So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

野毛の行列のスープカレー屋さん kikuya curry [カレー(Curry)]

この日は珍しくオフィス仕事
なのでランチは みなとみらい・・・じゃなく野毛に向かいます
みなとみらいは何処も混むからね
野毛なら比較的すいていますから最近はずっと野毛遠征
多少距離があっても並ばなくていいので十分ランチタイム内で戻ってこられるのです

s500_IMG_3949.jpg
 


で、野毛は何処のお店にしましょうか
この日は暑い日だったこともあってスパイスを体が求めています
ならばカレーがいいでしょう
野毛でカレーとなると36スパイスかkikuya curryが頭に浮かびます
インドカレーな気分でなかったのでkikuya curryにしてみました
野毛二丁目の交差点を曲がって坂道を登って・・・・行列しているし@@;)
ランチタイムの時間、大丈夫かなぁ
今更戻るのもなんだし・・・・並んじゃえ^^;
 


s500_IMG_3954.jpg


12時15分に到着したのですが、入店できたのは13時^^;
完全にランチタイムをオーバーしてしまいました
たまさかの事だし・・・・まぁ、いいかぁ^^; 


s500_IMG_3955.jpg


店内は5卓で17席 
かなり窮屈空間


s500_IMG_3964.jpg


まずは冷たい水が供されます  


s500_IMG_3965.jpg


卓上には福神漬けと  


s500_IMG_3971.jpg


大っ嫌いな落橋
自分、これだけは食べられないのです  


s500_IMG_3957.jpg


品書きを確認しますが・・・・さて、どれにしましょうか 


s500_IMG_3958.jpg


何を頼むか悩んだ時は左上に記載されているものを選べば間違いがない
そう、左上の法則に頼ります
見開きの品書きの左上にあるものは  


s500_IMG_3963.jpg


The Curry
これに決めたものの、次なる難関は何カレーにすべきか
チャナ豆、ローストチキン、牛リブ
気になるのはこの三つ
そしてルーの辛さも選びます
スリランカ風、和風、バターマサラ、それに新たに設定されたカシミール 


s500_IMG_3968.jpg


カシミールが一番辛いそうですが、激辛ではないそう
壁に貼られた案内書によると痺れに期待できそうな感じです
暑い辛さは苦手ですが痺れる辛さは大好き
これはカシミールしかないでしょう
そしてオススメは牛とありますから牛リブでオーダー
ご飯の量は大、中、小から選べます
その量は150g、200g、300g
大盛りで300gって少なくない?
確かココイチの普通盛りって300gだったよね
300gでオーダーしました


s500_IMG_3970.jpg


まずサラダの到着 
ドレッシングは適量、ここがインド式と違うところ
インドカレー屋さんのサラダはドバドバドレッシングですから^^; 


s500_IMG_3973.jpg


続いてご飯大盛りの到着
やはり少ない・・・・大盛りに見えないよね  


s500_IMG_3974.jpg


カシミール、牛リブカレーの到着  


s500_IMG_3975.jpg


まずはカレーを一口味わいます
スパイシーで辛さも丁度いい
コクは厚すぎず薄すぎず
スッキリした後味の食べやすいカレー  


s500_IMG_3979.jpg


肉が沢山入っているのは嬉しい
軽く救ってこれだけ
野菜の下にもいっぱい隠れています  


s500_IMG_3980.jpg


ご飯との絡み具合
まぁ、スープカレーですから^^;  


s500_IMG_3981.jpg


スープカレーって食べ方に悩みます
スープにご飯を投入するべきか、ご飯にスープをかけるべきか
いつも悩みますが毎回答えは一緒
ご飯にスープをかけています
この方が食べやすいから  


s500_IMG_3984.jpg


後半は目玉焼きも載せ、半熟の黄身を崩していただきます
黄身のコクが辛さをマイルドにしてくれ、更に旨みもUP
美味しいです
量が少ないけれど・・・・・  


s500_IMG_3985.jpg


食べ終えたら13時半過ぎ
外に出るとまだ長い行列が@@;)  

Kikuya Curry (キクヤ カリー)
045-231-0806
横浜市中区野毛町4-173 天悦ビル 101
[月~金]11:00~14:30(L.O)&17:00~20:00(L.O)

[土・日・祝]11:00~20:00(L.O)
定休日 月曜日


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg

もっと量が欲しいなぁ

boeder-001.gif
 



m_emoji-1.gif


 


nice!(62)  コメント(23) 
共通テーマ:グルメ・料理

誕生日ケーキはカナリア諸島のタルト Take2 Tarte aux îles Canaries [スイーツを作ろう(making sweets)]

6月5日は下の娘の誕生日
当日ではなく最寄りの週末にケーキを焼くのがウチのスタイル 
さて、今年はどんなケーキにしようかな
彼是考えていると下の娘がどんなケーキを作るのかと訊いてきます
何にしようか
そう問うと即座に帰ってきた答えは


s500_ROQQ9646.jpg


2年前に作ったカナリア諸島のタルト、紅茶とオレンジのタルトです
このとき、黄色いケーキがいいとのリクエストでオレンジを使うことにしました
で、オレンジで連想したのが紅茶
その訳は

薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて海に向いたテラスでペンだけ滑らす夏の影が砂浜を急ぎ足に横切ると生きる事も爽やかに視えてくるから不思議だ〜

って”カナリア諸島にて”が頭の中でグルグル回り出したから 
あまり濃厚なのは好まない下の娘なのでタルトに詰めるのはクレームダマンドではなくジェノワーズ
このジェノワーズは紅茶入りにしてクレームシャンティイも紅茶をたっぷり加えました
それが気に入ったようで、今までで一番気に入っていると
そう言われたら作らないわけにはいきません
でも全く同じでは芸がないのでバージョンアップしたTake2で

2年前はクリームを山に盛ってドーム状にしていましたが、今回は表面は平らで
平らでもクリームをたっぷり詰めたいのでタルトの壁を高めに作ってみます
あとジェノワーズも改良
ジェノワーズにアーモンドパウダー使ってクレームダマンドに少し近づけてみましょうかね
やりすぎると前と違うってクレーム来ちゃいそうですから少しだけ


boeder-003.gif


さぁ、作り始めましょう 


s500_IMG_3787.jpg


まずはパート・シュクレ(タルト台)を作ります

用意したのは粉糖を80g、薄力粉(バイオレット)を200g、室温に置いて十分に柔らかくした無塩バターを100g、卵黄を1個分、そしてバニラオイル (残った卵白一個分は別の工程で使います)  


s500_IMG_3789.jpg


そして薄力粉200gを三度ほど篩っておきます  


s500_IMG_3790.jpg


柔らかくなった無塩バター100gをボールに入れよく混ぜて  


s500_IMG_3791.jpg


そこに粉糖80gを篩い入れたら  


s500_IMG_3795.jpg


白っぽくなるまでホイッパーでよく混ぜます  


s500_IMG_3796.jpg


卵黄を投入  


s500_IMG_3798.jpg


よく混ぜて  


s500_IMG_3800.jpg


バニラオイルも適量加えてよく混ぜます  


s500_IMG_3802.jpg


そこに篩っておいた薄力粉200gを篩い入れて  


s500_IMG_3804.jpg


捏ねないように混ぜます 
ヘラの動きは一方向だけ、混ぜると言うより、バターに粉を絡ませる感じかな
混ぜの方向は上から下、下から上にはすり混ぜません

5回繰り返したらボールを120°回転、再び混ぜ、更に120°回して・・・を繰り返します  


s500_IMG_3806.jpg


粉けのない、ボロボロの状態になればOK  


s500_IMG_3808.jpg


ヘラで生地を集め一塊に
   

s500_IMG_3809.jpg


それをへらで押しつぶすようにボールの底に押し付けて
 

s500_IMG_3810.jpg


押し付け終わったらヘラで生地をひっくり返して再びまとめて押しつぶして

これを10回ぐらい繰り返します   


s500_IMG_3812.jpg


生地が白っぽくキメが細かくなったら一塊にして 
ラップを巻いて冷蔵庫で二時間寝かせます  


s500_IMG_3815.jpg


同時にタルト型(今回は直径24㎝を使用しています)に無塩バター(分量外)を塗って  


s500_IMG_3816.jpg


強力粉(分量外)を茶漉しで降らせ、余分な粉をはたいたら  


s500_IMG_3820.jpg


ラップを巻いて冷蔵庫で冷やしておきます  


s500_IMG_3821.jpg


寝かしている間に”薄く切ったオレンジ~♪”

薄切りオレンジのコンポートです
用意したのはオレンジを三個(画像は4個ですが使ったのは3個です)、グラニュー糖を50g、100%オレンジジュースを300cc、白ワイン200cc、水100cc   


s500_IMG_3822.jpg


オレンジを5mm幅にスライス、鍋に並べ、材料を全部投入
 

s500_IMG_3823.jpg


オーブンシートを被せて  


s500_IMG_3825.jpg


蓋をして中火に置きます
沸騰しかけたら弱火にして1時間煮て、そのまま放置冷却  


s500_IMG_3827.jpg


2時間後 
作業台に強力粉の打ち粉を撒き、そこに生地をセット
麺棒で伸します  


s500_IMG_3829.jpg


型にセットして・・・
このとき深さを稼ごうと型の高さよりも壁をちょっとだけ高くしてみました
以前、パンプキンタルトを作ったとき壁をちょっと高くして上手くいったので 
(でも・・・ちょっとだけのつもりがついつい高く盛りすぎていたのはこの時は認識していなかったのです) 


s500_IMG_3831.jpg


ピケを打ったらラップして冷蔵庫で1時間寝かせます  


s500_IMG_3833.jpg


寝かし終えたらオーブンを180℃に余熱
予熱完了したら冷蔵庫からパート・シュクレを取り出し作業再開
パート・シュクレにオーブンシートを敷いて、浮き上がり防止の錘を乗せたら180℃で27分焼きます
焼けたら型のまま放置冷却
 


s500_IMG_3835.jpg


パート・シュクレが焼きあがったらジェノワーズを作ります
オーブンは160℃に余熱
用意したものはアールグレーの紅茶パック1パック分の茶葉、卵一個とパート・シュクレの制作で余った卵白

グラニュー糖を55g、薄力粉(バイオレット)を35g、アーモンドパウダーを15g、無塩バターを13g、牛乳を20g、オレンジピール15g、そしてバニラオイルとオレンジリキュールCOINTREAU 
(追加で紅茶リキュールも使いました)
 


s500_IMG_3836.jpg


薄力粉35gとアーモンドパウダー15gを3度程篩っておきます  


s500_IMG_3837.jpg


湯煎に無塩バター13gと牛乳20gを置き、バターが溶けたら合わせておきます 

s500_IMG_3844.jpg


そこにバニラオイルを適量加え、そのまま出番まで湯煎放置 


s500_IMG_3838.jpg


40℃の湯煎にボールを浮かべ  


s500_IMG_3841.jpg


卵(一個+卵白)を割り入れ混ぜたらグラニュー糖55gを投入  


s500_IMG_3842.jpg


よく混ぜ溶かします
溶けたら湯煎から外して  


s500_IMG_3843.jpg


ハンド聞きサーで泡だて
高速で5分、低速に切り替えて3分  


s500_IMG_3846.jpg


そこに篩っておいた薄力粉35gとアーモンドパウダー15gを篩い入れて  


s500_IMG_3848.jpg


捏ねないよう注意深く混ぜます
40回ぐらい 


s500_IMG_3849.jpg


そこに牛乳+バターを数回に分けて加え、都度混ぜて  


s500_IMG_3850.jpg


更に混ぜて・・・合計100回ぐらい  


s500_IMG_3851.jpg


紅茶葉を加えて  


s500_IMG_3853.jpg


オレンジピールも加えたら  


s500_IMG_3854.jpg


混ぜます  


s500_IMG_3857.jpg


それをパート・シュクレに流し入れて、落下ショックを一回
実はこのパート・シュクレ、壁が・・・orz
高くし過ぎて焼いたら壁が垂れてしまったのです

それを修正しようとしたら一部壊れてしまって(涙

このとき丁度下の娘が学校から帰ってきました
パート・シュクレの壁が歪になってしまった経緯を話すと

あなたは何時も欲張るから・・・欲張っちゃダメなんだよ^^;


\(_ _ ;)ハンセイ 


s500_IMG_3864.jpg


160℃に余熱したオーブンで25分焼きました  


s500_IMG_3865.jpg


焼きあがったらCOINTREAUを打ち込みます  


s500_IMG_3866.jpg


気分で紅茶リキュールも追加
たっぷり打ち込みました  


s500_IMG_3867.jpg


シートを被せて放置冷却  


s500_IMG_3868.jpg


さて、全てが冷えたら仕上げです
オレンジコンポートを取り出し水気を切っておきます(残った煮汁は残ったオレンジコンポートと共にゼリーにしました)  


s500_IMG_3869.jpg


そして紅茶のクレームシャンティイ
用意したものは乳脂肪47%の生クリームを200cc、乳脂肪35%の生クリームを200cc、グラニュー糖50g、アールグレーのテイーパックを4袋、それに紅茶リキュール15g


s500_IMG_3871.jpg


まずは乳脂肪35%の生クリーム200ccを鍋に入れ、沸騰直前まで温めテイーパック4袋を投入
ヘラで押したりしながらしっかり色を出します 

5分程格闘、袋は破れてもOK
どうせ濾すから  


s500_IMG_3872.jpg


それを濾し、さらに茶葉を絞って  


s500_IMG_3874.jpg


氷水にボールを浮かせて冷却  


s500_IMG_3875.jpg


冷えたら乳脂肪47%の生クリームを加えて  


s500_IMG_3876.jpg


紅茶キリュールを15g入れ  


s500_IMG_3877.jpg


グラニュー糖50gを加えたら  


s500_IMG_3878.jpg


ホイップ〜♪  


s500_IMG_3880.jpg


それをタルト台に塗って均します 
タルトの壁にもアラ隠し、丸口を装着した絞り袋に紅茶クリームを詰めて外周をデコって誤魔化します
これでバレないね 


s500_IMG_3881.jpg


オレンジを並べたら 


s500_IMG_3882.jpg


艶出しのゼリーを作ります
用意したものは水を200㏄、アガーを6g、白砂糖を40g、紅茶リキュールを30g、それにアールグレーのテイーパックを一袋  
あらかじめアガーと白砂糖は混ぜておきます


s500_IMG_3885.jpg


紅茶をよく煮出して  


s500_IMG_3886.jpg


そこにアガー6g+白砂糖40gを加え、よく煮溶かしたら 


s500_IMG_3888.jpg


急速冷却
冷やし過ぎると固まるから適度に  


s500_IMG_3890.jpg


オレンジに塗って艶だし  


s500_IMG_3892.jpg


真ん中にも紅茶ゼリーを流し込んで  


s500_IMG_3894.jpg


ゼリーの上にプレート固定用のクリーム(紅茶クリームの残り)を絞りお誕生日プレートを置いたら完成  


s500_IMG_3895.jpg


おっと、これを忘れてはいけません  
もう19になるんだなぁ
早いなぁ ==)トオイメ


boeder-004.gif


12時間ほど冷蔵庫で寝かせたら食べましょう 


s500_IMG_3901.jpg


ちゃんと灯します
合わせる飲み物は薄く切ったオレンジを浮かべたアイスティ
このタルトには絶対これ  


s500_IMG_3907.jpg


さてTake2のカナリア諸島のタルトですが 、2年前のと比べてみると・・・・
クリームは平より山に盛った方が見た目が派手でいいかもね 
2年前の初号機、意外と完成度が高かったんだ


s500_IMG_3908.jpg


オレンジピールは2年前より増量したけれど、これは正解
もっと多くてもいいかな  


boeder-001.gif


今朝は北鎌倉に紫陽花撮りに行ってきました

7時に明月院に到着したのですが

既に長い行列

 (゜ロ゜)ギョェ

開門1時間半前だというのに得られたポジションは門の見えない距離

年々混み方が酷くなってゆく・・・

開門から1時間もすれば境内は身動きできないような状態

10時前に明月院から撤収、東慶寺に向かいますが

外に出ると入山待ちの長い行列

どこまで続いているのかなと辿ってゆくと

最後尾は北鎌倉駅まで50mの位置

ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

この位置から明月院までどれくらい時間がかかるのだろう

来年は開門2時間前に来なければ・・・って6時半だし

ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエー


m_emoji-1.gif


 


nice!(99)  コメント(34) 
共通テーマ:グルメ・料理

とろとろなもつ煮込みに震える 柏インター出口 噂のもつ煮込み 噂の太郎 [気になる一品(Delicious)]

この日は千葉は野田に出張
車で行くときは常磐道柏インターで降りるのですが、料金所を過ぎてR16と合流するたびに気になってしまうお店があるのです
出口正面にあるお店ですが、野田方面に向かうと反対車線側で行くことができません
そもそも合流レーンに入ってR16に合流したときには行きすぎてしまっているのです
ならば柏方面に出れば行かれるのかというと、これも行かれません
合流レーンに入ってR16に乗ったときにはお店は既に後ろ、バックミラーでしかその姿を確認できません
そんな訳でとても入り辛いお店なのです
でも駐車場には車がいっぱい
ちょっと怪しげな雰囲気を漂わせる看板に店構え
並んでいる人の多くはザ・漢って感じの人たち
こりゃ美味しくて盛りがいいに決まっています


s500_IMG_3931_659.JPG


予想外に首都高の渋滞がなく、予定より早く柏インターを通過したこの日、R16に合流してからUターン
ようやく行くことができました

11時半に到着、それでも駐車場は車がいっぱいで空くのを待っての駐車


s500_IMG_3911_644.JPG


店内はテーブル席が三つにカウンター席の合計25席
全面喫煙可なのですがタバコを吸ってのんびりしている人は見かけません
皆、ただひたすら食べています  


s500_IMG_3917_646.JPG


順番が来て席に向かいながら品書きをチェック
品書きのトップにあるのは煮込み定食
大盛りの設定が細かいです
両方大盛に目がいきましたが・・・・医者の顔が目に浮かんで煮込み大盛にしました
炭水化物を減らせと言われたけれど脂肪(モツは脂肪がいっぱい)を減らせって言われなかったからね (ひょっとして常識すぎてあらためて言わなかっただけ?) 


s500_IMG_3918_647.JPG


自分は煮込み定食の煮込み大盛りをオーダー
隣に座った男性は単品の煮込大盛に半ライスをオーダー
この方も医者から炭水化物を減らすように言われているのかな^^;  


s500_IMG_3915_645.JPG


モツ煮込みだけでなく、ラーメン類もあるのですが誰も頼んでいません
皆、黙々とモツ煮込みを頬張っているのです
(ラーメンの文字が小さくて目立たないし^^;) 


s500_IMG_3919_648.JPG


注文してから出てくるまでの時間も短い
ほんの2 分で料理が出てきます
もつ煮は大鍋で常にスタンバイ、注文が入ると大鍋の中からよそい、ご飯と味噌汁と漬物を盆の上に
その流れるようなオペレーション、動きに無駄がありません  


s500_IMG_3920_649.JPG


目の前に置かれたもつ煮込み
湯気のたつ煮込み、その香りとappearance
食欲に一気にスイッチが入ります  
黄色い沢庵がいいな♪
この手の定食には上等な漬物より黄色い沢庵が似合いますね


s500_IMG_3922_651.JPG


まずはそのままで
もつ肉を一つ頬張ります

ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ

おぉ、ぷるっぷるのトロトロ
なんて柔らかなんだろう
もつ特有の香りはしますが丁重に煮込まれ臭うことはありません
これぐらいがいい
臭みはダメですが、もつの香りが無さ過ぎるのはそれはそれで物足りない
ちょうどいい塩梅 


s500_IMG_3921_650.JPG


ご飯はちょっと柔らかめ 
黄色い沢庵にはこれ位の方が合いますね 


s500_IMG_3925_654.JPG


味噌汁の具はワカメ 


s500_IMG_3924_653.JPG


もつ煮はトロトロ、それと対比させるようにゴボウやこんにゃくのしっかりした噛みごたえ
主役のもつのぷりぷりとろとろな食感を引き立てつつ、脇役の節度のある主張
そのコントラストが素晴らしい
たっぷりと載ったネギ独特の辛味がもつの脂をマイルドにしてくれます
 


s500_IMG_3926_655.JPG


一味を加えてみました(辛いのは苦手なので何時もは入れていません) 
入れると脂がサッパリするのですね 


s500_IMG_3927_656.JPG


さすが煮込み大盛、食べても食べても下から湧き出てきます^^;
ご飯の配分を考えながら食べているのですが・・・・  


s500_IMG_3928_657.JPG


ご飯が残り僅かだというのにもつ煮はまだ沢山残っています
やはり両方大盛にすべきだったのか・・・
それかノーマルがご飯ともつ煮のバランスがいいのかも

Σ(・o・;) ハッ!

お隣さんは確か半ライスにもつ煮大盛だったはず
どんな配分で食べていたのだろう 


s500_IMG_3929_658.JPG 


トロトロプルプルのもつ
これだけを食べるのは辛いかも

麦酒が無性に欲しくなります


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


噂の太郎
04-7131-1443
千葉県柏市大青田706-5
11:30~もつ煮が売り切れ次第閉店
定休日 水曜日
 


boeder-001.gif 


満足満足、でも流石にもつの脂が気になるなぁ
それに口の中をサッパリしたいし
って事で・・・ 


s500_IMG_3932_660.JPG


特茶^^;
ジャスミン茶は好きなんだよね
それにガツンとダブルグレープフルーツ
ガツンと系は好きなのです(ガツンとみかんが一番好き)  


s500_IMG_3934_662.JPG


ダブルグレープフルーツは黄色とルビー
しっかり二色を期待したのですが  


s500_IMG_3935_663.JPG


黄色も下はルビーでした^^; 


boeder-003.gif

m_emoji-1.gif


 


nice!(107)  コメント(26) 
共通テーマ:グルメ・料理

諏訪出張は温泉と蕎麦呑み 上諏訪 そば介 [信州の蕎麦]

この日は諏訪に出張
諏訪出張の時は上諏訪を定宿にしています
どうせなら温泉に入りたいからね
温泉があれば出張だって温泉旅行気分〜♪
初日は早めに終わらせて宿にチェックインしたら直ぐに温泉に
サッパリしたら駅方向へ散歩に出かけます
上諏訪駅の陸橋を渡り線路沿いの道を歩くと”十割そばや”の看板


s500_IMG_3742_478.JPG


風呂上がり散歩の目的地は此処、そばすけ
諏訪出張の楽しみは此処で蕎麦飲みをすることなのです
当然出張日はこのお店が定休日でない日に調整しました ((^┰^))ゞ テヘペロ


s500_IMG_3744_479.JPG


諏訪出張はそれ程頻繁にあるわけではありません
年に1〜2回程度
なので当然このお店に来るのは年に一回か二回 
今回は半年ぶりでの再訪です


s500_IMG_3745_480.JPG


入店、戸を開けカウンター内のお兄さんに会釈
”いらっしゃいませ 半年ぶりですよね”
と、店のお兄さん
覚えていてくれたんだねぇ
それにしても即座に思い出せるなんて凄い
自分は人の顔と名前をなかなか覚えられないので、こういうふうに直ぐに思い出せる人は感心します


s500_IMG_3747_481.JPG


陣取ったのはカウンター席の中央
いつも同じ席 


s500_IMG_3748_482.JPG


まずは飲み物
此処で飲むのはいつも日本酒、地酒 
蕎麦飲みは日本酒、そんなイメージを持っているから
風呂上がりですから爽やかな口当たりのがいい
なので純米吟醸、真澄からスタート 


s500_IMG_3762_493.JPG


アテはそばみそをオーダー 


s500_IMG_3749_483.JPG


真澄の到着
写真撮りますよね?
と、ボトルを横に
ブロガーってこと覚えていてくれてるんだねぇ^^;  


s500_IMG_3751_484.JPG


まずは一口
(≧ω≦)クー
吟醸の爽やかな香りとともに身体中に染み渡ります

温泉で乾いた体にはたまりません 


s500_IMG_3752_485.JPG


お通しは厚揚げ
天かすも入っていて、汁がかけられています
甘汁(かけ蕎麦の汁)かな 
天かすが美味しい
ヌキを頼みたくなる味
この天かすでちびちび飲み始めます 


s500_IMG_3753_486.JPG


と、ここで大好きなそばみその登場
蕎麦の実がたっぷり入って、炙ってあります
香ばしい蕎麦の実と香ばしく焼けた味噌
口の中に入れると蕎麦の香りが溢れ、味噌の旨みがどっしりと
酒を呼ぶ味
はい、おかわりですね  


s500_IMG_3755_487.JPG


ここで真打、大信州
プレミアムの方です
前回飲んでお気に入りになったお酒 


s500_IMG_3756_488.JPG


すごく円やかで優しい味わい
旨みもしっかりと厚みがあります
 
  

s500_IMG_3757_489.JPG


そばみそ、まだ余っていますか?
と、お兄さん
蕎麦がきを追加してくれました
これは嬉しい^^
そばみそと蕎麦がき、この組み合わせはめっちゃ美味しいですよね
品書きに無いのが本当に残念
メニューに載せてくれたら毎回頼むだろうなぁ(まぁ、サービスでいただけるからいいけれど^^;)
ねっとり、ふわっとした食感と蕎麦の香り
これも酒が進む一品
そんなことされたら・・・・ 


s500_IMG_3758_490.JPG


当然おかわり^^;
今度は斬九郎、特別純米
吟醸とは違う重みのある味
しっかり旨味を味わって飲みます  


s500_IMG_3763_494.JPG


かき揚げもオーダー
汁をかけていただきます
サクッとした衣に汁をかけ染みたところで口のなかへ
油のコクと汁の旨み
こりゃこう一杯欲しくなりますねぇ  


s500_IMG_3764_495.JPG


オススメのがあったら頂戴とリクエスト
出てきたのは御湖鶴、純米吟醸
下諏訪の銘酒だそうです
2年ぶりに復活したブランドだそう 


s500_IMG_3761_492.JPG


そろそろ〆にいきましょう
あまり飲みすぎると2回目の温泉に入れなくなってしまいますからね 


s500_IMG_3760_491.JPG


当然冷たい蕎麦
もりそばをオーダーしました 


s500_IMG_3765_496.JPG


もりの到着
上の盆(蓋?)には汁と薬味 


s500_IMG_3768_499.JPG


盆の下は蕎麦
きしめん率(蕎麦の断面の縦横比)は3ぐらいでしょうか
平打ちの蕎麦でエッジはしっかりしています
表面は艶やかで星は適度
まずは蕎麦のみで手繰るのはお約束
飲んでいても何時もの手順は守ります
(結構酔っ払っていますが^^;)  
まずは蕎麦のみて手繰ります
蕎麦の端を咥え一気に啜ると、啜った瞬間から立ち上がる蕎麦の香り
流石信州、蕎麦が美味い
喉越しは幅広だけにそれ程良くはありません
噛んで食べる蕎麦
噛むごとに蕎麦の香りと甘みが口いっぱいに広がります


s500_IMG_3767_498.JPG


汁は柔らか
若干甘さが先に来ますが、香りはしっかりしています

旨味も十分厚い  


s500_IMG_3769_500.JPG


蕎麦を汁に浸けていただきます
蕎麦の半量を浸ける位が一番蕎麦の甘味を引き出せます


s500_IMG_3766_497.JPG


薬味は葱と山葵
今回の葱は今までで一番頼りない感じ
いい葱が手に入らなかったのでしょうか


s500_IMG_3771_501.JPG


〆は蕎麦湯


そば介
0266-75-1022
長野県諏訪市諏訪1-2-3
[
火~土]11:0014:0017:0022:30(LO )


[日]11:00~20:00


定休日 月曜日  


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


ごちそうさま〜♪ (((\(@v@)/))) ヒック
お見送りに出てくてくれたお兄さん
”実は6月で此処を退職することになりました”と
@@)なっ、なんと
蕎麦みそに蕎麦がきサービスがもう期待できないなんて残念過ぎる〜><


boeder-001.gif


翌朝、客先に入る前に行かねばならない場所が 


s500_IMG_3772_502.JPG


諏訪に来たら此処はスルーできません
諏訪大社、まずは下社  


s500_IMG_3774_503.JPG


ここの柔らかな雰囲気は好きなのです  


s500_IMG_3778_504.JPG


雨の日の神社はしっとりしていていいですね  


s500_IMG_3779_505.JPG


下社の次は上社へ
ここは下社と違っって厳かな雰囲気  


s500_IMG_3784_506.JPG


ピシッと背筋が伸びる感じがありますね  


boeder-001.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(113)  コメント(32) 
共通テーマ:グルメ・料理

がツンと胡麻油香る天丼 銀座天一 タカシマヤフードメゾン新横浜店 [気になる一品(Delicious)]

実は最近、妙に揚げ物が食べたくて仕方ありません
トンカツ、唐揚げ、天麩羅・・・・高カロリーの食べ物って何故こうも美味しいのでしょう
15年前、ほぼ毎日トンカツを食べていたら20kgも体重が増加してしまい揚げ物を封印
封印の成果か25kgの減量を達成
減量の達成に封印を解きましたが、揚げ物の恐ろしさが身に染みて、昔ほど頻繁に食べなくなりました
そう、偶にしか食べていなかったのですが・・・
ジムに通いを始めたら食欲増進(トレーニングの後のご飯が美味しくて^^;)
しかも揚げ物を体が欲しがるのです
エネルギーを欲しているのでしょうね 


s500_IMG_3437.jpg


そんな訳で今ハマっているのが天丼
でも昔のように毎日揚げ物は食べません
週に一度か二度(HOTELの朝食は除く)ぐらい
この日は出張に行くのに新横浜から新幹線を使いました
ちょうどランチタイムでしたので駅ビルの中の高島屋にあるイートインの天丼 
銀座天一


s500_IMG_3438.jpg


席に座る前にレジでオーダー、支払いを済ませるシステム
今回は松をオーダーしてみました
違いが良く解らなかったので真ん中のを^^;  


s500_IMG_3439.jpg


イートインスペースはカウンター席のみの7席 
惣菜売り場の一角
隅とはいえ落ち着きません 


s500_IMG_3440.jpg


茶と福神漬けが置かれます
天丼にも福神漬けなんだ
福神漬けはカレー専用かと思っていました^^;
到着を待っていると天麩羅の揚る軽やかで美味しそうな音が聞こえてきます
そしてごま油の香りが漂ってくると  


s500_IMG_3441.jpg


天丼”松”の着丼  


s500_IMG_3442.jpg


胡麻油のいい香り
ちょっとくどい位に香ります
見るからにからりとした感じの衣に期待感UP 


s500_IMG_3444.jpg


海老が二本にキス、シシトウにイカにアスパラにかき揚げ
アスパラがでっかい@@)  


s500_IMG_3445.jpg


では、いただきま〜す
タレをくぐらせたタイプでしっかり味が付いています
辛口でピシッとした後味
後味に甘さはありません
ちょっとしょっぱさが気になるぐらいの辛口
その塩気が素材の味を際立たせ、素材の旨みと甘さが良くわかります
でもやっぱりバランス的にちょっと塩気が強いなぁ^^; 


s500_IMG_3447.jpg


ご飯の炊き方は普通
丼物のご飯は柔らかくないのがいいですね  


s500_IMG_3449.jpg


揚げ油とタレの染みたご飯、これぞ天丼の楽しみ
天麩羅を一口頬張って、タレの染みたご飯をかきこむこの美味しさ
その快感は至福のひとときなのです  


s500_IMG_3450.jpg


ただ・・・海老が痩せてるなぁ
美味しいけれどCP的にはさして良くはないなぁ
イートインで1500円の天丼となればCPをもうちょっと頑張って欲しいな


銀座 天一 タカシマヤフードメゾン新横浜店
横浜市港北区新横浜2-100-45キュービックプラザ新横浜4F
10:00~20:00
 


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


胡麻油の香りが強いですが胸焼けはしなかったです 


boeder-001.gif 


新幹線の時間までもうちょっとあります
イートインじゃ時間が潰せないですからね
スタアバックス珈琲で紅茶を^^; 


s500_IMG_3735.jpg


紅茶と珈琲ゼリーケーキをオーダーすると
”紅茶派なんですねー私もです” と、レジのお姉さん
珈琲屋さんで働いているのにね^^; 


s500_IMG_3736.jpg


珈琲は苦手ですが、モカアイスや珈琲ゼリーは大好き
なので珈琲ゼリーケーキが気になっていたのです 
チョコブラウニーがベースで、その上にはコーヒーゼリーの入ったコーヒームース
ムースをコートするのはホイップクリーム 


s500_IMG_3739.jpg


これは好みの感じです♪
真似して作ってみなければ^^  


boeder-003.gif


 


m_emoji-1.gif


 


nice!(123)  コメント(33) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -