのキメ細かい表面とは違います
食感も違う
長崎カステラのようなしっとり、ねっとり感はありません
カステラとしては硬めで歯応えがあって、しっとりした感じはありませんがパサパサではない
ねっとり感は皆無ですが甘さはしっかりあります

甘く濃厚な味わいのカステラは長崎カステラ、美味しいですよね
このシーラカンスカステラを食べると長崎カステラがどう進化していったかが感じられます
日本人の創意工夫、魔改造の才能を思わずにはいられません
それ程違う

s500_IMG_2457.jpg

いや、シーラカンスカステラが悪いと言っている訳ではありません
これはこれの良さがあります
素朴な味わいと飽きの来ない味
軽い味わいが良いのです
下の娘はこのカステラの方が好きだそう
(濃厚な味を好む上の娘は長崎カステラ派ですが^^;)

s500_IMG_2466.jpg

ヨーロッパでもポォン・デ・ロは時代とともに変化してしまい
今のポォン・デ・ロは随分変化してしまったそうで、寧ろこのシーラカンスカステラの方がポォン・デ・ロの原型に近いとか

松浦軒本店

0573-43-2541
岐阜県恵那市岩村町本町3-246
8:30~19:30

m_emoji-1.gif


nice!(135)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

帰省の楽しみは蒸さない鰻 中恵土 鰻 つじ屋 [鰻(鳗鱼 eel)]

(岐阜は可児に帰省した時の記事の補記事です)

何を食べようか・・・・昨晩は肉だったから魚が良いな
寿司?でも初日に食べたし
悩んでいると鰻じゃないの?と上の娘
ああ、鰻かぁ
最近の高値ですっかり候補から除外していました(笑)

s500_DSCN5389_3373_.JPG

岐阜の鰻は蒸さない鰻
なので皮がパリッとしていて肉はジューシー、濃厚な味わい
脂が強いので脂の重さに負けないように濃いタレを使います
関東の鰻はふわふわ柔らかに蒸しあげるので脂もサッパリ
なのでスッキリしたタレでも負けません
自分はどちらが好みなのか

自分が好きなのは蒸さない鰻
でも蒸さない鰻で自分好みの鰻を出してくれる店は少ないです
それはタレ
脂に負けないよう濃くするのは良いのですが、やたら甘い店が多いのです
甘くクドく、三口で味覚が飽和してしまうようなタレ
そして更に悪い事に、甘さが強いタレは焦げやすい
なので焦げ焦げの鰻を出してくる店もあります
焦げ焦げの鰻って美味しいのか?
正直言って苦いだけ
旨さも苦みにかき消されてしまいます。そんな鰻は食べたくない

関東の蒸す鰻で焦げ焦げなのは見たことがありません
なので安心して鰻屋さんに入れるのは関東かな

そういえば背開き、腹開き
その訳は武士文化だからだとか商人文化ゆえ云々とか某国営放送のクイズ番組で言っていましたが
本当のところどうなんでしょうね
武士文化ゆえ背開きならば何故関東の干物は腹開きなのか、説明がつきません
これはやはり調理法の違いと言うのが一番納得しやすい
関東の蒸す鰻、鰻を開いて蒸すのに腹で開いたら売り物にならないと思います
腹の肉は脂が多く柔らかい
この部位で開き蒸したらさらに柔らかくなって断面がボロボロになってしまい見た目が悪い
それを避けるために背で開いたと考える方がスマート
関西の腹開きの訳は・・・蒸さないし腹で開く方が楽だから^^
そんな単純なところじゃないかなって思っています(実際どうなんだろう)

s500_IMG_0918_3390_.JPG

今回来たのは中恵土鰻つじ屋、似た名前の鰻屋さんが関と可児にありますが、それとは違う店

s500_DSCN5390_3374_.JPG

それ程大きな店ではありません
(この辺りの鰻屋さんって大きい店が多いのです)

s500_IMG_0924_3395_.JPG

まとめてドンと置かれるお茶とおしぼり
これがこのあたりのスタイル^^

s500_IMG_0921_3392_.JPG

品書きを確認します
鰻重が2500円とリーズナブル^^
此れ位の価格なら気軽に来られます
鰻重が4000円とか言われてしまうと年に一回位しか承認がおりません・・・・いや、4000円を越したら承認は無理かも^^;

s500_IMG_0922_3393_.JPG

まぶし丼にも惹かれますが

s500_IMG_0923_3394_.JPG

自分は鰻丼の上(2500円)、やはり鰻重よりも鰻丼
鰻重は上品な感じですが鰻丼は違います
ガッツリ、濃いタレで大盛りご飯をかきこむ、そんなイメージ^^
下の娘は鰻丼の並(2000円)、婆さんと上の娘は鰻重(2500円)
そして・・・・

s500_IMG_0927_3397_.JPG

奥さんはミニ丼、ダイエットにようやく目覚めた奥さん
減少する体重が嬉しくて、ここでもミニ丼(1500円)で頑張ります
(元の重さが重さなので直ぐに減るというのも事実^^;)
でもミニ丼にしたものの・・・・品書きに目移り
追加でう巻き(1500円)と肝焼き(700円)もオーダー
其れって・・・随分贅沢なオーダーだなぁ

s500_IMG_0929_3398_.JPG

下の娘の鰻丼(並)

s500_DSCN5403_3381_.JPG

婆さんと上の娘がオーダーした鰻重

s500_IMG_0930_3399_.JPG

自分のオーダーした鰻丼(上)

s500_IMG_0931_3400_.JPG

直焼きなのに焦げが少ない
期待できそう
蒸さない鰻特有の表面の艶が食欲をそそります

s500_IMG_0933_3402_.JPG

漬物、奈良漬が無いのが悲しい・・・--;)、やはり鰻には奈良漬が無いとね

s500_IMG_0934_3403_.JPG

肝吸い

s500_IMG_0935_3404_.JPG

小鉢は玉子豆腐でした

s500_DSCN5400_3380_.JPG

奥さんのミニ丼
いやぁ~、本当にミニなんだ^^;
高齢者に丁度いい感じの量ですね
品書きにも高齢者向きって書いてあったし
って・・・ウチの婆さん普通に鰻重食べているけれど^^;

s500_IMG_0925_3396_.JPG

肝焼き、串に刺さっていないんだ

s500_IMG_0938_3407_.JPG

う巻き、これ自分も好きなんだよね、卵好きだから
で、奥さんの隙を見てGET^^
ふんわり卵が美味しいです

s500_IMG_0936_3405_.JPG

さぁ食べましょう
皮がパリッとした鰻を口に中に
どっしりとした旨みが口いっぱいに広がります
タレはスッキリ甘さは少な目
過度に濃くないタレはさっぱり後味
なので鰻の味が甘さに隠れません

s500_IMG_0937_3406_.JPG

ご飯を少し掘ると・・・中から鰻が現れます
鰻丼の上は二重構造なのです

鰻に焦げは最小限
なので苦くない
苦くないから味が良く判ります
直焼きなのに焦げが少ないのは素晴らしい
焼きが丁寧なのでしょうね

 

つじ屋中恵土
0574-62-0988
岐阜県可児市中恵土2322-1
11:00~14:00(LO.13:30)
17:00~20:00(LO.19:30)
定休日 木曜日

boeder-003.gif

今週の月曜日・・・・

s500_DSCN5919.jpg

”家庭菜園 さわたり”のsarusanさんから荷物が届きました。クール便です

s500_DSCN5924.jpg

中身は・・・ぽぽー
実はsarusanさんの記事に”ぽぽー”が紹介されていました
でもそれは自分は初めて見るもの
一体どんな味なんだろう、食べてみたい
そんな想いをsarusanさんが叶えてくれました

s500_DSCN5926.jpg

記事には癖のある味と書いてありましたがどんな感じでしょう
折角クール便で冷え冷えな状態で来たぽぽーです
直ぐに皮を剥いて味見

s500_DSCN5928.jpg

果肉をカットする手応えは、まるでマンゴーのよう
味わうとその食感はマンゴーに近い
ねっとりとした食感、甘さは重く、でもマンゴー程の強さはありません
そして適度な酸味、まるでパイナップルのような酸味を感じます
いやこれは美味しい
特に種の周りの甘さは特筆もの
何故普通に流通していないのだろう
そんな疑問を感じるぐらいに美味しい果物

食べ終えて仄かに感じる苦み
若干灰汁がある感じです

これでスイーツを作るのなら
ぽぽームース、ぽぽープリンなどの冷たいもの
アイスもよさそう
香りはそれ程強くないので使いやすそうです
果肉を潰して生地に混ぜ、ココナッツミルクを加えてトロピカルなマフィンやパンケーキも良いかな
そんな事を言うと・・・

奥さんが、そんなのは勿体ない
折角のこの味なのだから、このまま食べるのが一番おいしい
そう言いながら食べて・・・気が付けば残りが三個
スイーツを作るだけの量は残りませんでした

ただ、種が大きいですね
なのでカットが大変
綺麗にカットができません

s500_DSCN5930.jpg

ぽぽー、こんなにも美味しいのに何故流通していないのだろう
ちょっと調べてみました

ポポーは北米原産のバンレイシ科の果実で、五大湖周辺のネイティブアメリカンに古くから親しまれ食べられてきた果物
日本には明治時代にすでに入ってきていたようです
ポポーの樹皮や種子、新葉にはアセトゲニンといわれる強い殺虫成分が大量に含まれているそうで
害虫に対しとても強く、無農薬で栽培できる果物とされています。
実は一見アケビを思わせるような長楕円形の形で、大きさは不揃い
収穫後の熟変が早く、すぐに表面が黒ずんでしまう事と、熟すのも早いため、
流通が難しく、大規模な商業栽培が困難といわれています

成る程、形が不ぞろいで熟変が早いとなると流通に乗せるのは困難ですね
スーパーで売っていない訳です

この黒く大きな種
このまま捨てるのは勿体なくて
ベランダの鉢に埋めてみました
育つかなぁ^^

sarusanさん、有難うございました

 

m_emoji-1.gif

 


nice!(100)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横浜で味わうひつまぶし 蒸さない鰻を味わう 横浜八十八 [鰻(鳗鱼 eel)]

鰻が食べたい
金曜日の朝の曽根風呂定期巡回
その日に限って何故か鰻ネタが多数アップされていました
空腹時にそんな画像を見せられたらたまりません
ランチに鰻だぁ~ レ(゜゜レ)

金曜日は有給休暇
紫陽花休暇を取っていました
なのでランチに鎌倉の鰻をと考えていましたが・・・・
そうだ!そういえば!
横浜の石川町に蒸さない鰻が食べられる店がある事を思い出しました
しかも土曜日は石川町に行く用事があるとです
なので鰻は一日お預け・・・・
金曜日、その一日の長かったこと(笑)
それは長谷から北鎌倉まで写真を撮り歩いたせいだけではありません
(鎌倉の詳細は次記事で)

s500_DSCN3947_1674_.JPG

土曜日、この日は13時から上の娘の通う高校の進路説明会
鰻屋の開店時間にあわせて出発です←目的はどっちだ?

s500_DSCN3980_1695_.JPG

菊名から横浜線で東神奈川へ
東神奈川では行きたい方向とは別の方向のプラットホームに乗った電車が到着するのはお約束^^;
東神奈川で大船行の京浜東北線(根岸線)に乗り換えて石川町

s500_DSCN3950_1675_.JPG

石川町駅の南口の近くにある鰻屋さんが本日の目的地←目的地は高校だろ?
横濱八十八石川町店

s500_DSCN3951_1676_.JPG

ひつまぶしが食べられる鰻屋さんは関東では珍しい
関東の鰻は蒸しがデフォ
ふんわり柔らかな鰻なのです
でもそれだとひつまぶしには向かないでしょうね
柔らかすぎて崩れてしまうから
でもここの鰻が蒸さないそう
関東で蒸さない鰻
これは楽しみ
(武蔵小杉にも蒸さない鰻屋さんがありますが、そのレポは後日^^)

s500_DSCN3979_1694_.JPG

鹿児島の鰻だそうです

s500_DSCN3961_1682_.JPG

店内はそれ程広くありません
1Fは18席
内装はシンプルでいい感じです
流れる音楽は端唄・・・なのかな←よく解らない

s500_DSCN3960_1681_.JPG

一応2Fにも席があり、2Fは準個室

s500_DSCN3954_1677_.JPG

品書きを確認します
この時はひつまぶしか鰻丼(上)かで迷っていました

s500_DSCN3955_1678_.JPG

鰻丼の並と上
違いは鰻の量
上は鰻が重なって置かれる感じになるそうで、一枚をご飯の中に埋没させることもできると
デフォで埋没はさせないようです
肝吸いは別注文になるそう

s500_DSCN3956_1679_.JPG

そしてひつまぶし
鰻丼(上)と価格は一緒
量の違いを確認してみました
ご飯の量に大きな差は無いようです
鰻の量は鰻丼(並)と一緒
ならば同じ価格で鰻の多い鰻丼(上)の方がいいかな
さらに鰻の違いにつて説明が続きます
ひつまぶしは蒸さない焼き方なので表面がパリッとしています

なんだって?じゃあ鰻丼は?
確認すると鰻丼は蒸して焼いているそう
なので時間が30分余計にかかると

鰻丼は蒸しているんだ・・・・
久々に蒸さない鰻が食べたかったのでひつまぶしをオーダーしました

s500_DSCN3959_1680_.JPG

蒸す工程の無いひつまぶしとは言っても、時間はかかります
iPadを取り出して曽根風呂巡回ひまつぶし^^;
この後高校の用事じゃなかったら、お新香で日本酒を飲みながら待つのに・・・・

s500_DSCN3963_1683_.JPG

待つ間、続々お客さんが入店
昔の女の子達のグループの賑やかな話し声が耳についてきた頃にひつまぶしが到着

s500_DSCN3966_1686_.JPG

久々の鰻様
感涙のご対面
なかなかいい感じの焼き方
焦げも無い
表面のテカリ具合はこの鰻が辛口であることを予想させてくれます
みるからにスッキリした表面
蒸さないタイプの鰻には思えないぐらい


鰻を一切れ口の中に
噛んだ瞬間に鰻の旨みが広がります
後口もいい感じ、タレの甘味が残りません
そもそも甘くないのです
スッキリした辛口のタレ
蒸していないのにクドくない鰻で、鰻だけで食べ続けられるぐらい

自分の実家は岐阜
その地域では鰻は蒸しません
蒸さない鰻は脂が強く、それに負けないようにタレが濃く甘めな場合が多いです
なので、鰻の脂+タレの甘味で表面がテカテカ
鰻の脂を焼きだけで抜くせいなのか、タレに甘味が多いせいなのか焦げめの強い鰻を結構見ます
そんな鰻が蒸さない鰻として記憶にあったのですが
ここの鰻のテカリはそれらの鰻とは違います
身も柔らか(当然蒸した鰻のような柔らかさとは違いますが)で美味しい
食べたときもあっさり、余計な脂はちゃんと落ちていまるのです
(でも、自分の母親が食べたら脂が少ないと怒るかも^^;蒸した鰻には何時も脂が少ないと激怒しているのです)

s500_DSCN3964_1684_.JPG

ひつまぶしの薬味類

s500_DSCN3967_1687_.JPG

お新香と海苔

s500_DSCN3968_1688_.JPG

では作法にのっとって食べてゆきましょう
(ひつまぶしが置かれたとき、その食べ方について細かく説明してもらえます^^)
ご飯にかけられたタレは少な目

s500_DSCN3970_1689_.JPG

必要に応じて追加用のタレをかけていただきます。
で、かけてみました・・・・・・
追加でかけずに食べるとちょっと物足りないと思うのですが、かけると味が一気に強すぎへと変わります
これは・・・・
デフォは絶妙のかけ方ですね
ちょっと物足りないというレベルで止められるのは素晴らしい技
大抵いきすぎになってしまいますから

このちょっと物足りない分をタレ以外で埋めるのは・・・
山葵です
山葵を少量乗せて食べると凄く美味しい
タレが甘くないから山葵がよくあいますね
スッキリ辛口のタレは山葵の香りを生かすのです

s500_DSCN3972_1690_.JPG

二杯目は薬味をいっぱい乗せて・・・
美味しいですが、山葵だけのほうが美味しい

s500_DSCN3978_1693_.JPG

フィニッシュ、三杯目はお茶漬けで
ダシをご飯にかけていただきます
山葵乗せにハマり過ぎて鰻が無くなってしまいました^^;
美味しいですが、ダシ茶漬けの味
まぁ鰻が一切れだけじゃあねぇ(笑)

 


横濱八十八 石川町店
050-5869-6048 (予約専用番号)
045-641-4788 (お問い合わせ専用番号)
横浜市中区石川町2-81-36
平日11:00〜14:00 17:00~20:30L.O.
土日祝11:00〜20:30L.O
定休日 月曜日

s500_DSCN3984_1697_.JPG

食べ終えてまだ時間があるからお茶でも・・・
と、散歩しながら探しましたが
歩きはじめたらとまらない
食後の運動がてらの散歩になってしまいました
元町を彷徨って・・・・

s500_DSCN3994_1699_.JPG

中華街に

s500_DSCN3995_1700_.JPG

まぁ上の娘の通う高校は中華街の中にありますから、ここを散歩している分には遅刻はしません^^

s500_DSCN4001_1705_.JPG

ネコになった気分で裏路地散歩も楽しんで

s500_DSCN4007_1710_.JPG

この雰囲気、シンガポールを思い出すなぁ^^ ・・・・またシンガポール出張にいきたいな

s500_DSCN4008_1711_.JPG

13時、上の娘の通う高校で進路説明会
終わったのは16時半

s500_DSCN4011_1713_.JPG

何となく真っ直ぐ帰る気分になれずにふらふら散歩

s500_DSCN4009_1712_.JPG

ナッツのお菓子をお土産に
そういえばウチでナッツが好きなのは自分だけ
お土産だけれど独り占めになる可能性大
ふっふっふ、計画的犯行^^

s500_DSCN4013_1714_.JPG

帰りは東横線(みなとみらい線)を使う事に(東神奈川駅なんて大っ嫌いだぁ><)
元町も散歩

s500_DSCN4014_1715_.JPG

この魔女の店、凄く気になるんだよね
魔女の紅茶って^^;

s500_DSCN4015_1716_.JPG

でもね、店の中は魔女だらけで恐い
ファンシーなキティちゃんカフェにだって入ることのできる さる1号(以前pnさんと二人でいった事を記事に)
そんな さる1号も流石に魔女のお店には入れません
でも魔女の紅茶が気になる~><

s500_DSCN4016.jpg

お土産で買ってきたナッツの中華菓子 

s500_DSCN4017.jpg

結構濃厚そう^^
凄いカロリーだろうなぁ

s500_DSCN4023.jpg

ナッツがぎっしり、重いです

s500_DSCN4033.jpg

で、食べてみると
オレンジピールが良く効いて重さを感じません
甘さも控えめ?自分はもっと甘く重い方がいいなぁ
でもナッツたっぷりで好み^^

あっ、計画通り独り占めになりました^^←お主も悪のよう

 


nice!(93)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

帰省グルメ 久々に食べる蒸さない鰻 可児の鰻 うな好 [鰻(鳗鱼 eel)]

(前記事からのつづきです・・・) 

レールマウンテンバイクを楽しんだ後は古川の町を散策・・・・といきたかったのですが
婆さんが腹を空かせて待っていますから真っ直ぐ帰ります。
今日の夜は婆さんの希望で鰻なのです。

s500-P8051390.jpg

41号を走っているとバックミラーにディゼル気動車、思わず下の娘にコンデジを渡しますが・・・

s500-P8051391.jpg

このばかめらぁ~、反応鈍すぎぃ~><
まぁ、安かったからねぇ^^;

s500-P8051392.jpg

東海地区のライダーさん御用達のこの店、何度も前を通るけれど入ったことが無いです
何故かタイミングが合いません><
豆腐ステーキ、食べたいなぁ・・・

s500-P8051396.jpg

神岡を離れたのは16時半、そこから下道で可児までは車だと4h位かな
21時近くまで婆さんを待たせるわけにはいきません
高山から高速で可児御岳までワープ、19時に到着
婆さんを乗せて婆さんご指定の店に

s500-P8051398.jpg

この日は婆さんが鰻の粕漬けが食べたいと言いだしました。
鰻の粕漬けが食べられるのは此処
うな好です。

うな好
0574-25-8070
岐阜県可児市土田2545-138
11:00 ~ 14:00 & 16:30 ~ 20:00
定休日 水曜日、第3木曜日

s500-P8051400.jpg

帰省時の恒例は実家近くの関辻屋支店だったのですが、昔に比べ焼き方が雑になった気がします。
焦げが強く、口の中が苦いのです。
それにタレも甘く重くなった気が・・・
歳を重ねて、自分の口が変わったのかもしれませんが
それもあって婆さんの提案に乗り、店を変えてみました^^

s500-P8051401.jpg

品書き
鰻が高騰してなかなか食べられなくなりました。
先日も都内の某所の鰻屋の4500円のうな重のポスターを横目で睨みながら溜息
それに比べると何とリーズナブルなんだろう^^
うな重を三つ頼みました。

s500-P8051404.jpg

店内は改装したばかりで綺麗です
平日で、閉店時間に近いせいか貸切状態
鰻屋で貸切はちょっと寂しい

s500-P8051405.jpg

うな重の登場^^

s500-P8051406.jpg

鰻様とご対面
鰻の大きさが・・・寂しい
蓋を取ってご飯が見えるのはちょっとね・・・
びっしり鰻が詰まっているのがいいな
でも、鰻の仕入れも高いから仕方ないのでしょうね

s500-P8051407.jpg

肝吸い
大きな肝と湯葉が入ります

s500-P8051408.jpg

婆さんが食べたがっていた鰻の粕漬け

s500-P8051411.jpg

さぁ、いただきま~す
蒸さない直焼きの鰻は焦げが入りやすいのですが、ここのはそれ程焦げていません
これなら苦くない^^

s500-P8051410.jpg

鰻を一切れ口に中に
パリッとした皮の食感を感じながら噛むと鰻の旨みの詰まった脂がジワリ
美味しいです
タレは重めで直焼き鰻特有の味
ただ・・・鰻の身が痩せているようで噛み応えが薄い

関東風の蒸す鰻のふっくらした柔らかな身に甘さの抑えた辛口のタレというのも好きですが
関西風のパリッとした硬めの皮に脂たっぷりの身を甘口の重いタレで食べるのも好きなのです。

婆さんは脂たっぷりが好きなので、関東の鰻はふにやふにゃ物足りないと怒ります
ウチの奥さんは逆、関西の鰻は脂が強くタレも甘くてくどくて食べられないと

それぞれ美味しいのに・・・・

s500-P8051414.jpg

噛み応えが薄いので断面をチェック
ちょっと痩せ気味だなぁ・・・・
価格を抑えるためには仕方ないのかな

s500-P8051415.jpg

ご飯は硬めで好みでした。
タレは甘口ですが、甘すぎずいい感じ。
直焼き鰻の脂と混ざったタレがご飯に染みて美味しいのですが・・・もうちょっとタレが多くてもいいな

s500-P8051416.jpg

鰻の粕漬け、これは日本酒が欲しくなります^^

s500-P8051419.jpg

悪くないけれど一寸物足りない
食べる前より欲求不満
多少高くても身の厚い鰻が食べたい~p><q
でも4500円は出せないなぁ・・・・ーー;)

 

 

 


nice!(87)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
鰻(鳗鱼 eel) ブログトップ