So-net無料ブログ作成

シンガポール滞在記16 よそよそしい風と寂しさと [海外出張記(Singapore)]

s500_DSC_6086.JPG

ベイエリアの夜景
前回訪問時には風が心地よく語りかけてくれました。

s500_DSC_6092.JPG

ここに流れていた現地楽器の音色。
その音が体に染みてきて、耳で聞くとは違う体で聴く感じで震えるような感覚がありました。
この日もその風と音に会いたくてここに来ましたが。

s500_DSC_6095.JPG

風がよそよそしいです。
なにも語りかけてくれません。

s500_DSC_6099.JPG

聞こえる現地楽器の音色もまるで油紙の上の水滴。
肌から弾いて、外に逃げてしまうような感覚。

s500_DSC_6105.JPG

ふと感じる寂しさ。
知らない場所に一人佇むような孤独感を覚えました。。

s500_DSC_6108.JPG

どうした・・・・?
まるで初対面のようなよそよそしさ。
ヤシの木も、木立をそよぐ風も、肌に張り付くような湿気も、黙したままです。
落胆した気持ちでHOTELに戻ります。

s500_DSC_6127.JPG

音がまったく染みてきません。
前回聴いたあの音は一体何だったのでしょう。

s500_DSC_6132.JPG

温度、湿度、自分の体調・・・・
いろいろな条件で聴こえ方もちがうのでしょうね。

s500_DSC_6133.JPG

あの日聴いた音と同じ音は二度と聴けない。
あの瞬間の音に二度は無いのです。
これも一期一会。

s500-P3260418.jpg

帰り路、あまりに空腹で途中にあるショッピングモールの1Fのフードコートに。
やはりカレー屋さんです。
マレーシアカレーのようでした。

s500-P3260422.jpg

スープカレーです。
チキンカレーS$4.00(288円)でした。

s500-P3260423.jpg

カレーをすくって口の中に。
ココナッツミルクの甘い香りとスパイスの痺れるような香り。
ココナッツミルクの甘さでカレーが円やかになって食べやすいですね。

s500-P3260428.jpg

カレーを食べたあと、冷たいデザートが食べたくなりました。
屋台のアイス屋さん(サイドカーのアイス屋さんです)でアイスを買いました。
食パンかビスケット(ウエハース)にアイスを挟んでくれます。

s500-P3260426.jpg

自分はマンゴーアイスをウエハースに挟んでもらいました。
S$1.50(108円)
味は・・・まぁこんなもんでしょ。
コクが無いと贅沢を言ってはいけません。
ハーゲンダッツとは違います。
そりゃそうです、値段も違いますから。

s500_DSC_6158.JPG 

運河沿いに並ぶテーブルの上で輝く蝋燭が綺麗で思わずレンズを向けて・・・

s500_DSC_6162.JPG

食事をしている人も多いですが、暗い所で食事をするのはどうなんでしょう。

s500_DSC_6163.JPG

素敵な女性と一緒に食事するなら、これくらいの暗さの方がいいのかな。

s500_DSC_6169.JPG

そういえば、女性と二人で食事なんて・・・娘以外では無いなぁ(笑)
あっ、年末に奥さんとしたか。

s500_DSC_6182.JPG

蝋燭の炎は柔らかな光が素敵です。
この輝きを見るたびに頭に浮かぶのはジョルジュ・ド・ラ・トゥールの大工の聖ヨセフ。
蝋燭に手をかざし、透けた光の美しさが頭を離れません。

s500-P3270429.jpg 

火曜日、朝ご飯はフルーツとヨーグルトがメイン。
メニューに飽きてしまいましたのでフルーツでお腹を膨らませます。

 

s500-P3270436.jpg

この日の昼御飯は、オフィス近所のスーパーの2Fにあるフードコート。
向かったコーナーはやはりカレーです。

s500-P3270430.jpg

インド料理は不思議です。
韓料理のような甘味の混ざった辛さは苦手で食べられないのですが、インデァ料理だと好物と化するのです。
何が違うのでしょう。
おそらく爽やかさが違うから。
重ったるく口の中にまとわりつくような韓料理の味はどうしても馴染めません。
しかし爽やかに薫るスパイスとスパイスの辛さは軽やかで好物。
ようは自分は唐辛子が苦手なのでしょうね。

s500-P3270432.jpg

付け合わせで選んだ野菜は紫色の不思議な野菜と緑の野菜。
緑はゴーヤでかなりの苦さ。
自分はゴーヤが苦手ですが、不思議とカレースパイスと混ざると食べられるのです。
紫は・・・・何でしょう。よくわかりませんでした。
でもスパイスが効いて美味しかったです。

 

s500-P3270433.jpg

カレーは見た目で豆のカレーかと思い注文しましたが、これは大豆蛋白のカレーでした。
ベジタリアン向けのカレーだったようです。
それに茹で卵のカレー煮を添えました。
卵の黄身がスパイスを円やかにしてくれるので茹で卵は大好きです。
大豆蛋白のカレーはスパイスの香りを良く感じますね。
肉の脂が入ったカレーより、脂の無いカレー(植物油が入っていても)のほうがスパイスがよく香る気がします。

s500_DSC_6184.JPG

夕刻、散歩に出かけましたが・・・・
空を見ると黒い雲が広がっています。

s500_DSC_6189.JPG

大好きな花にレンズを向けますが、向けるそばからレンズが曇ってきます。
なんという湿気でしょう。
こんな湿気は日本ではみられません。

s500_DSC_6192.JPG

スコールが来そうですから散歩は諦め、部屋に戻った途端に激しい雷雨。
この国、大気の不安定さは半端ではないですね。

s500-P3280437.jpg

水曜日の朝、フルーツとヨーグルトがメイン。
ヤシのあんまんが美味しかったです。
昼ご飯は前回訪問時に感激したエイのステーキ。
ようやくリピできました。

s500_DSC_6197.JPG

仕事も片付きましたので最後の夜となります。
何処に行こうかと迷いましたが夕刻から出かけられる場所は限られます。

s500_DSC_6202.JPG

リトルインデァとかチャイナタウンに行きたかったのですが、最後にどうしても魔界の入り口を探したくてベイエリアに。
風ともう一度仲良くなりたくて。

s500_DSC_6210.JPG

ベイエリアに行くにはまだ明るすぎるようです。
途中、セントラルあたりで時間を潰しました。

s500_DSC_6263.JPG

観光船が立てる波、その波紋が夕日に輝いて綺麗です。

s500_DSC_6290.JPG

船のコースはまちまち。
ですから立てる波紋もそれぞれ違って見ていて飽きません。

s500_DSC_6310.JPG

夕日に向かう観光船が描いた模様に魅せられてずっと眺めていました。
雲の加減による陽の光と角度、船が通る度に表情を変えてゆく波紋の輝き。
こうして長閑に水面を見つめているのも良いものです。

s500_DSC_6315.JPG

運河沿いをベイエリアに向かいます。
お気に入りの橋で水面に写る日の入りを楽しみます。

s500_DSC_6324.JPG

今回は前回と同じ時間に拘るのではなく、空の明るさであわせてみました。
夕日を眺めながら夕日が落ちるのを待ちます。
橋の真ん中で川風を受けながら佇んでいると風が心地よく感じ、空気の粒もしっとり肌に馴染みかけています。

s500_DSC_6338.JPG

そう、月曜日は来たばかりで体に風と話す準備ができていなかったのでしょう。
そういえば、前回訪問した時も最初の一週間は肌が拒絶しているような感覚がありました。
二週目以降、風が話しかけてくれるようになったのです。

s500_DSC_6354.JPG

まだ空気に馴染んでもいない状態で帰国とは残念ですが仕方ありません。

s500_DSC_6355.JPG

前回息を飲んだ魔界の入り口を探しましたが・・・・
今回、やはりゾクッとした感覚が来ません。
あの日、きっと何かと対話ができていたのでしょうね。
今回は対話ができるほど現地の空気が体に染みていないようです。

s500_DSC_6369.JPG

夕闇の道を戻ります。

s500_DSC_6371.JPG

夕闇の運河は幸せそうなカップルでいっぱいです。

s500_DSC_6376.JPG

自分も運河沿いに腰をおろして静かに運河を見つめました。
行き交うクルーズ船が作り出す波紋、波紋にネオンの光がじゃれついて気ままに輝きます。

s500_DSC_6383.JPG

その幾色にも輝く波紋を眺めていたら・・・
どうした、何を考えている。そんなにも体に力を入れてどうする。
この緩い風がいいだろ?

s500_DSC_6389.JPG

風が語りかけてきました。
知らず知らずのうちに力んで生きているようです。
まずは力を抜け、風が言います。


s500_DSC_6392.JPG

湿気を含んだ暖かな風に力が抜け、有るような無いような不思議な気分。
自分が透明になってゆくような・・・

s500_DSC_6400.JPG

運河を見つめながらワインを飲みたくなりました。
Jazzが流れ、一人でまったり飲める屋台のバーがありましたが、残念ながら運河沿いの席は埋まっています。
う~ん、残念。
他の店ものぞいてみましたが、音楽がうるさく落ち着ける感じではなかったのでパス。

s500_DSC_6402.JPG

凄く良い匂いが漂ってきます。

s500_DSC_6405.JPG

この店の前を歩くのは危険行為。かなりお腹が減ります。

s500_DSC_6420.JPG

今回、超広角を持ってきましたので前回とは違った構図を楽しめました。

s500_DSC_6423.JPG

その超広角でようやく宿泊しているHOTELの全景が撮れました。

 

s500-P3290444.jpg

朝6時、外はまだ真っ暗です。
朝ご飯のフルーツとヨーグルトを一気に食べ、ホテルをチェックアウトして空港へ。

s500-P3290448.jpg

NRTに向けて出発!
結構混んでいました。

s500-P3290446.jpg

往きにも見たANAオリジナルビデオプログラムのフェルメール特集。
復路でも楽しみます。これのおかげで窮屈なエコノミー席の苦痛な空の旅が少しは楽になりました。

s500-P3290449.jpg

機内食はチキン料理とワイン。

s500-P3290450.jpg

チキンのローストとスモークサーモン。
ヒヨコ豆を添えて。

s500-P3290451.jpg

チキンのペンネ
人参とブロッコリー
フルーツはスイカとパインとパパイヤ。

s500-P3290454.jpg

夕刻、NRTに到着。
今回はシンガポールの風とゆっくり話す事ができませんでした。
まぁ、次の機会もあるでしょう。
その時、また話せるといいな。


nice!(74)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 74

コメント 27

ローキン

お帰りなさい。
カレーの記事がいい具合に・・・美味しそうです(^0^)/
夕闇の運河は良いですね~ちゃんと一人だったのでしょうか?(笑)
by ローキン (2012-03-29 23:21) 

pn

うん、話せますよ(^-^)
by pn (2012-03-29 23:42) 

アルマ

デートであればキャンドルの明かりでも充分・・・なほど自分たちの世界に浸れるのでしょうね(^_^;)
やはりカレーは美味しそうです(^O^)/
by アルマ (2012-03-29 23:44) 

カリメロ

お帰りなさい。お疲れ様でした^^
ゆっくり話す事ができ無かったから、また行きたくなっちゃうんでしょ♪
恋しちゃってますね~シンガポールに^^
by カリメロ (2012-03-30 00:59) 

mau

あっという間でしたね。
でも、かなりカレーは、食べられたようよかったです。
by mau (2012-03-30 03:51) 

hirochiki

ココナッツミルクの入ったカレーを食べたくなりました。
そういえば、夫婦ふたりっきりで食事に行くなんて娘が生まれてからは一度もないような気がします。
私も、夕闇の運河を見ながら歩いてみたいですね♪
by hirochiki (2012-03-30 05:35) 

キャラハン

出張お疲れ様でした。。。
カレーは満喫できたかなぁ?? (^-^*)

by キャラハン (2012-03-30 05:53) 

rtfk

お疲れ様でした☆
なじまない雰囲気だったのは季節と空気と湿度のせいでしょうか・・・。
でも仕事ではなくて観光で再訪したときに私も同じような気持ちに
なったことがあります。。。国内でしたが(^w^)

by rtfk (2012-03-30 06:00) 

半世紀少年

体調、大丈夫ですか? 気だるい感じが・・・いや・・・
前回の出張でシンガポールの事が好きになっちゃったのかな?
帰りたくないような感じが伝わってきますよ。
今回も素敵な写真の数々、ありがとうございます。
iPadの壁紙に使わせてもらいます。(^_^)☆
by 半世紀少年 (2012-03-30 08:04) 

せつら

夜の摩天楼はドラマチックでいいですね♪ ハガキに使えそう♪(^^)
ブログネタはついでで横に誰かいて口説いてたんじゃ!?(笑)
by せつら (2012-03-30 08:18) 

たくや

出張お疲れ様でした。お仕事で忙しくて感じ方が違ったみたいですね。
素敵な写真ですよ。
by たくや (2012-03-30 10:53) 

まぁくん

お疲れ様でした!
カレーは、美味しそうですね。
夜景も凄く綺麗です!
by まぁくん (2012-03-30 12:28) 

miya_gon

あらぁ~、この景色は素敵。
もう20年若かったら、絶対オチてたって思いますわ(笑)
それでも風が違うのですね?う~ん一期一会、深いなぁ。
それでも、やっぱりこの景色はすっご~く良いです。
この場所でくどかれたいわぁ(爆)
by miya_gon (2012-03-30 21:20) 

Jyo

出張お疲れさまでした
夜景の空のブルーが素敵でしたね、ずっと見上げていたい気分になりそうです

by Jyo (2012-03-30 21:50) 

ZZA700

お帰りなさいませ。
魔界の入り口をこじ開けられなくて残念でしたね。
Circular RoadからBoat Quayへ抜けるShophouseの路地裏は
私も何か感じるものがあり、良く写真を撮りに行きました。
広角で撮るシンガポールの夜景は綺麗ですねー♪
by ZZA700 (2012-03-31 09:04) 

なかちゃん

出張、お疲れ様でした ^^
途中の写真から、超広角を使っておられるのは分かりました。
やはり持って行って大正解でしたね。
なかなか現地に馴染むまでにはならなかったかもしれないけれど、
またリピートする楽しみが出来て良かったじゃないですか。
いいなぁ、海外出張。うらやましい (^^;

by なかちゃん (2012-03-31 09:45) 

歳三君

出張お疲れ様です。
カレー類は美味しそうですね~。
辛いものが苦手な自分にはチャレンジになりそうですけど(^^;
by 歳三君 (2012-03-31 09:50) 

yoko-minato

今回は短めの出張でしたね。
お帰りなさい!
その思いは前回とは異なりますか?
いく度違う感慨を持つのかも知れませんね。
ひょっとして奥様と一緒だったら・・・って
思っていませんでした!
ご家族と一緒に行かれる日が来ますように。
テーブルの上の蝋燭の灯りに心奪われてしまいました。
by yoko-minato (2012-03-31 10:35) 

hatsune

前回の出張の時、心を開いたのにさる1号さんが去っていってしまったので
「う~ん、いけずぅ」と風が拗ねていたのかもしれないですね。
この次に訪れるときは話しかけてくれるのか、
どんな表情を見せてくれるのか、また楽しみですね♪

私は暗いところで飲むのはいいけれど、食事はちょっとイヤだなぁ。
色とか形状、盛りつけがよく見えないと、
せっかくの美味しいお料理も味が半減するように思えます。
by hatsune (2012-03-31 10:48) 

響

夜景がとっても綺麗ですね。
ちょっと日本が恋しくなるころですか?
by (2012-03-31 18:13) 

newton

お帰りなさい。それにしても、カレーにはまっていませんか?シンガポールでも日本でも…。
by newton (2012-03-31 23:18) 

さる1号

皆様、NICE有難うございます。
by さる1号 (2012-04-01 20:04) 

さる1号

ローキンさん、コメント有難うございます。
いえ、二人でした。自分と自分の影と(笑)

pnさん、コメント有難うございます。
心落ち着いた状態ならきっと話せますよね。
今度はもっとゆっくりした日程だと良いのですが。

アルマさん、コメント有難うございます。
キャンドルの灯りは綺麗ですからねー。

カリメロさん、コメント有難うございます。
そうなんです、話せなかったからまた行きたくて・・・・
妙にハマってしまいました(笑)

mauさん、コメント有難うございます。
もっとゆっくりしたかったです。

hirochikiさん、コメント有難うございます。
自分は夫婦二人っきりだと妙に落ち着かないのです(笑)
共通の会話が無くて・・・・

キャラハンさん、コメント有難うございます。
しましした。思いっきりとは言わないまでもソコソコ満喫しました。
土日を挟んでいたらもっと満喫できたでしょうけど・・・

rtfkさん、コメント有難うございます。
肌は何に対して馴染む、馴染まないなんでしょうね。
湿度、気温。またはそれ以外・・・不思議です。

半世紀少年さん、コメント有難うございます。
今回は期間が短すぎて、満足する前に帰国。
ですからもっと居たくて。
満足するまで居られると良いのですが、仕事ですし・・・

せつらさん、コメント有難うございます。
口説き文句なんて、ここ15年口にしたことないです(笑)
折角のこの歳、渋い口説きなんかしてみたいものですが。

たくやさん、コメント有難うございます。
心が忙しいと感じられなくなるものなのですね。
今回は期間が短いせいもあって余裕が無かったです。

まぁくんさん、コメント有難うございます。
東南アジアもカレーが美味しいですね。
シンガポールはまるでバブル期の日本の夜景です。

miya_gonさん、コメント有難うございます。
絶好の口説き場所ですよね。
口説き文句を考えておきます(笑)
20年前なら口説き文句が自在に口から出せたものだけど・・・・

Jyoさん、コメント有難うございます。
この街、ベイエリアに来ると首が疲れます。(笑)

ZZA700さん、コメント有難うございます。
入り口、前に来た時は確かにあったのですが・・・
シンガポールの路地裏は何かを感じさせる場所が多いですね。
魅力的な路地裏が多いです。

なかちゃんさん、コメント有難うございます。
ええ、超広角を持っていって正解でした。
しかも大口径で明るいので重宝しました。
次回は短期、長期問わず楽しめそうです。

歳三君さん、コメント有難うございます。
これが辛いですがスパイシーなだけで辛くないのです。
辛いものが苦手な自分がハマりました。(笑)

yoko-minatoさん、コメント有難うございます。
今回は短すぎて、国内出張の延長のような感覚がありました。
ですから滞在中、家族の事を考える前に帰国でした(笑)

hatsuneさん、コメント有難うございます。
次回訪問が今から楽しみです。
暗いところでの食事は、どう考えても味気ないです。

響さん、コメント有難うございます。
今回は短期間なので恋しくなる前に帰国でした。

newtonさん、コメント有難うございます。
カレー、ハマりました。
でも表現するに良い言葉が思いつかないのが悔しいです。

by さる1号 (2012-04-01 21:13) 

ブリザド

前回訪問時との印象の違いは「初回と2回目」?「滞在期間」?
ブログ記事の写真を拝見する側からは同じように綺麗に見えるだけ、
さる1号さんがその違いを話す言葉が印象的です

シンガポール出張、お疲れ様でした(^ω^)
by ブリザド (2012-04-01 21:35) 

くーぺ

出張お疲れ様でした◎無事のご帰還が何よりです(^^)
街への印象は旅人のその時の気持ちや直観によって変わって
くる・・・みたいなことが何かの本に書いてありました。
次回はまた違って見えるのでしょうね・・それもまた楽し
・・・でしょう^^
by くーぺ (2012-04-02 00:11) 

barbie

ココナッツミルクの入ったカレーおいしいですよね。
自分で作ってみてもやっぱり現地の味にはなりません。
水?スパイス?やっぱり現地の風かな~
by barbie (2012-04-02 14:14) 

さる1号

ブリザドさん、コメント有難うございます。
印象の違いは自分の心が忙しかったせいでしょうね。
余裕のなさ。やはり余裕がないといけません。

くーぺさん、コメント有難うございます。
その時の気持ちや直感・・・
まさにそうですよね。
次が楽しみです。

barbieさん、コメント有難うございます。
不思議ですがそうなんですよね。
その土地の風なんでしょうね。
現地のものは、その土地で食べるのが一番ですね。


by さる1号 (2012-04-03 08:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0