So-net無料ブログ作成
検索選択

桜を愛でながら桜蜜の天然氷かき氷を味わう 秩父路・長瀞 阿左美冷蔵 金崎本店 [気になる一品(Delicious)]

今日は秩父に出張
秩父は久しぶり、さて何処のお店に行きましょうか(←仕事じゃなかったのか?)
R140を秩父に向かいながら、桜をチェック
咲いている桜木もありますが、殆どは蕾だけの状態
秩父、長瀞の桜は来週中頃から来週末にかけてがよさそうです

s500IMG_3621 (2).jpg

折角長瀞に来たのですから、此処は外せません
天然かき氷のお店、阿左美冷蔵
週末や祝日は凄い行列でとても入れません
なので狙うのは何時も平日
出張の時に寄るのです^^
(←それってサボりじゃないのか?)

s500IMG_3620 (2).jpg

予想よりも道が空いていて予定よりも早く着きそうです
なので往きに寄る事にしました
帰りだと寄れるかどうか微妙ですからね
仕事が長引いたらアウトですから

s500IMG_3624 (2).jpg

駐車場に車を停めますが他に車はありません
ひょっとして定休日だったのか???
でも今日は水曜日、木曜定休のはず
ちょっと心配になりながら暖簾を潜り庭先へ

s500IMG_3627 (2).jpg

”呼び鈴を押してください”
そのメッセージに従い押すと会計係のお婆ちゃんがやってきてオーダーの受付

s500IMG_3625 (2).jpg

さて、何にしましょうか

s500IMG_3630.jpg

レギュラー品たち
ちょっと最近疲れ気味だから”甘酒&冷やしあめ”のかき氷もいいかな

s500IMG_3629.jpg

本日の日替わり
こっ、これは@@)
春SP・・・・スペシャル、この言葉にも弱いのです^^;
”限定”の次に弱いかな(笑
桜と桃、凄く春の雰囲気ですよね
庭に咲きかけた桜がありますから丁度いい
桜を愛でつつ桜みつのかき氷を楽しむのも風流です

s500IMG_3634 (2).jpg

オーダーを済ませたら席へ
今日最初の客となりましたので好きな場所を選べます
桜を見やすい場所に陣取って氷を待ちましょう

s500IMG_3636 (2).jpg

いい風が来ます^^

s500IMG_3632 (2).jpg

アツアツのお茶はセルフサービス
一杯いただきます

s500IMG_3638.jpg

春SPの到着
ガラスのテーブルに写る桜とさくら蜜のかき氷

s500IMG_3639.jpg

シルキーな天然かき氷
天然の氷で作るかき氷って不思議です
どんなに一気に食べても頭がキーンってならないから

s500IMG_3640.jpg

手前が”桜みつ”で奥が白桃蜜”

s500IMG_3641.jpg

白餡、それにお好みで使ってくださいと練乳が添えられます
そして梅干しが一粒

s500IMG_3644.jpg

さくら蜜から味わいましょう
シルキーな氷の上に垂らしてゆきます
そしてひと匙すくって口の中に
ひんやり冷たい氷が舌先に触れた途端、ふんわりと桜の香り
めっちゃ美味しい~♪
桜餅好きとしては超ストライクな風味
思わず餡子を探したくなりました
口の中が桜の香りがいっぱいで、春の気分を押しあげてくれます

s500IMG_3646.jpg

次に”白桃みつ”
一口食べると・・・桜みつを最初に食べておいて良かった^^;
そう思うほど味が強い
桃って結構味が強いのですねぇ
しっかり甘く、それはどっしり重い甘さ
桜が軽やかに舞うような甘さならば白桃は体全体でぶつかって来るような甘さ

s500IMG_3647.jpg

前半分にさくら、後ろ半分に白桃
そして真中に白餡を添えて・・・・
この白餡がまた上品な甘さで美味しかったです
さくら蜜によく馴染む味
でも白桃にはそれ程あいません
白餡も重い甘さですから、重さと重さがぶつかるのです
なので白餡は軽やかな桜の方が相性がいい

s500IMG_3648.jpg

最後の最後で練乳を使ってみます
白桃みつは練乳にも負けない味でした 

s500IMG_3631 (2).jpg

これは?

s500IMG_3649 (2).jpg

古いかき氷マシーンの錆び具合がいい味

s500IMG_3650 (2).jpg

庭が結構アートしています^^

阿左美冷蔵 金崎本店 (あさみれいぞう)
0494-62-1119
埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
10:00~17:00
定休日 木曜日

boeder-001.gif

デザートを先に食べてしまいましたが、一応今日の昼ごはんも食べないとね
かき氷で時間が無くなってしまいましたから手っ取り早く食べられる丸亀が今日の昼ごはん

s500IMG_3656.jpg

春のあさりうどんがいいな
多くの方が記事にされていて、そのあさりのボリュームが気になっていたのです
並か大盛りか悩みますが・・・・
ここはグッと堪えて並をコール

s500IMG_3658.jpg

あああっ、限定がぁ・・・・
店舗限定の文字に思わず”あさりご飯”もコール
折角うどんを並サイズにしたのにね^^;

作り始めた店員さん、”うどんは並でよろしかったですか?”と

えっ、どういう事?大盛りにしろという誘いなのか???
ヤバい!誘いに乗ってしまいそうだ~><
大盛りを・・・と口が言いそうになるのを何とか押しとどめ

”えっ、えっ、ええ、なっ、並で@@;”

s500IMG_3660.jpg

あさりうどん(並)&あさりご飯
あさりの量がいいですねぇ^^
こりゃ美味しいに決まっています

s500IMG_3663.jpg

あさりご飯、あさりは何処~キョロ(・_・。)(。・_・)キョロ

s500IMG_3668.jpg

うどんのあさりと比べると少ないですが居ました
薄味で食べやすいあさりご飯でした
ちょっと薄いかな・・・

s500IMG_3664.jpg

うどんのあさりの量が素晴らしい、身も大きいのがいいですね

s500IMG_3667.jpg

汁も濃厚なあさりの味、美味しいです

s500IMG_3669.jpg

まずは乗っているあさりをやっつけます
そうしないとうどんが食べ辛いですから^^;
そして、うどんを一気に啜って
最後に残った汁は・・・

s500IMG_3670.jpg

薄味で、やや持て余し気味のあさりご飯に汁をかけ、お茶漬けでいただきました
あさりうどんの汁はしっかりした味で塩気もあります
なのでお茶漬けにしたら滅法美味い

s500IMG_3672 (2).jpg

食後は時間の許す範囲で客先近くの27番札所、大渕寺で桜のチェック

s500IMG_3682 (2).jpg

まだ咲きかけ

s500IMG_3688 (2).jpg

咲いていたのはこの二本、五分程度

s500IMG_3689 (2).jpg

門のところの櫻と枝垂れ桜は蕾桜でした

s500IMG_3691 (2).jpg

仕事を片付け、帰りは長瀞の桜並木をチェック(曇ってきたけれど明日の天候は大丈夫かな・・・桜偵察を予定しているのに)

s500IMG_3694 (2).jpg

まだほとんどが蕾、来週の中頃から来週末ぐらいが見頃かな

boeder-001.gif

翌日は桜偵察に千鳥ヶ淵へ

m_emoji-1.gif


nice!(121)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美味しいけれどインパクトが 高崎の饂飩 田舎うどん吾作 [気になる一品(Delicious)]

この日は北高崎に出張
関越道を走行中、何故か急に饂飩が食べたくなってしまいました
前橋ICで降り、客先に向かいます
前橋ICからアクセスするのは初めてなのでナビが道案内
でもこのナビは細い道とグネグネ曲がるのが大好き
何故こんな道を選ぶんだ?と思うような道ばかり
メジャーな道は案内しないというへそ曲がりな奴なのです
そんなへそ曲がりナビの案内に従い走りながら道沿いに饂飩屋さんが無いかチェック
客先近くになってようやく一軒の饂飩屋さんを発見

s500IMG_3368.jpg

田舎うどん吾作
饂飩を打つ仕事場が見える場所にあり、手打ちである事を表わしています
でも窓下の壁が穴だらけで一寸貧乏臭い
暖簾はもっと貧乏臭く、大きく破れています
これだったら外した方が良いと思うな
無い方がまだいい
こんな破れた暖簾、入ろうとした客も帰るよ
自分?自分は他を探す時間も無かったし、ネタになるからと喜んで突撃^^

s500IMG_3387.jpg

店内はテーブル席が三卓、そして大きなテーブルのカウンター席があります

s500IMG_3370.jpg

嫌なものが・・・・--;)
灰皿><
店内は全面喫煙可なようです
ならばリピは無いな

s500IMG_3369.jpg

特にメニュー本などは無く、全て壁に貼られています
初めてのお店では”もり”を頼むのが自分の拘り
もりは450円、大にしても550円です
で、オーダー
オーダーしたのは・・・・特盛
二百円増しになるそうです

s500IMG_3371.jpg

今タイプしながら気付いたのですが
左上の法則に従うと”カレーうどん”なんですね
そう言えばカウンター大テーブル席の先客はカレーうどんで、麺はひもかわにして食べていましたが凄く美味しそうでした

s500IMG_3377.jpg

盛りうどん、特盛りの到着
艶やな表面の饂飩
早速饂飩だけで手繰ります

s500IMG_3380.jpg

適度な硬さで唇の滑りも良く啜りやすい
無論、啜るのに力は要りますので全てのうでんを啜るわけにはいきません
二三回啜った後は箸で送りこむ食べ方に替えます
疲れますからね
噛むといい感じの硬さ
コシはしっかり感じます
でも硬さは適度、硬すぎないので顎は疲れません
顎が疲れると途中で飽きてしまいますから、この顎が疲れない硬さは重要なポイントなのです
噛み応えもいい感じ
啜るか箸で送りこむか、どちらでもいけるのが良いですね

s500IMG_3379.jpg

次に汁を味わいます
一口含み味わうと口の中に広がる出汁の香り
出汁が効いていて美味しい
旨味の厚みはうどんにしてはしっかり厚いのです
ただ、強くはない

s500IMG_3384.jpg

饂飩を汁に浸けていただきます
饂飩も汁も美味しいが、特別じゃない
インパクトは弱く記憶に強く残る饂飩ではありません
普通に美味しい

s500IMG_3378.jpg

薬味は葱に生姜、それに山葵
山葵好きにとっては山葵が添えられるのは嬉しい
でも生姜も捨てがたい
でも汁の椀は一つ
生姜と山葵を混ぜる訳にもいきません
汁の椀は二つ欲しい

s500IMG_3381.jpg

生姜は諦め、山葵でいただきます
でも汁に山葵を溶きません
山葵を饂飩に絡め、それを汁に浸けていただきます
その方が汁の味が良く解りますし山葵のツーンを楽しめるので^^

s500IMG_3386.jpg

しっかり量がありましたが最後まで飽きずに食べられました
美味しかったのは確かですが・・・
でも食べている途中で煙草の匂いが気になってゆっくり味わえなかったーー;)

田舎うどん吾作
027-372-5923
群馬県高崎市中泉町66-2
11:00~14:30

boeder-001.gif

この日のデザートも抹茶もの 

s500IMG_3421.jpg

宇治抹茶あずきロール

s500IMG_3423.jpg

生地はしっかり抹茶で抹茶の苦みもしっかり味わえます

s500IMG_3424.jpg

クリームも甘さと苦みのバランスが良く、抹茶の風味を押し上げるセッティングで、抹茶の風味がいい感じ
しかし、漉し餡の存在感が希薄で存在理由が解らないぐらい目立ちません
もっと漉し餡の層が厚かったら良かったのに
あんこ好きとしてはちょっと不満

boeder-003.gif

日曜日は桜、染井吉野の咲き具合を偵察

近所の鶴見川堤防沿いは二分ぐらい

みなとみらいの櫻はそんな感じ

じゃぁ満開は来週だなと思ったら

都心部は満開になったとのニュース

でも・・・横濱と東京でそんなにも差があるんだ@@)「

月曜日の朝、客先に向かうのに首都高を走行

隅田川沿いを走りながら浅草辺りの櫻をチェック

でもまだ三分か四分咲き程度で、満開じゃない

次の週末が見頃かな

楽しみ楽しみ^^

m_emoji-1.gif


nice!(113)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Roulè aux fruits et fromage à la crème 結婚記念日はチーズクリームのロールケーキ [スイーツを作ろう(making sweets)]

4月1日は結婚記念日
何故この日にしたかって?
それは、この日なら絶対忘れないだろうと思って(それでも忘れた奴が居るけれど・・・・)
それと、離婚した時に”結婚?ありゃ冗談だったのさ”って言えるようにと^^;
そんな理由で決めた入籍の日ではありますが、それでも一応は結婚記念日
行事の一つでありますからケーキを焼きましょう

s500IMG_3590.jpg

今回はパータ・ビスキュイのロールケーキにしてみました
クリームはクレーム・フロマージュにして彩りにフルーツも加えて

boeder-003.gif

まずはパータ・ビスキュイを作ります 

s500IMG_3513.jpg

用意したのは薄力粉(バイオレット)を90g、卵黄を三個分、グラニュー糖を45g、卵白を三個分、グラニュー糖(メレンゲに使います)を45g

s500IMG_3514.jpg

オーブンを210℃に予熱セットして作業開始
まずは薄力粉90gを三度程篩っておきます

s500IMG_3519.jpg

ボールに卵黄三個分とグラニュー糖45gを入れ、ホイッパーで白くもったりするまで撹拌します

s500IMG_3521.jpg

次にメレンゲ
卵白三個分を別のボールに入れ、卵白をホイッパーでほぐし、ドロリとした部分とサラリとした部分がほぐれて均一になったら

s500IMG_3523.jpg

ハンドミキサーで泡立てます

s500IMG_3524.jpg

白くふんわりしてきたら、グラニュー糖45gのうちの三分の一を加え、更に泡立て
そして残りのグラニュー糖を二回に分けて加え、都度よく泡立て、しっかり角が立つ状態に

s500IMG_3526.jpg

メレンゲの三分の一を卵黄のボールに投入し、ヘラで混ぜます

s500IMG_3527.jpg

混ざったら残りのメレンゲを加え、気泡を壊さないように、さっくり切るように全体を混ぜて

s500IMG_3528.jpg

均一に混ざったら

s500IMG_3529.jpg

篩っておいた薄力粉を篩い入れます

s500IMG_3531.jpg

気泡を壊さないように混ぜて
粉気が無くなるまで
でも混ぜ過ぎないように注意(混ぜ過ぎはゆるゆるに柔らかくなって焼き上がりは硬く乾燥した感じになってしまいます)

s500IMG_3534.jpg

こんな感じに仕上げました

s500IMG_3532.jpg

混ざったら丸口金をセットした絞り袋に詰めて、天板にセットしたオーブンシートの上に絞り出します
まずは対角線を一本
そしてその線に沿って絞ってゆきます

s500IMG_3533.jpg

丁度使い切りました
計算が合う時もあるんだなぁ^^;

s500IMG_3537.jpg

そして210℃で8分焼きました

s500IMG_3539.jpg

天板から外して(直ぐに外さないと天板の熱で熱が入り過ぎてしまいます)

s500IMG_3540.jpg

裏返して裏の紙も剥がし、新たに紙で挟んでそのまま放置、粗熱を取ります

s500IMG_3542.jpg

アンビバージュを作ります
用意したのは水50㏄、グラニュー糖25g、キルシュ20g
まず水50㏄とグラニュー糖25gを入れ、火に置いてグラニュー糖を溶かします

s500IMG_3544.jpg

アンビバージュを作ります
用意したのは水50㏄、グラニュー糖25g、キルシュ20g
まず水50㏄とグラニュー糖25gを入れ、火に置いてグラニュー糖を溶かします
キルシュ20gを加え、鍋に火を入れてアルコール分を飛ばします
できあがったら器に移し、冷やしておきましょう

boeder-004.gif

さて、クリームです 

s500IMG_3546.jpg

まずクリームに入れるフルーツを用意します、今回は赤、黄、緑の信号機カラー^^(マンゴーは使っていません)

s500IMG_3547.jpg

クリームに用意したのは乳脂肪35%の生クリームを200ml、グラニュー糖を20g(クレーム・シャンティイ用)、室温に置いて十分に柔らかくなったクリームチーズを200g、グラニュー糖を40g、レモン果汁を大匙1

s500IMG_3548.jpg

クリームチーズ200gをボールに入れホイッパーで混ぜ柔らかくしたらグラニュー糖40gを加え混ぜます

s500IMG_3549.jpg

レモン果汁大匙1も加え混ぜます

s500IMG_3551.jpg

別のボールにクレーム・シャンティイを作ります
乳脂肪35%の生クリーム200mlとグラニュー糖20gを氷水に浮かべたボールに入れ泡立てて

s500IMG_3552.jpg

クレーム・シャンティイをひとすくいクリームチーズのボールに加え混ぜます

s500IMG_3553.jpg

混ざったら残りのクレーム・シャンティイも投入、混ぜます

s500IMG_3541.jpg

紙でサンドイッチにされていたパータ・ビスキュイの紙を外して

s500IMG_3554.jpg

アンビバージュをしっかり塗って

s500IMG_3555.jpg

その上にクレーム・フロマージュを乗せ、パレットナイフで塗ります

s500IMG_3556.jpg

フルーツをクリームの上に置いたら

s500IMG_3557.jpg

巻きます
・・・・・・
欲張り過ぎて”の”の字にできないし・・・^^;
ロールケーキは”の”の字に巻きたいのですが、自分は何時も欲張って大量にクリームを乗せてしまいます
なので”の”の字にはできず、何時も外周だけのロールケーキ^^;

s500IMG_3558.jpg

端からクリームやフルーツが出ないようにストッパープレート(スクレイパーとも言う^^;)を装着

s500IMG_3559.jpg

その上から粉糖を茶漉しで降らし、化粧をします

s500IMG_3561.jpg

降らせ過ぎたかも^^;

s500IMG_3562.jpg

星口金を装着した絞り袋に残りのクリームを詰め
生地の繋ぎ目の上にデコレーション

s500IMG_3566.jpg

苺を並べて完成^^
冷蔵庫で冷やし寝かせます

s500IMG_3569.jpg

さあ、食べましょう^^
カットしてみると。。。かなりオーバル形になっていました^^;

s500IMG_3576.jpg

パータ・ビスキュイはなかなかいい感じ
クレーム・フロマージュはもうちょっと甘くても良かったかな

0s500IMG_3580.jpg

生クリームとクリームチーズの比率を2:1か1;1かで悩んで採用したのは1:1
フルーツを入れる時は2:1の方がいいかも

boeder-001.gif

m_emoji-1.gif


nice!(128)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

喉越し良い十割蕎麦 群馬・北高崎 一心庵 [群馬の蕎麦]

群馬に出張
当初は安中に出張の予定でしたので安中に宿を取りました
しかし急遽前橋に変更となったのです
宿はそのままで安中から前橋に通う事になりました
つまり初めて通る道
どんな発見があるかワクワクしながら通います

s500IMG_3390.jpg

発見したのがこのお店、一心庵
十割蕎麦の名に惹かれます

s500IMG_3401.jpg

ランチタイムに訪問
店内は全て6人用の卓
一人で座ると何だか落ち着きません

s500IMG_3399.jpg

おしぼりは残念な事に紙
茶は蕎麦茶なのが嬉しい

s500IMG_3393.jpg

品書きを確認します
こちらの蕎麦は全て自家製粉の石臼挽きだそう
これは楽しみです^^

s500IMG_3397.jpg

韃靼蕎麦もあるのですね
ここは当然①、十割蕎麦に惹かれて入った以上浮気はしません^^ 

s500IMG_3396.jpg

もりは570円
なかなかお値打ちな価格設定です

s500IMG_3394.jpg

十割蕎麦の”もり”がありません
カスタムオーダーしようかとも考えましたが
お店がそこまでザルを推すのであれば、一度ぐらい乗ってみましょう

s500IMG_3395.jpg

で、十割蕎麦の大ざるそば、1400円をオーダー
限定30食と言うのが何とも魅力的
限定と書かれているとついついそっちの方に流されます
実に魅力的な言葉~♪

s500IMG_3402.jpg

十割蕎麦、”おおざる”の到着
おおざるの名に恥じないその量に思わずニンマリします^^
でも蕎麦湯が最初から出てくるのはいけません
ぬるくなってしまいますから

s500IMG_3403.jpg

蕎麦は断面がスクエアな細打ち
表面は艶やかで、見るからに喉越しが良さそうな感じです
まずは蕎麦のみで手繰りましょう

海苔が加わらないよう、ざるの端の方の蕎麦を箸で摘みあげ、そのまま口からお迎えに向かいます
唇に挟んで一気に啜りあげた瞬間、蕎麦のいい香りが鼻腔に充満
啜った瞬間から香り立つ蕎麦、流石十割蕎麦
しかも十割蕎麦でありながら唇の滑りがよく喉越しも申し分ありません

蕎麦を噛むと更に蕎麦の香りが広がります
噛み応えもいい
十割とは思えないぐらいいい弾力
適度な反力で押しつぶされ、噛んでいて心地いい
素晴らしい十割蕎麦
何故デフォがザルなのか疑問に感じます
海苔が混ざった瞬間、蕎麦の香りは海苔の香りの下に隠れてしまいます
海苔は要らない、十割蕎麦にもモリを設定して欲しい
良い蕎麦に海苔はいりません
海苔の香りで誤魔化す必要はないのですから

良い蕎麦はモリで食したい

s500IMG_3407.jpg

次に汁の味を確認しましょう
少量口に含んで舌の上に送ります
汁はやや甘めの優しい汁
旨味の厚みもしっかりあります
出汁の香りも適度で出しゃばりません
やや濃いめですが、柔らかさがあって扱いやすそう

s500IMG_3404.jpg

蕎麦を汁に浸けていただきます
やや濃いめの汁ですから浸けすぎは禁物
三分の一~四分一ぐらい浸けるのが丁度く、蕎麦の香りと甘みを一番引き出せました

s500IMG_3406.jpg

薬味は葱と山葵、そして柚子皮
山葵は瑞々しさが無く、ちょっとぼそぼそ
葱はまぁよいか
柚子は・・・まぁどうしようか
美味しいけれどね、要らないようにも思います
蕎麦の香りを楽しむ為に十割を選んだのに
蕎麦の香りとは別の香りは加えたくありません
柚子皮の香りも強い
蕎麦の香りより出しゃばって来ることは確実ですから

s500IMG_3409.jpg

海苔は最後まで避けながら食します
汁に浸け、一気に啜って
口の中に汁の香りと旨味が広がり、それがだんだん引いていくと蕎麦の香りが現れます
汁によって押し上げられた蕎麦の甘味がそこに加わり、何とも至福の時
美味しい蕎麦でした

そして蕎麦も残り少なくなってくると海苔はもう避けられません
ザルとして食します
やはり海苔が加わった途端海苔の香りが支配
余韻も海苔の香りで蕎麦の甘さが解りません
美味しい蕎麦には海苔は要らないーー)

s500IMG_3410.jpg

最後は蕎麦湯

s500IMG_3411.jpg

普通に茹で湯なタイプ
蕎麦湯は蕎麦粉を加えドロリとさせた濃厚な湯もありますが
口の中をサッパリさせるにはこちらの方が良い

s500IMG_3412.jpg

最初は残った汁を割って、汁の香りを楽しみ
二杯目は蕎麦湯だけで飲んで口の中をサッパリさせます

一心庵 (いっしんあん)
027-344-4845
群馬県高崎市北新波町115-1
11:00~20:00(L.O)
定休日 金曜日

boeder-001.gif

この日のスイーツも抹茶 

s500IMG_3417.jpg

この日のスイーツも抹茶
宇治抹茶クリームのまっちゃもこ

s500IMG_3418.jpg

ようは抹茶のシュークリームです
抹茶が加わったシュー生地はもっちりな食感

s500IMG_3419.jpg

クリームはカスタードとホイップとWクリーム
それに抹茶が加わります
撮影の為に半分に割ったらクリームがトロトロ、今にも垂れそう
慌てて一気食い
味わうどころじゃなかったです^^;
でも抹茶の香りや苦みがしっかり感じられて美味しかったな
これも甘さより抹茶優先な味わい

boeder-003.gif

m_emoji-1.gif


nice!(111)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ちょっと塩気が強めな煮干し系 日立・東海のラーメン 麺屋SO極 [ラーメン&餃子(面&饺子)]

今日は茨城に泊まりで出張
HOTELは定宿が取れず、ひたちなかで宿を取りました
夕刻、6号線を南下していると良さげなラーメン屋さんを発見
瞬間、今日の夕飯がラーメンに決まりました

s500IMG_3479.jpg

しかし自分は濃厚なラーメンが苦手なお年頃
入る前に調査が必要です
今、車は丁度信号待ちですからiPhone取り出して検索
出てきた画像は煮干し系醤油ラーメンで、山盛りのモヤシや、ギラギラの背脂はありません
これなら大丈夫でしょう
信号が変わり、行き過ぎてしまいましたのでUターンして戻ります

s500IMG_3480.jpg

丁度夜の部の開店時間
最初の客になりました
入口入ると券売機

s500IMG_3480a.jpg

初めての店ですから左上の法則に従いましょう
といってもラーメンは4種類
ボタン一列分しかありません
この場合は左端?
中華そばの醤油&塩、それに濃厚煮干しの醤油&塩
其々煮干し度が表示され、中華そばは煮干し度は☆ひとつ、濃厚煮干しは☆四つ

s500IMG_3481.jpg

濃厚煮干し推しのお店のように思えますが、左上の法則を守ります
左端、中華そば・醤油をプッシュ
そしてトッピングにトロ玉子をプッシュ

s500IMG_3484.jpg

券売機を通過して左側が厨房、その前はカウンター席で、券売機を通過して右側はテーブル
カウンター席の端っこに陣取り、食券を渡してラーメンを待ちます

s500IMG_3485.jpg

カウンターには胡椒、一味、酢などが並びます

s500IMG_3486.jpg

中華そば・醤油、トロ玉トッピングの着丼
中央に玉葱の微塵切り、左にチャーシュー、右にワカメ
TOPには海苔、下側には二つにカットされたトロ玉子があり、玉子にはタレがかかっている様子
なかなか綺麗なビジュアルです

s500IMG_3488.jpg

麺は細麺でストレート、これは好みな感じ
スープの透明度は中くらいで、煮干し系らしさがあります
脂が結構多めなようですね

s500IMG_3489.jpg

玉子はもうちょっとトロリな感じな方が好みだけれど
カットされて供されるのならばこれくらいでいい
トロリでカットされたら卵黄のトロリがスープに流れ出て味を変えてしまいますから

s500IMG_3490.jpg

まずはスープを一口
煮干し度は☆ひとつでしたが、しっかり煮干しを感じます
出汁がしっかりして旨味も厚く、濃い味わい
塩分はしっかり感じ、水無しでは完食は難しそうに思えるぐらい強めです
濃くて塩が強くて・・・白飯が欲しくなりそう
ラーメンライスをするに良さそうな味
追加注文のコールが喉まで出かかりましたが、ぐっと我慢
摂取カロリー制限中なのですからね^^←えらい!

s500IMG_3491.jpg

次に麺
細くストレートで喉越しが気持ちいい
しっかりコシもあって、噛み切る感じが心地いい
麺とスープのバランスも問題ありません
啜って口の中に飛び込むのはスープの旨味
噛むと心地よい感覚を顎に伝えながら麺は押しつぶされます
潰された麺からは小麦の甘味
スープの塩分がそれを引き立てます

s500IMG_3493.jpg

チャーシューは薄切り柔らかく、パサパサ感はありません
適度な食感

麺を啜り、スープを飲んで
食べ進めますが、海苔とワカメの扱いが難しい
この二つは味が強く、混ぜるとその味がスープを支配してしまいます
なので最後まで混ぜす、そーっと扱って^^;
ワカメはあるタイミングでまとめて食べ、海苔はスープの脂を表面にまとわせていただきます
脂が表面に付いた海苔、美味しいからね^^
これこそ白飯が欲しくなりますが^^;

s500IMG_3494.jpg

トロ玉子を頬張ります
口に含んだ瞬間、結構塩辛い
玉子にかかるタレがかなり塩辛いようです
塩辛さが玉子の旨味を押し上げるかと言うと、まったく押し上げていない
ここまで塩辛いと旨味を感じる前に味覚が味わうのをやめてしまいます
このタレ、要らないな

麺を半分食べたところで胡椒を少々振り入れます
胡椒を入れるとスープの脂が弱まっていい感じ
入れた方が旨味も良く感じます

s500IMG_3495.jpg

頑張りましたが・・・スープは完飲ならず
塩辛さに負けました
水も飲んだのですが・・・飲みきれなかったーー;)以前ならば無理して飲んでいたのですが、最近は無理はやめました

麺屋 SO極 (メンヤ ソウキワミ)
029-229-3839
茨城県那珂郡東海村石神外宿2564-7
11:30~15:00 18:00~22:00
定休日 月曜日

boeder-001.gif

塩辛さと脂っぽさが喉に絡みついてスッキリしない
こんな時はスイーツです
折角摂取カロリー制限の為に白飯を我慢したのにね^^; 

s500IMG_3496.jpg

最近、抹茶で埋め尽くされるスイーツコーナー
あまりもの抹茶推しに、ちょっと乗ってみました

s500IMG_3498.jpg

器は結構小さ目
ボトムに行くにつれてボディは絞られます

s500IMG_3501.jpg

トロリな抹茶ショコラの上には抹茶ホイップ
そこに抹茶ソースがかけられます

s500IMG_3504.jpg

口の中に入れるとトロリと溶ける抹茶ショコラ
甘味さは抑え目で、抹茶の風味を強く感じます
ちょっと苦みも強めで大人の味わい

boeder-003.gif

m_emoji-1.gif


nice!(114)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

軽く食べられるスーパージャンボオムライス 横浜・日吉 レストラン白鳥  [気になる一品(Delicious)]

やたらハードだった出張を終えた金曜日、週末の予定をあれこれ考えながら眠ります
奥さんは例によってリビングで爆睡
奥さんの使う予定のベッド(いつもリビングが風呂で寝てしまい、ベッドなんて使っていないけれど)には上の娘
自分の布団を敷くのが面倒になってベッドに寝てしまった模様
そして四時前
リビングで爆睡していた奥さんが目覚めベッドに来ましたが其処には上の娘

何故ここで寝ているの!

お母さん、何時もベッドで寝ていないでしょ!

自分の部屋で寝なさい!

お母さんは未だ「お風呂も入っていないでしょ!さっさとお風呂はいりなよ!

と、バトル勃発
そのバトルで目覚めましたが、何故か悪寒に包まれます
ガタガタガタ・・・震え
布団の中でもメチャ寒い
悪寒と倦怠感も・・・・
風邪か?
本来なら自分の起床時間、エクササイズをする時間なのですが、とても寒くて起きられません
重ね着をして布団の中で丸まり、そのままブランチの時間まで布団の中
とても遊びに行かれる体調ではありません
週末はおとなしくウチの中で過ごしましょう

s500IMG_3430.jpg

土曜日はおとなしく凄し、夕刻には倦怠感も少なくなりました
これなら日曜日は遊びに行かれるかも^^
と、期待しましたが、日曜日は朝から雨
体を休めろと言われているのかな・・・

日曜日も朝からまったり過ごします
奥さんは仕事、上の娘は遊びに行っていますのでウチには下の娘と二人
体調はイマイチ、なので昼ごはんを作るのもかったるい
二人だけなら外で食べましょう
オムライスを食べに行こうと下の娘を誘いました

s500IMG_3431.jpg

向かったのは日吉にある”レストラン・白鳥”
ブリザドさんの記事で知ったオムライスのお店
ネットで場所をチェックしてアクセスしたものの、何故か見つかりません
たしかこの辺りのはず・・・三周目で見つけました
なにこれ?看板も無く全く目立たないし^^;
看板で目立つのは鶏
白鳥も居たのに気づきませんでした^^;
でも・・・営業しているの?

s500IMG_3432.jpg

奥に小さく”OPEN"の文字
時刻は14時、昼ごはんには遅い時間とはいえ誰も客が居ないのは一寸入り辛い^^;

s500IMG_3443.jpg

でも入店^^;
店内はこんな感じ
シンプルで飾り気はありません

s500IMG_3442.jpg

品書きをチェック
さすがは学生街・日吉、良心的すぎるプライス(しかも税込)!
エンドウスペシャルや、状況限定のアサヒナスペシャルを除けば、1,000円以下で楽しめるのですから素晴らしい

自分のオーダーは既に決まっています
”スーパージャンボオムライス”、これを食べに来たのです
下の娘が選んだのは”オムライス”
大きさの比較になるようにと気を利かせたのかも
でも・・・状況限定のアサヒナスペシャルが気になるなぁ
エンドウやアサヒナの名の由来も気になります

s500IMG_3439.jpg

それにしてもこのお店
白鳥の名なのに店内にあるイラストは雄鶏ばかり
何故???

s500IMG_3440.jpg

偶に白鳥が混ざっていますが^^;

s500IMG_3444.jpg

まずは下の娘のオムライスが到着
丸いお皿にオムライス盛られていますが、そのレイアウトは縦位置
ちょっと不思議な感じです(横にレイアウトされるイメージがあったので)
オムライスの上にはトラ柄状にかけられたソース
ケチャップではなく、かといってデミグラでもなく
その中間といった感じのソースがかかっています

お皿のTOPには洋食白鳥の文字と電話番号
でも電話番号は四桁だけ@@)
昭和32年創業のこのお店
お皿もその時代のものなのでしょうか

s500IMG_3447.jpg

自分のスーパージャンボも到着
流石にこれはオーバル型のお皿に横向きに盛られていました
以外に小さいな^^
スーパージャンボの名にもっと大きいかと構えていましたが、これ位なら楽勝でしょう

s500IMG_3451.jpg

ノーマルの三倍ぐらいでしょうか

s500IMG_3452.jpg

さぁ、いただきま~す^^

s500IMG_3453.jpg

中のチキンライスの味付けはも玉子の上のソースの味
若干薄口で、あっさり上品な味わい
自分としてはもっとリッチさが欲しいくらい
このあっさりした味なら二皿いけそう
(自分の好みとしてはコッテリとケチャップ味の方が好きだな、当然玉子の上にもケチャたっぷりで^^)

s500IMG_3456.jpg

チキンライスの具は目立ちません
ひき肉?な鶏肉がはいるだけで味はシンプル
ライスはパラパラ感が強く、家庭で作るようなもっちり感はありません
さらりと食べられます

s500IMG_3454.jpg

オムライスの卵は、厚焼きで少し甘め
こういう卵も悪くないね
ホイッパーの音がしていたと下の娘
ちょっと泡立てて焼くのでしょうか

s500IMG_3457.jpg

付け合せの千切りキャベツに何もかかっていないのがいい
ドバドバとドレシングがかかっていたら興醒め
ここはウスターソースをかけて食べたい^^

s500IMG_3458.jpg

ウスターソースのツンとくる味があうんだよね^^
でも・・・スプーンしか無いのでキャベツが食べ辛かったです 

スーパージャンボ、思ったより軽かったけれど、この時間だから丁度良かったかも
直ぐに晩御飯の時間だからね^^

s500IMG_3435.jpg

ここ、テーブルの上にはウスターソースと塩のみ
紙ナフキンがないので口を拭く物がありません
スプーンが乗っていた紙ナフキンのみです

レストラン 白鳥 (レストラン・ハクチョウ)
045-561-2448
横浜市港北区日吉2-2-10
11:00~16:00
定休日 木曜日、金曜日

boeder-001.gif

食事の後は甘いモノ
と言う訳で向かった先はエスプレッソ・アメリカーノ
エスプレッソ推しのお店ですが選んだのは二人とも紅茶^^;
自分も下の娘も珈琲が苦手なのです

s500IMG_3467.jpg

下の娘はアイスティ、自分はアールグレイ
Tea bagなのは仕方ないかな

s500IMG_3464.jpg

二人ともケーキセット
下の娘は苺、ジェノワーズとクレームシャンティイのオーソドックスな組み合わせ

s500IMG_3463.jpg

自分はマロン

s500IMG_3468.jpg

ショコラジェノワーズとマロンクリーム
でもマロンの風味は無いなぁ^^;

エスプレッソ・アメリカーノ 東急日吉店
045-560-1673
横浜市港北区日吉2-1-1 日吉東急アベニュー 3F
10:00~21:00

boeder-003.gif

4月1日の結婚記念日を忘れ、遊びに行く約束をしてきた奥さん

この時とばかりに奥さんを責めに責め

大きな見返りを目論んでいました

が・・・・・

さるく~ん、1日の約束、キャンセルしたから

Σ( ̄Д ̄ノ)ノエッ!!!!

えっ?キャンセルしちゃったんだ

大きな見返りを目論んでいたのに残念

ちょっと責め過ぎたのかなぁーー;)う~ん

・・・・

ま・て・よ・・・・

キャンセルしたという事は

1日の日に何かやらなくちゃいけなくなったって事?

ケーキは作るつもりだったから良いけれど

食事は何も考えていないし

これって・・・・

 返り討ち???

m_emoji-1.gif


nice!(115)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

温泉ライダーが行く 熱海日航亭 [車とバイク(car and bike)]

三連休の真中、日曜日
久々に温泉ライダーに変身です

0s5000IMG_3350.jpg

でも向かう先は伊豆半島
近場なので出発はちょっと遅めの8時
木桶を搭載して準備完了

s500DSCN0601.jpg

ふと足元を見ると・・・@@;)
あらら、いつの間にかブーツがボロボロ^^;
そろそろ新しいのを買わないと・・・
自分の足のサイズは24cm
このサイズって凄く困ります
男性用にはまず存在しない
靴屋さんに並ぶ多くの商品は紳士物は25cmから
時々それ以下があっても24.5cmが最少
24cmから設定されているのは珍しい
なのでブーツを選ぶ・・・のはできません
このサイズがあったら買う
そんな買い方

s500DSCN0604.jpg

R1を西へ
横浜新道と湘南BPを使って茅ヶ崎へ
そこから海沿いのR134
海を眺めながら走るのは気持ちいい^^

s500DSCN0606.jpg

西湘BPのPAはバイクがいっぱい
よく晴れた連休ですからねぇ^^
風の気持ちいい季節、今走らないでいつ走るんだ
そんな気分^^
でも花粉も凄い
走っていても目がめちゃ痒い^^;

PAを出てターンパイクに向かいますが、ターンパイクに曲がるところに係員
通行止めのようです
何事?
通過しながら見ると貼り紙
貸切のイベントでターンパイクは通行止めらしい
三連休に貸切@@;)
貸切料金は一体いくらなんでしょうねぇ

仕方ありません、新道から山をあがります

s500DSCN0610.jpg

良く晴れたものの地表にはチリが多く、遠景は霞んでいます
この霞が黄色っぽい
ひょっとして花粉なのか?????
なので富士山も今一つ綺麗に見えません
十国峠のPAで富士山とコラボ
富士山が見えないって?

s500DSCN0612.jpg

ちょっと霞んでスッキリ見えません^^;
稲取まで行って蕎麦を手繰って温泉に浸かって・・・
そんな予定で走りだしたのですが、道が予想よりも混んでいて時間もかかりそう
なので急遽予定変更、目的地をもっと手前の熱海にします
ウチでは下の娘が寝こんでいますから遅くはなれません

s500DSCN0650.jpg

熱海の日帰り湯といえば行ってみたい湯がありました
日航亭、barbieさんの記事で知った日帰り湯
源泉かけ流しとか
日航亭の駐車場を見つけて駐車
(本当はバイクは建屋入口脇に駐車するそうです)

s500DSCN0618.jpg

洗練されてない雰囲気、昭和な感じが良い味です

s500DSCN0620.jpg

バイクは次回からはこのご案内の看板のところに
と、フロントでいわれましたが・・・こんな狭い所に@@;
しかも建物前は急坂だし^^;    
ハーレーなどは入らないのではーー;)う~ん

・・・・んっ?写っていた^^;

s500DSCN0621.jpg

天然源泉かけ流し100%
入湯料は1000円です

s500DSCN0623.jpg

元は温泉旅館であったという、どこか懐かしい昭和の香り漂う木造の建物はレトロ感たっぷりで良い味わい

熱海温泉 日航亭・大湯
0557-83-6021
静岡県熱海市上宿町5-26
9:00~20:00
定休日 火曜日

s500DSCN0624.jpg

お風呂場までは、木の長い廊下を渡っていきます
男湯は手前で奥が右側が女湯でした
これは日替わりで入れ替わるそう

s500DSCN0634.jpg

ナトリウム・カルシウムー塩化物泉の湯
これは温まりそうです^^

s500DSCN0626.jpg

さて男湯へ
手前に露天風呂脱衣所があり、奥には大浴場の脱衣所
とりあえず手前の露天風呂から攻めましょう
(浴室には露天風呂から大浴場にアクセスできる通路もあって、行き来にいちいち服を着る必要はありません)
ロッカーは100円、コインは戻りません
こういうところもノスタルジック

s500DSCN0629.jpg

露天風呂は半露天なタイプ
浸かるのは露天側が気持ちいい
丁度貸切状態だったので撮っておきます^^

s500DSCN0630.jpg

気持いい~♪
サービスショット^^

s500DSCN0632.jpg

こちらは大浴場
露天の次は大浴場、そしてまた露天に戻って湯を楽しみます
大浴場の大きな湯船は気持ちいけれど、のぼせちゃいそうで長湯ができません^^;
露天は外気に触れるので調整しやすく、露天でしっかり長湯
めっちゃ喉が渇くまで浸かってしまいました^^;

s500DSCN0640.jpg

館内には家族風呂もあり、予約無しで使えます
空いていたら自由に使う方式
ご家族または二人の入浴中は・・・って、一人で使ったらダメなのかな^^;

s500DSCN0635.jpg

家族風呂も空いていたので一枚撮って・・・
でも利用しなかったです
ちょっと長湯し過ぎてのぼせ加減だったから

s500DSCN0637.jpg

広々した畳敷きの休憩所はこれまたノスタルジック^^
ここは中庭もあって温泉旅館の面影があります
食事の持ち込みはOKだそうです

s500DSCN0638.jpg

この日航亭、湯やノスタルジックな雰囲気は良いのだけれど、最大の欠点はこれ
珈琲牛乳が缶とは許せない
やはり瓶の珈琲牛乳でないといけません
名前だってミルクコーヒーってなんだよ
これじゃぁ気分が出ません

s500DSCN0647.jpg

日航亭駐車場の横には湯前神社
この神社は平安時代からの古社
鎌倉時代には「湯治の神」として信仰されるようになり、社殿前の「大湯」には、徳川家康が湯治に訪れたそう

s500DSCN0651.jpg

ちょっと長湯してしまいました
そろそろ帰らないと・・・でもその前に
確かこの辺だったはずとキョロキョロ
見つけた!

s500DSCN0655.jpg

熱海に来たらこの像を見ないとね
いやぁ、こんなふうに気持ちよく蹴ってみたいなぁ==)羨ましいっす
奥さんに蹴りいれられたのは数えきれないくらいあるけれど、自分が蹴りいれたことはないんだよね・・・^^;

s500DSCN0659.jpg

まぁ、こんなふうにおとなしくしてくれないだろうし^^;

s500DSCN0661.jpg

帰りはスリスリ大会、流石三連休
ちょこちょこ休みながら帰ってきました
連休は混みますねぇ^^;

s500DSCN0662.jpg

宣言していた帰着時間通り、16時に帰着

boeder-001.gif

そう言えば昼ごはんを食べ忘れていました 

s500IMG_3352.jpg

で、コンビニで糖分補給
ファミマのプリンパフェ
(近所のサンクスがファミマに変わったのです)

s500IMG_3353.jpg

コクと甘さが足りない・・・・
クリームが特にそう感じます
甘さが無いから脂っぽさばかり感じてしまうーー;)
ファミマのスイーツは好みの味じゃないなぁ
サンクスの方がスイーツはよかったな==)

s500IMG_3354.jpg

ファミマのスイーツってあまり好みの味じゃないのです
好みの味じゃないけれど、コンセプトは好き
やたら大きいプリンとか、プリンいっぱいのパフェとか
でもコクと甘さが足らない
自分の中のコンビニスイーツ順位は
ローソン>セブン>>>>ファミマ
な感じ

boeder-003.gif

今回、画像サイズを間違えてしまいました

何時もよりちょっと大きめ^^;

m_emoji-1.gif


nice!(118)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

六本木の裏路地のタイカレー クルン・サイアム [カレー(Curry)]

(前記事の補記事です)

s500IMG_3296.jpg

お昼ご飯は美術館近くにあるタイ料理屋さんに行ってみました

s500IMG_3297.jpg

入店前に品書きをチェック
やはりここはカレーを選びたい^^
ココナッツのコクと甘味をベースに、タイ独特のスパイスやナンプラーで辛味と旨味をプラス
そこにハーブも加わって独特な辛味と香り
タイカレーも好きなのです

s500IMG_3303.jpg

あーだこうーだと品書きの看板と睨めっこしていたらスタッフさんに招かれて入店^^;

s500IMG_3298.jpg

下の娘はカオ・マン・ガイかガイ・バッド・バイオガラ・ラート・カオとで迷っています
唐辛子三本のマークは危険な香り^^;
なのでカオ・マン・ガイをチョイス

s500IMG_3299.jpg

自分はカレー、ゲーン・キィオ・ワーン・ガイかタレー・バッボン・カレーかで悩みましたが・・・
海鮮と卵のふわふわカレー炒めのタレー・バッボン・カレーの誘惑にあっさりと陥落
カレースパイスの辛味を卵の優しい甘さが包み込んで、そこに加わる海鮮の旨味
タイ料理の中で一番のお気に入りなのです

s500IMG_3305.jpg

まず、ランチタイムサービスの春巻きとスープが到着

s500IMG_3306.jpg

スープはパクチーの香りと適度な酸味
コクもあって好きな味
もっと大きな器で欲しい^^

s500IMG_3300.jpg

辛さも欲しくなって・・・・、テーブルの上の赤い魔力の誘惑に勝てず、スープに少しだけ加えてみました
メッチャ辛くなって飲むのが大変に・・・^^;
結果がが解っていながら何故入れてしまうのだろう・・・--;)反省

s500IMG_3312.jpg

下の娘のカオ・マン・ガイの到着
一口もらいましたが、タレがメチャ美味しい
このタレをご飯にかけたら・・・箸が止まらなくなりました^^;

s500IMG_3308.jpg

自分のタレー・バッボン・カレーの到着

s500IMG_3316.jpg

ライスはタイ米、このパラパラな食感がこの味にはあうのです

s500IMG_3309.jpg

まずはカレーを一口
カレーは辛いですが、ふわふわ卵の優しい甘さがそれを包み込んでマイルドにしてくれます
カレーとハーブの香りが鼻に抜け、卵の甘さの奥からは海老や烏賊の旨味
これこれ、好きな味^^

s500IMG_3311.jpg

次はご飯も一緒に、これがまたね、卵にご飯だもの~♪

s500IMG_3315.jpg

海老も大きくて満足♪

六本木・自由が丘・吉祥寺・大井町・中目黒にもお店があるようですから次は自由が丘か中目黒にも行ってみたいな

クルン・サイアム 六本木店
03-6434-9350
東京都港区六本木7-10-4 福一ビル
11:30~15:00(14:30L.O.)
17:00~23:00(22:00L.O) 

boeder-001.gif

本日のおやつはチョコケーキ 

s500IMG_2451.jpg

大人のチョコレートケーキ

s500IMG_2452.jpg

トップのグラサージュショコラはちょっと粘度が高め

s500IMG_2461.jpg

ビターな味わいだけれどリッチさは少な目
まぁ、値段を考えれば悪くは無いかな
中央は珈琲の苦みが染みこんで、チョコの甘さを締めて、これが”大人”なのかな

s500IMG_2462.jpg

下段のココアスポンジにはチョコパフがいいアクセント

boeder-003.gif

さるくん、4月1日は遊びにゆくから夜は居ないよ、いいよね?^^

と奥さんが問いかけます

1日?オマイ1日って何の日か知ってる?

え~っと、エイプリルフー・・・

結婚記念日じゃい!

あっ(滝汗

ほー、オマイ忘れていたと?忘れていたと?

(ここぞとばかり責め立てる)

お花見の約束をして・・・・

俺なんざ、結婚記念日の為に諦めた予定もあったんだぞ

それなのにオマイは!

(責める責める)

じゃぁキャンセルするから

いや、しなくてもいいけれど

(交換条件は何を出そうかな・・・ぷぷぷっ、楽しみ~^^)

じゃぁ、記念日の予定は昼間にやるってのはどう?

昼間?記念日は終日だろ?

だって、何故記念日に一日拘束されないといけないの!!

ぬぁにぃ~、拘束だとぉ~

オマイは結婚記念日が拘束だとぬかすのかい

ほー、その程度のものか、そうだったんだ、そうだったんだ

(さらに責める責める、言い返す度にどんどん深みにハマる奥さん)

だって・・・・

ふ~ん(と、冷たい目で^^)

(ふっふっふ、交換条件を考えておかねば、高いよ~♪)

m_emoji-1.gif


nice!(111)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スラヴ叙事詩20作品の迫力 国立新美術館 ミュシャ展 [日常のなかで(Diary)]

春のお彼岸三連休
天気予報では三日間ともいいお天気
連休初日から全開で遊べたのは昔の話
今は溜まった疲れを取ってからでないと全開なんてできないのです
体を休ませる為に連休初日はおとなしめに過ごしましょう

おとなしく過ごすのに丁度いいのが美術館
体を調整するには最適なのです
尤も真夏炎天下に五時間の行列といった年齢によっては体力どころか命を消耗させるような展覧会もありましたが^^;
まぁ、其処までの行列は滅多にあるものじゃないですから

朝寝を決め込んでいる下の娘を叩き起こし美術館に行く事を告げます
東京都美術館のティツィアーノとヴェネツィア派展か国立新美術館のミュシャ展か・・・悩みますが
ミュシャ展にしました
理由は・・・何となくな乃木坂な気分だったから・・・(本当はバイク駐輪場が無料だから^^;)

s500_IMG_3267.jpg

綱島(中原)街道からR1,T415を走って飯倉片町を左折すれば六本木
ミッドタウン西を左折すれば国立新美術館
駐輪場バイク置場は貸切でした^^

s500_IMG_3270.jpg

今、国立新美術館は水玉でいっぱい
こっちも見たいけれど・・・ハシゴは疲れるからまた今度

s500_IMG_3276.jpg

で、ミュシャのチケット
この日、高校生は無料でしたので自分の一枚のみを購入(無料、なんて素敵な響きなんだろう~♪)

s500_IMG_3279.jpg

会場には撮影可のブースもありました
(でも、撮影可と不可の線引きは何処なのでしょう・・・と、ちょっと疑問)

boeder-001.gif

Alfonse Mucha、アール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠
作品の一部をUPします(画像は複製絵画のHPなどネットからDL)

s500suravuno.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《スラヴ叙事詩「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」》)

19世紀末に現れたアール・ヌーヴォーの意味するところは「新しい芸術
特徴は有機的な曲線
自然の美、植物や昆虫などに見られる滑らかな曲線を取り入れたデザイン

s500スラヴ叙事詩-スラヴ民族の神格化.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《スラヴ叙事詩「スラヴ民族の神格化」》)

最初の部屋は《スラヴ叙事詩》のブース、巨大な作品が並びます
ミュシャがその生涯をかけて制作した《スラヴ叙事詩》、スラヴ民族の歴史を主題とする全20枚から構成される連作群
スメタナの”わが祖国”を聴いた時に強く感銘を受けたミュシャが、スラブ諸国文化の伝道に尽力することを決意して描いたそう
1910年~1928年まで18年をかけて取り組んだそうです

s500スラヴ叙事詩-ロシアの農奴解放の日.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《スラヴ叙事詩「ロシアの農奴解放の日」》)

《スラヴ叙事詩》のブースは三つの部屋に分かれ、三つ目の部屋だけが撮影可能
ここまで大きいと見るのも大変
首が疲れます(笑
それに説明を読むのにいちいち近づかないといけないのも面倒なもの
しかも自分の場合、都度眼鏡を変えないといけないのです(近いのと遠いので眼鏡が違う・・・)
印刷物にして最初に渡してくれると助かるのに・・・・
《スラヴ叙事詩》の20作品分だけでもいいから

s500スラヴ叙事詩-原故郷のスラヴ民族.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《スラヴ叙事詩「原故郷のスラヴ民族」)

この《スラヴ叙事詩》の20作品を見るにあたって事前学習をしておこうとネットを彷徨っていたのですが、カレル大学日本研究学科修士課程の学生さん達が書いた記事を見つけ、それで調べました

そのブログは→ここ

なかなか興味深かったです

s500スラヴ叙事詩-東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《スラヴ叙事詩「東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン」》)

三つの部屋を渡り20作品を観賞、その後は4つの項目に分かれます
Ⅰ・ミュシャとアール・ヌーヴォ―
Ⅱ・世紀末の祭典
Ⅲ・独立のための戦い
Ⅳ・習作と出版物
途中、Ⅲの独立のための戦いの部屋で《スラヴ叙事詩》のコーナーに戻れる抜け道(?)があり、結局《スラヴ叙事詩》の部屋を三回巡りました
でも一番気にいったのは《スラヴ叙事詩》ではなく、《クォ・ヴァディス》でした^^;

s500四つの花-薔薇.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四つの花「バラ」》)

アール・ヌーヴォー様式の画家アルフォンス・ミュシャの典型的な作例のひとつ、連作≪四つの花-薔薇≫
薔薇、カーネーション、百合、そしてアイリスの4つの花を各装飾パネルのモティーフとして構成した4点1組の作品群で、ミュシャの全ての作品の中でも当時、特に人気が高かったそう
画面中央へは端整な顔立ちの女性、左右対称的なその姿態は観る者に厳格性や高い格調性を感じさせ、その存在感を際立たせます
薔薇の刺々しい茎の曲線が女性と薔薇の花の柔らかな印象をより強め、そこに感じるのは美しい調和

s500四つの花-アイリス.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四つの花「アイリス」》)

美の世界にひたる、世紀末の退廃的な雰囲気の女性
植物モチーフの装飾
これぞ、アール・ヌーヴォー

薔薇に比べるとその存在感は弱めでアイリスと同化したような柔らかさ
薔薇を際立せるため?

s500四つの花-カーネーション.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四つの花「カーネーション」》)

薔薇程ではないですが、ちょっと怖い感じもしますね

s500四つの花-ユリ.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四つの花「ユリ」》)

緩さがあっていいな
美しい調和・・・・・
でもね、ミュシャの絵を見ているとチョコレートが食べたくなるんだよね^^;

s500四芸術-ダンス.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四芸術「ダンス」》)

この長い髪をなびかせた躍動的な女性の絵は、ミュシャ独特の四点セットの装飾パネルの一つ「四芸術」のうちの一点、「ダンス」
さわやかな風に髪をなびかせながら踊る女性に朝の光を感じます
風にはらんだ衣装、散る花弁、生き生きとした動きに満ちた表現は、非常に印象的

この作品の他に「詩」、「絵画」、「音楽」の芸術が、女性像によって寓意的に表現されています
これは、ルネサンス以来の伝統的なテーマであり、背景の円形枠も三日月形と決まっていたとか

s500四芸術-音楽.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四芸術「音楽」》)

「音楽」は夜、両手を耳に当てたポーズで描かれていて、ミュシャらしい明るさと気品とさわやかなエロティシズムが漂っています

s500四芸術-絵画.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四芸術「絵画」》)

「絵画」はやさしげな表情
雫を宿した花から放射状に虹が広がります
じっと花を見つめている姿はヴょっと物憂げな午後

s500四芸術-詩.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《四芸術「詩」》)

「詩」は夕暮れ
樹々の向こうに陽が沈み、一番星が輝く黄昏時
頬杖をついて物思いにふける女性
女の背後からは月桂樹の葉が伸び、桂冠詩人という言葉のとおり頭へ

s500ヒヤシンス姫.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《ヒヤシンス姫》)

アルフォンス・ミュシャ、チェコ時代を代表するポスター作品『ヒヤシンス姫』
ラディスノフ・ノヴァク脚本オスカー・ネドバル編曲によるオペラ・パントマイム≪ヒヤシンス姫≫の宣伝用ポスター作品だそう
鍛冶屋の娘のハニチカが夢の中でヒヤシンス姫となって、貴族や錬金術師など3人の求婚者たちとおりなす恋あり冒険ありのおとぎ話
この時期のミュシャのポスターにはこちらをまっすぐ見つめる少女が描かれています
ヒヤシンス姫のポスターは美しい青い眼が瞳の虹彩まで丹念に描かれていて、その瞳が印象的

s500クォ・ヴァディス.jpg

(アルフォンス・ミュシャ《クォ・ヴァディス》)

アルフォンス・ミュシャ、アメリカ時代を代表する油彩画作品のひとつ『クォ・ヴァディス』
ミュシャが最初のアメリカ滞在の時に仕上げられたこの作品は、完成後、長い間行方不明となっていたそうですが、1980年にシカゴで発見されたそう
画題となった小説≪クォ・ヴァディス≫の舞台はキリスト教への迫害が厳しかったローマ帝国第5代皇帝ネロの統治下におけるローマ
戦争から帰還したばかりのローマ軍大隊長ヴィニキウスが、彼の叔父でありギリシア思想の体現者ガイウス・ペトロニウスの下へ訪れるという小説の最初章の場面が描かれています
中央の女性がペトロニウスに魅惑的な視線を送る姿が配されているのですが
この視線が凄くいい、こんな視線を受けたら誘いに乗りたくなります^^

boeder-003.gif

さて、展覧会を観終えて遅めの昼ごはん
美術館近くのタイ料理店に行ってみました

s500_IMG_3317.jpg

食べたのはタイカレー
カレーですから別記事で独立させます(おそらく次記事かな)

s500_IMG_3290.jpg

食事の後はお茶
美術館の近くの紅茶屋さんデンメア ティーハウスをチョイス
今迄気になっていたものの何時もタイミングが悪く満席
今回ようやく入店です
ウィーンのティーブランドだそう

s500_IMG_3289.jpg

デンメア ティーハウス 六本木店
03-5772-1812
東京都港区六本木7-21-22 セイコー六本木ビル1F
11:00~19:00
定休日 日曜日

s500_IMG_3291.jpg

店内撮影禁止なので店内画像はここまで

s500_IMG_3318.jpg

でも紅茶の名前が覚えられないので・・・と頼み込んで品書きを撮らせてもらいました
(種類は多いし、其々説明も長いので自分のメモリー搭載量の少ない頭ではとても覚えられませんから)
自分が選んだのは”セイロンウヴァボンバラガベコー”・・・・覚えられないって^^;

s500_IMG_3319.jpg

下の娘が選んだのはHappy Day
名前は憶えやすいけれど、その説明は一回見ただけじゃ覚えられない・・・

s500_IMG_3320.jpg

お茶に必要なものは甘いモノ~♪

s500_IMG_3323.jpg

クッキー好きの下の娘が選んだのはこれ

s500_IMG_3321.jpg

自分はザッハトルテとアプフェルシュトゥルーゲル(舌噛みそう^^;)と悩み悩んだ末に舌を噛む方を選択
アップルパイの原型だそう
アップルパイってトルコ発祥だったんだ
とんな感じのものか訊くと、パイじゃなくクレープ生地で包んだイメージだとか

s500_IMG_3324.jpg

まずは下の娘のCookies & Rum Kandis と Happy Dayが到着
お茶のタイマーは6分にセットされていました
随分時間がかかるお茶なんだなぁ

s500_IMG_3331.jpg

自分の舌噛むアップルパイ原種とセイロン・・・・ベコー(これも舌噛みそうだね)も到着
自分のタイマーは二分半にセットされていました

まずお茶を一口、優しい味わい
で、下の娘からラム酒漬けの角砂糖を一欠片貰って入れてみました
すると・・・・なんと!@@)
入れた方がお茶の味が感じられる
何故???ちょっと驚きでした

s500_IMG_3327.jpg

アプフェルシュトゥルーゲルには無糖のホイップクリームが添えられて

s500_IMG_3329.jpg

確かに生地はクレープに近い(クレープより甘くない)
自分はパイより好きかも

boeder-001.gif

再び美術館に戻って・・・ 

s500_IMG_3334.jpg

水玉の作品を少しだけチェック

s500_IMG_3340.jpg

球体に写る姿を楽しんだり・・・

s500_IMG_3341.jpg

結構楽しいかも^^

boeder-001.gif

暖かな陽気でしたが夕刻になれば風がちょっと冷たい

風が冷えないうちに戻ろうとべすを走らせます

流石三連休、道はメチャ混み

スクーターの機動力を最大限に発揮

スリスリ&信号でポールポジション移動を繰り返したものの

買い物の寄り道もあってウチに戻ったのは17時でした

前記事にも書きましたが夕飯は根性で揚げた天麩羅

胆嚢が無いのに揚げ物を食べ過ぎてちょっと気持ち悪いーー;)

・・・・・・

前記事をUPした1時間後のこと

下の娘が具合が悪い、腹が痛いと言い出して

そのうちに嘔吐まで

胃腸炎か!

連休だから病院あいていないし

兎に角おとなしく寝ているように!

m_emoji-1.gif


nice!(115)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見事な細打ち十割蕎麦とバランスのいい汁 水戸の蕎麦 そば処みかわ [茨城の蕎麦]

今日は在庫記事から

0s500_IMG_2667.jpg

この日は水戸で仕事でした
午前中で終え、翌日の仕事の為につくばへ移動します
移動する前に昼ごはん

1s500_IMG_2668.jpg

十割蕎麦がたべたくなって、やってきたのは”みかわ”

1s500_IMG_2703.jpg

暖簾をくぐると石臼が出迎えてくれます

s500_IMG_2669.jpg

完全禁煙なのが嬉しいです

s500_IMG_2670.jpg

入口直ぐはテーブル席、奥は座敷
今回はテーブル席に案内されました

s500_IMG_2684.jpg

茶は蕎麦茶、いい香りです
おしぼりが紙なのは残念
こんなにもいい雰囲気の店内なのだから、おしぼりは紙じゃない方がいいな

s500_IMG_2671.jpg

仕事中なので蕎麦飲みはできませんが、こういうものがあったら思わずチェックしてしまいます

s500_IMG_2672.jpg

そば味噌焼きかそばの揚げだしがいいな

s500_IMG_2673.jpg

いやいや、ちゃんと品書きを確認しなければ・・・
地域の名物の奥久慈のしゃもにけんちん蕎麦、その合体の”しゃもけんちん”が気になりますが、初めての店では盛り、これは譲れません

s500_IMG_2674.jpg

二色盛りに心惹かれますが、蕎麦と饂飩の二色でした
これが十割と二八の二色だったら迷わず二色にしたのですが・・・・
大盛りは200円増し、汁のおかわりも200円

s500_IMG_2675.jpg

その他、つけ汁が温かなざる類

s500_IMG_2676.jpg

温かな蕎麦や饂飩類

s500_IMG_2677.jpg

天麩羅

s500_IMG_2678.jpg

甘味も気になります

s500_IMG_2679.jpg

で、おかわりに替えざる、これは普通のざるで頼みました
これで二色蕎麦のできあがり^^

s500_IMG_2680.jpg

蕎麦粉のロールケーキも気になるのでオーダー
自分も昔は蕎麦粉スイーツを研究していたのですが、最近は全く手つかず
久しぶりに蕎麦粉スイーツも作ってみようかな

s500_IMG_2685.jpg

まずは十割が到着
断面がスクエアな細打ちの蕎麦
早速蕎麦のみで手繰ります

s500_IMG_2686.jpg

唇に蕎麦の端を軽く挟んで一気に啜ると、啜ると同時に香りが広がって思わずうっとり
噛むと更に香りが満ち、唸ります
噛み応えも良く、適度な反力を感じさせ、だらしなく潰れる事はありません
唇の滑りも良く、十割にしては喉越しもいい感じ
なかなかの蕎麦に満足

s500_IMG_2689.jpg

次に汁を味わいます
一口含んで最初に感じるのは香り
出汁の香りを良く感じます
甘さは強くありませんが優しさがあって食べやすい
ふんわり出汁が香った後に柔らかさ、それが凄く優しい
酸味が絶妙な加減で汁を〆ています

s500_IMG_2687.jpg

蕎麦を汁に浸けて手繰ります
蕎麦の半量を浸けるのが丁度いい感じ
蕎麦と汁の相性も見事、いいバランスです

s500_IMG_2688.jpg

薬味は葱に山葵、それに大根おろし
山葵は瑞々しく、香り辛さも心地いい
大根は辛味大根、程良い辛さ
葱は普通

s500_IMG_2690.jpg

十割を食べ終え、お替わりの二八を持ってきてもらいます
器が違います

s500_IMG_2692.jpg

二八蕎麦も断面がスクエアな細打ち
しかし面白いことに十割より太目です
啜った時に立つ香りは流石に十割の方が強く感じますが、この二八だって十分に香る蕎麦
噛み応えもしっかりして、流石二八
十割よりも喉越し噛み応えでは勝ります

s500_IMG_2693.jpg

コシも十割より強い
喉越しは良いけれど十割に比べてダントツじゃない
十割より若干太いからかそう感じるのかも
もっと細い蕎麦だったらもっと気持ちよかったかも

s500_IMG_2694.jpg

食べ終えた頃に蕎麦湯の登場

s500_IMG_2695.jpg

あっさり系の蕎麦湯でした

s500_IMG_2696.jpg

残った汁を割って一杯、そして蕎麦湯だけで一杯

s500_IMG_2697.jpg

最後に蕎麦ロール
生地はふんわりして噛み応えも違和感はありません
普通に薄力粉で作ったケーキのよう
蕎麦粉はそれ程入っていないようです・・・逆二八かな

s500_IMG_2698.jpg

蕎麦の実がいい仕事をしています
香ばしくて噛むと蕎麦の甘みと香り
クリームも甘すぎず、蕎麦の味を邪魔していません
悪くないね、真似てみようか^^

s500_IMG_2699.jpg

蕎麦処 みかわ
029-233-1311
茨城県水戸市松本町17-75
11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 水曜日

boeder-001.gif

その後、水海道の定宿で宿泊 

s500_IMG_2705.jpg

駅前のHOTELを選んだ理由は気動車が見えるから

s500_IMG_2709.jpg

気動車の音を聴きながら寝るのが良い気持ち^^

zs500_IMG_2905.jpg

この冬、寝酒によく飲んでいたのがこれ
季節限定の文字に誘われて購入したのですが、甘酒好きな自分、この味にハマってしまって^^;

zs500_IMG_2904.jpg

甘いし、11度程度と軽いから飲みやすい^^

boeder-003.gif

今日の晩御飯は天麩羅

無性に菜の花の天麩羅が食べたくなって作りました

できた頃に奥さんからLINEが到着

今日、ご飯要らない

オマイ、もっと早く連絡よこせよ

俺がこんなタイミングでご飯要らないなんて言ったら

ギャーギャー大騒ぎする癖に・・・--;)

山盛り作った天麩羅

頑張って食べたのですが

そういえば胆嚢を取っ払っていたんだった^^;

飲み会に行くと購入が絶対条件のアイスのお土産

奥さんはアイスと共に帰ってきました

今、メッチャ腹が気持ち悪いのは

胆嚢が無いのに天麩羅を食べ過ぎたせいじゃなく

アイスも食べて、食べ合わせのせいなのかも^^;

早く寝なきゃね

日曜日は温泉ライダーGo!

m_emoji-1.gif


nice!(112)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理